NPOビジネスの最前線 ~地域との関わりをデザインする~

このパートではですね

npoかけるビジネスっていう話が

タイトルが付いてたんですけれどもま

先ほど控え室で話をしててですね

実際ここにいるメンバーっていうのは

地域の中で活動してる

npoの方もいらっしゃれば

民間のまちづくりは知らされてる方もいれば

行政の方もいる

そしてその地域の中から

外外からこう関わる企業さんということで

あのなんかこれNPをかける

ビジネスというよりも

ま地域社会をそれぞれ来たが

どう関わって作っていくのかということが

何か大きなテーマなんじゃないかと

まさに真夜中でも

そのトライセクターリーダーとかそれ

からコレクティブインパクトみたいな

そのセクターをまたいで

社会的なインパクトを起こすこと

みたいなことがすごく流れとして

出てきてますので

まあそういう目線で

少し口を議論していければという思います

俺れたお前しゃべるないうことでございますの

でもガンガン読みに今日はお

話をしていただこうと思うんですけれども

まずはじめに僕から質問

少し繰り出したいなと思うことが

それぞれの地域の中のセクターですね

どう社会に関わっているのか

今やっていることも交えてですね

どう関わっているのか

みたいな話をまず

簡単に皆さんに知らせて頂ければと

思うんですけれども

それでは秋元さんからお願いしますか

初めまして岐阜市で

ジーネットというにPOごじゅー

ご年前に創業しました

取り組みをさせて頂いています

秋元と申します

やっておりますことは大きく分けると二つです

1つは地域の中小企業

一見地味で無名に見える

けれども本当に魅力的な方々おいでんだ

そこによくある大学生たちを

例えば半年かありはいち年間右腕候補として

弟子入りをさせていただく

実践型のインターンシップという授業をじゅーさん

年前から始めさせていただきました

年間で大体ひゃく

ごじゅーミリぐらいの若者たちを地域

の中小企業のもとに送ってます

二つ目は地域の中小企業の皆様方と

右腕になりたいっていう若者たちは

これをつなぐ右腕

就職はこれをお手伝いをさせていただく

ということをしています

で我々が解決したい課題というのは

一つは岐阜の場合

私は1979年の生まれ

ですが二十歳になる頃には

にまんごせん人いた私と同じ

同級生達がごせん人県外で手間

二度と帰ってこない

あるいは就職活動する時に

リクナビマイナビ

阿久根の良い悪い時ありませんが

ナビサイトきゅー

じゅーごぱーせんとの学生たちが使ってる

岐阜県内にはちまんさんぜん社会社

ございますナビサイトに載ってるのはリクナビ

例えばひゃくはちじゅー

なぜか高いからでありまして

地域の中小企業を知るチャンスが

若者に全くない大企業志向安定志向って

みんな行けず

決してそうじゃない中小企業のことを知る

チャンスがない

住所が全部入って風に申し上げたわけじゃ

ありませんただ

知ることがないからいけないんだ

そういう層が一定数いるだろうとするならば

そういう魅力的な中小企業

中小企業でチャレンジしたいって

わかっているはずです

大企業同期はせん人いる

1/1000になよんじゅー年勤めて

経営者と会うことが一度もないという

職場よりは14日

15日かになければ

入社して翌日から社長と同じ部屋で仕事ができる

こういう働き方をしたいという人も

一部はいるはずだとするならば

そういう若者たちが

地域の魅力ある中小企業の社長の下で働ける

チャレンジできるそういう社会

そういうキャリアプランB

ようですねご提案していきたいということで

取り組みをしてまいります

私もは地域の中小事業者の皆様方や銀行

行政メディアの皆様が

あれは大学の方々ともおご連携をして

取り組みをさせて頂いています

今日は是非皆様方とのご意見交換を通じて

新しい地域の作り方考え

ていければと思いますよろしくお願いします

はいありがとうございますではですね

次は富士山に

少しお話しいただいてもいいですかありまして

おはようございます

今繋いで秋元さんの

いつも通りの素晴らしいプレゼンをですね

聞いておりまして恐縮ですが

あの実は今日僕何で入ってる

のかなっていうところで

先ほど皆さんと相談したんですが

あのやはりあのnpoということ

男のビジネスというnpoかける

ビジネスのビジネスの部分がですね

一般的なビジネスよりも

少しの社会に影響のあるビジネスといますか

そういったところの部分も

これから需要的には大きく

なってくるんじゃないかという意味もあって

この分科会に今

読んでもらえたんじゃないかな

と思いますので

その点についての美濃加茂市の令も含めて

少しだけご紹介させて頂きます

とこの辺りは

ご存知の方も多いと思いますが

家のnpoに人と仕事を委託していく

という流れは

窓の行政も間の多い

少ないはあると思いますが

やってると思いますやはりですね

これ情けないかな

私も市長になって四年目ですけれども

まあ私から言うと職員さん頑張ってるんですが

やる民間の人に任せてあり

またはの継続性がある

授業授業隊の人達に仕事

を任せることでは

しっかりとした経験も蓄積されたいですね

それに対しての影響力

効率性も上がるということで

これからまだまだ民間に誘っていくような

授業もあると思いますし

特にですねこのnpoというものは

まああのので来てにじゅー

年ぐらいですかのこの法律ができ

てこのnpo法人格が認められて

今ごまんぐらいの法人格が全国的にできない

まだやっとごまんと

言い方をされていると思うんですが

そんな中ですね

市役所の仕事を振り返ってみれば

まだまだ任せられることがあるんじゃないか

これ反面ですね

市役所で握っておかなければ

いけない授業もあるので

私は全部を民間に任せる

全部npoに任せると

いかん時間にはあのそこまで

多くは賛同してないんですが

でもまだまだnpoの人たちと一緒に

やることで授業効率が

また市民地域に対しての貢献ができるような

ことたくさんあると思うんですが遅いた

中でですね

あの一つは

市民の人たちのやる気を

もっともっと引き出せるのが

npoの大きな役割なんじゃないかな

ということを強く感じてます

というのも

あの今のは人口減少の話もそうなんですが

私たちの町は

ありがとうございてはいるんですけども

これから高齢化と人口

減少にどう立ち向かうかが最大の課題になるわけ

なんですが

正直ですねさんじゅー

年前の先輩方の話を聞くと

地域のことは自分たちでやってたよねとか

お祭り敬老会

子供会ほとんど自分たちの中で

資金を回すやってたと今振り返って遠かった

まだ私達の予算補助金そういう

とものもとにしてやってる中でですね

もっともっと一人一人の住民の方は

市民の人たちの意識をしっかりと引き上げて

何が必要で何ができるか

こういったことをできれば

人口減少と人口減少の人は

足りなくなるよりも

一人一人のもっと力可能性をですね

気出すことで町行きの

は継続性であったりとかも魅力

それたことが

まだまだ維持できると思いますので

それた時には

行政とnpoまたはそれに近い株式会社へ

民間法人そういった人たちとの連携

というのは

これから必要なんじゃないかな

ということを強く感じていることも

あの簡単ですがお話し

させていただきありがとうございます

では今度はですね

あのその地域の中で

民間の会社ですねされてる森山さんの方から

お話しいただければと思います

失礼しましたおはようございますえーとですね私

