東北復興~次世代に向けた地域再生

只今より第きゅー分科会

東北復興次世代に向けた

地域再生を開会いたします

パネリストは衆議院議員

小野寺五典様

陸前高田市副市長久保田孝様衆議院議員

近藤洋介様のデータは

ATカーニー株式会社日本代表梅澤高明様です

なお本はライフにて動画配信をいたします

それではどうぞよろしく

お願いいたします

ありがとうございます

今日ちょうど気がつくと

震災からまたにじゅーいちか月ということで

あと一か月たつとAさんてん

いちいちがまもう1回来てしまう

ということですね

それに対して我々ありはこの国

どういう仕事をできてきて

これから何をしていかなければ

いけないんだろうと

まぁそういう話を今日

生々しく議論をさせていただきたいな

という風に思います

あのお三方本当に

理想的なメンバーが揃ったように思っています

それぞれこのじゅー

いちヶ月行ってこられた活動について

これからご紹介いただきたいと思いますが

簡単にあの一言

だけご紹介をしておくと

また真ん中の久保田さん

陸前高田の副市長でいらっしゃいます

で鳥羽市長に来ていただくての

元々のプランだったんですが

昨日インフルエンザにかかられて

でもにじゅーよじかんもない

ショートノーティスの中

激務の間を縫って

久保田さん駆けつけて頂いて本当に

ありがとうございます

それから小野寺さん

自民党の宮城気仙沼を地盤とされる

衆議院議員です

今いち年間本当にリアルな活動現場でも

そして国会でもされてこられました

そして民主党衆院議員

近藤さんへtppについて

ダブルヘッダーになりますお疲れ様です

近藤さんも実はピンチ

ヒッターで今日ご参加を頂いていると

ただあのご存知の通り復興

特区あるいは校長の創設ということに関しては

桃川のリーダーとして

旗を振ってこられた方なので今回中央で

そして被災の現場の自治体で

そして被災地出身の議員として

国会と現場の間をいったりきたり

しながら復興の会人として

とってこられてるさん人とお集まり頂いて

本当に楽しみにしています

私あのモデルたさせて頂いた

ひとつの理由は

実はGわんメンバー数人の方と一緒に

福島で具体的な復興構想の立案を

昨年の4月からですねさせていただきます

で相撲

福島でのまこさんについても後ほど

もし時間があれば

少しご紹介させていただこうと思います

けれどもまたしちじもそういう意味では

リアルなエフコープ欄に

少なくとも何らかの形で関わってきた

民間人という立場で

少し議論に参加させていただければ

という風に思ってい

ますでまず最初にあの久保田さんからね

学校で数ヶ月のご経験

そもそもどうして陸前高田に取り込まれたのか

というところも含めてご紹介いただける方

お願いします

屋さんこんばんはただいまご紹介できました

窪田ですあのー4月話ありました

とおり本来あのー鳥羽市長の方がですね

来るつもりだったんですが

あのインフルエンザにかかりまして

それで歯の急遽私の方が参りました

まただあの後砂固めるかもしれませんが

あのう市の市長は

奥さんを津波で亡くしておりまして

それまず息子さんがまあ

お二人いらっしゃるんですが

その日のお一人がインフルエンザ

にかかりましては母親がいないもんですから

あの市長が色々違うとしてですね

看病と言うか

そういうのをしたり

色々していたらになってしまった

でそれであの大学は私に待ってきた

ということでございます

私はですね

副市長として就任したのが

昨年の8月マシン

最後になるわけなんですけれども

あのまよくあるシュッポで

走っコーデの内閣府でじゅー

年ぐらい来る直前は

村木厚子統括官も下手ですね

働いていたんですけれどもね

あのーちょっと来ることになった

経緯ってな少し若干

あの買ってるところもありますね

ご紹介しますとあの震災後

の昨年の5月に一度

ボランティアで陸前高田に来ております

でそれはあの佐賀県のですね

武雄市の樋渡市長という方が

あの内閣の先輩にあたる方なんですけれども

でそんなことずっと恋にしてまして

でそれでまあ誘われて東北の復興

何か組長でもやろうぜということで

追い込むた以降ということでお茶屋

特に陸前高田をすごく選んだっていうわけで

実はなかったんですが

そんな形で5月にボランティアで入りました

でそれが実は縁になってですね

後ほど東京に帰ってからえーと場所の方から

あのまま力を貸してほしい

というふうな話が突然あり

ましてですね

ま示される形で

8月からの陸前高田の方に

赴任させて頂いております

あのここそのまま就任してからですね

ちょうど半年ぐらいだったわけなんですけれども

その間昨年ずっと取り組んできました

のがですね震災復興計画というものです

ちょうどあの私が赴任した8

月にですねえー

より避難所から仮設住宅への移動というのが

基本的には

あの陸前高田では完了した月になります

それまでは避難所という形で

公民館とか体育館っていうことで

共同生活したんですけれども

でそれが真一時期

それが人工まだいたにまんに

ちょっといるんです

がピークはいちまん

人ぐらいが避難所生活をしてましたね

それで仮設住宅に今希望者全員移りましてで

その全てに移行が完了したのが8月とで

今は2000個

水で打つ多分さんぜん

ごひゃく人ぐらいになりますが

それ位の方が仮設住宅で暮らしていると

デパス住宅っていう

のはあの大体は

小中学校のグラウンドとかですね

また要らな場所はほとんどするで

使ってると言っても過言ではないんです

けれどもそういう形になっています

でちょうどその8月で

一応その仮設住宅っていう形で

共同ではなくて

家族単位でプライベートな空間で

生活ができるに

なったということ曰く

その8月ぐらいから言わる震災復興計画今後

どうやってそのまちづくりをしていくか

という計画を立て始めたということで

それをまあ半年ぐらいかけて

あの例えば市内のそれぞれの地区で

住民説明会とかその意見交換会ですね

そういうものを各地区ま

陸前高田と大体じゅー

いち地区ってなるんですけども

それぞれやって行ったり

ということでやって行きまして

それでは将来的な例えば

土地利用のあり方とかですね

歩いはどういう作業を

これからどうして行くかどうかですね

すんまちづくりの基本方針的なものを

昨年の12月21

日に定めたということでございます

まこれはあの市議会の議決を経ている

ということです

電話の音の

新再建計画が出来上がりましたので

まあ今年に入ってからはその計画に基づいて

それぞれの例えばへ住民の方の高台店

まだ痛いのが

基本的には陸前高田では高台に移転し

たいという風に希望されてるわけなんです

けれどもじゃあどこの誰か他に移転するか

それも何十箇所をしないでなりますから

その土地の今地盤調査とかですね

村高田移転候補地の選定っていうことを

あの淳二いるということでございます

私がいろいろその半年くらいやってき

た中で今市民が求めているものの二つ

大きな物っていうのは一つは住居の問題で

もう一つは仕事だと思うんですね

で住居っていうのは今仮設に入ったら終わり

ってかそれで一件落着っていうことでは

全然なくてですね

はり狭くて寒いので

でかつその小学校とか中学校

の体育とかスポーツができない

グランド使ってますから出来ないわけですよね

なのでいつか雪から出られるんだろう

そしてどういう条件で

例えば元々住んでた土地がいくらで売れて

それでどう言うた課題といっても

その子なりに学んじゅー箇所か

こうができてくるわけなんです

けどもどこに何時ですね

薄れるんだろうっていうのが

まおそらく最大の市民の関心ごとで出会った

もう一つ仕事だと思っております

というとこです

とりあえず行った話をあのここでございますよ

是非けいこの話もまた

この後で具体的にお話しいただければ

と思います次に小野寺

さんができますか小野寺と申します

ご祝儀の一人ますが

生まれ育ち市地盤が気仙沼というところです

今回はの実家

自宅事務所がすべて津波の被害になりました

あの翌日から入りまして

約にヶ月間水道もなくの電気もない

そういうところで避難民の救出から

遺体の捜索からその後

ずっとあのいろんなことを経験しました

今日はあの是非

皆さんに知っていただくことを

あの用意してきました

ハローズをちょっとひとつ気仙沼含めて

三陸沿岸陸前陸前高田もそうなんですが

次のに枚のこまちの絵が重なっている

次ですねあの津波の実は

予測予報というのを渡し

ても三陸沿岸

ずっといろんな事業でやってまいりました

ですから実はここは

あの世界最先端の葉の津波

予報システムを作っていた場所です

私もあの国会議員なりました

