スポーツが地域のためにできること

ノービス集まりいただきありがとうございます

スポーツセッションてことです

めちゃくちゃ玉木さんが住所とか打ち合わせ

烏ヶ森あるんですけども

はいあのスポーツを地域ではどうして行くか

地域に貢献するにはどうしたらいいか

というような事を

皆さんと議論していき

たいんですけれども

あの私も今

FC今治とかならのバンビシャスとか

お手伝いしてて

プロスポーツKSって

めちゃくちゃ大変になってるような

感じているところで雑魚

せっかく自由ワンコミュニティの中で

この議論するんならば

コミュニティの皆さんと一緒に

これを本当に盛り上げて行くには

どうしたらいい

んだろうかってこと

ここで議論できたらいいな

と思っているわけです

そんなわけで

現実抱えてる問題とか

そういうのどんどん披露して頂いて

どんなことを一緒にやればいいのかって

いうのを伺ってきたいなと思うんですが

じゃああの井上さんから今の現状

そしてこういうところが今

課題なんだけれども

もしくはや意外にうまく入ってて

別に困ってないんですよっていう話

でも私熊本で

プロのバスケットボールチームをやっております

チームができて

ご年目でさん

年間えーとチームがろく勝よんじゅー

はち敗いち年目に年目もろく勝よんじゅー

はち敗でじゅー

さん年目じゅーさん勝を挙げたんですけど

あのその時に地震が起きて

会社もチームを存続が危うくなったので

熊本被災する中にも

助けていただく皆様だったり

あの全国からご支援を頂いて

四年目Bリーグになった時にに

部リーグに参戦させて頂いてて

さんよん年目は

よんじゅーよん

勝じゅーろく敗という成績になりました

でもお陰様で

よんシーズン目は黒字化をできまして

英語沈め今シーズンが始まったんですけれども

そこでまたチームを強くする

また会社を良くしていく

そこに今使っていてやっていこうかと

まあもちろん今年黒字を目指して

ありますけれどもやってますけれども

チームはBわん昇格を目指して

頑張っている現状です大変だったね

しかしそこもそのよん勝じゅー

敗から地震とか災難があった後に

いきなりこのよんじゅー勝も挙げられたのは

何かきっかけがあったんですけど

Bリーグに変わったっていうのが

大きいなことと

後チームの目的意識がはっきりした

というのは大きいことだったかなと

それまであり戦士たちも個々それぞれバスケット

やるために自分の生活のために

やってたんですけど

昨年は地震が起きたことで

熊本のために合言葉が多分チームの結束力

会社の結束力全員の

ファンスポンサーの皆様

との一体感を生むことにつながったのかな

という風に思ってます

見かけチームもそうだし

選手も意識が変わった

回消してそれはリーダーとして

この目標で行こう

とかって言ったわけではなくて見なかった

そうですね花

不測の事態だったんですけども

まあ皆が一つの方向に向いて行ったって

いうのは先ほどの澤田社長の話

じゃないですけど

運が良かったのかな

という風になるほどありがとうございます

さ徳重さんはいかがでしょう

あの鹿児島プロスポーツ

プロジェクトという会社の社長ですけども

あのJすりーの鹿児島ユナイテッドFCと

いうサッカーチームの運営会社の代表でございます

今あのJすりー

というJリーグに入会しておりますけども

私は元々その監査法人で

会計士で働いてたですね

2010年に

その鹿児島にJリーグのチームがないの

寂しいなと乾燥で顔に戻って

まあここまでやってきたわけですが

2010年は

その県一部リーグっていうところから

初めてですね

駒八年ぐらいかけて

ごじ過ぎまでやってきたわけですけども

やっぱりその件一分の時

その鹿児島って

たくさんJリーガーが輩出しているのに

なかなかこうJリーグチームないですよねと

鹿児島スポーツで盛り上げるために応援し

てくださいって言っても

Jリーグ応援するよって

やっぱりすごい言われることが多かったですね

だからやっぱり今もそうですけども

買ったら応援するよっていう声は

やっぱりこのプロスポーツを取り巻く環境の中で

よく聞く言葉でですね

勝ったらどこまで買ったら

応援してくれるんだ

みたいなそういうことは

いつも思っているかな

というところで

再勝つまでが大変なんでそうなるよね

勝手に応援して欲しいんですけど

買ったら応援しよう

本当にしてくれるかどうか

わかんないんですよね

それはその辺に行くまでのプロセスの話を

この後是非どうしたらいい

か伺いたいんだけど

食べ飽きさんはもう歩い

三高応援する側っていうか

あいもお客さんでもあるんですそうですが

どうですかご覧になってても

僕らはボールやなんですけど

何でスポーツってのは見るまやるまたは

あの支えるって言う

この三つの側面がありましてもこの

支えるお二人は見る側っていうところで

僕らチームじゃんってどっちかと

リーグの方さんとJリーグさんで

僕らのアディダスのボールのライセンスもやってる

んでそれは

我々が売ってモルテンが売ってるって言う事

何でJリーグサンリブ

三ヶ森店ボールで

契約をさせて頂いてると

いうところで

リーグから支えてるというのが現状です

そうする投稿やっぱり

ディーグが盛り上がっていかないと

たくさんボールも買ってもらいたいわけですけど

これだけ地域よろしかったごめん早かったね

今地域にどんどん出来てるじゃないですか

Jリーグにしても

Bリーグのチームができてき

てたけど見ててどうです

皆さんやっぱ携帯変な気がする

経営は大変だと思いますが

健常者Bリーグだけ見ると

おそらく選手の年棒は

BわんB合わせればに

倍ぐらいになってるんじゃないですかね

なってるんですがなってるはずです

選手の年俸がBリーグになってこうとし

てるますんで

開いてそのへんかちょっと聞いてくから

どうやって教団でbelieveになったら

給与増えるんだ一つはですね

まずスポーツはさん段階ありまして

地域と国と世界っていうのがありまして

今回のテーマのこの地域の仮面スポーツが

何ができるかっていうところで地域を

強くしようと思ったら雨世界

日本が強くならなきゃいけないと

待ってっての雨

日本の発展と紐付いてますんで

でスポーツも同じ構造で

例えばこのチームさん

地域のチームまた部活

あとスクールなんかが発展するとですね

Jリーグは強くなるBリーグが強くなる

そうすると世界で勝て

るっていうこういう構造ができていて

すごい相乗効果が効くようになった

文ビジネスの面でも同じことが言えますね

今回日本がですね

発展スポーツを発展する市場としようと

成長産業に指定されてで

今政府の方針として5兆円の市場規模

