これからの「大観光時代」に向け、企業・ベンチャー・自治体はどう連携すべきか?

ではそういうことでも

データの私が代わって

お話をさせていただきたいと思います

まあ日本は人口がどんどん減ってきてるとは

こういう中にあってですね

あの昔から言っていた温泉

地がどんどん寂れてきたりとか

もしくは人がどんどんいなくなって

あの地域の素晴らしい資源

あったものもしくは商店街とくからも

人がいなくなってっていう寂しい話がある

一方で実は

そうしたところにも

新しいお客さんがいらっしゃって

そして非常に賑わっている

もしくは海外の方

最初は入ってきて

お腹がの方

増えたなあと思っていたらですね

次に行った時には

もう本当に予約が取れない

ような状況になっていて

非常にあの古き良きって思っていたものが

あのまたは活性化をしている

という状況もあるわけですね

非常に来そういった意味では

その観光人が集まるというところに

未来の可能性を感じて

いろんなチャレンジが各地域で

始まっていると思います

ちなみに私は福岡市なんですけれども

福岡市で例えば

どういう状況かっていう数字を

まず冒頭にお話をしたいともね

例えば福岡っていうのは

クルーズ船がとてもたくさん来ているんです

で一番大きいので行くと

よんせんきゅーひゃく人乗りの船がやってき

ていますおととし

一人平均じゅーまんななせんえん

使っていただきました

来る前というのは止まりません

朝着岸して夕方に出向していくんですが

その間だけでじゅーまんななせん

いち回来るのによんせんきゅーひゃく人で

今お断りしまくってるんですよね

あのなぜかと言うと同時着眼

ができないがそれで今港延伸をしました

そして今に隻同時気がもしくはアジア

最大級も使えるようになりました

に倍に出てくることができれば

か気になるわけですね

そういう状況があり

ま国際会議の開催件数も今

毎年年平均じゅーに

てんきゅーぱーせんと増えておりますそして

外国人入国者数も毎年さんじゅーさんてんいちぱーせんと

年平均で増えております

でそういう中でまあ

あの入込観光客数も増えてます

空港使う乗降客数も増えていますので

新しい路線っていうのがもう入りたい

入りたいってなくなってきてるんですね

そういう中で非常に可能性も感じ

ていま一方で

じゃあそうした市場の実際のプレイヤーは

と言いますと勉強をいらっしゃっております

jtbこれはもう

もちろん皆さんご存知のjtbですし

また遊びウノ山の山っていうのは

もうまさに地域のですね

観光型体験型のいろんな地域にも

自分たちも見落としがちなですね

炭鉱観光体験という視点から

発信をして頂いてるまた両さんはですね

レシートリップに関しては

もう中国のそれこそ旅行に関する

もう本当にもう個人のシェアをですね

非常に口を押さえていらっしゃる会社

それぞれの今見ているしてと

それからこれから

のconnected業界同士の

ベンチャーと大企業のコネクティってもあります

また新しい産業とのコネクティって

まこういうところまで

話が展開できればいいかな

という風に思っています

まずはjtb古野さんからですね

自分たちの会社の強みとか

それから今やっている言葉

こんなダイキョー教えていただけたら

と思うんですがお願いします

少々改めましてよろしくお願いいたします

あのjtb様ですね

あの1952年にまで来て

まあ今年ひゃくご年目ぐらいなんですけども

皆様方のご存知の通りのまは

旅行会社であります

でもあの元々はですね

今ちょっと話もありましたけれども

外国から

の外国人の形が船で来てで

その船で来たお客様

日本国内でどうあの子力を溶かして頂いて

外貨を獲得というですね

まぁいわゆる国策出てきた会社なんですね

私の元の名前

日本交通公社って言うんですけれども

まあもともとそういうインバウンド

オリジンの雨会社であったと

いうところです

その後安定した国内旅行需要とですね

そういうことのびゆく

海外旅行で待って話ですけども

手が伸びてきまして

その中でインバウンドが

少し置き去りになった感はあったんです

けれどもまあここへ来てもらうことに

その通りのブームですので

もちろんあの力でやっ

