「世界遺産」ならぬ「日本遺産」を始めたい(下村大臣)

実はまあ今度聖武天皇話

もっともっと伺いたいところはあるんです

けれどもまあ皆さんに

フロアにご質問の時間を返し

しなきゃいけないので

一度お会いしたいと思いますけれども

実はすごく大胆なことをたくさんし

表の行ってらっしゃるわけ今日の話の中には

出てこなかった

ですけどすごい抜本的な法律を

改正をどんどんやって行かれていて

それが出来た理由は何ですかなんてお話

伺ってるのはすごい

公務員改革とかやってるんで

人事権はしっかりトップが持って勤務

表邸の仕方も中央と地方で変えて

とかですねすごくいろんなことをやっ

てらっしゃって

その辺も実際の今

国会でやったらどうなるんですかとか

大事に入った聞いてみたからですけども

そういう時間ちょっと

あのなくなってきましたので

まずはフロアの皆さんにご質問いただく

時間に移らせて頂いてなければ

もう少し会話をしていただこうと

はいお願い

しますと出た日本人は

いつから日本人かということは

すごく知りたいっていうところは

私の質問でございます

今回ですねGわんということで

関西いろんな地方でやってまして

地方でそのアイデンティティをしっかり持たないと

駄目だということをやってます

日本人としてのID

って言ってた

我々空気のに感じておって

そういう大事にして

来約束を守るとかでから清潔にするとか

政治たことに気を使う

口泡あるとか

が利他の心とかいうことが割れたが

なんとなく日本人として

染み付いてるんですけども

その頃からご覧になってて日本人は

優れたリーダーがいらっしゃって

席に私とりなるって

リーダーがいらっしゃっただけでは

日本人ならなかったですね

日本人はいつから日本人であったんだろう

と言った援助と気になってるんで

日本人と何かということでから

いつから日本になったんだ

というところはちょっとごじ

食べただけあるとありがたいなと思って

ちょっと変わると申します

ボートボートあの日本は二度戦争に負けたってね

我々の歴史と感覚では

そんなことないですよね

世界対戦で負けただけで

2度負けたっておっしゃってたので

つまり1回目は

拍数はくすきえはくすきえの戦い

寄せ百済が

滅びたほら悪魔の朝鮮半島の話だという

風に我々歴史の中で習ってたから

二度負けたって感覚は私を持ってなかったら

多分皆さんも思ってないと思う

戦後教育がそんな風に教わってませんから

つまり今の話に繋がりますかね

その国民って意識は

その領土領海と関係なくまた

当時は日本列島全部が

聖武天皇の統治のエリアでもなかったですから

その辺でですね

そのエリアとそれからあの感覚として

天皇がお考えのエリアと

それから国民が感じてる

自分自身のアイデンティティとしての日本人なら

多分ちょっと違うし

多分もあったんじゃないかなと思うん

ですがその時代背景も含めて

ちょっと合わせて話をしていただければ

ありがたいと思います

あのエリアについてはですね

やはりあの外国を意識するかどうかで

エリアは決まって

この日本という

日本列島という地政

学上の問題が一つありますよ

これはそのユーラシア大陸歴史世界になる

わけですけれども

その一番東の端

しかも遊んで離れ小島であるということですね

そうするとそこで発展しても

どうしても

その限界があるいのなかのかわずんなってしまう

ということを

その時々の立派な為政者は

感覚的にわかるんですね

これはあの術は卑弥呼の時代からそう

なんだから卑弥呼は施設を送るわけですね

それから和の五王の時代も

まあ送っていくわけなんだね

しかしそれらはすべて

中国の属国としての認定を得て

中国の何々の将軍である

ということをありがたく受けて

そして鏡も貰って

そして国内をそれでまあ

その平定するとその

道具に使うということだったんですね

しかし今のごの時からひゃく年ほどの間

今ですねもう

そういうその中国の属国になるのは嫌だ

というので行かなかった

しかし行かないと

やはり文明の発達というの

取り残されるということは

気がついたのが

聖徳太子なんですね聖徳

太子はそれで送ったって

あまりにももう

文明の差が開いてましたので

遣隋使は行ってですね

中国の皇帝から馬鹿にされた

日本の歴史の書き方としては

そういう書き方をしませんけど

向こうので残っているものを見てることを

完全にそうで

それで中国の最新式の法に

基づく政治これを

自分たちも取り入れないといけないというので

律令体制が出来上がっていくんですね

つまりはその時代の東アジアにおける

一等国になるには

どうすればいいかいうことね

まず自分たちの自前の方を作るということ

