アグリテック最前線!日本の農業はどうなる?

宮沢いますということで

農業セッションを相変わらず

この人がまばらな反応だけど

あのーまぁそんな中で

ご興味を持って

集まって頂いた方のためにも

熱い色にしたいと思うんですけども

まずこのテーマの日本の農業が

世界に勝つためには

常生産性革命ってご壮大なテーマに

記憶し挑戦するわけですけども

まずはちょっとそれぞれのプレイヤーの

最近の近況報告ということ

ちょっとてにじかんに気付かの方から

えーとですねうちはですね

あの翼族にあるろくじ買っていうで先生さん

そして格好流通そしてまサービスっていうですね

あの光伸家行ってるんですけど

もえー私はです

今の清算の方にあの思いっきりですね

あの力を入れてます

特に生産の中でもまぁ

今回のテーマには売れ

テクノロジーのところでですね

あのITを使ったりですね

あのAI的なものだったりっていうことで

まみなさんちょっと多少

耳にしてると思うんですけども

あの植物工場って言われるですね

あのledを使って野菜を作るっていうですね

そこの技術をまたしっこ出てきたですね

思いっきりそこを担当してます

今目指してるのはもうレタスとかですね

そういう刃物類っていうのはたぶんですね

その重量ベースなんですけども

玉レタスって

ありますよね

玉レタスより小さなもの

例えばほうれん草であったり

ベビーリーフであったり

まこういう刃物類はもはやですね

多分農業ってインフラ産業ですから

投資を抑えてっていうことで言うと

例えば一年中供給するって意味で言うと

パイプハウスとかですね

軽微な音質とかで今やっ

てる映画多いんですけども

明日このコストよりも

ledで作るコストの方のが多分

下回るっていうですね

もう一台になってきてますだとですね

日本の中では

特にその農業って言うと何ですかね

その朝靄に個打った後で

レタスがあって綺麗なですね

あの風景をイメージして

ですねそれが

美味しいとかっていう花村なるんですけども

実はその農業が世界から見たらですね

これあまりとった親なんですけども

あの一言で言うとその肥料のですね

多様化によって

土壌汚染をかなり起こしてるんですなら

例えば品目で言うとレタスとかですね

お茶とか

こういうところの地域の地下水は

もう窒素が上がってきて実はものすごい問題です

これ農業だからですね

あまり話題にならないですけども

例えば工場が例えば道場にですね

その工場の影響で窒素が滞留して

そして水質汚染起こしてるって事になると

もう訴訟の問題なんですねだ

からやっぱり我々もですね

つまらないといけないと

父の宮の陣

高校の植物工場で何に作られてるかえーとです

今家がですね

ちょうど先月完成したのは

あのレタスリーフレタス系のものがですねま

日産大体さんまんえんぐらい毎日365日

天候に左右されないでできてくるって

いう間日本で最大級と思いますけど

それもやっと出来上がってて

今も技術の方はテクノロジーは次に

今度いちごに今行っても

これは完成してないですけども

ミガキイチゴの画像にお宿

うちはのブランドイチゴじゃなくて拗ね

世界中に日本の美味しいイチゴを食べさせて

やろうっていう

コンセプトで今やってますんで

入りやすいプライスの方行きます

じゃあた和尚さんの近況報告者

オイシックスドット大地坊やですね

近況でともあの先週の火曜日なんですが

らでぃっしゅぼーやさんの買収が発表しまして

なな本ですね

去年の4月に大丈夫かいっていう会社と

撒き餌統合し

てで去年の10月に

お椅子がひとつになってさんヶ月たって

ようやくを人としても

馴染んできたところにいません

主催発表してええなんて

細やか会社のいろんな人たちが浮ついてる感じです

ではそれをあの子さん今日も行った

お戻って明日

radishboyaさんさんのまだ

黒字が終わってないんですが

ええといくつかの走行を

そこの従業員の方々と

話をするっていうような

まあ多くのインターナル

コミュニケーションをたくさんしてるような

タイミングなんですけども

あのやっぱり僕たちは

そう思ってなかったんですが

渋谷さんとかもう僕らは競合という

風に認定していて

まきょう子と一緒になるって

言う事のについても

ビジネス的には合理的には一緒なった方が

牧場の経済生きる世界なのでいいんですけど

その感情的には

どうにも受け入れがたいという所があるので

その辺をしっかりとわんチームにしていく

ということ

を考えてますが

ブログの中に置く共通って

誰と戦ってんだよ

分かんないとそこは競争してんのか

強調した方がいいのかっていうところが

農業の世界でも多いと思いすれば

僕らみたいな有機野菜など

マーケットの人たち同士で競争してても

何の社会にとってもプラスが

鳴らないので一緒にやるんですけど

ま農業でも例えば

その香港のスーパーマーケットに行くとですね

長野産のりんごと

青森産のりんごが来競い合ってね

あっちの鈴がくそまずいですとかってこと

売り場の人が言ったりするわけですよね

誰と戦ってんのかっていうのが

どうしても

ま農業大隣のやつよりはましになりたい

みたいな感じが強くてまいなすさんで

いちごで反応したみたいなことですね

結構多い多いというところで怒り

おまんこの正しい競争意識がいいんですけど

パソコンの方が戦ってんのかっていうのが

もう一つ重要なんじゃないかな

という風

に思ってます

ちなみにその今回の第一

トラジラギッシュの統合とか

合併っていうのは結婚

何年か前から構想されて

仕掛けに入って誰ですかそうですよね

ラディッシュの社員とかも

見る見る感じですよね

でもカット編集はできるんで

できるだけオープンにして頂けると

でもこう

言うともうじゅー年以上前から

僕は持っていて

その当時のそれぞれの社長にも

僕ら三者が存在してる意味ないってじゅー

年前僕はあの会社十分なサイズだったんで

無理しちゃ大地の方が

まず時買ったんですけど行ってましたね

ゆっくり帰ってるとなんかまああれじゃない

ですかいるじゃねー

しつこい男と結婚した女性みたいな

そういう間ですね

あのあの多分おそらく

あの今amazon釜海岸のプレイヤーが

こっちに来て

おそらく今後農業の進出して

行こうとしていて

皆さん転んだと思いますけども

amazonホールフーズって言ってま

全米のマゼンタ古

正寺美味しいみたいなま

もっとその大きいやつをからかって

よその農業生鮮品に進出してきていると電話

そんな人たちが

おそらく日本に来て基盤を築こうとする

っていうのも

近い将来来ていると思うんですけども

そこに来てどうやってマオイシックス

大地ぼうやとしてはその

競争優位名所じゃない