今日はあの石川県の七尾市というところから

能登半島の付け根にあるところなん

ですけれどもそちらから参りました

そちらでですね

あの民間のまちづくり会社です

この株式会社御祓川という

実際に街の中を流れている

あの丸シンボルリバーの名前を頂いて

活動をしておりますと設立なんですね

99年となっておりまして

結構歴史は古いよあの子言ったセクターの

中では古いほうかな

という風に思っておりますが

実はの父親の世代から

七尾のまちづくりの歴史というのがありまして

まそれを引き継いで今私だったりですわ

代表おうちの姉がやっておるんですが

次の世代にバトンタッチをして

会社携帯としてやっていると鉄の父親

せないからですね

引き継いでるミッションがありまして

あの小さな世界都市に菜々緒の実現をしようと

小さな世界都市というのは

病的なものではなくて

素敵なよさを保ったまちにして

こうじゃないかと

具体的には町店人というテーマでやってます

町店人の関係性を良くする

関係性を構築してことで

さらに具体的に言いますと

もともと川添禊の花で

川沿いのまちづくりからスタートしてるんですが

あの能登半島にも地震がありまして

その自信妹ですね

他ではマジであれば今

地域にコミュニティスペース

番号という所を来まして

そこに御祓川大学という

コミュニティ大学を作りました

糸ですとか

あと地震の後に

やっぱり購買運動が起こりますので

そういったところで

能登スタイルストア

というwebショップを立ち上げて

紙連携でこのwebショップを立ち上げて

今完全民間で運営をさせて頂いております

そして人のところですけれどもこれ

実はあの秋元さんと同じような形でですね

学生の会と

実践型インターンシップを今やっておりまして

いいねとさんに追いつき追い越すということで

実はあのノートの人事部という構想が

立ち上げてちょうど先月から

営業もありに入ってるんですけれどもません

中小企業さんの人

関連のお悩みといったところにより

その解決をしていけないかということで

今やっております

でも間違え言われる環境的な資源で

店が経済的な資源

人が人的資源といった形で

これの循環を良くしていこう

という活動を

ずっとさしていただいておりまして

お家はあのそう

いった中で

あのオヤジ世代の所からも席空いてますので

待つようにとしては

その地域に中でネットワークづくりだ

ということで

その形で現場でやってきたんですけれども

最近増えてきてますのが

大企業の形が東京何かできるも

代表的なのはのキリンさん

csvの取り組み

ということで

あの東北でずっとあの絆

プロジェクトと言ったもので

あの復興支援されてますけれども

そちらの枠組みを全国展開をしよう

ということになっておりまして

その全国展開するとなった時やばい地域側に

そういった地域のネットワーク

づくりの強みを持ってるところを

コーディネーションに入ってほしいということで

そこのお手伝いなんか

もう今させて頂いてるとよ

そんな彼等の業務も行っております

はいありがとうございます

今のお三方がまさに小地域の中でnpo

そして行政そして

会民間企業としてどのように関わってるのか

という話だったん

ですけれども続きました矢崎さんですね

あの地域の中ではなく

その地域に外からかかる企業としては

どのようなことをされてるのかっていうこと

とかも含めてちょっとお話しただけ

今やってることを話しただけ

フェリシモの矢崎でございます

よろしくお願いします文の頭からき

ましたではの頭

今の今年のある10月から始まりました

朝朝ドラたくみさんでしたので

すごくはの森さびさに盛り上がっておりまして

是非ご覧頂ければと思います

けれども実はあの私の会社は出て

今頭なんですが

城ドラの1995年のきゅーじゅーよん年の秋

と言うか

真冬に近い秋に

神戸に引っ越しようってこと決めてね

2月に引っ越ししようとしていたら

1月に地震が起こりまして

ではさあどうするってで

結局9月頃になったんですが

え大阪から一斉に行こう全部移動したんです

その時ってどうして頭いいですかって

聞かれたんです

よ頭がも好きで行くんですってこと

本当にあのなんか

自分たちの身の置き所としていいな

と思って今神戸に行ったんですね

なので外の女と中の女とは

両方ある意味を持っていております

なのでずっとあの

そういう子視点で

頭とか買ってきているんですが今

そんな中でうちの会社はの通信販売の会社で

いろんな商品を自分たちで企画してて

工場は持っておりませんので

よんひゃくえんぐらいのお取引先に

お願いをして作って頂いてて

買ってお家のお客様に代わっていただく

というBTOCの会社ですね

あのいろんなものを作っ

てことでやってきているので

どんどんどんだそこに来そう

そういう子思考が

トレーニングされていくんですが

であの何もないところか

何かを作るという時に

一番大切になるのが

ま作り手のパッションというか思いなんですね

でなんか売れそうっていうわけで

なんか作っても

なんかそれっぽい潮干はできるんです

頑張り屋のお客様の心に響かない

でも本当になんか

こんなの作りたいんですっていうことで

作ったしゅんいちろうは

やっぱりあのいい成績を残すことが多いんです

けれどもじゃあみんなが好きなこと

やらしてあげたいわけですが

会社なんです

が効かないと

全員ピッチャーじゃ焼き成り立たないでしょ

みたいなことだからキャッチャーやれとか

なんとかやれとかっていう風に

役割分担をしているんですけあいや

そういうことじゃない自分の経験だ

やっぱり猫やりたいことを

やるのが一番も得られてきたので

瀬戸内の社員に

もそうさせてあげたいと思って

やる時にですね

あの週に半日だけ自分たちが好きなテーマで

組織も年齢も性別関係なく

組織を作っていい

という組織制度を作りましたね

部活と内田読んでいて

例のそんな中でみんなも促すてんでばらばらで

女の子ばっかりなんだけれどもdiy

が好きだから

女子diy部とか猫が大好きだからね

こぶとか謎にさん

じゅー個ぐらいできたんですよ

そんな中では

いろんな取り組みをしてきているんです

けれどもあのしてきてます

でえっとまぁそう言ったところとか

ほかほかにもいろいろあるんですけれども

ちょっとあんまり

時間がかかってしまいそうなので

後ほどまたお話をします

あのーそんな会社でございます

はいありがとうございますよん日ですね

ちょっとお話も

僕も彼がしてきたんやと思うことが

でもその地域の社会に関わるっていうことって

その金が床の隙間て

マニラ松さん方だとですね

まあnpoとか行政とか民間企業とか

そもそも思想も違いますし

まけんごも違うわけですよね

そういった方々がひとつになってと言うか

その社会に関わっていくっていう事を

多分デザインされてきたんだと思うんです

けれどもそこをですね

どのように来作って来なの

かっていうことを少し

あのお花がしてみたいなと思うんですけど

も秋も参加もじゅー年

そういったことされていますけども

はいどのように幸あれ

あのそういったその各セクターというか

まぁほとんど意識されてない桜

おっしゃってましたけども

はい作ってきた少しお話し

いただければはいあのー

私にじゅーいちの時に

在学中に創業いたしましては

結局大学辞めちゃうんですけれども

当初は働いた経験もありませんでしたから

企業にお邪魔しても

行政にお邪魔しても

ヤフオクとかやりたいんだからすいません

ご協力いただけませんかお願いに上がっ