でから年号を持つということ

それから歴史書歴史

を持つということ

これはあの中国がそうですからですね

それで歴史上の片山もてん持ってんのは

始めようとしたんだ

ところがこれがなかなかの難しいね

とりあえずは大宝律令がななひゃく

いち年に出来上がった時に

これをとにかく持っていって言っても

黒だということを示すお

じゃないかということで検討しよう

まあさんじゅーさん年もそれ

それまでは派遣しないというのが

天武天皇の考え方だったね

でその時に初めて

自分たちの国は日本という国です

よっということを無効に表明したので

それまでは倭国という皆さん

よくご存知ですねにんべんに

任せるというね

まあ日本人は

これは小さな人間を意味してるって

周り症だと言うので

家が建ったいうことでそのま日本というね

新しい国語を前に

中国からすると国語を変えるということも

中国の皇帝の許可がいると言うか

頭になってるんだよ

それで日本といえども自分

たちとしては

皇帝の徳を慕って行ってくる国のひとつだ

ということですね

ですから日本側としては独立国だと言ってる

そういう考え方と向こうと会わないんですね

つまりはダブルスタンダード

ダブルスタンダードによるガイコツんだここで始まる

必ずというのは特にその新羅国お

隣の国だね今も難しい関係ない小さな国で

そんな独立国でもないのにですね

自分たちは皇帝だとか唱えてるとかね

星から星がない天皇家はですね

我はないみたいに

あのファミリーネームは持っておられないですね

なぜかそれがその笑いのタネになるんですね

どこにしたら

人類の歴史の中で星を設けたのは

古代のローマと中国だけなんで

中国の文化の恩恵を被ってるところは

星を後の時代はセーラー天皇家にあったの

しかしそれは結局

中国の文化にハマってしまうことになる

いうのはで

星というものは設けない女性は

どういうがいいんです

かったかって言うと

ルアーばそれは

無から有を生み出す価値なんですよ

どういうことがあってて

分かりやすく言うとですね

信長はこんなお茶碗とつおね

これは異国の価値があるんだ

言って渡したでしょ

あまりそういうことちゃんはに興味がない

人間からするとです全くガラクター

を一刻に値する価値文化ですよ

文そういうものはねか違うそれと同じで

もっとそれがはるかにですね

そのせいというものを有益に使ったのが

あの天武天皇であろうと思うね

それでそのかばんで星をもらうことによって

自分達は天皇のにお仕えする人間だって

人々は皆です

ねまあ生はまだもらってないけれども

天皇の近江だから

今ねだいに押しちゃった感じで書けば

公民大丸公民館のゴミなんですよね

そこでそういう意識が出来上がって

当時まだ東北の地方が

独立的な意味しておりましたから

できるだけ天皇の支配に入るように

という事を進め

ていくわけですけれども

なかなかやっぱり自分たちの意識は強かったもん

ですからそれはあのまあ優遇措置

今の香港がどうなるかという問題ありますか

言う事してきたんですね

それがあの時になってくると

徹底してまあ

討伐するという対象になってしまったっての構え

ちょっと

日本としては悲劇だと思うんですけど

まあそういうことで

日本という形の国民ができた

ですから私はむしろ

この成立の歴史を順序だって学ぶと

名前を覚える年代を覚えるよそにクイズの音

大罪を与えるんじゃなしに

その教育の題材として

そういう歴史の学び方をするという

のが非常に大事で

それが日本という

我々の相手に入っていたようですね

天皇という存在も含めて

もうそんな存在は世界に無いわけですから

そしてそこにはちょっと先ましたけど

権力と権威というもの

俺はものの見事に

日本の場合は分けたんですね

それは開けなかったら権力

を持ってるまだ必ず

自分を守るために城を築きます

頑丈なねそんな白ないじゃないですか

平城京にしろその前の藤原京西野ですね

それが日本だと思う

私ははいありがとうございます

他にはいはいありがとうございました

あの妙心寺の松山と申します

あの北河原長老とダボス会議に行か

せていただきまして

大変勉強あの子はんなんで批判より提案を提案

実行をということで

お大事に一つのご提案をさせていただきたい

と思うんですけど

あのさっきその仏教が

ちょっとこうクローズドなイメージがある

という風におっしゃってましたけど

最近それちょっと変わってきてる

と思ってまして

あの子と今年のまあ

私があの日だしっぺでやったんですけど

あの京都で宗教者駅伝ってなってですね

俺はあの仏教のお坊さんから

キリスト教の神父さん

そこからイスラム教の今につないで