ずっとこの予測をしっかりしようということで

さっ仕事をさせてもらいました

具体的にはあの三陸沖に沖合いの

部位を浮かべてで

その部位から人工衛星で

リアルタイムでおきの六十キロの海底さん

じゅーKMの起きて

そこにどの高さが来たら

具体的に街の中の何丁目

何番地までどのくらいの津波が何分後

に来るってこういうシミュレーションソフトを

全部作りましたそしてわんのオクト真ん中と

あのあの街の方に

テレビカメラが全部入ってまして

あのビジュアルで全部わかるような

そういう仕組みも全部作っておりました

で今回の地震直後

津波の発生その時にもこのシステム

実は動いておりました

この津波の方は実はあの一台の方

これが今回の津波防災支援システムで

沖合波浪計を使ったろうそくの頭で

右の方が実際に津波が来た場所

これ気仙沼市のつです全く当たっています

実はすっかり分かっていたんだですが

不幸はこっからありました

この情報は市役所の防災対策本部には

入ってこなかったんです

理由は福島の原発と同じで大きな

地震でこのline沖合の津波計から銀行へ

その情報がこの子

明日に届くlineが全部消えてしまった

ですから市役所は

実はこの情報知りませんでした

後でわかったこと

そしてもう一つ

この情報は気象庁にも言っていました

これが次は孤独です

気象庁にも行ってたんです

ところは気象庁は

このデータを使いませんでした

具体的に気象庁が何をしたかこの間

気象庁長官がこれを見て認めて

正直言ってあの涙を浮かべて

お詫びをしてました

津波発生のにじよん

じゅーろっぷん地震が発生しました

さんぷんごに

気象庁は津波の警報出しました

宮城は最大ろくM岩手福島最大さんM

陸前高田はさんMです

さんMってどのくらいの高さがろくMって

どのくらいの高さか水面からですから

さんMだったら水門閉めれば

津波は全く入ってこない

ろくMだったらに回は来るけどさん階は大丈夫

積ん水門締めれば多分大丈夫この情報

が流れたんです

そして市役所や消防団は

何をしたかというと

みんな海外行ったんですよ

海外行って水もシミ落としたんです

湿ってる最中津波が来たのは約さんじゅっぷん

ご実際に来た高さは最大の浸水

深ピタッと浸る高さはじゅーろくMです

当然ご階建て暗いところ

で行きます一番高い所はよんじゅーMです

ですから全く水門も意味はなかったし

さん階にいた人も全部流されちゃった

陸前高田であれだけ消防団が死んだのが

気象庁のせいなんですよ

にまん人の方全部とは言いませんが

もっと早く沖合の予報

気を使って津波の予報を

出していれば

もっと被害が少なかったかもしれない

これは去年のうちにわかってました

ですがこの問題を取り上げると

おそらく国会では責任者追求の話になります

復古が遅くなります残念ながら

福島の原発同じことになります

ですからいち年間さん次補正が過ぎるまでは

実はこの話

は表に出しませんでした

これは誰かを責めてるんじゃないんです

せっかくこういう情報があったのに

なぜ気象庁がつかなかったこれが悲しい現実です

沖合の波浪計の整備をしたのは

国土交通省の港湾局

そしてこのソフトを作ってくれたのも

国土交通省の港湾局気象庁は

同じ国土交通省だけど気象庁は別だ

気象情報は別だということで

このデータは

同じ役所の中でも共通に使わなかったんです

悔しいことにこの事私国会で指摘してました

2010年の3月11日ちょうどさん

てんいち日のまるまる一年前に

衆議院災害対策特別委員会でこの

話を国会で質問してたんです

当時の防災担当大臣は中井担当だ

これで聞いたら覚えてないと言ってました

その時一年前にこの指摘がうまくいってれば

これはでも地下かもしれませんが

実は後からわかったのは

沖合の高さが

沖合の波浪計の津波の高さ

よんMでした

ざっとした経験則でも

必ずにじゅーM以上が来る

これがざっとした経験則でも出るそうです

その数値を見た瞬間に

この事業に携わってる人間だったら

これはにじゅーM以上だ

そうなったら予防の仕方は違います

水門なんて閉める音

考えるなさん階なんて無理だってご階建て

あって危ないみんな逃げろ

これが一番初めに

気象庁が出したはずだったんです

残念ながら気象庁はその後だんだん修正

オナ警報修正しました

修正した後で

実はも津波が来た後に

少しずつ修正を直していきました

私の隣町南三陸町というところがあります

防災庁舎さん階建てです

その屋上に蝶々他

貴重さんじゅーにが逃げました

何故か一番初め津波ろくMです

街中のろくMです

防災庁舎はさん階建て屋上までも来るわけない

みんなそうして防災乗車に残ったんです

nhkで遠藤美紀さんという方が

最後まで放送してるシーンが流れました

あの防災庁舎です

ろくMだったから逃げなかったんです

そしてサイパルの津波が来た時

これはみんな誰かそうだっていうことで

屋上に逃げました

さんじゅー名屋上にいたんです

津波はきました蝶々は生き残りました

議長は死にました

さんじゅー女のいち

はち人だけが生き残りました生き残ったか

生き残るなかりはたった一つ捕まった場所です

屋上の非常階段の手すりにつかまった人は

生き残りました

屋上の兵士に捕まった人は

一緒にフェンスごと流されました頃

捕まった場所だけで生き死にが違った

ということは

こういう事例が今回たくさんありました

最近地震が多発をしてい

ます心配なのはもう三陸沿岸ません

年に一度ということです

また来るかもしれませんが

でも一度大きなものは来ています

ただいま心配されてるのは

東海東南海色んな所で心配されてます

せっかくこういうシステムがあったのに

活用できなかった

これを今気象庁に一生懸命治し

てもらってます

気象庁は沖合に

これからもっとこの部位を浮かべる

経営計画をしています

西日本も含めて

官邸に津波計を設置することにしています

今回の経験を生かして

くれるんだと思っています

今今から考えても詮無いことですが

一点だけこれは是非あのこれから政府に

しっかり対応していたから来ないのは

消防団員です

陸前高田にも

たくさんの消防隊がなくなっています

今回約にひゃくごじゅー

よん名消防団が死んでいます

消防団員ってのは消防署員ではなくて

lineいっぱいの仕事を持ってる人が

消防団で警戒に当たってる人この方が

亡くなって今回その保証金です

保証金は元々の原子が足んないから

ろく割減らされて

よん割しかつー

条の規定で支出されてないんです

猫の原子というのは

国が出してんじゃないんです

消防協会というところが出してる

だから消防協会のお金はもう無いから

普通にせんまん

出るところ1千万以下の今回

お金しか出ていない消防署員だったら

何千万も出てるんです

そのボランティアの団員の方でも

この情報を見れば

これは私は政府に責任があると思う

せめて水門を閉めに行った消防団の形には

通常の金額の私は支援が必要じゃない方は

こういう

こともこれから

しっかりやっていきたいと思っています

会のいずれにしても

これから復旧復興となりますので

この子入れというのは

誰かを責めるということではなくて

ぜひあのこういうことを

これから全国で整備をしていただいて

もう二度とこの三陸の悲劇を繰り返して

いただきたくない

そういう思いで紹介をさせていただきました

あの防災という観点で

どういうシステムを

しかもそれが

ハードな意味でのシステムだけではなくて

どちらかと言うと運用も含めたソフトのシステムは

今回の学習から我々国全体として生かすか

あるいは世界にそれを伝えていく

かという意味ではまご提言問題して

キダリゴという間だったってことですね

ありがとうございます仲人さんお願いします

あの男にお伺いしたいのは

山形ご出身なので

海では現地での話もあると思うんですが

全くに中央で待とうとするから

セーフでどういう議論をしてどんな

ものをここまで整備をされてきたのか

その辺りのご活動

中心にお願いできればと思います

はいこんばんは衆議院議員の近藤洋介と申します

あの私はの自己紹介申し上げますと

選曲は上杉の故郷山形県

米沢市を中心とする山形肉というところで

現在3期目であります太郎さん

てんいちいちの日は

私はあの当時は

の総括副幹事長という立場で

えーと時岡田さんが幹事長代理ましたけど

そこの総括副幹事長役としてえまあ

あの頭の震災本部で

様々な事やってまいりましたんでね

もっぱらあのその後は

戸川で復興ビジョンチームの事務局

長やってみ

たりそして東日本復興特別委員会

小野寺先生も入られておりますが

私もそこであの理事としてですね

いわゆるあのさまざまな復興関連の本

あったが楽ですが

とりわけ関わってきたのが

