地域ビジネスモデル

この記事の目次はこちら

【No.004 地域ビジネスモデル】

本記事では地域創生カレッジの 地域ビジネスモデル の内容を学べます。

イントロダクション

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。この科目の目的は地方創生の現場で実際に起きているビジネスモデル改革を参考にして縮小均衡から閉塞感に陥りがちな地方建設的発展的な方向に展開して創生するためのヒントを得るということです。第1回から第6回までは指定日として外の仕事を地域に持ってくるということについてご説明をします。第7回から第12回は地域が世界に打って出るということで実例と概論についてご説明をします。1回目から12回目までの担当は山田始めるです。13回目から18回目までは地域の中で仕事を起こすということについてご説明をします。さらにこれらの地域の外から仕事を取ってくる地域を世界に売り出した地域の中で仕事を作るということについては今までの仕事の進め方ではうまくいかないビジネスモデルを改革する必要があります。ので最後の19回目から24回目についてビジネスモデル改革の説明をいたします。13回目から24回目までは壁が担当いたします。この講義では全国各地の多くの実例を紹介をします。あこの地域だこんな風にして成功してるんだと言って終わるのではなく我が地域でもそれをうまく教訓として活用して同じような活動ができないかそのような考え方で聞いていただけると幸いです。 

第1章 外の仕事を取りに行こう

レッスン1 この講義で何を学ぶのか

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。この科目では地域ビジネスモデルというタイトルで24回の講義を提供します。山田一と阿部公が担当します。初回に当たる今回は山田がこの講義で何を学ぶのかを説明します。この図は総務省統計局平成27年国勢調査人口速報集計結果から引用したものです。各都道府県の2005年の人口と2010年の人口比較した結果の増減率が薄い青棒で表示されています。同じように2010年と2015年を比較した結果が濃い青棒で示されています。頭の中央にある水平線は増減0の線です。ほとんどの道府県では過去2回連続してそれぞれ5年間の間に人口が減少しているということがわかります。大阪府も2005年と2010年の間では増加したのです。が2010年と2015年の間に人口減少がに移りました。5年単位の比較で2回連続して現象が最大だったのは秋田県です。毎回5%以上減少しています。従って秋田県では2005年から2010年の間に10年間に人口が1割以上減ったことになります。第二の福島県には東日本大震災の影響があります。が秋田県はそうではありません。極端に水路をすればあと50年で秋田県の人口はゼロになるというような傾向です。もちろん実際にはそうはなりません。がこの10年間人口の増加を続けているのは沖縄県東京都愛知県埼玉県神奈川県福岡県滋賀県千葉県の8都県だけです。しかし滋賀県と千葉県では2010年から2015年の間の人口増加率はほんのわずかです。次回調査では人口減少がに移る恐れがあります。まとめると47都道府県のうち東京都と数件を例外として残りの道府県では人口減少はこの10年間連続して進行しているということになります。平成28年高齢社会白書によれば高齢化率の高い豆腐都道府県は順番に秋田県32.6%高知県32.2島根県31.8山口県31.3和歌山県30.5となっています。これらの件でおよそ3人に1人が65歳以上の高齢者だということです。これらの件について前のページで説明した人口減少率の準備を見てみましょう順位を見てみましょう秋田県が連続して一時であることは既に説明してました。が2010年と2015年の間の人口減少率中陰では残りの高知県が4位島根県が11位山口県が13位和歌山県6位です。順位一桁の鍵が秋田県高知県和歌山県と三つもあるということになります。つまり人口減少が顕著な道府県では高齢化の進行も早いということです。別の言い方をすれば人口減少と高齢化が同時に進行しているのです。一方高齢化率と低い都道府県は順番に沖縄県19.0%東京都22.5神奈川県23.2愛知県23.2滋賀県23.4です。これらの件では5人あるいは四人強に1人が65歳以上の高齢者です。前のページで説明した人口の増減グラフでチェックするとこれらの時計は全て人口が増加してるということがわかります。2010年から2015年の人口増加率についてその順位は沖縄県1位東京都2神奈川県5位愛知県3位滋賀県7位です。人口増加率で相生の埼玉県では高齢化率は24.0%で高齢化率の低い都道府県の五井までには入りません。でしたが低い値を示しています。ここまで説明したように人口が減少して高齢化が進む道府県と人口が増加し高齢化の進行も緩やかなとけんとに日本は2極2極化しているわけです。東京都及びわずか数件だけが人口が増加し他の都道府県は消滅に向かって進むこの流れをどうしたら止めることが出 それには人口減少の進む道府県に新しい仕事を作り経済を成長させる必要があります。この講義の目的は地方創生の現場で実際に起きているビジネスモデル改革を参考にして縮小均衡から閉塞感に陥りがちな地方を建設的発展的な方向に転換して創生するためのヒントを得るということです。ここまで説明した人口減少や高齢化はすでに長い間で計測している傾向です。それに対抗する多くの政策が打たれてきました。が流れは変わりません。でした今までと同じ考え方で産業振興しようとしても人口減少と高齢化の流れに棹をさして流れを逆転させることはできません。新しいビジネスモデルを構築することで地域それぞれに新しい産業が成長する機会を作っていく必要があります。日本各地でこの新しい流れがすでに始まっています。地方創生と現場で実際に起きているビジネスモデル会悪の事例を紹介するケーススタディとそれらを踏まえての概念整理と組み合わせる形でこの行為は進行していきます。このページには抗議の視線が図示されています。図を見てください。横軸には地域内から地域外からと書かれています。縦軸には地域内へ地域外へとあります。地域が縮小均衡してしまう流れを変えるためには地域外から地域内に頭で左横向きの矢印のように仕事を持ってこようそれがして1です。地域内から地域外に売っててて地域を世界に広めようそれが支店にです。これはこの図では左下から左へに向かう縦の矢印として表現されています。地域で地域内のために仕事をして地域を元気にしようというのが支店さんです。頭の左下にある円形には支店さんと書かれています。この頭で右上にあたる地域外から地域外へはその地域には無関係な話です。地域の外で起きていることです。のでこの科目ではもちろん言及しません。これら三つの視点外の仕事をとりにいこう地域を世界に広めを地域の中で仕事をしようの講義の後にビジネスモデル改革あるいは構築について講義します。他のページで説明したようにこれらの指定を実現するためには今までの方法ロー乗り越え新しい地域ビジネスモデルを構築する必要があるからです。してん1と2は山田が担当し第1回から第12回まで提供します。してんさんとビジネスモデルについては安倍が担当します。安倍担当は第13回から第24回です。今回は第1回ということでこの講義で何を学ぶのかについてお話をしました。ようやくすれば人口減少と高齢化という流れを逆転させる新しい地域ビジネスモデルについて一緒に学ぶそして地域の創生に参考になる講義を提供するということです。次回は外の仕事を取りに行こうという視点について抗議します。 

レッスン2 外の仕事を取りに行こう

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回はこの講義で何を窓マダムとかについて話しました。要約すると人口減少と高齢化という流れを逆転させる新しい地域ビジネスモデルについて一緒に学び地域の創生に参考になる講義を提供するということは話しました。今回は外の仕事を取りに行こうについて概論お話をします。皆さんは輸入と輸出という言葉をご存知です。かこれは輸入と輸出に対応する国内地域間取引の使用です。移入は産物を国内の他の地域から移し入れいしつは産物を国内の他の地域へ送り出すという意味を持っています。我が国は輸出によって経済を発展させてきました。それと同様に一室が多ければその地域の経済は発展します。一方移入に偏り過ぎればそれはその地域にめぼしい産業がなく他の地域に依存しているという状態を表します。経済産業省が地域間産業連関表を作成してきました。この連関表には輸入と輸出の数値が掲載されています。最新話と言っても少し古いのです。が2005年の連関表を見てみましょうこの図は経済産業省が調べた地域地域別域際収支を引用したものです。域際収支というのは何時から輸入を引いた額のことで犬より質が多ければプラス au の方が多ければマイナスになります。グラフを見てください。黒い縦棒の入ったおは2000年における収支で斜線がついた房は2005年における収支です。2005年についてみると異質釣果は関東が吐出し次が禁忌となっています。犬長靴は吸収が突出し次が中部です。中国地方がプラスマイナスゼロで他の地域は犬長靴です。胃腸科の地域は限られています。また九州でだけでなく北海道東北など他の地域でも輸入超過の状況が5年経っても継続しているということが読み取れます。政府は移入胃腸科地域に産業振興しようと様々な政策を展開してきました。20世紀の産業政策はリッチに着目したものが多くその典型は新産業都市と工業整備特別地域です。新産業都市とは産業の立地条件及び都市施設を整備することによりその地方の開発発展の中核となるべきとして指定された地域のことです。北は北海道のどの地域青森県の八戸地域秋田県の秋田1地域宮城県の仙台湾地域などから南は大分県の大分地域宮崎県の日向延岡地域佐賀県福岡県熊本県の不知火有明大牟田地域まで15地域が指定され開発が進められてきました。工業整備特別地域キトワ工業の立地条件が優れておりかつ工業が比較的開発され投資効果も高いと認められる地域であるとして定められた地域のことです。これについては茨城県の鹿島地区静岡県の東駿河湾地区愛知県の東三河地区兵庫県の播磨地区広島県の備後地区山口県の周南地区の6地域が指定され開発が進められてきました。新産業都市の建設会社は1964年です。同時期に工業整備特別地域の指定も始まりました。それでも未だに輸入超過が解決できないのはなぜでしょうか。国の政策に加えて地方公共団体レベルでもリッチに重点を置いた政策が展開されてきました。その典型が工業団地です。工業団地とは一定の区域の土地を工業用地として整備士工場や倉庫を集積するものです。工業団地には工業集積を図ることにより中小企業の発展を流すものから高度な研究開発を推進する大学や研究所との連携を図るものまで多様な種類 また立地場所は大規模な河川からの工業用水が確保できる場所高速道路鉄道港湾空港に隣接する場所などが選ばれてきました。工業団地の一例が宮崎フリーウェイ工業団地です。宮崎県土地開発公社が開発したいとなって1999年に完成しました。2016年10月4日に宮崎県企業立地のサイトを閲覧すると宮崎県お勧めの土地です。と出ています。まだ売り出し中であることがわかります。航空写真で企業がほとんどしていないという状況を見ることもできます開発後20年近く経ってまだ空き地だらけこれは宮崎県フリーウェイ工業団地に限られた話ではありません。また僕は宮崎県の失敗を批判するそういうつもりもありません。日本中で多くの工業団地が企業誘致に失敗し空き地が広がっています。今までの立地に重点を置いた産業政策は国レベルで地方公共団体レベルでも間違っていたのではないでしょうか。産業立地政策は公安や空港が隣接しているとか工業用水や労働力は供給可能なのかなどに注目します。が地域資源にはそれほど注目したものにはなっていません。地域資源とは中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律によれば地域の特産物として相当程度認識されている農林水産物又は鉱工業品工業高校工業品の生産に関わる技術文化財自然の風景地音声その他の地域の観光資源として相当程度認識されているものということです。産業政策が失敗を積み重ねてきた中で地域資源の有効活用すなわち地域の個性や優位性を生かし地域資源を有効活用した産業振興するのが重要だという認識が広まってきました。すでに政府は地域資源活用事業を進めています。これは中小企業等の地域資源活用事業計画が国から認定されると支援が受けられるというものです。徳島県でも多くが認定されています。が数例をこのページに示しています。鳴門市のものは鳴門わかめのめかぶがもつ有効成分を活用した健康医療の開発製造販売事業です。ハワイ市場という会社が健康医療の開発を進めています。みよし市には外国人向け平気平家落人文化体験講座プログラムの開発提供事業があります。公共団体平家落人文化体験講座のプロデューサーは外国人です。地域住民を講師として巻き込み茅葺の古民家を改造や宿泊施設にして活用してさばくと体験の複数の口座を一つのパッケージ化した外国人向けのブログ裏も提供しています。三次市は外国人宿泊者数を前年比で20%増加させようという目標を掲げています。徳島市では LED を活用した大型で低コストの新表示装置の開発製造販売事業を進めています。徳島県は世界一の LED 生産地です。徳島県は世界をリードする ADD バレーこれはシリコンバレーのアナロジーです。がの実現に向けて産学官が一体となって様々な取り組みを実施しています。この授業はデジタルサイネージに用いられる LED ディスプレーを開発しようというものです。2つの例でわかるように農林水産業観光業工業と様々な産業分野で地域資源活用事業が進められているということが読み取れます。この科目では政府がお墨付きを与えたこれらの授業ではなくより自発的に地域が進めている外の仕事を取りに行こうについてケーススタディを通じて学ぶことにします。今回は外の仕事を取りに行こうについて概論を説明しました。移入が必要は周り他の地域に依存することでなんとか生き延びようとしている地域で地域資源に着目してより積極的に外の仕事を取りに行くことの重要性についてお話をしました。次回は外の仕事を取りに行こうの実例として上勝町の彩りについて説明します。 

レッスン3 ケーススタディ:上勝町いろどり

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は外の仕事をとりにいこうについて概論を説明しました。メニュー外出をあまり他の地域に依存することでなんとか生き延びている地域で地域資源に着目してより積極的に外の仕事を取りに行こうということの重要性についてお話をしました。今回はその実例として上勝町の彩りについて説明をします。このページは前回も説明をしました。地域資源の有効活用すなわち地域の個性や優位性を生かし地域資源を有効活用した産業振興するのが重要です。地域資源には地域の特産物である農産品鉱工業品鉱工業品の生産技術文化財や自然の風景様々な地域観光資源などがあります。今回は地域の自然が育んだ特産品を利用した新しいビジネスの実例として徳島県上勝町の株式会社彩の取り組みを紹介します。徳島県上勝町は徳島県にある山間の町です。温暖でタウ周囲には広葉樹林が広がっています。徳島駅からバスで一時間半かかるという便利とは言えない街に2016年1月1日現在1699人の人々が住んでいます。うち65歳以上の高齢者は873人で高齢化率は51%に達します。と徳島県全体では高齢化率は30%程度なので上勝町は徳島県の中でも高齢化が進んでいる地域です。若い人たちはどうしても仕事を求めて街中に出ます上勝町でも若い人たちが去って高齢化率が高くなったのでしょう高齢化率が高いということだけ聞くと寂しい街のように感じるかもしれません。が上勝町は高齢者が生き生きと元気に生活している町として有名です。町を変えたのは1999年に株式会社彩が設立されたのがきっかけでしたこの会社の資本金は1千万円で家上勝町が700万円を出資しています。代表取締役を務める横石知二氏がこれから説明する画期的な地域ビジネスの立ち上げを指導されました。社員数は臨時交付組6名と小さな会社で農産物及び林産物の販売に関する業務や情報通信システムのソフトウェアの開発並びに販売などを展開しています。情報通信システムについては後でもう一度触れます。ので頭の片隅に残しておいてください。株式会社彩の主力商品は同社のウェブサイトの目指すところに掲載されている葉っぱ商品です。高級な日本料理ではさらに植物の葉花枝などが添えられています。このページの写真では器の形をした歯の上に刺身が盛り付けられています。この葉はキンレンカという葉っぱです。彩ではこのような葉っぱ日本料理ではつまものと言います。がこれを出荷しています。春には桜の花秋にはもみじの小枝盛り付けに季節感を与えるのがつま物です。先ほど名前は寝たよ小石社長は元々町役場の職員でしたが都会に出張した際に日本料理店に入り隣の席のお客様たちが妻物について話してるのを目撃したそうです。上勝町ならどこにでもある葉っぱ価値はないと思っていた葉っぱに都会の人々喜ぶなど分かり町役場や町民の理解を努力してて葉っぱビジネスを立ち上げました。葉っぱビジネスは次のようにして行います。株式会社彩は全国からの注文を集約しネット上勝情報ネットワークに掲示します。この上勝情報ネットワークが先ほど紹介した彩りが開発した情報システムです。上勝町の特徴は山間の傾斜地で紅葉や開花の時期が場所により異なり同じ商品を長期間出荷できるということで そのため全国からの中古注文も長い期間続きます高齢者はネット情報を分析し受注し葉っぱを収集して出荷出荷場に持参します。どの注文を引き受けるかは早い者勝ちで決まります。高齢者はいち早く注文が取れるように時間になると家のパソコンを必死で操作するそうです。高齢者が操作しやすい理解しやすいそういうシステムを構築する必要があります。が自前で利用者の属性もきちんと意識して開発された上勝情報ネットワークです。ので利用は簡単です。高齢者は注文に応じるために山の上に登る必要はありません。自分の家の周りに歩きを歩き回り近くの林で今咲いている花今色が変わった葉っぱを集めれば良いわけです。今最も良い状態にある葉っぱを出荷するわけです。そのためには家の周囲の環境に常に目を配っておく必要があります。葉っぱという商品は綺麗で軽量です。箱詰めなども簡単です。このように葉っぱという商品は高齢者でも簡単に取り扱えるというのが大きな特徴です。葉っぱビジネスはこの15年間で大きく成長しました。彩サイトによれば現在の年商は2億6000万へ中には年収一千万円を稼ぐおばあちゃんもいます。ということだそうです。その収入で家を建てて行った孫に家を建てて行った高齢者がいたという話を聞いたことがあります。このページでは葉っぱビジネスの効果について説明をします。第一話高齢者に仕事ができて出番と役割が生まれ元気になったということです。高齢者の老化の進行をゆっくりするためには歩くというのが重要です。その上上勝情報ネットワークを通じての情報収集や受注の判断などに高齢者は頭も使っています。注文を取り合うという競争もあります。こうして高齢者社会参加を積極的に続け老化の進行が抑えられています。葉っぱを集めれば収入が得られるというのがインセンティブになって高齢者自宅近くの林の中を歩き回ります。その結果2012年4月1日時点では65歳以上の高齢者のみで構成される世帯が158もありました。が在宅で1年以上の寝たきり高齢者数は0誰もいなかったそうです。彼らは忙しくて病気になっとれいはこういう風に言ってるそうです。ピンピンコロリ昨晩までは元気だったのに朝起きてこないので見に行ったらお亡くなりになっていたそういう高齢者も本当にいらっしゃるそうです。上勝町の彩りは2012年に映画化され人生いろどりという題名で公開されました。2013年には DVD になっています。こうして彩りの葉っぱビジネスは著名なビジネスに成長しました。彩りの年商は2億6000万選んだそうです。のでそれが街にとって前周辺になっているという効果もあります。上勝町からの一室が実際に増加しているわけです。派生ビジネスも生まれています。上勝ビールという地ビール会社は東京にもレストランを開店しています。上勝ビールは2015年の創業で上勝町でビールを生産しています。上勝町はリサイクルリデュースリユースの地域環境政策に真剣に取り組んでいます。これは上勝町の自然を維持することが地域資源を守り彩に代表される地域ビジネスを維持していく鍵であると気付いたからです。その一環で従来を破棄するしかなかったゆずの皮で香り付けしたビルが生産されています。葉っぱビジネスが著明になったことで上勝町は豊かな自然に育まれた土地であるという定評が人々に生まれています。そのイメージを引き継いだ東京タワーの近くにある地ビールレストランでは現地でとれた新鮮な野菜なども提供され毎日多くのお客様が来店しています。今回は上勝町の彩りを紹介しました。豊かな自然の中にある葉っぱが実は地域資源であるということに気づいたことで新しい葉っぱビジネスが生まれました。地域ビジネスに従事する高齢者には生きがいが生まれ健康が維持さで街には税収がもたらされます。上勝ビールのように派生ビジネスも誕生し上勝町は高齢者が元気で生き生きと生活する街になりました。次回は外の仕事をとりにいこうのもう一つの事例として地域に 移住促進策にも見せずに関係するクラウドワークスについて紹介します。 