15兆円までさん倍の場所を通っていう

方針が出ますってで

いやいやいやいやそんなことならないでしょうって

みんなが思ってた時に

softbankさんという皆さんが使われてる

携帯があの30億出すよと言うので

あのバスケットボールの方に投資されたとので

Jリーグさんに至っては

パフォームってイギリスの会社がですね

年間にひゃくじゅーごくまなんかとか

じゅー年間でにせんひゃくえんっていう

お金を投資された成長産業っていうのは

お金が投資されるということなんで

そこのビジネスと

この地域のスポーツが

密着し始めたっていうのが現状で

その選手の生活も

良くなることが起こってます

なるほど今の話で行くとこ

リーグに対して

資金調達は投資資金は

入ってくるようになってきたっていう

流れ伺ったんですが

地域ではどうですか

その流れは入ってきてるんですか

まだ実感するところまでは行ってないんですけど

良くはなっていくんだろうな

可能性の部分は

少なからず感じさせてもらってます

それが良くなっていくんだろうなって

根拠はどこら辺にあるんだよ

まあ今までバスケットが二つに二分してた

まあ分かりにくいものが一つになってで

テレビにも少しずつ出てくるようになった

シーバスケットっていうキーワードが

地域でも

お話のネタに上がってくる

今まで全くバスケットっていう

キーワードはなかったんですけれど

それがバスケットって

いうものが出てきたっていうのは

可能性を少しは

感じさせてもらってないのかなと思ってます

ということは今度サッカーですよね

サッカーバスケよりも早くJリーグ

っていうのができても

テレビでもものすごい放映されて

ワールドカップにモデルって

お金待ってきてますかそうですなので

すりーでもですね

あのそのいわゆるダゾーンというところが

放映権を年間にひゃくじゅーきゅーえんで買った

ということでですね

各クラブに来分配される

配分金というのは

そのdaznさんが契約する前は

1500万円ぐらいだったのが

いちよん年間で

さんぜんまんには上がったんですね

星すりーでもいっせんごひゃくまんだったんで

嬉しいところあるんですけども

これが今Jリーグでどうですか

もっとこうリーグていますがJリーグにお

金をもっともっと呼び込む音

ヒルトップラインと言いますか

例えばまあJわんで優勝するようなチーム

ここにできるだけ熱く効果音を配分しよう

ということで

とにかくJわんに

均等の配分金を厚くすることと

優勝賞金が多分

こうニュースとかで出てますけど

20億弱今年のリーグ戦の

優勝チームには賞金が出るということで

このチームが例えばまあどうですかね

今可能性高いの

鹿島アントラーズ参加は

そういうことになるかと思いますけど

今てんでもろく

じゅーろくぐらいの年間予算なので

ここにその優勝賞金とか入ってくると

多分100億円がこう見えてくる

こういうチームが多分

アジアでこう勝つということで

もっとJリーグの価値を高めようという

今方針でやってますので

その波及効果ってのがJすりーに

今はいつかは来るんだろうな

ということで期待をしておりますが

折れるも早くJつーJわん違っていても

もちろん上がって

いかなきゃいけないわけで

私その今今治FCFC

今治いつも逆で怒られるんですけども

得られなくて

あそこでやっててびっくりするのは

まずJすりーに上がるためにごせん

人のスタジアムを作らなきゃいけませんとで

これ作るために今割って本当に小さな町で

そんなたくさん人もい

ないのにごせんえんに入る

スタジアムを作らなきゃいけないし

コンスタントにさんぜん

人とかを呼び続けなきゃいけないっていうこと

がすごく難しいスタジアム作る

お金を調達するのも難しいし

集客も難しいし

維持費稼ぐのもとっても難しくて

頑張ってJつーに

今度なろうって言っていて

そうするとこのいちまんごせん

人のスタジオも作らなきゃいけない

それ何十億ですよねって

どうやったらいいんですかって

本当に途方に暮れてるんですけど

お二人はそういう悩みはないんですか

あの鹿児島そのスタジアムの問題点を十分にあり

たくさんありましてあの我々享年そのから

Jすりーなんですけど

もうつーの子

昇格するためのライセンス

というのがあるんですが

そのライセンスを取る際に

やはりコープ鹿児島にいちまん人以上のこう

スタジアムがないといけないという間に

やっぱり引っかかりまして

あのそのスタジアムが足りないということで

その年は優勝して

も上がれませんよということだったんですね

ですので今おっしゃったように

そのJつーに上がるためには観客席

いちまん人以上のスタジアム競馬には

1万5000円席以上のスタジアムというのが

ですねJリーグ全部でこう

ルールとして決まってるんですけども

実際アプリとお金の

チームと我々のような

鹿児島の地方のチームですね

同じこうキャパの要件が必要なのかってのは

いつも思うことはありますね

これ変えられないんじゃないですか

8月にスペインに挨拶に行きましたけども

その時は払うジャーマンも一緒に入ってですね

あのリーガの一部にある

オーバルというチームはですね

観客席ごせん人のスタジアムしかなくていいが

一部に上がってゆく

ゆ空港拡張していけばいいよ

というルールみたいで

今ななせん人には増やそうとして

それをお客さんの入りとかですね

その経営とか

そういう地域に合わせた用件でも

いいんじゃ

ないかっていうことは

だいぶ広酒飲みながら強くアピールしましたけど

そうですよね

バスケもバスケはもうちょっと少なくてもいいけど

でも今アリーナ作んなきゃダメ

とか言われちゃったから

ごせん人のアリーナが

Bわんの条件になってます

同じ地域にバスケとかかかったら

大変なこと

で今マークをやらせていただいて

感じてるのはあの体育館ですね

この地方の体育館

地域行政が作った大会なので

本当来ていただく

お客様に試合で喜んでもらって

それ以外のエンタメの部分で喜んでいただく

っていうのを作りたいんですけど

行政が作った体育館だとやっぱり

限界があるなごせん人

いちまん人規模のバスケに限らず

室内競技ができるような音楽ができるような

アリーナっていうものは

各地方地域に必要なんじゃないかな

ということは感じてます

体育館だと飲み食いはできるけど

姫使っちゃダメ

とか言っても

いろんな制限がありますがの

スポーツプロスポーツにあったもん飲料

お酒だとかも必要だと思うんですけど

あの地方の行政の作った体育館では

それがNGのところがハイゴールドです

体育ですか教育したらお酒はだめ

稼ぐための施設としてのアリーナとか

スタジアムが欲しいけど

それをまず作るもとでも

