過疎地や政府の手が届かないところへテクノロジーを

今日はコペルニクの代表だからです

よろしくお願いします最初にですね

あのコペン陸の活動の様子の

ビデオをご覧いただきたいと思います

コペルニクが東ティモールに戻ってきました

当たるロトにソーラーライトを届けるために

鶏肉は常に当たるで活動していますが

今回は初めて島の

東側の村行きました

ここで美尻等を拠点に活動している

現地ngoのムーブ

フォワードとの新しいパートナーシップが始まります

買ってきてパパレストラン

ソーラーライトのプロジェクトは

大成功に終わりましたが

まだまだニーズがあります

コペルニクが引き続き

ムーブフォワードと共同で綺麗で安く

効率的なライトを

この美しい島で

最も譲渡する人々に届けていきます

簡単なあの活動のビデオでしたけれども

いい頃ですね

あの東チモールという国で行ってる

活動のあの市風景なんですけども

あのさけどえーと紹介でもありましたように

国連で長い間仕事私は知ってたんです

けれどもその中で

もう少し何か効果的なあの

やり方はないのかな

という風に思うようになってきたんですね

あの一つその私が気になってたことに

あのなんか個性が狭いといいますが

ま国連と言うとですね

私もそのすごくグローバルで

いろんな人が働いているという

イメージがあって

実際その国籍とか

まあ文化のバックランドみると

これほど多様なところはないと思うんです

けれどもあののも

その集まってる種類の人間がですね

非常に近いとであのまあだいたいですね

同じ大学院に行ってたりしてですね

あそこねみたいなところでそういう人たち

が集まって仕事をしている中でですね

あの新しいアイデアも出てこないし

同じようなあのやり方で仕事をですね

何十年もしてるんじゃないかな

私もその中にいてですね

同じような事をやっていたというのは

あのもちろんあるんですけれども

聞き取ってそのどうやったら

ええ恒常的に新しいアイデアを取り入れてですね

よりインパクトを出していけるのかなってのが

一つあの関心事であったんですね

でもう一つは

あのー国連のような組織やですね

途上国政府と一緒に仕事をするということで

政府への支援が

非常にの中心になってくるんです

ね途上国の支援

途上国のの政府が力をつけることによって

それで途上国の問題を解決していくような

方向性をつけていくというのが

あの国連の仕事なんですけども

なかなかそのそういう政府

レベルでの仕事だけだとですね

あの普通の人々の

生活に変化を与えるということ

はちょっと離れてしまいがちなんですよね

大きなその大きなと言ってあれなんですけども

制作の話はするんですけども

なかなかそれがじゃあ

一体どういう変化を

普通のおじちゃん

おばちゃん達に起こしていくのかとなると

ですねこれはなかなか距離があるなぁ

ということをすごく

感じたんですね

でその中でも私も来週はですね

いろんな人を引っ張ってきですね

まぁ企業と一緒に行ったり

何かこっち側いでよ

どうにか入れられないかなということで

いろいろ試してはいたんですけども

あのまぁある時点で

これはちょっと自分でなんか

やってみるのもいいん

じゃないかなということで

それでコペルニクという団体を立ち上げました

であの基本的にはですね

何をしてるかと言いますと

この三つをつなげているということね

三つの一つ目が

テクノロジー製造者左下ですね

これはの作業とのビデオの例でも

紹介しましたように例えば

ソーラーランタンみたいなものですね

でそういうその途上

国の貧困層の方々が使って

その結果生活がの質が向上するようなもの

それを作ってるなの件

製造者というのが一つ目ですね

で二つ目は現地パートナーですね

先ほどのビデオでも

我々の東チモールでの現地パートナーの

インタビューがありましたけれども

今各地域では

地道な活動をずっとしてきている

ngoであるとか

女性団体であるとか

協同組合であるとかですね

そういうその地元に根ざしたグループ等

これがあの二つ目の我々が繋げてる

車の人たちの柄二つ目ですねで

三つ目があの

資金提供者というとこですね

これはあの個人や企業などの方々で

そのテクノロジーを届けるという活動に対して

資金を付けていただけるというような方々

このこの三つをつなげることによってですね

途上国に必要で

それで貧困層の方々の生活が良くなるような

テクノロジーを最も

必要な所に届けていくとで

最も必要なところは

それをらラストマイルと呼んでるんです

けれどもこれは

あの非常に遠隔地であったりですね

離島であったり普通のはビジネスであるとか

政府の公共サービスも

なかなか届かないような所なんですね

そういうところを主にターゲットに

して活動をしている

というのが来てる時の沖縄モデルです

