「資源管理」で日本の水産を守ろう

はい皆さん宜しくします

開けて次は

トレサビリティの話っていうことなんですが

あのまずここに座って本当にもうなんですね

日本の景色が変わったらふうに思ってます

この水産の問題で

海洋環境の問題でこれだけ多くのかたが

この島内に集まってくる全国ですね

このろく年前

から本当に考えられませんでした

自民党の部会で

資源管理って言葉を発した時の頃

冷たい目線からも全く変わりました

そして勝川さんがモデレータをやってるところに

フロアに水産庁の方が入る

これを全く考えなかったことだったんですが

まあそういう意見も違って立場も違う人

がですね一緒に集まって批判じゃなくて

具体的な提案で

そして行動しこれがのGわんのいいところ

私はフェアなところもGわんのいいところだ

と思ってまして

さっき色んなちょっと課題が上がったんで

ちょっとトレーサビリティ入る前に

今日せっかく水産庁から

お二人の時間もそして

資源管理部長も来てらっしゃるんで

よかったら高野山から

あのさっきのちょっと議論のフォローだけいかが

ですかあのにふん以内でお願いします

すいません平ですね

あの水産庁が説明にくると

非常に後ろ向きなと話されましたが

後ろ向きな説明をした当事者のが

私でございました

じゃあそれさんの前の話なんで

このさん年間にいろいろ変わりまして

今一番大事なことはですね

あの管理の目標を

どういう風に決めるか

っていうことだと思います

今までの資源管理っていうのは

頑張りましょうっていうことは決めてたけども

どこにどこまでのレベルに何時まで

に達するかっていう

明確な目標を決めてなかった

でそれをあのはっきり決めてで

オープンにすることでで

水産庁と漁業者だけの漁業

調整の園長の資源管理から

あの国民の皆さん皆皆がですね

あの資源ってこう言うものだっていうのが

わかった上での公平な議論とディスカッション

と政策が組めるようなそういう方向にですね

今あのー変えて言ってるところでございます

よろしいでしょうか大丈夫だけど映画の話ですか

時間がいいですね

もうそういう感じで何がやっていただくと

あのですね水研センターとか

いろんな管理期間を

どういう風に独立させるべきなのか

という話はですね

勝手になった場合それはどういうことかな

意思で動く勝手なコントロールはね

政治も行政もできない方がいいのか

責任を持ってやるほうがいいのかってのは

よく議論した方がいいので

私は大大大先生にですね

なんか非常に申し訳ない対応した事が

過去あったのかもしれませんけど

私今担当してたら

そういうことはしませんしてと

ガバナンスを効かせるのが大切だと思います

例えば最近あのいろんな研究開発

とかする時ですが

勝手に決めて

それでこういう研究開発をしようって

この成果は担当する省庁がどういう政策の

方向でやろうかっていうのと関係なくね

あの学者の形が好きな研究だけするって

言うんじゃなくて

行政が出すあの

そういう名の学者のための

やってもいいんですことは行政が責任もって

我々はその担当する大臣の指示に基づいて

ですねがマナーと同期させる

買ったら大事だ

と思いますそれからに

点目の輸入の規制についてはですね

いろいろ議論があって

できたら我々いいと思いますが

これからこれまでに

生産者が輸入の規制っていうことについて

全てオープンにしろっていう

世界の流れの中で

いろいろ来たことがあるんで

もし資源管理の観点とか

安全の観点とかですね

そういうもので規制を強めて

それが日本の為になるのことがあれば

ですね是非進めていきたい

というふうに思います

ゴーヤに炒めてそれからですね

資源管理を進めるって事は最初の時期

少なくとも苦しい時期があるってのは

話の通りでその時にですね

苦しくても後でよくなるからっていうことだけ

じゃやっぱ国民の理解では

理解が得られないんで

この転換するのはですね

転換するのは今まで悪かったから

天下するってなくてかかと今ですね

変換する時に

どういう手を差し伸べるのかってのは

非常に大切だと思いますそこで

またあのまたバラマキだとか言われてですね

は結局何もできないんだったら

みんな鳥の輪舞だけに載せ替えなるんで

考え方を変える時に他の周りの方もですね

転換するのを応援してくれるんですね

ことを是非お願いしたい

という風に思ってます

間野すごく免許なる議論が

あったんで払いでもあのこれからですね

法律の次のところでて

きちんと行ってきたいと思うんですが

まだ今法律婚最終的には

農政局で初めてですね

この道担当したのち晴れですね

実は本当にあのかけてうまくいくかですね

そういう瀬戸際になってますんで

ぜひあの事務的

にも頑張りますし

国会でもいい議論をしてですね

法律を作っていきたいと思いますで

是非宜しくお願いしますありがとうございます

本当にあの水槽のしても

今かかってるんですね

これはなぜ変わりなかったかって言うとし

喧嘩に親になきゃいけないって

水産庁が言う人漁業地元

漁業者がやだという地元業者

どこに書き込むかっていうと

地元の政治家に駆け込む地元の政治家

水産庁の役所役所の方々を呼び出すとなるなかれ

1日の方々やりたくなくなるって

この風呂サイクなんですね

今これが逆回転を始めてます

なのでぜひ頑張ってる水産庁とか漁業が

全部悪いということじゃなくて

頑張ってる曲はしっかり応援するという形で

あのどんどん前向きな行動を促していけたら

いいんじゃないかと思ってまして

それでは今日

先ほどすればさんからも

笑いが枕輸入をですね

大丈夫なのかっていう話は

まさにこのトレーサビリティの話になって

きますんで

ちょっと見づらいかもしれませんが

一応このバリューチェーン全体がね

どうなってるかってちょっと見ながら

そしてこのトレーサビリティってのは

一つはその愛you_you対策ですね

違法漁業とか

無許可の漁業で

撮られたものを

日本に入れないっていう

チェック機能を果たす

って役割とやっぱり

その唯一の対策とかブランドか

こういう付加価値を高める経済的な効果

二つの観点で見ながら

それぞれのお話を聞いていただきたいと思います

がもういちいち視界が降ってると

盛り上がらないんで司会なしぐらいの勢いですね

もうインターラクティブに行ってきたいと

バスでまずはそれぞれ

このトレーサビリティに関する問題意識と

こうやって取り組んできたって話をですね

行きたいと思わす

で者伊藤さんから行きましょうか

支払いします

皆様こんにちは坂戸サイダー

日本アドバイザーの大きと申します

パッカードサイダーは

もともとHPというパソコン機器メーカーの

創設者であったデビッドパッカードが創設した

施設財団になります

もともと海が好きだったごじの思いを受けて

海洋環境資源保護に

全世界的にごじゅー年以上取り組んでいます

て日本においては

持続可能な水産資源が重要される

市場形成といったところを一つ

大きなゴールに

掲げています

9サプライチェーンの図で示されるところで

見るとサプライサイドをまず変えていこう

というところで