レッスン4 ケーススタディ:クラウドワークス

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は上勝町の彩りを紹介しました。豊かな自然の中による葉っぱが実は地域主権であるということに気づいたことで新しい葉っぱビジネスが生まれてました。生まれました。地域ビジネスに従事する高齢者には生きがいが生まれ健康が維持され街には税収がもたらされています。上勝ビールのような派生ビジネスも誕生し上勝町は高齢者が元気に生き生きと生活する街になりました。今回は外の仕事にをとりにいこうのもう一つの事例としてクラウドワークスについて紹介をします。株式会社クラウドワークスは2011年11月創業の新しい企業で創業者である吉田浩一郎氏が代表取締役社長と CEO 勤めています。働こうとして人々に笑顔をミッションとして掲げ後で説明するクラウドソーシングという事業に取り組んでいます。2015年には経済産業省第1回日本ベンチャー大賞の審査委員会特別賞2015年度グッドデザイン未来づくりデザイン賞を受賞するなど注目を集めています。クラウドソーシングのクラウドは crowded 群集という意味です。全国の企業地方公共団体で Web サイトの作成スマートフォンアプリの開発ロゴの作成翻訳など多くの業務を発注しています。例えば翻訳であれば翻訳会社に発注してきたわけです。しかし絶対に会社に発注しなければならないということではありません。翻訳能力がある個人個人に発注しても良いわけです。がどこにそのような個人がいるか企業や地方公共団体には分かりません。一方全国にはエンジニアやデザイナー翻訳といった仕事をこなせる人々が大勢住んでいます。個人事業主としてこれらの仕事をしている人々も大勢います。が大抵は日頃のつながりの中で受けることができた仕事を細々とこなしているだけです。新規の仕事を取ってくるのはとても難しい香椎状況にあります。これらの個人事業主を集めて群衆クラウドワーカーとして組織化をします。このクラウドワーカーが Web サイトの作成スマートフォンアプリの開発ロゴの作成翻訳などを受注するわけです。クラウドワーカーは主婦や高齢者まで多様な人々がおり誰でもいつでもどこでも仕事ができるのが特徴です。例えば契約文書の翻訳であれば英語能力の豊かなしかし今は子供が生まれたばかりで家にいる宿主婦でも空き時間を利用してこなせます彼女がクラウドワーカーの典型例です。発注側の企業や地方公共団体オクラとクラウドワーカーをつなぐことが出来れば良いそれがクラウドソーシングです。クラウドワークスはクラウドソーシングのためのマッチングサービスの提供企業です。金曜や地方公共団体からの仕事はリストとしてすることができますクラウドワーカーはその中から仕事を申し込みます企業などはそのクラウドワーカーの過去の実績や評判を知ることができ誰に発注するかを決めることができます中にはこのページに示すロゴコンペティションのように多くのクラウドワーカーから多数の体を受け付けその中からひとつを選んで商品を渡すというコンペティション方式での受発注もあります。 jumpstart 日本というのは経済産業省の授業でクラウドワークスがロゴコンペティションを実施しました。143の提案が集まりこのページで jumpstart 日本という文字の左側に掲げられたロゴが選ばれ賞金は8万円でしたこれは通常のコンペティションに比べて圧倒的に安価です。クラウドワーカーの中には年収1千万円を超えるような個人事業主も存在します。一方にはお小遣い終えて満足しているクラウドは鴨います。どの程度頑張るかはクラウドワーカーそれぞれが決めることです。クラウドワークスが受注した仕事の契約総額は2013年9月期には51100万円でしたが2015年9月期には28億600万円まで成長しています。クラウドワーカーは同時期に6.7万人から73.7万人まで乗りました。クライアント あの企業等の数は2013年9月期には1.4満車でしたが2015年9月期には10.6枚者になりました。正社員でなければ生活が安定しないスキルアップの機会にの愛と言うといった見方が世の中では主流です。がクラウドソーシングにはそのような社会通念を破る可能性があります。日本国内での輸入と輸出の状況については既に説明をしました。その際移出入の差がプラスなのは関東で関東に産業が集中しているという話をしました。しかし Web サイトの作成スマートフォンアプリの開発ロゴの作成翻訳などは関東圏東京でしか行い仕事でしょうか。クライアントからの要求仕様が明確に定まってさえいればどこでも行うことができるのです。クラウドワークスは2012年7月に下の表を示して報道発表を行いました。この表は次のように読みます縦方向にはクラウドワークスへの発注が東京外からの発注と東京からの発注に分類されています。横方向は東京での受注と東京外での受注に分類されています。すなわちすべての発注全ての受注を合計すれば100%になります。東京外からの発注の家東京で受注されたのは全体の11%です。東京外からの発注の家東京外で受注されたのは全体の19%です。東京からの発注では東京で受注されたのが29%東京帰り受注されたのは41%です。東京外からの発注は11%と19%の合計で30%です。残りは東京からの発注です。このように東京で多くの仕事が発生していることがわかります。同様に東京での受注は縦方向に11%と29%足して40%そして東京外での受注が残りの60%です。つまり発注の70%は東京カラダが受注の60%東京外であるということをこの表が示しています。東京の仕事を東京で受注する必要はないし実際にチューしているわけではないということがこの表で読み取れます。時間や場所にとらわれない働き方が広がれば地方への移住にインセンティブが生まれるというのが前のページの表から読み取れる教訓です。東京階に居住するクラウドマークはどうして東京階に居住しているのでしょうか。昼はサーフィン夜は翻訳で生活を楽しみたいという方からお家から果樹園の経営を引き継いだので午前中は家事の定例をし午後はプログラミングの仕事をするというクラウドワーカーもいます。文化財自然の風景地温泉その他の地域の観光資源例えばサーフィンのできる海が実り豊かな果樹園はクラウドワーカーにとっては魅力的だのです。地域に特有の地域資源に魅力を感じて定住してもクラウドソーシングで仕事ができるということに理解が深まって東京階に住むクラウドワーカーが増えています。先に説明したようにクラウドワークスにはすでに合計70万人以上が登録をしています。地域資源の有効活用というこのページは繰り返し説明をしています。 Web サイトやスマートフォンアプリの作成ロゴ作成翻訳などの特技を持つ個人事業主を地域資源の魅力で地域に集めることが可能になり始めています。地域への移住促進策では移住者に仕事を与えるということは課題になります。農林水産業のノウハウを伝授するのは難しいことです。が東京の仕事をそのまま持ち込むということができれば20は容易になります。同様の試みは地域に広まっています。徳島県神山町のサテライトオフィスがその一例です。これは情報技術デザイン映像関係の専門家専門企業を集めて新しいビジネスコミュニティを創造するという試みです。写真にあるように自然豊かな環境に魅力を感じた企業がサテライトオフィスを設置したり個人事業主が集まってきたりとそういった新しい動きが起きています。今回はクラウドソーシングを進めるクラウドワークスについて紹介をしました。 全国各地で発生する仕事をそれぞれが得意な個人事業主下げるプラットフォームを提供することで仕事が多い東京に住む必要性は薄れてきています。次回は ICT で距離の壁を越えるという話をします。上勝町のいろどりやクラウド送信が可能になったのは ICT 情報通信技術の発達があったからです。次回はこの話をします。 

レッスン5 ICTで距離の壁を超える

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回はクラウドソーシングを進めるクラウドワークスについて紹介をしました。全国各地で発生する仕事をそれぞれが得意な個人事業主に繋げるプラットフォームを提供することで仕事が多い東京に住む必要性は薄れてきています。今回は ICT で距離の壁を越えるという話をします。上勝町のいろどりやクラウドソーシングが可能になったのは ICT の発達があったからです。21世紀は情報社会です。これに対応するために政府は2001年に制作パッケージとして良いジャパン計画を策定をしました。その後ほぼ毎年改訂されながら政府は情報通信政策を継続的に展開しています。 e-japan 計画では次のような目標を総括的な目標として掲げました。それはわが国はすべての国民が情報通信技術 IT を積極的に活用しその恩恵を最大限に享受できる知識創発型社会の実現に向け早急に革命的かつ現実的な対応を行わなければならない市場原理に基づき民間が最大限に活力を発揮できる環境を整備し5年以内に世界最先端の it 国家となることを目指すというものでした知識創発というのは大勢の人々が相互に関わり合いその中から既存のものとは異なる新しい知識としきを活用した成果が生まれるということです。 e-japan 計画には高速ネットワークの整備は電子行政の推進など多様な視点から具体的な目標が掲げられています。それが目指すべき社会としてまとめられています。目指すべき社会にはこの講義に関連する項目も掲載されています。その第一は就労です。交通手段に依存することなくネットワークを通じて職場とつながることにより確認しんが年齢や性別に関わりなく希望する仕事をしつつ生活の場を選択することが可能になると書かれていました。第2話産業です。 e-japan 計画は次のように言及しました。企業規模に関わらず it を駆使して自由に世界中の顧客と商取引を行うことができる競争の促進と知的財産権の保護のバランスが国際的な整合性をもって保たれる産業の目標の公団には知的財産権の研究があります。がこれは世界とビジネスするには知的財産権が重要だからです。例えばコンテンツを輸出するには著作権について適切に処理をしておく必要があります。会社の信用を守るためには各国で商標権を確保しておく必要があります。技術製品には特許権が深く関係します。前のページで説明したような就労や産業の目標を実現するには高速ネットワークの整備が不可欠です。我が国ではネットワークの整備は電気通信事業者の仕事すなわち民間事業です。がいいジャパン計画の中で目標が定められました。その目標は5年以内に超高速アクセス目安として毎秒30から100 mbit が可能な世界最高水準のインターネット網の整備を促進することにより必要をするすべての国民がこれを低廉な価格で利用できるようにするというものでした情報通信白書はその後毎年高速ネットワークの整備状況をレポートしています。情報通信白書平成27年度版では2015年3月末時点において超高速ブロンドブロードバンド利用可能世帯数は5594万世帯であり利用可能世帯率は99.98%であると報告されています。ここで超高速ネットワークというのは毎秒30メガビット以上のネットワークです。 e-japan 計画の通り5年後というわけにはいきません。でしたが15年後には実際に超高速ブロードバンドがほぼ全世界で利用できるようになりました。より詳しくブロードマンの棒の整備状況の年次推移を見たのがこのグラフです。すでに2009年の時点でブロードバンドがほぼ繊細で利用可能になっていました。超高速ブロードバンドについては2009年には9割程度でしたが2013年にほぼ100%までとみています。 通信事業者がブロードバンド網の整備に投資を続けて結果このように目覚まし状態になっています。2001年当時にはインターネット接続といえば ADSL が主流でしたこの ADSL では速度は毎秒数百 KB にすいません。超高速ブロードバンドの1/100程度の速度です。当時から光加入者網も提供されていました。がサービス価格が高くサービスが利用できるエリアも限られていました。その後モバイルを利用したブロードバンドが急速に普及してきました。 LTE と呼ばれる最新のモバイル技術では毎秒30メガビットも十分に可能です。2016年3月末時点での LTE 契約者数は8739万人に達しています。高齢者への普及についても情報通信白書に水位が掲載されています。六十歳以上の世代でのインターネット利用率は毎年伸び続けています。平成28年度版によると60年60代前半のインターネット利用率は81.6%60歳代後半で71.4%です。五十歳代では91.4%です。ので50歳代が60歳を超える頃には高齢者全員はインターネットを利用するようになるでしょう高齢者はネット弱者であり教育機会を提供しなければならないという風に2001点作成のいいジャパン計画には書かれていました。が今では多くの高齢者はネット弱者ではありません。この講義では上勝町の彩りという地域ビジネスを紹介しました。彩は高齢者がネットを駆使して受注するのがポイントです。このビジネスが可能になったのは1992年の創業当時から上勝町の高齢者がインターネットを利用できていたからに他なりません。そのために利用できる利用しやすいシステム株式会社彩は自主開発しました。高齢者のためには利用できるすなわちアクセシビリティと利用しやすいすなわちユーザビリティに対する高齢者の要求を満たすようにシステムを設計する必要があります。テレワークという言葉があります。これは情報通信技術を活用した時間や場所にとらわれない働き方を意味しています。テレワークは米国で1970年代に提唱された考え方です。当時石油危機が発生しガソリンイン価格が高騰したことがテレワーク提唱の位置になっています。職場に行かなくても仕事はできるというテレワークの重要性は国でも認識され政策課題になりました。何度も何度も今年はテレワーク元年と言われました。が実際には利用者はあまりません。でしたテレワークが本格化したのは最近のことです。超高速ブロードバンドネットワークの整備パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンなども含めて使い勝手の良い機器の普及クラウドなどを1に依存しない情報サービスの発展によりようやく本格化しました。国土交通省の調査によれば2014年時点で雇用型と a型のテレワーカーは合計で1000万人以上いるそうです。2015年のテレワーク人口実態調査結果によればテレワークには通勤や移動の負担軽減自由時間の増加といった効果に加えて業務効率自体が向上するという効果もあるとテレビでは赤は考えているそうです。2001年のいいジャパン計画には先ほど説明したように目指すべき社会が書かれていました。就労分野ではこの講義で説明したクラウドワークスが年齢や性別に関わりなく希望する仕事を生活の場を選択している実例です。2001年当時はネットワークを通じて職場とつながることと書かれていました。が実際にはネットワークを通じて今まで取引のなかった企業などと個人事業主が繋がるということも可能になっています。産業では上勝町いろどりは it を駆使して自由に日本人の顧客と取引商取引を行っている実例です。この大崎日本国内だけでなく海外に直接つながる地域が誕生する可能性もあります。超高速ネットワークが整備されたことによっていいジャパン計画が目指した社会がようやく実現したのです。いい人よりも輸入に頼り他の地域に依存してやっと維持してきた人口減少高齢 地域にとって逆転のカギの一つが外の仕事をとりにいこうです。地域外に目を向け外の仕事を取りに行くことで建設的発展的な方向に転換できるわけです。地域超高速ブロードバンドの普及はテレワークが提唱された1970年代や e-japan 計画が発表された2001年には目標に過ぎなかった外の仕事を取りに行こう実現したのです。また超高速ブロードバンドに加えて上勝町の彩りやクラウドワークスのようにそれを上手に利用しようとする創業者精神に富んだ人々が現れて外の仕事に取りに行こうは現実になったと言えるでしょう今回は肺 CT で距離の壁を越えると題して超高速ブロードバンドの普及によって外の仕事を取りに行くことができるようになったという話をしました。次回は外の仕事をとりにいこうの最終回として競争し同時に強調するということの重要性についてお話をします。 

レッスン6 競争し協調する

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は ICT で距離の壁を超えると題して超高速ブロードバンドの普及によって外の仕事を取りに行くことができるようになったという話をしました。良いジャパン計画の目標が最近やっと現実化したわけです。日本中の各地で同じように地域を創生する外から仕事を取ってくるというビジネスを展開する可能性が生まれています。今回は外の仕事をとりにいこうの最終回として競争し同時に強調するということについてお話をします。上勝町いろどりやクラウドワークスは全国からの発注を集約するプラットフォームです。その上で高齢者やクラウドワーカーが働きます株式会社彩は全国からの注文を上勝情報ネットワークに掲示をします。その注文を閲覧可能時刻になると高齢者が奪い合うという状況が起きています。クラウドワークスでは Web サイト作成スマートフォンアプリ開発ロゴ作成翻訳などの発注をクラウドワーカーが具合奪い合います。ロゴコンペティションのように勝たなければ報酬が得られない場合もあります。なぜ高齢者クラウドワーカーは他の人々と競争しなければならないそんなプラットホームの上で仕事をしているのでしょうか。その答えは単純です。高齢者クラウドワーカー一人一人では世の中から見えないからです。クラウドワークスについて説明した会で個人事業主の実態について説明をしました。世の中からあまり見えない個人事業主は今までの人脈を通じての仕事を細々とこなすのに精一杯なのです。株式会社彩が彩やクラウドワークスとして発注窓口が一本化されることで全国の企業や地方公共団体といった発注側は発注先を探す負担が軽減し発注しやすくなります。発注するを受ける受注先が増える可能性があるということはより競争的に受注先を選定できるという効果も生みます株式会社彩が彩にこんな葉っぱが欲しいと言えばちゃんと入手できるその際に誰が集めてくるか気にする必要もありません。一方 Web サイト構築について実施者を募集するとクラウドワークスを通じて多くの個人事業主が応募してきますその多くは発注がにとっては初めての相手となります。が今までの実績は評判をチェックすることで安心して実車を選択することができます受注者が確認できるようにすることあるいは確認しないでも済ますことプラットフォームの設計次第でどうにでもなります。もう10年前になります。が成績がはかばかしくないテーマパークがする所在する地方公共団体職員が相談に来たことがあります。どのようにしたら来園者数を増やせるかという相談でした隣に別のテーマパークを返したらとアドバイスをしました。が職員驚きの表情を見せました。そして隣に客が流れて今より業績が低下するじゃありません。かと言いました。これがしばしば陥りがちな間違った考え方です。現状を守ることからスタートしては状況は改善されないのに守りの姿勢に入ってしまっているのです。東京ディズニーリゾートは1983年に東京ディズニーランドが開園しました。が東京ディズニーシーの開業は2001年です。ディズニーランドとディズニーシーが併記されることで集客力が高まりまた滞在型リゾートへと変わってきました。東京ディズニーシーホテルミラコスタをはじめ周辺にはオフィシャルホテルが多数存在します。これらのホテルはディズニーリゾートへの来園者で賑わっています。2015年の来園者数は合計で3019万人に達しました。かっぱ橋道具街には調理器具の問屋が集積をしています。こちらでもあちらでも同じような調理器が売られています。遠谷通してお客様を取り合う競争状態です。しかしたくさんのお家が集積しているので欲しかった調理器具を必ず手に入るという利点もあります。この事典によって集客が進み今では外国人観光客にも生地 このページには合羽橋道具街について説明するいきペディアのページが表示されています。が実はこれはドイツ語です。ドイツ人にとってもかっぱ橋道具街は調理器具の生地なのです。集積を地域の力にしようと経済産業省は産業クラスター政策を推進しています。産業クラスとはとは特定分野の企業等が地理的に集中し競争し同時に協力している状態のことです。特定産業集積の活性化に関する臨時措置法が1997年に制定されています。がこの法律の目的は次の通りです。この法律は経済の問いをかつ構造的な変化に対応するため特定産業集積の有する機能を活用しつつその活性化を促進する処置を講ずることにより地域産業の自立的発展の基礎の基盤の強化を図りもって国民経済の健全な発展に資することを目的とする政府は法律に基づいて基盤的技術産業集積活性化計画特定中小企業集積活性化計画を策定した地方公共団体に対して施設整備研究開発及び新製品開発補助財政投融資等の支援を行ってきました。経済産業省は2011年から2020年を産業クラスター政策の第3期として定めネットワークの形成具体的な事業展開をさらに推進していくと共に産業クラスター活動の財政面での自立化を図っていき産業クラスターの自律的な発展を促すとしています。政府からの支援を受けた事業の一つが東海ものづくり創成プロジェクトです。車載組込みシステムについて会員金は協力して人材を規制しようとしています。そのためにセミナーやフォーラムの開催勉強会も年によってことを実施しているそうです。練馬区にはおよそ80のアニメ関連企業が存在します。これは練馬区が日本で初めて始めが製作された土地でそれ以来還暦が集積してきた結果だそうです。アニメ関連企業が多く存在すればアニメーターなどの人材確保が容易になります。これが集積の効果です。一方で優秀なアニメーターにとっては春会社から他の会社への転職が容易になります。通勤時間が伸びるだと通常の転職でありがちな子問題が起きないのです。こうして練馬区のアニメ関連企業は人材の確保について競争しかつ教授をしているのです。練馬区におけるアニメ関連産業の集積は臨時措置法の指定を受けたものではありません。そういう意味ではアニメクラスタをアピールする練馬区の数は自主的な活動です。ねうまくではこのページに示す練馬アニメーションサイトを関連企業とともに運営しています。その他様々な取り組みを通じてアニメを産業と文化の両面から盛り上げ国内経済の活性化とアニメおくみの誇りとおなるということを目指しています。練馬アニメカーニバルを実施するアニメ文化を通じて地域への愛を含め深め作る楽しさやプロの仕事を学ぶ体験を子供たちに与える教育を実施する銀河鉄道999にしたんだ999ナンバープレートを原動機付自転車ように交付するなどの取り組みを進めています。我が国のコンテンツ産業は国際的に市場規模を拡大しており今後も成長が見込まれる注目産業です。練馬区の活動は政府を挙げて取り組んでいるコンテンツ制作にも連動するものになっています。新幹線の越後湯沢駅に日本酒の飲み比べができるスタンドがあります。ぽんしゅ館越後湯沢店と裕子のスタンドでは越後新潟越後酒蔵93蔵全ての日本酒の利き酒ができます居酒料500円を支払えば5種類の利き酒ができますうっかり飲み過ぎてしまうというお客様もいるかもしれません。造り酒屋にとっては隣の造り酒屋ライバルです。酒飲みを奪い合っているのです。からしかしこのぽんしゅ館では協力して越後日本酒の魅力をアピールしているわけです。ここでも競争と協調が併存しています。ここまで外の仕事取りに行こうについて説明してきました。停滞する地域の方向性を転換するためのしての一つが外の仕事をとりにいこうです。地域資源を活用 というのはそのためのポイントの一つです。が地域資源の中には上勝町の葉っぱのように地域に溢れすぎていてそれが地域資源であると地元の人たちが気づかなかったものもあります。我が地域の資源は何か改めて考え直さなければなりません。特定の産業集積しクラスター化するというのもポイントです。その結果に集積された企業は競争しつつ強調するということになります。ライバル企業は確かにライバルです。が外からの客を仕事に集めるためには協力者でもあるのです。 ICT 情報通信技術で距離の壁を超えるということができるというのも大きな環境変化が10年間に起きました。 ICT をどう活用するかについてもしっかりと考える必要があります。外の仕事を取って地域を再生創生するために地方公共団体には考えるべき点がいくつかあります。がここに書かれているのが代表的なポイントです。この講義ではそれらを紹介してきました。今回は外の仕事を取りに行こうのまとめとして競争と協調の平蔵に着目して抗議しました。外の仕事を取りに行こうという視点で新しいビジネスを起こしていくことで停滞する地域の方向性を転換する可能性が生まれています。次回からは地域を世界に広めようについて抗議します。これでこのユニットの講義が終了です。小テストを受験してください。 