なかなか難しいし

あとそれを意識そのもの使おうと思ったら

稼ぐような仕組みにはなってない

谷垣さんどうしたらいいですかは

国家戦略になるか

今回のその官民プロジェクトの四つ目が

スポーツっていうことで

で今中国がにせんにじゅー

ご年間ちょっと覚えてんですけど

gdpのじゅっ

ぱーせんとの産業にすると

だから8兆円のあの四条するって

まじゅっぱーせんとがはちじちょいで

ちょっと計算がよくわかんないですけど

まあそれぐらいとにかくでかくするぞー

ということで皆さん見てもらうと

昔クラブワールドカップっていう

トヨタカップって

いうものがあったんですけどこ

れって今ありパパ言おうとが

冠スポンサーになってます

で開催国ももう日本じゃなくて

ドバイに行って次どこ行くかわかんない

多分中国に行きます

ではそういった駄目な中国かもしれないと

デート2019年には

フィーバーっていう

バスケットのワールドカップが

中国で開催されるで

あのスポンサー見てもらっても

フィーバーのスポンサーは

フィーバーのスポンサーにわんだとかですね

まテンセントとか

中国の企業がバンバン出てきてるとで

なぜこれをやるかって言うと

国のブランドとしてまず軍事がいると

次に経済だとで

その次が上尾市文化とスポーツっていう

ものがすごく国の存在感を持って

そちら考えられてると実際会うとも

あの中国の人たちは

中国の現代アート買って価格を上げてるって言う

それによって

国のブランドがわかるっていう

皆さんやブラジルとかですね

アルゼンチンのイメージの花いいのっていうのは

スポーツが強いって

経済的には

まあ微妙なので犯罪の微妙なんだけど

ブラジルってすごくブランドルがあるのは

これもサッカーだろう

というところを見抜いての国家戦略として

ここに突っ込むぞいうところに今動いてるって

ところが正直スポーツ文化ってのは

正直パトロン文化何ではこの中にもです

ねパトロンさんが何人かいらっしゃいますけど

それが地域国世界っていうつながりの中で

地域のスポーツをやることで

国のプレゼンスががるって

考えるかどうかっていうのは

ひとつの視点かなとなるほどね

だから国がそういう風な戦略とってくれたら

っていうのは本当にそうでやり

たいやってお願いしたいことであるけれども

国なんかを見ていると

やっぱりまずその事例として

そのスポーツによって

地域が元気になってるとか

スポーツで自信を持つ人が増えた

みたいなのが見えてくるとこれ

もっと押そうと

勝手に動き出したものに加速は

つけてくれるんだ

けど止まってるものを動かすっていうところに

なかなか国って動いてくれなくて

僕は国にお金を出してくれって

言うんではなくて逆設定して欲しい

戦略設定として

日本人全体の合意として

スポーツを前面に出されるかどうか

またチャンスですよね

俺も今でもあのスポンサーB

リーグ参加できて

特にJリーグさんには

ちょっと手が届かないなって

企業さんでも

Bリーグはお手頃価格そうなんですよ

実はメンバーの中でも

Bリーグオーナーのひとりさんを始める

そういうことがあるんで

このスポーツとをやることが良し

とするかどうかこれを国民全体の合意

となってその一人一人がそう動けるかって言うと

国の予算を出せても僕はないと思います

正直今から予算が増えるのっていうのは

一応増えたんですけど

あれが限界だろうなと

そこに頼ったらもう行かないけれど

皆様よしとするかどうか

ここが決め手ではないのですねそれとも

Gわんメンバー含め

オーナーさんとしてのパトロネージをしてくれる

人をいかに増やすかっていうことも一つ

大事なら同時に

やっぱりそういう人が来てくれると

こういうクラブチーム

サンテ経営は良くなるんですかね

今経営人材ってどんな感じなんですか

そういう方は女としてきて

くれればその子達は経営人材になるのかしら

今の現状って

あのいわゆるプロスポーツチーム

我々クラブですけども

あのもう本当に予算ありきというか

まぁ本当にその例えば1億円の予算なのか

7日に国の予算なのか

そこのお金の使い道なので

結局そこでじゃあに例えば仮に

10億の予算とした場合に

選手にいくらかけるんですか

その人件費選手の人件費ですね

教科書というとこに

それとまほかの言われる人材に

いくらお金かけるか

ということのも決めだと思っていて

今治も釣りに行く時に洗車

半分ぐらいで買えたんですよね

あ打つ良くする

ためには摂取変えなきゃ

早く強くするにはツ側室豪華にかかってて

どっちがプライオリティ高くすればそうですね

僕もあんまりこうこう言うと

すぐ声が出ちゃうんですけども

なんてかもう

とにかくも戦士高い子

限られた環境の中でやってもらって

一生懸命ですね本当に頑張っても

結果はどうなるかわからないけども

一つでも上を目指してほしい

というつもりでは我々社長ですけども

そういうつもりで言ったとで

結果はもうシーズン終わった時の楽しみ

みたいな感じなので必ず優勝しろみたいな

そういうなんかプレッシャーをかけずに

入るしかないのかなと思っ

ておりますのであのもう必要な行為はいる

スタッフとかフロントスタッフとか

人材を揃えた上で

残ったお金でできる鍵の強いチームを作る

という考え方を今してますね

そうするとやはり予算の大部分とか

もし余分なお金に入ってきたら

まず経営人材をにお金を使う使い

たいですねよく年後

また収入が増やせられるような体制を作りたい

という方が一番ですかね

今同じですか同じですね

長く続けていけるためにあり

地元に根付く人をやっぱり雇っていきたいです

しまちゃんとお金を稼ぐ

しっかりビジネスを出来るような人材を

やっぱり私自身も含めて

こそだって言って行かないといけないかな

という風には持っても

その人材なんですけれども

あのおそらく経営人材ですから

どうやって稼いでいくか

経営してっかっていう人材になるともですね

今までしか知らないから申し訳ないけど

めちゃくちゃ給料薄いんです

東京で頑張ってる人

に来て欲しいけど

その人たちの年収と比べたら

地方のスポーツチームで経営するって

ものすごい給与下がるし

あと岡田さんなんてFC始めてから

俺は生まれて初めて人に頭を下げる

よんじやってたぐらいお願いします

お願いしますって

頭を下げなきゃいけないっていう多分

とっくし

て今朝もそうですよね

コンサルタントでそうですね

会計士行った時は

本当に先生先生って言われてましたんで

それから一転は

本当に皆様にご協力

お願いして頭を下げるも

それは仕事になりましたね

そういう彼に志とビジョン共有してくれて

一緒に汗かいてくれる人を

呼んで来なきゃいけないそうですね