北米だと20年の経験があるんですが

あのーアメリカでのおせぶんさんのように

ホールフーズさんですとかコス子さんと言った

そうした大きな大規模なリテーラーさん達

が持続可能な調達原則例えばですね

今日本で言われている

あのオリンピックに向けた

msc認証といった

持続可能な調達認証であったり

またフィップと言われるような漁業改善プロジェクト

そうしたあのコミットメントに対して

を持つことによって

供給サイドから両サイドに対して持続可能

な流通経路を作っていこうということを

一つの目標として現在活動しております

私自身もあの今回あの暴動に入らせて頂いて

非常にあの皆様の体の中で皆様の議論

たくさん学ばせていただきましたし

今回この場を通じて

よりよい行動の提案ができることを

楽しみにして

おりますそんなの

家使った美しい言葉で出なくてられる

白のmsc認証って何かでちょっと付け加えて

はいあの皆さん

海のエコラベルというものをご存知でしょうか

例えばあのせぶんさんでも

今回からあのたらこうということで

あの発売されていらっしゃいますが

すごいんですよこの

ボードメンバーですね

勉強を続ける中でも

いきなりアクションを作って頂いて

あのセブンプレミアムの商品に

ショート生えていますが

主に輸入ものにおいても

だいたい家の全世界で

さんびゃく秒ぐらいは対象にmscという形で

あの競技用認定されているものになっており

ますこれを

セブンプレミアムでたらこで撮っていただいたと

明太子でしょ明太子と明太子取っていただいた

ということで

でもあるmsc認証には若干文句がある

ということないでしょいいでしょ

もう関係ない関係ないです

本題に来たいんですけれども

問題式あって

一つは実際お客様がで消費

者がmacに対して

お金を払ってくれますかどうですか

って言うとこれまだまだです

ボランティアとリンが先か卵が先か

卵では旅行だと思う

もう一つは

我々その認証を書くとるって言うためにこそ

ありますこのコストコですね

喧嘩していいんでしょうか

どうでしょうかっていう

意識もあってこれあの売上対比にします

計算できるんでしょ

って大体いくら何パーセントだ

と思うかもしれませんけれども

申し訳ないスーパーマーケット業界の平均でさんぱーせんと

そん中で一番大きいもんだっていうことも

ですねしろ彼と会って話しませんけども

私もよろしくお願いし

たいなっていうことがないということですね

今日はあのニッスイの元の社長ので

さんもお越しいただいてて

今は日本版のエコラベルを今頑張ったよ

日本より安くお願いしたいと思ってます

武田さんすいません戻します

フィッシャーマンジャパン

マーケティングの津田と申します我々の

フィッシャーマンジャパンという

一般社団法人と

株式会社をやってるんですけども

あの我々はの宮城県石巻市の若手の漁師と

魚屋が集まって組織した団体で

主には担い手育成事業と販売事業

チャネル開発というのを行っておりますね

僕は元々あの宮城

石巻市で鮮魚の仲卸をやって

まして石巻の魚市場に余ったものを

毎朝一番に手空い

なんぼなもなもなもみたいな感じで

買い付けてそれをせん台だったり

後は首都圏の飲食店に販売する

っていうのは

元々は生業として行ってました

この団体自体はまあ

震災後さん年3月2014

年に立ち上げたんです

けどもあの当時やはり震災が起きて

我々もちょっとどうしていいか

わからないような状況だったんですけども

まぁ当時から震災前から

やっぱり水産業っていうやつ

ずっと下がってきて

だとどうにかしなきゃいけないなって

思ってた矢先に

やはり震災が起きたということで僕らと

してももう1回

そこで復活させるんであれば

あの震災前に戻すんじゃなくて

戻すとまた下がってくので

それ戻すんじゃなくて

さらに発展をした形で何かをやりたいな

と思ってたところは

まあ宮城県内で

同じような思いを持ってた仲間がいた

ということにさん年経っ

てから気づいてですねけども

実はの魚屋とか漁師っていうのは

狩猟民族であって

何か間違ってもあの情報開示しないというは

あの誰も知らない

漁場に一番最初にたどり着いて独り占めするのが

勝ちパターンなので

まず蒸れないし

教えないし全部独り占め

みたいな教会だったんで

同じ宮城県の中でも

同じような思いが持ってる人間がいる

ということすら

知らなかったっていうのが現状だったんですよ

でそれをまあたまたま橋渡し

まあここで今日来てると来てるんで

あのちょっと上げておくそうですね

あのyahooさんが

そういう橋渡しをしてくれてですね

安倍さん最後に

あの石巻に不幸をベース

っていうのを作ってくれて

yahooショッピングの枠組みの中で

被災企業のものを売ろうっていうこと

やってくれたんですけども

彼らがです入ってきて

うまくなんか仲良くしようぜ

みたいな感じで

うまく取り持ってくれたことで出来上がった

のがこのフィッシャーマンジャパンという団体です

すいません前置きが長くなったんですけども

ということで

我々はこの中で言うと

まさんち市場に近いところにおりまして

我々が今普段感じてる課題としては

やり前からあったよに

魚が今取れなくなってきてる

というのとまー

す小型化していると

やっぱり儲からなくなってきてるって言うのが

やっぱり大きいとで

その一方で例えば

あのとにかく今とったもん

勝ちの漁業になってるので

とにかく痩せてても大量に取れればいい

やって言うな感じになっちゃって

大量に取ってでも

それは痩せてるから大して高く

売れないみたいな話で

とにかく量を集めることだけ集めてるんですけど

結局それが繋がってないで

だんだんだんだん魚が取れなくなってるって

言うことでヤバ

これどうにかしなきゃいけないな

というところで

結局まあさっきのね

第一部のとこでもあったんですけども

結局なんで

すってなんていうかね

ちゃんとそれを評価する仕組みだったり

きちんとやっぱ流通できる体制とかなの

いろんなものを我々民間だけではできないところ

やっぱり国とか

行政といっしょにつくっていかなきゃいけないし

今日はその大量取れなくても

ちびちびの値段が上がってしまえばそれで

解決する話ですしますいたものね

我々は産地サイズとして

実現するっていうことを

今活動の軸としてやってるところ

堀さんいますけど

グロービスのこと上げとかなくていいですか

そうです今の理路

整然に色と喋ったと思うけど

これは本当に

マグロビスさんのおかげでした

2013年ですかね

あの仙台港ができた時から入学してて

いろいろ学ばせていただいております

ただまだ全然卒業ができてなくてですね

編第ご世代古賀2013年できたところ

入っててやっと今年のことで

来年の3月に今卒業できる見込みで

もう長老見たくなって恥ずかしくなっ

ていたんですかじゃないまでも

そのmbaで学んだ知識をさんにー

枚かしてそうですね

頑張ってるということで

今の若い漁師の中では

誘ってるって言葉が使われてると

ちらっと聞いたことありますけど

ほんと一部一部じゃない作成なさそうですか