たっていうことが何でもございました

ただまあ当時でいますと

本当にももっと恥ずかしいんですが

岐阜県庁に

例えばお邪魔して

こういうことやりたいんしていただけませんか

彼らは彼らのやっぱりものの

決め方があるわけですし

今思えば予算のルールとか

時期ってのがある

わけですけれども

まあそんなことわかんなかったもんですから

何でこんないいこと

なんだかやってくれないんだって

助けバンバン当たっただけですけども

まぁこれじゃいけないっていうことは

最初に年さん年やる中で

ようやく気づいてまいりました

そうすると役所は役所の理屈がある

しルールがある

進め方がある企業は企業で

もちろんルールがある子へ進め方があるし

納得いただけるやっぱり

立て付けがあるんじゃないかは

そういうことを

少しずつ勉強させていただく中で

結局お互いの大事にしてる価値観の違いです

とか使ってる言葉の違い

あるいは決めていく

スピードの違いは

こういうことを理解した上で

以下にコミュニケーションできるかということが

非常に重要だ

まいう風に感じるように至りました

現場で言っとジーネットは

金融機関三つの金融機関と

他事業提供させていただいて

三重大学と

頭のプログラムの大日程のご連携をさ

せて頂いて

あるいは寄付開封集めるって言う段階では性能証

持参性能いの旅さんにご協力を頂いて

寄付付きの商品というものを

ギフトとして扱っていただいたり

地域の事業者の方々にはお金下さい

ってんじゃやっぱりなかなか厳しいけれども

駐車場の一角自販機だけを貸して

くださいそしたら

あたこっちで全部ありますけれども

そこで上がった利益だけ

私の活動資金にさせてください

はこういうそれぞれ

何ご了解いただけるようなご提案を

させて頂きながら

今では補助金

助成金は基本的にはいただかずに

従業員が十数名おりますけれども

自立して

いろんな方々の力

お借りしながら

取り組めるようになってきました

やっぱりお互いの言語や価値観ルールの違い

これをいかに翻訳をして

進めていけるかっていうことが非常に重要

なんだなをじゅーご年間取り組むする中で

今実感してることです

以上ですありがとうございます森山さんの

プロフィールのちょっとありましたけど

トライセクターコーディネーター

みたいなことが書いてありました

けれどももやまさんから地域の中で

その企業さんとか行政とそれからまnpoと

さらに外のサクル

希林さんて話も洗いましたけども

その企業さんとも話をして

色々授業を作っ

てらっしゃいますが

それを意識してることとか

マカの色々とその初期の頃

苦労されたことも含めて

ちょっとお話しいただけたらと思うんですが

はいこれました

あのまああのもう一個

先ほどのちょっと紹介の中で

一個前提として

皆さんに知っておいてもらった方が

理解が進む

のかなと同じだ

あの私この株式会社御祓川で

コーディネーターをしながら舌家業がありまして

舌ビジネスセクターでも

自動車学校の経営者をしております

なのでそもそもまあ

あの私という人格自体が

その今の悪魔さんの言葉で言う

その言語の違いといった事の使い分けを

Uターン

した後ずっとやってきているという前提を

まずちょっとあの皆さんにも

知っていただいた方が良いかなと思います

その上でですね

気をつけていることと言った意味でいうと

一つのプロジェクトを進めたいわけですけれども

それに対して

それぞれのセクターにとっての意味は何

なのかとそのその意味

親のそれぞれ丁寧に

説明をするようにしています

で例えば気にさんのプロジェクト

具体的に申し上げると

今漁師と農家をくっつけてね

地元で新しい組織を立ち上げるっていうところを

この一年半ぐらいかけて行ってきましたね

そのえーと新しい組織をきりんさん

と共にサポートバックアップしてね

首都圏ですとか

金沢エリアの料理人達と

新しいコミュニティを作って

そこから新しいビジネスを産んで行けないか

ということへのトライを今やっている

真っ最中でございますね

当然ですけれども

利用したいだとか

農家さんだったりだとか非常に

素晴らしい取り組みをしてるんですけれども

帰らニコビジネス用語

使ってもどうしようもないですし

意外と話していくとですね

もちろんも受けなきゃいけないなんですけれども

掘り下げて掘り下げていくと

地域への思いが結構暑いところがある

そういったところに対して

このプロジェクトやれ

ばこういう意味があるよね

っていうことの意味づけをしていきますね

その意味づけの絵と同じプロジェクトなんだけれど

もこの切り口で見ると気にせんとった

こういう意味合いがありますよね

行政にとっても

こういう意味合いがありますよね

って事で今ちょうどその農家漁師

の館団体の立ち上げをして

直しさんときりんさんに

バックアップをしていただいて

キリンさんの中でも

本社さんとビール

マーケティングの石川下さんの方と

それぞれにーごー話をしに行って

ということでやっております

その時にいみよこを伝えるって意味で言うと

結構会う回数は気

にするかもしれないね

特に地域側の会う回数は

かなり僕は気にして行動しても

量は多くする

会える回数をとにかく増やすということは

少し意識してやってますありがとうございます

藤崎ちょっとお伺いしたいです

やっぱそういった言語と言うかし

そう理解してくださって一緒に

組むっていうこと

やっぱ行政学としても広くを組みやすい

と言うか授業考えやすいと言うか

都合でもあったりするんですかねそうですね

あのつーよりも共通

理解なくしても物事が進まないのかなと

私もあの人になる前

市会議員をやってました

あの子ごまんろくせん位の街

なのではそんなに大きな町

どちらで田舎地方って言われる年なんです

けれどもちょっと近くに

やっぱり市民で片付けの住民の方

または民間の業者

そういった間に入ってどの行政に理解する中

畑または行政の課題を

そういった人たちに伝えていうか

というのは一つの仕事か

と仕事だと思ってましたし

ましょうになってもですね

未だに地域に入って

いろんな形で待ってなくて

これた形で皆さんとも繋がって頃

以下西本に落とすか

ということにあるんですけれども

その辺はですね

まだまだハードルが高いのかなと

もっとあの分野もこの分野も今日

なんか文字が来ると

素晴らしい方々がたくさんいて

まだにそこそこでマーケットになるかどうか

別なんですけども

もっと誰かが

繋いでくれればいいんじゃないか

また情報に対する

帰りがありすぎるんじゃないかってことは

すごく感じますので

一つでもリーダーが

戦争の特に大事な案件

については入ってくと

そこの場で決定も出来ますし

そこでさらに発展するような議論もできます

のでこのそれぞれの専門分野の間に

誰かが入ってここをつなぐってのは

まだまだ行政にとってはですね

ま必要でありますし

ここの人に対しては市役所としても

もっと人が

欲しいと言うかあの美濃加茂市役所前ですね

今年民間からねーから

一人採用させてもらったよ

と言うか発見してもらってた

民間の生活のnpoに近い分野で活躍した人

いました入れたんですけども

動きが全然違うので

その人一人が仕事がするというよりも

どんどんいろんな

ところの人たちをつないでですね

あの新しい授業を作ったり

までの課題を解決したり

場合によっては

事業スクラップしたりできてますので

これはおそらく大都市圏は

住んでると思うんですが

どの地方にもあるかなりありますし