被災された方々が中小企業な方も

個人の方々も四隅借金を抱えて

手で新しくお金借りる

これ貸してくれないよ

どうするって言った恋夜にじゅーふん問題

猫のに重ローンを解決するための法案

新しい気候を作ると

まあの借金を有り体に言うと

しばらくじゅー年からじゅーご年

塩漬けにして行こうじゃないかと言った

政府の機関を作る法案

これはあの自民党の片山

先生片山さつきさんとかですねえ

公明党の先生方と一緒に作って参りました

と言われる復興三方庵

昨年の臨時国会の時に

二戸二戸庁設置法案

ちょうど昨日復興庁が出来上がりましたが

復興庁設置法はそして復興特区法案

フックをを作ってこと言うと

この子とコアの散歩は

にじ通常あの修正協議も含めて

関わってまいりました

あの全体の姿を申し上げれば

色々ご批判は本当にある中でアロマ

今現時点で

おそらく避難所に生活されている方

ということだけ申し上げればろっぴゃく

きゅーじゅー人ぐらいなんだろうなあと思います

当時よんじゅーさんよんじゅー

まん以上でしょうか

よんじゅーななまん人ですよね

避難を余儀なくされた方々が

それが今は数字だけのことを申し上げれば

ろっぴゃく人第に位なりました

まああの瓦礫もまだまだまだまだだと

そういうのは本当に理解しておりますけども

それなりに良いが

出来形はまあまあまだあの

進んどるといろんなことは言うかと思います

ただほんとに

あの今村先生から大変

リアルなお話がございましたが

やはりこの千年に一度の震災で

それぞれの持ち場持ち場で

この経験から学ばれていかんだろうな

と思ってます

あの一言で言うと

2月の10日に復興庁はやっぱり遅かっ

たらこういうことだろうと思ってます

実はあの東ご側で

それこそ梅澤さんの話も聞きましたし

岡田さんがですね

当時震災が起きてから

一か月後ぐらいですかね

色々なあのコンサルティング会社暑いでしょうか

マロンマッキンゼーさんだとか

ボスコンさんだとか様々なですね海外の

指揮者の方ももちろん国内の指揮者の方

様々な指揮者の方が

他の話を岡田幹事長の賠責で

色聞いておりましたで

言ってん京都支店のは

特に海外で大きな震災を受けた

経験のある方々が共通して言ってたことは

震災後にヶ月以内に

強力な権限を持つ役所を作って

くださいということは

やはり共通して言っとったなー

ということはありますね

ここやはりロックこれだけあって

2月の10日に復興庁かもこれもですね

まああの整形元は

何時に反省しなきゃいかんですし

ただ有り体に言うと議会のしくみ

日本の議会のしくみっていうのもござい

ますこんなこと言うと

かなるかもしれませんが

本当に人生って

こういう時に

まどろっこしいなっていうのもあります

何も我々がさん人でやったこたつじゃないから

強くじゃなくてです

いい同じことに回やるこのまどろっこしさね

まあこんなこと言うと

本当に怒られちゃうんですけど一

回でいいじゃねー

かっていうようなものも含めてね

何て言うか

このいろんな意味での

その時間のかかる要因となるんですけれども

なぜ復興庁ぐらいすぐ出来なかったのか

この方は暗いというのは

いろんな意味で思うわけであります

スピード感の操作中のは決定的だな

ということ

でありますあとマーロウ私の漢字で言うと

あの地元が米沢なんですけども

福島から人口今

米沢市中のは昔じゅーまん人いたんですけど

今はちまんななせん人なんですけど

今きゅーまんにせん人になってます

よんせん人福島から来られております

山形県はよは山形市にも

よんせん人ぐらい来られてんです

全部福島の方ですね

別にそれは

あのにじゅーキロ圏内じゃありませんよは

福島市だとか郡山とか俺が痛い

子供さんとお母さんに怒られて

お父さんは福島で働いてると

こういうパターンですよね

で何歌いが出て

やっぱりこの復興のこと考えると

率直に言って

岩手と宮城はまあ

あの同じグループででもちろん大変です

本当にご苦労されてますけども

まだあの福島ちょっときついなっていうことを

正直に申し上げなきゃなぁと思ってるあります

だからこそですね

相当なことを

今後福島スペシャルと言うか

福島特別措置法も出してき

ますけどもそれだけじゃなくて

予算措置でも職場を作んなきゃいかんと

今日もあのどなたか

子供さんが大船渡の子供さん日のお昼

やっぱり職場をつくるなければ

再生できません

ち来て訴えられてましたけども

まさにそこは福島では新鮮無申告ですけど

特に深刻でありますねそう

いうこともあって

予算措置で言うと立地補助金っていうことで

5000億円の国の予算を組んだわけです

これは企業が設備投資したら半分

マルチ初級のは半分補助金出しますよ

ラジオなら1/3です

よってこういう過去に例を見ない補助金です

けどそのうち5000億円ですけどね全国

で5000億円ですが

うち1500億円を福島に投入しています

相当福島に投入をしておりますが

しかし福島に戻ってきてくれるかって言うと

なかなか良いじゃないという現実がある

何を言いたいかというと

まああの特報はにも関わってきたんですよ

この辺を目指さなんかも現場

で相当ご苦労されてたですね

やはりあのその自治体の知恵なり

能力値のが試されるだけで

他方副市長さんを前に恐縮なんですけどね

残念ながら日本の園

これまでの地方自治体というのは

率直なのでも大変なんです

結論から言います

やはりなんとかその人員が足りなすぎ

ますよね圧倒的に能力が足りない

と言うつもりはありません

だけどやっぱり人が足りなすぎて

人員が足りなすぎる

ということだろうと思っております

んでもう一つはこの問題点

自治体の組織で言うと

あまり県の悪口言いたくないんですけども

やっぱり県庁ってのは非常にです

ねなんか中間的にあまり機能してない

チームのホウボウで聞きます

まああろうそういうことも含めて

その地方自治と言うか

行政たいのありようも含めてね

あのその体制も含めて

これから服を考える時に

特にそのそこで

職場を新しい産業起こそうと考えた時に

今の自治体で本当

大丈夫かなどうやったらテコ入れできるかな

ということを

その道筋人材を集めてどう作るかってこと

そのためには

復興家を作ったわけでありますけど

色んな課題がですね

あの今見えてきてるなあと思います

以上ですありがとうございます

特にあの復興特区法の

ご尽力されたのでま

この後のまた議論の中で

どういうイメージのもマトックをは

どんな風に作っていくのが望ましい

と思ってらっしゃるか

まこれは基本

あの自治体から

いろんなプランニングが来たものを国として

どういう風に形で

とっくに落とし込むかって話だと思いますけど

でも作るかがやっぱり

イメージされたことっても

是非また共有をいただければと思います

で今日の本題はあのまあ

ここまでのじゅーいちヶ月のスピードの話とか

それから自治体やけん

あるいは中央官庁のま

この非常事態への処理能力の話とか

このさんしご指摘されたことは

全てその通りだと思い

ますただまそれを今

言ってもあまり始まらないので

どちらかというと

やっぱりこれから未来に向かって

我々は何をしていかなければいけないのか

そのためにご指摘があった食をどう作るか

そのためには

産業をどう再建するか

ありは陸前高田気仙沼に共通して言えるのは

産業の

最高と同時に

コミュニティ住む場所の最高も

合わせてやらなければいけない

という側面もあると思います

その辺について

ちょっとコーヒーを頂きたいと思うんですけど

どうでしょうもう気仙沼の場合は

市街地はかなり残っております

津波でもタダ元々漁業の町なので

ほとんどの職場が

沿岸部に集中してました

きゅー割の職場が失われました

ですからいきなり出てきたのは失業者です

この方々に今様々な給付をしてるんですが

残念ながら給付が伸びれば伸びるほど

職場復帰が遠のく悔しいですけど

気仙沼で一番初めに新築のパチンコ屋さんです

こんなことじゃいけ

ないということで

給付を今回は行ってきたんで

打ち切りということ

そしてそのための職業

教育をすることが大切だと思っています

さてそうはいえ

実はあの漁業とのありがたいもんで

今回の津波で

海は一切実はあの強されておりません

帰ってむしろ良くなっております例えば

去年の夏一番初めに

私たちが復興で考えたのは

6月に帰ってくるカツオ

これをとにかく水揚げしよう

あれだけ船は全部やられたんで

鰹の船はないでしょう

ということを思う方多いと思うんですが

実はカツオの風呂は一隻も被害受け取りません

かつを撮ってるのは宮崎とか

コーチのあの土佐の一本釣りの船

あれは病状によって三陸沖に来る

ですから津波の時には