ただ麻雀今いろんな和光大学とかで

スポーツビジネスとかですね

色んな社会人コースとかあると思うんですよね

で皆さん来

スポーツ業界に行ってみたいとか

憧れとか華やかさに惹かれて

勉強する機会があると思うんですけども

いざジャージ今

の仕事を辞めてスポーツチーム行きます

かって言うと

結構ないと言うか

可能性低くなってしまうのが

今の多分現実かなと思いますね

どこのチームにしてもそっかじゃあ

そういうチームの形容する勉強すれば

はもうできた

できてるだいぶだいぶ出来つつありますね

今不数が増えてる

と思いますね

でもその子達が働こう

という気になるような

待遇のとこがないと

すごいミスマッチが起きてるけど

同じ感覚ですか一緒ですね

ご個しか設定できてないので

そこをやっぱりクラブとしては

リーグ全体として

選手だけではなく

スタッフ全体を貼り価値のある職業って

いうかいう風にしていくことが

地域がスポーツで盛り上がる

元気付くひとつの役割とか

持っていっていうか

そういうのだとは感じてます

現場非常に厳しいです

どうやっています

スタッフを拡充させされているんですか

もうほんとやる気と気合と根性生大会感じで

日本の体育の

力士で水槽ねだから西区ではダメなんだ

行くではだめかなという風に思ってます

スポーツに返さなきゃいけないため

おきさんの会社とかそういうところから経営人材

お給料は自分で負担して送るとか

それがはい難しくて

はいお金をもらってないと

責任がないんで家が

送ります部長送りますここです

僕を送るわけではないけど

へっぽこになっちゃう

そのボールは作れるけどスポーツの日ですが

できるとは限らないんで

商売が違うんでで送ります

へっぽこです給料いちえんも出してません

首が切れない

だから本当に健全にやろうとすれば

プロにする

しかない多分ボランティアで回してる団体である

と思うんですけど

ずっと負けかというと微妙ですね

その新陳代謝っていうものはプロ以外

やりようがないんでこれだ

じゃあその繋がらないギャップって

どうやって産めばいいんだろ

さっきみたいにパトロンが来てくれれば

っていうことは

一番あるけどそうになりたい人って

どういうチームだったらオーナーになりたい

日本の片田舎っていう時が

片隅とか言っちゃいけないかもしれんけど

地方のバスケチームとか

サッカーチームのオーナーになりたいですって

中国の人が思うかって言うと

何がモチベーションでみんなパトロンし

たくなるんですか

阿蘇山は何でパトロールしたくなるのはい

マイクありますか

まああちなみに

コメントが来たんでありますけど

メディアポリシーどうなってんですかね

あの後で切ります後で切ります

一つはやっぱり周りから尊敬されるか

女の子からモテるか

金持ちや仲間で集まった時

に自慢話になるかですよね

メディアポリシーですね

それってどういうことなんですよ来なくても

それそれはやっぱり今

ここのチームな話じゃないですか

遠く日本バスケットボールその者のバリューだと

思うんですよね

やっぱりそのプレミアリーグの弱小オーナーの

逆襲チームのオーナーになっ

た方がその値段高くても

クロアチアリーグ最強のチームよりも

やっぱ受けるわけですよね

そこに御徒見出し

下の本当の声のサッカーファンで

だからそういう意味では

国がサポートするとしたら

9チームサポートすることできなくても

ただの日本のバスケットボールのバリューを

グローバルで

あげるとかあと

そのabematvでも

ニコ動でもいいと思うんですけれども

何らかのメディア使って

例えばバスケットボールが全然ない国に

その日本のバスケットボールの試合とかを

インターネットのマー動画で流し続けるとかを

すると例えば日本のラグビー人気ありますけど

世界ではそこ

まで強いわけじゃなかったんですよね

でも人気あるじゃないですか

それとやっぱりその洗脳的なものもある

と思うんですよ

だからこっから伸びていく国に

日本のバスケットバスケットボールは

日本人がやってる動画で初めて知った

キャプテン翼見たスペイン人のフレア

みたいな感じで

振り込みしていくとバリューガガ

そこの新興国のオーナーが

日本のチームのバスケットチームのおなな蓮

の花攻略子供の時の夢では

とかっていう話もあり得るのかな

すごい分かりやすい話をして活用するには

リーグの方でちゃうマーケティング

もっと頑張ってやっていくっていう

ことか一つそうですよね

連盟とかということになる

一つ今前半の答えを一つ

頂いた気がするんですけど

ちょっと後半的にもう少し伺っておきたいのは

今回地域っていうのがその連盟とか

リーグの方で頑張っていただく一方で

今度地域の人って

ちょっとそうなってきた時に

置き去りかんとか

あと地域をどうやって巻き込んで

いくかっていう間

阿蘇山みたいな

地域の女が女になってくれば

地域も巻き込めるのかもしれないけど

地域の人と一緒にこのスポーツを盛り上げていく

また地域の人に

スポーツを通じて恩恵を開始していく

ここら辺はどんな工夫を

されていて

どんなご苦労があるのかっていうのは

どうですか先にマイクを持ったし

はいあのーちょっともうあのサッカーチームですから

トップチームという間

その言われJリーグで戦うチームがあります

けどもここを登録選手さんじゅーに名いる

今いるんですけども約半分ています

ごじゅーろく名がですね

鹿児島出身もしくは鹿児島にゆかりのある選手

って言うかちょっとこだわりというか

ルールを設けてまして

これはあの後

ずっと我々続けてることなんですけども

やっぱりこう地域で地方のチーム

何で地域の子がそこを目指して

そこでいつかプレイするんだと

いうチームでありたいということなので

そのルールはですね

負けても続けたいなという

ちょっとこだわりでやってはいますけどね

そうするとその地域の人たちも

みんな応援に来てくれるもんなんですか

そうですねなので

あの言われるその割れこのルールごめん

帰るつもりがなくて

その代わりあと

その半分の人は

鹿児島ゆかり線出身の選手にこだわってるので

毎年こういい選手を出していかないといけない

ということで我々はその育成とかですね

そのサッカーのそのアカデミーとか

そういったところも

地域の方との連携しながらやっていきたいな

と思ってまし

た地元のサッカー協会さんだって

それとも連携をしっかりなるほど

井上さんとかどうですか

私がやってることといえば

あのチームが強くなる

チームがコート上で活躍するっていうのは

まあもちろんのこと

地域にどれだけ出ていけるかっていうことは

あのこだわってやってますあの年間

キャラバン的なお祭りだったり

部活動の現場だったり

