格安で楽しめるミシュラン星付き食事12選。リーズナブルに東京でミシュランを楽しもう。

東京は世界でも最高の食の街です。実際には、世界で最も多くのミシュランの星をつけたレストランがあります。2017年には、ミシュランの星を合計314個集め、234軒のレストランが紹介されました。「適度な価格で非常に美味しい料理」と紹介をうけビブグルマンという認定を授与した数え切れないほどのレストランが存在します。

※ミシュラン「ビブグルマン」とは
3,500円以下で食事が可能なコストパフォーマンスのすぐれたおすすめのレストランとしてミシュランが認定した称号のことです。

ミシュランの星付きレストランで食べることは、多くの旅行者の必須のリストですが、ほとんどの人は、これらの場所で通常食事を楽しむ際にはお財布に響く高い価格を恐れています。実はこれらの最高のレストランのいくつかで安く楽しむことができることえおご存知でしょうか。さらに、これらのレストランの多くは手頃な価格のランチセットを提供しています。これはしばしば精巧なディナーメニューと同じ品質であることが多くありますのでぜひお試しください。この記事では特にミシュラン星付きレストラン・ビブグルマン認定レストランの中でも、安くリーズナブルのお金を浪費することなく食事を楽しめるものをご紹介しています。

鳥つね自然洞 (とりつねしぜんどう) 末広町 親子丼1000円からランチセット

末広町の鶏専門店「鳥つね自然洞」は、鳥のベストを無数の方法で披露しています。夕食は軽く1万円以上の高級店です。とてもおいしいい鳥料理を楽しむことができます。

鳥つね自然洞のランチは、とてもリーズナブルに利用できます。お財布にも優しく嬉しい価格設定です。気軽な装いで鶏肉を楽しむことができるメニューを紹介します。そんなおすすめ格安メニューは「親子丼」で、1,000円から楽しめます。なんと「親子丼」でバリエーションが3種類もあります。予算に余裕があれば、「上親子丼」1300円、「特上親子丼 ※数量限定」1600円を注文してみてはいかがでしょうか。「特上親子丼」は毎日20名様までの限定メニュー。高級米、高級卵、高級鶏肉で作られる美味しい親子丼ですのでおすすめです。

やはり有名店なのでだいぶ行列ができます。ご飯がなくなり次第終了してしまうので、電話で問い合わせてか足を運ぶことをおすすめします。

中華 コサイ・ジャスミン 広尾 平日セットランチ¥1,100

ジャスミンは、渋谷の中華料理の中でも最高のレストランの1つで、四川省の魅力的な中華料理を専門としています。皿は、レストランのシンプルなエレガントな雰囲気に合った洗練さと洗練された形で実行されますが、フレーバーは大胆でパンチで、口蓋の後ろには軽い刺青感覚が残ります。

ディナー料金は4,000円以上です。しかし、平日のランチメニューは、比較では盗みです。お米は1,100円で、メイン、米、スープ、おかず、デザートが付いています。加えて、レストランの特徴的な葉っぱ豆腐をわずか250円で小分けして追加することもできます。私たちのお気に入りのランチメインディッシュは、濃厚な黒酢のソースと非常に辛口な鶏肉とスパイシーなソースの間のトーストです。

寿司 目黒寿司太一 祐天寺 バラチラシ1,000円

祐天寺駅から徒歩10分、目黒寿司太は2018年にビブグルマンの地位を授与されました。ランチにはバラチラシ(散らばった寿司)を毎日12人のダイナーに提供しています。他にも、3日前に代替セットメニュー(¥3,250)を注文する必要があります。あなたが本当にニジリを本当に必要としない限り、バラチラシに固執する。

幸運なダイナーのひとりであれば、大物のバラチラシ、大きなチャウナムシ、味噌汁、さらにはデザートも1000円の値札に含まれています。バラチラシには、毎日の切れた刺身、通常のダイスオムレツ、細切りしたノリ、キュウリのさわやかなものがあります。

和食 長谷川君 両国 トンカツ1,000円〜

昨年のミシュランガイド(2018年)に登場した両国の強豪ハセガワ・トンカツは、山形県産の豚肉を使っています。そのような彼らは、その自然な甘さを引き出すためにピンクの塩で肉を楽しむようお勧めします。