一隻も気仙沼になかったんです

これらの船は三陸沖に来て

しかもカツオも今年もしっかりとれて

放射能検査を受けても問題がない

問題はそれを取ってきて

冷やす氷がない氷がないとか

つをとっても鮮度保持できないから

水揚げできないということで

製氷工場いち早く作りました

ということで

去年は実は生鮮月を二本

市気仙沼だったんです

ただ生のカツオだけだと

あの約はち万人の気仙沼

市民の雇用は維持できません

それを冷凍して加工してありは秋には

サンマが来て冷凍して加工して

この全てのサプライチェーンができて

初めて一つの作業が成り立ちます

この復興というのは

実は今一生懸命早くやってます

おそらく1年に年で

だいたい形がつくと思います

今年の秋には

できればまた世界一怒ったフカヒレ

この生産も始めたいと

思っています

嬉しいことに沿岸の養殖今

これからわかるの時期になります

それから沿岸のアワビやウニやそういう時期も

夏には多分帰ってくると思います

牡蠣ホタテこれも大変三陸沿岸だ重要な業種です

全部津波出られました

今ぜろからよん食始めました

不思議なことにセットに

なったんです組が成長はすごくいいんですか

木は今までさん年かかりました

出荷までに一年で出荷できる

柿ができ始めました

すごく美味しいですちょっと小ぶりですけど

商品価値高いせっかくだからこういうものを

これからできれば

入浴の美味しさはままで売っていきたい

そういう

思いがかなり強いです

こういうことで

実はあの今までやってきた産業について

私たちが脳波があります

だから一歩一歩つ見上げれば

多分それなりの復活はすると思うんです

ただ問題はそれでも元の街はたぶん戻らない

なぜかと言うとやめてしまう人も出てきます

水産加工場

も国から今回随分補助金もらって復旧できます

ですがやっぱり元々

そんなにいい作業じゃなかったので

これを機会に辞めていく人も多いんだ

と思います元の町と賑わいというのは

今までの延長線だと多分難しい

だから今日私

ここに来させて頂いてるのは今日会場に

いらっしゃるあるいはこのパネリストの皆さん

いろんな多分もう歯を持っている

たぶん私が知らないのは葉がたくさんある

どうやったら今までの自分の町

それを乗り越えるプラスの何かを加えられるか

それでようやくですね

元のものプラスもう一つあって

ようやく元の街の賑わいを取り戻せる

これが私は復興だと思っていますので

今日は楽しみにしてきました

ありがとうございます

あのあれだけの被害津波気仙沼の被害

最初に確かお寺

参詣を空爆にあったかのような光景と

しちゃったしてね

ハロー被害に遭って翌日入りました

街は燃えて海も燃えてましたそして

自衛隊が入って自衛隊だけじゃ足りないので

あの外交関係したくて詳しいので

米軍にもお願いしました

米軍は行ってきました

最後は陸路で来れないので

SXという上陸用舟艇で海から歯のノルマンディー

上陸作戦のようにして

皆さん帰らが入ってきました

日本の自衛隊

と海兵隊と一緒になって

瓦礫の中であの燃えた

鉄くずお腹を痛い安否確認歩いてるんです

本当に呆然として見た瞬間に

これは修正戦争中の何か

そのデジャブってんでしょうか

本当にあのそんな凄まじい状況でで

準備は何をしてるかというと

瓦礫の中歩いて食べ物探してるん

ですよとにかくあのペットボトルの水

とかえあの米袋流れてきたやつとか

缶詰とか鮎の音

拾ってた方も同じだと思いますけど

とにかく雨拾って

とにかくその日の会有志の持ってるワニさんに

続きましたあのすいません

そんなところは

直後はあったということをやってもその

状態から6月には

カツオの水揚げを再開されてですね

に既に全国いち位の座に戻られてで

今年の秋からはフカヒレも再開されて

すみれはですから

あまり実は顧客の創出

棚落ちというのは

免れることを防ぐことができたと言うけど

それは無しなのは私とこも水産各自

たくさんあるんですが

よく店を取られるという言ってました

今まで出荷して

実は全国の例えばしようかなとか

もずく酢とか

いろんな水産加工を

全国のところに出してるんですが

悲しいことに震災直後

やはり欠品ができないということで

他のお店のものが

そこには並んでいます

これをもう一度でハリ取り戻すのは

並大抵なことではないと思うので

そうですねやっぱり

あの生のカツオは上がって売れるんですが

それを加工したもの

これからどうやって言ってっか

これも大きな課題だと思います

ありがとうございます

あの久保田さん

さっきお話しされたの気温は

腰含めてで陸前高田ですから

当然その水産業の最高っていうのも

一つの大きな角だと思うんですけど

まぁそれに限らず

全体像をもう少し

皆様とシェアをいただけますか

あのそれでちょっと陸前高田市

野間産業の現状ての話したいと思います

あの小野寺先生のあの前の気仙沼市と

はまだ陸前高田隣同士の街です

まただあの気仙沼市は

宮城県の一番北側で

陸前高田岩手県の一番南ので

まあ件はまた勝手なんですけども

あのどちらもその魚魚を中止にしているっていう

手については

まさに願って大体でもそうなんですけども

あの同じような構造をしており

ます家の窓から話が大体似たところ待って

また私はちょっと

そこまで気仙沼ほどの陸前高田の状況は

もう少し時間的に見てるんですけれども

あのそんな感じです

あの陸前高田の競艇のは

洋食が一番多いんですが

わかめかきほたてという感じで

やっているところですでもあの基本的に

はあのホタテとか

あの柿ってのは金をもう1回やり直して

もう何年か

収穫までかかるっていうことなので

すぐに元気にならないっていう

そういう辛さってのは

あのあるんだと思います

嘘川の最初の方にあの話が出たの

パチンコ屋の話なんですけど

これ結構大きなあの

問題だと思ってましこれ

テレビでも報道されてましたけれども

被災地ではですね

今パチンコ屋がすごく流行ってるんですね

これはあの責められないと

困ると思うんですが

そのどうしても

そのいろんな家族を亡くしたりとかですね

そういうことを忘れたいとかですね

あの言っ

ときのそういう間

感情もあるでしょうしそうで

その時にその一時的な一時金とか

支援金とか義援金とかが

まあその例えば家を建て直すとしたら

十分な額ではないかもしれないけれども

それなりの数百万とかひゃくまんえんとか

それぐらい現金が入ってますからね

そういう

のもまああのを使ってしまう人がいるってな

悲しい現実としてあります

後で陸前高田市に関して言えば

そもそもパチンコ行ったんですが

あの全てのパチンコ屋がなくなってしまいまして

今もありませんからすみではしないで

そういう方は陸前高田市内ではいないです

ところが

まぁ気仙沼あるいは隣の大船渡アリオ

住田町おしゃれなパチンコありますので

そちらは何時横通っても

駐車場は車でいっぱいですですね

そういうふうま例えばうちの家のというか

陸前高田の市民であっても

その隣に行ってですね

パチンコをやり方って

結構いるんじゃないのかなと

いう風に見ています

それからですね

あの女と言うか

いろんなその店舗やりたかったとかですね

そういう方は今

どうしているのか

ということなんですけれども

あの基本的には今陸前高田では

その津波がちょうどあのきたから来ない

かぐらいの男ロッテうま竹駒地域っていう

ちょっとそうですね

海から見たらさんよんキロぐらい

離れてるところがあるんですね

でそこら辺のところに今あの立地がですね

ラッシュと言うか

あのそういう風になってますで

ただそれはその本雪の店舗じゃなくって

いわゆるプレハブのですね仮設の店舗ですで

これは国の支援

制度で中小企業基盤整備機構のですね

あの仮設店舗整備事業ってな勝手で

それでその仮説のまあ

これ事務所だったり

テンポだってするんですけども

そういうものが無償で貸与される

という制度なこれ

開いた使ってるわけなんですけども

そういう形でまああの氷もそうですし今

歯医者さんなんかも

そういう仮説のところで営業されてますし

本屋さんとかですね

そういうものが

まあ続々と今あの出来上がっていても

やはり首相は家

なんだかやってかないとですね

あのお子様の目もそうですし

アリバイっていう面から見ても

またその市民のいろんな買い物

っていう間のものは必要なわけですから

あのそういう面では

今だいたい毎週のようにですね

新しいお店ができたっていうことで

あのそういう風になってます

あの陸前高田でも一応

今は居酒屋っていうものも何件かはあります

非常に限られた選択肢になりますけれども

例えば仮設

の間尺の資格でもわいわいっていうか

