少子化緩和となる_養子縁組_推進を~地域から始まる改革、教育・子育て支援

もうねもうどうなってんだ

この子よりしたってジュースね

あの朝ろくじに

じゅーごふんからじゅーいちじに

じゅーごふんまで番組

毎日やっててこんな声からだことないんすよ

それが昨日の一日でねせんえん今日最終日で

なにはともあれライバルも多い中でですねで

この接種に来

ていただきまして本当にありがとうございます

て地方の強いところは何かっていうと

我々恋並んでる人は全員ですね

選挙で選ばれた行政の長

予算執行権を持っ育ちなんですね

これが国と一番違うとこだから

予算を執行する人が直接選ばれてるから強い

つまりそれで得るメリット何

かって言うと物事早く実現できるんです

だから国のトップダウンで

日本を良くしていくってやり方もあるし

でも実は一つの地方地方が素晴らしい

モデルを蒔い麻痺は立ち止まったんすよね

今日は今回組長って話が随分出てき

その組長がみんなそれぞれジャンルはね

全部のジャンル

打ちまくったらこっちがやられちゃうんで

やっぱりここって決めたとこ一点突破でやればね

コピーペーストで

あの横展開であればうまく行ったりするし

こうやって地方がスピード感もって

良くなっていくっていうことが

ただただドクロことがより日本を一番早く良くする

なんかそんなことか

もしれないなんて思って小僧

我々はGわん組長

ネットワークといいもの作ってるんです

でこちらの方が先日まで組長

ネットワークに入っていたはずなんですけれど

もはい今顧問として活躍していただいてます

疲れさんですで

とあの我々どんなこれまで

実はチャレンジをしてきたか

それぞれ分科会もあるんですけれども

その文化会からさらにもう飛び出して

協議会をも独自に立ち上げてやってる

チャレンジバルーンですね

それを簡単に話したいと

まず一つは

ビッグデータオープンデータ

矯正はいっぱいの情報を持っています

それを民間と活用してって言うなら

チャレンジ

よねんして

この分野のリーダーは千葉熊谷ショーです

よろしくしますよろしくお願いいたします

私もIT業界

出身だったっていうこともありますし

今千葉市で様々な取り組みをしている中で

ですねこの時間組長

ネットワークでこのictの部分

思いやらせて頂いていてねこれ本当に

じゅー番組長ネットワークから生まれたビッグデータ

オープンデータ推進協議会っての立ち上げて

ですねねここでビッグデータオープンデータで

じゃあ実際にどういうアイデアを

民間の人たちが

行政とコラボしてやりたいのかっていうのも

テニスも協議会の加盟し

全員であの工房してで

アイデアコンテストもやってですね

実際隠しで予算顔してて

今度のこないだは福岡市でやってですね

そしてもうよんさん日もして

アプリも作ってもらおうという段階までですね

実際に今来ていますて

この過程で一番大事なことはですね

行政の職員のビッグデータオープンデータに

関しての意識が上がってくる

というところが出せんだべ

財産としても生きて苦しい人生にちーわん組長

ネットワークから具体的にあの子の組長

政治家が盛り上がるだけじゃなくて

ちゃんと行政組織が連携して動いたって意味だ

大きいという風に持ってますね

今ビッグデータオープン

データ推進協議会は

4月からまた

少し組織が変わってオープンガバメント進めていく

そういう機会にさらに生まれ変わろうとしています

ビックデータオープンデータをやりながらも

プラスアルファのオープン

ガバメントのところをやって行くで

具体的に何をやってるかっていうことで

まいろいろ

opengovernmentって

カタカナの出し方かな

あんまり好きじゃないんですけれども

はカタカナの中で何やってるかっていう中で

アプリ一つ外せないのは

来年マイナンバーが始まるんですね

あの最近予約新聞に強制だけじゃない

民間機をひとつひとつも

マイナンバー対応しなきゃ

いけないどうしよう

みたいな話が出始めてますが

来年の1月から

マイナンバーがいよいよ始まるわけです

僕らは政府の人たちが一番

力入れてるわけですけれども

我々地方にとっても重要な話です

その皆さんもそうですけども

国と手続きすることなんてそう

年間一回とかまこの前

税の確定申告されたりとかで

そういうケースしかないのに対して

市町村の場合はまりも前行く人もあるし

すみれ市区町村の窓口が最もですね

やり取りするんですね

その時に当然

皆さんだともも住んでんだから

名前と住所と

なんとかでも

書かせんなっていうふうに思う

しん窓口行かなきゃいけないし

引っ越しても来ないで

引越しても全部届け出なきゃいけないとね

更に言えば銀行も

それから電力もガスも

全部やんなきゃいけないもこれ

当然皆さんおかしなって思われるわけです

けれどもこれがようやく

少しずつ解決しようとしてます

で来年1月から

マイナンバー始まりますが

本丸はそこじゃなくて

そこは行政にとって便利になる

来年1月問題は

国民市民にとって利便性が上がるのは

2017年のマイポータルと構え

governmentっていうところは

全部カタカナばっかり出てきたよ

ほんとちょっとやなんですけども

何かって言う

と2016年1月前

なんだ形に振られるだけの話

個人カード取るか取らないかでだけですけども

2017年ぐらいから

オンラインで自分の情報をもとに俺年金

何月から何月払ってどこに払ってたのか

温め確認できたりとか

文字が先に実行した時にも

まとめて官民行っ

てようとかですねこれを出来るようになる

ただここで大事なことは

ここにプラスアルファやるかどうかっての

市区町村の腕の見せ所なんですね

例えばじゃあそこに妖精の我々

市区町村で言えば予防接種の話だとか

もしくは下水道の料金の話だとか

もしくはですね行政が新たに

何かこうシングルマザーとかに対して

新たな支援制度作ったんだったら

あなた対象になると思いますよっていう

プッシュ型のお知らせをするとか

特に子大変な人ほどの市政だよりみたいな

行政の便り中見てないし

ホームページは絶対食っていけないわけですね

で我々本当は何歳

の人が子供何歳持ってるとは

どこに住んでるかで全部わかってるあれ

本当は今までこんな柄ができなかったら

それがマイポータルは

前governmentっての通して

そこを通して我々がピンポイントに

住民と行政が繋がる遅延情報を伝えられるので

手間もかけないこういうことが

ようやくできるようになるのは

2017年からなんですね

でも今行政はもうマイナンバーでいっぱいいっぱい

前画面とマイポータルで行政独自

何ができるかっての全然できてないので

ここを我々と

じゃあ具体例を作って

提案してこうよっていうところが

4月からのテーマでございます

それからもう一つがスタートアップ

都市推進協議会釣って映るにも

あのベンチャーとか

スタートアップをどんどんしていこうぜ

っていうチャレンジです

でこれは広島市伊崎さんに紹介してもらいます

はい僕は実は

あの子のスタート

通信教育の副会長なんですけども

会長が高島さんなので

私がお話をさせていただくということで

組長らしく紙を見て

私をさせていただこうと思うのですが

これですね2013年の12月23日

設立をいたしまして

えーとですね

参加したら歯医者さん県呉市なんですが

福岡市広島県横須賀市三重県千葉市浜松市

奈良市佐賀県な

んですが残念ながら

古川さんがハメられてただけだったよ

されましたんで

今あのに県呉市になっております

では色んな活動してましてですね

まあ一つは

経済同友会のスタッフ

スタートアップ推進委員会っていうこれ

堀さんがやっぱりヘッドをやってるんですが

あのことですね

連携をした授業色々やってましては

これまであの例えば中学生高校生向けのですね

いろんなチャレンジセミナーみたい

チャレンジマインド醸成

教育みたいな事やってんですが

これ各地でですね

各メンバーのところで小学生だとか

中学生だとかですね

ひゃく人とかさんびゃくにとかって

いうのを対象に行ったりとか

あるいは千葉市であったの

ベンチャーカップですか

ベンチャーカップ千葉

ビジネスプラン発表会とかですね

まあここでお堀山公園してもらったりとか

まそういうことをやってますからの

去年の12月21シンポジウムをやりました

これもある一日やりまし

てですねこれはの安倍総理夫人も

山もあのずっとご出席いただいたりとかですね

えあれは石破大臣とかも

顔を出していただいたんですが

まあのこれは各地域のですねえ

ベンチャー企業なんかも連れてきてで