でこの成績テクノロジー製造者についてですね

あの最初もう少し

詳しく説明をしてみたいと思います

一体どういうテクノロジーがあるのか

ということなんですが

実はですね

この様々な農業教育エネルギー

それから保険IT

水泳性といったまーの六つの分野ですね

この三つの分野の課題を解決するような

テクノロジーをですね

今ななじゅーなな種類を集めて

これを途上国のニーズにつなげていく

ということなんですね

このななじゅーななのテクノロジーなんですけど

も誰が一体作ってるのかとこれは

主にベンチャーnasneベンチャー企業で

このベンチャー企業の出所も

実は本当にグローバルでして

アメリカの企業もあるんですけれども

インドネシアで作っていると

インドネシアの企業も多くありますし

インドの企業もありますしアフリカのですね

タンザニアのような国でこういう良い

テクノロジーを開発してるというえ

べんちゃんはあります

市江波南半球ですね

オーストラリアに行ってね

作ってるようなところもあると

手間ヨーロッパの企業もあるんですけども

主に非常にですね

まだ立ち上げてじゅー年も満たないとかですね

あの規模もまだまだこれから大きくなって

いくというような

ベンチャー企業が中心になっていますね

あのまその一例としては

先ほどのあの映像でも見ましたように

この灯油ランプというものの

課題を解決するようなソーラーライトですね

というランプはですね

はいあの非常に非効率なんですね

いろんな面でまず毎月です

ねあの東チモールで行った調査によると

月々じゅーよんどるほど

こういうだけに使ってたんですね

その月の支出が

ななじゅーどるぐらいだったんだ

今にじゅっぱーせんと

世帯の支出のにじゅっぱーせんとが

とおいに使われている

というようなぐらいま

負担の大きい手術なんですけども

まずその経済的負担が大きい

せっかく火をつけても非常に薄暗い

それから雨煙が有害な煙が出て

室内の空気を汚染すると

あの倒れたら火事になってしまう

というようなこともあってですね

本当にその問題だらけなんですね

まあそういったところにライト持っていく

ということ

で日中太陽光で充電をしてそれだけですね

あの夜の間えーと

グランプリも格段に明るい光が出てきて

ですねそれで煙も出ないし

倒れても日が出ないしで

一度使ってのあの手にするとですね

今まで毎月払っていた

そのじゅーよん

どるの支出がなくなるということであの

様々なあの効果が期待されるものなんですね

これ以外にも

いろんな種類のテクノロジーが出てきてですね

これ本当にそのベンチャーの活発な活力が

非常にあの生きている

文よると思うんですけれども

これはあのルミネいる

という会社が作ったものなんですが

膨らむ膨らませるん

ですね膨らませることによって

まあのこのような枕みたいな

まあこのくらいちっちゃいんですけども

形にして辺りにするんですけども

これ何でこういう形にしたかと言うと

輸送量を削減するために

このような形にしてるんですね

先ほどのこのライトはですねまあこのくらい

の大きな箱に入れ

運んで行かないといけないんですが

これにするとですね

まあとにかく同じソーラーライト

でもじゅー倍以上の量が運べる

ということになるので

これで前輸送費を削減するということで

貧困層の方がとても負担が大きくないように

作っていくとまこういうその

ソーラーライトのバリエーションもありますし

最近あの子にに年ぐらい前ですね

プリンストン大学の大学生がに

年生ぐらいの時に

デザインしたものなんですけども

ソーラーライトソーラーパネルの角度ですね

太陽追いかけるように動かしたら

その就航の効率性が上がってですね

より長い間係

がともせるんじゃないかということも考えて

このような仕組みを考えた

学生もいたんですね

でただ電気は使えないと

電気を使わない代わりにどうするかって言うと

水のボトルですね

あの引っ掛けてで逆側に重しを付けてですね

水がチョロチョロチョロチョロこう

少しずつ落ちてくる

ようにしたんですね

そのまま穴の大きさの加減で

どれほどその水が抜けていくか

ということが調節できるので

それでその対応パネルんですね

この角度があっという間

かなり面白いアイデアを出したような

あのえー学生もいたんですけども

まあこのソーラーのですね本当のこの

分野に関しては

ほんといろんな人が今参入してきて

より良いものがどんどん出てきている

という状況です

あのライト以外の例で言いますと

この調理の問題を解決するというテクノロジーも

実は多く出てるんですねこの調理はですね

あの基本的に

皆様気を使って野菜を炒め

たりですねお米を炊いたり

まあ時には水を煮沸してですね

あの細菌を殺して飲む

ということもするんですけども

あの大量の薪を使うんですね