舌の居酒屋があっても

それもともと海の近くにあったやつが

移ってきたんですけれどもね

ただ場所があまりないので

その前はいっていう

酒屋の中に実は一つ部屋があって

そこは昼間はきらりんきっずっていう

子育てルームってん

ですかそれが使っていてね

それで夜は居酒屋になるっていう

もうちょっとその

そういうぬいぐるみとかいっぱいある中で

夜飲むなな日目お腹出なんですけれども

ちょっとそういう場所のあの省エネと言うか

そういう観点から

そういうことが起こったりしております

そもそも陸前高田では

8月までは

スーパーの一件もありませんでした

ですのでコンビニに切手

なんかのローソンが多いんですけれども

コンビニおわりあい早くできましたけれども

スーパーまああの市駅前やっていう

スーパーが閉店するんですが

前田さんができたのが8月でした

なのでそれまでは本当に

あの普通に食料品手に入れるというなさい

あの苦労していたという状況があります

それから陸前高田では

いわゆる醸造業とかですね

あのそういうものが

割と伝統的なものがありました

またでは有名どころで言えば

醤油の八木澤商店とかですね

あのそういうものもしないに

ましょうよもう一つ

あの山にさんってのもあるんですけれども

どちらも市内にあったんですが

今はその市内にいくらっと顔ですね

立てることができないので

隣町の席とかですね

隣町の方で

とりあえず工場作ったりして再生して

いずれはその陸前高田市がちゃんと復興し

たら戻ってきたよ

ということは一応言って待っていますが

僕ら本当に復興ではいと言うか

そういうのに関係してくる

という風に思います

あのいずれにしてもですね

あの地域今気仙

地域っていう風に言われるわけなんです

けれどもあの若い人がつける仕事ってのは

もともと少ないです

これはあの別に震災だからっていうことはなく

震災前からそういう状況でして

特にこういう子はサミットに参加されるような

学歴の高い人っていうか

大学でるような形が作る仕事ってま

市役所とか農協ぐらいしかそもそもないですから

とにかくその漁業にしても

若い人がなかなかつかなくて

後継者不足って言うな

これどこの地域でもあるわけなんです

けれどもなかなかその仕事の選択肢がなくて

若い人がそもそも残っていない

という問題があります

なので先ほども話し

ちょっと控えてしたんですが

市議会の議員もあのこれの方が比較的

多い一番若くてもよんじゅー代後半

という感じですし

いろんなそのまちづくりの会合をやってもですね

だいたいさん発言するのはななじゅー代とか

ろくじゅー代の方々

大体そういう方が今自治会の会長だとか

曲の組合長さんとか

そういうのやってますから

なかなかその若い人が

残ってもいないし

そういう発言する機会も少ない

と来させようとないですか

そういう状況であるからこそ

若い人の雇用を

どういう作業で作っていくのか

あるいは高齢化に対応するために

まちづくりのあり方を抜本的に見直す

コンパクト化を含め

みたいなあたりはどうなんでしょそう

ですねなので

あのそういうその今山に来て

このその漁業とか

農業とかそういうのが中心だと思うんです

けれども本当にそれを復興するなら

大事な事なんですが

それだけでいいのかという風に思っています

まただじゃあその先じゃあ

どういう新しいものを付け加えていけば

いいのかっていうことに関しては

まだまだ正直あの家の中

でも議論ができてませんし

正直村の復興計画っていうの作ったんですが

どうしても

その今後の土地利用のあり方ですね

あの短期的なことに目が行ってしまって

ですね正直その大きなグランドデザイン

という花ですね

どういう産業がいいかっていうところまでは

ものすごいコンセンサスと言うか

出来てるわけではありません

またその中でいくつか出てきてるのは

例えば今これはあの伊勢市駅

ドコモ割とフット服装なんですが

一つはまエネルギー関係ですよね

再生エネルギーっていうことで家の

陸前高田市も環境未来都市っていう形ですね

他の近隣の一緒に選定されたわけなんです

けれども再生可能

エネルギーご枚うちまた言おうとかですね

そういうものを言って行こうという話

それからもう一つはま防災面と言うか

あの陸前高田市は今

防災メモリアル公園って大きなもの

ですねこれ追悼の意味と

それから津波の被害を

後世に伝えてくっていう意味で

作ろうとしてるわけなんですけども

そういう防災関係のもので

人をこれから外部から

あの仕事はそういう話はあります

ありがとうございます

あのちょっとこのさんにとっくの話を伺う前に

少し私どもが

自慢のメンバーのサポートも借りて

福島で提案をしま

今も推進を続けているプロジェクトを

簡単にご紹介させていただきたいと思います

でも占った方

いらっしゃるかもしれませんけれども

これは8月の朝日新聞の一面に出た記事です

左の方に地図が小さな実があって

恐縮です

けど中通の一番南側にある西郷村というところ

とそれから会津の一番南にある

下郷町という二つの自治体に

5月に我々がご提案をしてれーじかん

メンバーの中で言うと

藤野さんとか

木内さんとか楠本さんとかするから堀さん

こういう方々にも初期段階でも

ブレーンストーミングお手伝い頂いてます

のコースを打つ気に入ったので

それと同時に左側の方に

企業名がいくつも並んでますが

の代表的なところで言うと

植物工場の丸紅とかスプレッド

自然エネルギーの東芝

あるいは介護福祉で日セントケア

このような会社さんが投資を前向きに

検討したいと

現在にじゅーご社ぐらい

前向きな態度をもって頂いてる会社さん

今抱えつつどうやって

これを現実に落とし込んでいくか

というところでまた異変ストラグルをしています

突然その苦しんでいる最中に

実は今度さんとこにもお邪魔をして

この特区法案をちょうど作られ

ていた頃なので

特区法案への落とし込みでも

是非この辺のところをご箱缶あいただきたい

なんていう話にも言ったというのが

数ヶ月前でした

でやろうとしてることは残ってましたけど

やっぱり新しい産業を作ろうということで

器あの農業を実際形にしようとね

福島の場合

特に放射能被害

あるいは放射線量は

実はこの地域はも

すでにそんな痛くないんですが

skype風評被害があるで

それをクリアするために

完全閉鎖型の植物工場を確認しよう

というのがこの上にあるグリーンバレイですね

植物工場とのご存知の通り

普通にやればやっぱりコスト高に

なるのでこれは六次産業化して

川下まで統合をする

的に言うと

工場の中で作った野菜を

その同じ母屋の中でカットしてで

カットしたものを

その隣の校庭でパッキングまでしてね

それで大王て氷とか

あるいは英語でフードサービスに収めていくとで

当然供給の変動を

なるべく抑えないとコスト効率上がりませんから

大口で需要を相手に確保した上で

その需要に対してなるべく平準化した

供給とカードを作るとこれができれば良い

植物工場としても十分ペイする

という目処は立っています

でそれをなせっかく福島でやるんであれば

これを再生

可能エネで回すということを考えてるの

この上がです

それから下側の方で

よん番の福祉医療とありますが

これは県内最大の福祉施設の集積

太陽の国というのが

既にこの地にありますね

そこに介護士の養成学校と

それから介護ロボットの実用化に向けた実証

実証実験の

プロセスの拠点を作る

でそれをちょっと釣りしたのが

こんな形なんですが

右側の福祉施設って書いてある箱が

福島のこの現地でそこに養成学校を作ります

養成学校には福島県民だけではなくて

国内他の件

それからさらには

アジア諸国から介護士の卵を呼んできて

日本式に

式の介護の仕組みを

みっちり教え込まで免許も出すで

その人たちが例えば

中国に帰っていく

というところについていく形で

日本の介護サービス事業者が中国展開をすると

こんな形でシステム輸出を介護でやってしまおう

ということを考えてます

そのための拠点としてこの福島の件

何を使わせていただくとこんな発想です

で何で中国か

ちょっと気に思えるかもしれませんけど

中国の高齢化ってのも凄まじい

勢いで進んでいて

中国政府は公に2015年までに

ごひゃくまん人の介護士を養成しなければ

いけないねちなみに

2010年段階ではにじゅーまん人しか

いませんでした

約ごひゃくまん人をご年間で

介護士になるための教育をしなければいけない

国が我々の隣に既にあるんです

で実際我々が今回お話をした

日本の介護大手さんぜん社言っていたのは

過去にーさん年で

中国の福祉施設のデベロッパーから

我々にノウハウをくれ

あるいはオペレーターとして入ってくれ