プレゼンをやってもらったりとか

あとそれぞれのこのを何て言うか

自分の商品をですね

ずっと紹介してもらったようなことも

そういうことですね

みんなでエレン消して

盛り上げようということをやってるんですが

また会いたいですね

あの高島市長の口と後我々のですね

中身で勝負してるから

言うところかなと思ってます

今日はその口もなくなっ

て荷物大変ですけど

本当にねえーと

ということでまのまやってるとで

これはあのようするに

これからは多分

その気をつけた気がやるとか

民間だけやるんじゃなくて

民間の発送とか間せっかくできた

これを実現できる領域を作っている

フィールドを作るのが行政の仕事なんで

だから我々が官民で連結絶対面白いことができる

そう思っていろんなチャレンジを

一緒にしてきてるわけです

人材人材に関しても

共同で行ったんじゃないかってことで

吉田さん横須賀の吉田ですよろしくお願いします

あの市役所お家ですね

県庁はやっぱりこいわゆるお役所組織という

のがありまして

いろんなその組織の風土とかですね

文化というのがすごく根付いてて

意味でも熱で微笑ましかったりすること

なんかあるんですが

なかなかあのイノベーティブな組織には

あのなってない状況があるんですね

市長が変わったり

県知事が変わったりすれば

それで通訳市役所

組織県庁組織が変わるかと言ったら

決してそうではなくてですね

実際私があの市長になったら一身上の都合です

けれども部長さん達がはち

人ぐらいやめちゃったりですね

まあそういうようなこともあるぐらい

今着いて一身上の都合なんで

私が悪いわけじゃ決してないですし私と

喧嘩してやめてたわけでも

決してないんですがと止められてですね

一つのやり方になじまない

いいところがあるとまですから

我々としては

市役所や県庁の人材をですね

しっかりとこう

カルティベイトしていくことが

大事なんじゃないかなという風に

あの考えてこが連携

をしてやっていきましょう

という話になりましたで

連携するポイントとしては

やり三つあってですねえー

中央地方自治体と

民間の皆さんとの連携の中で

官から民に人材を研修とで発見するやり

民間の力をお借りして

間の方に来ていただくやり方

そして感動し地方自治

体同士交流するやり方

この三つがあるんじゃないか

ということになりました

でこれまでですね

一つは地方自治体の購入するにあたっては

あのま協定書みたいなのを

しっかりと結んでおきましょう

ということで

そのテンプレート作りは進んでいま

例えば横須賀市と奈良市中核市な

んですが人材交流扱い方してしてきましょう

なんて話を個別にこれはも進めていますで

地方自治体から民間に移行

人材を送り込みたいと思う時に

これは実はちょっと

法律的なハードルがありまして

国家公務員の方であれば

官民交流法という法律に守られて

国の官僚の方

が民間企業でいち年間とか働くことができたら

地方自治体にはそういう法的なバックアップが

今はなくて派遣をしてしまうと

なんでその企業に派遣したんだと

彼はそういったことがですね

なかなか説明しづらい状況にあって

これは国に対しても

法整備を求めていきましょう

というような形の共通認識を現在持ってます

で民間から地方自治体にという意味では

眞子のGわんでも

去年の石垣島で呼びかけさっていただいたり

もしましたが

今夢の課外授業という形でですね

民間の特にどちらかと言うとを

スポーツや芸能の分野で学校などにですね

こう有名

な方お子は発見して頂いて

そして子供達通りですね

授業になっていただくような

取り組みをされていらっしゃる団体がいらしている

んでそことこのGわん組長

ネットワークで連携をしてやっていこうと

遅いったような話に現在はなっています

宅配大津市であのーいじめで自殺が

あってちょうどそのままの主張に

あの子氏さんがなられた直後

だったんですね

それをきっかけに

組長と教育委員会のあり方っていうことが

非常に議論になってきたわけで

その渦中にいた

こうした中心に

この組長ネットワークの中では

教育に関してもチャレンジしてきました

腰さんお願いします

今の話があった通り

あのつーでの事件もきっかけになって

教育委員会制度という

改正されることになりました

これ非常にあのタイムリーな話題でして

今年の4月から

あの制度が変わることになります

体を足しシーンはやっぱり

教育委員会制度っていう制度が

やはり廃止すべきだと思っていたんです

けれども結果としては

あのそうなりませんでした

何が変わったこの4月から

何が変わるかと言うと

大きく教育委員会というのは

あのご人の教育委員さんからなるもので

それは残ります

ただその教育委員会と

ここにいる組長が一緒に

総合教育会議というのは新しく始めて

そこで教育の大綱

それぞれの地方で何をやっていくか

という基本的なものを

その会議で一緒に決めましょうというのが

新しく変わりました

でそれによって

これまでは教育委員会というとこ

お腹孤立していて

なかなかの市民の意見だったり

県民の意見が通りにくかったのが

あの首帳も一緒に選挙で選ばれた首帳も

一緒に議論をすることによって

より市民の意見が反映しやすくなる

またあの順子をスピーディーになったり

いろんな意見をもっと欲しいの皆さんの意見を

教育にもあの反映できる

というのがあの大きく

変わるところです

でこれまでも

あのその制度ができる前もですね

この組長ネットワークでは

そういったことも踏まえて

もっともっと公教育を閉じられた

世界のものではなくて

いろんなところ永遠のコラボして行って

行こうっていうのを進めてきました

なので例えばまあ民間の企業と

一緒に行ったり

またあの為末さんもいらっしゃると思うよ

そういうスポーツ関係の方や

文化関係の方と一緒に行ったり

ということをやってきました

このセッションの前にも

あの日私さんがお話しされていました

けれども武雄でも

あの民間と一緒に

あの塾と一緒に斑点事業な

ようなものをあの始めたりとかですね

またお寿司でも

これまで私自身も英語が非常に重要だな

と思っていたんですけれども

なかなか特に小学校の先生が

今まで英語をやってこなかった

ですぐにできないっていう時に

あの写しでも

民間のその英語をやっている所に入って

もらって英語教育っていうのは

あの進めています

ですのであのこれからもこの教育の分野では

より組長が関与できることになりますので

いろんな皆さん民間の皆さんへ

スポーツ文化の皆さんとコラボをして

もっと開かれたの教育を作っていきたいな

と思っているところです民間

との協働という点ですね

このGわんの中で

民間の百貨店の社長してた人がですね

東京都知事実際になった

という人も現れたわけです

百貨店の社長が実際に知事になったら

どんな行政チャレンジをしているのか

どんな発想で

行政見てんのかいましたのでします

すごい

不良いただきましたありがとうございます

でもそうなの

この子は組長であんまり決めなりたてで

仕事が出来なかったので

本来であれば

古川さんがここに座ってるはずなんです

ちょっとあの知事を辞められたっていうことで

あの補欠繰り上がりで今ここにいるんだと

後でみかん地方から

ですからもうとにかく

やっぱりもう一工夫も常に工夫してくれ

っていうふうにもほぼ毎日行ってますね

あの去年と比べて

どこ工夫した大体上がってくる時に

最初に聞く言葉なんですけれどもで

あともう一つ一緒にやることで

より効率的になることないとかっても

常に入ってい

ますで私が大嫌いなのが

ワンセットよりも鹿フルセット主義ってやつで

自分たちで全部しと空へ持っちゃうで

実際キャパシティの半分しか使わない

めったに使わないのに

まあ我々の件とするかもね

あのこれもこの大きな病院も

ヘリコプターもこれもあれも全部持って言う

それぞれの

市町村の大きいとこらみんな

それぞれのこうして

ああしてこれをいかに一緒にやるか

で笑われて死んであれば近くの鍵とやるか

県内であれば

それぞれのあの子でこれちょうどにできない

一緒にできない

みたいなことをやるかということをやってます

例えばマイナンバーもすごく

単純な話なんですけれど

ももの会岡山県で開発して

広島県でかでかよんじゅーななほとんど同じこと

やるのに返さもバカみたいですね

実際その前のじゅー年ぐらい前かな

あの町村合併の時の開発でも

角も市町村全部やるんですよ

私の以前勤めた会社の子会社

それ営業に入って