てる分野であります

マリオ工業と言いましても

まあ私どもの中ではですね

基本的にあの個人事業と

法人事業と分けておりましては

個人事業っていうのはご存知の通り

店頭とかあれはwebで

個人のお客様に

旅行を売るビジネスなんですけれども

私が担当しております法人

事業っていうのはですね

そういういわゆる真鯛

梅のモデルからまここ数年

しばらく手が買ってきておりましては

いわゆる大変ちょっと大丈夫だな

言い方ですけれども

まあ社会課題解決にどう取り組むかと

そこをまあお客様あるお客様の業界

そしてまぁ国策というか国ですね目指し

てる方向ありは

国が課題と思っているところにどう取り組むか

こういうところですね

できるだけビジネスにできるように

今取り組んでおります

あの経済産業省が取り組んでおられるま

未来のプロジェクトその中でじゅーいちのですね

社会課題がある

という風に言われておりますけれども

その中で我々が取り込めるですね

社会課題のためのソリューションとかありは

仕組みとかはこういうものですね

今まテクノロジーももちろん

あのくしをしながら進めてとまこういう状況

今ちょうど今お時間ありましたら

詳しく話したいと思います

よろしくお願いよろしくお願いいたします社会

課題の解決っていうような話もありました

後ほどお話伺いたいと思います

遊び山田さんですはいお願いします

まず観光テーマなんですけど

観光旅行っていう概念は大きく

いちつの分野に分かれてると思ってます

現地までの移動

そして元気で食べる食事会

そして現地で遊んで宿泊して

お土産買って帰るってこれだよね

我々が考える会

旅行観光だという風に思ってるんですが

その分野の中で現地の遊びというとこに連れ

フォーカスをして

インターネット上で現地の遊びが売り買いできる

マーケットプレイスアソビューというですね

サービスを作っているというところで

ございます我々の強みとしては

そこのおまえまず

その五つの分野で構成要素を分解して

遊びにフォーカスをしたという

目の付け所がシャープだったというのが

まず一つですね

手前味噌なんですけどね後の人ですね

まあよく作業のほにゃららってくってあるとも

フィンテックと

はヘルステックとかですね

マジでレーシックを標榜してまして

あれじゃあよかって言う産業の中で

舌テクノロジーかが非常に遅れていたと

それをですね

まIT技術の力で

どこに配送できるかというところに強い

持ってるって中松発明ですね

あとはコネクテッドインダストリーズ酒のノア

の聖子さんの話と止まりましたけれども

ママとベンチャー企業のやっぱり

優れてるところですねスピードです

圧倒的スピード早いって極端ならしい

別にあの社内で意思決定するですね

ために何かこうりんきも必要ないですし

やろうって言ったのに

すぐ動くということができるとこの

スピードなら目の付け所

トエックとえすぴーどこの三つを強みに

エコの観光産業の中で消耗してる

というところでございます

はい宜しく願います

相当福岡市に関しても

となすびさん入っていただいてですね

自分も込みながら博多まで

こんなヨット体験ができたのとか

もしくはOKも

地下革製品を作るとかいろんな子

正直自分とか

でも気づかなかったようなものを発掘して

発信をして頂いてるって言うような

ところが非常にその

それぞれの地域が持つ魅力を改めて

こうねたしていただけるとに助かっております

ございますで

量産中国はもう人口多いですから負け

とで返すねそうですねデカイですね

まああのチートリバティー会社は

まだ皆さんにも知られてないと思いますが

1999年に創業して

わずかよん年後で

アメリカで調子で今年はですね

大体買収した企業を除いて

大体時価総額はさんびゃくろく

どる前後だと思うんですが今にせん

じゅーよん年からようやくオンラインオフライン

雨で全部中国の後的に売り上げ

ナンバーワンの旅行会社になっているんですね

で我々が2000シートリップジャパンミート力

ジャパンはにせんじゅーよん年ほどですね

爆買いの直前に東京で作ってまあ

先ほど飛島村のしりとりこの音の強みは

何なんですかって聞かれたのですが

正直一番の強みはですねこの時代ですね