第2章 地域を世界に広めよう

レッスン1 地域を世界に広めよう

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。この科目の目的は地方創生の現場で実際に起きているビジネスモデル改革を参考にして縮小均衡から閉塞感に陥りがちな手法を建設的発展的な方向に転換して創生するためのヒントを得るというものです。日本各地の地方創生の現場で実際に起きているビジネスモデル改革の実例を紹介するケーススタディとそれを踏まえての概念整理と組み合わせる形でこの恋は進行していきます。改めてこの科目全体の視点について説明をします。図の横軸には地域内から地域外からと書かれています。縦軸には地域内へ地域が8あります。地域が縮小均衡してしまう流れを変えるために地域外から地域内に頭で左横向きの矢印のように仕事を持ってこようというのが指定日です。地域内から時期外に売って出て地域を世界に広めようというのが支店にです。左下から左上に向かう縦の矢印として表現されています。地域内で地域内のために仕事をして地域を元気にしようというのが支店さんです。頭の左下にある円形には支店さんと書かれています。これらの視点を実現するためには今までの方法論を乗り越え新しい地域ビジネスモデルを構築する必要があるため最後にビジネスモデルについて公表します。してんしとには山田が担当し第1回から第22回まで指定さんとビジネスモデルについて安倍が担当します。安倍担当は第13回から24回です。今回は地域を世界に広めようの第1回です。政府は明日の日本を支える観光ビジョンを2016年に決定をしました。これは訪日客が年間2000万人を超えるという最近の状況を前提としてより一層観光立国を目指すとして作成されたものです。確かに2000万人の訪日客が一人20万円を日本国内で使用すればそれだけで4兆円が稼げたことになります。この観光収入を地域創生の源にしようということも考えを考えるのが明日の日本を支える観光ビジョンです。ビジョンには三つの視点が書かれていました。第1話観光資源の魅力を極め地域創生の礎にということです。より具体的には滞在型農山村漁村の確率形成地方の商店街等における観光需要の獲得などの方針んが書かれています。第2話観光産業革新し国際競争力を高め我が国の基幹産業にです。古い規制を見直し生産性を大切にする観光産業へ転換する滞在を長期化するように欧州米国豪州などでプロモーションを行うビザの発給条件を緩和するなどが歌われています。第三の視点が全ての旅行客がストレスなく快適に観光を満喫できる環境に良いです。これほどの方に来た客が来ると想定されないままに提供されて観光産業にとっては訪日客にとって不便な要素がたくさん含まれています。イスラム教信者が食べることのできるハラル食を提供する必要があります。大浴場など日本独特の施設について他言語での案内を提供しなければなりません。神社仏閣の案内も同様です。鉄道バスなどの公共交通も利用しやすいように改善しましょう政府の方針を反映する形で各都道府県も観光振興戦略の策定を進めています。和歌山県は観光振興アクションプログラム2016を策定をしました。和歌山県の統計によれば2015年には和歌山県への観光客入込客数が3335万人宿泊客総数は569万人だったそうです。そのうち外国人宿泊宿泊客数が43万人宿泊者数が100万人増加しそれぞれが3万円和歌山 そうすれば増加する観光収入は300円と計算できますこれがアクションプログラム策定の大きな動機です。和歌山県は和歌山ブランドの拡大と持続可能な観光地づくりを基本コンセプトとし和歌山の魅力を国内外に発信することを主軸とすると宣言しています。これを受ける形でアクションプログラムには和歌山を売り出すとして水の国和歌山キャンペーンおで和歌山を売り出す世界遺産で和歌山売り出す歴史温泉で和歌山売り出す自然の素晴らしさで和歌山を売り出すなどと書かれています。和歌山を売り出すと同じレベルの大きな戦略として和歌山へ招く和歌山でもてなすも記載されていました。観光戦略を実践して訪日客和歌山に招きまたた都道府県の日本人客日本人客を招くことで和歌山県で観光機関車営業として育てることができますこの重要性は他地域でも同様です。世界に売り出さなければならないのは観光資源だけではありません。工業技術でも同様です。我が国には独特の技術を持つ中小企業が数多く存在しています。下町ロケットという池井戸潤原作の小説がテレビドラマ化され人気を集めました。下町ロケットはロケットエンジンに不可欠な部品を製造する中小企業の物語でしたこのような中小企業が実際に存在し日本の工業を支えています。しかし中小企業の経営者高齢化が進み後継者がいないというわけで廃業する企業も増えています。企業の系列の崩壊が長期間に及んだ不景気も廃業に拍車をかけています。2016年版の中小企業白書2中小企業数の推移が掲載されています。1999年には小規模事業者と中規模企業を合わせて483.7枚者が存在しました。が2014年の統計では380.9枚下まで検証しています。およそ100万社つまりこの10年間に中小企業数は2割も減少したというわけです。世界にアピールすることなく顧客既存顧客との関係だけで授業を続けようというのでは事業の縮小がその先には廃業が待っています。中小企業の力を世界に広めることで歯止めがかけられないか国内の大企業にアピールするだけでなく海外にもアピールして新しい仕事を受注できないかこれも地域で考えなければならない課題です。地域を世界に広めようというのがこの6回の講義タイトルです。が和歌山県の観光戦略を説明した際に研究してように国内に広めるでも同様です。ふるさと納税制度が実施され豪華な返礼品が送られてくると人気を呼んでいます。各地域には返礼品に代表される特産品地域資源が存在します。しかし実際には返礼品リストを見るまでその地域にそんな特産品があるということを知らなかった人も多いのではないでしょうか。北海道沼田町にはほろしん温泉という警告と山々の自然を望む温泉があるそうです。しかしこの温泉があることを知ってる人はどのくらいいるのでしょうか。返礼品は地域の特産物でありほろしん温泉は景勝地です。し着替えの人にその名を広めることができればそれだけで地域にお金が入ってきます素敵な返礼品を求めて人々が情報探している今は大きなチャンスです。地方公共団体はその地域の地域資源である返礼品の名が国内に広まるように努力する必要があります。おもそも返礼品の魅力が繋がなければふるさと納税自体も集まらないのです。今回は地域を世界に広めようの概論を説明しました。縮小均衡の方向性を逆転させるためには自ら外の仕事を取りに行く努力が欠かせません。地域には観光資源がありそれは訪日客にとっては魅力的かもしれません。地域の中小企業は作る工業品には大教員企業にも負けない高度な技術が詰め込まれているかもしれません。地域創生のために地域を世界に広める方法論を学びましょう次回は田辺市熊野ツーリズムビューローを事例として取り上げ紹介します。 

レッスン2 ケーススタディ:田辺市熊野ツーリズムビューロー

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は地域を世界に広めようの回路も説明をしました。縮小均衡の方向性を逆転させるためには自ら外の仕事取りに行く努力が欠かせません。地域には観光支援があります。がそれを利用して地域を世界に広めることが地域創生に役立ちます今回は田辺市熊野ツーリズムビューローを事例として取り上げて紹介をします。和歌山県には熊野古道があります。この鼓動は2000年に熊野参詣道として国の史跡に指定され2004年に紀伊山地の霊場と参詣のの一部としてユネスコの世界遺産として登録されました。建築物が多い世界遺産の中で道が指定されたのはスペインのサンティアゴデコンポステーラ巡礼路と同様に珍しい事例です。英語でも熊野古道といえば通じますより正確には熊野古道プリクラマアジルーツと言います。プログラマー自由とは日本語では巡礼地つまりスペインのサンティアゴデコンポステーラはキリスト教信者が歩いて辿る道です。が熊野古道は日本人特有の自然数位牌の巡礼路巡礼路というわけです。和歌山県が発行した平成26年観光客か観光客動態調査報告書には世界遺産登録市町村の年度別観光客数推計が掲載されています。世界遺産に登録された自転2004年の観光客総数は2091万人そのうち宿泊者数は364万人でした宿泊者数のうち外国人は5万人にすぎません。でした2014年には観光客総数は1086万人と激減しそのうち宿泊者数は325万人と1割も減少しています。しかし宿泊者数のうち外国人は18万人を数え3倍以上に増加外国人宿泊客だけが著しく増加している様子が伺えますこのように和歌山県では観光産業における外国人観光客の重要性が高まっています。しかし英語でのサービスを提供してこなかった地元の旅館民宿では外国人観光客に対応できます田辺市熊野ツーリズムビューローは2006年に田辺市内の田辺龍神熊野本宮など五つの観光協会を構成団体として設立された官民協働の観光プロモーション団体です。この田辺市熊野ツーリズムビューローが推進する事業のうち二つを紹介をします。情報発信プロモーション事業は世界に開かれた質の高い持続可能な観光地を目指して多言語化など海外への情報発信を推進する事業です。受ける市レベルアップ事業とは簡単な日常帰ると日英併記の指差しコミュニケーションツールを作成するなどの授業です。前者については次のページで詳しく説明をします。後者は英語ができない旅館民宿で外国人対応をスムーズに行えるようにと勧められているものです。大浴場の使用方法和式便器の使用方法布団の敷き方たたみ方などを日本人観光客であれば何の問題も起きないことに外国人観光客は戸惑います。そこでコミュニケーションボードを作成し指さしで使用方法を伝えることにしました。このボードによって外国人観光客が宿泊した際にも最低限のコミュニケーションが図れるようになりました。これは政府の進める観光ビジョンに掲げられた全ての旅行客がストレスなく快適に観光を満喫できる環境にに対応する事業です。田辺市ツーリズムビューローは英語サイトを提供しています。熊野古道始め田辺市の観光情報を入手することができますセイクリッド熊野とは神聖な熊野という意味です。その他にも 食とお土産祭りイベントエリアガイド交通案内などが掲載されています。言語は日本語英語のほかフランス語スペイン語中国語韓国語から選択をできますこのサイトのトップページには熊野トラベルリザベーションシステム熊野旅行予約システムというバナーがあります。ここをクリックしてみましょうこのページには英語版の熊野旅行予約システムを示しています。いつからいつまでどこに泊まりたいか何人で泊まりたいか民宿か旅館かホテルか宿泊費の範囲はといった条件を入力していくことで該当する宿泊施設が絞り込まれていきます。広報施設リストの中から選択することで予約が完了します。もしこのシステムが無ければ民宿旅館ホテルは個別にしても作るかあるいは電話なので予約予約を受け付けなければなりません。しかしそれにはしても開発の経費がかかります。し英語ができない施設では電話応対が不可能です。共通予約システムには民宿旅館ホテルなど宿泊施設の負担を軽減する効果があります。外国人観光客にとっても宿泊可能な施設を一気に閲覧することができるのはとても便利なことです。そうでなければ知らない土地にある宿泊施設を一つ一つ苦労して探さなければなりません。くまの旅行予約システムは外国人宿泊客にも宿泊施設にも便利なシステムになりました。熊野市田辺熊野ツーリズムビューローの旅行業務取扱量は増加傾向にあります。2011年度には国内曲1616名会員海外客291名お取り扱い売り上げは4万円でしたそれが2014年度には国内客3118名海外客3569名売上1億4500万円まで増加しました。扱い客一人当たり2万円以上を売り上げている感情になります。国内客も2倍に増えました。が海外客は10倍以上増加し取り扱いに占める海外客の割合は5割を超えました。これは熊の旅行予約システムの目に見える効果です。英語サイトでの情報提供も役立っています。この成功はいつの観光協会が協力してツーリズムビールを立ち上げ共同して世界に情報を発信した結果です。田辺市はスペインのサンティアゴデコンポステーラ市と日本スペイン交流4周年を記念した共同プロモーション事業実施したそうです。熊野古道塩として共同プロモーションも実施したことも外国人観光客の誘致に役立っているかもしれません。他の地域でも外国人観光客を増やしたいのであれば田辺市熊野ツーリズムビューローと同様の取り組みを進めるべきです。以前に競争と協調について講義をしたことがあります。が他の地域がこのツーリズムビューローと同様の取り組みをすると外国人観光客の奪い合いになります。一方で外国人観光客の利便が向上することで彼らが日本に長期滞在し各地域を旅行して回るきっかけにもなるでしょうここでも協調と競争は併存するのです。トリップアドバイザーという外国人が好んで利用する旅行情報サイトがあります。このサイトで熊野古道は欲しいを通販の高い評価を得ている観光地です。熊野古道に関する多くのコメントが寄せられています。一つを紹介します。日本語は次の通りです。穏やかで静粛に包まれたハイキングここは日本出発する前に是非したいと思ってリストに挙げていた場所のひとつです。朝早い出発になります。がそれはあなたの歩く速さと標高差によります。ので事前に何時間かかるかをチェックして下さい。簡単なハイキングではありません。しかしそれは驚きに満ちた爽やかな体験です。今回は熊野田辺市熊野ツーリズムビューローについて説明をしました。英語に不慣れな宿泊者数が多い熊野古道地域に外国人観光客を招くためにツーリズムビューローは英語での施設予約サイトを構築しまた指差しでコミュニケーションを図る簡単なボードを宿泊施設に配布する 行きました。このような努力は外国人宿泊客数の10倍増という目に見える効果を生んでいます。次回は中小企業の技術力を世界に広めた活動として東大阪まいど15と下町ボブスレーを紹介します。 

レッスン3 ケーススタディ:東大阪まいど1号、下町ボブスレー

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は田辺市熊野ツーリズムビューローについて説明をしました。英語に不慣れな宿泊施設が多い熊野古道地域に外国人観光客を招く活動を紹介しました。これは外国人の宿泊宿泊者数10倍増という目に見える効果を生んでいます。今回は中小企業の技術力を世界に広めた活動として東大阪まいど15とした町ボブスレーを紹介をします。戦後復興期に創業されたパナソニック本田技研ソニーは町工場から世界的な企業に成功し成長しました。今でも高度な技術を持つ町工場が存在し製造業で重要な役割を果たしています。すでにこの講義で言及した下町ロケットは技術力では大企業をも上回る町工場を巡る物語でしたしかし創業者経営者の高齢化や製造技術の革新とともに町工場厳しい状況にあります。東京商工リサーチが2016年に2月に発表した調査結果によれば企業経営者の平均年齢は60.8歳でしたこの家売上高別の1億円未満の企業中小企業では70代以上が19.4%を占めていたそうです。一般に高齢の経営者は業績拡大への意欲が乏しく景気動向に業績が左右されやすいと言われています。それがなくてもこれらの高齢の経営者には引退の時期が迫っています。生産現場にロボットが導入される新しい加工技術が導入されるなど製造技術の革新が進んでいます。中小企業にはこのような技術革新に対応する資金力技術力が弱いという問題があります。中小企業数の増減が2016中小企業白書に掲載されています。グラフ中央の横線がプラスマイナスゼロでプラス側にあるのは医療福祉と卸売業です。不動産業物品賃貸業建設業製造業小売業その他サービスその他はマイナスつまり2016年から2014年にかけてそれぞれの分野で中小企業数が減少しています。オレンジ色の棒は中規模企業の増減を黄色の棒は消費量の増減を示しています。特に小売業と製造業での小企業の減少が顕著であることがわかります。このような状況を打開するために努力している町工場の事例を紹介をします。東大阪まいど一号は東大阪宇宙開発協同組合が製造した衛生です。この協同組合は2012年11月より宇宙開発協同組合ソーラーと名乗っています。ソーラーは小型人工衛星の開発を目指して設立された製造業の協同組合で当初は東大阪の企業が参加し次第に大阪府下全域に参加企業が拡大をしました。2009年1月に宇宙航空研究開発機構 JAXA の h 2 a ロケットに相乗りして打ち上げられ全てのミッションは成功しました。協同組合が平成に取り組んだ理由は平成は両さんではなく単品手作りなので中小企業にも会っていると考えたからだそうです。会員企業が構造帯ハーネスアンテナバッテリーなどを製造組立しました。東大阪まいど1号の成功はご覧いただいてるように大阪府のウェブサイトで宣伝されました。英国韓国サウジアラビアなどで報道されマレーシアなどから視察団が訪れたそうです。東大阪まいど1号のプロジェクトをリードした株式会社大日電子のウェブサイトには一番上に参る15のイラストが誇らしく掲載されています。まさにこの会社の技術力をアピールする役割を東大阪まいど15を果たしているわけです。まいど15の効果についてそうらのサイトは国民にの二人に一人が人工衛星まいど1号の名を知ったと説明しています。また 宇宙機器の開発受注に結びついた事例もあるようです。2012年には国際宇宙ステーションきぼうに大日天使が製造した雷観察センサーが搭載されたそうです。次は下町ボブスレーです。こちら東京都大田区での取り組みです。下町ボブスレーは NHK で2014年にテレビドラマ化されました。がこれは東京の下町大田区の町工場での実話を元にした物語でした下町ボブスレーは東京オリンピックでの走行を目指しておりものづくり大田区からの挑戦とうたわれています。このプロジェクトにはは2011年にスタートしました。が2012年には初しそうその後全日本選手権で好タイムを出し優勝するという成果をあげました。2013年に今ボブスレー日本冷麺との間で男子をボブスレーの開発を行う包括協力協定が結ばれました。残念ながらソチオリンピックでは日本チームは下町ボブスレーを用いないことになりました。しかし2016年にはジャマイカチームがこのボブスレーで2018年開催のピョンチャン冬季五輪を目指すことになりました。大田区役所は大田工業フェアを開催しています。これは大田区が主催し高い技術力技能を持った中小ものづくり企業をアピールするイベントです。が下町ボブスレーの時期が手にされています。大田区サイトには次のような説明が掲載されています。おおた工業フェアは大田区の中小企業製造業を中心に106社団体が出展する展示会です。通常の展示に加え先端技術である航空宇宙飛行連携に取り組む企業の特別展示コーナーや大田区内の仲間回しという言葉に象徴されるグループ連携の力にスポット当てた展示スペースを設けています。このようにしてした馬渕ボブスレーは江東区の町工場の技術力を日本国内にそして世界にアピールする役割を果たしています。ボブスレープロジェクトで副委員長を務める株式会社エースのウェブサイトにはトップページに株式会社エースは下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会フェラーリに挑むものづくり大田区の戦いに参加しています。と誇らしげに記載されています。東大阪まいど一号とした街ボブするには共通の特徴があります。それは第一に世界レベルの技術であることを端的に表現できる製品を選択しているという点です。人工衛星を製造できる企業は世界中でもかけられています。ボブスレーはフェラーリが提供するような製品でしたが町工場が作った人工衛星が成功したした町ボブスレーが好タイムを出したとなれば町工場の技術力が世界レベルであるということが端的に伝わります。第2は中小企業が連携して単独では不可能な力を発揮したということです。人工衛星は単品と手作り品です。が一つの工場ではできません。もうボブスレーも同じです。そこで志を共にする仲間を組合に集めて協力して挑戦をしてきました。最後はメディアへの露出に努め世界にアピールしたことです。に実力が世界レベルであったとしてもそのことが知られていなければ受注には結びつきません。二つのプロジェクトは選択した製品が適切だったこともあり世界にアピールするものになっています。二つのプロジェクトは地域を世界に広めようというのの実践例です。他の地域でも中小企業の力を合わせて世界にアピールする試みが待たれています。今回はケーススタディの第2回として人工衛星東大阪まいど15と下町ボブスレーについての事例を紹介し中小企業が世界にアピールする重要性について話をしました。次回はアンテナショップの課題についてお話をします。 