何か食ってるみたいです

サステナビリティ業者も今その漁業者こそ

その今サステナビリティみたいなのは

そういう言葉は使わないですけど

やっぱあの敏感なってるって言うのはって

間に自分たちが魚を取ってると

昔あんなに撮れたのになーっていうので

全然取れないなっていうので

やっぱ問題意識は持ってるん

だやっぱは家庭の中では同じ量だったら

いかに高く売るか見たのはすごい考えてます

したば環境にやさしいとか

いろんなことを考えて

さすってるさすってると思います

はいてあげて

じゃあ続いて

この分野にじゅー

年間取り組んできたはらこさんから

東花輪かと言います皆さん

よろしくお願いしますし

左足違和日本のシーフードビジネスを支えるにしよう

というところで今大手の小売さんですとか

フードサービスさんとかというところには

よりサステナブルの調達をしていきましょう

というところのお手伝い

また生産者これ国内に限らず

国外もですけれどもその生産

の部分を指す

殴るにして広がっていく

日本のさすがに

フードの需要にマッチしていこう

というようなことをやっています

まあこの背景私も

ともたんの国際ngo

国際関係の授業にもいまして

噂のグリーンピースに願いします

全部飛んでましたね

まぁ目的は変わってなくてたの

きちんとしたより

サステナブルなマークって言ってますけれども

海の環境経済

社会とのつながりはさせぶりにしていこう

という活動はずっとあの続けて言っています

その中でまあマグロですとか

そういう国家の生産者がの国際会議にもよく

前の年の時に出ていましてそこで

日本の影響やっぱり日本の海へ与える影響って

すごく大きいの中で

まあでも日本の代表団の方々も

すごい頑張って交渉されていてすごい

そこには共感するところも

いっぱいあるんですね

でもどうも

まぁ海外から日本まで取りすぎだろっていう

風に言われがちっていうのをやっぱり

僕はこう国際関係の重要ですけど

日本の日本人でいてなんとかしたいなぁ

それってこぼくたちの

本当に頭がしてるところじゃないよな

どうして日本代表団の形って

もう一歩ガツンと言えない子

苦しい立場にいなきゃいけないんだろうって

言うになった時に思ったのは

やはりそれって国内での合意が取れてない

国内旅行行って

方向を進んで行こうというのはないから

思い切って交渉ができないんだろう

という風に思いました

なので国内の中できちんと真摯を作っていく

その法改正とか

法規制が進んでいくための

滑走路としてのビジネスこの

ビジネスをシーフードチャーハンすぐに仕事で

そういう国際交渉で

日本がもっとリーダーシップを発揮できるだろう

ということを考えて

四年前約四年前ですかね

それが知り設立しました

一つの象徴なんですけれども

11月1日にさすダブルスイフト

シンポジウムというの日経esgさんと

一緒にあの東京で開催させていただいて

今回は過去最大4回なんですけど

ろっぴゃく人の参加者ろくじゅー

ご人の相談者にご参加いただきました

これまでまだだんだん

高参加者の数がどんどん増えてきていて

日本のもこのまま

この一周がマーケットの方々に

一般の方々に浸透

してきたんだなっていうのも感じます

けれども今年は初めて会社様の方から

企業様の方から

あのこのシンポジウムに出たいと話した

いっていう風に

教えてくださる方もいらっしゃって

本当に効果があったなと

今変わってるなーっていうのすごくね

あの先を一番最初にご説明ご

紹介いただきましたよに約にじゅー

年活動してて

本当にこのさん

年米ってすごい

変革の時はなっていうのを感じています

これでたいって言うと出るんですか

今売ってないね

基調講演出るのが楽しいんで

ぜひ見てもらいたいなと思って

寂しいなと思ってアピールで今日靴下

のクジラのちょっとずつどんな日

僕はビルの中で

高崎から気づいてたんですけど

うつかどうか迷ってたんすよ

そういうの早く作ったよかったらお願いします

お願いしますすいません

余計なこと言ってましたはいてわけで

今日はあの教授も准教授も来てただけで

松井さんも

東京海洋大学の松井と申します

私はの専門はですね

よる計量経済学と言われる分野でして

そのデータを集めてきてですね

そのデータを

その数理モデルとか

統計学解析するというなことをやっていて

具体的にはですね

資源管理及びマーケット市場の価格だったりとか

そういっ

たことの研究をやっております

えーまそういった文脈の中でですね

ここ数年間まゆゆ漁業対策も

今日もいっぱい生きていらっしゃるですよ

漁業対策フォーラムの関係者の皆さんと

いっしょにまーゆうゆう漁業に関してですね

あの経済分析をやろうということで

ここのところ取り組んで

きたのはですね

先ほどからあの話になんとか出ている

海外からのですね

あいういう漁業由来の水産物を

そのトレーサビリティのシステムを使って

窓のようにですね

あの防いで行こうか

止めていこうかって

いうのことは考えておりまして

その中の一環で海外からですね国内に

流入してきているiuu水産物ですね

あの海外のjournalDEmarine

policyてるじゃんなるんですね

あのプラン浴衣が日本の国にですね

海外からあゆよ

漁業由来の水産物が

これぐらい入ってきてますよっていう

推計をした論文がありましたので

まその論文のデータ

を基にしてですね

分かりにその水産物の輸入をストップした場合

に日本国内のですね

水産のマーケットに対して

どのような影響があるのかっていうのが

増しそうですね

もうこうなってで

ちょうど先週論文が受理されましてですね

あのに週間後ぐらい

日本水産学会してるところで

パブリッシュされるんですけど

その子さんを押してみるシネマ

海外から今鮎水産物が入ってきてるので

それをストップすると甘くないのですね

価格がそのぶん上がるわけですね

前以下でシュミレーションしたんですけど

以下の海外から入ってきてるわ

ゆうゆう内科をストップすると日本

国内のイカの価格が上がるも

そうすると日本国内のですねま

漁獲量もそれにつられてちょっと上がって

そしてまた価格がちょっと違って

っていう漢字とか

色々とぐるぐると動くんですね

それを全部こう

連立方程式にして色々計算をするとですね

最終的に約さん割ぐらいですね

あのまよんひゃくろくじゅーきゅー

億円ぐらい短期的に見たらいいかのですね

水揚げ金額が上がるだねまあ

中期的に他のものにですね

大体してる繊維

海外のも泣いちゃった商品が流れたりとか

そういうものがあって

長期的に見ても

じゅーごぱーせんとぐらいですねにひゃくよん

じゅー3億円ぐらい水揚げ金額分かるだろうっても

こういうシミュレーションの結果が出まして

ですねま今度

それをちょっと論文で開くんですけど

でも何が言いたいかというとですね

先ほどからあの話が出ていたように

国内の資源管理を考えた時にね

また大資源のことを主張し

てもなかなかこういう業者さんが

動かないっていう映画って

一方で海外からの鮎の流入をストップさせる

と言ってですね

海外のものだけ取り締まると