に選手を派遣する活動を

年間200回以上目標に掲げてやってるので

真帆本は二日に一回ぐらいなのでていて

やってるような

選手を派遣するプログラムをやってます

そうすることで

バスケットっていうキーワードが地域に

根付いて絞るという

キーワードも知ってもらえてるのかな

という風には

無限城の活動はそんなことやってます

今日もよくわからないんですけど

地域の人たちや

地域にされてる

選手が出ていくっていうのは

選手たちにとってはプラスなんですか

プラスと思いたいですねまあ

非常に大変な練習

きゅーきゅー系と

プラスアルファやっぱりしなきゃいけないか

となるので

一緒に負担はあると思ってますけれども

やはり子どもたちに夢を与えるって言う事を

あのクラブの理念にしてる以上

一番大事な活動だっていうことは

選手に振り込んでますなるほど理解して言っ

てると思ってますそういうことだよ

多分選手も子供たちからエネルギーもらったり

地域の人たちからエネルギーもらって

工場で活躍する原動力にはなってるかな

と思ってます

除湿も守らなきゃいけない時まで十分

まだ喋ってていいですかありがとうございます

すいませんちょっとあの話は

あれでその他に行くとこのスポーツ

ここの壁をどうや乗り越えて

ちょっと地域との関係は

後で皆さんからも質問していただきたい

と思うんですけど

体育とスポーツこの壁を

どうやってこ乗り越えていくかっていうのは

ちょっと政治また後役所

またチックなところでもあるんですけど

谷垣さんありますかを例えば

そのアメリカなんてアンダーアーマーとか

あの辺はすごく

そこをうまく乗り越えて行ってる感じがある

会社がその体育の世界をスポーツにするために

大学に対してすごく投資をしたり

学校に投資をしたりして変えて言ってます

けど日本ってどっから入ってい

たらいいのかな

僕は基本的には

体育ってのすごくいいと思ってます

でなぜかと言うと

例えば今Bリーグさんが使ってる

体育館はま醜い奴が間違いないですけど

でもあるじゃん

なぜあるかっていうと

それは日本に一種国体が回ったから

全国一周回ったから全都道府県にある

程度の体育館があると

だからビールができてると

ここは忘れちゃいけないのと

あと部活があるから

全国民がスポーツをやったことある

ほぼ体育がある部活があるで

アメリカの問題はトライアウトをやるんで

できないと全然できない

スター選手は

アメフトもやるバスケもやる野球も

やるとてもアレンアイバーソンなって

雨降っともやってるし

いいバスケの超有名選手になったと

そういう人がたくさん出てくると

できない人が出てくるんで

どう考えるかっていうのは全体の合意で

僕は全員が

例えばバレー部で全くレギュラーになれない人が

ハンドボールのキーパーに

なってレギュラーに出て

インターハイ出れるって事は

今怒ってると

これを良しとするかどうかっていうのは

なかなか難しいなっていうので

僕はいいんじゃないかとかいいなとで

それプラス今日本で良い

いいなと思ってるのが

スクールが出てきてると

特にBリーグさんJリーグさん

があの育成ということで

あの地域にユースチームスクールでは

しっかりと出来て綺麗ね

ここでエリート育成をやり

まーjblいうものを今作ってるんで

今Jリーグさんが作ったフォーマット

Bリーグさんも同じようにやってるんで

これでいいんじゃないかって

その体育の功績を僕は無駄

にしない日本独自のすごく優れた仕組みなんで

これはとっとくとで

部活の顧問の問題や

いろんな多くの問題はあるんだったら

それを解決すればいい

だから体育は目の敵にしない方がいいな

と思ってます

見る側のスポーツとして

どうするかってのは

またアリーナ問題ってのは次

のアリーナを作っていけばいいんじゃないか

というとこで

体育は開けた方がいいと思うの

ポジショントークじゃないですよね

言われると思ったことないんですよね

やってもバスケやったことはみんなあるから

見る何か見ないでしょいないね

行ったから何回見てもネットボー

ルってあるんですけど

知らないんですきらないしないよねって言う

やったことある奴いるんだから

なぜビリがポテンシャルあるかというと

みんな行ったことあるからここ暗唱

今からクリケットプロリーグ作ってた無理ですよ

今袋って慣れないないがあるから

ワールドマンが出てくる

キャプテン翼も

スラムダンクのでいう言い訳で

結構でございますね

まああのもちろん見る視点が

今までなかったっていうところが

まあその体育ってなうまっする人の話ですから

見る視点がないっていうのが

まスポーツとの違いだなーっていうところ

とありますけど最近よく感じない少年団

とか色んな学校とかで少年団ってその夜

学校のグランドとかを使って場所をね

その競技をやるんですけど

我々有料のサッカースクールとかやってると

どうしても少年団には価格で勝てなかっ

少年団もただで

ほぼタダでみんな参加できたりとかで

先生とかもボランティアで行っ

たりとかしてるんで

その先生って小偉そうにしてたりとかします

米田教える方と教えられる側みたいな中に

ほんのも漢字があって

俺が安い価格で悪されると

結構大変なことが多いです

今そこら辺でちょっと聞きたいのは

今タダだから安かろう

悪かろうって言っちゃいけない

けどよく聞くのはやっぱりこないだも

あの監督と話していたら

野球見てて

もうアメリカの科学的なトレーニングと

日本のトレーニング見てたら絶対勝てない

よって言われて

じゃあお金を払うほうは

それなりの科学的根拠に基づいた

トレーニングをやって

ちゃんとアスリートプロとして育て

ますって言ったら

お金払う価値があるんじゃないかとかも出来

そういう話じゃないってことですかね

そういう意識がないってことそうでしたよ

なかなか高知方のご家庭で

田富小学校1年生

2年生の親御さんがですね

その科学的根拠のある指導教えてくれるか

高い方に

行こうっていう風には

ちょっと地方では

今なってないかなっていう感じが

東京とかそういうとこだとありうるかな

遅い方も多いかなという気はします

どうですか体育の充実して

歴史あるというものが

これからスポーツというの

プロ化してやっていく上で

弊害になる部分

というのは

もしかまあいい部分もあると思います

もちろんあの体育っていう歴史で

日本の教育文化っていうものは

育まれてきたっていう部分はもう大事にしつつ

これからそのスポーツ

っていう文化を育てて

いかなきゃいけないのかな

という風に感じてますかを

全く切り分けて

切り離して考えていくことが

スポーツを発展させるスポーツ

地域を発展させることに繋がるんじゃないか