どうやってそのまま競争優位って彼だとね

勝ちになった時に存在していくのかっての

ちょっと突っ込んでみたんですけど

そもそもその競争的な認識は大ラディッシュ

でもそうだしたい

amazonでもそうなんですが

あまりその競争してか頭っていう漢字は

元々ないんですね

どっちかっていうと

基本的に競争

相手はお客様で

お客様の不満があるんだったとか

ビジネスチャンスがあるので

それに対して

サービス提供できるか

どうかってことだけを考えているんですが

だるまあのamazonなんかまあ

直接的にこのネットで一番尊敬する

会社とオーガニック一番尊敬するかして

一緒になっちゃったんで

意識せざるを得ないで

まそういう意味で言っと

短期的にはつらいよを抑えちゃうってのは

非常に重要で

魔法の鈴がいいですに進出したら

いかないしにつしたりするときも

現地の会社を買収してそれで

売り上げを買ってるわけではなくて

その生産者を買うと

生産者とのネットワークを構築するなと思い

このオーガニックとか

そういうこだわりの生産者を構築するのは

ビジョン時間かかるということで

賠償してくるんですが

おそらくまあ私たちが三者

一緒になったことによって外部の

プレイヤーが日本では

オーガニック系のビジネスをするとしたら

僕らはを買収するか

僕らと組む多分ないと思う

なのでもう買って

もらうのを待ってるわけじゃないんですけど

川上をきっちり家に着いて

今何件か帰られてるしたっけ

5千円ぐらいするそうなのでも日本の優良

事業農家さんでいうと

おそらく大半は

お取りさせていただける形になるかな

というのもいいんです

そうですよね

今の我々まあ農家やってるんですけども

オイシックスの社員が

本当に現場まで全部見てるんですよね

それを切り傷すっては

おそらく相当大変だろうなって何となく想像

つきましたダイエット武市さん政策的な立場から

最近のこの分野に対する近況をお願い

ありがとうございます

今日はですね

のシステムかのこ月

以前背中もいらっしゃいましても

プロフェッショナルさんも

たくさんいらっしゃるんですが

政策的のいますか

また私ですねま今回このタイトルが世界に

勝つためには

生産性革命ということなんですが

まずい的に見れば

たとえば農業の非常に高齢化が進んで登録状態

オク18歳とか

いろんなあの人が

非常にこの出てくる

内容が悲観的なもの

というのが多いんですけれども

まぁしかし張り子の様々なこの生産性革命まあ

こういった

技術を使うことで

農業を産業としてですね

Hをしていくということはですね

これ大きく変わってくると思ってますね

やはりですね

生地のオーブンに行ったらいます

とまもなく西一丁目の輸出とか

そう言ってなことに

引き続き取り組んでいくんですけれども

一方では農業と

いうのが非常にやはり

政治と米というのは日本人そのものだ

みたいなようなところがありまして

まあなかなかですね

この実際そこで働いてる人はどうするのか

とかって言うなことですの

農業を産業として

力強く強くしていくということと

やはりその制作とかですねまたある

意味で言ったら

JAというのはまあ政治的にもですね

定期とも地方だ一体となっていたりするまで

家からまこう言った言葉ですね

まこれからどうを切り分けてですね

議論を押していくのかと

産業と資金としていくことと

そう地域政策とか

というものとは違うものなん

だということですね

前張り考えていかないと

どうしてもそこが混同してしまうとですね

やりポいった仕組みをつくっていかなければ

いけないんだけど

じゃあここでからめとられてしまうんだろうな

という風に今思ってます

で私も去年までは

海上で政務官をしてましても

様々な国に行くんですけれども

非常にその日本で農業を学んだ人って

すごくでかいたくさんいるんですよね

あればどこどこ大学でいました

私のいる宮崎大学も住んでますから

そういうところで働いて親日でもありますし

日本の人とのつながりも

今でも深いわけですのでやはり

こういう人たちとの連携

というのも

非常に大きなましたになるのですから

そういう意味では

世界に勝つためにはということなんですが

まこの2020年のじゅーきゅー

年間輸出1兆円という政策的な目標として

日本の農業日本で今やってる日本人がやってる

農業そしてまた

日本の農産業輸出すれば

もちろんこれも世界に勝つということ

なんで今の予定

何か私でも

宮崎なんかもうを

非常に海外の無修正

宴会してるところもたくさんあるわけで

まこういった仕組みとかですね

このシステムとかま

そういったようなものも含めて

日本が農業を一つの

インフラとして

今あの例えば下水とか鉄道とか

いろんなインフラの質問

今世界に住んでるわけですけれども

含めてですね

世界と世界に勝つというのは

どういうことを思って

まあこの辺は立っていませんが

最後まとめてくださりじゃないかと思いますけど

どういうものを持って買っ

て買っていうことも

まあこれから私たちも考えていかないといけない

ですかそのまま

森の部分のお話もされたと思うんですけど

も例えばまの村里山の話なんかあると思うと

守りの部分とその攻めの部分っていうのは

どういう風に

その何ていう子それぞれ対応していくっ

ていうか政策的にはそうですね

まあの真面目な部分邪魔さん

伊藤これからいろんな議論がされていくと

思うんですけれども

守りっていうのが前市場なら

そこでまずそこで暮らしてる

きゅーさん回以上に

天と地が松茂農協改革とか

いろんな議論の中で

一番考えるのはですねじゃあ

その山の中で暮らしてるおじいちゃん

おばあちゃん達が

この農協という組織が機能しなくなったら

生きていけるんだろうから

やっぱりそういったような中で常に思う

それがやはり集落の崩壊になりますと

山が荒れて地域が崩れていく

やっぱり常に

そういったような危機感という

ものがあって

ただそれは産業としての揚げを強くしていく

ということとは別の次元でですね

もうちょっと考えていかなければいけない

直接支払いとか

そういったことも可能

性を担保して行っていただいているんですが

その人の暮らしを守るということ

またその自然多面的機能

という水田は水を張るから

常に価値があるとかって

同じもあるんですけど

そういう高機能としての山村中山間地を守る

ということですね

やはりですね

その産業としてというものを

もうちょっと切り分けて

行かなくてもいいんだよ

書かれたま小規模の形なので

子供の産業と

社会保障の話と

国土保全の話と安全保障がない滋賀農業の話

大体大体混ざっそれ以上に良くないな

という風に思って