レッスン4 アンテナショップの課題

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は町工場が力を合わせて世界に挑戦した人工衛星東大阪まいど1号と下町ボブスレーの事例を紹介し中小企業が世界にアピールする重要性について話をしました。今回はアンテナショップの課題についてお話をします。アンテナショップは主に東京都内に設置する地方公共団体の特産品を紹介する店舗です。特産品直売所の他観光情報コーナーなども設置するのが普通です。レストランを併設する例もいくつか存在しています。地域活性化センターが2014年12月に発表した情報によればグラフにある通りアンテナショップの設置は1991年に始まり2000点台に増加し2014年には52店舗に達しているそうです。九州各県の都内アンテナショップを調べてみましょう調査は2016年10月7日に行いました。この表にあるように福岡県技博多という店舗有楽町に解説しています。熊本県と大分県は銀座にアンテナショップがあります。長崎県は日本橋長崎館日本橋に宮崎県は新宿に宮崎県本音を置いています。鹿児島県と沖縄県にもアンテナショップが存在をします。このように九州各県はすべて東京の中心部にアンテナショップを開いています。それではこれらのアンテナショップの情報をネットで見ることができるのでしょうか。この表で第二列はアンテナショップのウェブサイトがあったかなかったかを示しています。福岡県と鹿児島県はアンテナショップのサイトがありません。これらのアンテナショップの情報は他社が提供するグルメ検索サービスなどから調べなければなりません。これらのアンテナショップの Web サイトでネット販売を実施してるでしょうか。残念ながら長崎県ではネット販売を行っていません。もともとサイトがなかった福岡県と鹿児島県を加えると7件のうち3件でネットを通じて特産品を購入することができないという状況です。ネットへの露出不足にはいくつかの問題があります。まず第一にそして最大の問題はネットによる情報発信を利用しないとネットを最大の情報源とする人々に届かないということです。人々は朝起きてから夜寝るまでかなりの時間スマートフォンを操作しています。新聞や雑誌を見る人口は減少の一途をたどっており最近はテレビからも人々は離れ始めています。人々はネットを最大の情報源としています。それなのにアンテナショップのウェブサイトがなければそのような人々には情報が効果的には届きません。それでも何とか来店する人々がいます。その多くはその件について詳しくは知らない人々です。それでもアンテナショップで購入するのはそこに並ぶ商品には県の推薦があると信用しているからです。もちろんアンテナショップには当県が推薦します。などとは表示されていません。しかしアンテナショップが県の経営であることを知っている人々は手に対する信用で特産品を購入するのです。アンテナショップに来店しないあるいは来店できない人々をアンテナショップ経営でネット販売すれば県の推薦を感じることができますネット販売をしていないそもそもアンテナショップのウェブサイトがないというのは特産品に県の神様を付けて販売することはできません。こうしてその件は地域のことを東京の人々に知らせる大切な機会をみすみす無駄にすることになるのです。単独でた地域にアピールしようと努力する企業も存在をします。岐阜県高山市のスーパーマーケットファミリーストアさとうがその実例です。このスーパーではネットショップを開設し飛騨の特産品を販売しています。揚げ漬けけいちゃん飛騨の地酒など数多くの商品が扱われています。ファミリーストアさとうのネットショップはネット上で大ブレイクしテレビなどでも何回も取り上げられています。高山氏はこれを応援しているでしょうか。高山市へのふるさと納税に対する返礼品リストを調べました。がわずかにけいちゃんだけが掲載されていました。 鶏肉野菜お味噌もしくは醤油ベースのタレで炒めた料理です。ファミリーストアさとうのネットショップが使うような特産いを返礼品として襲うという意識が高山市には弱いようです。もっと問題なのは岐阜県の姿勢です。岐阜県の都内アンテナショップはリアルもネットも存在していません。岐阜県のサイトを調べると首都圏で購入できるけんさんぴんというページがあることがわかりました。そこにはそれぞれの商品名製造会社取扱店の店名 掲載されています。もちろんけいちゃんに使う味噌を購入することもできるそうそうです。でもそれだけです。岐阜県は原産品の販売は民間の努力にゆだねる姿勢をとっています。アンテナショップで販売することで健さん品に身を与えることができるという効果に気付いていないのです。なおこのような話をすると公共が一企業応援しておいのかと質問される場合があります。確かに市起業応援してもその企業のが利益を得るだけと思うかもしれません。しかし利益の一部は納税されます。し雇用も増えるかもしれません。企業が繁盛することは地方公共団体にとっても良いことなのです。岐阜県は地域を世界に広めようにもっと積極的になるべきです。岐阜県は県民経済計算を公表しています。最新話2013年で少し古いのです。がそこには岐阜県経済は四年ぶりのマイナス成長となったこれは製造業が-6.0%と大きく減少したことが影響しているなどと書かれています。岐阜県も歯車を逆に回す必要に迫られています。今回はアンテナショップについて調べた結果を話しました。世の中が情報社会に変わってきたにも関わらず各種のアンテナショップはネット販売に消極的です。これでは地域を国内にさらに世界に広めるチャンスを失うかもしれません。次回はゆるキャラブームに火をつけた彦江何について考えます

レッスン4 アンテナショップの課題

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回は町工場が力を合わせて世界に挑戦した人工衛星東大阪まいど1号と下町ボブスレーの事例を紹介し中小企業が世界にアピールする重要性について話をしました。今回はアンテナショップの課題についてお話をします。アンテナショップは主に東京都内に設置する地方公共団体の特産品を紹介する店舗です。特産品直売所の他観光情報コーナーなども設置するのが普通です。レストランを併設する例もいくつか存在しています。地域活性化センターが2014年12月に発表した情報によればグラフにある通りアンテナショップの設置は1991年に始まりに宣伝内に増加し2014年には52店舗に達しているそうです。九州各県の都内アンテナショップを調べてみましょう調査は2016年10月7日に行いました。この表にあるように福岡県技博多という店舗有楽町に解説しています。熊本県と大分県は銀座にアンテナショップがあります。長崎県は日本橋長崎館日本橋に宮崎県は新宿に宮崎県本音を置いています。鹿児島県と沖縄県にもアンテナショップが存在をします。このように九州各県はすべて東京の中心部にアンテナショップを開いています。それではこれらのアンテナショップの情報をネットで見ることができるのでしょうか。この表で第二列はアンテナショップのウェブサイトがあったかなかったかを示しています。福岡県と鹿児島県はアンテナショップのサイトがありません。これらのアンテナショップの情報は他社が提供するグルメ検索サービスなどから調べなければなりません。これらのアンテナショップの Web サイトでネット販売を実施してるでしょうか。残念ながら長崎県ではネット販売を行っていません。もともとサイトがなかった福岡県と鹿児島県を加えると7件のうち3件でネットを通じて特産品を購入することができないという状況です。ネットへのロック露出不足にはいくつかの問題があります。まず第一にそして最大の問題はネットによる情報発信を利用しないとネットを最大の情報源とする人々に届かないということです。人々は朝起きてから夜寝るまでかなりの時間スマートフォンを操作しています。新聞や雑誌を見る人口は減少の一途をたどっており最近はテレビからも人々は離れ始めています。人々はネットを最大の情報源としています。それなのにアンテナショップのウェブサイトがなければそのような人々には情報が効果的には届きません。それでも何とか来店する人々がいます。その多くはその件について詳しくは知らない人々です。それでもアンテナショップで購入するのはそこに並ぶ商品には県の推薦があると信用しているからです。もちろんアンテナショップには当県が推薦します。などと表示されていません。しかしアンテナショップが県の経営であることを知っている人々は間に対する信用で特産品を購入するのです。アンテナショップに来店しないあるいは来店できない人々もアンテナショップ経営でネット販売すれば県の推薦を感じることができますネット販売をしていないそもそもアンテナショップのウェブサイトがないというのは特産品に県の神様を付けて販売することはできません。こうしてその件は地域のことを東京の人々に知らせる大切な機会をみすみす無駄にすることになるのです。単独でた地域にアピールしようと努力する企業も存在をします。岐阜県高山市のスーパーマーケットファミリーストアさとうが掃除するようです。このスーパーではネットショップを開設し飛騨の特産品を販売しています。揚げ漬けけいちゃん飛騨の地酒など数多くの商品が扱われています。ファミリーストアさとうのネットショップはネット上で大ブレイクしテレビなどでも何回も取り上げられています。高山氏はこれを応援しているでしょうか。高山市へのふるさと納税に対する返礼品リストを調べました。がわずかにけいちゃんだけが掲載されていました。けいちゃんは鶏肉や野菜を 醤油ベースのタレで炒めた料理です。ファミリーストアさとうのネットショップが使うような特産いを返礼品として襲うという意識が高山市には弱いようです。もっと問題なのは岐阜県の姿勢です。岐阜県の都内アンテナショップはリアルもネットも存在していません。岐阜県の音サイトを調べると首都圏で購入できる県産品というページがあることがわかりました。そこにはそれぞれの商品名製造会社取扱店の店名と所在などが掲載されています。もちろんけいちゃんに使う味噌を購入することもできるそうそうです。でもそれだけです。岐阜県は県産品の販売は民間の努力にゆだねる姿勢をとっています。アンテナショップで販売することで健さん品に身を与えることができるという効果に気付いていないのです。なおこのような話をすると公共が一企業応援しておいのかと質問される場合があります。確かに市起業応援してもその企業のが利益を得るだけと思うかもしれません。しかし利益の一部は納税されます。し雇用も増えるかもしれません。企業が繁盛することは地方公共団体にとっても良いことなのです。岐阜県は地域を世界に広めようにもっと積極的になるべきです。岐阜県は県民経済計算を公表しています。最新話2013年で少し古いのです。がそこには岐阜県経済は四年ぶりのマイナス成長となったこれは製造業が-6.0%と大きく減少したことが影響しているなどと書かれています。岐阜県も歯車を逆に回す必要に迫られています。今回はアンテナショップについて調べた結果を話しました。世の中が情報社会に変わってきたにも関わらず各種のアンテナショップはネット販売に消極的です。これでは地域を国内にさらに世界に広めるチャンスを失うかもしれません。次回はゆるキャラブームに火をつけた日恋について考えます 

レッスン5 忘れられた「ひこにゃん」

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回はアンテナショップについて話しました。世の中が情報社会に変わってきたにも関わらず各県のアンテナショップはネット販売に消極的です。これでは地域を国内にさらに世界に広めるチャンスを失うかもしれません。今回はゆるキャラブームの火をつけたひこにゃんについて考えます2006年に彦根市で国宝彦根城築城400年祭が開かれました。そのキャラクターとしてひこにゃんが決定をしました。ひこにゃんはゆるキャラブームに火をつけ一躍人気者になりました。人気の高まりは新聞への登場回数でも知ることができます朝日新聞のデータベースによると2006年には17記事が掲載されていました。2007年にはそれが70系に造花をしました。2008年は942009年は83日目は86でしたそして2011年には81記事この頃は人気が高く記事数安定していました。ところが2012年には5313年には6314年には3315年には29と徐々に減少していきました。彦根の注目が減っていった様子が伺います。一体何が起きたのでしょうか。ひこにゃんについて最初の問題は2007年に発生をしました。ひこにゃんの原作者がキャラクターの使用中止を求める民事調停を申し立てたのです。原作者は次のような理由をあげました。使用許可したのは3枚のイラストのみであってそれらが発生する形で作られた他のポーズのイラストについて許可したことはない使用許可したのは400年祭期間中のみであってそれ以降については許可していない原作者の意図しない性格づけやポーズは出社著作者人格権同一性保持権を侵害するものである同一性保持権とは著作者の意思に反して著作物を変更してはいけないという著作権法で保証された権威です。柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺という俳句を作った著作者は柿食えば鐘が鳴るなり浅草寺と勝手に変えられたら同一性保持権を理由に訴えることができます幸いにも同年の家に民事調停が成立をしました。その内容は著作権は市が買い取りさんポーズに限り他に使用できるというものでしたしかしさらに問題は続きました。彦根のよいにゃんこというひこにゃんそっくりのキャラクターを原作者が作り出し絵本やグッズとして販売し始めたのです。これに対して2011年に彦根市が製造販売の差し止めと損害賠償を求めて裁判を起こしました。著作権には人格権と財産権の2種類があります。同一性保持権は人格権の意志で勝手な変更でメールが汚されないようにというわけです。これに対して財産権は著作物から経済的な利益を得る権利です。彦根市が求めたのは原作者がひこねのよいにゃんこで経済的利益を得てはならないというものでした訴訟は2013年には会をしました。ルイージイラスト製品商品の販売は差し止められました。ひこねのよいにゃんこイラスト商品の製造販売は中止されひこねのよいにゃんこを用いた既存販売品について販売業者が解決金370万円を彦根市に支払いました。ひこにゃんの翻案権と2時次的著作物利用権は彦根市に帰属することになりました。その結果ぬいぐるみのような立体物を創作する権利と思う彦根市に帰属しました。ここで初めて原作者から訴えられることなくぬいぐるみを作れるようになったのです。ただひこにゃんキャラクターが登場するアニメ映画の制作などは原則的に原作者の同意が必要であると確認をされました。原則的にというのは彦根市の非営利の広報活動などでは許可が不要になったからです。ひこにゃんがに関係して訴訟が続く間にくまモンが登場し くまモンの登場は2011年の九州新幹線全線開通でした身近にあるサプライズ&ハッピーを見つけて全国のみんなに知ってもらうことというのがくまモンの仕事でしたくまモンのイラストをつけた商品やグッズ例えばぬいぐるみも販売されました。くまモンの人気が高まるにつれてひこに合わせられて行きました。朝日新聞の記事数でひこにゃんに関連するものが2012年から減少し始めたことは先ほど説明をしました。ひこにゃんの記事数には訴訟関連も含まれています。それを除くと踵はさらに少なくなります。これに対してくまモンの記事数は2011年には71年は164日3年は308とどんどん増加していきました。2014年は2462015年は140でした2015年には減少しました。がひこにゃんの最盛期を以前としては待っています。日本軍日本銀行熊本支店は2016年にくまモンの経済効果について報道発表しています。それによると2011年11月から2010年10月までに熊本県にもたらされた経済波及効果は1244円と試算されました。同じ時期にくまモンがテレビや新聞に取り上げられたことによる広告効果は90億円以上と見積もられました。くまモンは国内だけでなくアジアの国々でも愛される存在になっています。このようにくまモンは登場直後から人気になりその間も訴訟合戦が続いた彦根はは消えていたのです。ひこにゃんとくまモンには利用条件にも差がありました。ひこにゃんの利用には数多くの情報がついています。ひこにゃんイラストがついた製品には弊社はひこにゃんの商標を使用しております。商標権者の彦根市は製造者ではなく本製品に何らの責任を負うものではありません。という注意書きを添えなければならないのです。確かに彦根滋賀性について製品責任を負うものではありません。が面積も限られるパッケージにこれほどの文字数で注意書き恐れなければならないのでしょうか。ひこにゃんの商標の使用は有償で使用許諾料は販売小売価格消費税も含むに予定生産数をかけたものつまり予定売り上げの3%でしたくまモンの利用は責任表示は不要です。また色イラストは無償で利用できます彦根市のように公共が企業を応援するものではないというのは公共が陥りがちな伝統的な考え方です。しかしひこにゃんイラストのついた商品が売れれば利益の一部は納税されます。し雇用が増えるかもしれません。企業が繁盛することは地方公共団体にとっても良いことなのです。ゆるキャラで地域を世界に広める際の注意事項をまとめましょうまず大切なのは地域を世界に広めようという考え方で利用するのだと原作者ときちんと合意しておくことです。著作者と著作権と商標権の扱いについてグッズかこれを本案件と言います。映画化二次的著作権著作物利用権と言います。などを含めてきちんと契約しておかなければなりません。ゆるキャラ美味しいをする企業の行動を見闇に制限しないように利用規定利用条件を整備する必要があります。しの面積を記載させるなどは論外です。今回はゆるキャラブームに火をつけたひこにゃんについて話をしました。ゆるキャラを他の地域にそして世界に広めるために利用するには原作者と商標権著作権の扱いについて合意しなければなりません。次回は地域ブランドを守る知的財産制度について解説をします。 