じゃらんで国内の主なやらないのって出ます

それはそれでまた不満が出るわけですよね

だそういう意味だと単純に試験の問題と

いう風に考えるわけではなくて

その資源の問題と

それがま流入してくることに売って

結局日本のマーケットの問題にも

つながってるんだなので

その輸入の部分と国内の部分ですね

両方同時にですね

やっていくまあ

そういうような形でも両方にですね

メリットがあるような形

でも動かしていけばいいのか

なっていうのは個人的な考えていまして

そのような意味で

そのトレーサビリティを作るっていうことですね

国内も海外も含めて考えていく

そのようなことですね

あのま研究しながら

会活動と言うか考えております

ちょっとこの愛you_youての補足

するとイリーガルANreportANレギュラー

いいことで良い方でも報告出向き生の頃

漁業で撮られたものの水産物のこと

iuu漁業とこう言っているわけですけど

まぁこれが流れ込んでくることによって

よんひゃくごからにひゃくに

本の水揚げ高が減ってるってだ

これものすごいんだ

ことですよね

そういう意味ではこの美しい話ですね

言い方はダメだっていう話だけじゃなくて

経済的にも困るんだっていうのが

悪松原岡さんがグリンピースをやめて

こっちをやってるって言うのとかなと思った

そうですね本当の僕も食べきりのところ大丈夫

コントロールすごく

大事に思っています

日本に入ってくる魚の約半分は

輸入のものなんですね

僕たちが食べれる魚が半分は輸入のもので

日本は輸入市場っていうに考えると

移住まるごとEUアメリカに次いでさん

三つ目に大きい市場なんですよね

EUとアメリカは

ちゃんとあやや由来のものを

自分の市場に入れないっていう

規制ができてる中で

日本だけまだそれできてないんですね

他の今の話はれてますか

規制改革水産規制改革案の規制

改革推進会議の水産

ワーキンググループの専門員も

やらせていただいてますけれども

そこでも出させて頂いて

やっぱりこれはあの

今やらなきゃいけないんじゃないか

団長さんの主張は国内の魚に対して

そういうトレーサビリティを求めることが

現状とリハビリがないので

求めることができないからWTOのルール上

輸入のものだけに

それを貸すことはできないっていうのが

出張なんですけどもでもこうくない

よそれをやるの待ってからじゃないと

輸入しなかったら

それこそ何十年かかってると思いますし

それはおそらく他の国でも国内のもの

完璧やってるところないと思うんですね

そうじゃなくてもいいものは輸入のもので

きちんとレギュレーションかけていくと管理室

クリーニングしていく

というところがすごく大事

今回の法改正ボックスご件評価

資源管理協会していくっていうところは

素晴らしいなって風に思うんですけども

その輸入のところの取り下げ的なところは

大きく欠けちゃってるなという風に思って

あの第2弾に

本当に期待したいなっていう

風に思います

ねここから北海生ダコの漁獲証明制度

入れてきましょう

いいことだけは

あのしっかり書いてありますので

優先的に指定された業種に関したですね

照明が来ないと取引できないとなりますから

それで頃合いを弾く作用は出てくるし

このトレサビリティの原点には

なってくんです

けどもこれも随時ですからは

どれからいつまでに

っていうことをしっかり詰めていく必要がある

というのも確かだろうと思ってます

そういうみたいですね

このトレーサビリティって

実際にはどうやったらできんだって言うの

皆さんのごイメージ湧いて

辛いとすごい難しいものなのか簡単

なものなのか

どういう価値があるのかってわかんないので

まず国内どうなってるのかっていうところを

ちょっとは流通のプロなんで

伊藤さんからこんな状態

なんだよっていう話を

ちょっと紹介いただいたんですがまああのですね

何か書いとくねさん

じゅーごパーセントからにじゅー

ごパーセントか言った形になってます

一番やっぱりトレスが取りづらいのが

つきものですね

大きな明日のマグロですとか

酒とかは来られないかもしれませんけども

日本の場合単に単にあの医療的にはマグロです

とか鮭とか多いんですけども

日本の消費者が非常に金買い物なんか

も好まれる女子も非常に多い

というところでは

実際の村トレサビリティ難しいのか

なんか行かれた方は分かると思うんです

けれども本当に多種多様の魚が

まあその方するんだかに入ってるわ

そん中でコンタクトどうなのかっていうところです

なかなか難しいのかなとは実態かなって

考えてますどうした産地市場がやってる

そうですねすごいなんか難しそうなイメージ

トレーサビリティって

言葉自体がなんか

ハードル上げてるような気はするんですよ

なんかもうちょっと分かりやすい言葉とか

すんなり入ること

言葉にすればもっと広がると思うんですけども

あのまぁコレ日本人

既出だと思うんですけども

やるとなるとひゃくぱーせんとはないと駄目だ

見たくなってしまって

そこまでやろうとなると

いろいろいろいろ区を調整しなきゃいけない

と思うんですけど

もっとできる範囲からはできると思うんですよ

あの例えば今流通の現場で言うと

例えば豊洲に魚が

全国から集まってきます

そこの発泡スチロールに書いてある情報

っていうのは

例えばヒラメさんキロとか

それしか書いてないんです

何月何日か

さんじぐらいの書いてありますよね

あのとことこさんので

何キロみたいなのしか書いてないですけど

あれ書く気ならそこに別に撮った

日付は入れることはできると思う

さんち側だよ

ただの現場で言うと

それをやるなんて言うかね

その時にならないのが

結局そこまで細かく行ったところで

それが高く売れるわけじゃないってなると

ある意味なんて嘘のあやふやになることで

良い側面ってあると例えば例えば何月何日

に取りましたっていうことを入れてしまったが

故にこれは昨日のだから

これも通りだからっていう風に行こう

買い叩かれてしまうとか

その辺がごっちゃになってると

よくわからなくて

本当は価値が低いんだけども

なんか丸とか

値段が上がる可能性もあったりとか

わざとあやふや

にしてるところあると思うんですよ

でも逆にそこで

日付とかを入れることによって

ちゃんと高く買ってくれる仕組みがあれば

多分さんじかんでもこぞって書くともでも細かく

すごく高そこって

凄い重要なのかなっていう

風に思ってたんですよ

そこで実際にちょっとした

トレサビリティに取り組みやってるんですよね

まあトレーサビリティって言うと

大袈裟かもしれないですけど

あの僕トレーサビリティで二つ種類あるな

と思ってて

一つは守りのトレサビっていうのと

あと責めのトレ

サビっていうのあると思うんですよ

で守りのトレーサビリティっていうの

はいろいろ立てば何か事故が起きた時に

これはいつどこで取れましたっていう

守りのために

Aだからhaccp的な考え

方いうのがあると思うけど

逆にトレーサビリティっていう言葉を使うから

ピンと来ないかもしれないんですけども

きちんとその生産利益を

たどることによってそれ