もっともっと皆さんが入れる

その通訳さえしっかりできれ

ば入っていけるような

あのもんなんじゃないかなと思います

今の話だと

まさにその三つのセクターとかの言葉

思想とか言語を理解してコーディネートする

っていう人材がまあいるかいないかで

全然その地域のあの社会のあり方が変わる

っていうことだったんですけどもでも

ちょっとここ突っ込んでも

少し聞いてみたいなと思ったんですけど

そういう人って

どうやって作れるんですかねっていう行って

きた皆さんが今喋ってジャンプでもこれって

僕もあのおならにいて

いろんな方いらっしゃる時に聞かれるんですね

それどうやってできんのそこをどう作っ

てきたのかみたいなこと

少しお話しいただければと思うんですけれども

秋元さんとかまさにそれ

今の話だと学生時代から走ってきて投稿

それを公言合理化してきたとか

バカ頭しかないのか何か工夫した

と言うかなんか

そこは少し岡田してみたいと思うんですが

まぁ僕

の場合はほとんど馬鹿ですね

大変いろんな方にご迷惑をかけながら

勉強させていただいた

ということは大きいんですけれどももう一つ

今の自分自身にとって

バージョンアップする機会になったのはさん

年前にですね一つ会社を別で作りました

これからしかしアロマ言ってんです

けどもチャンスを頂いて

愛知県の岡崎市っていうところで

中小企業相談所オカビズっていうものですね

センター長拝命することになりました

でこれは行政から

その中小企業相談所商工会議所

商工会含めて日本中にせんごひゃく箇所以上

公的産業支援と

言われるものがあるようですけれど

もそのうちのひとつですね

担当させて頂いてさん年間でごせんごひゃくえん

今では相談したいってきた

一か月半待ちっていう相談者になりました

そこいくと売上上がるぞこうやってよ

口コミになって

その中で私シーンもさん年間でせん

ごひゃくえんぐらい地域の中小事業者

の方が他の経営相談役は

厳しいものも含めて

随分とお伺わせていただきました

一つ改めて経営者の方々のよりなんて

無償化現場に近い濃い現場そのものですね

これを実感させていただくと

行き交ういただいたということ

これは行政にとっても

非常に大きなプロジェクトしたんで

年間ごせんまんGprojectですから

岡崎市と言っても大きなトライで

これをお預かりする中で

自治体の会議会の説明なんかも

一緒になって考えたり

今ではいろんな自治体さんが

うちの町でこれやりたいんだって

別にさん年間でせん

ひゃくじゅってんに冊に来ていただきまし

たで中の町に今

ノウハウを一緒に食しながらですね

二部長さんと意見交換する中で

日タイガーがやっぱり何をしたいんだ

何が困ってるんだ

改めてここはボトルネックになんだま

こういうことは

それぞれのセクターな方と

ご一緒に仕事をさせてくだ結局

そういう未来バカと

なんだと思いますけれども

実感させていただけたということが私

乗って大きなポイントだったと思いますが

一方でジーネットの職員を見ていきます

と大学を辞めて職員を見て転職してきた

やつ電通辞めて転職してきて

リクルート辞めて家にやってきたやつ

いろんなセクターを

超えて転職をするということが

今のキャリアで言うと

少しずつ流動化してきたって言いましょうか

まだ不変化とは

申し上げられないかもしれません

それが自由に

ある種転職して行けるって言うことは

結果的にはこれを馬鹿って言えば

それまでなんですけれども

トライセクターって

言いましょうか

いろんな喧嘩を理解していくというでは

重要なポイントになるのかな

という風に感じましたありがとうございます

森山さんもやっぱあのいいですか

どうぞ喋って来ないんしかない

と思ったんですけど

あの酒と皆さん

言われてる通りでは僕なんかだと

住民の人たち

を対象にする住民とNPをつないだり

民間場合と行政のやりたいこと

住民理解してもらうってので

すごく感じるのはもう質よりも量なんじゃ

バカ頭って話もありましたし

もうちょっとやだ来た邪魔

熱意とパッションと話もありましたけど

熱意もってですね今電話しようか

迷った時に電話できる人間

いいかどうか迷った時に行ける人間

それに尽きるのかなっての

最近強く感じるので

遊ぶ部署に配置する時もですね

あの能力があるかどうかよりも

それで熱意を持ってるかどうか

動けるか行動できるか

そこに尽きるのかなっての一つ

今の経験から

感じるところあります僕も行っていいですか

あのちょっと違った視点でバカだ

餅のそうなんですけども

やっぱりその組織として

それをやってる時に

その端角ミニ依存してしまうと

効率が悪い時がやっぱりあるなら

少し感じてるところでして

やはりあの例えばあの大きく見れば世代間

僕の親父たちのネットワークが

僕の世代に繋がって来るって言うの

地元でやっぱり強く感じますね

もう一つは

会社内で言えば

うちの新しいコーディネーターが入社をしました

とじゃその後にどういう風にして

この地域のネットワークを移植してくか

という作業はかなり初期段階で

徹底的にやるようなやっぱりします

その時にもちろん

あのじゃあ電話かけれるか

とかって言ったところとか

すぐ会いに行けるか

って言ったところのファッションはやばい

それは個人の特性

どうしても出るかなと思って

薬に言えば

その特性を持った人を雇いれた時に

その世代間

だったり前は

上の世代が下の世代につなげるって

言ったことをしっかりと出来ると

かなり効率よく

そういったトライセクターリーダーの真コピーと

ちょっと語弊があるかもしれないですけども

ついたことを

よりやりやすくなるんじゃないかな

という気はしますありがとうございますま

そういう形で

そのままcoordinationですかどうだ

あのさっきちょっと言いかけたあの

その部活ってのは

ファッションかの会社が作った組織だよ

勝手にできた組織なのでなんですが

他の行政都市の単位でごまごまうちは

授業よん人ぐらいなので

それでもまあそんなことになっ

てごまん人が

そのの部活をやられたとするじゃないですか

そうするとものすごいことに多分なって

その時に他の家は家であのねと猫だったり

インドにめんか作ったり

森作ったりうまいことしてるわけですけど

自分たちでよんひゃく人しかいないから

絶対できないので猫という

テーマだった

猫の動物愛護とかは

そういった団体の子達と

よく一緒にやるんですね

そのでもそのテーマがあってるからね

パッションがでも

えーっとそこに音楽をやりたいんですけどって

コンサートのなんか支援してください

みたいな子来ても

それ全然合わないわけですけど

あらかじめそのパッションの固体型みたいなものを

ちゃんと硬膜個作って置かれたら

行政は住民はこう考えていて

企業はこう考えてて

LPはこういう種類があって

それが高額繋がりあうような仕組みができると

もっともっとなんか

社会全体も良くなっていくなっての前から

ちょっと持っ

ていますそうですね

その他の園各セクターっていうか

それぞれがその場所を持って

関われる場を創出していくのか

みたいなことがすごく重要で

その言語が理解できればいい

ということではなくて

多分そこにそのパッション

みたいなところも含めて

後熱を作って行くみたいなことが

なんかやっぱすごく大事なのかなって

今お伺いして思っていてで

その熱を子を作っていくっていう

過程の中で言って

今あのどちらかというと

地域の中の三者の方が多く

お話しいただいたんで

もうちょっと矢崎さんを解体したいのが