なっていう風には

漢字でどうやって

それをやっていこうとお考えなんだが

やはりスポーツは

お金を生んでいくものだと思ってるのであれ

あのトップにあるプロスポーツチーム

がしっかりお金を稼いで

その下のマイク声に登場していく

そうすることで

子どもたちが育って世界に出て行って

また華やかな世界に行って

帰ってきてみたいなあ

今あのサッカーが

やられてるような

ことに繋がっていくんじゃないかなって

私は思ってもやっぱりこの稼ぐ

スポーツとは

稼ぐっていうのが体育との違い

だっていうことで

戻ってからその稼ぐ方法について

今は具体的に今

今やってることが全てなので

本当に集客チケット販売をしても

スポンサーさんにお願いをして

グッズ販売してみたいなところだけですね

はいその次もありそうです

ね集客で稼ぐ

これ以外にちっちゃくはないんですけど

はいてスポンサー杯で

グッズカープさんなんてグッズですごい

賢いていらっしゃいますけど

でもアリーナでもっと別の形で稼ぐとか

いろんな稼ぎ方ってあると思うんですけど

そういうチャレンジっていうのは

上手い人がいればできる先の

話に戻ると思うんですけどもけいじんだよ

どれだけ雇えるか

というところに繋がってくるとは思いますが

まさにさっきの沢田さんの話ってすごく似てて

どうやって稼ぐかっていうこと

色々試行錯誤される中で

見つけてこられたと思う

入ろうスポーツで稼ぐもしかアリーナで稼ぐ

もしくはチームで稼ぐなんかじゃあ

元コンサルタントとしては実はすごい強い

あの稼ぐという話

また二つあると思ってても

ベーシックなプロスポーツチームがやるような

事ってのあると思うんですけども

二つあって

一つは多分スタジアムでのビジネスだ

と思ってます鹿児島は今あの

新たなサッカースタジアムを作ろうという

気になっておりまして

なかなかそれもまあ行政を巻き込む話ですので

我々だけではうまくいかないんですけども

9月のスタジアムでどういうビジネスができるか

スタジアムがどう金を生み出すかっていう

そこの魅力発信で

やっぱり外から来お金持っ

てこないと

なかなかこう解決できないだろうな

と思ってまして

そこのスタジアムのビジネスを

どう発展させていくかっていうのはひとつ

あとひとつは先ほど僕

あのアカデミーとか

スクールの話ししてましたけども

やっぱりいい選手を育てて

自分のチームで抱えきれないもしか自分の

チームではお金が払いきれない選手を

どんどんうんべですね

やっぱり外に売っていかないといけないんだ

と思ってますので

それはJリーグの他のJわん

Jつーのチームなのか

それは海外のヨーロッパとか

それこそ中国のチームとか

そういったところに選手を育てて売る

という

表現だとちょっとなんかよろしくなり

そういうことをクラブ都市て取り組む

というのは

もう堂々と言って

行っていいんじゃないのかなと

何かこういうことを言うと

何かお金東光スポーツとか

お金と体育とお金って言うとあれですけど

なんかちょっとタブー視される高雰囲気が

日本ってあると思うんですけども

そういったことをお金とスポーツって

結びつく文だよっていうの

どんどん認知を広めていくってことも

重要なのかなと思いますよね

そういう話をこっち行きでしていくこと

結構勇気がいることではあるかと思う

けれどもまあこれこそ連盟と

かリーグとかで

もっと発信していかなきゃいけない

文化でもあるって事ですね

鹿児島みたいな地方ですね

はい本当にお金とスポーツとかって言うと

何であいつはみたいな

雰囲気で本当に見られるようになるので

なかなかこう声を大にして言えないんですけど

本来はそうあるべき

かなーと思ってますので

そういう所に向かってまー

成長はしていきたいなと思いますね

たぬきさんまさに世界中

ご覧になってると思うんですけど

やっぱり稼いでいくっていうのは

今みたいな考え方

他にこういうポイントがあれば

教えて頂きたいんですけど

今は注目されてるの

はアリーナビジネスですね

あの特にiotを使って

このスマートスタジアムを作ろうっていうことは

例えばキャノンさんとかもう取り組まれて

カメラを使って自由支店で見れるっていう

その複数台のカメラで撮ったのを送ると

回せるとかですね

あとはビッグデータ使って

ゲームとの連動VR

あの件じゃないですかね

どこに今すごくいいのが

成長産業にしよう

でやばいなんで今こんなにスポーツの話

今更すんのというのは2020年

オリンピックあるか注目されてる

注目されてる時は

お金が集まるお金が詰まるってのは

いろんな業界の外から人が集まってるって

今見て

もらったらとても多く

のIT企業さんが入ってきてね

で今からデータで勝つスっていう間

ドイツのワールドカップですごくデータを扱って

まささんがデータ分析で

借家で勝てるんだっていうことを証明したと

ちょっと前にはマネーボールで

映画にもあったんですがスカウティングも

データで出来るで

新しい分野が安いスポーツだけだった

ちょっと難しいとも正直だけど

他の分野をかけた時に

新しい子チャンスはあるだろうなとは思ってます

そういう意味じゃ

本当の自分のコメントに第一ですよね

どうやったら一緒にコラボやって

まあもちろん何だってほら一番

ありがたいパトロンが一番ありがたいかもしれない

けれどもそれを超えて

そういうコラボビジネスは空いてそうで

特にママだって多分

スポーツ業界で話してることが多かったね

でも今ってそこが2020年

っていう大きな旗印があるんで

すごい開かれたっていうのが

非常に大きいとで今

のバスケットボール協会の会長さんは女性であり

元バレーボール選手っていうことで

こんなこと考えられないっていう

それが怒ってるというの現場に

だからチャンスがあるって事でさえ

というところで

全体統計っていうのが出てきているんで

アイデアとかあったらもうすごいスピードで

アイデアじゃなくてもいいです

何か満たさない

次の最初に出かける前に

言わなきゃえーとですね

あのー国の会議とか

それから下だと言うかで

スポーツ話ししてると

一番効くのはおそらく作家のことごめんなさい

アリーナコンセッション民営化で様は

さっきのたい民間でリスクを取って

もらって投資をして

オーディオビジュアルとデータのとこに投資する

ってことさえできれば

実は今日本中でコンサートホールも

何も路側足りなくなってるんでごせん

人入って雨の日か

セルモノったらものすごいニーズがあるんで

サッカー申し訳ないけど

やっぱり全天候の中に入らないんで

一桁投資が少なくて

稼働率が年間

さんびゃく日になるものってのは絶対儲かる

でも投資のお金がないと