というリクエストがありました

これ全ての会社さん言ってました

そのくらい実は我々の隣にも成長市場がある

でもちろん日本も介護福祉は成長市場です

ですから日本の成長をドライブするようなイノベーション

ここで起こしつつそれを聞い書を逃さ

ないタイミングでアジアにも持って行こうとね

そのための研究開発拠点としても

福島を使わせていただくと同時に

もちろんお子様を作るね

ちなみにえここで考えている

いくつかの英語の産業集積

全部合わせるとも初期段階でせんひゃく人で

数年後にはさんぜん人よんせん人

ぐらいの雇用を積み上げることができると

当社目論んでました

まところが実にいろんな壁にぶつかって

未だに一発目の投資がまだ決まっていない

という状況ではありません

でちょっとこのさんにお伺いしたいのは

あの床波を通されましたとで

どういうイメージで何を考えて

やられたんでしょうか全くですね

あの梅田算数やってる

このプロジェクトができることをしたい

と思って作ったはずなんですよね

作ってはしぬ

現実様はこの東北から新しい産業と言うか

まぁそのこの地域東北

この地域とな高齢化が進んでいて

勝間あえて言うとその原発の不幸な

事故があって

だからここから新しいものを再生させるんだ

後ので今まで成長戦略の中でですね

成長戦略の中で

グリーンイノベーションと

ライフイノベーションとはられてたわけですけど

もグリーン中のあま農業のことも含めて

グリーンですけど

グリーンイノベーションを起こしてそして

ライフってのは健康産業を中心にですね

新しい恋を作ってことだけど

なかなか飽きるって

これはまああの完了の壁完了の頭って

あまり使いたくないですけど

やっぱり相当抵抗があってですね

小さい成長戦略を作っていくときにも

正樹の風もちょっと申し上げましたけども

介護士を

インドネシアの介護士の方そうですね

日本で相当なトップエリートの女性達を

何年も研究の勉強させても

最後は褥瘡とかなんとかとか

私でも絶対読めないような感じのテストで落とす

こういうことを繰り返してきた厚生労働省で

そういうことを結局できなかったです

これは

散々もこんなこの漢字のテストやめろ

と言っても

厚労省はいやいやあのまぁ

職域のあれがありますからといって

こう動かない世界を現実だったんで

これいうものですね

その復興という名の新しい体験に

もっと似ですね

ごブレイクスルーしたいという思いで

まあ道徳というの位置付け

たつもりですが

現実問題は確かにこのとくほうではですね

その孫年間新規小さく企業は

無税を年間無税だと

風のその即時償却のものだとかですね

相当前世ではかなりの部分を入れてます

R&Dについてもそうです

ですからその前の手当妻

それなりに手当てしてるんですけど

問題は例えばの打ち方のハロー

規制改革のメニューで行くとですね

今の落ち方は

多少の水晶は頑張って

農地の転用規制とか

なんとかはOKにしてくる

一番岩盤が熱いのは

多分厚生労働省の世界だと思うよね

おそらく一番岩盤が暑いんでこれはだけど

あの地域から申請が

あればそれは認めるという形に

我々はその精神で作りましたから

作ってるところはですね

おそらく残念ながら

その自治体の方々は良い悪い抜きにし

やっぱり中央官庁から駄目だ

ちょっと雨だと諦めるんだと思うんですよね

そうじゃないですかね

水を差すわけじゃないんですが現実

があるのでも

法人税の区分で特区を作って頂いても

法人税収が払えるぐらいまで

例えば企業は稼働するとかありはの現在

被災してる地域で

法人税なんて頭に全然ないですから

あのそれよりは

逆に真水がどれだけ来るか

自殺を出してもらっています

あとはですねこのトック全て

の中でいっつもこうも習ったんだ

実はの介護の学校は

確か千に作ったんですよ

地域振興のために

ろく年かいち年ずっとやりました

とにかく人を集めようと思って

陸前高田から起きてくれました

ところが最終的には人が減って

やっぱりも傾眠状態にしています

何故かと言うと

学びたい人学生たちは

実は介護を学びたいということ以上に

ある面でとしみに住みたいですから

仙台の専門学校だったら人はいっぱい来るけど

気仙沼のようなは

被災したの歴史ではなかなか人は来ない

今回色んなたぶんメニュー私たち考えても

よほど何年間も梅酒を全部出して

くれるというぐらいの音

草がなければね付かないんだと思うんです

やっぱりその最終的に

通常のレベルの支援であれば

学校であればやっぱり大都市圏三陸沿岸で

もともと農業の問題で

その例えばその野菜工場を作ったとしても

メジャー流通コストを考えたら

それだったら同じ野菜

工場作るんなら帰って

大都市圏の方がまだ流通こと少ないねと

これはあのいろんなその何かを

特にほどしないと簡単にはいかないな

という印象を持っています

またこしゃるとおりですね

本当にその法人税の話というのは

外形的に見ると

すごく思いきた制度作られたんです

けどまぁ小野寺さんとまさに同じような反応を

やっぱりいろんな企業がされています

それからもう一つ先

お酢の厚労省乙訓

福祉関係の壁が厚いという話があって

まさに我々もその壁にもぶつかってるんですけど

それだけではなくてさっきお話しちゃった

5000億円の企業立地補助

金で福島せんろっぴゃくろくレースで

なんとこれでも製造業中心なんですよ

でこれからじゅー年前にじゅー

年前の東北の企業誘致が

製造業中心では

比較的給料の高い声を作れて成功だった

というのは分かりますが

これから東北の産業

お子様を作ろうという時にもう1回

製造業ですかと

でろくじゅーきゅーと言われて

彼らへたすると

東北よりも韓国の特に作った方がはるかに良い

条件が得られる状況の中で

もう1回製造業中心の企業

立地補助金で永続する雇用を作ろうた私は

ちょっとボタンの掛け違いが

著しいんじゃないかなという風に思っ

ています具体的に言うと

福祉施設の開発費用は今回

対象外だとも明確に言われてる

あの一つはね

まあそれは頭に来てもしませんけども

あのただ福祉のハコモノに補助器も

それはそれで色々メニューはあるわけですよね

有り体に言うとその運営してついてはね

ですから

ただ一つは

はっきり言うのはまあ

あの医工連携的な福島について言うと

移行連携力入れようよ

だから例えば針だとか何かすごい痛くない

針とかよと結構日本のいいよすごいよね

とかまたそのロボットだとか

まあそのプランにも市場ありましたけども

そう言ってもついて私

買っているはずだと思います

ただ別に今の精度がいいと

いつもありません

あの子様は

実は副詞の部分があるのかもしれないけど

だけど先ほど己さん押しちゃったようにね

じゃあ福祉の紅葉ってじゃあどこまである

持ってますがあるわけですから

それは学校がねあの都市部に

なって魅力がないっていう話で出るそうです

そちらが出て今

介護難民がもう福島は大量に出ている状態で

それを収容する施設を作って

ちゃんとしたサービスを

それなりのコストで提供できれば

間違いなく需要はあるし

需要は増えることはあっても

減ることはないんですよだ

から雇用は絶対逃げないと考えていいです

福祉の場合は

ただ製造業は本当にそうですかとで

しかももう一つもう一つ

実は気になってるのがじゅー

年間の事業継続のコミットと

それから当初雇用数のコミットも求めてる

補助金なんですね

でこの雇用数がもしご年後に減らし

たら補助金返さなきゃいけないと

という誓約書付きの補助金なんで

これを今製造業に求めますか

東北でましてや福島でとというようなあの多分

一個一個のロジックは

それなりに理屈はあるね

過去にはそうやってきたあの

簡単にもらいに行くじゃ困るよね

っていう理屈は

分かるんですけど

えーでもちょっと常識で考えてあるよ

企業経営者になったつもりで考えて

今東北に福島に工場をつくれって言われて

それだけのコミットしますか

誰がするんですかとというのは

私は疑問に感じてます

ごめんなさい久保田さんのその辺

今の制度運用面でどう

ですかそうですね

あのー私は国の官僚もやってましたし

今久の現場にいますので

何かどっちの立場も理解できると困るんです

けれども今のそのまあ

あのトップだとかですね

あのあるいはさん次補正とか

そういう全体を見ていて

あの評価できる部分とそれからすごく不十分

のもどっちも感じています

であのーとっくについては

基本的にはまあ

いろんな各省庁が取り組み

集めていただいたんですが

非常に小さなものが多いって

いう風に感じてます

なのでとても医療福祉トックって

ものすごくすごそうなイメージがあるんですが

中身を聞いてみると例えば