で左の写真では

よく見えると思うんですけども

これはもう相当大きく無理が出るとで

あの場所によってですね台所がもう完全

にこの空気感

気がしにくいような場所にあるので

とにかく煙があの子持ってしまってですね

はいに非常に悪いとなる

でもその空気汚染ですね

あの最近の国連の調査によりますと

これで死亡する人がですね

何百万人もいると一年間ですね

何百万人もこの空気を吸うことに

よって死亡してしまうと

統計も出てるぐらいですね

非常に大きな課題なんですけれども

あのこれをですね

簡単に解決するためにすね

燃焼効率を良くしようというのが基本的なアプローチ

nasneて燃焼効率を良くするために

今いろいろデザインされた

これはまあの改良かまどとか

ですね調理用

コンロとか言われてるんですけども

同じ巻を燃料として使いながらも

燃焼効率が上がる

燃焼効率が上がると煙の匂い

煙の量が減るということと

それから使う薪の量が

大幅に削減されるんですね

そうなると何が起こるかというと

巻きを取りに行くという負担

が減ると出待ちを取りに行ってるの

誰かというと

常大体お母さんが子供達が取りに行くと

その時間が大幅に削減されることによって

ですねまあ他のより

生産性の高い活動に時間を充てることができる

というようなことになってます

この実はその調理用コンロ夢ですね非常

に今熱い分野でしてこれは何かと言います

とまぁ同じ今度なんですが実はですね

待ってはいよー

太陽光パネル何に使うかというと

下にファンがあるんですね

扇風機みたいのがあってですね

あの太陽光でまーすと

そうするとさらに燃え方がよくなってですね

あの調理の

時間も短縮されるというような

まだあるんですね

下にもあのベンチも付いているので

そこから携帯電話が充電できる

というようなものですね

これは確かで作られているものなんですけど

もこの前のやつはこれいいんですね

インドの会社が作ってます

その他のですねまあ

本当に途上国の

いちいちプロセスを見ていると

常いろんなそのは非効率と言いますか

改良できるプロセスというのが

かなり目につくんですけども

これはあの米の脱穀ですね

これはあの数年前に

私がインドネシアの頭部のですね

プロレスという所を訪ねた時に

脱穀の仕方を聞い

てみたんですね

それとあの右左のおばちゃんはですね

米をポンと置いて

足でこうやって米を高くしてる

右の婆ちゃんはですね

ドラム缶に叩きつけて脱穀してるという話

だってあの見ての通り非常に安価

もっとできるだろう

というような行動様式なんですけども

例えば我々

が紹介しているのがですね

このように自転車の動力を使ってすね

電気が通っていないようなところでも

楽ができるというようなものであったり

今こういうものを紹介したいですね

ちなみにこの空気はですね

インドネシアから出てきたものです

インドネシアのベンチャー企業ですね

でこれはトウモロコシを向く

というシーンなんですけども

あのまお米がなかなか手に入らないとか

ですねお米が少し高いという場所であれば

とうもろこしが主食になることが多いんですね

そのとうもろこしを基本的なやつね

マインド列車の場合

4月ぐらいに収穫するんですがその

後すぐ乾かすんですね

乾燥させてで

一年中食べれるようにするんですが

このプロセスはかなり時間がかかるということで

あのこういうですね

面白い叫ばないで

自転車の動力を使って

この痛みをとるようなものもありますし

これ持って行ったところですね

家自転車ないって言われ

てですねじゃあ

どうしようかっていうとこに

こういうあの同じような

あの原理なんですけども

自転車使わずにできるというものも見つけた

んでまあこういうものも紹介して知ってるか

これはですね

あの元々あのタンザニアに

ベースを持つ会社が開発して普及活動をして

それから

あの真水ですね

これはあの非常に到着でも

大きな課題の最重要課題のひとつなんですけど

もまユニセフユニセフの上映のデータによります

と毎日ですね

子供がさんよんさん人汚い

水を飲むことによって

脂肪にも至ってるということなんですが

この問題を解決するものとして

この浄水器ですね

これはあのバケツを二つ組み合わせて

真ん中にフィルターを付けただけの

非常にシンプルなものなんですけども

これで大腸菌などのバクテリアがほぼ除去される

ということで

こういったものも出てきています

これもですね

インドネシアのま会社なんですけども

元々はですねえーオランダ人の夫婦ですね

インドネシアの津波の後ですね

活動してたオランダ人の夫婦がですね

やっぱりこの水の問題なんとかできないのか

ということでインドネシアでそのままですね

会社を作って起業した

というようなパターンですねで

あの花に水が混じってると