その熱作っていくっていう形で

ちょっと待って

今フェリシモさんも

結構地域の方でも

関わるお仕事とかも結構されてますけれども

まあその地域にどう関わっていくのか

そもそも何か変わって行こうと思った

その背景とか

そこの村ね次どう加わって行こうか

みたいな事っていうか

なんかこうイメージ持たれてこそ

の今の授業やっされてるのかとか

そんなにちょっとお話しいただければ

と思うんですかはい

特にあの地域に関わってっていうことは

ビジネスの仕事の構造的にですね

まあの通販なので神戸にいますけど

お客様全国いらっしゃってということになって

首都圏が一番たくさん屋さん

はいらっしゃるということなので

あまりあの地域に偏った政策は

撃ってこなかったんです

ずっとただし先ほど後藤に申し上げましたように

あの頭に効果はある

っていうことを決めていた時に

あれが怒って

自分の住居もそっちにあったりと

かの色んな事もあってねそれまでにお

客様と一緒に守り作りをしましょう

みたいをずっとやっていたのでで

その後流れから

神戸の支援みたいなことを

ずっとやってきたんですね

今も続けてで

そのことずっと経験していた時でして

きました特に地域との関わりで言うと

それだけだったんですけども東北の震災

が起こっていました

時に出た自分たちが来る時は

15年前から

じゅーご年じゅーろく

年前にご経験したことが

全部はの生きると思ったんです

だからもう1回

そのことをちゃんとしようと思って

東北には少し関わりを持たせて頂いて

色んなことやってますけれどもまそう

いう系ですね

はいありがとうございます

あのトークではあれですよね

そのいろんなの

ものづくりをされてる方

とかの危険を作られたりとか

そういうこともそうですね

あの一歩プロジェクトって

うんでんですけども

あの動画のお仕事を亡くされた方が

すごく頭の時とやっぱりあの

玉井伺うとすごくの物凄く

ゆっくりとした動きにしかなっていないって

いうのことも女性が起業をされていく

その後しえんだったら我々だ

ロボロ作りいろいろやってますので

忘れたノウハウの少しぐらい行かせるのかな

と思って忘れたことずっと取り組んできました

この春から

仙台にちっちゃなも

仮設のオフィスみたいなものを作って

もう少しこう本格的にそういったことを

今度は授業として取り組んでいこう

という準備を始めています

ありがとうございます

こういった形で

そのような地域の中でのセクターは怠惰

社会づくりっていうところからまさとの企業

さんも交えんっていう入口から

さらに今やたくさんから待ってて

授業として

関わっていくっていうところまでは

少しずつ小地域が生まれたのよは進化してる

と言うかま

広がってきてるような感じがするんです

けれどもあの森山さんに

少しお伺いしたいんですけれども小山さん

そのやっぱ外の企業さんとやり取りする時

さっきメリット見た話もされてましたけども

やっと授業とか継続性とな相当

やっぱ意識されたりとか

結構考えられたりしてそうですね

あのやはりそのcsrの文脈から

素質のcsvの方に行こうをしてきている

中でその日その儲かっ

てる時にお金が出てきて

それでもって

社会貢献をって言ったところではなくてあり

その継続的にあるには

企業にとってのベネフィットが

やっぱりないと駄目だろうと言うの

あの人に考えます

ただの地域皮だけで

それを構築してくっていうのも

やはり難しいなという風に

思っているところですね

その意味で言うと

その全体のこの絵っていますか

あのここがこういうベネフィット

あえてここにはこういうものが動いて

お金が動いてっていうaaaの干支

ぼんやりとしたものをまずは作って

そこから今は

あのもう走らせることを

先に優先をしたという

のが今回のキリンのプロジェクトなんかは

そういう形です

あの先ほど申し上げていた料理人

東亜の生産者のコミュニティを作る

といったところは

一見ちょっと直接

ビールの売り上げにならないような感じを

皆さんお気になるかと思うんですけれども

えーと私がコーディネーターとして少し

狙ったポイントとしては

あの見るの営業マンの方だって

あの飲食店の方に行くと

結構あしらわれがちなんだそうですね

結局何かあのそこ置いといてみたいな

あの話になると

でもそのことを言って

やっぱりその他のお店とあの営業マンだったり

その後市販店屋さんもそうか

もしれないですけれども

との関係性といったものの構築な

まだまだ弱いからなんだろうなと思いました

ではそこをより強固にするには

キリンさんの営業マンがなんかあの面白い

生産者を連れてきて

しかもそこの完結を繋いでくれる

彼らがコーディネーターになる

みたいなやつを

するとそこで

あの強固な関係性が生まれますので

じゃあそこからも離れられない

ビールのあの世界の本当の乗り換え

乗り換えの世界ですのでの飲食店は

もうすぐ何かで

人があれば乗り換えるみたいな話なんです

けれどもそうじゃないものを作って行けば

あの実はその乗り換えられ

たところ取り返すためのコストだとか

ついたそのコストを削減する

って言ったところで

大企業にとっても

メリットが出てくるんじゃないかなじゃ

そのぶんあの地域の

そういったプロジェクトにお金を出して

一緒に進めていこうじゃないかっていう

そういう絵を描けないかなっていう

のことを考えて今やってます

ありがとうございますあのません

企業さんにとってのメリット

負ける属性みたいなことを

すごく意識されて動いてると思うんですけど

aikoの大事なことってその地域要綱

社会に関わるっていうことは

一過性では駄目っていうことですよね

それ属性を

意識してやるかみたいなことですね

やっぱりその継続性を持た

せられないんであれば

その頃ほんと今日

npoかけるビジネスみたいな話ですけど

npoも継続性でなくなっちゃいますしね

そこのあの持続可能性を高めてあげるかね

そこのお金の回りを

どう作っていくかって言うと

のは頬のはいっぱいあると思うんですかね

あのビジネスデッキにある

またはあのそれが意味のあること

ナタリーへと

事業提案事業として

行政がやった方がいいことだから

あのお金を出し続ける

ということを

選択する業者がいてもいいかと思います

いずれにせよその回り続ける

システムをどう構築するかね

そこに道を自分のその会社だったりだとか

組織が関わっていけるのかっていうことを

他の色んな人が考えれる時代に

入ってきてるのかなという気がしてます

ありがとうございます

明日の授業も

まさに先ほどほとんども自習で

全部回してるって話をされ

てましたけども

やはりその継続性みたいなこととか

というのはその最初の頃かも意識して

そして今もうそういうことを皇太子にして

工事業大きくしてると言うか

はいこちらも続かないと

社会変わらないと思うので

我々は社会を変えていきたい

と言ってもやってますからに

回授業として自立していくか

ということは意図しています

一方で純粋に収益が立つ授業であればですね

株式会社でやったらいい話いいですから

それが飲むクラnpo法人

という形態をとっているわけなんです

まあ平たく言っちゃいました

中小企業と右腕候補になる人材を繋げ

るって言うのは

ビジネスなかなかならないだけですね

だって右腕候補は

大企業の方が立って欲しいして

お金収益性っていう事

言った時に

中小企業の方々がじゃどれくらい払える

特にあれありのバイトじゅー件

