新しい人の流れをつくりだす。自転車が広げる街の可能性。(埼玉県さいたま市)さいチャリ|地域活性化100

地域活性化の先進的取組事例>地域のくらしをまもる>新しい仕組み
新しい人の流れをつくりだす。自転車が広げる街の可能性。
さいチャリ
埼玉県さいたま市

埼玉県さいたま市の地域の概要

近年、環境や健康に対する意識の高まりが追い風となって、日常生活の移動手段としてだけではなく、スポーツ
やレクリエーションを含めた自転車への注目が高まっている。埼玉県は人口720万人のうち76.9%が自転車を保
有する全国有数の自転車王国である。こうした状況を受けて、埼玉県では自転車を活用した地域の活性化、自転車
の交通安全、県民の健康増進等を目的として「ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想」を策定。県民から提案
された「みどころスポット」を繋ぎ合わせた全長300kmにわたるルート『自転車みどころスポットを巡るルート
100』を作成し、ハード・ソフト両面の整備を進めるなど、自転車で快適に走ることができる環境整備に力を入れ
ている。この取り組みの舞台となっているJR埼京線の南与野駅・武蔵浦和駅周辺では近年急速な再開発や住宅建
設が進んでおり、駅利用客の増加とそれに伴う駅周辺の駐輪場不足が深刻な問題となっている地域である。

取り組みの概要:新しい人の流れをつくりだす。自転車が広げる街の可能性。

南与野駅は埼玉県さいたま市中央区にあるJR埼京線
の駅であり、1日の乗車人数は約15,000人(2012年)
だが、周辺では再開発が進行しており、今後、さらなる
周辺住民の増加とそれに伴った利用者の増加が予想され
る駅である。
この南与野駅前に設けられたのが会員制レンタサイク
ルの「さいチャリ」だ。このサービスは駅前のポート
に21台(南与野駅、武蔵浦和駅それぞれ)の自転車が
配置されており、事前にWEBから簡単な登録を行うだ
けで、手持ちの交通系ICカード等をポートに設置され
た「無人管理機」にタッチして自転車を自由に利用する
ことができる(または事前に登録したクレジットカード
で支払いをすることもできる)というものである。料金
は6時間100円で24時間いつでも利用できる仕組みに
なっており、都度の申込や現金の支払は不要で学生から
大人までが気軽に利用することができる。
南与野周辺には大学やオフィスがあり、通勤通学客の
利用も多いのだが、鉄道交通は埼京線をはじめとした南
北方向の動線に限られており、大学やオフィスへはバス
やタクシーだけであった。そのため、学生や通勤者の多
くが自転車を利用しており、駅周辺の違法駐輪や放置自
転車などの問題を生んでいた。
きっかけは、南与野駅を利用していた学生たちが駅周辺
の放置自転車や、違法駐輪自転車に問題意識を持ち、解決
策はないかと声を上げ始めたことだった。この声を受けて
取り組みを始めたのが、全国各地で駐輪場管理事業を展
開し、主に都市部におけるコミュニティーサイクル事業
を行っている日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
(NCD)と、駐輪場設置のために鉄道高架下の土地を貸し
ているJR東日本都市開発だった。NCDは全国1000カ所
以上の有料駐輪場を運営し、東京駅周辺、広島市内などで
先進的なコミュニティーサイクルの実験事業を行ってきた
経験を活かし、会員制レンタサイクル事業に参加した。
サービス開始の2012年の会員数は728人(貸出回数
は924回)だったが、2013年には2,009人(貸出回数
12,027回)、2014年11月時点の会員数は3,387人と増
加を続けている。南与野駅と武蔵浦和駅の利用分を合わせ
ると、平日1日あたり50〜60回の利用がされており現
状のペースであれば採算ベースに乗せることも可能だとい
う。平日は主に周辺の大学やオフィスへの通勤通学客の利
用があり、休日は周辺住民のサイクリング等の利用がある。
昨今、全国の都市や新興住宅街を抱える街で、駅周辺の
違法駐輪や放置自転車が問題となっているが、行政がそれ
を解決するだけの駐輪場を確保・整備するには限界がある。
「さいチャリ」のような会員制レンタサイクルが普及する
ことに課題解決が待たれる。
さらに、コミュニティーサイクルによる「街の活性化」
にも大きな期待が寄せられている。これまでは、人の移動
は鉄道やバスの路線に制限されていたが、コミュニティー
サイクルの普及によって住民や来訪者の街中での移動回遊
性が高まり街の活性化につながると考えられる。こうした
街の活性化を実現するために、現在は主に駅にポートが設
置されているため「駅で借りて、駅で返す」にとどまって
いるが、将来的には街中の各地にポートを配置し、好きな
場所で貸し借りができる仕組みの構築を目指している。
現在、埼玉県内では南与野駅、武蔵浦和駅の二箇所であ
るが、今後は、京浜東北線、埼京線の沿線を中心に拠点を
増やしていくことを計画している。鉄道会社も、鉄道高架
下スペース活用の有効な利用方法であるため、今後もコ
ミュニティーサイクル事業のさらなる拡大を検討してい
る。自転車王国・埼玉から始まったこの取り組みが、全国
の同様の課題を抱える街に拡大することが期待される。

インタビュー:上田晋太郎氏(取締役執行役員パーキングシステム事業部長/日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社)

日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
取締役執行役員パーキングシステム事業部長
上田晋太郎氏