そこはご承知の関空は

民営化した瞬間にずっと増収

増益で稼ぎ方と

リスクマネーを張る人をやればいい

と具体的にする

やりたい人がいっぱい飲んだり

はしとかけんが持っ

てたりするので

その人たちからすると

そんなことに払い下げて

どうなるんだって言うも

ひゃく年昔の話をするんで

そこを一緒になってクラブを運営してる人と

デジタルの人と空リスク

それをやりたい人がやれば

あばすけっとは行けます

バスケットは行けるって言うありがとうござい

ますあの時は

木村さんの元体育会

バスケットボール部主将でございますね

身長があとごせんえん下がったり

MYBリーグでやってるとなると

僕はのBリーグとJリーグ

やっぱりすごいのは

地域に根ざしてるって言うとかだと思うよね

野球とかと違って

割と地域に根ざしてそこで

やっぱり応援熱のファンが入ってるんですけど

もTポイントは

北入口と出口だと思っていて人もですね

選手のですねどうしてるとおり

そのクラブチームを作って体育からクラブチーム

それからプロチームって流れはすごく大事で

これを許可するのは

問題は出口の方だと思うよね

要はそのねサッカーにしてもバスケットした

そんなに急い主人は長くないじゃないっすか

でその時に卒業した後に

地域で受け皿と言うかよ

安心してプロプロとして

自分の若い頃はもう好きで

バスケット大好きでやってて

若い頃バスケット行って

その後は地域でなんかなんか貢献

できることがある

自分の生きる道があるって言うと

その流れが降る丘で

すごく潤滑に行くような気がするね

その辺りでなんか工夫されてますかね

鹿児島熊本の辺りで行かれるそうですね

あのー私と友の里選手っていうのは

引退するとは

鹿児島出身の選手が多かったりするん

でやっぱりこう自分の関係者とかですね

もしかスポンサーさんの企業に就職をしても

あのさせてもらうってことはありますけど

的にも普通にでもね

ただそれはやっぱりこう

どっちかと言うと

そのいわゆるそのちゃんと仕事ができるから

というよりも

プロ選手として頑張ったよね

みたいなことで

評価が曲がってるところが

まいちぶまだあると思うので

ちゃんとしたは

ビジネスマンとして採用してもらえるように

教育と勝手なまだまだ我々できてないかな

というのは感じてますね同じですね

あの地域の企業さんに支えてもらって

入るっていうことを目指して今

活動してますよ

まだまだ出来てない部分が多くて

しっとり昨年引退した選手がうちの会社で

今アンバサダーっていう形で

広報大使みたいな形でやってるって

言うのはありますけれど

まだまだな部分ではありません

それで出来ると

proでやるって

言うことのハードルが下がって逆に

言うとあのいい選手がどうぞ

入ってくるようなお洒落さんとことかって

そういう人って聞かないでって顔しましたね

今ね聞かないほうがいいすごく難しくて

あの実は皆さんも同じ問題を抱えてる

誰が将来の王将あんのと

それを俺だって

やってよっていう人がたくさんいてこ

れってスポーツ選手特有の問題ではないっていう

じゃああのどっかの自動車のディーラーの人が

セカンドキャリアって必要なのって言うと

必要なんでしょ

だから実はこれ

日本全体の問題であって

スポーツ業界特有の問題に話されるけど

実は違う高画素化したか

見てても思うん

ですけど男性は頑張ってプロになって

すごいお金持ちになれるかもって頑張るんだけど

女子のプロのこと

話してるとお茶して

プロになっても

大して稼げないだろうと思っているから

結構同時に海外留学してmbaも取りながら

プロのアメリカだったらMBただで

プロサッカー選手じゃ

なくて作家の能力あれば受けられるとか

あったりするので

将来のこと考えて

勉強とサッカーと両方やってたりするんで

まあそう言うね

一人一人が将来のこと考えるってのも

同時に必要かもしれないですよね

ありがとうございます

お金をはいじゃあ後ろに来て頂いてさ

計算ハース

コーポレーション有吉と申します

いつもお世話になっております

あのおうちもですね

あのー地盤中四国をきっかけにしてですね

あの岡田さんとお会いすることがありまして

実は今のコンディショニングというところで

ちょっとあの提供させていただいてるんです

けどもセカンドキャリアの話

がありますよく

あのいろんなスポーツチームからですね

トレーナーというところから

非常に相談を受けるんですが

先ほど言われたんでも

これはちょっとやめますが

あの逆にさせ

我々そのトレーナーサイドというのが

どうやって食べさせよう

買っても常に行こう業務委託方式ですね

まぁ契約

切れたらもう食べれない

とこ行こうかって常にあるので

まあ家族をどう養うかとかですね

将来どうなっていくのか大原女たんですね

それ今変えようとして回れる

正社員かでやってるのか

なんてやってるんですけども

逆にその先ほどのあの経営のね

あの話があってスタッフ教育

とかですね

まあ次のトレーナー教育とか

色々あると思うんですけど

そのあたりどのようにやられてのが

ちょっと聞いてみたいなと思って

はいありがとうございます

ちょっと時間もあるので

咲さんもご質問いただいて

一緒にあまり生産的

じゃないかもしれないんですけど

コメントで他

のスポーツが

地域のためにできることっていう

タイトルなんで

あのスポーツ観戦て

なんかもっと楽しくなんないんですかねっていう

あの素朴なアノストレートの人もなんですけど

なんでこんなこと言うかって言うと

ブラジルでサッカーの試合を見に行った時に

なんか本当にもう日本と

文化全然違うなと思ったのは

キックオフが夜くじぐらいなんですけど

こんなちっちゃい子でも連れた家族連れがわんさか

その時間に集まってきて試合が始まると

なんかどっちかって言うと

ゴールが入りそうになると

みんな終わって応援するんですけど

それまでの間ってサッカーその間

みんなここもお茶の間ですよ

みんなははそれは

それは楽しそうにおしゃべりしたり

後なんか風船学校みんなポンポン回ったりして

自分のとこ来たらセルフィーで

みんなとったりするんですけど

もたもたしてると

別のところから飲み物パート飛んできたりとか

なんかもうそのその場にいる

ライブ感がすごい楽しい

みたいな遊びに来いって感覚なんですよね

で最近だとは

日本でも音が

教会はCDよりは

ライブでに行って楽しむっていうことも

今は日本で起きてる中でスポーツ観戦っても

もっとポテンシャルんじゃないかって

私のかもんですけどありがとうございます

まさにそういうネタを

皆さんに田原さんしかあげた後

石川さんと僕はの普段ヨーロッパに行って

まーすというチームは