レッスン6 地域ブランドを守る制度

今日は地域ビジネスモデルを担当する山田一です。前回はゆるキャラブームに火をつけたひこにゃんについて話をしました。ゆるキャラを他の地域にそして世界に広めるためには原作者と商標権著作権の扱いについて合意しなければなりません。今回は地域ブランドを守る知的財産制度について解説をします。政府はまちひとしごと創生総合戦略を2015を公表しました。この戦略には地方創生がもたらす日本社会の姿が掛けられていました。第一話自らの地域資源を活用した多様な地域社会の形成を目指すという姿です。地方創生が目指すのは全国一律の取り組みではなく地方自らが地域資源を掘り起こしそれらを活用する取り組みです。これには地域分権の確率が基盤となります。だいには外部との積極的なつながりにより新たな視点から活性化を図るという姿です。都市部から地方へ新しい人の新しい人の流れを強くし外部の人材を取り組んで取り込んで行くということが重要です。海外の市場とつながっていくことは農林水産業や観光などで大きな飛躍のチャンスとなるとの認識も書かれていました。第3話地方創生が実現すれば地方が先行して若返るというものです。地方において豊かな地域資源や ICT を活用して新たなイノベーションを巻き起こし活力ある地域社会を創生することが期待されるとしています。このような地域創生によって地方と東京圏がそれぞれの強みを生かし日本全体を引っ張っていくことになります。まちひとしごと創生総合戦略では地域資源が強調されました。地域資源については繰り返しこの講義の中で説明をしてきました。地域の個性や優位性を生かし地域資源を有効活用した産業振興するのが重要です。中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律に地域資源の定義があります。がそれは特産品や観光資源です。今回はこれらの地域資源を守る知的財産制度説明をします。第一話地理的表示法に基づく地理的表示保護制度です。地理的表示法は正式名称を特定農林水産物等の名称の保護に関する法律といい2014年の制定です。この法律の目的は第1条に次のように書かれています。この法律は世界貿易機関を設立するマラケシュ協定附属書 C の知的財産権の貿易関連の側面に関する協定に基づき特定農林水産物等の名称の保護に関する制度を確立することにより特定農林水産物等の生産業者の利益の保護を図る持って農林水産業及びその関連産業の発展に寄与し合わせて利用者の利益を保護することを目的とする法律で特定農林水産物と指定される条件は次の二つです。特定の場所地域または国を生産地とするものであること品質社会的評価その他の確立した特性が前後の生産地に主として着せられるものであること特定農林水産物の名称が保護されるとそれを生産する業者は特別な製品としてそのその特定農林水産物を販売することが可能となり利益れることができます一方事業者は砂町消費者も特定農林水産物等の農林水産物を混同することがなくなります。がこれは消費者にとっても役になることです。制度は地理的表示を生産地や品質等の基準とともに登録することから始まります。基準を満たすものに地理的表示の使用を認め GI マークが付与されます。生産者は登録された団体への加入等により地理的表示が使用可能になります。不正な地理的表示の使用は行政が取り締まります。地理的表示制度で登録された3品は農林水産省のサイトで閲覧できます登録番号1番は青森カシス2番は サンキューです。青森市は日本一の歌詞産地です。国で栽培された国産カシスはお土産に利用されている他スイーツジュース等の加工品にもなっています。但馬牛は兵庫県産の黒毛和種の和牛のことこの家神戸肉流通推進協議会による格付け基準を満たしと牛肉をたじまぎゅうと言います。と63 P は2016年10月14日現在21人です。青森カシスたじまぎゅう以外に神戸ビーフ夕張メロン江戸崎かぼちゃなどが登録されています。地域資源を守る他の制度が地域団体商標制度です。地域の特産品を他の地域のものと差別化するために地域ブランドを作ろうという動きがあります。従来の商標法では地域名と商品名をからなる商標は商標としての識別力を有しないものであるとか特定のものの独占に馴染まないと言った理由により全国的な知名度を獲得した場合などを除き商標登録を受けることができません。でしたそこで2005年の通常国会で商標法の一部を改正する法律が成立し地域団体商標制度がスタートしました。具体例を見ていきましょう地域の名称と商品又は役務の普通名称を組み合わせた地域団体商標があります。大間マグロは青森県大間町から出荷されるマグロです。大間マグロは美味しいマグロとして高い評価を得ています。草加市及びその周辺で生産されたせんべいに限って製菓草加せんべいと名乗れます。地域の名称と商品又は役務を表示する慣用名を組み合わせた地域団体商標商標があります。美濃焼きの焼きということは陶磁器を表す慣用名です。有馬温泉の温泉という言葉は地中から湧き出す温水を使う入浴施設や宿泊サービスの海洋名です。兵庫県神戸市北区有馬区域における温泉浴場施設を有する宿泊施設の提供あるいは道区域における温泉浴場施設の提供に限って有馬温泉という名称が利用できますその他仙台名産笹かまぼこといった地域団体商標も存在します。これは名産や特産といった慣用的に使用されている文字を付け加えたものです。東京都にもいくつかの地域団体商標があります。稲城の梨は東京南農業協同組合の江戸甘味噌は東京都味噌工業協同組合の地域団体商標です。江戸押絵羽子板江戸五月人形屋江戸木目込み人形は東京都雛人形工業協同組合が保有する地域団体商標です。この他江戸木版画江戸甲冑江戸指物江戸切子江戸からかみなどがあります。江戸切子は江戸時代に始まったかと暮らす方法で知られるガラス工芸ガラス台交差します。江戸時代の終わりに生まれたガラス細工で東京都江東区墨田区葛飾区江戸川区及びその周辺で生産されています。地域創生の観点で地理的表示保護地域団体商標などの制度が誕生しています。これらは生産者団体などが申請することで登録される制度です。機器の特産品について保護を受けようとする地方公共団体は団体の組織かそれを生産する地域の特定を行う必要があります。もちろん産品商品役務の範囲の特定が大前提となります。例えば江戸切子の場合にはペンダントなどの宝飾品グラスや皿に代表される食器類とその製造方法が地域団体商標の対象になっています。この講義では今までそのとん仕事を取りに行こうと地域を世界に広めようについて講義をしてきました。外の仕事を取りに行こうと地域を世界に広めように共通するのは地域資源の活用です。我が地域の資源は何か改めて考え直すことから動き出してください。地域内で地域のために仕事をして地域を元気にしようというしてさんとこれら三つの視点を実現するために求められる新しい地域ビジネスモデルの構築について安倍が第13回か 14階で説明をします。ありがとうございました。これでこのユニットの講義は終了です。小テストを受験してください。 

第3章 地域の中で一緒に仕事をしよう

レッスン1 地域の中で一緒に仕事をしよう

こんにちは地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回までは地域を世界に広めを学習しました。今日からは地域の中で一緒に仕事をしよう6回にわたり勉強します。地域ビジネスモデルの背景を理解するために国の政策であるローカルアベノミクス総務省のローカル1万プロジェクトから入ります。安倍晋三内閣は2012年12月26日に発足しました。この内閣は半年後に日本再興戦略2013打ち上げました。この中です。でに地域資源で稼ぐ社会ということを前面に打ち出しています。安倍晋三内閣では地域創生は政策の一丁目一番地として重要な位置づけようになってきています。2014年には日本再興戦略の改定版を6月24日に発表し日本の稼ぐ力を取り戻すいないと生み出す女性の活躍促進と働き方改革新たな成長エンジンと地域の支えとなる産業の育成地域活性化と中堅中小企業小規模事業者の革新を提唱しています。9月にはまちひとしごと創生本部を発足12月には長期ビジョンと総合戦略を発表しています。2015年にはローカルアベノミクスとしてまちひとしごと創生の基本方針2015を打ち出しています。ローカルアベノミクスまちひとしごと創生戦略では地方に仕事を作り安心して働けるようにする地方への新しい人の流れを作る若い世代の結婚出産子育ての希望を叶える時代にあった地域を作り安心な暮らしを守るとともに地域と地域を連携するという四つの政策パッケージを出しています。それではここから仕事地方に作る地域経済で稼ぐ社会という視点から政策具体的な政策取り組み状況を見ていきます。最初に地域資源を見てみましょう地域資源とは地域に存在する特有の経営資源として特産品や伝統的に承継された正方地場産業の集積による技術の蓄積自然や歴史遺産といった文化街などが挙げられます。中小企業地域産業資源活用促進法に基づき地域資源として各都道府県が指定している件数は2014年2月末時点で13780件となっているのでその地域にも特養の名産品や地域のシンボルとなる自然や文化街が存在しています。地域活性化の切り札となる地域資源として都道府県では産業基盤と回答した割合が高く市区町村では農水産品観光資源と回答した割合が多いです。総務省は地域経済好循環推進プロジェクトを推進しています。ここで取り上げるローカル1万プロジェクトはその中の主要プロジェクトです。地方に仕事をつくり仕事が人を呼ぶ人が仕事を呼び込む地域経済の好循環を拡大することを目的としています。そのために自治体がエンジンとなって地域の総力を挙げて地域の有効需要を掘り起こし所得と雇用を生み出す地方から GDP を押し上げるとする政策です。政府は産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画により創業新事業促進しています。この中でも公共性が高く雇用吸収力の大きい地域密着型企業全国で1万円1万人用ほど立ち上げて製作がどうかで一番プロジェクトです。関係府省庁と連携しながら2020年度の財政健全化目標を実現するため地域経済循環創造 特別交付税とのスザクをフル活用し地域密着型企業の立ち上げを目指しています。地域経済循環創造事業交付金の基本的なモデルは地域資源を活用して地域内の資金の流れを変えるというものです。地域から外部 use するお金を少なくして地域内で生産消費を拡大するという考え方です。輸入物野菜を地元を資料に大体する灯油などを外部から購入して燃料地元の木材チップで代替するという考えのものです。地域の需要は何か何を表しているのか何が提供されているのか既存のビジネスモデルにおける問題点はないか地域資源を活用してどう代替品を提供できるのかという地域行かないから新たなビジネスモデルの構築を目指すものです。参加館地域 ROUND TABLE これは金融機関の役割を重視しています。金融機関はビジネスの評価をするそして事業承継のコンサルティングを行う自治体の役割もまたこのラウンドでは重要です。関係者の調整事業のバックアップを行うというものです。さて次に交付金対象事業287事例の特徴についてお話ししてきますここに示してあります。ように地産地消型地域多少ガタ子さん多少形はそれぞれ1/3ずつです。ねあります。地産地消型としては北海道芦別市の事例や徳島県の阿波踊りの知恵そして静岡県の放置竹林のです。ね海上とそういったものが取り上げられています。今日ようやくビジネスモデルの原型について世界的に共通認識ができつつあります。誰に何をどのように提供し収益を上げるかという四つの要素で表現したビジネスの模型をビジネスモデルと考えるというものです。その章のローカル1万プロジェクトでは神様の背景を語る地域課題その神様か攻撃的効果腫瘍予算と事業枠組み投資経済効果という流れでそれぞれの神を整理しています。この度は地域ビジネスモデルの分類です。経営資源事業の入力を縦軸に事業の出力軸にとります。いけないといけないで四象限の枠組みを作成します。いきなり被害はインサイド地域の中で仕事を一緒に使用できない被害はアウトサイドイン外の仕事をとりにいこう外の仕事を持ってこよう生き甲斐生き甲斐はインサイドアウト地域を世界に広めようという風になります。これはまた地産地消型いけない多少ガタ子さん多少ガタとも分類できますこの表は総務省のローカル1万プロジェクトで説明されている神様企画のステップを地域ビジネスモデルの枠組みとしてまとめたものです。地域課題からビジネスアイデアを発掘するそれを事業化へ向けて構想する攻撃的効果を考える授業したいを支援する役者たちに資金手当てをしてもらう補助金交付金の投資効果を評価するこれはビジネスプランの内容作成にも通じています。今回は子宮の中で一緒に仕事をしお話ししました。地域ビジネスモデルの背景としてローカルアベノミクスまちひとしごと創生本部が推進している最重要課題である仕事を地方に作る地域資源で稼ぐ社会ローカル1万プロジェクトの事例の特徴をお話ししました。次回は北海道芦別市チップ製造工場の神様をお話しします。 

レッスン2 ケーススタディ:北海道芦別市チップ製造工場

こんにちは地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回は地域の中で一緒に仕事をしようお願いしました。地域ビジネスモデルの背景としてローカルアベノミクスまちひとしごと創生本部が推進している最重要課題仕事を地方に作る地域資源で稼ぐ社会総務省ローカル1万プロジェクトの授業の特徴を話しました。今日はこれを踏まえて北海道芦別市のチップ製造工場の人員をお話しします。この事業はこれまで山中に捨てられていた不要なもの間伐材を活用することです。森林の保全整備を実現すると同時にエネルギーの地産地消を実現するものです。市有施設県民センターこれは温泉や宿泊施設です。がこれまで年間約6千万円の化石燃料を消費しておりこの金額のほとんどが地域外に流出していました。この事業では地域内で製造したチップ燃料を県民センターが購入することで地域内での経済循環を生み出す地域ビジネスモデルです。芦別市は北海道のほぼ中央に位置し面積の約9割が山林といった自然環境に恵まれた地区です。2016年9月現在では人口は14615人歳入歳出が100億円規模の地方都市です。これまで石炭産業や農林共同基幹産業として発展してきました。がこれら基幹産業の衰退で人口流出による過疎化が進み経済活動が停滞してきました。このような状況を打開するため改めて農林業を基幹産業と位置付けこれらを信仰することで芦別市の活性化を図ろうとしています。 事業主体は芦別木質バイオマス開発協同組合です。芦別木質バイオマス開発協同組合は地元の製材業者素材生産業者建設業者輸入業者など6社で構成しています。この協同組合がチップ燃料の製造を行います。この図は左から新年から間伐材を集め運搬する作業そしてチップ製造工場でバイオマス用の燃料に加工する作業加工したチップを公共施設 販売する流れを示しています。間伐材からチップ製造それを施設の県民センターへ販売する事業の仕組みを示したものです。ある意味この図はビジネスモデルを表現しています。ビジネスモデルとは誰に何をどのように提供しどう収益を上げるかを示したものです。ついに事業予算と事業赤組の説明に移ります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。事業家の資金がどこから出ているのか見てみましょう総務省から地域経済循環創造事業交付金として3300万円北洋銀行から3千万円の融資それに加えて自己資金として64万円合計1364円が事業資金となります。ローカル1万プロジェクトの特徴として行政が立ち上げ支援をし地域金融機関が事業継続を支援するというスキームが取られています。この図はローカル1万プロジェクトに共通した表現で使用計画を示しています。収益の売上高を左に支出の経費を右へ記載しています。売上高は木質チップ販売として散々300万円を計上しています。景品は地域資源として間伐材の運搬費1000円80万円地元雇用喪失の人件費として540万円を計上しています。税負担返済原資減価償却費として830万円を見積もってますついに投資経済公開写ります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。総務省のローカル1万プロジェクトでは投資経済効果として四つの指標を採用しています。芦別木質バイオマス開発共同 事例では地元雇用創出効果は3.3です。これは地元の雇用喪失のならない部分に相当する金額を投資合計金額の6364円で割った値なのです。地元原材料活用の効果は2.3です。キャッシュフロー創出効果は1.8です。投資効果は交付金額融資金額を交付金額で割ったもので計算されます。今回は1.9と評価されています。林業の振興と地域内での経済環境を目指す事業を展開させていくポイントとして原材料が地域内で確保できることそして地域内で原材料から製品の製造ができるさらには地域内で消費利用できることの三つがあります。エネルギーの地産地消型地域ビジネスモードに関連して平成26年度から総務省は他省庁と連携して自衛隊出動の分散型エネルギーインフラプロジェクトを推進しています。これまでに28時大河マスタープランを策定し事業化に向けて取り組んでますこの度は世帯当たりのエネルギー消費量を示したものです。冷房暖房給油消防の四つで約60%のエネルギー消費量に相当しています。全て熱エネルギーに関連するものです。家庭との比較から地域のエネルギーの大半は熱エネルギーであります。ここにエネルギーの地産地消により巨額な地域資金循環が生み出される可能性が見いだせます約18円の電気代のうち1割でも地域のエネルギー産業にもあれば年間1.85人規模の活性化効果の可能性があります。ではエネルギーの地産地消型ビジネスとしてはどのようなアプローチが考えられるでしょうか。バイオマス燃料がしたいと考えられます。なぜなら形状コストが低いからです。間伐材などのバイオマス燃料が地域経済好循環の拡大効果としては大きいと考えられます。森林からの燃料材搬出燃料工場の整備エネルギー供給プラントの整備熱供給関東のインフラ整備以上のような設備投資と紅葉が大きいものがあるからです。今回は森林資源の有効活用による地域内経済循環や森林整備の促進 co2排出量の削減など官民一体となって事業推進している北海道芦別市の事例を紹介しました。いきないで製造したチップ燃料を市有施設である県民センターが購入しこれは年間4と200万円になります。が地域ガイドの経済循環が生み出されました。この授業ではこれまで山中に捨てられていた風呂も脳を活性化することで森林の保全整備にもつながるものです。次回は住民参加型放置竹林解消モデルを人を解説します。 

レッスン3 ケーススタディ:住民参加型放置竹林解消モデル事業

こんにちは地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回は森林資源の有効活用による地域内経済循環や森林整備の促進使用2排出量の削減など官民一体となって事業推進している北海道芦別市の事例をお話ししました。地域内で製造したチップ燃料を市有施設県民センターが購入することで地域内での携帯循環が生み出されました。この授業ではこれまで山中に捨てられていた不要なものを活用するため森林の保全整備にもつながるものです。今日はこれを踏まえて住民参加型放置竹林解消モデル人をお話しします。日本の多くの地域で放置された竹林が増え文化財の破壊や山林の侵食生物多様性を阻害しています。静岡市では放置竹林が著しく増加したために農地との交配が進むという地域問題がありました。また別の問題として下水汚泥の処理コストのかかるという問題も抱えていました。耕作放棄地の増加も地域の課題のひとつです。そのような複数の地域が悩みをビジネスモデルで解決するという事例です。たけは世界に45属670種ほどあるとされ日本でも食材や日用品家具などの材料として使われてきました。しかしプラスチック製品などが普及しまた外国の竹屋たけのこが輸入されるようになると放置される竹林が次第に増加してきました。竹は地下茎が伸びて繁殖するため混みすぎた仕掛けは周囲へと伸び竹林はみるみる拡大します。たけのこは数ヶ月で20 M 近くにも成長し周囲の樹木を圧迫します。するとやがて樹木はカレー放置竹林外は暗く荒れ果て生物の多様性や景観にも悪影響を及ぼします。放置竹林の整備方法はいろいろとここいます。がいずれにしても計画的な伐採が不可欠です。詳細は割愛します。竹害との戦いにかけた第二の人生というタイトルの記事がセブンイレブン記念財団の広報誌に掲載されてます竹財の需要が減り輸入もののタケノコが出回りにつれ今や日本中の里山で竹が雑草のごとく増殖し森林が後悔しています。目が横に広がって深く伸びないため斜面が食べたら気になるとむしろ土砂災害の危険をします。佐賀県基山町の街道基山はこうした厄介者の竹の伐採を行うことで里山の環境保全を図る NPO 法人です。回廊とは心よりロードの介護と心より老人の改良を重ねた言葉です。会員の平均年齢は七十歳以上だと言うその中で事務局の松原さんはそのな海の中では最年少の62歳元自衛隊の隊員であります。さて神妖怪話を進めます神様市大和丸徳商事有限会社です。全く商事が地域住民参加の協議会のような形をとり静岡市から行政支援を受け事業化したものです。授業の内容は住民が伐採した竹から竹のパウダーを作成します。竹のパウダーと下水汚泥を混合発酵させて高機能の堆肥を作成します。その対比を活用して耕作放棄地で健康野菜 栽培します。その地元特産品を道の駅新東名のサービスエリア等で販売します。丸徳商事有限会社は昭和40年埋立処分業者としてスタートしました。年々増え続ける廃棄物や環境保全に対応するため廃棄物減量化に向けた焼却施設の設置に取り組んできました。現在は医療現場工場会社などから出る廃棄物処理のシステム化及び再資源化を業務としています。日本全国で放置竹林が地域問題として取り上げられるようになるのか竹野農業への応用竹から有機肥料を作る研究も盛んになってきました。発酵竹パウダーで土壌改良するとたけ由来のハニカム構造と乳酸菌により微生物が増え土壌団粒化します。目がしっかりと針収穫量が増えたか由来のアミノ酸により職務を向上する効果があると言われてます静岡市環境局の沼上資源循環センター施設では生ゴミに竹パウダーを混合することで生ゴミの分解が進みたい日にできることを確認してます住民参加型放置竹林解消モデル事業は広域的効果を前面に打ち出した地域ビジネスモデルとして注目されてます砂地高知竹林の減少これは地域の厄介者駆除するのに税金を投入しなければなりません。でした次に住民参加のビジネス化そして耕作放棄地の活用さらには新規地元特産品の喪失そして堆肥の製造販売などのご要望がございます。ついに事業予算と事業枠組みの説明に移ります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。泌尿科の試験がどこから出ているのか見てみましょう総務省から地域経済循環創造事業交付金として5000万円静岡銀行から5400円の融資それに加えて自己資金として200万円がすべての神様の試験です。ローカル1万プロジェクトの特徴として行政が立ち上げ支援をする地域金融機関が事業継続を支援するというスキームが取られてますこの度はローカル1万プロジェクトに共通した表現で事業計画を示しています。収入の売上高を左に脂質の経費を見に記載しています。売上高は堆肥の販売廃棄物処理収入農産物の販売として6830円を計上しています。京浜は地域資源の竹パウダーとを原材料として2880万円計上してます地元雇用創出の人件費は2700万円を計上しています。生きがいからの購入は光熱費等で390万円税負担返済原資減価償却費として860万円最後に投資経済公開うつります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。総務省のローカル一番プロジェクトでは投資経済効果として四つの指標を採用しています。一つ目は地元雇用喪失の効果です。この場合平均値4.5に対して3.8です。これは地元の雇用創出の7年文に相当する金額を投資合計金額1億600万円で割った値です。地元原材料活用効果は4.0キャッシュフロー創出効果は1.2です。投資交換の平均が2.3に対してこの場合2.1と評価されてますこの指標はユニット4で学習するビジネスモデルフレームワークで今回の事例をまとめたものです。通常のビジネスモデルでは右端の BM さんだけが議論されます。 八丸徳商事が生産物である有機肥料と農産物を消費者や一般法人へ販売するというビジネスです。が通常のこれは企業活動です。しかしこの事例は公民連携の典型的なビジネスモデルでもあります。地域社会地域経済行政をも顧客として捉え価値を提供します。今回は住民が放置竹林を伐採しその他てから作るパウダーと下水汚泥お金を発酵させることにより高級の対比を製造するその対比を耕作放棄地でトマトナスブルーベリーなど健康野菜を栽培する何もこれまで活用してこなかった地域資源である耕作放棄地放置竹林下水汚泥の有効活用を実現した事例をお話ししました。次回は阿波おどり傾斜建築の事例をお話しします。 

