震災後も地域を牽引する着地型観光(岩手県田野畑村)NPO法人体験村・たのはたネットワーク|地域活性化100

地域活性化の先進的取組事例>地域に人を呼ぶ>「交流」で人を呼ぶ
震災後も地域を牽引する着地型観光
NPO法人体験村・たのはたネットワーク
岩手県田野畑村

岩手県田野畑村の地域の概要

岩手県下閉伊郡田野畑村は、太平洋岸に面した、人口約4,000人弱の村である。村内の北山崎断崖は、三陸復
興国立公園の北方に位置し、リアス式海岸の景勝地として知られ、多くの観光客が訪れるが、通過型の観光地となっ
ていた。衰退傾向にあった主幹産業である漁業に着目し、小型船のクルーズや漁師の作業小屋体験など、着地型観
光という新たな村の産業振興が図られ始めていた。東日本大震災により、村内の沿岸域は津波被害を受け、漁村、
漁港、漁船など、壊滅的な被害を受けた。震災後、復旧作業が進む中で、1日も早い地域経済の復興に向けて、着
地型観光を再開し、交流人口を増加させるための取り組みを積極的に進めている。

取り組みの概要:震災後も地域を牽引する着地型観光

田野畑村は古くから、刺し網やわかめの養殖など、小
型船を用いた漁業が盛んな地域であった。近年は、原油
価格の高騰や、担い手の減少などにより、村の基幹産業
としての漁業は衰退の傾向にあった。また、観光業では、
リアス式海岸の景勝地北山崎に多くの観光客が訪れるも
のの、村内に滞在する観光客数は少なく、典型的な通過
型の観光であった。
このような背景から、村の基幹産業として観光業を、
通過型の観光から着地型観光への移行を検討するため
に、平成15年に体験村・たのはたネットワーク協議会
が立ち上げられた。協議会では、村の自然や文化そのも
のに触れ、その素晴らしさを体験してもらうため、サッ
パ船と呼ばれる小型船からリアス式海岸を眺めるサッパ
船クルーズや、番屋での漁師体験、農業体験や林業体験、
農家や漁家での民泊の受け入れなど、交流・体験に重点
をおく着地型観光プログラムを次々に開発し、平成20
年にNPO法人体験村・たのはたネットワークが法人化
され、着地型観光を実践し始めた。漁業者、農業者も取
り組みに積極的に関与するようになった。
平成23年の東日本大震災の発生により、村内にあった
500隻の漁船のうち約9割が流出、漁港施設なども津波
被害を受け、漁村、漁業が壊滅的な被害を受けた。体験型
プログラムの拠点として活用されていた漁師小屋の番屋群
は、全て津波に流された。
村の震災からの復興を目指すため、震災後からいち早く
NPO法人は、活動を再開させた。津波被害の恐ろしさや
防災教育のため、被災者による津波の語り部プログラムを
始めた。サッパ船クルーズの乗船者は、NHKテレビ小説
あまちゃんの効果もあり、平成25年度は乗船者が5,000
人を超え、震災以前の実績を越える方が利用されている。
津波被害にあった番屋群は、復元に向けた建設が進められ、
平成26年度末に完成予定である。伝統的な塩づくり体験、
スキューバーダイビング等、新たなプログラムも展開予定
である。NPO法人の活動や、津波被害を受けた村唯一の
ホテル、羅賀荘が平成24年11月より営業を再開された
こともあり、復旧と並行して、観光業による田野畑村の復
興が着実に進んでいる。

インタビュー:道合勇一氏(NPO法人体験村・たのはたネットワーク理事長)「観光業の「復興」が地域の「復興」に」

観光業の「復興」が地域の「復興」に
道合勇一氏
NPO法人体験村・たのはたネットワーク理事長
かつては北山崎に観光バスで乗り付けて見物していく観光客ばかりで、村内に滞在する観光客は少なく、地域に
は利益がほとんど落ちなかった。このNPOが設立され、様々な体験ができるようになってからは、長く滞在する
人や宿泊客が増え、随分、波及効果があった。飲食店や売店、ガソリンスタンドの利用が増加した。民泊等も含め、
70〜90名ほどの人が、この活動で関わりを持つことができている。
村の漁業や自然、文化、それを支えている人、地域にあるものそのものを、体験いただく多くのプログラムを開
発した。サッパ船クルーズでは、船長がガイドも務め、プロのガイドではないが、そこで生まれ育った漁師の生の
話を聞くことができるため、大変好評である。
東日本大震災では、沿岸地域を中心に甚大な被害を受けた。体験型観光の拠点であった番屋も流された。当初、
村民の生活や漁業も復旧できていない状況の中で、観光施設を再生に取りかかることに対する批判の声もあった。
しかし、田野畑村の復旧のためには、いち早く地域経済を回復する必要があったため、震災以降も交流による地域
活性化のため、観光業の復興に力を入れてきている。
体験型観光によって、震災後の自分たちの状況を知ってもらうことができる。また、被災した経験を語り継ぐこ
とで、防災教育や復興教育にも活かしていきたいと考えている。