ごじゅーに日っていう小さなところ

主にサポートをしたいという取り組みで

やってますから

そういう時にnpo収益が出ても

それを配らないとお約束をすることで

少しずつ多くの方々に力を貸していただける

ドラゴンボールで言うところの

元気玉ができるって言うのが

僕はnpo法人っていうものを

チョイスをさせて頂いた最大の理由ですし

元気玉を集める

ことで収益性刺激性持続可能ですよね

続可能性を担保して

それでもってまこれまでじゅー

ご年間取り組みをさせて頂いてきましたが

その一つ一つの手法っていうのは

もちろん方法論としてあるわけですけれども

とにかく続かなかったらすら変えられない

そこをいろんな方々の

力を借りながら取り組んできたということです

ありがとうございます

富士山やはりその行政側からすると

こういったその単純ビジネス社会かと

仲良くしていくこと

それを継続性をも恋民間がかかって

こいは強制か

ずっと光補助金や助成金を出し続けるではない

形という事が一つの

理想的な形だと思うんですね

そ高校やっぱ富士山とかもこ意識しながら

その日は地域の人を作っていくとかその辺

あのその社会課題解決見たいところは考えていこう

いろいろ制作とかも

取り組まれたりされるんですかねそうですね

あの最初に申し上げた内容なんですけど

やっぱりまだまだ出せる仕事があるんです

税金だけで賄って

例えば今全ての健康授業なんか

特に市民ニーズも高いです

予算的にも大きい中ですような民間

その経緯をさんがいる中で

健康講座を混ぜ

金を使ってやるわけなんですけれども

そこに民間の方の提案で

自分たちがやると

その代わりに

その人たちをターゲットに

次の誘導であったりとか

商品販売なんかも行ってもいいかと

それ当然いいと

自分たちの授業として行ってもらえばいいし

あの子として支援するは支援する

トレセンできてしまえば

支援てもしれんっています

ご予算的視点をしませんの

でそれは完了してしまえば

私たちが今までやってた

健康講座ではなくて済むと

会わ簡単な例ですけど

あそういった例ってまだまだあるので

お花柄作業と民間とのパイプが強いと

また民間のノウハウがしっかりした

人を収益できる人とは

やってもらいたいんですが今一つです

ねこのnpoと話になると

まだまだ私達も行政に入った感覚からすると

その継続性の観点から信用性が低いと言うか

本当に大丈夫だよ

こうやってあのたくましいのだが

入るといいんですけど

結構の地元の任意団体が

補助金を取るためには

npoに格上げしないといけませんよ

と分かりました

取りましたと

何か変化がありました

かみたいな形で終わるケースが多いので

やめその後あり

民間の業者さん達との連携だとか

経営ノウハウは

もっともっと見つけてもらいたい部分ではあります

まだ足りないかなっていうトラは

漢字もそれらの全く皆様方から心配さ

れるので回れは減っていますとね

実際できる努力っていうことでいますと

どれくらい前からろくなな年ぐらい前からannual_report

あの私何を作りを申し上げて

どこらの湯は

行政に提出するようなものじゃなくってですね

対外的に説明責任を果たす

どういうインパクトを毎年

出させて頂いてるのかあるや財務ないよ

あれはもう財務の書評も含めて

あにゃんレポートに小野瀬を申し上げて

web上にpdfで公開をする今

楽天さんとかnttコミュニケーションさんとか

いくつかの上々

企業さんと私とも

ご連携させて頂いているんですけども

必ず皆様方お

取引入っていましょうか

ご一緒する前にですね

後から聞くと全部お前んとこ

annual_reportの数字を見た上で

ちゃんとやってんねってまだから

お付き合いすることにしたよって

いうことなんだそうですよね

やっぱnpo側からすると

我々がちゃんと持続可能でちゃんとした

元祖してるいいことの説明

責任を果たしていくっていうことは

よりしていく必要があるだろって言うには

感じましたありがとうございます

森山さんも何か工場ですいません

ちょっと話が

富士山ところに戻るかもしれないんですけども

そのお金を買う

たんぴだったりなんだったりで

行政が吐き続けるってな

たしかに難しいかもしれんした

企業としても

それを例えばやるってのが難しい場合に

あのもう一つ出来る

あの者としては

やっぱりあのものと人ですね

を提供してしまったとえば

あの行政が持ってる施設をこういう風に

あの子の授業に対してあの

使えるように組むとか

またその行政の職員の1/5の時間を

これに使ってもいいよっていう風に

権限としてやるって言ったことがあります

なんであのぜろよんさんの授業

って言ったものを

あの結構うちの会社では

七尾市さんと連携をしてやったり

とかっていうこともあの

組み合わせた意味で

その組む形っていうものの多様

性いったものは

あの各セクターがもっともっと探っていくべきだろう

なってないして物を感じてるとこであります

ありがとうございます

つまりその地域でこうか変わっていくの

社会に関わるということは

尊敬語が話せればいいという

ことだけではなくて

やはりその継続性を持った授業をデザインしたり

とかさらにそのまま可能

性も広げていけるような

そういう人材がまあ

必要なんだっていうことだと思うんですね

まあそういうことを行い

まさに今この前方れてる方されてる

ということなんですけれどもすい

ませんそろそろじゅー

ごふんまえになりましたので

それと全体討議が入りたいと思うんですけど

もここから質問ですね

ある方何個かちょっと取ってですね

行きたいんですが

では一番早かった大久保さんとじゃあの手前

お二人お願いしてもよろしいですか

あの神様家族を通します

キリンのプロジェクトを立ち上げた

一人として来てお話していたら

二人がなかったっけ

あのちょっともうに点質問が

あのキングプロジェクト無双全国でもてん回とか

初めてってんですけども

とはいえやっぱりピンでしかなかなかやったか

駆除してってなくて

なかなか地域全体広まっていか

ないとで今やっぱり一番問題なのは

あの例えば本当に来ますが

施行された女川町孫せん人ぐらいの規模な煮付け

こういうとこら危機感があって

これだけのリーダーは

出てくるとうまくいくんですけど

一番問題なんだな

まんななまん人ぐらいの年で

中途半端な大きさで期間が

全然共有できないところがなくなってると

そういう中でこう7万ぐらいの歳ですよね

七尾市も5万とか

どうやって広げていくのかっていうのが

入ってんともう一点は

その行政とnpoと市民カントリー役割分担立

富士松南からすごく子自らリーダーシップとって

花企画してもう市長

と思えないような企画をするんですけれども

本来であればやっぱ行政がやるべきなのか

身がやるべきなのかって

どこ役割分担が分かりにくいなって

ところがあるのはそのに点をお願いします

はいありがとうございます

じゃあちょっと見て頂いたので

一点目は森山さんにても

矢口さんにお願いしたいと思います

はい七尾市が今は人口が確かごまん

よんせん台くらいだったかと思いますね

まさにおっしゃっている枚は要るの地方

都市のちゅうくらいのサイズで言うような感覚

ですのであのおしゃれ通り

その他のいちまん人前後だったり

それ以下であるような

ところ音比較すると危機感といったところ

やはり薄いなあ

というのは現実的にあるかなと思います

一方でその中の例えば

いち次産業者だったりだとか

そのある特定の地域のエリア内の人達の時間

と言ったものは作りやすいかなと思ってます