ましてもいっぱいあるのでもすごいいっぱい

なんか家戻ってきたんですが

注文取りながら馬鹿らしいなって思ったんでしょ

これ一つやって

あとちょっと帰ればいいだけなんだって

それでまあね

私の古巣の会社の仕事を減らすことなるんです

けれどももう岡山県誰であれば悲しい

からって言って

中国語圏の会議で一緒にありませんかっていう

風に言いました

そしたらいざきしの広島県ですとか

あの鳥取店がじゃあ一緒にやろうか

っていう風に言ってくれて

随分岡山県にとって

開発コストがに割下がるのは

間違いないっていう結果が出てきて

ちょっと

いいことしたかなっていう

風に思ってるんですけれども

あとあの子育て同盟っていうの

これあの私が入れて頂いた伊崎知事ですとか

古川知事尾崎知事が入られてることなんだ

みんなでやってるので

後雰囲気として非常にやりやすい

自分だけがやってるっていう事に

ならないっ

ていうことだったり後すごくアナル

この中で花粉症の人っていますか

もし仲間がいっぱいいるんだよね

花粉症は民間では

なかなか出るような形の民間で

できることは是非

民間にどんどんどんどんやってもらいたいんです

けれども花粉の根源的な問題は

その大挑戦のことだと

やっぱり無理ですよ

スギとヒノキもうさんじゅー年くらい経つとパンパン

この花粉を出すの

巻れてないっていうこととあとしてます

あの花粉を出さない

過ぎがも開発をされてもご年もじゅー

年も前から開発されて

今そのないは作られてるんですよ

ところが今せっかくその

パンパン花粉出す過ぎを切って植林する時に

ほとんどの大半の場合

その昔ながらの将来

花粉をばんばん出す杉を植えてるんですよ

それちょっともう本当に許せないと思ってで

岡山県で植え替える時には

元にかかるの花粉を出さないものにすると

そんなのいちいち年でそんなにた後

切るわけじゃないんです

でも今始めとかないと

10年経っても20年経ってもやっぱりすごい

量が飛んで

どうすんのみたいなことになるので

無添加菓子ので岡山県だけであっても

岡山県民が知ってる花粉のなな割か

広島県の杉のあのしてますからね

これも中国語圏の

会議で一緒にやりませんかって言ったら

あのーやろかっていうことで受けて頂いて

今家の中国語圏でできるだけも

植え替える時にはその花粉出されも出ないが

足りないので

岡山県からも出してるんですけども

その他の県の苗を受け取りたくないって

いう人たちが多くて

ちょっとびっくりそこもいいじゃないですか

みたいなことで今色々説得してるんですが

そのアンテナショップも

この鳥取店で一緒に出して

これは珍しいんですよ

とにかく何でも一緒にやることで

うまくいくことないって

そのまず自分たちで考えてってやってます

何か他と一緒にでき

ないかっていうところから

考えるようにしています

素晴らしい花粉の話を聞かせいただきました

とにかく説明会地方国を良くしていくために

地方によってできること

トップダウンでやるいいこと両方があるわけで

古川知事は今国会議員になって

両方の立場がお分かりになるわけです

けれどもその地方の今日は暑いから始まる

同時多発な改革ということでは

その国から帰ってきやり方

地方でやれて快適やり方

現場にいらっしゃって思うことあったら教えてください

あの去年もは

こちらにいた人間がこうやって降りて

あの話聞きながら

へばまぶしいような感じがし

ますねあの自分のとこ

地域おこしていく

あしていくっていうことがやる

やらないっていうことをきちんと言えるって

言うのは学部長ならでは私

特に新しいことの実例を作って

いこうとしているって言う事なので

とっても嬉しく思います

ではなくにに私は私があんまりまだよん

ヶ月経ってないぐらいなので

あんまり国政とはとかっていう事を語るには

早すぎると思うんですけども

今感じてるのはその特に上層せいだとか

地域どうするみたいな話の時に

どっかでやってること

横展開できないかとかできないか

みたいな話とのすごく多いっていうこと

なのだからその意味では

その国もゼロから

イチを満たそうとしてるって言うんじゃなくて

そういう皆さん方の取り組みみたいなやつを

もっと広げていこう

という所ってのがすごく多いなあ

というのを感じています

でその一方で国がやってる規制だとか

また国がそのまだそこ

まで思いがあったが

まだまだ国自体が考えていかなくちゃいけない

やらなくちゃいけない

事っていうのも色々あるなと思ってて

さっきの別の分科会でも

申し上げてたんですけども

私以外さんヶ月

ちょっと経って

新しいことに

いろいろ取り組んでるんだなっていうのを

すごくつの

自民党のいち議員として思います

とても今日は

今日も宇宙の文化がやってた

と思うんですけども

このこないだ私のとこに

宇宙審議官っていう人が訪ねてきてて

宇宙空間における防衛問題

っていうことについて語ってくれたんですけど

なんか某国がアメリカの軍事衛星を

撃ち落とす技術を身につけつつあるので

それにどう対応していくのかとかですね

まあそういう話があったり

今度人口減少の中で

うまく経済回していくには

ロボットをも現実

問題ってつようかしていかないといけないと

例えばその友人と無人のコンバインを使って

圃場の中を

きれいに行こう刈り取りをしたり

種まきすることは可能なんだけども

その後上から出て

隣の圃場に行こうとした時に

行動取らないといけないですね

これは道交法とか

そういったものをきちんと改正しないと

そこの部分はできないんだ

みたいな話があったりとかそんな風に

して新しく作って行かなくちゃいけない

ルールってのも

すごくあるんだなという風に思いました

でまさにそういったことをやって行く時に

星ので全部全国的に初めて行くんじゃなくて

そういう新しいことをやろうとしてる人たちと

一緒に何かやれていけば面白い

近未来図が

描けるのかなと思いました

ありがとうございました

このようにいろんな問題に対して

アプローチをしてきているんですが

今日一つ実は

皆さんとともに

深掘りをしたいテーマがあります

それが子供の事なんですね

実はあの里親制度というものがあるんです

けれども実は日本は

先進国の中でも

里親の北区立鶴田めちゃくちゃ低いんです

で図らずも全体昨日の全体会の中でも

その少子化の話が出た時に

土井さんから里親のお話が出て

非常に苦労も大事だということになりました

実はあの早速実は鳥さんにはこの組長

ネットワークの夏合宿に来

て頂いてそして水産て頂いて

そしてあの子だ

我々の自治体でもして

取り組んでいる地域もありましたし

またあの皆さんからの問題提起

というものもあったわけですから

まずこれは実は日本のこの景色というものを

この組長が連携をすることによって

そして民間の皆さんと力

を合わせることによって

きっと子供達の幸せ

見える景色を絶対変えることができると思う

んでちょっとそこんトコロ

深掘りを出していただければ湯布院思います

まず今の景色は

どんな景色があるのかっていうの

土井さんの方から話も一緒か

詳しいのは今先の機器とたばかり

ということ

ですのでぜひお伺いしたいな

という風に思ってますけれども

本当にすいません

安藤ここにもこの子供

イニシアチブのあの呼びかけ人になってくださった

たくさんの方がいらっしゃるのに

本当にありがとうございます

多分いっぷんぐらいしかない

と思ってるんですけど

あの実の親と暮らせ

ない子供達間に望まない妊娠だとか

虐待だとか

いろんな理由でよんまん人いますけれども

今の現状としましておません

実を話した通り

その中絶されないで生まれてくるって

奥さんがまず基本的にはほとんどないですね

その中です取れないツルツルなやっぱうん

うんうんで産む

育てることができないからなんですけども

ちょっと赤ちゃんとして育っの生まれた時に

すぐに次の人に養子縁組してくれる赤ちゃん

養子縁組という制度を

ところがまやってる

都道府県がほとんどないということで

今にじゅーごまん件が充電されてます

けれども赤ちゃん養子縁組

はひゃく件からにひゃく件ということで

非常にもったいない状況ですよって

話をさせていただきました

でも今巻いてきた赤ちゃんもですね

まあなんて生まれ

中ですされないっていうことがほとんどない

ということだけではなくも

それでも生まれてきちゃった

みたいなんですけど

もそういう子は養子縁組されずに

基本的には友人と言う施設で大きくなっていく

とこれは本当にあの寂しいことで

パパママが欲しいのが赤ちゃん子供ですので

