気温で服装を選ぶ。最高気温で選ぶ服装選び・コーディネート

季節や気温ごとに服装には悩むものです。暖かいと思ったら急に肌寒くなったりするように季節の変わり目は服装選びも大変です。半袖ででかけてみたら意外と寒くてみんなは上着をもっていて一人だけ服装浮いてしまったりしたことは皆さん経験があるんではないでしょうか。

天気予報で見る「最高気温」を基準にして服装を選び際に役立つ情報をお伝えします。その日のコーディネートにお役立てください。

【最高気温26度以上の服装】 暑い夏に参考にできる服装の選び方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高気温が26度以上の気温は一般的にはみなさん夏を感じるような暑さです。
服装のコーディネートとしてはTシャツなど半袖の服装の過ごし快適です。
シンプルにパンツやスカートと合わせてカラフルでなTシャツで
おしゃれを楽しんみてはいかがでしょう。

また、日差しも強いような天候なので女性はノースリーブなどででかける際は
日よけ、日傘、日焼け止めクリーム、UVカット加工の服など日焼けや紫外線対策もしておくとよいでしょう。

気温が25度を超えると「夏日」になります。暑くてうなだれるような
気温ではありますが、逆に薄手の服装を楽しめる季節でもありますので
デザインカットソー・トップスの下にインナー・サンダル・ミュール等、
夏らしい服装・コーディネートを楽しみましょう。
意外と夕方や夜は冷え込むので簡単にカーディガン・ストールなどの薄手の上着も重宝します。

【最高気温21度から25度の服装】 春や秋の過ごしやすい快適な気温。半袖?長袖?八分袖?

最高気温が21度から25度の気温は快適で過ごしやすい気温です。
暑すぎず寒すぎずで服装のコーディネートも多彩に楽しむことができます。

半袖・長袖での服装のほか八分袖、七分袖といったトップスも過ごしやすくておすすめです。日差しが強い日には半袖、曇りの日には長袖といったように天気に合わせて服装を選びしょう。

軽装に合わせてアウターなども持ち歩くと服装にバリエーションができてコーディネート選びも楽しくなります。カーディガン、ジャケット、ブルゾン等、その日の気分に合わせて選びましょう。上着は暑ければすぐに脱げるので体温調整にも便利です。

また21度から25度の気温だと各お店や商業施設ではまだエアコンで冷房が効いている場所が多くあります。商業施設の他、電車やバスといった公共の交通手段でもそうです。特に外でしばらく活動してから施設の冷房にあたると汗が冷えて思った以上に寒くなります。体調を崩さないようにアウターを持ち歩き調節できるようにしましょう。

【最高気温16度から20度の服装】春のはじめや秋の終わり。日中は過ごしやすく、朝晩は最高気温が肌寒さを感じる季節


16度から20度の気温は日中は過ごしやすく快適な気温ですが、早朝や夕方以降、夜はしっかり冷え込みはじめる気温でもあります。

日中は日が当たるので半袖でも過ごせますが、冷え込む時間帯のことも考え上着、アウターを持ち歩くことをおすすめします。夏には暑すぎるしっかり目のアウターをコーディネートに取り入れ始められる季節でもありますのでおしゃれを楽しむことができます。

しっかりしたアウターでコーディネートを決めることも良いですが、重ね着もおすすめです。ストールやカーディガンも含めて服装をまとめるとおしゃれなレイヤードスタイルで気分も晴れやかになるのではないでしょうか。秋口にはニットも暖かくおすすめです。

【最高気温12度から15度の服装の服装】春先・冬の始まりなどまだ冷えが残る時期


最高気温が12度から15度の気温は春になったばかりや秋の終わりから冬の始まりなどしっか冷えるシーンがある季節の気温です。

ニットやセーター、コートなどをコーディネートに考えてみてはいかがでしょう。アウターの下にベストを挟むこともおすすめです。長袖一枚では肌寒く感じるので重ね着で服装を考えましょう。

冬モノの上着が活躍し始める時期です。アウターの他、首周りへの小物としてマフラーやストールも天気によってはあると良いでしょう。スプリングコートやウィンターコートなどを選ぶ際には春であれば水色など爽やかな水色や黄色、秋であれば紅葉やあたたかさを思い起こすようなブラウン、ベージュ、茶色もしくはビビッドカラーに赤を選択して見たりすること楽しみの一つです。