実はあのフランスの一部リーグなんですけど

本当にいつもに部に落ちるか

落ちないかぐらいの時は

実はこっそりあのチームのアンバサダー

やってました他で最近

はのヨーロッパリーグに出るまでフランス

去年さん位だったので

あのこのじゅー年で大きく変化していたの

ずっと見てたんですけど

今僕はセーフなので

例えばvipルームに呼ばれて

料理作ることもあったり

寿司握ってくれと言われた

寿司握ることもあるんですねそれがそう

いうvipのためもあれば

例えばサンのためのイベントにもなので

てくれって言うのがあったり

あのいろんなところでちょっと呼ばれて

いつもバーター的に

スポンサーという形をやらさせてもらってます

であのーそういった場に出てて

いつも思うのは

スポーツが地域のハブになっ

てるんですよね

スポーツ観戦だけじゃなくて

クラブチームのおかげで

企業同士が繋がることがあったり

もちろんファン同士の交流で

ファンが熱くなっていくのもいいんですけど

それ以上にお金を出してる人たちが

あのサッカーを通してに

つないでの地域への貢献を

スポーツとして

やってるのが

ヨーロッパリーグに出るようになって

海外との繋がりが増えることによって

海外からの投資が非常に多くなって

今ではニースのオーナーはアメリカケア

中国系のアメリカ企業になったね

それでまたいっぱい

お金が入ってくることによって

ヨーロッパリーグにどんどん挑戦

できる環境が整っていくの子を見てる中で

その地域における貢献の仕方っていうのが僕

ハブ作りだなっていうの

の裏側から粉を見させてもらってるんですけど

まあの鹿児島なら

どういうハブ作りを

チームとしてやってるのかとか

熊本だったらどういうことを行きたいのか

テニスだったら

エコっていうのをまず一つ置いて

エコな考え方を持ってチーム運営する

それはエコの開発もそうなんすよ

色々やってました

エコスタジアムっていう風にも言われてます

それとなんかで

熊本と鹿児島は

どういったオリジナリティを考えてるのかって

いうのちょっとお

聞きしたいです

ありがとうございまし熊本

ただ単にちょっとスポーツチームのKってこと

考えたことあるんですけど

もしも売り上げ上げて利益あげたら

そしたらもっと通知にしたいから

高い給料払って他ん所ハンティングして

もっと強くなった

もっと強くないから

給料もっと上げて集めてきて

た一生これ黒字にならねえなって言うにも

どうだってそれを買って

なんかバルセロナとかね

まんちぇすて泣いてるし

あそこでトップになると

巨人とかも開けてると思うんですけど

それってやっぱり一番になれば

儲けられるビジネスになるのかどうかってこと

ちょっと教えとして

たってもなるほどありがとうございました

ご質問いただいたけいじんたい

どうやって育てるのか

1位にーいち位になったら

もうこのジレンマから脱出できて儲かるのか

そして各地域で

どういうテーマで羽生にしたいのか

好きなことに答えてください

はいだから人材育成とかまだまだはあれ

で炊いてないと思います

手がかかってないってことです

あと押しちゃって

スタジアム見に行くのが楽しくっていうのは

やっぱりスタジアムの運営を民間がやんないと

多分ダメだと僕は思ってまして

建設の段階から見るというところが重要だ

と思ってましてはタイで今使って所

くじに消灯しないといけなかったりとか

公園なのですでに日も使えなかったりとか

と広告恋もできないので

ビラ配り飛んで来なくてサンプリングができない

売らないといけなくて

車もう売ったりわざわざしたりとかですね

見せるだけができない

みたいなそういうこともあるんで

とにかくスタジアムの運営も

民間がやるべきだろうなというのと

あと黒字になるかどうかで

黒字にすることしたら簡単だと思います

選手の年俸抑えればいいだけなのでなので

ただ抑えたりそのいい選手取らなくて

勝てない可能性もありますよ

というところなのでまぁあれです

けど負けても

お腹愛されるチームづくりを

常にしておかないといけない

負けてもまあ続けられる

存続するような体制を食らうとしては

続けないといけないだろうな

というふうに思っております

はいはい人材育成のところは

ほとんどできてないです

えーと手を加えられないというか

はそこまで手が回らないというのが実情です

では本当に私たちもまあ

エンタテインメントも本当言って

楽しい空間作りを

やっぱりしていかなきゃいけないなー

と思っている反面

それに手を加えられてない現実もあるので

まさにこうどういうことに

お客様が喜びを求めて感動を求めて

こられてるのかっていうのは

もうちょっと調査が必要だし

マーケティングが必要なんだなっていう現状です

儲かるか儲からないかって

あの多分千葉ジェッツさんって

今年えーと天皇杯で優勝したんですけども

そこは年間10億ぐらいあげて

力がごせんまんぐらい

あるって言われてたので

非常にこれから成長していく

バスケットの産業

考えるとも買ってくんじゃないかな

と思ってます

あとはちじになるハブになるのはねと

まさにシャチの一つの目的クラブを設立

目的は人と人が繋がり合う

っていうものを掲げてやってます

それに手を加えていきたいところなん

ですけど本当にまだ

手が回ってないっていうのが実情ですので

行きたいひとつであります

はいじゃあダメな最後にまとめになるんですけど

今ここにいる皆さん

全体がもうに本として

スポーツをどう位置づけるか

これにかかってるので

我々にとってスポーツは何なんだっていら

ないっちゃいらないんだけどいるのかどうか

ここみんなが考えることをはち点として

いろんな業界が絡んでいくで

世界に日本がどうやって戦うかって

スポーツだけじゃなくて

ビジネスの面でも

プレゼントの面でも

スポーツを使って

どこ行くかっていうことを考えるとで

守るてんの例

でいうとボラ来

シーズンからのヨーロッパリーグの試合

球を取りました

で初めてこのヨーロッパサッカー

っていう激戦区に突っ込んで来というところ

ではそれはやっぱ

日本の企業がもう今

プレゼンスが下がりまくってるんで

ここも儲かるかどうかわかんないけど

まずやってみるっていうところで

行くというところで

皆さんがどれくらい一緒に行けるか

っていうのを期待して

皆さんとってスポーツがもう

日本の子はであると

我々の中心だって

考えれるって言うことを期待しております

ありがとうございます

皆さんもうここに来たってことは

スポーツに関わらなきゃいけないという

使命を帯びたということで

これを機に2人を含めですね

一緒に動いていただければと思います

どうもありがとうございました

白鳥いただければと思います