ぜひこれを里親に預けて欲しいっていう

風にも私が

こちらの方々に

陳情させていただいたんですけれども

アプラス

季節にいる子達は

まぁの今大学進学も中

なかなかほとんどできませんし

高校の中退率も非常に高い

やはりその施設の中で

しっかりとしたケアができるような

財政状況にもなってませんしてすごく辛い

その社会人生活を送ってるのが

現実なんですね

ここも是非皆様のお力を

借りながらあ

就業就学支援なんかもできればということ

でも楽部長さんの権限のものですから

いろいろお願いさせて頂いたところ

やはりGわんのネットワークの形が違う

ということで

すぐ動いてくださっているということで

是非ここから始めて

横展開していただければなっていう風

に思ってあの我々印鑑も

それを一生懸命爆笑じゃないか

そして国会議員まで巻き込んじゃえ

と言うんだ形で

あの今日心を持ってさん

年間ほど行ってきたいと思いますので

ぜひどうなっちょるっていう感じで

あの関心を持っていただければ

一向諸外国と日本で比較して日本の場合

は施設型が多いと

どうして里親が日本だけ

特別に進んでないかの状況理由説明ですか

ちなみに福岡市はですね

この格好ご年間で

日本で最も里親率が伸びた脚なので

ここちょっと例外なんですけど

基本的にはきゅー割が施設におります

ていち割が里親ては日本ですけれど

も基本的には普通は逆ですね

オーストラリアとかに言ったっては

きゅー割が里親いち割が施設まあ

ほとんどの先進国で

ご割以上が施設に入るようなことは

まないんですね

これはやはり子どもの権利として

パパはママを持つ家族を持つ権利

家庭で育つ権利ってのもあるとあれ

あるんですね

法律とか条約に乗ってますしまかぜ排泄

非常に高いので

同じクオリティのケアをしようとすると

やはり財政的にも

家庭で育てた方がいいっていうことが

諸外国の結果洗濯てかと思います

日本の場合はですねま

今のやはり里親になっちゃうかな

持ってかなきゃ

いけない養子縁組しなきゃいけない

という制度になっておりませんので

皆さんが現場の葉の児童相談所の方々は

ですねあまりいろんななどめんどくさい

リクルート里親リクルートしなきゃいけないし

マッチングいちじしなきゃいけないして買って

もし何かのリスクあなんかの事故が起き

たらとかですね

まそういうこと色々考えますと

やはり施設に送るのが一番

お金はかかってるんですけど

まああのなんとか

酷いことにはならないんじゃないか

というような多分考え方と思いますけどね

ちゃんと反応財政出動して

しっかり里親でも

養子縁組でもちゃんとできるって

どうも作る人があるかなと思い

ま今の国の状況

どうなってるかじゃもり先生お願いします

ハイリスクが多いと

リスクを恐れていいことに踏み出せない

そのためにですね

子供達が不幸な状況になってるとしたら

それを見逃せないわけでございます

国の方ではですねこの養子

縁組へ特に特別養子縁組

赤ちゃんをもらってくるという取り組みがですね

法律には書いてないんですけれども

事実上親が四十歳まで

という運用がなされているために

不妊治療でずっとを頑張ってきて

でも駄目だから

じゃあ養子を頂いて育てようかな

と思った時に火災でですね

断られてしまうという現実がございます

しかし今超少子化でいち年に生まれる

子供が百万人をもうすぐ切る

という状況の中で

一方でにじゅーまん

人にじゅーまん件以上の中絶が

なされています

その時にやはり引き取っていただける制度がある

引き取りたい人も引き取れるのいう中で

健やかに赤ちゃんが育っていければと思います

また乳児院や児童養護施設はですね

じゅーはち歳まででございますので

その後の大学進学

またその後ちょっと大学まで伸びたとしても

就職というところまでなかなか面倒を見れない

見たくても見れないということで

就職も非常に難しい

ですがやはり里親に入ってれば

あそこまで家庭的なケアができるということです

国の方の制度はですねえー

野田聖子衆議院議員が愛知時期

議員立法を企画をしておりまして

これはリスクが大きいということに

あまりにも恐れないように

リスクの部分をしっかり監督していこう

つまり悪い業者が子供の例えば

臓器売買とか

そのようなことに服用しているという間

これはジレンマ残念ながらございますので

そういったところきちっとチェックをして

そして同時に里親制度を進めていけるように

というような立法でございました

しかしこれがですね今止まっている

状態にございますので

回り我のイニシアティブでこの部分と

そして先ほどのよんじゅー

歳の壁その他の所を前に

進めていきたいと思います

国ではその議員

立法が止まったのを受けてね

26年度からあ研究班を立ち上げまして

白の養子縁組

あっせんに関する研究をにじゅーなな年度

まで行うということで

この4月に

中間報告が出るようになっております

26年4月にその研究班からの報告が出ます

児童相談所の現状民間機関の現状海外の現状

そして国際養子縁組のを調査と

私たちが知りたいことについて

4月に公表されるというので

楽しみに待っておこう

と思います是非

皆さんのご協力をよろしくお願いいたします

国今日の生徒もすぐに変えて来て

実際に運用する

地方の川でもチャレンジが始まっていて

それはの千葉の方から説明をよろしいですか

はいあのこのプロジェクトはですね

あの今あのちょっと選挙の関係でですね

三重県の

鈴ケーキ一時これてないわけですけれども

鈴木英敬知事がですね

音一生懸命やっていただいてるんですね

でその中で

その我々も土井さんの話を聞きながら

もうま二つあってまず一つがですね

その何で里親が戦後

それなりに普及してたのが

呼吸しなくなった彼の流れの中で

やばい行政がやっぱりご面倒だからってのは

やっぱあるんですよね

雪に入れれば大丈夫だけれども

相談して査定をお願いするには

さとえになってくれる人を見つけて

さらにマッチングして

その後フォローして

大変な労力だということですね

それで後その通りだの呼びかけの中に

も皆さん方の中にもこのことをこと

そういうの興味ある人

ぜひ里親になってみませんか

という話があるわけですけれども

私も市民の皆さんが撮って

いっぱいお話をしていくと

とても自分がさとや監視があると

じゃあちょっと端にも話をしたいと

じゃあ里親について聞く

所ってどこかで児童相談所なんですよ

そうするとみなさんは関心があって

旦那もしか奥さんに勝てるでしょということで

児童相談所に一緒に聞きに行かないかってはな

ハードル高いですよね

そうじゃなくて

その里親っていうものが

もっと一般的に広まって身近でで勝つ

もっと普段の

場所で里親制度って聞ける

こうような状況作って行かなきゃいいね

そのためにこれ

行政だけだとこれダメなんだぜ感が

前面に出過ぎちゃうとですから

もっとその地域で子育てに関して

NPをいろんな団体今ありますから

その人たちに言われ

里親についても勉強していきましょう

パートナーになりましょう

ということですのやっていこうということで

我々も千葉市の平成27年度

新年度からですね

この小さい事だとのnpoずっと

話を半年かにしてきてですね

やるよっていう風にいてあげてくれた

npoがあるんで

一緒になって勉強して一緒になって

シミに伝えて

そしてマッチングし

フォローもやっていこうということですが

共同でやろうという形で今やってました

これはどんどん広がっていくと思います

もう福岡も元々やいるんですよ

戦士としてでもう一個が我々職員ですね

趣味でやってくれって言うんだったら

まあそもそも

我々職員がが里親をやってさ

とやってんのかって話になるわけですけれども

この里親をやる上で問題なのが特別

養子縁組をやるにあたって

ろくヶ月間アルシュな柄の準備

期間ってのがあるんですけれども

このろくヶ月間は育休扱いとか

そういうのないんですよですからもう

ちょっと区別養子縁組成立後は

実子と同じような形で

様々な支援が福利厚生の傘下に入るわけです

けれどもそれがですね

人生にないわけでありますねこれ

むしろ民間企業の方は

できるようになっているのに対して

公務員の方がむしろですねそがまいき

活用遅れてるところが

あって笑われ行政側は今ですね

これ計算はこの前記者発表して

我々千葉下来月から始めるんですけれども

もうその準備期間も

我々は千葉市の職員は

もう行くやつかしちゃうと

それでも不利益が出ないようにする

ということですね

我々だやっていきますコラどんどんどんなお

