笑いとロマンスの感動ミュージカル 劇団四季『アラジン』

劇団四季がおくる”自由””希望””未来”へと向かう物語「アラジン」

「キャッツ」、「ライオンキング」、「リトルマーメイド」に続き、劇団四季が送るディズニーミュージカル「アラジン」。

すでに年内のチケットは完売し、来年2018年2018年12月31日(月)まで追加公演が決定した大ヒット作。

華やかで豪華絢爛な舞台で繰り広げられるファンタジーミュージカルは東京の中心、銀座の大同生命ミュージカルシアター 電通四季劇場〔海〕で開催されています。

ミュージカル 劇団四季『アラジン』あらすじ

劇団四季アラジン
砂漠の街「アグラバー」で、貧しい生活の中に、盗みを繰り返し、衛兵に追われる日々を過ごしながらも、亡くした母へ将来立派な人間になると誓いを持つ青年「アラジン」。

ある日、王国の王女「ジャスミン」は、王宮での生活を窮屈に感じ、城下町へ飛び出す。アラジンとジャスミンの二人が出会い、魔法のランプの精霊「ジャーニー」を巡るファンタジーが始まる。

アラン・メンケンが手掛ける『アラジン』のミュージカル楽曲

アラン・メンケンが手掛けるアラジンのミュージカル楽曲
ミュージカル『アラジン』の作曲を手掛けるのは、世界的作曲家のアラン・メンケン。

「美女と野獣」「ポカホンタス」「ノートルダムの鐘」「ヘラクレス」「塔の上のラプンツェル」など数多くのディズニーアニメの作曲も担当している作曲家です。

劇団四季舞台「アラジン」でもアラン・メンケンが舞台音楽の分野で、多くのクリエイターたちと作り上げてきた音楽が使用されています。

アラジンのミュージカル舞台で非日常のひと時を体験しよう

アラジンのミュージカル舞台で非日常のひと時を体験しよう
きらびやかで豪華な舞台装飾に加え、観客を興奮させる舞台装置の数々も必見です。

シーンごとに雰囲気をガラッと変える照明装置。思いもしない場所からの登場人物の出現する仕掛け。アラジンの見せ場の一つのアラジンとジャスミン王女が魔法の絨毯にのってアラジンの名曲「ホール・ニュー・ワールド 」を歌唱するシーンでは絨毯が空を飛び、装置の演出する内容によって観客は夢の世界を体験するでしょう。

家族でもカップルでも友達とでも、だれとでも楽しめる笑いとロマンスのミュージカル「アラジン」。是非ともご観劇をおすすめします。

アラジン プロモーションPVはこちら(YOUTUBE)

出典
『アラジン』作品紹介|劇団四季 https://www.shiki.jp/applause/aladdin/