レッスン4 ケーススタディ:「阿波尾鶏」鶏舎建築

今日は地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回は住民が放置竹林を伐採しその他家から作るパウダーと下水汚泥言語を発酵させることにより工期の対比を製造するその対比を耕作放棄地でトマトナスブルーベリーなど健康野菜を栽培する何もこれまで活用して来なかった地域資源である耕作放棄地放置竹林下水汚泥の有効活用を実現実現した事例をお話しました。今日はこれを踏まえてあおどり傾斜建築お話しします。徳島には地域ブランドとして全国的にも有名な阿波踊りがあります。青のりの餌には従来輸入トウモロコシが用いられていました。一方休耕田の10日ごちそうの後輩という問題が地域課題としてありました。この地域課題を解決する目的のために地元の耕作放棄地で阿波踊り用の飼料米の栽培をすることで農地の荒廃の防止をします。同時に生産活動による経済的価値創造を両立するという地域経済循環事業構想実現しました。これまでは阿波踊りの鶏糞は廃棄物として有用で処理してました。その鶏糞をブランド有機肥料化することで休耕田の飼料米の栽培に活用する道を開けました。阿波踊りの資料はトウモロコシを輸入したものを使ってました。が地元の高品質前に帰ることが出来ました。その結果これまで活用して来なかった地域資源休耕田と青取之鶏糞の有効活用を実現しました。また経済効果として良さ剤4,380万円阿波踊りの製造販売と有機販売有機肥料販売のキャッシュフローはせ260万円雇用の喪失820万円阿波踊りの放し飼いの様子をこれお酢は示しています。ここからの鶏糞を有機肥料化します。阿波踊りは徳島県内で古くから飼育されてた大型で肉質がよく狂犬が文系を県畜産試験場現在は農林水産総合技術センター畜産研究所となってますが10年間海料理串市昭和63年に作り出された文系阿波踊りのおそうです。ねホワイトプリマスロック種のめんどりに荒廃した肉用の辺です。徳島県の夏最大のイベントである阿波尾鶏の強烈なエネルギーと健康的な躍動感で力強さみなぎる郷土食いたかなという意味を込めてその尻尾のです。ね羽の美しい姿をイメージさせて命名されました。阿波踊りの特徴は経営に口の中の旨み成分であるアスパラギン酸グルタミン酸を多く含有することから大変惜しく肉質は身がしまり噛み締めがよくかつ歯ごたえがとてもよく鮮度が長持ちするというものです。徳島県は古くから大阪への食用鶏の供給地として有名で明治時代から大阪港に上げ場所周辺の鶏肉うどん屋へ昭和43年代まで県内で集荷された食用の鶏を生のままカイロで搬入され大阪市場で高値で取引されてたという風に言われています。こうした伝統からブロイラーの生産にも先発し全国生産初の4%台を維持しています。ブロイラーの全国一個あたり平均シー9月は36400であり徳島県は16416倍 全国平均の45%であります。徳島県のブロイラー生産者293個のうち60%を占める185は年間出荷羽数5万番未満の小規模生産です。県内四つの処理場の熱心な事業化により中山間地の小規模生産者を維持しながら発展してきました。徳島県のブロイラー生産は9大行進敵と見ることもできますが逆に言えば現在まで維持されてきた小規模生産者を生かす方策を採用してきたとも言えます徳島県の養鶏生産の特色として高品質な肉用トリの生産鶏肉の安定な供給体制をあげることができますこの特徴を強化することで徳島県は養鶏産業を活性化してきました。有機肥料化した鶏糞を持ち栽培することで高品質米が生産できました。この写真はその稲穂です。この高品質米の生産によって阿波踊りの餌地産地消が実現しました。餌代年間4380万円が仕事の収入となり生きがいへの資金の流出が減少しました。また鶏糞自体をブランド有機肥料として販売することも期待できますついに事業予算と事業枠組みの説明に移ります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。事業家の資金がどこから出ているか見てみましょう総務省から地域経済循環創造事業交付金として5000万円銀行から6500円の融資それに加えて自己資金として500万円が事業資金です。ローカル1万プロジェクトの特徴として行政が立ち上げシーンをする地域金融機関が事業継続を支援するというスキームが捉えています。この図は同化で一番プロジェクトに共通した表現で事業計画を示しています。収入の売上高を左に支出の経費を右側へ記載します。売上高は阿波踊りの成長販売有機肥料販売として780010万円を計上してます経費には原材料費として准看餌台地元高品質前です。ねこれを4380枚使ってます地元雇用喪失の人件費としては820万円です。その他薬剤費等として生きがいからの購入として1350万円を計上してますすい負担返済原資減価償却費相当として1260万位を見積もっています。最後に投資経済公開うつります。使用創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。総務省のローカル1万プロジェクトでは投資経済効果として四つの指標を採用してますあ踊りの事例では地元雇用創出効果は1.1です。これは地元の雇用喪失の7年文に相当する金額を投資金額合計1億2000万円で割った値です。地元原材料活用効果は6.1です。キャッシュフロー創出効果は3.5と計算されています。投資効果は交付金+融資金額を交付金額で割ったものを用いてますこの場合です。と2.4と評価されてます今回はこれまで活用してこなかった地域資源である休耕田と青のりの鶏糞の有効活用を実現した事例を話しました。徳島県最大のイベントである青い鳥にちなんだあー踊りの飼育員を確信することに成功した例です。流出し金をできないに還元する還元モデルです。 廃棄物の商品化モデルとしてリサイクル効果が大きいものです。この場合投資効果が平均値を上回っていました。次回は神山町のウィーク神山をお願いします。 

レッスン5 ケーススタディ:(株)神山神領「WEEK神山」

今日は地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はこれまで活用してこなかった地域資源である休耕田と青のりの鶏糞の有効活用を実現した事例をお話ししました。徳島県最大のイベントであるアウトにちなんだ阿波踊りの飼育人を革新することに成功した例です。流出資金いきなり還元モデル廃棄物等の商品モデルリサイクル交換あるんでものです。ね今日はこれを踏まえて神山町のです。ねウィーク神山をお話しします。徳島県はカバー率98.8%の ftt 元光 CATV 加入率が88.3%を全件駅に整理全国屈指の高速ブロードバンド網を実現しています。過疎地域にサテライトオフィスを整備 ICT ベンチャー企業の誘致を促進してきました。サテライトオフィス体験宿泊施設ウィーク神山は古民家空家等を再生し周囲の環境にふさわしい宿泊施設設備を整備するまちづくりと地域経済の活性化という二つの地域課題を解決するという試みです。亀山町は地方創生で最も注目を集めている中山間地の町です。最近発表された神山町の人口ビジョンを見てみましょう神山町は2040年までに転入者を1182人人口比率で32%を目標にしてます高い目標を掲げまちひとしごとの三つの面で果敢に挑戦してますインフラ整備2000年代半ば国や県の予算で県内全域に光ファイバー網を整備県民一人当たり総延長は全国1位です。移住政策2007年徳島県の移住交流支援センターが神山町にオープン NPO 法人グリーンバレーが支度しています。サテライトオフィス誘致2012年サテライトオフィスの誘致活動成功に導くタスクフォースとして県関係市町村地元 NPO 法人参加企業などで構成している官民協働による徳島サテライトオフィスプロモーションチームを設立しました。これは行政主導でありません。民間人で NPO 法人大南理事長が行政や地元内外の関係者を巻き込みながらキーマンとして現在まで活動してきてます1992年入試で神山町国際交流協会を設立アーティストを上山町に招待する制度を運営しながら以上のノウハウを蓄積してきました。アーティストに活動の場を提供することに加え企業商店街活性化など徐々にビジネスよりの事業もスタートしました。2010年には33社のサテライトオフィスが開設されると NHK で報道されるなど注目が集まりました。2015年末までには旧車がサテライトオフィスを構えてます大南理事長は創造的過疎を提案してます適度な世代間バランス子供と若者の場所を重視するというものです。専門的職能を持ったまま移住する逆指名制度のワークインレジデンスを2007に開始しました。小学校の存続を担保する人クラス20名の理事を設定毎年親二人子供二人の家族5世帯を受け入れるという目標設定してるのです。か美馬町はこの目標に沿って U ターン I ターン時計で選抜を行い創造的過疎という未来 してます総務省の情報通信白書平成27年度版で神山町の定住人口拡大に向けた取り組みとしても取り上げられています。ウィーク亀山は古民家空き家を再生し周囲の環境にふさわしい宿泊施設を整備するそれによってまちづくりを感じてます同時にかすかに曲面してる地域を地域経済の活性化という二つの地域課題を解決するという試みです。ウィーク神山はこうしたここ数年代神山町が変貌してきた流れをそのままにその新しい上山田の暮らしや働き方短期滞在を通して体験できるいかにも神雨らしいコンセプトの宿なのです。共同仕事場と連携したビジネス合宿サテライトが体験と思います。がそういった事業を創設し新規企業誘致のための宿泊研修の場にもなっています。徳島県では消費者庁の地方移転業務施行も行われ全国の自衛隊などから注目されてますこれまでとは違うユニークな働き方暮らし方生き方が人口を6000円に満たないこの街で社会実験されてますこの社会実験には司法総裁の下でやまちひとしごと創生のヒントが見してます行政にとっては負担だった放置された空き家の見守り解体撤去などの費用も軽減できます古民家空き家を再生し周囲の環境にふさわしい宿泊施設を整備することでユニークなまちづくりに成功しています。高速通信インフラ整備された快適な作業空間で効率よく仕事ができ充実したワークライフバランスが実現できるとして東京など大都市から企業の進出が増加すると期待されています。1000円事業予算と利尿は組の説明に移ります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。プロジェクト目はサテライトオフィス体験宿泊施設上山式地域経済循環創造事業市大和亀山診療ウィーク神山フェス事業家の資金がどこから出ているかを見てみましょう総務省から地域経済循環創造事業交付金として4995蔓延阿波銀行から3500万円の融資です。それに加えて自己資金として500万円が加わった事業資金となってますローカル1万プロジェクトの特徴として行政が立ち上げ支援をするそして金融機関が事業継続を支援するというスキームが捉えてますこの図はローカル1万プロジェクトに共通した表現で事業計画を示しています。収入の売上高を左に脂質の経費を記載しています。売上高は宿泊料サテライト体験講習料など4960万を計上してます経費としては地域資源として地元食材いっせん390万円です。地元雇用喪失の人件費は1770万を計上しています。生きがいからの購入は熱光熱費などで970万円税負担返済原資減価償却費として830万円を計上してますそれでは最後に投資経済公開うつります。地方創生ビジネスモデルを理解する上で重要な切り口です。総務省のローカル1万プロジェクトでは投資経済効果として四つの指標を採用してますサテライトオフィス体験宿泊施設 week 神山の事例では地元雇用創出効果は1.9です。これは地元の雇用創出の名前 金額を投資金額合計8995円で割った値です。地元の原材料活用効果は2.5です。キャッシュフロー創出効果は1.2です。投資効果は交付金額に融資金額を加えたものを交付金額で割ったものとして計算されます。この場合1.8と評価されています。今回ウィーク神山では過疎地域にサテライトオフィスを整理 ICT ベンチャー系企業の誘致する事例としてお話ししました。この事例は古民家空き家を再生し周囲の環境にふさわしい宿泊施設を整備する街づくりとそして地域経済の活性化の方法から重要であることをお話ししてきました。次回はこの分野で何が起きてるかをお話しします。 

レッスン6 この分野で何が起きているのか

今日は地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はウィーク神山で過疎地域サテライトオフィスを整備 ICT ベンチャー系企業の誘致と樹齢お話ししました。この事例は古民家空き家を再生し周囲の環境にふさわしい宿泊設備を整理するまちづくりと地域経済の活性化の双方から重要であることを学びました。今回はこの分野で何が起きるかをお話しします。まちひとしごと創生の長期ビジョン総合戦略で目指したものとは確認決定は平成26年12月27日に行われてます人口急減超高齢化というわが国が植民する大きな課題に対し政府一体となって取り組み各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創世できるようまちひとしごと創生本部を設置しました。現在内閣官房まちひとしごと創生事務局と内閣府地方創生推進事業局とが両輪となって地方創生の推進に向けた施策に取り組んでますまちひとしごと創生は人口減少国と地方創生を合わせて行うことにより将来にわたって活力ある日本社会を維持することを目指してますこの図は仕事と人の好循環それを支える町の活性化を示しています。地域しごと創生会議は地方創生担当大臣が被災する平成27年11月17日から5回開催されまして8月に中間報告がありました。地域のモデル的な取り組みの発表をもとにその実現普及に必要な政策的課題を討議しました。地方創生の第2ステージに向け官民が力を合わせて地域の携帯社会的課題の解決に資する取り組みの発掘と支援を行なっていくためその基本的な取組方針を明らかにしています。魅力ある地域産品や観光資源を生かしてためには他の地域にはない特色ある産品資源を書くに明確な市場戦略持って取り組んでことが必要です。その際には従来製品の単純な売上拡大を狙って地域どうして市場の具合はをするのではなく地域が新たに狙いとする顧客とその顧客にふさわしい地域の3品サービスを絞り込みずつその魅力を顧客に伝え実感させることで従来産品サービスとは異なる新たな市場を作り販売実績を上げてということが必要になってきてますこのために各種データを基にマーケティング調査を行い他にはない特色ある戦略の構築とその実行を促す観光地経営また市場開拓の司令塔となる DMO これは日本版 DMO と言われる者です。が destination Management organization というアメリカであった観光のです。ね市レートや地域商社機能を地域の魅力発信に向けた取り組みの格として育てていく必要があります。地域には金属素材加工正方部品製造始め高度な技術ノウハウが多数眠っています。しかし特定の系列企業など中心に取引してきた地域品を自身には市場全体から見た自社の技術の価値を知る機会も少なく均一をいかせる中がどこにあるのかを記しだも限られています。このため国は地域に眠る潜在 あなたの市場ニーズに適合した商品開発検証に結びつけていくようなコンソーシアムお産官学金の連携の下形成し先導的なプロジェクトを全国的に蘇生展開してますコンソーシアムを形成し地域技術を活用した先導的技術開発プロジェクト毎年200程度を目安に5年間で一閃支援するとの予定です。我が国の GDP の4/3雇用の7割はサービス参入を支えています。特に最近20年間見ると労働生産性の低いサービス表紙がその視野を広げており各業種別に見ても欧米と比べその生産性が伸び悩んでいます。地域経済でもその GDP の約7割をサービス業が占めています。が飲食宿泊医療福祉小売流通といった生産性の低い労働集約的な業種の比重が高いことが特徴です。生産性の向上のため中小企業に小型汎用ロボット導入してコストを2割削減する1万社会重点的に支援行うまたは地域企業に IoT 導入プロジェクトの参画を促すそんな制作も行なっています。若年者人口の流出居住人口の減少に加えネット通販の普及は大規模住所を問わずリアルの販売店舗の売上を圧迫して町からますますに愛を奪っています。需要の掘り起こしは今はデイサービスにおいくら分析しても生まれません。生きがいの消費者を含め個人の行動に関するビッグデータを深く分析することや様々なアイデアを持った個人が出会い新規する歯を意図的に作り出すことで初めて新たな需要を生み出すアイデアが生まれます。ソラニワまちづくりの担い手が中心となって強み弱みなどの現状分析と稼げるまちづくりビジョンの策定実現に向けたアクションプランその進捗を検証する KPI を設定しさんの実行を測ることが欠かせません。繊維地域ビジネスモデルと中小企業の関係を説明します。東京などの大都市以外では雇用の80%以上が中小企業はになってます中小企業の実態をよく知ることが重要になります。この表は希望別の日をするとご様子を示しています。これから7人の人が中小企業で働いてることが読み取れます。この図は都道府県別の中小企業雇用者比率を示したものです。大企業の雇用比率が高く中小企業の比率が30%だよ東京50%台の大阪60%台の千葉愛知京都を省けば大半の条件は80%超えてます地方における仕事づくりの中心は中小企業の雇用力です。その意味で地方創生地域経済活性化は中小企業政策と一体に捉える必要があります。この度は従業者数から見た地域の中心産業の推移を示しています。これを見ると1986年時点において建設業や小売業の市町村が多い北海道省く全国の多くの市町村では地域の雇用を支える産業が製造業でありました。しかし2012年においてはその構造は明らかに変化してます地域の雇用を支える産業が製造業から小売業サービス業医療福祉に変化している市町村が多くなってますユニットさんはと思います。最初に安倍政権の地方創生政策ローカルアベノミクスの流れを概括しました。その章のローカル1万プロジェクト地域 循環創造事業交付金の解説をしました。そして地域ビジネスモデルとその枠組みを説明しました。ついに芦別市のチップ製造工場住民参加型放置竹林解消モデル事業阿波踊り古民家を活用したウィーク神山の四つの事例で地域の中で一緒に仕事をしようお話ししました。この度はこのユニットで取り上げた時点共通しているマイナスの地域資源を再利用してビジネス化するプロセス掃除しかしたのです。環境負荷災害対象になってるようなマイナス資源をプラスの地域資源へ転換することから開始します。この段階で後期価値があります。行政の除去費用がゼロになるからです。プラスに転じた地域資源を複数組み合わせてビジネスモデルのデザインをします。事業展開計画書を作成事業活動により収益事業とします。最後に地域しごと創生会議の四つの方針を開発しました。地域のモデル的な事例をもとに中央送水の第2ステージに向けた取り組みの方向性を示しました。地域ビジネスにおける中小企業の役割についても触れました。最後にマイナスの地域資源を再利用してビジネス化するプロセスを図式化しない組織化して示しました。次回はビジネスモデルをお話しします。これでこのユニットの講義は終了です。小テストを受験してください。 