じゅーよんだとさんは本当に甘い社会保障

興味ない人が多くて

産業膜が興味ある人が多いのでは

そういうことに偏りがちだと思うんですけど

やめたほうが

いいと言ってないって

自給率を発表するのやめたいんじゃないか

と思ってて

やっぱりそのなんて日本農業強く症だから

自給率あげようって

この時期って安全保障のkpi出会ってさん

秒の強さを表すけど全然ない

自動車の自給率上げを見て

誰誰も自動車産業の話をした時

に自動車の自給率上尾国産車は済み

誰も言わないですよな

農業だとその嘘の社会保障

話は比較的わかりやすいんですけど

その安全保障と産業の強さの話は

結構混ざって自給率を上げよう

三大謎のkpiをずっと追いかけてきて

多分これの水春さんにしたのは

わかってやっ

てると思うんですけど

あの多分自給率じゃない

lineだと産業で行くんだったら

産業何だってことも

ハッピーやめたいんじゃないかな

あの農業器具を持っていうか

その水晶の拠り所として歩こう

放送法律の総則って

そのの食料の安定

確保供給って一つあるわけですけども

もう一

つねこ農村の子ほ全身凍っては

実は法律に明記されてるんですよねだおそらく

その二つがね

農水省としては

子どっちつかずになどっち使うとかね

ひろは仮に今我々からすると

ちょっとその分かりにくいって言うかね

難しくなっている部分なのかな

とちょっと思うわけ

ですけどもちょっとそのそのそもそのまま

その戦後の体制によって

作られた交渉希望の農家さんがたくさんいて

その一つがも高齢化していくっていう

現場ってそもそも問題なんですかっていうこと

ちょっとあの聞いてみたいと思うんですけども

あのちょっとまだしもこうらくなん

ですけども岩田では

農協改革ってよく言われるんですけど

農協改革をするんであれば

私のあくまでも学校で出るんでわかる

結局改革でも知らんのー

ステーション中の曲を聴き所の中のですね

結局って言っても

召喚少女やってるなら農協改革じゃなくて今

政治の力が不味いわん

とかですね

コミットできるならば

結局を改革すれば農協改革になるんですよ

例えば補助金改革米改革で言うと

これは生産曲を改革すればは変わるんですよ

まこういう風にですね

例えばそのどっかこう商店は出るんじゃなくて

もっと真っ黒で見て

そのマクロのリーダーシップを取っ

てるところのあるべき姿にすると

その人はこだからそういうこと言うと

例えば小さなの

あの日本日本っていうのは

はち割が要はそのさんさん感じですから

そういう面で言うと

まぁ中山間地の農業っていうのと

例えば岩崎台のは我々のような

その千葉や茨城家では九州のよう

なその生産地って言われる

生産性が高い農業とこれを一緒で脳性を今

機能性を考えてるって事に無理があって

例えば中山間地のかぞかの問題だったり

まぁそこで産業農業むら歯科産業がないから

林業であったり

このよんさん行にするんであれば

これのが考えることじゃなく

て他でも違う

省庁が考える話じゃないかなって

私を守ってね

まあ例えばその生命をもう経産省に

もう寝ちゃってね

テクノロジーだとかね

手間も良子の全部やるだとかって

一つのわりわり方の一つですよね

小さい通すか高齢化小さい農家さんたくさんいる

これってどうなん

ですか悪いことなんですかね

例えば僕は個人的に思うのは

例えば中山間地ってまあ

特にその観光だったりですね

温泉があったり

こういろんなこういう他の資源あるじゃない

すかでも温泉番に行って

鳥は土産物買おうと思った時にですね

誰かそこで漬物買うんですけども漬物

って元々そこの子伝統的な漬物なのに

素材そのものは中国だったり

フィリピンからの塩蔵酒を買って

最後の仕上げだけ様は

そこの味にしてるって言うと

まさしくを祈って言い方悪いですけど

本物じゃないですか

こういうところお惣菜からちゃんと作って

要はその加工もして

ちゃんとブランド化するっていうようなこと

丁寧に行って行っとけば

付加価値があるんじゃないかな

と思っちょったかその点

あのねやさくも

だんだん分かっていると思いますけど

ただGわんでこ

農業系のモデレーターした時に

トイレはきゅーいちさんが

答えの質問に答えないって

いうことしゃべるって言ったね

これが一つ

このモデレーターの醍醐味

なんだかどうかっていうことです

小規模農家クリエイティブじゃないんで

そのまま普通に答えますけど

あのまずですね

えーと農家の後継ぎが少ない問題な

そんなに問題かって言うと

そのなんか農業が今時じゃなくてかっこ

悪いからって

いうような認識が結構多いと思うんですよ

なのここで言うかどうかがで

僕もこのビジネスを始める

前は何かノーかかっこ悪いっていうわけで

みんな子供たちは都会でてちゃってんのかな

と思ってたんですけど

今うちのごせん

軒さっき申し上げたのある農家さん

の家後継者がいない農家さんが

ほとんどないんですね

それはなんでかって言うと

あの儲かるからですね

やはり農家で育った人はそこに価値観があり

経済が成り立てば

農業を続けていきたいという方がほとんど

大半なわけですよね

でなんで続かないかってと

儲からないからもう

買わない人が授業を閉じていく

ということ自体に

日本では他の産業もですけど

問題が本来はないはずです

今日本で農家さんと言われてのかというに

カウントされてる人は

人口あたりで言うと

アメリカ屋を栽培ぐらいいます

人口当たりの農家数はむしろ多い

そういう農業国に

比べておいそれはまあ

小規模農家と言われている方々が多い

ということで

やはりその授業が継続できない状態を無理くり

行政の力で続け続けるのは

あまり基本的な意味がないし

それがむしろ授業

農家として

跡継ぎも行って頑張っていこうという人たちが

ご希望に広げていく上

でのネックなってところも正直ある

という風に思ってるので

その農家の高齢化っていうのもそういう人

ちょっと全部出して

平均年齢でやるとまそうなんですけど

UR事業農家で言うと

その新規就農者増えているし

ほんと日本の農業のビジネスとして

支えてきた家は結構若い

若返ってきているということなので

まさおと東経ごーごーむりくり

悲観的に切ったところを無理くり言っても

あまり意味ないとやっぱ高齢の方だったわ

そう言っても

先祖から引き継いできた

土地に対する愛着があって

農業というビジネスにも思いはあるんで

ま生業として続け

られる方法を

そ産業論とは別に考えていくのと同時に

やはりまたお家を簡単に引き継げるようなインセンティブ

土地を持ち続けることの

あのディセンティ部をちゃんと作るのが必要かな

というはいありがとうございます

ちょっとテクノロジーの話に移して