介護施設とかに

石の石を発しなければならないとか

そういうルールがあるんですが

それを例えば一人緩和できるとかですね

そういうものが多いので

何か例えばそれを起爆剤に

ものすごい声が目立ったかですね

そこまではいかないんじゃないの

かなっていうのが現実のところ

です特にこの家なんかで問題なってるのは

企業誘致をしたい

外から声を作り出したい

ということなんですが

土地が誰も取らないって問題あります

これは基本的な高台の良い年っていうのは

19ようにまず提供する点当然ありますし

それから浸水区域の再生っての相当時間

かかりますので

外へ膨張てを作り直すだけでも

ご年かかりますから

これ土木工事的にそうなので

誰が悪いっていうことじゃないんですが

なので浸水区域を恐れ

空売りをしてくっていうの相当難しい

もう違いますじゃあ

浸水してないところ

使ったらどうなるかと言うとまた後

の問題にぶつかってま農地の転用あるけど

できるんですが

そこは農業振興地域だと補助金返還

先ほど必要な問題が出てきても

できるという説とできないという

サスはどっちもあるんですが

あれば剣とかからは補助金を返還しなさい

転用してもいいけど変換しなきゃダメよ

という風に言われてるので

なかなか難しいのかなと

家の評価できる部分っていうのは

あのさん次補正のま

とりわけ復刻を付近の部分っていうのは

よくここまで制度作れたなというのは

正直私も一人の元官僚

と言うかとしては感じております

猫のさんじゅーご歳よりまし

て基本的なインフラの部分の財源

っていうのはだいたい心配なくなりました

なので例えば高田へ移転する時の

土地の造成とか

あるいは新しい高田菓子を作る時に

避難路とかですね

道路とか水道引き込みとか

そういう部分っていうのは

基本的にもう全て見れることになりました

また公営住宅そういうものを作る費用も

これも全て三条八歳で見られますので

そういう心配とな基本的なくなった

たださん上手のセールスって

何で11月までかかったんだろう

有賀復興相の成立って

誰かなんて昨日なんだろう

というのは

少しもう少し早めることができなかっ

たんだろうかっていうのは

現場監督としてありますありがとうございます

あのなるべく前向きな話しをます

よって言ってた過去

私も何かつい

フラストレーションぶつけたりしてしまったんです

けどあの一つもう一つ

ちょっと論点としてあるな

と思ってんのはエネルギーですよね

近藤さん

はこれあの成長戦略で

エネルギーのあの制作も担当されていたし

今回のトックもアルミで

それを意識されて作られたと思うんですけど

なの今後のま日本が

あるいは東北は考えなきゃいけないエネルギーミックス

それを今回のトックの中で

どういう風にブーストをしてことになる

のかこのあたりはどうでしょう

あのすごく大事

なかなかも大変なんですけれどもね

その風力って言うたって

そんなに馬鹿ばか漁業権の問題もあるし

現実にはそのそう簡単ではないって何作る

やっぱりここは

挑戦すべきだと思うんですよね

あの特に風力は意外にあのこの青森もそう

ですけど日照時間がなかったりして

実は雪降ってますけど

太陽光発電には適しだと言われてます

またあの三陸海岸などは

まさに風力発電の適地は

誰のこの辺の六ケ所周辺も

浮力の風の強とこですから

特に風力これを徹底的に頑張ろう

と言うだろうと思いますただその時に

やはりまさにあの林野庁はですね大変なんです

これあの山に風力立てるのも

規制が農水省は絶対ダメだところにいますから

これも随分苦労しましたんだけど

もう少し前向きになってくれんのかなとだけど

これ風力ブンブン山ん中に立てたらお前

自然を破壊でいいのかとこれ

また両方の議論があるんですけど

やっぱりエネルギー新しいエネルギーの地域に

この東北はなるんだった

ということは

やっぱりトライしたいなと思いますし

あともう一つね

東北のことで言っても

あんまりこれやると流れてるんですよね

だからあんまりあれあれなんですけど

結構心配し

てるのは私はこれ

お姉さんもよくわかってる人だと思うけど

東京電力は大変だと言われてますが

東北電力も相当大変ですか

あの実は実は大変です

相当大変ですからそこはその辺も含めてね

あの送電線網を強化するって言って

どうするのよ

っていうのは実はあってこれは

実は頭の痛い問題としてあります

携帯としての東北電力をどうするんだちな

実は現実の問題として

実は起きつつあるしかないといけない

再生可能エネを導入しようと思えば

当然スマート何らかの拝殿もの高度化と

それからおそらく多くの場合は

送電網を強化をしなけれ

ばいけないという中で

発送電分離の最終形が見えてないので

今なかなか具体的に難しいそんな話です

いやあのトイレもっとリアルな話でもして

原子力発電所をどうすると

再稼働議論と時差リンクでこれしない限り

その電気料金パン食べなきゃダメですか

だからその電気料金が今

東北で相当な勢いで上がりますよ

とあならなければあのそういう議論です

ですから柏崎の発電所のかなりの部分は

実は東北電力もらってますからねという議論

福島の発電所も東北電力ですか

そういう現実のエネルギー

供給の話を間違えたんだけどわかりました

はいあの最近あの後

の問題特に津波でやられてしまった後

これを復旧しるって話があって

私はもう意味がないんだと思いますてのは

もう一度あのあの津波をかぶってしまった

田んぼとかの家を直すっていうのは

基本的にはもう1回

全部土を入れ替えるということやけど

ということものすごくお

金借りませんものすごくお金かかるのに

実はその後で満たされる

米でも農作物でも

市場価格としたら国際競争力はありません

そしたらこれそのまま直すのは意味がない

同じ金かかるんだったら

もしそれが例えば空に使えるんだったら

ソーラーのパネルをしていただきたいあるいは

もしかしたら

そこに立てれば

そのカス野郎は

通常のじゅーでもいいんですが

例えばその発電所を新たに作ってもらってた

発電所が熱ともう一つCO2じゃないですか

そのCO2を使って

例えばおらん

どのようにハロー花ハウスを作って頂いて

様子がむしろあの生育にプラスに

なりますからそういう形で

例えば仙台港を使って空港ですね

使って世界に花をたくさんいるしするとか

何か別な多分

もう使い方を

まるっきり変えた方がいいと思うんです

ただこれを一番やがるのは脳死と土地改良区

なぜかと言うと

馬と鹿力の人見てた

怒ってると思うん

ですが自分たちの権益の面積が

確実に入るわけです

後でカウントしてるから

これだけの農地があるから

土地改良の授業があるんだ

うちの県ではこれだけの餅があるから

農業の専門の部署があるんだった

それはそれ今度さん今洗濯しました

そうですねしましただからどの

くらいすれば

機能してくれるかって

ことにもよると思うのですいません

ちょっとこの辺で

会場からあのいくつか

誰も取れないと思いますけど

英語質問あるいはご意見あればお願いします

電話かかったところで

あのランダムにお答えいただくような

形にしようかなという風に思います

そんだけえーと壁の壊し方です

どうやって壁を壊すか

というところですよします

あの地域の復興のために

参考と雇用の喪失ということですけど

また者等避難中に入った

やっぱり年齢の上の方が

ごじゅー代以上の方からで

やっぱり今までは生産工場働いて立ったから

そういう

たかったが来ようがなくなっている

この形がずっと時間があると

どうなっていくのかなってすごく心配で

それで心のケアみたいなことも

すごく心配だったので

その辺は何かあるのかなっていうのは

ちょっとお聞きして

アイディアの蓄積の仕方のトーホクガスま

ここなってしまった

大変なことなんですけれども

逆に言うとそのことをケーキにして

東北の人たちがさん個なら

日本中がそこを見て

新しいアイデアをさんつクリアしていくことに

参考になる世界中が東北を観てるので

東北から新しいアイデアが湧き出していくって

いうのことが起こってくると

こんなこと実現できないじゃないって

間も含めて

様々なアイデアが

ここを契機に

登録から吹き出してくるようなことを考えるべき

であってそれはそのここで

話し合っても結構いい間出てません

だけどこれはもうこの会が終わると

なんか希薄化していくわけですね

アイデアを蓄積

してそこに止めては

いろんな人がリファレンスできる仕組みを

これも情報の編集の問題ですけれども

私の専門家しかビジュアライズなんですけども

アイデアを誰が見ても

ビジュアル利用できるわけですね

そういうその部分に

これはごくわずかな