衣替えの季に、春にはスプリングコート、秋にはニットなど季節らしい服装へ変えていくことで気分的にも毎日がたのしく過ごせるでしょう。

【最高気温7度から11度の服装】 すっかり冬。ニット・セーター・コートで暖かい服装がおすすめ


最高気温が7度~11度の気温は季節とするとすっかり冬の気温です。ニット・セーター・コートで暖かい服装にしておかないと風邪を引いたり体調を崩したりして辛い日々になってしまいます。最高気温で7度ぐらいだと夜に関してももっと冷え込み0度を下回る「冬日」にカウントされます。

「冬日」というくらいなので雪が降ってもおかしくない気温。気温のほか秋の終わりから冬にかけて吹きはじめる風はいっそう寒さを強く感じさせるものです。重ね着の他、手袋、マフラー、ニット、セーター、耳あて、ブーツなど、手元、首元、足元などをしっかり防寒装備で整えましょう。

インナーにはヒートテックも欠かせません。寒さは体の芯にひびくもので一度体調を崩すとなかなか長引いてしまうことも多いのでしっかり体温を暖かくできるよう服装を考えていきましょう。

冬のおしゃれにおすすめなのは靴下です。パット見では分からないですが、足元にちらっと見える際にこだわりの柄の靴下が見えたり、秋から続き落ち着いたブラウンベースの服装でも足元の靴下にビビッドカラーをとりいれると服装のアクセントとなり一段と印象が変わるのでおすすめです。

【最高気温6℃以下の服装】 冬本番。防寒グッズを取り入れ暖かくしましょう。


最高気温が6度以下の気温は季節とすると冬の気温です。朝晩、布団が居心地が良すぎてなかなかでられない季節です。

外出の際はマフラー、手袋、インナー重ね着、ホッカイロと細かな防寒グッズでしっかり服装を防寒面で整えましょう。

凍える寒さで一番のコーディネートの主役はアウターです。ダウンジャケットやウィンターコートでお気に入りのものを奮発して購入してみると、冬の間、外出が楽しくなるんではないでしょうか。

服の素材としてウール・ニット・カシミヤなど暖かい布地も意識すると重ね着したのになんだか寒いということも防げるので意識しましょう。ヒートテック、ホッカイロも駆使して体をぽかぽか暖かくしていき、凍える寒さでも快適に過ごせる服装・コーディネートがおすすめです。

年末年始など寒い中初詣に行かれた記憶がある人も多いのではないでしょうか。最高気温が0度を下回ると「真冬日」として認定されます。天気予報で「今日は真冬日となるでしょう」とアナウンスを耳にすることがあれば特に暖かい服装を心がけましょう。

女性の方はスカートを履く際には裏起毛タイツで太股を、厚手の靴下でつま先を暖かくする末端の冷え対策は欠かせません。カイロやマフラーも使用して寒さ対策を万全にしておでかけの服装を選びましょう・

日本気象協会「服装指数」も服装選びにおすすめ

服装に関して実は日本気象協会が服装指数という数値を発表しています。

日本気象協会「服装指数」
https://tenki.jp/indexes/dress/

サイトを覗いてみると分かる通り日本全国にの主要都市(札幌・釧路・仙台・新潟・東京・金沢・名古屋・大阪・高知・広島・福岡・鹿児島・那覇)のそれぞれを服装指数で紹介していまう。

服装指数は、日本気象協会が予想気温・最高気温・最低気温から判断する服装の目安です。イラストのアイコンではわかりますが、0-100からの数値は下記の内容を示します。

・服装指数
0~30 コート、ダウンの他インナー、マフラー、ニット系も必要な気温
40~50 厚手アウター&長袖が必要な気温
60~70 薄手アウター&長袖が必要な気温
80~90 半袖・Tシャツでも暑さを感じる気温
100 下着、ノースリーブ、タンクトップでも暑さを感じる気温

各地方名や都市をクリックすると更に細かなエリア別服装指数、
その先へクリックで進むと先一週間の天気・気温・降水確率まで確認できます。

とて役立つ情報なので服装を選ぶ際の参考に他、服を購入する時にも参考に確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、最高気温の服装についてでした。各気温に合わせておしゃれを楽しむことの他、季節の変わり目などは体調を崩しやすい季節へに対策として気温にあった服装選びをしていきましょう。