行きたいんですけどもこの前あの

パネルのテーマの一つには

栗ってテクノロジーで

高生産性を度上げていくかっていう

テーマがあるんですけども

爆破上野間生産者サイドと私も

その流通サイドで

その窓一玉テクノロジーが

あの今ねえにこうしているのかってこと

もうちょっとさ

あの前でも話していただきましたけど

も詳しくちょっと聞かせて頂いていいですか

今度ちゃんと質問に答えますあなたはあのですね

あの生産技術で言うとま一言で言うと

今まで匠の技みたいな風になってたものを

これをですね

今ITの力を借りてまああの見えるか

またそれを誰でも使えるかに

移行してるような

部分が一言で言うとするのあります

後彼は中であったり

川下の流通の方に伝える力だってば

生産地からですね

これはもう本当にインターネットですね

情報がタイムリーに伝わるようになってますから

そういう面で言うと

例えばITが農業の中にですね

その生産性を高めたりまた

流通での効率を高めたり

っていう現場になってるのはあの実態です

私はあの生産者として

ご年ぐらいいちごの生産をやってきてるんです

けどもあのい悪く

アグリテックと呼ばれている二個

生産サイドのテクノロジーでまぁ何でしょう

それがその技術があることで

本当に個破壊的

なイノベーションが起きるみたいので

タコ存在していないようないらして困る

レックスことはすごい今ブームですけど

本当になんかこう

それがねKに個響く聞く感度が高い

技術って出てきてるのかって

ちょっと聞きたいんすけど

それを岩佐君が一番わかるもんだけども

例えば一般的に

言わずになって来て苺ってあるんですか

いちごって今まで理由は

その人間の間でやってる

届くのかって言われる人がせんえん

平米じゅーアール当たり

年間での生産量がごトンっていうのが

まあローマ篤農家のレベルなんですね

それを今すぐは結局

アグリテックってか空いて

ませんさであてるのも作って

あの経験が浅いのにななと

ぐらいにしてるんでしょそうですね

あの普通の農家さんの同じ面積で

倍ぐらい取れるようになってるとね

まあそういうことだけど

それはもう本当に細かく気象データとか

またその土壌の中の肥料振るとか

そういうのセンサ

でこうやって待って

的確にコントロールしてるからません

さすがになってる

それでも限界はありますけどね

ありがとう高島さん

流通サイドで

流通はちょっとの生産サイドで

バケツのテクノロジーの使い方

サクッとした後がやってるやつで

言っとまさきと落とし

恒例の農家さんの話しした

んですけどそのままで

農家さんの技と匠の技で

経験と勘でやってくという風に

一般的されていたものを

そのいかに形式知化していく

かっていうことをのテクノロジーがですね

気をつけて

そのまたくみのと言われる

農家さんがどのたいどういう点これ

どういう人と状況で

どういう作物の状況の時に

どう判断して肥料をあげているかよ

役をあげてるか

水水水を切ってるかっていうことを

データとして取っていくので

それを新規就農者に

このこの匠の技通り言われた通り

他何も考えずに行ってくださいっていうは

そういうのがあってるこれ

はいくつかの

その栽培形式ごとに間違うとかの時間ですが

それが非常にうまくいって言って

今家の新規就農者とやり取りしてるんですが

初年度の終了とかは

都会度失敗してもいいんですけど

成功確率格段に上がってんですよ

その技術って美味しい

菅野アウトして持ってるか

その形式値は

これはいくつかの会社に出資してやってます

で出資した会社の技術を

あの家の農家さんにハメてみて

うまくいったとかってことやってるんですが

新規就農者の成功確率があげるって見ると

確実に効果が上がっていて

これが本当はまあ海外持ってっても

できるぐらいまで形式知化できると

非常に日本の農業農作物輸出んじゃなくて

日本農業技術をするとこまでいけるんで

面白いかなと思ってますが

今は少なくとも国内であれば

その立地によらず

展開できるようなところまでは

出来てんなったんですね

彼は下の方でありますか

流通の方での路地テクノロジーというかですね

流通の方で言うとあのえーとですね

ちょっとこれインドの事例を言って

いつか農協とかないわけですね

と言ってますけど農家さんがですね

何が取れた加工アプリで

こうやってんですよね

で氷のバイヤーもほうれん草で欲しいとか

じゃがいも干した方がやってるわけです

ソフトそのなんですよ

うーばーみたいなあの会社があって

その空いてるその倉庫あるんですけど

空いてるとラットですね

マッチングして

このここはこのトラ

このどうかとかなとかと

この廊下を回った後に

この氷とこのレストランに行って

くださいみたい指示が毎日

そのトラックドライバーに入って行って

その会いたいでは

ここで競りが行われただけですね

で整理が行われていて需要が方だと

農家さんにもちょっとずつ上がってくんですね

で農家さんに

もっとちゃんと高い

お金で売れるように

していくっていう仕組み

が結構流通し始めて行って

農協特価市場がなかったからこそ

逆にそのモバイルの中で

市場完結してるって言って

この子はこれはむしろ

日本に持ってくのは結構大変だと思いますが

非常にopportunity味より

合理的だなっていうのはした

そうなんですね私もインドで

イチゴを作ってるんですけども

どうか本当にお話で汗だくで働いていて

いきなり猫スマホを取り出して

速達の家の家やるわけですよ

その辺が非常にそのまま生産技術って

なま玉五郎的な部分もあるんですけども

その花は下に行けば行くほどインドなんかも

日本日本なんかにも

遥かに進んでる部分もあるということですね

たけさんでしょあの

お話もいただいたわけですけれど

ま日本の美術モデルエマ

子役格段に進歩して自慢

今まさにお話を伺いながら

今ただ新規就農で年間ひゃくごじゅーまんとも

年間のよく皆さんもニュースで聞かれたり

とかしてまよく

回るマルナカ相談あるのは

何でこれOKじゃわこれ

使えないだみたいな話とかですね

よく言われたりとかするわけですけども

ママさんにその前に掘って

そのスタートアップに今

お金をずっと出しながら作業してきたけど

またに今そういうそうですね

むしろですからよく今補助金

じゃなくてクーポン出した方がいいじゃないか

みたいな話とかってあるんですけれども

お前はいそういう意味では

出品というものが金額といれば

そういった子仕組みをですね

やはりしっかりとですね

セットで担保していくとま

そういったような形では

実際に新規就農する人

たちがコストアップ後より柔軟にできるように

まあそういう意味でもですね