がひとつの会商品情報つけて

売れるって言う事で

その情報が勝ちになるっていう考え方で

実際僕ら今さあ

あのいろいろそういったものが実現できるかって

いうことでテスト的に

色んな事やってたんですけども

例えば一つだとちょっとさんの前ですけど

あのイオンさんの石巻店で

我々の鮮魚フィッシャーマンジャパンの鮮魚

売り場っていうの作ってもらってます

でそこっていうのは

よんさんのつー乗の魚も並んでる

で我々が勝手にこれ

売りたいと思ってきたのも

売らせて頂いてるって言わなんですけども

ちょっと今の時期

秋じゃけすごい取れてるんですよ

これはちょっと非常にこのわかりやすい例で

話させていただきたいと思うけども

あのよんさんの通常の売り場でも売ってます

我々のあき鮭は

漁師さんと一緒に戦場を好機とみ

店をやってるんですね

漁師さんに話をして

船の上でいじめをしてる船の一撃をすると

撮った瞬間

に全部へのいじめをしてもらって

全部凍結してもらってる

我々はそれを猟師から高く買うって

約束をします

なので利用したのはめんどくさいんですけど

ちゃんとやってくれてると

ではむしろもっと来てくれって

言われてるんですね

我々はそれを高く

買い取ったものを店頭で高く

売ってますなので

よんさんの売り場にに

種類の値段の秋鮭が並んでます

ただ実際打ってみると我々のやつは

吉日は船の上で血抜きをしてるので

見に血が混じってないとか

白子も綺麗だっていうことで

値段もいち割からに割ぐらい

高く売ってるんですけども消費者は

ちゃんと納得してくれてるんですよ

でこれ納得させるために

どうしたらいいかっていうことだよ

僕らいろいろやってみたんですよ

お店の前にずっと人が立っててきた

お客さんに対してすると

接客しなきゃいけないのかとか

動画流せばいいのかとか

トップ一枚でいいの

かとかやってたんですけど

最終的にポップでも十分でした

あのこれはどこどこの漁師さんが

こうやって手間暇かけて取ったら

すごい評価されてるよっていう

その一枚だけでも買ってくれたんですよね

でもこれって多分

既存の市場市場流通の中だと

なかなか難しいなっていう

ことで周りにトレサビですよね

あの全部いつ誰が

どういう思いを持ってとったか

見た生で書いてあることで

そこにお客さん

やっぱ勝ち感じで買ってくれたって言うの

ちょっとコレモデルケースになったんで

ちょっとあの是非でやることさんでも

あの僕らのお手伝いしますので

途中で偉そうなこと言いながら

私たち洋食たんですけども

顔の見える魚顔の美容室に行っててま

農産物も肉も魚もやってるんですね

だからそういった情報

つけるって言うのは結構あると思いますんで

是非是非もなし進めていく

今の話の攻めのあのさせた人守りって

いうところも両方大事だとますんで

是非行ってますよろしくお願いします

じゅっぷんぐらい切ってきましたから

私のフリ待ってると喋れないから

どんどん行動したことですごくあのそうだな

と思うのは僕

仕事からのアメリカとか

ヨーロッパの氷とよくリサーチもします

直接お話も

するんですけれども

彼らって高い家の目標値を掲げるんですよね

ご年以内に

はちじゅっぱーせんとをクリアさせぶりにします

とかトレサプリにしますとか

それで達成できるのかなっていう

ぐらいの数値を高野出すと

結局ひゃくぱーせんと達成できなくて

例えばななじゅっぱーせんとしか

達成できなくてもそこまで頑張る

そういう気持ちでやったんだっていうことが

すごく評価されますし

ななじゅっぱーせんとまで頑張ったところも

評価されて

残りさんじゅっぱーせんと

これからどうかしていきます

っていう風に言ったら

それで認められるって言う土壌がある

日本で日本は

すごく真面目ですよね

あの絶対に達成できることしかしないなので

まぁにじゅっぱーせんとにしますとか

そういう余子駅最適な水じゃなくなっちゃうよ

あれはパーセンテージ数字を言えなくなっちゃう

っていうところがあるんだと思いますね

でもそれって

やっぱりどっちがいいのか僕は

その日本流のそういう真面目さ

すごくいいなという風に思うんですけれども

イベントを作っていくっていうところだと

コミットメントっていうよりは

この後方向性を作っていく

次の世代に対して

こっちに行くんだよ

って言うことを見せるために

僕たちの大屋根や僕達何時に

ひゃくぱーせんと目指しますっていうこと

言っちゃうことは

決して悪いことじゃないんじゃないのか

なっていうことは

この活動日本ですごく感じますね最高ですね

あのお寺さんだけではなくて

これもだんだん日本にも

潮流が走ってきたかな

という一つの時代になるかと思うん

ですが今日水産会社の中でも

マルハさんいらっしゃってますけども

最近ですねマルハさんですが

一穂さんでまたあの曲

tokioさんが楽しいボスという形で

持続可能な水産

資源に関するコミットメントをあの発表しまして

10世界の名だたる水産業

じゅーいち社がコミットメントを出して

先日もあの十社の神様の方等が

軽井沢でダイアログ行いまして

自分たちがこれからコミットメントを行って

何がハイレベルなコミットメントして

何が本当に次の世代のために残せるのか

ということを真剣に議論なさっています

氷業界だけではなくて

実際に調達する商社の方たち

も徐々に徐々に

日本の中でも変わってきている

ということが

実はまだなかなか

メディアの中で調べていなくて

本当に水産改革の改革の波に合わせて

実際には蛇の授業が分からも

大きなムーブメントが来てよなというのは

私もこの活動に

ろく年間た触って感じるところです

これはのメディアの形

今日来て頂いてるんで

とっても役割大きくてですね

私もこの分野に入ったのって

うちの実家漁網メーカーで

日本中の情報が入ってくるから

それもあったんですけど

最初はローウェッジですね

新幹線に入ってたのウエッジに

この漁業問題たら書いてあったん

ですよあそこで気づかされてそれをですね

雨やの社長の兄に聞いたら

いや事実だとお話だって

今でもやっぱりメディアの皆さんの

このパワーを借りたいなと思っていたですね

あの秋刀魚大漁でみたいなほどあれ

喜んでて本当にいいんですかねって

いう事ってあると思うん

ですよでも

それって報じられないじゃないですか

やっぱり行こうみんなでも

雰囲気ムーブメントを作っていくって意味では

今日いろんなステークホルダー起こしですけども

メディアの力も是非おかり吉永ですね

やりたいなと思っています

ということをちょっと付け加えつつ

後はもう残りごふん

ぐらいしかないんで

こうやろうじゃないかって話をそれぞれ何か

もう言いたいとか言って

自分たちの努力はですね

メディアの力ってないばあって

それがお客様には

上から目線で教育するってことは難しくて

お伝えする努力はしますけれども

やっぱりメディアの形がもう少し

きちんとした報道してたってこと

大事なことなのかなと思います

あともう一つはこれ

boardmeeting中でいる

走ったんですけれども

すごく昔あのひゃく

もし地球が100人の村だったら

