「九州商社」であらゆるものを売っていく ~観光・食・農・文化を活かし、地域を変える戦略論 九州・沖縄から地方創生の行動を!

観光の方がなんか農業

諏訪観光食の文化を活かす

という形なんですけども

ちゃんとある私ともありました

まず必ず付きまとう地域主義

みたいなことがあるんだけどね

的な子にはどうも看護もないわけなので

その素晴らしいことなんですけれども

それがなんか

狭いローカリズムになる可能性もあるのだと

またはどうとか

すごく専門的な仕事ですからね

前に手の専門家集団に陥りかねない

というところもあるという背景のもとに

三つの仮説を立てました

これからのしょく

それから観光を伸ばしていくためには

まず連携が必要なんじゃ

ないかとか

二つ目はエリアの再定義が必要なんだか

つまりエリアとかどこの地域に属してる人間か

ということで俺の村が最高だとか

俺の街が日本一だって

言ってるだけではなくて

どの地域に自分が属してるそうですが

九州なんですけれども

そこにどういう人材とし

て役に立つことができるようになるべきか

ということを考え直す必要があるんじゃないか

それから三つ目は

新しい分野の定義です

のうのうと言ってるばかりでは無理だ

観光は別にテーマパークに来ただけじゃない

とどのようにノート職場つながっているし

食と観光も繋がっている

というように

それをもう1回

大きく再定義する必要があるのではないか

というところを足がかりにいたしました

一方で素晴らしいよん名の方が

誰がいろんな情報提供してくださいまして

例えばさんはフランスでは反抗は食ですね

完全一つの窓口でまとまっていると

だからそこに

話を持っていけば

然るべき人が紹介されたらしい

一歩通行することができる一つなんだ

ということとか

それから脳のところでは

生駒山が稼いさんと距離

消費のところの間のですごく長い距離

またマウスが生まれた言葉を教えてくださいね

そういった中で行き着いたのが

この三つなんですけれども

まず一つは食の大学を作ろう

今これは別に料理人を育てる

ということではありません

しょくには経営もマーケティングも

もちろん相手にもいろんな物が入るだけなので

この大学で学ぶことによって

様々な食の身につけることができると

でもちろん

それは文科省の下にある

大学ではございません

でに的に出来る勉強の場ということですね

ここで会場も含めて

この大学の講師になるってくる人いません

買っただいたい1/3ぐらいので

もうすぐに教えられる体制にあるということで

神津島の数値化データがですけどこれの方

だけではなくて

実は観光でさえも

いろんなものが数値が何やらそうです

どれぐらいのものが

観光客が入ってきたとしても

数字が全然ビジュアライズ化されていないと

それはどうもしっかり押す緑色も

然りなんだそうです

まず見える化しないと

戦力も立たないだろうということ

で絶対的に

その数値化をいろんな意味でやっていくべきだ

としかもそれがクラウドにあったり

オープンソースで誰でも見れるようになって

そのスーツを見ながら

戦略を立てるようにするべきだ

というのが二つ目

三つ目はオール九州の気候作りなんです

けれどもこれはよく言われる

縦割り税理士ても何でもそうですけど

早朝にともそうですけれども

縦割りなものを

どうやって家が来ればいいのか

これは統合化という言葉も出ましたけども

連携という言葉も出ました

人がその連休のテーブル出てくると

そこには必ず行政の人もいる

あの人のいるところ

で遊ぶ大学としてもいいんでしょ

そういう場を持っていくっていうことが

非常に重要なんだということでした

でさらにです一番

ここに書いてあるんですけども

この三つを大きくまとめるコンセプトとして

九州商社これは

日本の商社ってのは

世界でも非常に行くわ商社である

限りは読んでも取り扱うと

それを世界中にいるんだと

そしてそこにはえこひいきがあっていいんだ

フラットでやる必要ないよ

全ての産業を拾い上げる必要はなくて

そこでやる気があってまた輝く人があって

またははっきりした目的がある人色々出て

世界に打って行くんだって

いうことが九州商社としてやっていこう

という話が

これを縦に木をつなぐ軸としたしまして

とにかくフラットにやらないで

この時代とおっしゃった次は

何かえこひいきの時代のように

とにかく降らない

やる気のある人間を