まあそういった長年の経験値

というものを補い得るものなわけですから

非常に今日のアベレージがあるので

ちょっと高島さんの方にも寄りたいんです

けども今そのあれですよ

あの去年の同じ時期と1月

かなゆうパックの配送

物流量がにじゅっぱーせんと増えてるんですね

おそらくその直配

後輩が他の美術ま農業科からですけど

大阪疎開ボトルネックになってきていてこメル

カリの皆さん

野菜って検索すると

メルカリいっぱい野菜売られてる

そんな中で歳の子

ラストワンマイルっていう

か物流が最終的な課題になってくるか

と思うんですけども

その辺の取り組みって何かされてますか

あのなんかすごいやらせみたいな振りで

ありがたいんですけどもしたんですけど

あの今トラックドライバー人足りないって

すごい言ってるじゃないですか

人不足人不足日本のトラックのと

野菜とかに限らず全トラックの積載率ってね

たくさんご存知だと思うけど

積載率よんじゅっぱーせんとろくじゅっぱーせんと

勇気を運びながら人が足りない

足りないっていう風になって行って

荷物とトラックのマッチングっていうのが

かなり非効率があって

まそこはつまりお中日である

という風に思っています

で今あのヤマト運輸さとベジ猫っていうプロジェクト

始めたんですけども

それは予算不足って言ってんですけど

二人ないのは首都圏とか都会だけで

地方の人は結構空いているというような

営業所もそんなに忙しくないというところで

そのまさに小規模

農家さんで今までは

クロネコヤマトを使って

運ぼうとそうな人いませんとか

そういうことで都会にもの出荷したけど

なかなかできなかったって

一緒に対しては空いてるヤマトのリソースとか

うまく使いながらは

コストを下げていくっていう字始めています

今山形県と宮崎県で

その実験をやっていて

その結果今んところ想像以上に

あのお母さんがの反応はよくは

ポストもちゃんと抑えられて行って

東京まで持って来て

僕らはそこまで持ってくるってことは

できているので

その物流的なソリューションを

小規模で高付加価値のものを作っている

方々に対し

多分ミガキイチゴ物流費は結構なんでま

そういうもののソリューション作れば

今まで流通しなかったものが流通し

はじめんじゃないか

なま野農協系とか大根と怖いんですけども

小規模高付加価値型の物流

ソリューションが

空いてるスペースを使うことによって

出来んじゃないかなと

思ってたか物流って難しいのかもしれ

もうちょっと声ダイナミックに科学ってホテルのね

そのじゅーきゅーによって

例えばホテルの相場決まるみたいに

もうちょっとこう

分かりやすくあってもいいのかなって

思うんですけど

もくの字箸塚話をしたんですけど

岩佐君とか計算が聴きたい

んですけど実はそんなに抜本的

テクノじゃないって言ったけど

その植物工場が

ビジネスとして成り立ちそうになったのってホント

ここ数年もにーさん年じゃないが

突然その場合の講習料がなければ

絶対ビジネスとして泣いてたんで

後は赤字か黒字かっていうのは結構

まあ本当

にものすごい大きな違いだと思う

でもまいくつかの立地条件とかもある

と思う電力がこれは安くないとダメとか

ある程度補助金が入ってないと立ち上げ

しんどいとそういう意味で

今のテクノロジーでも

補助金ゼロとかどうなんす今

テクノロジーで植物これじゃ

完全にビジネスにな

るっていうレベルまで来てますか

あの人口が誰ですか

はい今朝イチゴ作ってる人口あの実は今

イチゴ作ってるほうは

そこでも思い切り計算してます

だとレタスの方もですね

実はもうそれもなります

これはどの地域ではこの問題です

農地法の問題電力大和電力だよ

普通にもうあの

電力を使わなくても

例えばソーラーパネルなものすぐ進化してます

それと今そのキャパシタの家は

ソーラーパネルとバッテリーの蓄電も進化してます

でledっていうのは直流で

そのまま流せるんで

間接的に言うと

あの摩擦消えるではないんですよ

だからそういうものを含めると実

はです僕も日々進化してますから

もうかなり面白いとこでした

補助金はもらえば今ですね

我々もあの作ってる植物工場って

坪当たりひゃくごじゅー番ぐらいするよ

どうし勝手な

それが周りも考えてのはいちごのやつは

坪ごじゅーまんえんぐらい

投射角が生えにもう1/3のコスト

まであのインフラのコストを下げて

そしてなおかつ全自動化に持ってくっていうです

そこ目指してます

では全自動かって言うと

そのいちごのピッキングという花

摘み取りまでロボット化するっていう意味ですか

もちろんバリアEXまにあっくすび

あのあれは当選さで

いちごがどれだけ熟してる

かっていうのを見分けるのって本当に簡単なけど

もう最後の子ラストワンマイルの部分って

むちゃくちゃ難しくておそらくね

もうじゅー年ぐらいかかるだろうと見ていて

お酒ちょっと万能村の話をすると

ま野農協の農業就業人口の低下っていうのは

おそらくそれロボティクスで賄いきれない

ような問題になってくるから

男も海外神社

どんどん音を正面から受けなきゃいけないみたい

そんな課題に入っていくっていうような

そういったまき気があるって

何でもちょっとロボの話を例えばですね

やっぱりその植物ましたこと

言っテクノロジーに話して言うとね

植物工場っていう

のはあの今こうビルのように高いところで

空間でやって何が一番難しいかって言うと

じゅーごM上野様は

温度と一番下の温度の温度

ムラをだいたいですね

一度以内にコントロールするそうすると

日本の中でも

そういう空調コントロールできる企業って限られて

結局そういうところが

いいわ農地法が改正されての農地の中に

家をはその植物工場建てられる農業であれば

ちょっとナルトのチッパー待ってますから

横に行きたいですよ

そうすると建物プレハブできます

それでは低くもう後いっぱいありますから

楽しくする必要ないんでご段ぐらいで行くと

家庭用の

空調ぐらいでコントロールできると

そういうものいっぱい積み重なってこそ

政宗なってくればソーラーパネルってまぁ

結局もう同じ考えて

やっぱり世界のいま

当時のあのなんてつかない風潮じゃないですか

エスディージーズとかに対応できるスキームで

全部もうビジネス作ってくと有利かな

今のうち

の話で出ましたから

ちょっと触れたいんですけども

今そのひゃくの行動よんじゅーよん番ですかね

耕作放棄地を何とかしろっての

あるわけですけども

本当にその土地って余ってるんですかね

相まって頑張ってね

あの給料後はもう全然足りないような状態

むしろそのまあ農家数

が先ほどね高嶋さんの話が多すぎた

っていう中で

小さな農家がやっぱいろんな本来