見た方がありましたけども

すぐ終わって気にですね

あの伝えていくっていうことは

子供達から教育をしていくっていうことも

あってもいいのかなあなんてことですね

感じてますトレーサビリティって

基本的な流通の透明性を高める

ということと同義だと思うんですが

今日もここのスライドにありますように

それぞれのステークホルダーの皆さん

漁師の方が生産者の

方から買う側として

社会者の方達

それぞれが何らかの形で

持続可能性に対して自分ができる

子認めの持っていくことが重要なのかな

という風に思います

トレサビリティは

本当にやる気になれば

できると思うんですけども

あの全裸でもあったように

じゃあその他ても法

規制をしました

そのコストは

誰が払うんですか

という話があると思うんですよね

こうやってしまってやんないと

流通できないんだったらみんなしぶしぶですけど

そらやるんですけども

僕はそれは

あまり健康的な方法じゃないと思うんですよ

その財源はどっかから持って来

なきゃいけないとでむしろそうじゃなくて

鮭のもちょっと話をに

経済合理性に乗っけてしまう

きちんとトレサビを取ると

きちんと流通をすると

高く売れるんだ

よっていう仕組みが作ってしまえば

多分さんち側も

みんなそっちに行くと思うんですよね

それをやるためには今現場こう

いう風なあの流通になってますけど

それぞれが来た段階流通中で

それぞれが高く売りたいのと

安い区解体の床郡コンフリクトがいっぱいある

中での最終的に消費者がよくわからないまま

その値段が適正なのかどうかも分からないで

買ってるって言う事だったんで

僕は本当これ

からはその魚やとか

漁師とか氷とか

そういうなんてスイッチの役割分担はある

けれどもチームとして

最終的にこれまで

この値段でしか売れなかったものを

何とかしても含めてこうするような努力

これをして買わなきゃいけないかな

という風に思ってますトレーサビリティも

さすなびりてぃもそうですけれどもま

先ほどお伝えした欧米事例を多くの企業は

欧米の多くの企業は何年は達成します

よって言うことは掲げてますけれども

それをやるのに

じゅーえんとかやっぱりかかってるんですよね

あの僕たちは

もう1年に年でなんとかしなきゃいけ

ないっていうプレッシャーじゃなくて

もちろん問題は

あのどんどん深刻になってきてますけれども

例えば2030年リーグの達成目標年

ひゃくぱーせんとの達成しましょう

レスポンス切り達成しましょう

それまでに例えば2020年

オリンピックのオリンピックパラリンピックあるんで

語呂のいい2020年

にはにじゅっぱーせんと達成しましょう

みたいな小物みんなで

まとまった一つの目標を持つとね

それでこういう異なるステークホルダーが集まって

その目標達成のために協力し合うであるとか

今日同じような声をみんなで集めた声を

政治家とか

無料とかに届けていくてんような

ムーブメントが必要なんじゃないかな

という風に思いますので

こうし競争競争しないプラットフォーム

健全な経済競争ができるための共同しないプラットフォーム

今日今日戦わない

プラットフォームっていうものを

今作るのがいいんじゃないかな

んじゃないかなと思って

活動しています

待っていたんですね

今日ちょっと今の議論の中に出てこない

ヨウ素について

最後にちょっとひとつだけ

付け加えさせていただきますと

あの私今東京

海洋大学という所に勤めていますが

いちヶ月と4日前までですね

三重大学というところにおりましてですね

今日はの三重県

関係者ものすごくいっぱい出しちゃってるので

その現場に近い立場から

あと一点だけ付け加えさせていただくと

このトレーサビリティのシステムを作る

っていうことによって達成されるものって

あと一つは国内の密漁の問題もあると思う

んでは国内の密漁の問題で

特に三重県であれば

アワビだはまぐりだったりですね

国内で日本全部見れば他になまこだったり

枚は要る高単価の高い小さいものを裏切った

そうですねまさに

あれはものすごく小さくても凄い高いですから

そういうものがすごく狙われていると

まあそういう意味でですね

じゃぁ国内のその取れた人の

システムができることによって

国内の道のに対しても

ある程度の雨対策ができると

特に密漁で狙われてるものって

中国への輸出を念頭においている

ものすごく多いですから

そういう意味では

先ほどから議論に出ている

輸入の部分があってで

さらに国内の密漁とか輸出の部分が

あってでプラスしてその国内のですね

資源管理を中心とした部分

というものがあってですね

最後のその国内の資源管理の部分というのは

かなり難しいと思うんでも輸入だったりとか

あとそういう特定の高価な水産物の松の密漁

とか言う人の部分っていうのは

まあ比較的

対策が取りやすいということなので

まずはやっぱりその辺は

しっかりやって行くので

ただ最後にやはり残りですね

その国内の資源管理の話になってくると

大きな業種から

その雑多なも地域でちょこちょこ取れるもの

すべてにトレーサビリティ入れるっていうのは

なかなか現実的じゃないって

ことを考えると

そういう部分に関してはまずですね

そういう大手の量販店の中心に

そのますの流通の部分から押さえていくとも

そのような形で

さっき家の津田さんの話にも

あったようには完璧を

最終的には完璧を求めるわけですけど

途中段階ですあーそういうある意味やの

やりやすい部分ですね

そういうところからやってるね

どんどん広げていくっていうことが

まあ大事なんじゃないのかな

という風に思います

いいすね経済の部分も見ていただいた

ということで

やっぱり成功体験でできるって言う

子の目の前のやっぱり景色が変わらないと

人の気持ち

って変わらないと思うんすねだ

まずできるところをしっかり結果を出して来て

それで今回法改正が行われて

大き日本の景色が変わってきます

んでそっからこの流れを止めないように

皆さんと一緒にやりたいなーって

思いを共有させて頂いて

後は京都に行きたいと思うので

質疑応答は一人さんじゅー秒以内です

ここであのパネルでますから

これをオーバーしたら撮りますので

よろしくお願いします

どうぞはいじゃあ

どうぞ堀さんありがとうございました

じゃないつもりですが

本当にメディアの役割は大きいなと思って

今築地豊洲問題で

日本の水産業と強くする

んですかって話を中心にやってきたので

今日も大変勉強になりました

そういう中で非常に高貴になるのは

消費者の動向です

先ほど伊藤さんからお話もありましたが

やはり2000年代に入って水産

特に魚介類の消費は下がっ一方で

2010年代に入っては肉の消費を

下回る状況クロスしてしまった

こういう中で

トレーサビリティ文の科学展行動するか

そしてまあ国内の消費者育てるには

どうすればいいのか

この辺りの新作を是非

皆さんにお伺いしたいですお願いしますはい

その後はいどうぞ

よん日と9月8階の高津と申します

よろしくします

あの第一次産業

都市の水産物のトレーサビリティでもある

と思うんですけども