今回のキリンさんと取り組んで

いるプロジェクトで言いますと

七尾市中を巻き込んで

どうこうしようというのは

あまり考えていません

他の生産者等

特に若手の生産者で今回組みました

全員あの元々僕の繋がりがあるさん

じゅー代の若手生産者のみで

構成をあえてしましたね

そのことによってその未来に対する

危機感だったりだとか

その地域でそれこそあの生産者で集まって最初

そのそれをどうやって売るかとか

それて話ばっかりになるかと思いきや

真逆でして家の集落の祭り傘って

やっぱり言い始めるんあり

その地域で生産さとしてやってる自覚が

その自分の地域の集落だったり

だとかそのエリアをどういう風に

次の世代につなげていくかね

それと自分との授業を

やっぱり関連付けて授業されてるわけですよね

そこの部分って

言った物を大事にしなきゃいけないな

と思いましたし

その共有を持てるメンバーと行って行った時に

その全体で例えば昨日

全然清楚関係のない人にとっては

それが何かやってること

みたいに見える可能性は十分ありますけれども

少なくともあの成果が

ちゃんと出てくっていうのが

あの期待をしているところでありますが

富士山も話します

あの美濃加茂市も

キリンプロジェクトをやらせないで

言いましてお

世話なってますが

この授業もそうなんですけれども

まあ行政と民間の役割分担ってことで

これは民間がやるべきだろ

ってものはもいも

大体出せてるんじゃないかなと

よっぽどあのもたもたしてないところに

妻はよじもかなり出していますし

これからば課題になるのはこの

ちょうど間を取るような

今のおっしゃられたような地域の祭りとか

その住んでるとに密着したような

授業について

もっと民間のアイデアノウハウがあれば効果的

効率的になるんじゃないか

でもなかなか着手できてないってもは

残ってると思うので

その点について行政の強み

はの人だ歴史を知っている

住民の顔を知っている

経験値が司会やっなんですけどこれがある

でもアイデアであったりとか

外からの目線

斬新的な革新技術はなかなか知れてないと

その点については

民間の私に入ってもらうことが大事だ

と思いますのでさっきちょっと簡単に

健康授業なししちゃったんですけど

ああいう一つのプロジェクトにしても

行政マンと民間がひとつのテーブルに入って

一つのチームを組んで事を成していく

ということができると

まだまだこの伸びしろと言うか

あれもこれもできるって

授業は増えてくるんじゃないかなと思い

ますのでそういった役割分担

今はまだまだですね

これは民間に任せとけと委託したから

後は知らないとかですね

これ私だから帰るんだと

これは情報機密だから個人情報があるか

家で家でやらない

といけないっていう部分で

線を引きすぎてる部分があるので

工具が課題

かなと思います

では次のか願いします

鶴岡からまゆみ酒井と申します

歌のまちづくりまた

人と人とのつながりづくりというとこで

ちょっと素朴な質問になっちゃうかもしれない

んですが各地域ともまこれまでは

今泊まってくスピードの違う時代ですね

長い時間かけても自然体で

と言うか偶然に

今のような形になってきたって

ところがあると思うんですけれども

夜そういう中にいる地域の人って言われま

これからも含めて

地域の人ってのは

他の地域の人と違う性質を持ってる人

っていうことなのかなと

どういうことかって言うとこの先に過剰

未来を今売ると違う方向へ舵を取るぞ

とか予想大成功してる工事にあるから

行ってみようよってのが被せられるのか

それとも今あることの純度を高め

様よっていう形で持っていく

というのがあってことなんですが

と申しますのは

あのやっぱ何事にしてもこう

コミュニティ島中人にやらされると

ちょっと疲れちゃうかな

またお膳立てあまりされると

何々様なんて呼ばれてる

ちょっと怠けたり

わがままになって毒性がないのかなとも

でっぱこ中からこみ上げてくるような物って

何襲ってくのがては結局

最終的にはあまり意識してない大勢の人

達の子反射的な多数決に持ってかれちゃう

所ってのもあると思うと

やっぱここの性質ってのを踏まえていかないと

ちょっと寝ぼけてましかとか

雲の管理やってるんで

あのそういう話にすっかりしてるんで

そうになってしまうんですが

なのかなってのがあのちょっと高速の

豆腐寝取られて頭ていくと

平野まちづくりや1月額を持続的に発展

という方向と自分らしさを失わないってこう

両立ができるのかなってのが

ちょっと素朴に持ってるんですが

いかがでしょうか

魚も一人ちょっと質問行きましょうかね

じゃあその子のあの

もう一人いらっしゃってお答え

いただいて次

大阪の吹田という街でしか行けんやってます

私と申します正美可能なんですかね

民家の力も使わなきゃとか

力を持っとっていう色もあるんですけど

うちの子次第だ

とまさんじゅーろくまんの都市で

職員がすごく頑張って全然手放さないんですよ

それがちょっと

どうなのかなと

仮にnpoに委託すると

すごく実績があるとか

大きい所にしか任さないので

いまいち国民社がこれからも止めてる

釈迦になかなか移行しづらいなー

っていう字か思ってるんですけども

美濃加茂の場合はその書面頑張るとか

開国一人一人の意識をどうやってね例えば

民間とてこともせましたけど

どういうことを常に意識して

手放していくというかいうことされてるのか

というのと逆にですね

3日の前向きであるようである

とかの予算である加工外部から見て

もうちょっと餃子の

こういうスタンスをとったほうが

柔軟に対応できるんじゃ

ないのとか

民間側から見ると

行政に求める変化であるとか

姿勢とか仕事を教えていただけるとあり

はいありがとうございますではです

一点目は森山さんにに点目は

富士山にさん点目は

秋元さんにお願いできればと思います

じゃあ森山さんからお願いします

質問の意図的には

人を会ってない人も隅々まで国のかな

なるほど松本の地域にいる人といったところで

そのそこにいる

そういったやる気のある人たちを

どうまず作って

勝て団体から多分スタートがあるんだ友達

ちょうど今の彼女さんも

来ていただいてますけれども

あなたのお父様が実は七尾では

まちづくりのあのトップリーダーシップを

あの団塊の世代に行こう作って行って

そのメンバーが

実はうちの会社の株主だったりしますね

そういったあの想いよ

形成してきた時には

やっぱりこうスピード感をもって

あのバットやるってのは大事だと思うんです

けれどもやはりその人口が

凍ってたりだとか

あのする社会に変わっていた時に

あの日は刺激だったりとか

その辺かみたいなものを追えば

取り入れなきゃいけないということで

鎧武のその人材だとか

あとタイムのシステムといったものは

あの家で言うとかなり取り入れてます

あの先ほど最初にボートにあっ

た実践型のインターンシップそうですし

四季の住まいネット商社なんて言うと

もうそこら中にあるものですし

それはどうローカライズしてくかだったり

だとかその外部の人をどういう風に

その地域で生かすかと言ったのは

まあそれもすべて

逆に言えば

その地域川でどういう字をし

たいかと言ったことと結びついていくのは

その地域がある

受け入れると人たちの課題なのかな

という風に私は考えてます

今のご質問も

ちょっと他人事と思ったんですが

一番難しいところなんです

で仕切っていた時に

桜がまたパッション

地域に対してのパッションが住民から