最後は神主さんが走るとかですね

もう一つの助けをあの宗教家だけ

でつなぐっていう駅伝を開催したんですね

これ来年は2回目あるんですけども

そういう試みを始めたってことと

もう一つですね

あの尼崎なんですけど

コミュニティFMですごくこう

素晴らしい書的なFM番組始まってですね

これはどういうタイトルかというと8時だよ

神仏習合

って英語でどういうバグがというと

このあのアルビスなの悩みをですね

神社の神主さん

仏教のお坊さん

キリスト教の牧師さんさん

人がお悩みにさん人で答えるって

声番組なんでこういうことで気になったし

日本だけやと思うんですね

よくはものすごく画期的なことだと思う

んですよね

あの提案なんですけども

あのま2020年にオリンピックが開催されます

が先日あの中田英寿さんと

ちょっとあの一緒にご飯食べてる時に

是非やりましょうって行くことを提案があって

ですねこれは

あの家の妙心寺をろっぴゃくごじゅー

年経ってますがずっと火を使っ

てる絶やさずに残ってる日があるんですね

でそのいろんな日本の宗教施設があって

すごい大切されてる日があると思うけども

そのキリスト教もイスラム教のモスクも

仏教のお寺も神社も

そういう日を集めた

本当の日本でしかできない

聖火リレーやりたいなって言ってんじゃ

これは

世界中でも絶対日本でしかできないこと

この本当に私は真剣に

この世界の宗教界で

日本の就業がリーダーシップ取れる

と思ってるんですね

てその一つの形として

この日本でしかできない子の聖火リレーと

宗教の本当のセイクリッドファイアですね

それのリレーを是非このオリンピック

とやりたいなと思ってますので

ご協力とご提案を

させていただきたいと思います

それは素晴らしい提案ですね

その日ってないちなみ

どれぐらいそうなんですか

その日ずっと寝点してきた日ってのは

何箇所ぐらいそうなんですか

そのそんなにあるか

そんなの需要があると思い

ますからそれそうですか

はい調べてもらったら素晴らしいですね

はいでももちろん

協力できるとこできないとか

あると思うんですけども

できるところだけでも個集めると

これだけいろんな宗教がありながら

宗教は違うからって

言っていたことは

ほとんどないわけじゃないですか

日本って奇跡

的なことやと思って正解ですね

でこれをもっとあの世界の皆さんにも

そして日本の国民の皆様にも

誇りを持っていただきたいと

その一つの形として

聖火リレーとの是非やりたいと思う

素晴らしいですね

あの来年からですね

私が提案して

今度の文化庁でやることになった

んですね日本遺産ってやることしたんですね

世界遺産それから国宝とか

重要文化財たんですけど

だから日本遺産

日本遺産があってもいいではないかとで

コンセプトというのは

国宝とか重要文化財たってんですね

日本遺産って何ですね

それを面でとらえるこれはあの同じことを

実はこのすぐ近くの

比叡山の延暦寺に行った時

私書いた後も

ずっとほうとうが空いてますよね

ひが途絶えずに世界遺産でところが今ですね

年間ごじゅーまん人ぐらいしか

観光客ってますかね

参拝客が来てないそうな

宝の持ち腐れなんですね

それはそうと慣習持っていて

比叡山延暦寺にで

そこから色んなこの仏教の宗派が

生まれてますから

そういう関心がある人

彼氏が好きな人は行くかもしれないけど

例えば外国人が入ってもですね

その古い根本中堂

建物があるなっていうだけですね

それでおしまいだから魅力を感じない

ただ日本的な建物がある

だけだったそこいいですね

これは私外国人から言われたんですけど

高いってもね

ああそういうふう

昔の古い建物があるなだけで

それだけの話でディナー

しかし色んな自分で勉強するとですね

ものすごいストーリーがあると

そんな比叡山延暦寺歴史的ですね

だか勉強すればするほど

言ったらすごく感激感動する文があるけども

それを元気ですね

ソイストーリー性をもって

初めて行った外国人でもわかるような

そういうこのソフトってますかね

本当の意味と思ってないんですけども

そういうもの作ったらリピーターがたくさんあれ

世界中から行くと同じようにですね

そういうそのというコンセプトですね

なんか食がネットワークを作ってて

それぞれの歴史の中で

元々の方通っていうのは違う

と思うんですが

でも妙心寺の本当とは何ですか本当ですね

妙心寺の方とは濃いスタートで

恋始まりが延暦寺はこうだとか

それからあの灯台もそう

ですかというような形でですね

そのそこにこの日本遺産的なコンセプト

例えば作ってあったらしいね

それは日本人だって

じゃあ行ってみようかなと

今まで妙心寺行った人であっても