あの水産物食べなくなる中で

やはり加工品も凄い重要なると思うんですね

そん時にもあの食品の表示が変わってて

加工するとなかなか履歴が負えない

と言いますか難しいと思うんですね

例えば鰹節で

言うと海外で作られて

日本に入って壁付けすると

その加工奥さんになってしまうとか

なかなか起きれないところもあって

それ違法ではないんですけども

遅いたことに対して

消費者とか

消費者に近い

氷がどのようにどこまで要求してるか

どうしたらいいかみたいなとこで

ちょっと教えていただければはい行ったけど

もう一人だけさん人まとめていきたいと思います

はいどうぞかずみさん

簡単な強敵が潜むサプライチェーンのよ

ちょっと今出てますんで

大体どんなものが先ほど

羽田市場の穴が

ごじゅーのものが読み上げになるとはね

そんなあるんですけども

伊藤さんではさんぱーせんとしか分かりませんが

それはイトーヨーカドーじゃないと思いますけど

だいたいどんなもんが

かなり幅があると思いますけども

特に見ればいいのかなという感じですね

玄関床にどれくらい利益が行くのが

適正なのか見たい

じゃあ各質問に対してそれぞれ

答えると大変なんで

一つに対しては

一人しか答えられないと思って頂いて

まずはあの伊藤さんから来たれるところ

答えて炊いて

残りのところで消費の実態ってないですね

本当に下がってます

じゅー年前と比べますと

じゅーごぱーせんとぐらいですね

ません行とかなんかのニュー

スってか消費が減ってるとは

加工品については

最後の方のご質問にもあるんですけども

ファーストフィッシュって言うな

キャンペーンも行って買ったこともあって

比較的良い文十年前と比べても

大体トントンぐらいなのかなっていうことです

けどもは専業については本当に

じゅーごぱーせんとぐらいに下がってるから

我々もなんとか売りを撮りたい

利益を取りたいっていう

とこでも一生懸命なってしまって

とこもあると思うんですけれども

あのあれが今やってるのは

一つはまさくもご指摘あった通り

調理の手間がかかる

まあ臭い面倒骨があるあるん

で加工品を色々と開発をして提供する

あの販売するあるいは半河口ですね

もうあの生魚そのままじゃなくて

切り身にして味付けをして

後はフライパンで焼く

あれはオーブンで焼けば済むって言うな

商品だとかって

ものを積極的に販売するにしていく

あるいはスーパーマーケットなんか

でしかできませんけれども

クッキングサポートって言いまして

お客様には

食べ方提案をできるとこありますので

そういったところでのは食べ方

提案を持っていくっていうの形で

マーチくじです

の需要を喚起していくんしてますけども

今何してもどっちかって言うと簡便即

食勘弁という風に動いてますので

そういったものに

魚を使っていくってことをも行っております

後の先ほどの辰巳さんのご都合のですが

ちょっとあれは私より物事さんの方がですね

どんなの市場価格はどうなのかっていうことは

あのお肩痛いけどかなと思うんで是非

お風呂は空です

蛇の坊さんあのさん

じゅー秒以内で答えてますかえーとですね

これ白書に戻ってますが

だいたい利用したので

鳥って購入価格のに

じゅっぱーせんとからさん

じゅっぱーせんとぐらいですね

だいたい今は業種によっても当然

対象魚とあのね

誰かとまた全然違うんです

けどで私が先ほどあんのごじゅーえんで

売ったものは

よんひゃくえんで売ってるみたいのは

あの実際にあの道の駅二市場にそういうこと

検索窓かなんすけど

怪我にごじゅーえんで通る道だ

よんひゃくえんで売ってると

かせんえんで

売ってる特殊な業種があるんですけど

そういう

パターンのものはあの吉野と結構いた以上です

はい晴れてます

あとあの加工品のところ

どうなのかっていうのは花子さんですか

海外の事例だとどうな難しいところですよね

あの基本的には書くスペースが無いから

書けないっていうところだったら

それこそQRコードつけたりして

あのオンラインに見せるような形にして

出来るだけ多くの情報載せる楽しい情報

全部載せるっていうところが原則なのかな

という風に思いますし

あとあのいきなり多分かまぼことか

そういうすり身とかっていう所って

一番難しいところなんだと思うんですよね

だからこそ出来るところ

からやって行ってもいいのか

なっていうところはあの感じたりしますねま

実際にあの日本で

トレーサビリティの法律で

規制されてるのは込めてほしい

なんですけども

お米もなんか全部買っとかい寺ってよりは

問い合わせられたら

ちゃんと答えられるように

しなさいっていうことに

なってるんですね

それなんか全部書かなきゃいけないって

このハードの高さの手前に

もっとあるはずだっていうことも含めながら

どっからできるかっていうことだと思います

はいそれでは続いていきたいと何もない

はいはいその彼も準備しといてください

あと時間だけは厳守でお

願いします自分もあのなまこやってるんですけど

あのなまくってる

やっぱりあの今金庫にしたら

ほとんどあのキンキンと同じ価格で

販売されるんですよね

それであの翼のが非常に多いとは

実際あの我々が漁業者が撮ってる場合

以上のものが中国を中国ですね

流通してるという話

なんすけどは

今回の改革でまま

両手を挙げて賛成したのを出来るのが

この先が3千万円になったって言うと

これがどうして

今までできなかったのかってのは本当にね

残念で残念でもあのこういうような状態で

これからどんどんどんどん次の魚釣りのあの回想

何度も彼の

広げていって欲しいなとも

中国事情ちょっとお願いしますご指名でしたね

はいその他はいどうぞはいすいません

ひとつちょっとお願いがあるんですけども

今やってるそのトレーサビリティに関しては

大人だけなんですよね

やり次世代になる子供たちの食育っていうか

あの学校給食も

含めてやりそういうところに今

魚が全然出てない

だから魚その海外から入ったものは

安いものばっかり出てるって言う事

立ってるんで

日本にはこういう美味しいものあるぞって言うこと

食育として

子供たちに学校給食を通して教えてく

そのための流通を作ってくって

ことも大切

だと思います

そこぜひですね

皆さんにも考えて

作り上げていただきたいなと思います

はいあれってます

もうひとかたどうですか

チョコの一問でお答えをしちゃいましょう

ということでじゃあろくじ目だったんで

松井さんから江戸川の海面の問題

私も全く専門でなくてですねあの

多分赤塚先生とかのほうがお詳しい

と思うように

なかなかたぶんしゃべりにくいところもある

と思うんですけど

まぁ現場の近くであの日の対策の話ですね

いろいろと見させて頂いてると

やっぱりこうはまぐりとかのものはですね

比較的市から近いところでやってるので

じゃああの金

使ってどうやっていこうか

みたいな子ならんですけど

まあ日みたい直樹の方で

ってなるとなかなかそうし

組織的なものは非常に取締りが難しい

そうなるとなおのこと

トレーサビリティだと思うんですよね

やっぱりその現場での取り締まりってのは