ランチとディナーのメニューは似ていますが、ランチには、米、味噌汁、ピクルスの入ったセットが安い価格で提供されています。例えば、豚ロースカツレツの食事は、夕食に1,500円ではなく、ランチで1,000円です。しかし、もしあなたが豚全体を見ているなら、スーパープレミアムポークロースカツレツ食事(2,800円;写真)を手に入れてください。厚手の豚肉のスラブは美しく大理石に覆われていますが、クリーム状の白い脂肪は涼しく、うま味の味がたくさんあります。

日本のそばラーメンつた 菅生 ラーメン800円

賞:ミシュランで一番安い東京での食事のひとつ。キャッチ:カウンターのスペースの1つを保証するために、同じ日に午前8時までにそこに着く必要があります。ミシュランの男性がノッキングを起こす前でさえ、長谷川由紀夫はラーメンの完璧主義者であるため、長い間待っていた。

大西は、ほとんどバレエのような恵みをもってスープボウルを用意します。ここに黒いトリュフのダッシュ、いくつかのエノキのキノコがあります。醤油のブレンドは、豊富で複雑なものですが、そば麺はしっかりとした滑らかでナツメ風味があり、豚肉はジューシーな完璧に焙煎されています。1つの欠点があり、それは早いスタートや厳しい規則ではありません(キッチンの写真はなく、1人の人には1つのボウルなど):それはあなたが人生のために台無しにされることです – ラーメンのボウルはそれまで。

中華料理ズィゼツ ウメガオカ ランチ¥1,200

世田谷の居心地の良いレストランでは、洗練された和風の広東料理を提供しています。きれいで独特の風味を強調したコース別の料理を考えてください。寿司は海産物の味で知られており、ここでの夕食は7,000円〜10,000円です。昼食の代わりにランチに行くと、麺料理は1,200円に戻ってくるだけです – おいしいですが、おいしいランチは1,620円です。

私たちの訪問では、「ミニコースランチ」は、自家製スエズィーゼ、自家製蒸し豆腐、ワントン、スパイスドレッシングのガラス麺、2つのメインコース、ハーフサイズのヌードルディッシュ、デザートの中から選択しました。これは単なる2,160円です。

ダンダン人は特に思い出深いものでした。それは香ばしい麺に深みと甘さを加えた硬化豚肉を特徴としていました。広東料理の味を披露するのはここでは手のひらがあり、もっと丁寧なディナーメニューを試してみたいです。

ラーメン中之島 大塚 ミシュラン1つ星/ラーメン¥850

つたの後にミシュランの星を手に入れた東京の2番目のラーメンレストラン「Nakiryu(泣いている竜)」は、その専門家のために知られています。中国の四川に由来する麺料理で、ダンダンメンは辛いスープとゴマの特有の使用が特徴です。

小規模なレストランでは、より重いスープを作り出す傾向があります。彼らの赤いコショウベースのバージョンは、shoyuラーメン、非常に洗練されたボウルがまだ勇敢なような軽さです。胡瓜の豊かな堅実さに絡み合った唐辛子の熱いパンチがあります。麺は一口にしっかりしています。余分なスパイシーを50円追加することもできます。

メニューには、醤油と塩ラーメン、お米のボウルもあります。トッピング(終日)とサイドオーダー(夜間のみ)のオプションには、薄くて厚いグリルした豚肉、エビウントンなどがあります。キューを気にしないでください。誰もが麺ひとつに限られているので、あなたはそれほど長い間待つ必要はありません。

和食香川入所 神田 ウドン¥430

日本のうどんと同義の香川県を原産にしているため、評判は高いですし、失望しないと言ってうれしいです。イプクは、特徴的な四角形の麺が知られている讃岐うどんを提供しています。うどんのすばらしさは、滑らかで滑りやすく噛まれています。

麺の風合いを知るには、古典的なかげうどん、ぶらかけうどん、生卵が付いたかまたまうどんなど、簡単な準備をすることをお勧めします。ここでの選択肢は広範であるため、サイドオーダーで大きくなるようにしてください。