条件に合わないところを開講してますんで

そういうところむしろ

自然に戻して

行った方がいいんじゃないかなっていう

そうそうだかその例えばね

ただ綺麗な棚田を守るっていうのは

おそらく猫の

村の進化の前の草を活性化させて

また別のあのも課題なんですよね

それとこ一緒にして

その後がどうかって言っても

またで我々星

生産法人が小さい農地を取得して

そこで経営するっても非常に難しくて

利益を出すの難しい

市真人がそもそも

いないっていう現場が実は

あるなという風な課題を持ってます

ということで

ちょっとさんの最後のテーマなんですけども

ま世界に勝つためにはっていうことで

どういう風にその我々学校

世界の中のま日本の農業っていうことで

戦っていくのか戦っていけばいいのか

あればは個別校舎の取り組みって

いうのちょっとご紹介いただいていただきたいな

と思うんですけどもじゃあどうしよっかな

高島さんあのやっぱりまゆしゅつの成功例は

まよく出来ますけどゼスプリですよね

ニュージーランドニュージーランド

キウイ教会みたいなものが持つブランドつけて

待っていますでまぁよくな計算と思い

ますけ日本には

その品目別農協ではないので

日本りんご協会みたいなのないから

まあそれぞれの地域単位が

それぞれ競争しあったりしているというのは

日本の現状で遊びではそのやはりご品目

単位でマーケティングしていくっていうのが

正攻法だと思うんですねでそういう意味

で今の一個

私は関連企業での

巻き寿司の若いひとつやって

日本農業インコーポレイテッド去年できた

会社がんですけど

ここは東南アジアで

リンゴをブランディングしていこう

ということをやっていて

まだちっちゃいんですけど初年度で決勝いました

はっせんまん階まで来てすごいですね

頑張ってハイゴケりんごシェアナンバーワンですが

出てこないのかい

楽なのかよくわかんないんですけど

でもまともな共通

ブランドを作ってやっていくと

それと同時にかなり高川上まで入っていて

帯だとリンゴは日本のサイズライブ

ちっちゃくないと売れないですね

なのでその大

東南アジアにおけるようなものを

作っ作ってもらって

まそれを出荷するっていう

ことやっていますので

やはりこう品目単位で

川上から川下までの品目単位のチームを作って

マーケティングをして広げていくっていう

魔王道を間違えるともやるって言うのは

大事なんじゃないかなそう

例えば香港とかに行くと

同じデパートの売り場で

博多のはっぴを着たおばちゃんが

いちごあまおうっていて

それじゃあ黒魔紋を着た

クマ音のおばちゃんだね

その後この後の夕べにとか地域間競争がまるっきり

校本校のデパートでもあるって言うな

ちょっと大過大なんですけど

もそのままフレイヤ

誰がそのリーダーシップをとるかと

かなり難しい問題だと思っていて

まず民間企業がとるっていうことになるとこ

全体を巻き込むムーメントになるのってどうかだ

結構あると思うんですけども

そのあたりどうですか

そういう意味では

今やってんのは魔法コントが

激しいところじゃなくて

辺境の父が

あんまり簡単にシェアナンバーワンなるような

そのプレイヤーが少ないところでは

しっかりと存在を作っていくっていう間

民間でやると

どうしてもそういうのが手っ取り早い

ジャッキーさんの世界世界世界世界ね

あの私もですねあの高島さんが言ってる

ことを正しくシンプルでその通り思って

あのうちもですね

もうじゅーご年ぐらい前から

タイでバナナを使ってある

みたいな事やってますんで

あの私なんか今考えてることで言うと

うちはですね

今マンゴー明学院やろうかなと思ってます

これはだから

まあ輸出するっていうメイドイン

っていう発想なんですけども

やっぱりメイドバイっていう発想のがやっぱり

日本の農業を産業なるだろうなと

例えば一例で言うと

立てばあまりあの有名なってないですけども

あの採卵鶏たまご

たまごのイセ食品さんって

もも大企業あるんですけど

伊勢さんなんかはもう日本のその卵の

ですね生産の要は

そのイノベーションも相手もいろんなすごいですけど

それってアメリカでものすごく稼げるんですけど

同じ養鶏場を作って日本では全く稼げない

日本ではむしろ様はその赤字とは言わないです

けどほとんど力でなまこういう話を聞いてます

また言うことがあってそれ

ぐらい日本のマーケットって呼ばれますよね

だからやっぱり高島さんが言うように

品目できっちりせめてですね

そしておまけとちゃんと確立して来て

家はですね

だから誇りに言うと

やりたいのは孫も好きだし

あと苺苺の量はその今プラントをですね

開発してそのプラントを世界

に出してきて

デフレの話よくあるわけで

くれのその本質的な原因っていうかさ

どこにありますかね

オーバーストア以外でちょっとないですか

やっぱもうこれはですね

オーバーストアの中でプライスの価格

対抗スーパーでつけるじゃない

これがあまりにも

生活者に浸透してますよね

例えばひゃくえんで野菜買うっていうことは

生産者の手取りで言うと

多分にじゅーえんぐらいになっちゃうんすよね

だからにじゅーえんで物が作れるって言う

野菜が作れるとかありえないですね

なんかね根本的には

その個人の農家さんが

やっぱりまだ木工メインなんですけども払っ

てその自分が働いてる

ブンっていうのは自分の給与ね

我々企業型からすると

直接労務費でコストなわけですよ

そうすると我々がこう本来

会社を維持しなきゃいけないことに

必要な固定費ですよね

あれは研究開発費っていうものなのかさんは

それまで必要ないわけですよね

そこで製造原価に佐賀生まれていて

おそらく今のあのまの農家の構成が

ずっと続けば

ご生産原価が安いところで

市場の価格ってもより会うのでそうか結構ね

その企業が農業

やるって言うような視点で言うと

大きな問題なのかなという風に思っています

作業テクノロジーに戻す

んですけどもあの例えばですね

あのコンビニのサンドイッチに

要はそのれたスタンドってあるじゃない

レタスのキスが高いから

賞味期限短いんですよこれが

例えば植物工場とかで作ると

その金子のお墓ありますかな

多分そのもとみきが伸びるんですね

ソースと廃棄ロスに木を蹴る

よだら笑われながら

例えばマーケットを見てる時に

家の中の植物工場とか

そういうマーケットっていうのは

どちらかっていうと

ほとんどbtobリオはそのベンダーさんであったり

食品工場を見た回らなかった作ってるね

はいあれと会います

色んな工程まで話してきましたけども残り

じゅーごふんなりましたので

フロアのみなさんから

質問を受け付けたいと思うんですよ

お願いします

今のメンバーの方でマイクを順番に回して下さい