仲間の子にも広げていきたいと思うんです

けれどもその中でも

特ににも言わなきゃいけないなと思うのでも

育休って育休として認められた休暇と

死は認めるけれども所得収入ですよね

収入の部分っていうのは

社会保険で補償されるんですね

実は社会保険で出るように

ゴルフに国の法律になってる

しかし一方で

公務員共済の方は

実は出て来て最初になってないですよんで

これ単独で行って来なくて

実はその国の法律を変えて頂いて

各都道府県で編成されている

共済組合の中で頃育休で

仮に行政がそういうことで

皆して認めた

ところに対して

その給与を保証する

育休と同じだけの金額を出す

ということまで行って

初めて不利益が職員に出ないんですね

そこまでをトータルで我々もやる

その国もやってくれとこうような形ですね

これからみんなと一緒にですね

やってこうと

いう風に思ってますので是非

ともあのこっちもこうしていただきたいし

あの森大事にもよろしくお願いいたします

いうこともあるよね

はいあのどのぐらい喋ってんだろ

ごふんぐらいですかね

もっと短くさんぷんさんぷんであの実はですね

新しい横須賀の街

子選ばれる街にしようっていう

ビジョンを掲げてんです

ね手間この選ばれる町って

ビジョンはいろんな分野で使えるんです

後環境だったら

ごホタルから選ばれる街とかは

高齢者政策だったら

高齢者から選ばれ続ける街とかで

その文脈の中で

赤ちゃんからも選ばれる街にしましょう

その話をしたんですね

これって実はですねちょっとこ

イメージ的なイメージで話したんですけど

夢じゃない主のかったんですが

何で日本人

日本は出生率が低いのがと合計特殊

出生率低いのが発展途上国で

その時に新聞の社会面見たら

あかんじゃないですか

という話があったんですね

何かって言ったらもう開けばですね

少年犯罪だとかいじめであるとか

不登校であるとか

そして今虐待である

そういったところに生まれてきたいと思います

形で発展途上国であれば

生まれても汗水たらして働けば

マークまですごくを稼げるようになるとか

そういうこう自分の人生に夢が持ってるビジョン

蒲田から

横須賀は赤ちゃんから選ばれる街にしてこう

ということでま不妊治療不育症

治療というところからも

マスターとしている文脈の中で

やっぱりこの子供たちの育ちというのですね

見てかなきゃいけないとも

具体的に何やってるかと言うと

まずは施設を整備しましたこれ土井さん

に会う前しんさんに会う前

ドミトリー式のですね

本当に来蚕棚みたいな形で

子供たちが暮らしてる施設があって

お漏らししてもばれちゃうとか

泣きたくてもこうまくらいにですね

こうおっしゃってで声を殺して泣いてるとか

そういうようなプライバシー

つらないようなところだった

んでええユニットかしてで

かつおもうそうそうやね

お風呂もは

いっぷんしか入れないような施設だったんで

もう一個新しく作ってですね二つ作りました

手でも遅くね

2人に祝った時に

してつだけが答え

じゃないんですっていうことだったんで

今話の赤ちゃん養子縁組

について取り組みを始めようと思ってます

ちょっと記者発表前なんで

あんまり詳しくは言えないんですが

財源確保についても

民間の力を借りていこう

という風に思ってるんですね

今日は行政がもっと国がやったらいいんです

何で彼の言うよっていいですママ

あの国がやったら

言ってななんでかって言うと

先ほど戻りそうな話になった

トータルコスト考えると

施設で育てるよりも

たとえで育てた方が絶対にコストは安いんです

ですから国が遅い赤ちゃん

養子縁組に対して

積極的に進める予算を入れた方が

季節柄にもなくに

借りたお金もらってますけれど

も全然安くするんですね

ただその財源を民間の力を借りてよこすか

ちょっと始めようという風に思ってます

それちょっとやったことあるんで

たくさん話したいんですがあのー

しかも今日は

横須賀市から岡崎さんというですが

赤ちゃんと一緒に

あの来てくれてる陶芸家のいらっしゃるし

試してさんも赤ちゃんと一緒にということで

横須賀赤ちゃんから選ばれる街に

どんどんなってきそうな感じがしてます

ありがとうございますはい

あとこの分野に関してはですねーの

神さんがとてもあの頑張って

チャレンジを続けているんで

ちょっと調教教えてもらっていい今

土井さんから

もお話あったんやの

お家と育てないことも

大体よんまん人ぐらいいまして人皆さん

多分初めての方もいらっしゃったので

簡単に申し上げます

とあのせんごはあの戦災孤児ということで

この質は結構いたんですが

いちふんでしゃべればされて

今はあのその虐待を受けて親

と一緒に育てないとのが

大多数のわけですね

大抵の子供は施設にいて

施設の環境があまりよろしくなくてですね

高校中退はに割大学に進んで

卒業する子はあのごぱーせんとぐらいです

あの日本の平均のまあ

1/10みたいな水準になってしまっており

ましてでいろんな状況がある

んですがその他と親も雪も

ひっくるめてですね

子供にとって一番良い下の育つ環境

本当は家庭なんです

だけど家庭がない場合に

それを代わりに社会が準備しましょう

というのが社会的養護というあの枠組み

これがその十分に整ってない

という現状があります今あの一緒視聴

者はおっしゃったように

その施設の多くがですね

退社といって

子供が集団生活してるんですので

お風呂とか入る時も

施設の職員さんがゴムの長靴履いた子供

一人一人洗うみたいなことが

未だにあの普通に起こっているんですね

これはとても子供が1人1人

その後育てられると

いう環境になかなかなっておらず

あの私のnpoは佐渡安い

店行きたいと思ってるんですが

今やってるのはその施設を小規模なものに

あの一軒家がいっぱい集まってるような施設にする

ということをやっています

今二つ目までですね

そういった施設に霊みたいな

場所を変えて

いくということをやってきました

ありがとうございます

えっとまぁそういう状況聞くとですね

あの本当にお子さんいらっしゃる方は

大切に育ててこられたんで

そんな状況があるんだって言うのでも

まあそれも一つの現実なんですね

こういうことに関して

アプローチをして行こう

ともちろんあの施設の方が適切な年齢

例えば高校卒業ぐらいとか

色掃除機ももちろんあるんですですから

あの状況状況において

適切な環境を提供していければ

いいんじゃないかそれで

あの今回一つ

皆さんと一緒に仕事やれるんじゃないかっていう

まぁイニシアチブのたたきよ下土井

さんが考えてきてるということなんで

これを叩きに皆さんで

また相手を出してあればと思います

じゃあちょっとどうしたら

説明してもらっていいですか

鈴木英敬知事が説明する人来ないと

こんな素敵なことを

私があのやってしまって申し訳ないんですけど

今までいろいろご説明

があったとこれがすいません

皆さん全員の手元にはないんですが

Gわん子供イニシアチブっていうものをは

本当にあのに

じゅー人ぐらいの

Gわんのメンバーの方が違います

手に呼びかけ人に名を連ねてくださっており

あの元奥の方は

もしやりますけ方がいらっしゃったらあの

そんなの次回お金をかけろ

とはいませんので

ぜひ応援団になっていただければ

ありがたいなと思います

やはりこの社会的養護のエリアは

とにかく目立たなくてですね

こういうあの気持ちのある組長さんたちが

まずは始めてくださってるっていう感じなので

皆さんみたいなでも世の中の

注目を浴びている

華々しい方々が

お名前を連ねてくださるだけでもですね

我々からすれば

本当に宣伝効果と言いますかがあるかな

と思いますて最後

あのいろいろリアの説明の部分は

もうすでに言われてるので

最後アクションプランのたたき台でことで

これからさん年間ぐらいでこの

イニシアチブをなんとか思っておりますので

そのアクションは何なのかってことなんです

これこれから皆さんのご意見あれば

是非改定していきたいんですけど

もう一つはあの高島さん

おっしゃったようには心の中からもですね

養子縁組してみようとか

里親になってみよーって

方いらっしゃったらなと思います

やはりこの何て言うか

アンジェリーナジョリー的な人がですね

日本にまだいないっていうことが

この制度をもっと知られてない

外行って言ったら

あの犬と猫のことだろう

と皆思っておりますので

そこを変える一つの理由の一つなるかな

と思い

ますあとまく部長や

国会議員の方々のアクションとしては