英語でやるんだっていうことが

あってございましたと

いうことですがいかがでしょうか

私たち九州オルレって

ご存知の方多いと思うんでかんがね

今回答でやってもらってるんですけれど

ものすごくうまくいってるんでしょ

あれ完了ハイキングなのに

今日本人がすごく多くなってるし

超柔らかい協議会なんですね

そこは景観法届出書等が

入ってきて

ここで実際今年度何やろうぜっていう話は

いろんな地域と交流をしたりして

これがうまくいったんで

今度次はもう少し硬い

組織にそうなればいいなと思っているんで

そういう意味での

柔らかいプラットホームが

大事だと思うんですよね

それで成功体験を重ねて行っ

て次は固いものに越していくっていう

段階がいると思うんですよ

意味でいうと

食通がすごくまとまりやすいっていうこと

それともう一点台になる場合こんなんですね

誰がそこのトップなんだ

それとまずはさんろく

番ucc松島を使うっていうのは

すごくそれはねやっぱりこう

フランスで欲しいよねやってるから

それ見てはい混んで松島さんがいると思って

それをきちんとを支えるということで言うと

奥さんが撮ったとして

これ自分的なものとか

そういうのは考えてたりとかしてこない

それではの主題から

豊野台からやってくれる人がいるのか

どうかは使ってこきナンパとするから

ちょうどだったんですけど

なかなかに嫌わのどうするかは

どうしてもブログの大学行って

言葉になってしまって

今の道の数値化

データ化具体的というイメージがあったかも

楽しかったりします

ちょっと入ったりとか

そういうことやろうと思っ

て一つ目は切り口で

今農業の経営というのが通知がほとんどない

時って所得ってかの件ですが

それを落としごひゃくえん音があって

それを作る仕組みがあればいいんですけど

それが今中間流通の流れもあって

なかなかできないと

今回実行って言っては

飲食店と連携をして

飲食店の使う情報と

直売所の野菜の情報と

星座の情報を全部リンクさせることで

限度求めておられるような仕組みを作ろう

そんなことを考えてます

ちょっと違って忘れちゃいました

じゃあそれをスタートして

それを吸収として

facebookやが

範囲内でサポートしていきながらそれ

をもっと結構走ってると一番多いから

そんな彼であり

ことやってますねっていう形で

進めていくことに止まって

すいてないかんって形で内見して

独自のプラットフォームとしていくことになる

と思うので

ほとんど全てもらって

再開して行って事を聞く

耳をfacebookにあげて

もらっていた人メンバーとかないよね

東京農業改革の予定であったことがあるんで

それをですね

でもやろうというふうに考えていても

セッションにおいて話をあげていくってこと

できると思うんで

あの性格どんなアジェンダセッティングして

止めて止めていくとできると思うん

でほとんど全て入っていただけたらと思いますし

ゆっくり入ってこれ

どう言うあの年の意見としては家が近いです

そしてそこにはいろいろな組織で

何回転から任命されて

それは誰がJR九州新しい凸凹でやるって

素晴らしい考え方だと思います

観光案内所に行ってあのこのこの音仙台

で一番いいとこ教えてください

そこ止まれません

皆それぞれに意味がないですね

九州で何かやるって言っても

一番は何かって言うと答えられない

みんな平均的に

引き伸ばさなってしまってるんですよね

妖精のちなみに

タイでも父ちゃんな食堂があって

り麺はあるんですよねそして

九州の全部の知事が入って

そして休憩ですかなと

一緒になっても全然駄目だけど

入ってないしただけでもでも

だからやっぱりこうやって

みんなでこうやろうとするから

やっぱりお金があるものができないっても

あるのでこういうのは

鶏そぼろやりたい分野がやりたい人が

集まって俺きゅーじゅーでやって

ちなみにも行くのに関していくと

あのこれも九州県内の魚はあの福岡でお菓子

何とか集めてまあその日だけじゃなくていい

木の幹が詰まってきた魚の今

なんだかなことをしながらですね

わかって泣く子が近いメリットって

ところがあり

ますのであの夜中のうちに他に運んで

生きてそして朝の便で

こんなところに出していくような形で無料

な講座九州っていうところで

人はチャレンジしていきたい

なんてことは家大塩

いち年度予算にしていければなと