オプションのトッピングには、海藻、日本の梅、温泉卵、さらにはマヨネーズが含まれ、サイドオーダーには牛肉、大根、こんにゃくおでん、イカの触手天ぷら、3種類の魚ケーキがあります。

レストラン新宿札幌中島 新宿区 ランチセット800円

ミシュランの星をつけたレストランでは、中島はおそらく町で一番安いランチを提供します。懐石コースは夕食時に15,000円以上の価格で販売されていますが、800円からランチを楽しむことができます。これは、米、味噌汁、ピクルス、お茶でいっぱいのかなりの食事です。

イワシは昼食のスターです。メインコースには4つのオプションがあります:揚げ物をすることができます。醤油で煮た。ごまと生姜で刺身した刺身のように。と私たちのお気に入り、柳川鍋セット。後者は古典的な快適食品です – 卵とタマネギでトッピングされたバブリング醤油のスープで揚げたイワシのキャセロール料理。

レストランが午前11時30分に開店する前からランチキューが始まり、レストランでは6歳未満の子供を連れて行くことを勧めていることに注意してください。

中華料理アンダ餃子 代々木上原Bib Gourmand /餃子定食¥972

アンダ餃子は、多くの点で、台湾のレストランに似ています。1つは、東京で見つかった普通の三日月形の餃子より丸くて、ぽっかりとしたトルテロニのように見えます。その後、香りとして大きな効果を発揮する、ハーブの自由な使用があります。そういうわけで、食べ物は健康的だがまだ美味しいと感じる。

もっと驚くべきことは、餃子の詰め物であり、日本人よりも東南アジアの調味料と調味料が特徴である。コリアンダー、干しエビ、ココナッツで味付けしたチキン餃子があり、タイのトムヤムを思い起こさせました。他の喜びには、ニンジンとカレー粉を入れた豚肉、ジンジャー、魚のソースとバジルを炒めた鶏があります。

水銀餃子を注文することをお勧めします。餃子は8種類の餃子(4種類の詰め物のそれぞれ2種類)と、キュウリとキュウリと大根の漬け物と海苔のスープを入れた素晴らしいコーンポークライスです。一番重要なのは、一日中これを注文できることです。

レストラントンカツ正宗 溜池山 ランチセット¥980

マサムネでは、シンプルなトンカツをプレミアムな食材で次のレベルに引き上げます。新潟県佐渡島の伊吹寿司米を提供し、ビタミンEと抗酸化物質が豊富なクワナ米ぬか油を揚げ物に使用している。家のピクルスにはチリが詰まっています。ブレッドクラムは目的のために作られたパンから作られています。

肉は、ワトンモチブタブランドの豚肉を期待しています。通常のトンカツソースとマスタードを控え、豚肉のフィレやロインを岩塩とレモンの搾り方で楽しむことをお勧めします。シンプルな調味料は肉の天然の味を最高に引き出します。

ディナーセットは2,000円以上の価格ですが、ご飯、お味噌汁、漬け物を入れた玉ねぎの最も安いランチセットは980円です。それ以外の場合は、特に肉を少し脂肪が好きな場合は、肉厚カットの特別なポークフィレ食事で1,680円で大活躍してください。正宗は主要なオフィス地区に位置しているので、待ち行列に入る準備が必要です。

Menya Ishin 目黒 ラーメン¥790

目黒駅から歩いてすぐのMenya Ishinは、食材の源泉を非常に誇りに思っています。レストランは、モチベータの豚肉、名古屋と秋田の鶏肉、北海道の羅臼の昆布を使用しています。 Menya Ishinの麺は、横浜の他の店で社内で作ったもので、磁器として有名な日本の山の町有田で作られた鉢で食べられます。

Menya Ishinは軽くて爽やかな湯浅のラーメンを提供してくれることを嬉しく思っています。標準の鉢はわずか850円です。しかし、あなたは特別にアップグレードする方が良いでしょう。あなたの麺には3ウォントン、チキン3個、柔らかい茹でた卵が入っています。これは醤油の甘い塩味をすべて吸収しています。スープにチキンオイルを少し加えるだけですヌードルに風味豊かで滑らかな口当たりを与える、すばらしい。

また、醤油と盛りだくさん、トッピング(卵とチャーシュー)、そしてサイドディッシュ(スパイシーチキンとグリルポーク)があります。