やはり赤ちゃんを養子縁組するという制度ですね

しっかり入れていく

そしても養子縁組すべきでない

蜘蛛がいるんですね

あの実はの元に戻る可能性がある子ですね

遊んでるのはいはい

里親のもとに託していきましょうです

とかですね

松前矢野真さんが入っておりまして

おられましたけど児童養護施設の環境ですね

やはりすごい量の霊みたいな

大きなにひゃく人とかまにひゃくに

ひゃく人以上の量とかまだありますので

やはりそういったものがなくしていきましょう

あの本当に国会議員の先生方にお

願いしてますのは

まっこいって事を進めていくにもですね

ちょっと真剣の制限ですとか

色々あの法律を

変えなきゃいけないところもありますので

まああの歌唱で

子供のための社会的養護包丁に出るんですけど

やっぱりあの先ほど

ちょっとあの森先生が

おっしゃられた野田先生達が

せんえん出して

ルシアンなんかをちょっと

あの手を入れたりするのかなと

思うんですけど

維持しても法律が必要と思いますので

国会議員の人にお願いしたい

後の会社の方々がたくさんいらっしゃると思います

けれども会社の方々には是非

先ほど横須賀市じゃなくて千葉市の話が

ありましたけれども

飯能里親養子縁組者でも

育休を使えるような制度ですね

あの部長さんたちが

進めてくださってるんですけども

民間もあのどんどん入れていったら

いかがであろうか

就業規則を変えたらどうだろうかとか

あるいは修行の身ですね

特に施設の子達ホームレスになったり

結構してますので

そうならないような就業支援なんかも

皆さんにもしお助けいただけたら

ありがたいなとかとか

アクションプランのあるお店できない

ということであればデリートしますし

あのこっちのがいいんじゃないかって言ったら

是非あのご意見いただければなと思います

よろしく

お願いしますございますて

これはまだまだもちろんあくまでもたたき台

何で例えば皆さんの中で

これにさらにこういう

このくれたらいいんじゃないかっていう

お話も今聴きたいし

また後ほどあの実際に

自分も呼びかけにの中に

名を連ねていいよっていう方がいらっしゃれば

ぜひ協力

いただければと思いますし

お餅を生きられずに入ったとえなります

と言うのもなかなかそうなあのむしろ

やっぱりそう簡単というよりは

真剣に色々里親になるにあたっては

色んな事も知っていただきたい

子ってあるんでで

まず例えばこういうたたき台

あくまでを叩きたいだけですけど

もこんな内容を盛り込んだらいいんじゃないかって

イニシアチブの案があれば皆さんも教えて下さい

皆さんだと思ってないと思うんですが

この中に会社役員の方へということで

地元の施設の小屋里子の修学就業支援をしましょう

って書いてありますね

経営者の方も多いと思う

ので是非お願いをしたいのと

ここにもう少し

ひとつひとは塾会いたいなと思うのが

横須賀デイを避ける

喋れなかったんで

喋りながら皆さんにお願いしたいのは

地元横須賀ではですね

まず就学支援として

家庭教師を派遣してますね

これ児童養護施設に派遣しててなんで

かって言うと

先程お高校中退とか

実話の高校も

行けない子なんかもいるんですね

でそうすると学力が低いという理由だけで

そうすると施設の職員は

勉強の面倒までは見ていっぱいで見れなくて

家庭教師になるんじゃないか

でも中卒や高校中退すると

街と危ない業界に入っ

ちゃったりホームレスに入ったね

男の人とヤクザとか女の人だと風俗とか

実際そういう中で

せめて高卒でできれば

大学まで行けるように主役支援するべきで

次は就労の支援です

実は高卒でも

地元の民間企業を欲しがってる木が

たくさんあるんですね

おそらくを教えて皆さんの

中でちゃんとやっていただければ

あの全然使えるあの若者がですねえいるんです

ですから各企業の皆さんでも

ぜひそれ考えて頂きたいので

あの森先生も仰られた

なかなか就労ができないという一つの背景に

もう一つあるのは住む場所がないんですね

今日は親がいれば親の

支度があるでも

施設出されてもう美織夜でもない

じゅーはち歳になった時に保護

保証人も立てれないいう時に

すぐ場所がなくなってしまうのですから

こう物件を持ってるような形が

皆さんいらっしゃったらですね

そういう若者に力を貸してあげたいなって

よこすかして何やっ

てるかと言うと

そういう就労ちょっと難しい子供もいるんですが

協力してやるよう

という会社さんのネットワークと

そういう保証に立てなくていいよっていう

不動産事業者さんが

行政の児童相談所という施設と一緒に

夢のかけ橋横須賀ステーションっていう間

ネットワークはですね立ち上げ

たんですね

すいません横須賀限定なので

皆さんにそこに入ってください

と言いづらいんですが

ぜひ各地域地域で

あるいは皆さんの交渉属するですね

会社でそういう取り組みをやっていただけたら

いいなって具体的に書き込んだ方がいいな

というのは

住まいの提供というところだな

と思いました

はいありがとうございます

他にいかがでしょう

歯医者さんの子供が欲しいと思ってる人に

里親になっていただくのが

一番いいんじゃないかと思うんですが

子供が今は

まさに欲しいと思ってる人達に

アクセスするような何かがあるといいな

と思いましたあのー既に子供が

いる人に例えになりませんかっていうよりも

優れ不妊治療の最初の方とかが

ぶーなくてしたらいいかわからないんですけど

僕はそこをなんか見つけていくのが一番

あの形としてはいいんじゃないかな

と思ったんですけど

あのアイデア出ていました

ありがとうございますい

ましたさっきのお話も

本当にまさにその通りだと

是非そういう方向であのやりたいんです

あのちょっともうホントアイデアなんですけれども

あのねあの井崎君もそうなんです

そのアメリカとかは

ヨーロッパにもほんの数年住んでみて

里親になってる人って

画用紙取ってる人すごく

多いでしょそれも経てば

白人のすごくいい家庭で

白人の子供を立てば

東ヨーロッパから取ってるんなら

なんか我々の感覚でもわかるんですけど

それが安心やの子供とか振りかの子供も

自分の子供と明らかにもう形顔形が違う

子供を連れて行ってる

それがどちらかというと所得が

ないとできないってのもあるけれども

すごく怒って当たり前のようにすると

それに対する悪い女じゃないんですよ

あのあさすがだなっていうなんか

いい感じだなーっていうで

以前は皆さんでも絶対そうでしょ

もうさん台ぐらいまで遡って

あの兄弟見たら必ずいます

貰ったりあげたり

昔の当たり前だったんですね

で今ちょっとなんか知らない

このごじゅー年ぐらいゾウの長いので

すごく特殊なこと

やってるような感じになってるんですね

遠くにごもらったらその継母の中

いじめだとかていうのが

なんか怖いっていうイメージがあるんです

そんな色んな漫画とか

テレビとかで

是非そのイメージ戦略は

あのもマスコミの方にも

そういう関係の良いドラマを一発

作ってくれたらもう全然雰囲気が違ってくる

あとねーありがとうございます

もしくはその意味でも

本当にGわんに来れるような人が

そういうことで先陣を切ってくださって

それを雑誌とか

で紹介してくれても全然雰囲気が変わるので

それも戦略的に

一つか二つ作って頂ければと思います

お願いしますはいどうぞそんな感じ

そんな感じますそちらマイクお願いします

医療関係で薬をやってるので

お医者さんとのコンタクトがあるので

悪い友達に産婦人科医がいる

んですがあの今

先ほど為末さんがおっしゃったアクセスはないか

あの不妊治療をやってるの

産婦人科学会の中で

先生方も各明確に名簿として確定

指名できますから

あの学会の先生方の意見

聞いたわけじゃないのに

無責任なことは言えません

サウジ学会の中で不妊治療をされて

いる先生方あるよ

その施設に情報提供を求める

あるいは逆に情報を提供する

その不妊治療をするのが一番いいんでしょう

あのちゃんと赤ちゃんが生まれれば

でも残念ながら

不妊治療がうまくいかなかったケースで

その人たちが里親になってくれる可能性

っていうのはあるんだと思うの

で作業の40歳の枠を

外さなきゃいけない部分があるかもしれません

けども情報ってのは

そこの不妊治療してる学会の先生方のとこに

集中して存在してると思います

ありがとうございますはいえーと他のありますか

森先生はいちょっと参考までに私福島県なの

で東日本大震災の

遺児孤児がどれだけいるか

せんななひゃく人以上こじがいます

これは阪神大震災の時のさん

倍以上だと思います