あのシュート力がもちろん

あの頑張っている社員が

たくさんいるんと思うんですが

まあ一番のチャンスは一番の強みを

やっぱりあのこの美しい時代だと思います

日本人の三条のよんじゅー年前と同じく

観光の大看護時代になっているんですね

中国の経済力も徐々に暫定的に伸びてきて

そして中国人もどんどんとの海外に今

中国でたいのでで海岸に行きたい

それで年間一億人

さらにこれから2億に3億人へ

出国する人数になると思いますが

この時代はですねやっぱり14億人

の市場がいるから

我々みたいな企業がやっぱり正直

何もしなくてもお客が来るから出ます嘘

こんな美しい時代がなかなかないなと思います

もちろんあの今のシートリボンが実際はですね

サイトだけではなくアプリですね

すでにさん年前から

アプリの売り上げが圧倒的に

サイトを超えて

今1日はですね

簡単に数字を出しますと

A1日のアクセス数が10億回以上

1日の売り上げはですね

携帯だけで平均ろくじゅーから70億円

会会員数はさんおく人以上です

何が美しいとか意味が分からないですけどね

本当にあのしばらくは

イノベーションいらないんじゃないかって

思うよただポリコレ時代がよかったって

言うねえITっていうような形が声だけ

まああの一般化に使えるように

中国のちょうど経済成長遅い課題

観光時代に突入しているっていう時代と

おばさんにもガッチリ掴んでいらっしゃる

ということなんですが

それぞれはそうした強みがある中

で空にはこれをコネクティットつないでいきながら

は今日もとにお話があの下で

全大会でもありました

競争する領域と

共有する領域があっていいんじゃないかな

無駄な共有するところまで

独自のリソースを待つ

気じゃないんじゃないかっていう話が

という風に思いますで遊べる

の山野さんはですね

あの自分のあの会社だけではなくって

熱意ある地方創生ベンチャー連合というですね

そういった地方の魅力を

様々なジャンルで

ベンチャーの立場からま発掘をして

地方の魅力をUPしていこう

こういう皆さん方とは

連合を組んでいましたね

どこの代表でも

あるわけですその山野さんが

実は実はっていうことはないんですけど

ベンチャーだけですと

大企業であるjtbとかとも

実はすでに連携をしている

ということなんですが

はいこれでOKという

次は支店でお話を聞いてみたいんですが

なにを隠そう今回もともと始めよういて

ないって話としては

大手とベンチャーの連携の成功事例を話し惜しい

というところで

我々にお声がけいただいた

というのが始まりだったんですけど

そこからの果てしても観光になってた

というところなんですよ

実は我々jtb三大授業しようって

資本提携関係にございまして

詩音も一部入れて頂いて

jtb様私が

お伝えするかどうかわかんないけど

ひゃく年の歴史の中で

初めてITベンチャーに出資をしたという

二大辞典になってるのは我々でございます

でなかなかですね

あのま我々としてはベンチャー企業ってですね

地域にどんどん伊玖磨特にそのまま

こうゆうかん固定オールド

エコノミーのアーマービッグマーケットに参入すると

ですね非常に怪しがられるんですよ

例えば地域に行って

私会社立ち上げたのはにじゅー

はち歳の時でございましてにじゅーはち歳会

東京ITがちゃって電話切られるみたいですね

漢字から始まるんですねなんか

すごく簡単なサービスが大きくなって

自治体とかにですね

なんか読んでいただくと

なんかちょっとこんなこんな感じで

なんかこう扱われるんですよ

ベンチャーでしょみたいな

歌って呼ぶなよって思うんですけど

そういうところは信用がないで

全てが神様がのアセットもないけど

この中で

atpさんとして資本提携させた

具体的な例で行くと何故かですね

我々がやってる授業って

旅行業旅行業法とは関係ないんですけど

自治体って誰か呼んでいただいて行くと

お前をこぎを持ってんのか

よく言われるんですよ

ちょっとチラ見持ってるんですね

必要ないですね

持ってるんですよ

持ってないけど

そういうコミュニケーションあった頃から

jtb佐渡自動車呼んで走りたいだ瞬間ですね

この印籠が目に入らぬかっていうと

勝手なるっていうそういう子