お金工場を建てたりすること

融資するのは

これでも全然小さなお金で開いてあるので

それを起動できるんじゃないか

と思っております

ありがとうございますまずは親父だ

田口さんの壁の壊し方

これはあの大変大事な点で

まさに壁の壊し方どうするんだと

そのために復興家を作ったんだと

こう思ってますそのために

色々批判はされてます

縦割りのまだあれだとか

まぁだいたいマスコミ中の私も

じゅーに年間新聞記者やってましたから

あの日本のマスコミはもうSMチックですからね

褒める事しませんから一切それでいいですけど

ビストロ復興庁まだまだ足りないとかあります

けれどもこの役所にどこ

まで魂込められるかなってことだ

と思ってますね

そこはそういえばオナクラ先生みたいな

本当に様々な経験をして

現実にいらっしゃってるせずも含めてね

そういう前与野党も関係なく

この復興庁という役所に魂を込めるで

復興庁に入ってる人間には

ピカピカの人間が本当に

入ってるかと

まあ開けてじんじんですから

役所であの恥パイってやつ

出てしょうがありませんから

やっぱりこいつはエースだっちゅーの

まずスタートダッシュねどこまで付い込めるか

まぁ半年ぐらいで勝負なんだろうな

と思いますよな

復興庁でに

良い人材をピカピカを集めることまあ

トマソ大臣ですよね

平野さんは相当真っ当な人と期待をしてます

是非お願いします

ちょっとあの希望の与える今

加瀬住宅にで一番皆さん心配なのはずっと私

ここに住んでるんだろうか

私は早く復興住宅を作ってあげるべきで

復興住宅は希望でバラバラ作るんじゃなくて

私はこの

際コンパクトシティにするべきだと思っています

そしてとクリアの実は復興住宅作るんでも

歯のたか台店でも自分でお金を出す

本来であれば

やっぱりもうろくじゅー

ご週後半の人がローンはくれません

なるべく市の乗り物用ののあの子

公務員宿舎とまではいませんがあの

立派なもの作ってあげて

そして一階は

お店に階は事務所さん階以上に住んで

はち階きゅー階の方は高齢者福祉施設という

そういうその見える形のいいコンパクトCDをやっぱり

きちっとあの作ってあげるその槌音が見えれば

そこに住んでる方は

まず一つ安心するんだと思います

後はの仕事をあのしっかり作っていく

ということで今日もあると思うんですが

ぜひですねこれだけのコンパクトシティを作る

んでそこのエネルギーは

例えば自然エネルギー再生可能エネルギーで

全部まかなえる町がここでできました

よっていうのができると

そこにやっぱりあの様々な日本

の次の発展の子未来下ができると思うので

ゼロから作れるとして聞いたらですね

ゼロから町を作れるっては

なんかその建築家の方にとって

すごくある面では

やり手行ってみたい場所らしくて

電柱を地下埋設だけでやるの大変なのに

ゼロから作るとなったら全ての事を考え

て一つの子スマートグリットなんかできるんだ

ということらしいんです

あの水そういうモデル的な地域をいち早く

高田もおらほの気仙沼も競争した

早く作りたいなと思ってます

今小野寺先生がおっしゃったような

あの公営住宅っていうのは

誰か誰でも

そういう計画がありましてあの

なるべくそのもう自力で

マイホーム建てられないかってかなりますから

今アンケート調査とってますけれどもで

それであの基本的な十分なんですね

声住宅を作って

とても一階を店舗にする

とかっていうことも含めてですね

そういうことは既に計画をしておりますよ

それからの壁

の壊し方っていうあのご質問だったんですが

あのま復興庁には大きな期待をしたい

という風に思ってますが

この間その政府の現地対策

本部っていうのが既にあってですね

それが昨日の時点で

復興相に変わった理由なので

すでに復興庁の魔人的な神様

ちょうだいた見えて

おりますですでにあの私ママ感じてますが

副校長に確かに来られてる方って

優秀な方でですね

あの非常にあの石もあるという

志のある方も多くて

私は個人的にはあの頼りにしてます

ただ復興庁という組織として出来ることと

出来ないことが

この半年間でもうすでにあり

ました子なので

ワンストップという風に新聞で書かれますが

全てなら当然ないです

なので壁の壊し方っていうことについて言う

ならばあの道は一つではないので

正直言うとその副校長にお願いすることと

そうでないルートでいろんなことを動かしていく

別ルートであるいは

場合によったら復興庁スルーしててもですね

まあ私の場合は

個別にも特定の所長に話しすることは

あの元がありますしですね

そういうことも含めて

あれは例えば地元選出の議員の方々の量

となれるようなんですね

方々に国会で質問して頂いて

地元要望国会の場で議論し

てもらうとかですね

そういうことも含めて

色んなルートで当たってことで

壁は壊れていくのかな

という風に日高道は一つはない

ということだと思いますありがとうございます

後原さんからもそのアイデアの蓄積研修とは

誰かあのそこ大事なことだと思うんです

これもこれは

これは非常に大事なことで

これだけの震災を受けてですね

そのうちを形にして

口残してくっていうことは

非常に大事なことだと思います

んであのでそれは多分おっしゃったように

家の世界が注目してる話なんで

ちょっと別件であろう

これもまだ実現できてなくて残念だ

なと思ったけどにibmは今年創業

何年日本ibmでしたらななじゅー

周年だそうな

世界のibmができて

ひゃく年からひゃくにじゅー

年かけてすいません

それは別にして

そこのパルミサーノ会長がずいぶん早い時期

日本に来て

なんとかibmとして強さはもう

あのまさに津波

研究所なりなんなりを作りたいんだ

なんぼでも金出すから楽しいあったんですね

繋いだけどまだ西武に実現してないんだけど

も要するに世界中がそういうエッチをま例えば

ママこれがそういうことも含めてね

世界中の企業が

個人がということだと思うので

あのそういう研究所で

もいい子チエの蓄積というのは

本当に大事なことだとこう心から思います

もしあったらと思いますねありがとうございます

多分もあとひとつぐらいかなと思いますけど

これだけはどうしても聞いておきたい

となりますかたくさんもう1回お願いします

中央集権を辞める現場に

渡すルール作らない

もうそこ空白にして

もう本当に今いらっしゃるような

先生方が現場で感じたことを作っていって

ルールでやってって

もらえばいいんじゃない

かなように思いました

壁壊せないな

友達と頭が痛いトックっていうものだから

どう考えるかって食べるんですよね原則

原則A二遊間は

ていう風に本当に運用できるかと

私の国会の事務所は

毎日地元の気仙沼市と南三陸町から

その細かい内容の問い合わせと

その苦情が毎日毎日来ています

それをずっとやり続けて

こんなに壁があるのか

と言ったんすいません

こんなぶっちゃけた話ですが瓦礫を

撤去するの栗原が出すところ

撤去した後の土台

あれを壊すのは国が出るか出ないか

この判断ににヶ月かかったんですよ

こうしてみたら

今度下に合併浄化槽が埋まっている

この浄化槽を掘ってもいいのかどうか

まだ結論出ないんです

さっき言うようにこれ師匠に任せて

もらって市長に自由に使って言って

やってくれればこんな議論はないので

ぜひあの外だったら私

今度だと同じようなこと

言ってるかもしれません

やっとだからここまでいるかもしれませんが

これは本当にあの身にしみて感じました

頑張りましょうあの時間になりましたので

まあ今日出てきた議論すごく乱暴にですけど

いくつか要点まとめさせていただきましとつは

何と言っても

やっぱり継続できる

産業と雇用を

本当に作っていかなければいけないと

出来裏やった

産業を元の私に戻したとしても

それでも多分なな割

はち割の経済の回復にしか

ならないということ

それから高齢化過疎化に対応して

コンパクトシティを作る

というのも

本当に壊されてしまったところは

お金もかからないし

飢え高齢者にも優しいという話

それからやはりも

自治体の裁量に

どれだけ任せることができる形で

それを校長が魂を超えた形でどれ

だけ運用面でサポートをすることができるかと

これがやはりでも

これからの最も末期数を左右する

大きなポイントになりそうですね

と乱暴に言うと

その辺りが今日のメインメッセージだったのか

なという風に思います

本当に万難を排して

お越しいただいた久保田さんをはじめ小野寺

さんそしてダブルヘッダーを二つ

続けていただいた近藤さん

絶大な拍手をお願いします

ありがとうございました

皆様ありがとうございました

第きゅー部を終了させていただき

この後のディナーの店

ありがとうございました