そこで何が起こってるかと言うと

きゅー割が親族

里親と言って

親戚に引き取られているんですね

しかし東日本大震災の場合は

広いエリアがいっぺんに被災しましたから

引き取ってる親族も被災をしています

近所の人達も

津波に飲まれていなくなっています

避難しているところの隣

近所の人が元々知らない人だって

そういう中で子供たちが暮らしています

引き取ってくれたおじさんおばさんはま

昔ながらの親戚の子供は

引き取らなきゃいけな

いっていう義務感で当初一人ましたけど

今になって本当に負担になっています

自分たちも被災してますから

経済的にも

精神的にも負担が大きくなっています

そのことと関係があるかどうか

分かりませんが

児童虐待の数も非常に増えています

ですので里親又は親族里親

の養子縁組をした

その後というのも

フォローしていく必要があるのかな

という風に思います

はいありがとうございました

今色々とご提案をいただきました

それであの多分

これから皆さんで

まずどうやっていう選択肢があるんだって

ことを必要な方

もしくはのいろんな方に知っ

ていただくそしてまたサポート体制を作って

いくつはもっと大事になってくると思います

で福岡市10年前から

里親に特に積極的に取り組んでいて

あの子どもの村って言ってですね

里親の皆さんだけで

今度集団で家をすぐ近いところに

村を作ってって言うなこともしてきた

んですねそこで

地域の皆さんと

桃と会ってきたかって言うなプロセスもあり

いろんな壮絶な話があって

今ではっていう映画になってます

またせっかく里親よしって思っても

実はその里親の皆さんに対するケア

っていうのが

何しろ大事になってくるわけですね

でそこがないと

その砂糖に入った子どもも

親もそう不幸になってしまうわけです

また行政がじゃうちも

児童相談所の形の人数増やしました

でもやっぱり行政のサービスと

馬鹿たいんですよね

そこを地域のnpoの皆さんと

協力をするようになってからと買っただけです

そういうnpoの皆さんが

主催するその何て言うか風邪みたいな形で集まる

そしてそのさとこ達の託児所みたいな形で

あの遊びとかを一緒にするような

こういうようなもの作って

お互いに色んなこと話せる場を作ってきたり

それからそこに専門家も入れるようにしたり

そういうのでも覗きスムーズに空

になっただけです

でご提案ですが

今は実はこの組長

ネットワークのあの自治体の皆さんに

砂糖や専門のnpoがある地域って

まだば少ないわけです

でも児童虐待とか

子供に関するnpoは各地域あるわけです

でとてもそういうところは

活動されてる方との親和性は

高くてそう

いう思いがある人は

里親っていうことにも興味を持っていただける

ということで今声がけをして頂いています

そして今年のですね

9月ないしは10月にですね

実は福岡市で里親推進

フォーラムというものを開きたいと思って

今里親推進フォーラム

今年の9月か10月でその時

までにゆっくり時間をかけて

地域のnpoとそれぞれの行政で

いろんなこと話して

そしてみんなで一緒に強制と

各地域のnpo一緒に福岡に来て頂いて

一緒に福岡が里親をじゅー

年間どういう風に増やして来たかった

またの機会があったのか

どんなハードルがあって頭越えてきた

のかって話を一緒に経験して

最初のスタートラインを一緒にスタートに

することによって

今後の関係でも

気付けていただけるんじゃないかっていう

フォーラムをやろうと

岐阜二戸の汲み取りトークで話しています

是非その場にですね

ご協力いただけるような皆さん方も

民家の皆さんも

ぜひ参加をまたいただけたら

また教えて含めてですが

ちょっと良かったら

あのご参加もいただいてですね

またあのそういう社会的養護の後

例えば失業とか

そういうような

やっぱり部分ってのが出てきて

例えば国立大学とか大学の入学金とか

授業料っていうところがなんだかの減免

措置ってことがあったとかできないかとか

あのもっともっと今たたき台でしたけれども

あのたくさんあるものを今日頂いたお話

それからこれから9月までの間に待って

もっと皆さんとお話をする中で精査をして

一つのイニシアチブをですね

その9月か10月ぐらいに出せれば

いいなと思うので

その時までにあの是非

皆さん方も

自分も賛同していただける方いらっしゃれば

是非ご参加頂きたいんですがいかがでしょうか

じゃあねとまた

それに関しては

あのお話しさせていただきたいと思います

歯医者自分に賛同いただける方は

当社の方までお話をいただけれ

ばいい風に思います

残りはじゅーさん

ぷんとよんじゅーご秒になりました

このように多分こういうことっていうのは

地方の矯正と

それから民間が一緒になっていかないと

やっぱりできない子でも逆に言うと

こうやっていろんな事例を作っていけば

どんどん変えていけるんです日本

だって我々組長

ネットはこれからいろんな活動していく上で

こんなことも底まで行ったらいいんじゃないか

なんて言うアイデアがあれば

是非この時間で皆様からも頂いて

そして我々の組長

ネットワークの

今後の活動の参考にもさせていただければ

と思うんですがみたちさあそれか他

にいらっしゃいませんか回試してさ

他にはじゃあみたいだから礼します

すいませんお願いです

あの産業競争力会議のですね

あと下に改革ワーキング2020って降りました

これはあの魚型とさん型ちょうでえ

三村さんとか皆さんも結構出てくれて

私もメンバーなんですけどここ

でですね2020年

東京オリンピックっていうのを

東京だけにしても

しょうがないから降りジャパンにしましょう

とみんな言ってるんですけども

もうストもやらなきゃいけない

耳の中で2020年まで

いっちゃんと実現して

後世の子供たちのために

何かいいもの残したっていう具体例

を作りましょうという話をしてるんですよ

私なんかもお願いして旗を立て

この地域が具体化しないと

一般文じゃダメだから具体例にしよう

例えば医療でも

その子供のことでもこの地域でやりたいなら

そうするとこれは

行政からの方も

複数消去に絡む奴は必ず旗を振って

それを実現させることと

予算もつけることにしてるんですが

問題はですね

各省庁に何かいいのはゲロってだけだった

そうするとろくなのが出てこない

でも今日のような本当は地域でやってて

何か具体的に受けても良いです

もってやつを

何とか繋いで行きたいので

是非もしあの皆さんお一人

それからうちの地域で

こんなのがあるってでいただけないから

そうすると辛い麺管理員の方から

事務局の方に

本当にこういう事情も知っている

具体的な事例について行政でやること

変えれば2020年までにやろうやろう

と思ったことが先にできる

じゃないのというのを

実際に突きつけれるんで

これはのお願いでございまして

是非行ってあげて頂戴できる分かりました

ありがとうございますはいありがとうございます

何かあったら仕事

ちょっと突然触れてあれですけど

あのちょっと家でやってる件で言えば

ちょっと皆さんに3度いただける

かどうか分かんないんですけど

今水道事業をやってましてね

こらま日本全国で

本当は共通する課題のはずなんですけども

その水道需要は非常にいます

基本的に先細りでで

そのただ甘露は古くなってますですねで

これどうするんだという問題がありますよね

んであの今結構

その水で分断化分散化されてるんですが

これはあの今広島ではですね

あの民営化っていうことと

それからこれを束ねていくっていうことは

やろうとしてますね

これまだ水道法のあの改正なんかも必要

なんですぐにできないんですけども

こういうのもですね実は各地域

でまさに同時多発的にですね

進めていけばあのすみませんじゃないか

なんでこれの人はハードルはあの何かな

何かと言うと住民式なんですね

住民式とそれからその議会

今そこに連なる議会では

これさっきはちょっと農業話をしてて

株式会社けしからんとかいう話と同じで

その水道は株式会社がある

時しか半島では危険だったんですけど

痩せることが危険な民家の飛行機

乗ってじゃないかっていうのと同じとか

電気はあの民家が曲してるじゃないか

とかですね

同じようなことは

ライフラインでもあるんですけどもね

あのその意識を変えていく上で

はこの少し束になって

進めたほうがいいので

これもちょっとさんどいてあげるから難しい

ステージ的な理由なんでわかりましたけど

こんなのはあるかなあのまたあの店くさいです

あのそれぞれ提案するようにしますか