すると一番息作りやすいと言うか

そうだやろうって気持ちになってくれるっての

すごく感じますので

その後が美濃加茂市市民の家あつまるって

あつまんないんですね

何々竹の人達

何かやりませんかって言うと

力が集結されるケースが非常に多いので

そこで現場から出てくる

アイデアで現場の力で形にしよう

と思ってたんですけど

ここに来てですね強く感じるない

そんな彼にどんなリーダーがいるか

やっぱり誰かが引っ張らないとまとまりませんし

言い合い手が出た時に

受け入れられないのであれ

結局人がそこにいるかいないかだが

同じくが二つ三

つあった時にですね

一つだけダントツで

成功する地区があるんですが

そこには年配なんですが

圧倒的に信頼をされてる

リーダーが一人いる後クラスごとやり取りすれば

市長が入ってるからといっしょは今度来るから

もうそれですごく動いてくれるので

急いた人を見つけてくって

の大事なかなとも思います

もう入ってますて

私さんの質問は何したっけ

どっか解雇の話ですよね

これについては

やっぱり年によって大きさがあるので

美濃加茂市なんかだと

例えば環境に対するセクションに

担当係は光町1人掛一人で

この人たちもさん年に彼が移動する

とその際のノウハウ的に

自分たちが弱いことも知ってるんですよね

なのでそういった人たちには

やはりあのいいなと思ったことであったり

とかさっきはの回答をしたと思うんですけど

これからの行政のあり方はこうなんだ

こういうこともできるんじゃない

かってことを

話をしたりそういった

専門のシンポジウムに参加させたいですね

新しいチキンをどんどんどんどん入れていくと

あの自然と手放すと言うか

自分たちがやってることを見直すことには

あなたが大きい女性の方はすいません

分かりませんが

ちょっと難しいかもしれません

let_IT_GO連携に

向けて役所に望む事っていう

お尋ねだったと思うんですけども

まあ我々のスタンすると

役所に望まないっていうことがとても重要

なんだろうと思いました

と言いますのも

やや苦戦変わってくださいって

言ってること自体がある子の依存ですから

まず我々でできることをしてい

くっていうことで

まずは手前どもで言うと

やっぱりできる人たちとまずはわかりやすく

かつ具体的な成功事例をちゃんと着く

それが今の時代だって

やっぱりブログsnsはこういうもので

もっとお金かけずに

多くの子達に知っていただけるチャンスがある

それでもって知っていただく

それを見て共感すること

また次のコラボレーションしていくって

いうことのまこの連続で

多くの仲間あれを連携とった方々っていうの

増やしていくっていうことが

我々サイズにできることだろうと思います

一方でその上であえて申し上げるとすれば

そういうものに対して無関心をし

ていただきたいしあこれ面白いね

思っていただいたら

アクセス頂きたいアイテムとしても

それぐらいなのかもしれないと思いました

負けましたあの

大都市分かりませんっていうのは

ちょっと嫌な話で

トップが決めれば任せますよ

のトップが言わないと

研修にもいかないし水

シンポジウム出ないんですけど

やっぱりトップはこうやると

報告を立って決めれば

組織っての動かざるを得ない

いやいやですけれども

動いてだいぶ変わったら変わりましたので

誤解とか持たしありますけども

それ大事かなとありがとうございます

時間がもうそろそろなんで

最後にもういち杯

入れるの時差です

あの前の防災のセッションでも

入れてあったんですけれども

そこでの甲賀市の高島塩釜

これからはもう

工場は限りなくゼロになるという

衝撃的な話をされていました

あの重い言葉だなと思ったんですけども

ません中で

今日話があったように企業の立場に

寝たりはに秒の立場や思いますが

恐らく地域にとっての営業マンと

家事とかになってかないといけない中で

質量ともに強い組織になってかないといけない

と思うんですね

特に緑陽声ネタはしねま

そのための戦略とか

課題意識を最後伺えればと思います

はいありがとうござい

ますではこの質問はお一人ずつ

少しずつお話しいただければと思います

えーとでは森山さんからそうですね

地域の中でとはい衝撃的な一言ですね

されますね

よく家の事情

あの共助公助とはいう中で

あのた僕一番

大事にしなきゃなと思ってるのにさ強場です

あの乳という

ところでまああのー見つから収めると書くわけです

けれどもなんか

あのうちの会社でよく言ってるのが

この政治への参加度は広がって言えば

自治会の参加と

どういったものが

あのその幸せかと非礼をする

という研究があるそうです

あの甲府の幸福の経済学

というやつですけれども

あのそこをやってかないと

もうダメになるだろうなと

あの控除がなくなるということは

言い方を変えれば

その後もそれほど集落元だったり

竹元といったところで

どう生きてるかってことを

あの店に対話をして

やってかなきゃいけないですの

大和といったものがあのこれまでは

むか遮光長老みたいな人がいてな

そこでよしやるぞ

まさに酒のtopがやるぞって言ったら

その地域はまとまった

みたいな話だと思うんですけども

これからきっとそうじゃないんだろうな

と思ってますので

長老が決めたことだと

あの参加したことならないのでや

地域が幸せに

なるためにはどうすればいいのか

って言った時に

コーディネーターの存在といったものは

これはあのミクロな視点で見てるだけで

これが全くこの各セクターの

あの行政だったりだとか

あのー民間だったりが

関わっていくときのあのコースと

全く同じなんじゃないかなとそういう風

に感じてます

はいあのを一言だけも

時間が来てしまってるんですけれども

秋元さんから少しマー君

npoとしてっていう話もはい

あの一つは

自分たちの地域の中で授業そのもの

強くするっていうこととその周辺の授業

今僕で言うとか言って

売上UPっていうことに入ってく

中でどんどんどんどん

周辺の授業も取り組んでいくことで

その相乗効果を生んでいくということは

もう一つは今

他の地域に言われる

ノウハウっての展開するっていうこと例えば

三重県の尾鷲地愛知県の岡崎市

今熊本の八代からご要望をいただいています

そういうところの攻撃でも

つながるよまた行かして行って

授業との相乗効果を高めていく

そういう中でも

収益性って言うことを

ちゃんと担保していくってことは

これからも取り組んでいきたいと思います

以上ですはいありがとうございます

じゅーにどる高い私は自助共助

これがほぼ全てになると思うので現場

が休まず事情でできることを

まだまだ向上もやってるので

早く最終的には国民一人一人し

意識を高めて何すべきかをもっと考えられる

人作りをしていかなければ

一緒に着けると思います

はいありがとうございます電話ですね

もう時間になってしまったんですけど

最後なんか一言頂けれ

ばと思います

すいませんはいそうですね

あの繰り返し言ってますけども

なんかあの組織とか立場を超えて一つになる

やっぱりこあろ

ふらぐすったものが

やっぱり必要なんだと思う

それがあると

あの一つになってんだか

いろんなことが動いていくと思います

はいありがとうござい

ますどこでその地域を作るということは

そのままそれぞれの役割

今依存しないで役割を持って

そしてかかっていく

そのコーディネートの重要性という話を

今しました

てことで時間すいません

過ぎてしまいましたが

異常になりますありがとうございました