好きですありがとうございます

私はの競争政策と産業センター

二期作あげなきゃいけないとも

まさにその通りだと思っててあの経産

省のこと考えると

あのグローバル企業の競争促進策は

一方でやって中期町あるわけですね

片っぽだけって

躊躇いらないとの話じゃないんで

農業においても

やっぱりあのまあマラソンで言うと

第いち種第に種んじゃない

ボリュームゾーンの第さん

集団ところきちっと守る政策っていうの

はしっかりやらなきゃいけなくて

そこは競争世界じゃな

グローバル世界じゃなくてどっちか取ろうかな

まあ守ってあげるっていうところも必要だし

その人達にももう少し頑張ってもらわないし

鍵持ってもらわなきゃいけないんじゃないか

前にも改革守らなきゃいけないじゃない

かってこと

だと思ってます

これも聞きたいのは

外国人の労働者の問題を

もう少し真正面から考えるべきじゃないか

と思ってるんですが

もうとっくでは

一応出来るようになったんですが

そこについて中3てらっしゃるかと

あと高島さんにあの認証gapの話

Jカップでもグローバルギャップでも

いいんですか

行ってもいいですよされてなければ

あまり意識されてないかもしれないけど

今日行こうか大変大きいので

そこの所あたりについて

どんな風に思ってらっしゃるか

ちょっと質問させてくださいはい次お願いします

いつかよちゃん

あの苺ちーちゃん来てるんで端の方に

来て一緒にやる可能性はどうか

で部分とエマもしかそうなんですけれども

今その部屋へとかの花で

使ってるのはまだないんで

無職の方は進んでるんですぐ花

世界に持ち込む事は可能かどうかってのは

ボカロ2人に聴きたいんだと

6日は高島さんにやっぱやらもそう

なんですけど

やって精算した電車だと

投資できないと思うんじゃね

そこでやっぱり高島さんがみたいに

資金が持ってるところが

農業生産に直に入ってくるってことは

考えないのかって言った次お願いします

グローバルキャップについて

お伺いしたかったんですけども

国際競争力

っていうところでですね

あの認証製造で国際競争に勝てるように

という政策に関して

特に2020年のオリンピックに向けて

食料調達基準にあると思うんですけども

高島さんにはお誘いいただいて

一回オリパラ委員会にも

あやのうんこまみれにいたいこと

ありますけどもこれあの農業

の方では生産者の方で勝手が関わってる事件

農業の方ではどういう意味か

どういうところに目標

設定してるのかっていうところお伺いしたいです

でもしますと申します

一点だけ他の喫茶

中島つの影がしたいんですけど

最近よくあの金融機関であったりとか

あとはテレコム

業者これ国内そして海外も合わせてですね

よく農業農業の方に新規参入したいとか

そんな彼に何か出来ることはない

かって話を聞くことが多くなってきて

業界全体が盛り上がってきてるかな

って言わな気がするけど

彼らに期待することであったりとか

どういたしねじれた

厚めのところとか含めてですね

テレコムなったら変わると思うんですけど

あの期待することとかあれば

是非またお伺いしたいです

はいもうお一方かねすいません

どう動物クレオメカスタムです

高島直しちゃったやつですね

OPオープンプラットフォームこれ絶対必要ですんで

あの山さんと今

やってらっしゃるやつで

anaオープン開放していただくこと

考えてらっしゃると思いますけども

夜中に使えるといい事ないと

いろんな人が簡単に空いたスペースを使える

ということでないと

これ回っていきませんので

よんじゅっぱーせんとしか運んでない人は

たくさんいますよであろうきゅー

じゅーななぱーせんとですからぜひですね

周りの方々よく

オープンプラットフォームで使うんだと

やまさんもそういうつもりで

oppって言っても

ぜひ私も出来事で食べたいと思いますので

よろしくお願いします

もう開けてあげられてましたね

日本の農業が

世界に勝つために言って中で

おしっくすも含めたと思うんですけど

日本人には浸透してるけど

海外来る来られる方とかに

あの人除いた有機農業とかがの

美味しさとかが雨浸透しないかなって

二に持っていて

そこが日本に

こうやって勝手に

そういったおじさんとかがあったり

などしてことを隠し

てありますじゃあえっと

今は質問をいくつかいたら

残りじゅっぷんあるので

ちょっとクイックに答えて頂いてます

ちょっとじゃあの今あの時言ったんからはいあのー

外国人労働者に関して言うと

研修生実習生って今農業に限って怒ってます

もう少しですねちゃんと労働者として位置

付けたほうがいいと思います

あの要はあのはっきりで実態はですね

労働者扱いしてるんですけども

何かその名目老健施設してんなってるんで

無駄なことがいっぱい起きてん

むしろ障害になってるって言っちゃったいです

きちっとした労働者としての位置付けを

受け入れたほうが

いいと思ってます

はいあとはえーと高島さん

いくつか質問いっぱいありますけども

ワット行きますね炊いといてください

ギャップに関してですけどもえーとですね

今私は家の取引先生産者に対して

ギャップの指導を無料でします

というサービスをしていて

あのまあやってますて

ただそれが輸入輸出につながるかって言うと

正直という基準に関して言うと

ギャップという基準を持ってることが

輸出に直接的プラスなることは現状

あまりないのでは

輸出につながるから行ってねっていうよりは

それぐらいやれないとだめだよね

っていうことでやっています出

たらまあオリンピックに向けてっていうことで

やっぱりに週間だけやったら需要が高い

のがに週間行ってに週間いてに週間また

需要があるって事に対して生産者がやるインセンティブ

今あんまりなくて

その場生産者オリンピック向けさせるのは

意外と難しいなという風に思ってますが

ギャップを取る

気になっても取れないような生産者でも

まだだめなのでは

そういう意味で

どっちかと言うと

ちゃんとしてもらうためにやっている

ということは

ちゃんとやればやらないとほとんどない

授業のおかげで言うと

やらないとがないないっていう風に思います

それから

えーとなんだっけ

投資生産に入ることは

基本的考えていなくって

ま餅は餅屋だという風にもね

僕らはその流通

ウルプロなら国会色々

歌手としてのもその売る場を増やしては

さっき言って

船の問題は流通の問題がひとつあって

価値を伝えられる流通業が少なすぎる

っていう

のがあるので

僕らの仕事としては

付加価値をちゃんと伝えられる流通業として

希望を持っていくことが最適なまあ

日本の農業にプラスになると思っているので

僕ら的な透明は

その価値を伝える流通業をを広げていく