見せてお願いします

はいあのー今の三田さんが

お話されている

のによん市長は

みんなメモとった吉田さんだけ

メモを取りました

重量送りぐらいだったのにとってますか

ちょっとしたの

あの市気温的には

夢がある方向で話がいいなと思って

一つだけあの結局

人が増えると

抱いての問題解決んじゃないかなって打撲今回

自分で思ったこと

なんですね

少子高齢化が

あのやっぱり問題がどこに行っても

出てくるな

という中で健康寿命延ばしましょう

という話があったんですが

一方で実は色々買ってるのは健康

ジムの後の人生だと思うんですが

この終わりを自分で選べる時代が来るのか

来ないといけないんじゃ

ないかとか

これ僕の個人的な意見なんですけど

あのつまり健康寿命が終わってから

本当のジムゴールまでの個々の器官がたぶん

いろんな色の髪伸びていくんですけど

そのぶん負担が伸びて

大きくなっていくっていうことを結構そろそろ

日本は真面目に議論をして

今どういう何に

なるか分からないですけど

議論を始めるって言うことは

すごく大事なんじゃないかって

いう感じがするんですね

僕は規則を作ってる会社とかも

手伝ったりしてるんですけど

どんどんどんどんそういうものが

人間の体に組み込めて寿命は延ばせるんですけど

健康寿命は延ばせるかどうか

よくわからないっていう現状があるので

まだこれが本当のなんか

出発点でもいいと思うんですけど

人生の終わり方をどうするのかっていうことを

なんか議論を始めても

なんか国でやるのは

あまりにも多分すぎて難しい気がするんで

水面下でもいいんで始めてもいいん

じゃないかなっていう風に思いました

就活やはりあの医療業界におりますので

あの私の父もですね

家族がみんな病気で苦しんだので

治療薬の武田薬品にいながら

本当は薬で治すんじゃなくて

元気な人を保つ医療

元気な人を元気に泊まってる

これ最高の医療なんですけど

も皆さんご存知だと思うんですが

街でおじいちゃんおばあちゃんがですね

町のお医者さんにどんな生活をして

どんな食事をしたら一番元気でいられるんだ

先生に聞いて先生がいろいろご指導したので

おじいちゃんがいち年間また元気で過ごして

いち年後に先生のおかげで

元気でいられたよ最高の医療なんですが

こういう指導やアドバイスをしてもんですね

初診料はつかないは治療は懐かないわよ

お医者さんに侵入者の収入がないんですね

明日から元気な人を元気に保つ

医療っていうのは

本当は一番良いの良い量なのに

日本の医療制度は

人が病気になるのを待ってるんです

人が病気になると

初めて手を差し伸べる医療制度なので

非常に人間的でないんですね

明日から元気な人を元気に保つ

そういう意味では

作業もちょっとありましたけども

やはり底の部分に工夫をいろいろする

という文を是非お願いをしたい

という風に思います

ありがとうございますお願いしたことありますか

何で試す盛んな攻撃的かというとか

前の話でましたが昨日ですね

バスの中で電子顕微鏡で見るとか

ふんってすごいイガイガしてて

食べませんさんみたいな顔してるって私

それがあってるって空手たら

あれますよ為末さんの言ってることは本当

正しくて実は

あの最後のことを考えざるを得ない

時代に入ってきてるんですね

なぜならみんなだいたい病院で死ぬだろうな

と思ってるんですが

病院で死ねない時代はすぐそこに来てるんです

なぜなら病院のベッド数というのは

増えない

でもこれからなくなる方はどんどん増える

でも自宅で死ぬことができるかと言うと

その体制がなかなか整ってない

だからまあこれはあの石が大事なんです

けれどもやはり自宅でも

最後を迎えることができるような

世の中作りはしてかなきゃいけないんですね

でもあの私実は偉

そうなこと言いましたけど

選挙公報は自宅で最期を迎えましょう

というですね

それ一本の選挙公報にしたぐらいですね

横須賀はすごく進んでまして

あの横須賀だけが住んでても意味がないので

まずはお隣の三浦半島鎌倉逗子

葉山三浦というところと

連携して行ってこうって話

をしてますが

せっかく為末さんがやって言っていただいた

んでこの組長を

ネットワークでデモを共有していきたいな

というのもいました

しばらくもうこれね

色んな分野が入ってるんでも

二つだけに絞ってきますと

計算方もいらしたと思う

その遺言てすごく難しい問題でこれが

ないと大トラブルになります

普通の親だってトラブルになりますので

これは難しいのは

親が元気な時にそれを言うとお前

何で俺を殺す気だみたいな感じで言えない

で本当に病気になると

一層言えないっていうことでで

遺言状なしに

親が亡くなった後のトラブルと本当に

切ないです書いてくれれば

それに従うのにないから

色々見ない気が違うんで

これについてはななじゅーとかなな

じゅーごの時に

もう外からはもう

とりあえず書きましょうって言う運動を

岡山県で塩をしようと担当に何度も投げて

そう食べに難しいんじゃないですか

みたいな彼

でも必ずあのやるべきだと思っています

こうなんかみんなと組んで

やりたいっていうことだと

私になってすぐ

剣聖の目標の所の寿命の延伸を

健康寿命の延伸っていうのに変えました

もうおっしゃる通りなんで

あともう一つ

最後の死に方っていうのも

本当に決めて送って

大事だなって思うのが

みんなの家族の一段てした方にも含めて

意思の表示がないとお医者さんからすると

最後までやらざるを得なくなってしまうと

とにかく先に決めておくことが

どれだけ本人にとってもマリン

とってもいいかで言いづらいんだったら

やっぱり行政がきっかけを

作ってあげる大切さって言うの

非常に感じています

残りがにふんとさんじゅー秒にもなりました

本当にそれぞれよく喋る皆さんですね

ただあの何につ様ですね

今子供の話ですかとしたんですが

今出てきたのは意外と最後の話で

これはこれから高齢化社会そして地域

包括ケアですね

もう健康づくりから始まって

健康寿命をいかに長くするか

そして最後のなくなり方墓地がない

いろんなお話があって

そういうその健康医療行政ictの連携とか

こういうことって言うな

心から間違いなくその持続可能な社会づくり

そしてあの在宅へっていう流れはこういう

ものは非常に大事なテーマになってくる

と思いますので

今日出てきたご意見なども参考にしながら

ですねまた私達で

実際に現場である女性として

チャレンジをしていければ

という風に思い

まあんまり最後に喋ってなかった後

千里あの熊谷さんに

一言ずついただきたいとも30

秒ずつお願いします

あの本当にいつもここに来ると

あのいろんなのテーマをいただくなと思ってます

今日子育てのこと

そして最後に頂いた

自分の人生の終わり方っていうことを

これからのそれぞれの地域で

音に身近に市民の方にいつでもこう

あの働きかけられる立場にいるので

あの小さなことでも

あの位置からしっかり始めていきたいな

と思いました本当にありがとうございます

でもおばさんに

高島さんをちょっと頭竜川ゆりかごから墓場まで

という行政のですね

もう立脚点に行こう

体現したようなセッションだったと思うんです

けれども少し高島さんの話で

あった時墓地墓地はですね

もう変わってきてます

価値観の我々今まではですね

夜普通のポチですよ

これは後で誰かが面倒見ない

見ること前提の墓地だった

これしか提供してこなかった笑笑いま

例えば千葉市でも集合

ボッテガ相場というような形で

これはもう面倒見る人が

必要のない方も

当初は所得の低いとのために作ったんです

けれども今もうほとんどがこの希望ですね

それは所得の高い人も申し込んできてます

結局はもう自分で

目がその他の人に

墓を管理してもらうんじゃない

それから就活自分は

安心してはとも自分で決めて終わりたい

んだという後腐れなく就活をしたいんだ

というの中の代わりの中で

我々は法治行政の需要の変化を

肌身で感じています

僕ら行政の面白い所ってな

こういう生活の本と

ライフスタイルの変化にも覗い

行政として感じられるし

それに関われるんですね

ですからあらゆる産業の人

僕らコラボできるんです

ですから国ももちろん大事

ただ我々のような言われ

自治体が生活に身近な中で

民間と組んでいくことで

そこで事例を積み上げていって

国が変わっていくということが

我々にとっては一番いいんではないかな

と思いますありがとうございます話になり

ましたありがとうございました

ありがとうございました

第11分科会を終了させていただきます