塩分が混じってるような場所ではですね

なかなか取りにくいんですね

でも逆浸透膜何か言いますすね

あのいいんじゃないか

という話は出るんですが

逆浸透膜を使いには

相当なエネルギーがいるので

エネルギーが電気が通っていない場所でじゃあ

どうするのかということなん

ですがこれはもうあの蒸発をさせてですね

真水を作って飲み水に変えてしまう

というような

あのテクノロジーすね

このようなものも出ております

これがあのさこれまだですね

あの左下のテクノロジーの製造者一体

どういう企業がですねいるのか

仕事なんですが二つ目がですね

一番上の資金提供者は

一体どういう形を我々がつなげているのか

ということなんですが

最初ですね個人なんですね

個人の方々で

まああの我々ウェブサイト

上からのあのクラウド

ファンディングもしておりまして

えーアメリカと日本がすね

この今からの支援がですね多いんですが

それ以外でも前ヨーロッパやるとか

オーストラリアであるとか

そういった国の方々から

我々のプロジェクトの資金を出していただく

ということもあります

個人企業が大きいんですね

あのま一番大きいのは

この企業なんですけども

企業の中でも

例えばexxonmobilであるとかJP

モルガンとかですね

大和証券さんじゃるさんとかつね

ベネッセさんは

こういったような企業の方々が様々なます

肝ですね一緒に作りながら

プロジェクトの支援をいただいております

さん番目のグループはあの政府系

それから財団ですね

ロックされロックフェラー財団とか

フォード財団それ

からアメリカ開発町

これはあのjicaの

アメリカ版みたいなもんですね

こういうところとか

オーストラリア外交通商数

小数小数小これは

もともと開発町だったんですけども

最近外務省にいいですね

あの吸収されて

このような形になってるんですが

まあのこのような形で懇親それから

企業政府財団と言ったら

こういったところからあのプロジェクト

実行する資金を頂きながら実行していると

今一番大きいのは

あの真ん中の企業が今一番大きくなっております

じゃあこの現地パートナーって誰なんだなのか

ということなんですが

先ほどのあの東チモールのビデオでもあり

ましたけども

現地で根を張ってですね

ながら活動してるような団体なんですね

インドネシアのこの私が

一緒に写ってる写真のグループはですね

実はあの街を背団体でして

あのこのせんえんが

そもそも旦那さんが亡くなってしまったとか

ですねあの出稼ぎに行っていない

とか病気

で収入持ってこれないとかですね

様子に女性が世帯主となって

収入を得まお金を持ってこないといけない

というような家庭の人たちがですね

女性が自分たちでグループを作って

お互いにあの

総合支援をするような団体なんですね

今この活動は本当に多岐に渡るんです

けれどもアロマ葉の裏にはですね

お芋を植えるやり方をお互いに教えたりって

事もやりながらもですね

あとその自分たちの

法律的な権利をより理解して

政府とかいろんな所にも

いやそれは間違ってるといいよな

あの活動したりもしてるんですが

こういうところですね我々

のテクノロジーを持っていって

こういうそのものがあったらどうですか

ということ言うとこれ是非いいですね

と我々のメンバーに是非普及させたい

ということで

この結果というグループなんですけども

このグループのネットワークを通じて

先ほども紹介したような

テクノロジーを持って

このグループですね

家はインドネシアじゅーにグループ隠して

隠しにグループが構成されてますので

あの一つの場所でやるだけではなくて

ですね多くの場所がカバーできると

これはあのケニアで

行った時のグループなんですけれども

あの頃女性の自助グループが

元々の発端でこの

彼女達の共通点はですね

あのまhivエイズにかかってしまった

という方々なんですけれども

その人たちが

お互いにグループを作ってですねえ

支援しあうというところだったんですが

ここを通じて

良いテクノロジーを持って行ったですね

左下これを先ほどのビデオにも出てくれ

たあの椅子東チモールの出身の彼なんですけど

もこのタウロ島というところ

自分が育った

タウラ島のカンカン環境とかですね

いんこやる気なくしていきたいということで

彼が立ち上げて

MFフォワードという団体を作ってですね

今やってるとリマインドの女性グループですね

このよう

な形で本当にあの絵規模が大きい

ということではなくてですね

地元にどれだけ密着した

活動しているか

ということが

非常に重要になってくると思うんですけども

そういう団体をですね

世界各地で見つけてきて

そこと一緒に仕事をしていくというのが

あの子のコペルニク

の参照をつなぐ

というモデルとなっています