そういう視点から見たことなかったから

じゃあ行って

聞いてみようかなって

言うんやなるわけです

ね同じようにですから

日本は宝の山だと思うんですよ

もともと持っている文化遺産を活かしては

そこに光を当ててですね

今みたいなコンセプトをいろんな角度から

いろんな形で作ればして

日本人だってじゃあ行ってみたい

そういうものを吐くるってこと菓子を買い

たいしたですね

発信することだと思うんですね

ぜひそれはそういう来年

日本遺産始めますから第いちごーなるようですね

是非考えてください

でもそれはネックに通ってね

その役にがそんなことわかんないですよ

皆さんがこういうものがあるんだって

こういう神社仏閣と連携したらね

いい子できる

という提案が出ないんですね

なかなか始まりません

同じように地方創生も

国が補助器をばらまいたら

全然効果ないでしょね

昔のないです

うちの地域はこういう形で

これがある人はこういう人がいる

だからこういうことで

調整をしたいっていうことでないとです

長続きしないと

思ってねそういう地方は活性する

発展する可能性はあると思いますし

ぜひそういうことを考えて頂いたら

日本遺産でバックアップできると思いますので

頑張っていただきたいと思います

ありがとうございますありがとうございました

ではあと一人だけもしいらっしゃったはい

マイクを前にお願い

します品川女子学院と

家の女子高のごじやっております

漆と申します

あの今のお話にちょっと刺激を受けまして

質問とてなんですけども

質問はあの今日本の子供たちが

その日本人のよさっていうところを

あまり認識していないって

風に日々感じておりまして自己肯定

感の高い女子高女子を育ててるんですが

どこが良くて

それをどういう風に来を世界に発信して

貢献できるのかってこと

中古ぐらいの教えたらいいかということと

後でやなんですが今の日本遺産なんですが

各あの学校にですね

ちょっとキャンペーンをしていただき

まして子供

たちがプロジェクトベース学習で

地域のことを学んで

子供達の提案も

日本一さんっていうのが出てくると

子供がやると親も巻き込まれますよね

なので是非学校にも呼びかけていただきたいな

と思いますありがとうございます

体調ご提案の方は分かりました

ということでよろしい

でしょうかはいありがとうございます

ちょうどご質問に関しては

いっぷんごじゅー秒しかないと

教育にどう生かすか

ということですかよさですね

まあ自分の所が言いよっと

自分を売り込むとするところは

たくさんありますのでね

なかなかの選択選ぶってのは難しいんですよね

なんだか

の意味でこれは素晴らしいということを

どのような基準で選ぶかによって

子供達にそれが訴えられるかどうか

子供は精神的にも成長していきますので

なかなかの家

一筋縄ではいかないように思いますけど

どうでしょうかねえ

まだお店がやっぱりその手本を示さないと

やはり親

が子供だった床を叩くと

叩くのも教育の一つだと言われれば

それだけの動画すぎるケースがものすごく多い

ですわねそれから

一番問題は先生先生がですね

やはりあのところによるとまそういうところ

もちろんばっかりじゃないんですけど

学級崩壊しかかってると

その場合に子供を納得

させるのはどういうことかというと

試験のてんとかですね

あれはない身上でそのも悪くするよとかね

お年をかけるという

先生が増えてきてるようにも

ちょっと聞くんですよね

でそれではますます教室の中は治らないので

やはり先生がまず必要かなと

もう大丈夫と思い

ますけどはいありがとうございました

もうぴったりあとろく

秒というところでお返事頂きまして

本当に今日は

あの大臣がもし会の会費もしてくださって

私は時間の管理って言ってたんですけど

時間の管理もしてくださって

何もしない司会となりましたけど

ママさんにその聖武天皇

もそうですけどみんなでっていう間だ

神はまさにそれをご体験くださったのかなと

大事にですから

上からコメントだけするんじゃなくて

本当に下駄の量で学ぶっていう姿を

こうやって見せてくださったこと

深く感謝するとともに

まさに長老からは

何度も言われていたのは昔

の話をしますよ

でもそれをどう理解し

現代に生かすのは聴衆の皆さんだから

ねっと繰り返し言われておりました

それでは今日のお二人の対話を

あの皆さんもう一度こうか

みくらの心の中で反芻して頂いて

どう日々のリーダーシップの中で生かしていくか

今後生かして

いただければと思います

今日は皆さんご参加いただきます

ありがとうございましたりに

大きな拍手をいただけるかと思います

ありがとうございます