非常に難しいとそういう中で漁獲証明

書を付けて

それが無いものは

基本的には流通しないっていう形になって

途中から流入して来ないような仕組みを

作らない限りは対策が難しいだろう

そういう意味でいうと

人かなことがあってもな

本当にトレサビリティが

重要になってくるんじゃないかなと思います

先程の

水産のご要望も含めて

私から全体的に答えるとですね

今までの制作って

洗えるものが

基本的に組織きてんだったと思うんですよ

僕たちはやってます

この法律食ったから大丈夫でも

それって本当にその受ける側の規制を受けるなら

人に伝わってますかと

その人の行動ちゃん

とかってますか

そこまで考えて伝える努力や

その制度設計できてますか

っていうことだと思うね

だからなんとなくやってんだけど

実は勝手にどうだったのって過去はあった

今だいぶ厳密になってきましたね

で罰則もやってるって言うんだけど

別に儲かる金額ルンバすごろ

きんごろうが少なかったら

誰も守らしないという事ですよね

こういうやっぱり人にちゃんと来ておいて

丁寧な政策を作っていく

伝えてくってはとっても重要でなので

さっき冒頭あの

水産庁のお二人にお話を振ったのは

水産庁悪かった確かに過去悪かったんですけど

それは中

に人がいたんだけど

本流に来れなかったんですよ

高野山とか世界で交渉する日立は

ものすごい資源管理でよく強いのに

事情を真ん中に書く

これなかったからすいません

今真ん中に来たんですよ

だから床屋さんいなくなってほしいし

それはさんには

もっと頑張っていただきたいし

やっぱり濃い人で見ていい頑張ってる

これを応援するっていう形で

やれたらいいんじゃないかなと思いますね

はいじゃあもうごふんになりました

堀さんどうぞトレサビリティを高めていくときに

漁師がやはり変えてくれなくちゃないとね

どういう機転で

具体的に進んでいく形が一番

いいのか教えて欲しいんですが

その後はいどうぞつもあげといてもらって

いいですかはいマイク持ってきます

話ありがとうございます

須田さんの下で

今は学生で

漁業盛り上げて行こうって言ってます

東京大学に年のなかじまゆかと申しますと

主に今私たちの学生団体で課題に思っ

てることとして

若者の漁業の関心がそもそもないなと思って

今イトーヨーカドーさんのような一番消費者って

ところが大学生関わりやすいなって思ったり

後そのデータによるシミュレーション

というところで

結構アカデミックから漁業

っていうところがあると思うんですけど

そういう間に二

つの観点から

若者が漁業にもっと感謝物には

どのようにしたらいい

という風に思われてるか

お聞きしたいですね

はいじゃあこのお二方で行きましょうか

漁師の方はもうひと方いらっしゃいます

お願いてあげといて

はいじゃそちらにはいすいません

どうさんにとってお伺いしたい

ですがあのトレーサビリティワイドに枚

高校生とさ

一緒に飯もこれからもひろみ梅とんですけど

例えばトレーサビリティが完璧にできている商品

でもマレーをあげて身近なものでありました

あさりとか待てば

土産に行くとあさりはあります

ところがいつもあるまあ

極端に言えば365

日水産関係者がいると

この時期はあまり良くないよね

とかこれ小さすぎないというような

アサリもよくスーパーで

そうするとトレーサビリティは完璧なんですけど

その歯ならず

店に出さなきゃならない

という圧力が強すぎてそうすると一方

資源的にはちょっと無理やり今日もどうし

ても出さなきゃいけないからみたいな形がある

これをどう両立させるか

どのようにお考えなのか

ちょっとお返して入っちゃそれぞれさん

じゅー秒以内ずつでお願いします

お客様ですね

要望されるましかも

私と問題なくちゃは対するも

そのお大規模な凍るようになりますとな

いっていうのじゃ済まないっていうのがほら

水産物に限らず

なかなか残ってしまうことだと思います

ただ旬のものをお勧めするっていう子だ

壮大さとますのでは

これはその時の間走りとしゅんそこのところ

大事にしていくってのは

指定とした持っていますただなかなかお

客様のですね

それがやれるかどうかっていうのはですね

あるのも事実だったフォローさせてください

あの同士もこういう機能になってしまうと

その氷の現場

しっかりしろよみたいな

あのともすると話になると思うけど

僕はそうじゃないと思ってて

あの全てその氷の現場に

日本全国の旬と

全部理解してっていうこと自体が

もう無理だと思うので

むしろもっと産地がは頑張るよってが

僕の気持ちでただとって終わり

あと度になったら知らないっていうのが

やっぱりさん違うの

これまでそうじゃない方も

いらっしゃるかもしれないですけども

基本的そうだっ

たと思うよ

でも自分で撮ったもの

自分の子供みたいなものをちゃんと

それを夕飯さんといっしょなって

それを伝える努力とかだからちゃんと伝えた

とってもの勝ちじゃなくて

伝えたもの勝ちというか

だからやっぱ寄ってかなきゃいけない

と思ってね

それをなんか売れないのは量販

が悪いかいた時だみたいな

そういう話でもないし

消費者が理解してくれないっちゃんちは

それをきちんと理解してくれる努力はしました

かっていうところの方が

僕はあのさんちの立場でありながら

さんじもっと努力すべきだと思ってて

そこちょっと強く言いたいなとあの

全然氷だけの話じゃないと思います

これは残りに問じゅー秒ずつで

漁業者はどうやっていうの

買ってくるんですけども

きちんと支払われるような仕組みが出れば分かり

作ると高く買ってもらえる

ってのが一番だと思います

普通に何も

そのデータをつけないでいるよりもきちんと

行った方がごじゅーえん

高く買ってくれるって言っただけで

それは冬季は生まれます

きちんと管理しようと

はいもう一問多答なるかわかったの

関心持っていたからそうだと思うんですが

単に売り場だけ売るんじゃなくて

やっぱり一貫した

このサプライチェーンを全体見るって言うこと

ですね是非行きたいとしたら

いいと思いますよ私ますはい

というわけで

全体を見ようという話だったんで

是非若い人にはして海に入って

漁業体験で美味しい魚を食べてくる旬のもの

土用の丑の日なんてうなぎの旬じゃないすから

あの時日本人うなぎ食べちゃダメですから

だそういうことをやっぱり体験して旨い最高だ

やりたいそっから行けると

本当はいいんじゃないかなと

こういう風に思ったりします

そろそろ終了です

最後共有すると

今日あの環境省の元政務官も来て頂いてます

高校生とかも

やってた大野さんもいたり

とかするんですね川

和高校正月よね

海の環境環境しますよさか雷鳴った瞬間

水産庁ますよ

海の中のエネルギーは

計算しますよばらばらでいいんですかね

これどうやって

一体できるんですかっていうのは

これは政治がしっかり頭を使って

やらなきゃいけないことだと思いますんで

皆さんと一緒

にしっかり行動だして結果を出してですね

皆さんと一緒に景色を変えてきた人ですね

それではご相談者の皆さんに

拍手をお願いしますからと出ました