第4章 ビジネスモデル

レッスン1 ビジネスモデル

こんにちは地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回まで地域で一緒に仕事をしようというテーマで地域ビジネスモデル事例ベースので学んできました。今日からはこれを踏まえてビジネスモデルを勉強しましょうビジネスモデルはこれまでに2度のブームがありました。1回目はインターネットが普及しビジネスのやり方が大きく変化した1990年代です。1994年米国特許庁がビジネスの方法も特許の審査対象に見てみました。1998年8月 priceline 車の逆オークション特許が成立しました。 priceline 社が特許を取得しているビジネスモデル特許で普通のオークションでは売り手側がある品物の最低額の金額を決め帰ってからそこから徐々に値段を上げていくそれに対しこのトップでは買い手が希望額を提示し売り手側がいくらなら売ることができるかを提示その中で最も安い値段を示した会社を変えてに知らせ納得すれば商談成立するというものです。日本のマスコミがビジネスモデル特許とほうじ茶ために特許出願が殺到しました。しかし正確にはビジネスモデル特許ではなくてビジネスプロセス特許だったのです。2度目はイノベーション及び新規ビジネス創造に関わるものであります。ものがない時代作れば飛ぶように売れました。物が普及すると顧客の欲しいものを作るようになりました。最初のうちは顧客が欲しいものをどんどん言えました。メーカーとしてはひょうきん作りが楽だった試合です。そうしてるうちに顧客に聞いても何が欲しいかわからなくなってきました。顧客の潜在的需要を掘り出して商品が新しい市場を創造するようなビジネススタイルに変化してきたのです。需要を創造するようなビジネススタイルにはビジネスモデルという考えが求められるようになってきたのです。これが2000年代以降の静かなブームの背景にあるものです。2度目のブームを理解するためにビジネススタイルの変化マーケッティングの世代論を活用しましょうこの表はあくまで概念的に表現したものです。が第1世代は基本的なものが不足してた時代作れば何でも売れたこれは戦後とか高度成長期の前夜にソートします。ね第2世代は基本的なものは満たされたがまだ欲しいものは満たされてないこの場合は顧客に聞けば教えてくれた高度成長期の後期からバブル崩壊までです。ね第三世代は顧客も何が欲しいかわからない顧客へ提案するそして顧客のニーズとすり合わせそんな時代です。そして潜在的需要を発掘するために需要創造支城報道するような時代が到来してきました。第3世代から第4世代にかけてビジネスモデルな企業間競争を左右するようになってきたのです。メイドのブームの先にあるものというテーマで話を続けます最初の文の時に気にしては上司に君たちも技術開発だけに専念してるのでなくビジネス元にも考えなければならない言われるようになってきました。産業構造や社会構造が変化した反映です。そういう背景のもとビジネスのわかるギリシャへ向けてビジネスモデル論方法論実践動画喪失提供されてきました。2016年今日地方創生地域課題をビジネスで解決しようという動きがあります。そのためには神様デザインするビジネスモデル設計そしてそのビジネスを正しく評価するということが求められています。行政マン地域 NP 関係する人たちがビジネスモデルを理解する必要性が高まっているのです。時代とともに求められるリテラシーは変化してますビジネスモデルの設計は民間セクターのみならず公共セクターの社会史にも今や必須のスキルになってると言っても過言ではありません。公民連携事業の企画事業計画の立案には背景の異なる人々と一つの事業を多角的に議論する必要があります。その際にビジネスモデルおよびするフレームワークがコミュニケーションを円滑にする共通言語になってくれています。共通言語なしには背景の異なる人々とは本当のコミュニケーションを実現できません。是非香港いでビジネスモデル学習し実務に活用できるようにしていただきたいと思います。地域活性化したりも変化があります。第1世代は基本的なものが不足していた時代役所指導の計画経済で供給を増やすが良かった第二世代は経済拡張で基本的なものは満たされたままだ欲しいものは満たされてない弱小酒造の計画携帯で企業誘致など供給を増やせばよかったそんな時代です。ところが経済成長が減速社会が成熟ゼロ成長時代になると経済合理性が求められない役所と地域経済社会とのすり合わせが求められるようになってきてます第4世代の縮小社会では財政難などで地域課題社会課題がビジネスで解決を求められるようになってきています。地域ビジネスモデルが地域社会の安定と繁栄を左右するようになってきているのです。社会の発展段階で地域経営の戦略は変化するのです。2002年上海でビジネスモデルの国際会議室する機会がありました。その時に垂れ幕に歓迎症状も怪我だったのを印象深く記憶してますビジネスモデル理解するためにモデルとは何かビジネスモデルを構成する要素について話を進めますモデルにはどんなものがあるのでしょうか。通常の世界ではモデルは水に示しとゆうなさん主です。類似モデルコロナプラモデルです。ね見かけが実物と似たモデルです。画像モデルシステムの性質を別の性質で表現するのです。例えば車の速度をメーターの角度で表示するものです。そして皆さんが学校で数学や物理の時間に学習した記号モデルがあります。ところがビジネスモデルはこの三つのモデルとは異なるのです。フレームワークを用いた言語で表現するも出たのです。この度はビジネスモデルを構成する要素を示したものです。ビジネスも OK とは誰に何を提供するのかどのように請求するのかそしてどのように収益をあげるのかを表型式この票形式をフレームワークと言います。がそのフレームワークを用いて言語で表現したものなのです。構成要素としては市場と顧客ターゲットを明確にするということです。ね全員提供菓子製品とサービスを結合して顧客便益を提供するものです。そして提供書の方法通常人をシステムとも言われるものです。そして儲ける仕組みを表現した収益モデル利益パターンから構成されています。これらの要素間の関係に着目した表現スタイルもあります。ビジネスモデルは2度のブームがあったことなどのブームの後に地方創生地域ビジネス創造への期待が高まってきました。地域課題をビジネスで解決しようという動きです。そのためには神様をデザインするビジネスモデル設計そしてそのビジネスを正しく評価さ 今日 FM 地域 NPO など関係する人たちがビジネスモデルを理解する必要が高まっているのです。ビジネスモデルを理解するためにモデルとは何かビジネスモデルを構成する要素について学びました。次回はビジネスモデル設計の理論を解説します。 

レッスン2 ビジネスモデル設計の理論

今日は地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はビジネスモデルは2度のブームがあったことにどの部分も家に地方創生地域ビジネス創造への期待が高まってきたという話でした地域課題をビジネスで解決しようという動きです。そのためには事業デザインするビジネスモデル設計そしてビジネスを正しく評価することが求められます。今日 地域 NPO など関係する人たちがビジネスモデルを理解する必要性が高まっているのです。ビジネスモデルを理解するためにモデルとは何かビジネスモデルを構成する様子についてはなりました。今日はこれを踏まえてビジネスモデル設計の方法を学習しましょうビジネスモデルの設計に関する方法がたくさんあります。高2ではあくまでも入門編としてビジネスに深い経験や知識を持ってなくても設計できるそういった方法を社会人を対象にしてお話ししたいと思います。これはビジネスモデルを設計するプロセス手順をステップ1からステップ4まで示したものです。ステップ1ではビジネスアイデアを提示します。 My will My vision すなわちビジョンと意思表示です。未来のあるべき姿理想像です。ステップ見れば分析作業に取り組みますマクロ環境分析などの経営戦略の手法を活用します。ステップ3では発送作業に取り組みます PPP ビジネスではシナリオプランニング法を用います。ステップさんの作業で明確になったビジネスモデル最低にされたビジネスモデルをステップ4ではフレームワーク枠組みを活用して表現します。地域の問題に放置竹林の被害があったなんとかしたい良くするにも行政コストのかかるなかなか解決できないどうしようそうだビジネスで解決しよう竹パウダーがお米処理に有効な放置竹林から竹パウダーを作り汚泥処理して費用にできるその日を使って放棄耕作地に野菜を作ろうそれを販売使用人を始める前に本当に売れるかどうか重要性をビジネスモデルのモデリング参入をして確認して静岡市は下水処理に多大な行政コストをかけて処分しています。竹パウダーで汚泥処理し有給給料を現実的な費用で作戦で作成できる施設を建設するこれまでの行政コストを活用した PP 型事業としても比較できるのかな一方放置竹林の被害を防ぐには竹を伐採して竹パウダーを製造する作業があります。これまではコストが発生するだけだったそれをカチュームさように変化しましょう休耕田や放棄耕作地に汚泥処理から有機肥料を使い野菜を作り販売するそのようなビジネスが市城西町頼もうかと今日もできるか市場商品として提供する仕組みの立ち上げと運営それって本当に利益が出るのかというような事業を事業戦略の手法ベストバリューチェーンファイブフォースおっとこれは後ほど説明します。がそういった経営戦略の方法を活用して分析していきます。事業性の評価を事業戦略などの見学の方法を活用して作業を進めます最初に事業環境の分析を行います。マクロ環境の分析はテスト分析とも言われ政治経済社会そして科学技術この四つの切り口からビジネスアイデアへの影響を調査研究分析するものです。シンクタンクが得意としてますこの調査は研究分析を通じてビジネスアイデアの事業性を評価判断修正していきます。事業環境の分析にはマクロ環境だけではなくビジネスの対象が稼げることができる市場にあるのかどうかそういったことを判断する必要があります。ここではマイケルポーターの提案した五つの力分析を活用します。業界内の競争開設の力関係供給業者との力関係新規参入者の脅威大体 この五つを業界構造を表すものとして捉えてますこれはミクロ環境分析とも言われています。シナリオプランニングは1970年代初頭に石油企業 Royal Dutch Shell が導入したことで有名になりました。同社は1972年に時点でシナリオプランニング手法によって請求の需給ギャップが拡大するケースと需給がバランス計算して系ロックのシナリオを策定していました。このうち19キャップが拡大するケースには当時の経営幹部が受け入れ難かった石油シナリオが含まれていたのです。どうしては石油危機シナリオを想定して他社に先んじて増産中止を決定高付加価値化を推進するなどしてセキュリティを乗り切りました。ポイントは石油危機のような事象が起こることを予測することではなく起こりうる複数の可能性を事前に想定していかに早く適切な経営の意思決定ができるかにあります。シナリオプランニングの特徴は自社への影響度という軸と不確実性という軸で四象限を作成してシナリオの構成要素を分類します。自社への影響度が大きく不確実性の高い障害にプロットされたシナリオドライバーから二つを選びシナリオを構築していきます。詳細はこの購入の範囲を超えてるので省略します。この図は鉄道総研の研究者が描く2030年の鉄道というタイトルで2009年に出版された単行本の資料から抜粋したものです。財団法人鉄道総合技術研究所が総力を挙げて取り組んだ成果物でもあります。社会と鉄道の幸福な未来の想定から成熟した鉄道の姿が存続しにくいような状況まで可能性についてです。ねこれしたのです。いくつかの要因により分岐させた複数の科にまとめています。自動車の進歩鉄道利用の合意形成という二つのシナリオドライバーから鉄道が停滞するシナリオ8鉄道が成長するシナリオでが導かれてますビジネスモデルの設計の最後のステップになりました。 My will My vision で表現したアイデア分析34そしてシナリオ法による発送作業を通じてビジネスモデルが明確になってきました。当初の想定とは異なる内容になる場合も多くあります。知られ方データー内容をビジネスモデルをフレームワークに落とし込むという表現作業をします。これは静岡市で実施されている地域住民参加型放置竹林解消モデル人をビジネスモデルとして表現したものです。起業したいわ中核企業としての丸徳商事と住民参加型の協議会です。地域で困っている放置竹林を除去汚泥処理に悩む行政休耕田の再利用という地域社会課題のソリューション提供があります。二つ目は竹パウダーの生産終了の生産の作物の生産という経済活動ことがあります。丸徳商事という民間企業は行政コストを削減した交易経済価値そして通常の物販ビジネスの収益という二つの収入が考えられます。今回はビジネスに深いに経験や知識を持っていない社会人を対象にしたビジネスモデルの設計方法モデリングのプロセスを学習しました。最初にビジネスアイデアの定時制にしよう戦略の思想などを活用して分析者に作業に取り組むこと PPP ビジネスではシナリオプランニングホーム知多発送作業を行いビジネスモデルの明確化再定義をします。最後にフレームワーク枠組みを活用してビジネスモデルを表現します。 PPP ビジネスモデルはインターネットビジネスなどよりも関係者が多いため複雑になります。放置竹林海上ビジネスモデルを例に解説しました。次回はビジネスプラン作成の変え方を解説していきます。

レッスン3 ビジネスプラン作成の考え方

こんにちは地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はビジネスモデルの設計方法のザリングのプロセスをお話ししました。今回はビジネスプラン作成の考え方をお話しします。ビジネスプラン事業展開計画書に求められる歳半の部分はビジネスモデルの設計作業で行うようです。 その意味でもビジネスモデリング作業が容易ビジネスプラン作成の前提になります。良いビジネスプランに求められること10項目を一つずつ見ていきましょう最初に何を誰に買ってもらうかです。計画では戦略衣がこの部分を担当します。その市場を選択した毛と顧客は誰が提供会社に何か顧客は何を求めてるか提供するサービス製品を決めていきます。製品サービスから市場顧客を決めていく方法もあります。ビジネスプランを構想設計するタイプになります。市場とたけ特約付として提供するサービス製品について概念設計コンセプトでデザインを済ませたらついにに事業性の分析作業に入ります。その事業は必要とされているのかを判断するにはその事業を取り巻く政治経済社会均一のマクロ環境を調査分析します。頭文字をとってテスト分析とも言います。今日もと比べて優位は何かそれはいかにかっこされているのかスロットという分析方法を用います。外部環境分析から構想している事業の機会 opportunity て英語でいます。が都教委スレッドを横軸にそして自社の強みストレングスと弱点ウィークネスを縦軸に四つの箱を作り分析結果を記入します。それぞれを組み合わせてクロス分析など行います。稼げることができる事業であるかどうか判断するためには前回お話しました。が五つの力分析を活用します。顧客ベンダーとの力関係そして新規参入の脅威代替品の脅威などを分析します。ついに他者に対する再入所を受けないか産業のバリューチェーン分析および五つの力分析企業競争力分析などから参入障壁を強化していきます。ここでは知的財産権特許です。ね特許などを用いて企業競争力を高めることも重要です。ただこの図は成功のためのシナリオとリスクその会費はというないです。 TPP ビジネスモデル設計論ではシナリオプランニングという方法を用いてます前回簡単に話ししました。影響度上げてあげるのかまた銅継続的に拡大していくのか定量的に判断するためには予想損益計算書をベースにした収益モデルを活用します。ビジネスで収益を得るパターンは20個程度で表現できることが研究成果としても報告されてますこれはハーバード大学のビジネススクールストライキ教授がです。ね20年間の彼のコンサルティング経験を浜田屋に持ち込んで集大成した結果としても報告されてますこのような知識体系がビジネスプランを描く際に頭の引き出しに入ってると随分と応用範囲が広がります。モデルを活用するメリットです。繊維損益計算計画となぜ収益が上げられるかその論理的根拠というテーマに入ってきます何をどれだけいくらで売るかというところから売上目標作成します。仕入れコストと製造費を見積もって売上原価算定をします。これで固定原価と変動原価も導くことができます人員計画表とか類似企業の報酬調査などから人件費の算定も行います。広告士事務所賃料リースよそういったものから販売費一般管理費通常一般販売一般販売管理費と言われてどこです。かなどを算定したらそういう計算書を作成 どのようになれば利益が出るかが判断できますそしてその駅分岐点分析これは変動費固定費限界利益損益分岐点そういったものがです。ね出てくる分析手法です。がなどで利益の修正です。ねそういったものが行うことができます損益計画となぜ収益が上げられるかその論理的根拠はビジネスプランでは重要なポイントです。キャッシュフロー計算書を作成することで収益の時系列的変化の表も作成できます貸借対照賞状で損益計画が妥当に裏付けられているかこれもビジネスプランでは重要なポイントです。資金繰りにおいてリスクがないうまく回ってるかこれもビジネスプランでは重要なポイントです。損益計算書貸借対照表キャッシュフローの経時変化から判断し設備投資計画資金調達計画を適宜見直します。総務省のローカル1万プロジェクトで取り上げた静岡市の地域住民参加型放置竹林海上事業を検討対象として取り上げそのビジネスプランの考え方作成の手順を学習していきましょうこれは損益計算書英語で PL と言うんです。が profit loss です。ね PL と言われるものを活用してです。ね5年文の損益予想損益をです。ねシミュレーションしてまとめたものです。この損益計算計画書によってです。ねビジネスプランの良し悪しが大きくが判断できますまた改善すべきポイント方向性も見えてきます静岡銀行から5千万円の融資交付金として50万円自己資金です。ね200万円初年度材料費2880万円高につき390万円人件費2700万円これらは売上高に比例して増加するという風に前提を置いてます静岡銀行には毎年540万円返済する償却期間を30年と長く取っています。先ほどの条件でシミュレーションしたよ総売上高営業利益率の年度推移を示したものがこのです。このように投票で示すと授業の良し悪しが大きく判断できますまた改善すべきポイント方向性も見えてきて第三者がです。ね議論に参加しやすくなるという利点があります。この図は同じ神様を別の人がビジネスプランを考えその相違計算書を作成したものです。この人のビジネスプランは売上高販管費比率を5.7%東急利益お辞儀の原材料費再投入3年目から毎年一人雇用する年間400万円です。ね残りを原材料費へ再投資する原材料費を変動費として変動費比率を42%として売上高を算出してますそして先ほどは30年という計算でしたが今回は5年間で静岡銀行の借金を返済してしまうっていうような咳 OK です。このように複数のプランがあると比較検討が容易になります。今回はその自演は必要とされてる環境分析競合と比べて言う言わないかそれはいかにして加工されているかを分析する五つの力分析などビジネスモデリング作業をしっかりしておくとビジネスプランがより容易に作成できることをお話ししました。ビジネスプランの中心にあるものは予想損益計算書です。計算書の作成の仕方複数の人が別々の前提で作成したものを比較検討することでより優れたビジネスプランが作成です。できることを洗いました。次回は塩 どう活かせるかをお願いします。 