っていうことをやってます

でも一つただよちの農家

さんは結構投資をするんですが

それは価格を決めて決めるので

契約栽培をするので

頑張ればいくら収入があるか

この秋にいくら入金があるかわかるので

都市計画が立てやすいので

比較的いろいろなの投資をしてくれている

という風にもいます

これからえっとあれですよね

金融そういうクライアントいるんですか

今マッキンゼーさんのね

そのクライアントさんに言われて

困ってんだろうなと思うんですね

高梨と関係あるとこまず

一つはオープンプラットフォームところだと思います

物流だけじゃなくて

例えばカット工場とか野菜の集荷場とか

いろんなそのサプライ

チェーンのあらゆるところで

スペースが空いてる場所が待ってる

時間が待ってるのと足りなくて

どこかやってくんないからって

探してる人は知っていう

このミスマッチが

全国的にそこトラックだけじゃなくて

起きていては

この農業のサプライチェーン

全体のuberみたいなものというの

は非常にニーズが高く

まそういうことをもらえると

誰かやってくれていいな

という風に思ってます

もう一つは

さっきはけいさんって言った話と近い

ザビッグデータは所って

例えば林檎のベストな栽培方法って

その日本全国的に治験を集めたことが

雨なんですねそこは

それぞれの地域ごとに集約されているだけ

ということなんですが

その後全国の

そういうレベルを

一箇所にまとめることができれば

つーとかに対しても競争力を持つことができる

という風に思います

はいはい日本の有機農業祭押し詰まりましたけど

そちらについてコメントでしょうか

あと私はの井上さんの花花花ですね

今のうちもベトナム

ちょっとあのちょっと入ってるんですけども

ベトナムなんかにはだいぶ入ってます

あの日本の店のお花ですけど

もうそれがスタートしたり

ベトナムでいろんな花があるんで

ベトナムのパングループだとかですね

あの辺の大手の

財閥が言えば

資金日本の農家の方のビジネスモデルに

資金供与してですね

そしてベトナムで作った花を言えば

日本ブランド日本経由で

難波牡蠣立って歩けですか

難波牡蠣さんとかが

あの北米とかには輸出するっていうような

ビジネスモデルとか

結構もうあのー起こりはじめてますだ

そういう面では

その日以内で

ベトナムとかどちらが生産コストが安い理由は

その自然にこういいものができるっていう

地帯で物を作って

その後に日本の真の付加

価値だったりするのを加えてビジネスするって

幽霊は出てきてます

晴れてますもう

一個の資金の谷原さんですか

あの話なんですけども例えばですね

その農水省なんか

もうふぁいぶって言うファンドやってるんですね

でこんなこと言っていいのかなる

うまくいってないですようまくいってない

入るんなぜかと言うと

そのままGP投資の目利きをする

あの人たちが全員銀行マンだから

あの例えばです

ね私冗談で言ってるんですけども

例えばその今GPの人たちのコストが

農水省で年間10億円かが

10億円の人件費とコストかけて工事が合計ぐらい

これ絶対ならこれをですね

我々だったら夕方ってば笑える

農業集団が利用は

何人かであればわかるんですけども

行ってあげようか

というは年間に3億で

多分家をはそのごじゅーろくでもひゃく

でもあの豊島せるようとんだから

金融機関の人たちが優れてる

投資の仕方もあるんですけど

農業はどちらかっていうと見極める

その力がないと

調子が物凄いディスクなんですよなら

そういう面ではまあうまく現実は

制度はあるんですけども

機能してないっていう気がしてます

あのいのちの花の質問に対すると

お花お花さんって子職人気質できたら

ものすごくなどが多くてですね

Vテクノロジーの話を持つ中郷

これなんか人とか本当にいるんですよね

っていうのがあってなかなかね郡よ

実はモテないと本当なのあるね

生産物によって

あともう一つは

あの子等氏によって

あのどれだけのその生産量が増えるかって

今年の感動ですね

これの篤農家さんが一生懸命やるって

言うことを真テクノジョイれたからって言って

大きく上回ることはなかなかできないわ今花

切開でただトマトだとまぁ技術を入れると

従来農業のさん倍よん

倍に倍になると当たり前なんですけども

花はなかなかそこに辿り着けなくて

ちょっとまだこれから

もうちょっと勉強してみようかな

という風に思ってるところを付け加える

例えばいるんですね

あれが面白いとベトナムの子

達結構手先器用なんですよ

だら水産物なんか今その水産の日本から寝た

送って向こうで加工して逆にしてる

この後でやってるようですね

例えば花なんかで言うと

やっぱりブリザードフラワーとか

あるじゃないですか

ああいう日本の子のデザインだったり

あいうのを立てば現地の

原料でやるって言うのは

かなり面白いかなってるの入った消した

ちょっと今の質問全体を通じて

何か高政策的な立場からもありました

けれども未だに今

お二人のようなこの取り組みの中で

私たち政治がどういうことで

取り組んでいかなければ

いけないかっていうことなんですけれど

もやはり作業がありました

中小零細の農業と言うにしていくか

という中で

前はやっぱり体が

役割を果たしてきたわけですよね

ですから先ほどはさんからお話ありましたが

例えばその研究開発機がないってのもある

みたいなところずっと

彼らが山次会が組織として今見

てきたまそういう中でますが

例えばそのままという大丈夫じゃなかったよ

今中に求めたりということしてるわけですが

もっとそういったようなことはなかなかじゃあ

今からそういう風な取り組みができてる

かって言うと

ママとまだ今ひとつだな

というところもありますからむしろ

そういったような子

皆さんのような人たちにも

洗濯物国であったり

やったりまという風に加工していけるか

ということも

考えていかなければいけないだろうな

ということを改めて感じました

tppのお時にで

あの安倍総理が正方死んで

息を呑むような田園風景を笑笑守り

ますと言ったようなことを言ったのに

あの有名なフレーズですけれども

まさにただそれが

事業としてのコマーシャルベースとして作業する

ということは

馬鹿なやっぱり無理があるとまで使え

そういったことを公式

あのしっかりと切り分けながらですね

まみなさんのようなお話をです

ねしっかりかしていかなければいけないんだ

はいあればいます

あの長時間になりましたんですけれども

あのちょっと会えて

あの議論まとめることはせずに

またあの今日のあのねた話を

ネタにして屋さんデコ継続的に

この農業について議論できたらいいな

という風に思って

ますされた