レッスン4 ビジネスモデルを地方創生にどう活かせるか

こんにちは地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はその授業が必要とされている環境分析競合と比べて優位性は何かそれはいかに確保されているか分析する五つの力分析などビジネスモデリング作業をしっかりとしておくとビジネスプランがより容易に作成できることを話しました。ビジネスプランの中心にあるものは予想損益計算書です。決算書の作成の仕方複数の人が別々の前提で作成したものを比較検討することでより優れたビジネスプランが作成できることをもらいました。今回は地方創生にどう活かせるかをお話しします。ビジネスモデルをどのように四方創成に生かすかを学びましょう最初に社会構造の変化産業構造の変化に着目します。日本政府が既に総力を挙げて作成した日本再興戦略の中でこの構造変化を俯瞰整理しています。地方創生に関してはまちひとしごと創生本部の中で課題を整理しています。2015年秋に発足したしごと創生会議では地域の魅力のブランド化地域の技の国際化地域の仕事の高度化稼げるまちづくりの四つの視点から地域ビジネス創生を論じています。この度は仕事と人の好循環それを支える町の活性化を概念的に示しています。少子高齢化人口減少という日本社会が抱える問題に加えて地方では若者が東京などの大都市へ流出してしまう東京一極集中という問題があります。これは初日方に魅力的な仕事がないことに起因します。この問題を解決するには地域に安心して暮らせるだけの収入が獲得できる魅力的な仕事を作ることだと考えてますそれによって地域が自立することができ若者が定着できるようになるからです。産業構造社会構造の変化が次々と新しい 課題を発生してます対応の地域課題が未解決のモスの倒してます矯正だけでは解決困難な課題可能性を秘めた地域資源が未活用のまま存在してますそうです。ビジネスの機会は沢山眠ってるのです。ビジネスで地域課題を解決するには背景の異なる人が連携して事業構想を企画事業展開計画書作成する必要があります。拝啓のことの人々がコミュニケーションするには共通言語が必要です。ビジネスモデルがその共通言語になります。ご用件がなくとも事業の継続性持続性を確かにするビジネスプランの作成が事業に着手する前に必要です。ビジネスモデル設計がビジネスプランの品質を大きく改革できます地方創生に関わる人々に向けてビジネスモデル論と設計論モデリングお話ししていきます。ビジネスモデルを地方創生にどう活かすか最初に目標設定しましょうそれは地域経済を持続可能なものにすることです。そのためには域内の産業ビジネスが中長期的に地域を支える産業構造8 D デザイン再構築していく必要があります。地域経済の現状を把握しましょう人口減少に伴い内需の拡大を大きくは期待できません。大量生産販売の時代からニーズの多様化時代日常が多数発生する市場構造変化しています。ビジネスで社会課題を解決する公共サービスをビジネス創出するそんな動きが圏外かしてます地域社会地域経済で今後大きくなると想定されている水のようなビジネスモデルについてお話しします。アウトサイドイン型地産地消型社会課題解決型について順次解説していきます。最初はアウトサイドイン型ビジネス千葉産業ビジネスによる生きがいからの富の獲得を追求するものです。これには観光食と農特産品クールジャパンなどの地域資源を活用するビジネスが回答します。観光市場規模は20兆円を超える国内商品加え買えないからのいわゆるインパクトして2000万人の観光客が来日する時代です。地域の観光資源をうまく活用することで多様な日常を作り出す地域ビジネスモデルこそが地域産業中小企業が得意とするビジネスモデルとも言います。アジアの国々が豊かになるにつれ市場構造が変化価値観が多様化する中でジャパン特に日本の地方が再評価されています。インサイドイン型ビジネスとして地域における富の循環に息をする産業ビジネス群があります。地産地消型のビジネス例えば静岡市の放置竹林からの肥料製造販売北海道の間伐採のチップ生産販売による地域エネルギー人は謎です。地域の迷惑ものをし喧嘩して価値創造する加えて除去のための行政コストを削減するという地域ビジネスモデルの例もあります。阿波踊りの映像は餌代として4000万以上を輸入登録したいとして支払ってたもの地域ビジネスモデルはそれを地元の高品質前に変えていけないの富の循環を実現しさらには雇用も創出しました。この度はこのユニットで取り上げた時点共通してるマイナスの地域資源を再利用してビジネス化するプロセスを図式化したものです。環境負荷災害対象になってるようなマイナス資源をプラスの地域資源へ転換することから開始します。この段階です。でに コーヒー価値があります。行政の食費を強制コストがゼロになるからです。プラスに転じた地域資源を複数組み合わせてビジネスモデルのデザインをします。しよう展開計画書を作成事業活動により収益事業としてきます殺し方はビジネスモデルのフレームワークで住民参加型放置竹林解消の事例をまとめたものです。通常のビジネスモデルでは右端の BM さんだけが議論されます。丸徳商事が生産物である有機肥料と農産物を消費者や一般法人へ販売するというビジネスです。通常の企業活動です。ねしかしこの時代は公民連携の典型的なビジネスモデルもあります。地域社会地域経済矯正を目的として捉え価値を提供しています。さてもう一つは地域の課題解決するビジネスとして社会課題解決型産業があります。高齢者関連ビジネス医療介護周辺産業などです。高齢者関連ビジネスには宅配見守りサービス家事代行などますます需要が増えることが見込まれてますが地域ビジネスとしても革新的なサービスが望まれる分野です。介護事業は2030年には20兆円規模に膨らむと推定されてますが高齢者の健康を増進する長寿社会へ向けた地域ビジネスモデルが求められています。何のビジネスにも最新の情報通信技術革新環境エネルギー技術革新ロボット技術さらには人工知能やビッグデータ解析なども応用され労働生産性を高めてますこの図は高齢者関連ビジネスを考える上で高齢者を3分類したものです。介護老人は1割程度で多くの老人は健康で長寿そういったライフスタイルを送ってますこの相対的な元気な老人向けたビジネスは依然として眠った市場でもあります。また今後ますます地域ビジネスモデルとしての開発が求められている分野ではないでしょうか。本講義を聴講されている受講生の皆さんぜひ挑戦していただきたい分野でもあります。高齢化の進行は高齢単身世帯の割合や高齢夫婦のみの世帯の割合を増加させてきました。高齢単身者の割合は北海道東北地方の市町村で大幅に増加していると同時に東京都愛知県大阪府といった三大都市圏の市町村においても大幅な増加が見られます。この表は未完成であります。が有効な三つの地域ビジネスを整理したものです。海外との取引が想定される観光食と農クールジャパンという分野です。地産地消型のビジネスでは地域エネルギーが1兆円規模の産業になることも夢ではありません。総務省ローカル1万プロジェクトだけでも新規事業として1000億円規模を想定できることから雇用の7割 GDP の6割を占める中小企業の活躍できる領域です。高齢者関連ビジネスとして介護産業があります。地域ビジネスとして10兆円規模で成長する分野です。今回はビジネスモデルを地方創生にどう活かせるかを話しました。次回はもっとビジネスモデルを指導をお願いします。 

レッスン5 もっとビジネスモデルを知ろう

今日は地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はビジネスモデルを地方創生にどう活かせるかを話しました。今回はもっとビジネスモデルを銀します。ビジネスモデルの歴史からビジネスモデルを大きく変えた事例を悪臭しましょうモデルです。から誰と特徴付けるドライバーがあります。そのドライバーを発掘活用できれば競争優位性を発揮できます最初は事業速度の革新です。アスクルは1993年に事業を開始しました。中小企業 SOHO の事業主様を対象に翌日配送というサービスを宅配便の物流ネットワークを前提に既存の販売チャネルの調子をうまく生かしながら定期を提供するというビジネスモデルを確認しました。職安による定価の130%値引きを実現しました。アパレル業界は水平分業化されていて流行の速度に産業のバリューチェーンが追いつけていないという状態が長く続きました。氷店自身が企画製造販売する事業モデルをキャップとベネトンが作り上げてこの問題点を克服してきました。 ZARA は新商品の開発速度9ヶ月から2週間に変えるということでそれまで作り置きの生産方式だったもの流行が見えてから生産するというビジネスモデルを実現しました。インターネットビジネスでは無料サービスフリーミアムというものが人に行きました。フリーとプレミアムを合成した言葉です。大桑民放の広告収入による番組放送インターネットは Google の検索サービスなどがあります。レシピ検索のクックパッドは日本の20代から40代女性が頻繁に活用するサイトです。コンテンツはレシピ投稿者の作成多数の無料閲覧者に加えて一部有料会員の負担子の負担が収入の6割となっているようなモデルです。広告収入を得てますこれはデジタルコンテンツやサービスの提供コスト砂地限界費用がほとんどゼロなので成立する収益モデルです。この表はビジネスモデルを確信した要素ビジネスドライバーそれを実現した信用したそのサービスを一覧表にしたものです。ビジネスの景色を一変してしまうほどのインパクトがありました。スピードという重要要素を大きく確信することで新しいビジネスモデルを作り上げたファッションの皿9ヶ月かかってた新商品開発を2週間に退職しました。文房具の翌日配達を実現ビジネスの特徴とした明日来るなどが身につきます収益モデルを大きく変えたフリーミアムこれには Google の検索サービスクックパッドの料理レシピなどがあります。さてついにインターネット環境の整えにつれて経営資源の調達方法にも確信が起きました。 Amazon の Web サービス自社の it インフラを2006年からクラウドサービスとして販売してます低コストで起業できる環境を提供してますセールスフォースドットコムの営業支援の Web 提供など持たないで必要な時に必要なだけ使うというコンセプトのサービスです。クラウドファンディングは消費者の一部を投資家給付社に帰るというビジネス革新です。資金調達に革新を起こしました。人の働き方を変えるクラウドソーシングで必要な労働資源が Web 上で調達できます働く側も働く時間場所などの自由度が大きくなりました。オープン 概念を広めたのはカリフォルニア大学バークレー校のヘンリーチェスブロウ教授です。彼は自前主義からの転換を視聴しました。どんな巨大な企業でも自社の抱えることのできる形式には限界があり世界中の優れたアイデア技術設備一時資源などうまく活用する共同作業することでイノベーションを加速できることを示しています。技術ではイノベーションは育たないイノベーションには適切なビジネスモデルが必要であるとビジネスモデルがイノベーションの源であることビジネスモデルとはイノベーション実現へ向けた乗り物であることを主張しました。ビジネスモデルがイノベーションを先導することを指摘しています。この表はビジネスモデルを確信した要素方法論のうち外部資源の活用に焦点を当てたものを整理一覧表にしたものです。オープンイノベーションの考えは多くの企業の商品開発新規事業開発事業構造の転換など神様し態度を一変してしまうほどのインパクトがありました。クラウドファンディングクラウドソーシングなどは経営資源を持たないスタートアップベンチャーの企業活動を随分と用意してくれました。企業活動の自由度も高めてくれました。個人の働き方も変える効果がありました。優れたビジネスモデルにはモデルを特徴づけるドライバーがあります。ここではドライバーとしてスピード外部資源の活用紹介しました。このようなドライバは多数報告されてますまた日々実務家によって挑戦的に試みられてますさてついにビジネスモデルに求められるものは何かという本素敵なテーマに入ります。それには地域ビジネスモデルを立ち上げるプロセスから考えると考えることが肝要です。すなわちビジネスモデルの要素である市場と顧客は誰かからスタートするのです。最初に有望な市場顧客の探索拍数を考えます次に顧客価値ニーズは何かを考え提供価値すなわち製品サービスを決めます地域ビジネスモデルではやはり地域資源の活用が重要です。地域独自の物的支援をもとより文化的資源や人的資源といった地域資源をいかに活用するかが鍵となります。今目に見えてるものだけでなく全体的な資源をどのように発見発掘か連れ去られるかという仙台資源の研究は重要です。経営資源論には大きく二つの楽譜が開いてますポジショニングがカットケイパビリティ学派です。すなわち有望市場顧客か考える戦略論と自分たちの経営資源の強み事業能力の強みから考える戦略のです。地域ビジネスモデルとはこの二つの戦略論を統合するものを目指しています。情報通信などの技術革新によってビジネスインフラが飛躍的に充実しました。地方の事業者規模な事業者でも優れた事業システムを活用できる時代になってます徳島県の山村香美町では高速インターネット環境をいち早く整理しました。優れた神推ししたのです。神様の成功失敗の事例は書籍インターネット崩壊などでたくさん報告されています。これらの事例を注意深く学ぶことがビジネスモデル研究には寛容になってます是非本学で一緒に研究したいのです。地域ビジネスモデルのポイント二つお話しします。一つは補助金交付金で地域の事業を推進する時の課題を取り上げます。補助金とは地域で予算不足がネックで進まない取り組みを税金で補填実行されれば地域に活力が生まれるという仮説に基づいた制度です。しかしながら多くの場合補助金を取りに行く使い切るという点に焦点が当たる日にてるのでないでしょうか。ついに改善の方向車乗ります。 一度資金を入れたら地域内経済を取り込んで回していける回り続けるか1000円人を作ることを目標にすべきです。投資雇用の喪失再投資の好循環が地域の活性化を実現します。7時稼げない神様には税金を投入する気はないのです。従って補助金交付金を使わないのでは河川がエンジンを地域に作り上げるビジネスモデルビジネスプランが求められます。強制が他人任せではなく自らの力でビジネスモデルビジネスプランをきちんと評価し企業活動支援できない限り地域活性化絵に描いた餅で終わってしまいます。地域ビジネスモデルの二つ目のポイントは地域経済の現状をしっかりとフィリーズ折させることからビジネスモデルを描くことをしてきたいと思います。今後どのようなビジネス機会が眠っているかを探りましょう人口減少に伴い内需の拡大に大きくたいできません。社会行動産業構造が変化して大量生産大量販売の時代からニーズの多様化時代に日常が多数発生する経済環境に展開してますビジネスで社会課題を解決する公共サービスをビジネス創出する動きも顕在化しています。これは日本の財政事情にも関係してます地域ビジネスモデルの有望な市場顧客として前回お話しました。が三つのテーマがあります。海外からの富の獲得を追求する者そして地域における富の循環に息をする産業ビジネス文そしてもう一つは地域の課題解決するビジネスとしての社会課題解決型産業であります。何のビジネスにも最近の情報通信技術革新環境にの時いつ各種ロボット技術人工知能にはビッグデータ解析技術なども応用され労働生産性を高める傾向にあります。今回はもっとビジネスを資料をお話ししました。ビジネスを一新したビジネスモデルのドライバースピードと界王神の数についてお願いしました。ビジネス元に求められているものに大経営戦略論を参考にして整理しました。最後に地域ビジネスモデルとして三つの有望の指示を取り上げました。次回は地方創生の閉塞感を打破しをお話しします。 

レッスン6 地方創生の閉塞感を打破しよう

今日は地域ビジネスモデル担当の阿部仁です。前回はもっとビジネスモデルを知るを学習しました。今回は地方創生の閉塞感を打破しを解説します。地方創生ビジネスに関連する日本国が健常者会産業財政構造の変化に着目します。社会構造の変化として少子高齢化そして2010年から2040年までの間に二十歳から39歳の女性人口が5割以下に減少する自衛隊の数は896時代と推定されてますこれらは消滅可能性都市と呼ばれてますまた社会の成熟化に伴い価値観が大きく変化してます産業構造の変化としてグローバル化が進みグローバル経済とローカル経済の乖離が進みました。ローカル経済は自立した活動が求められています。日本は世界一の借金大国という現実があり地域課題公共サービスを税金で全て賄うニトリはありません。少子高齢化が進み社会保障費がますます増加する日本国の財政事情を考えると公共サービス地域課題解決のすべてを税金で賄うことは現実的ではありません。一部の公共サービスや地域の課題を解決するために税金を投入するのではなくビジネスで実現することがますます求められるようになってきています。そのためには行政漫画ビジネスプランあるいはビジネスモデルをきちんと評価できるスキルと能力を持つことが必要になります。これがビジネスのもわかる公務員が求められている背景でもあります。共済マンのいじらしいが変化していくのです。ビジネスもわかる公務員の対象者のイメージとしては地域課題社会課題をビジネスで解決しようとする業務を行う公務員の方々或いは ppppfi などで民間の力を活用する担当者企画業務の公務員の方が誰を想定してますもっと広くビジネスプランを理解して評価することを求められてる公務員の方々も対象にしましょう企画業務 PPP PFI などで民間の力を活用する業務の人地域課題社会課題をビジネスで解決しようとする業務を担う公務員です。この 背景の異なる人々とビジネスを語るシーンをイメージしたものです。地域課題社会課題をビジネスで解決しようとする業務は増加してますそのような変化に強制サイドがなかなか対応できず経済を産んでいたとも言われています。ビジネスアイデアビジネスプランなどを前に投資家中小企業者 NPO 法人地域住民金融機関大学マスコミなどの人々と対話する必要が増えてます背景の異なる人々とビジネスを語るためのコミュニケーションのツールが必要になります。そのコミュニケーションのツールとしてビジネスモデルは共通言語として提供できるものです。地域ビジネスモデルを成功させるには神を開始する前にしっかりとしたビジネスプランを作成し背景の異なる人々とコミュニケーションし理解を深めることが求められます。良いビジネスプランはビジネスモデルの設計からスタートします。ここではユニット4全体のまとめを地域ビジネスモデルを設計する際のポイントはないかということで整理を行っています。ビジネスモデルのフレームワークに登場する市場顧客提供価値事業システム収益モデルから設計の着眼点をお話しします。地域ビジネスモデルのデザインをどのように進めるかそれには地域ビジネスモデルを立ち上げるプロセスから考えることが肝要です。すなわちビジネスモードの要素である市場と顧客は誰かからスタートです。最初に有望な市場顧客の探索発掘を考えます生きがいから富を獲得するビジネス富野地域循環に供するビジネス地域の課題を解決するビジネスの道に着目します。その中でも特に市場規模が大きく成長するものに着目しましょうもう一つは社会構造産業構造の変化で発生するニッチ市場です。ついに顧客価値ニーズは何かを考えます提供価値製品サービスを絞り込んでいきます。地域資源とニーズのマッチングは重要です。マーケティングの4 P product place price promotion という考え方です。ねこれも重要になってきますドラッカーはイノベーションとマーケティングの二つを企業の基本的に機能として提唱しています。しごと創生会議の中間報告でも提唱されている者として地域の魅力のブランド化地域の技の国際化地域の 9日という考え方は精神サービスをデザインする際に役立ちますビジネスモデルでは重要システムと収益モデルを重要な要素としています。これがしっかり検討されていないとビジネスモデル事業展開計画書が書けないからです。オープングローバル環境下では ICT 技術等を活用することにより事業活動の制約が緩和されより大きな自由度を持ち得ます自前主義ではなく外部の経営資源を上手に活用しましょう地域事業者小規模な事業者でも相当大きな陣が展開できるはずです。国は自衛隊そして企業が提供しているビジネスインフラ ICT サービス行政支援など含みますがうまく活用することもポイントです。地域ビジネスモデルの特徴として公共的価値創造を行うことで行政コストを削減できますこの行政コストもです。ね事業収益とすることができます地域のマイナス資源をプラスに転換することで調整コストも収益化できるのです。祝儀戻るを描く場合必ず複数の地域シーンを組み合わせるようにしましょう事例としては静岡の竹林海上事業阿波踊りの事例などで説明しました。地域ビジネスモデルの基本をまとめます自分たちの地域の方は何なのかこれをしっかり考えることです。ビジネスアイデアの原点です。ビジネスプランの考え方で示した手順で構造設計評価してブラッシュアップします。ついに自分たちでできるかどうかを確認しましょう信用を実行するためのヒトモノカネなどの経営資源の把握組織運営など費用システムに関わることです。そして最後に稼げる事業であるかどうかを判断します。予想損益計算書を作成補助金などの支援がなくなっても持続可能な自由かどうかをしっかりと判断します。今回は地方創生の閉塞感を打破しお話ししました。国の財政事情を考えると公共サービス地域課題をビジネスで解決することが求められています。ビジネスがわかる公務員が求められる背景でもあります。地域の人々とビジネスを語るためのコミュニケーションの共通言語ビジネスモデルの理解が不可欠です。最後に新規ビジネスモデルのポイントをまとめました。これでこの科目の講義は全て終了しました。お疲れ様でした確認テストを受験してください。 

※ 本記事は地域創生カレッジの内容を引用して作成しています。