信頼力を得たというところは

まず一つを割るとせんごじゅーさんであります

あとは松本自転車

の中ですね

ももてなしが非常に優秀な方は

たくさんいらっしゃるのでは

我々が目をつけた粉遊びは

現地での遊びというとこに対しての

さまざまなソリューションをいまで

ご一緒になって提供させていただけると

そんなことを今やってます

経験し金販路そして神様特にこういった

ものがないけれども

先進性とか目の付け所

先進的なテクノロジーに行ってますけどね

そういう高強みがあるけれども

なかなかそれが受け入れてもらえないっていう

中での信頼っての非常に大きい

でもあの例えば

信頼してもらってくんだ

というところいいんですが

さっき例えば下でお

話がね前大会であったように

あくまでも俺たちがまぁjtb玉田ですね

まああのーその辺の

ちょっと面白いベンチャーがいるからというような

上から目線みたいなもの

感じたことはなかったですかそうなんですよ

あの多分馬の実は結構この話がですね

まぁ作業殺人jtbさんが

初めてのチャレンジだったのでまかない

車内ではですね

すごくいろんな五条生だったりとか

あったんだと思うんですが

実はそのまま交渉し

一緒にさせて頂いていた刑事の方々からは

全くそういうものは感じるんですね

非常に高リスペクトの音を持って

まあ我々としてはまあ

あのやっていただいたところがですね

非常に高スピードかも持って

うまく連携が住んでいた

一つの良いなんじゃないかな

と思ってますよ

さっきねえの絶対回出てきたま

そういう形で

例えば望んでいただければ

もちろん空非常にうまくいくって

ことじゃなくって綺麗なんでしょう

がそのjtbとしてはそうした窓口でね

自分たちでも

いろんな開発をしたりっていうことしてる中で

あえてこういった小ベンチャーと

組んでみようって

チャレンジをどう言う音から始めたんですか

そうでしたの

そもそものまあ考え方としましてはですね

やはりそのまあテクノロジー

とグローバルまこういう時代でですね

やり終え主義を貫くっていうのは

まああまり意味がないとか

マイコシステムどう作っていくかっていうところは

ま重要だと思っていました

ただその前提としては

やはりその全部全部じゃ

どこかに頼ってっていうことじゃなくて

まずは自分たちの

中にどんな仕組みとか

技術とかがあるのかっていうところは

やっぱりとことん突き詰めた上での

マイクシステムじゃないかなって思ってます

ってのがまオープン

イノベーションもやるんですけれど

もやり自分たちに技術のない人が

オープンイノベーションです

皆さんって言ってもですねまだ誰

も寄ってきてくれないんで

そこはしっかり自分たちでやるということで

ただまぁ今回の遊びを

さんとの端のスタートっていうのは

やはり彼らがもうすでに持っていたですね

その着地の業者

あのの皆さんの件数

それから実際のプランの件数そしてその中身

そしてその開発の

スピードはこのあたりはありjtbではですね

ま当時の判断としては無理だとつ違って

やりそして今は山野さんご自身のですね

あれこの前人格というか

その発想力と言うかはこのあたりもですね

非常に好感を持ちましては来まして

代打とはこういうことでありますでまぁ

そもそもごめんさん亡くなって

そういった今の着地商品が

我々でなかなか作れないっていうのが

相場ですねあり

旅行ってタビマエタビナカ

タビアトという言い方はするんですけど

食べなかっていうのは実際旅行中ですね

で我々のビジネスな旅前に

効力を販売して行ってらっしゃいで

終わってたんですけども

まこのテクノロジーの時代に

やはりそのデバイスがスマホになって

どんどんその旅の中で物が買われるという

旅行中にですねいいですね

その度中の商品って

レアプリ体験型なんですよね

従ってそこをスピーディーにどうエコシステム組む

かまこの発想では

もう遊びさんしかなかったということであります

とトップとそれから

大企業のコラボレーションが大事だっていうのは

前大会でも出ました

その中でコンテンツはいいと

遊びが基コンテンツワインだと

ただまださっき言ってんだ

tabスピード感とか毎日決定のですからば

そのま物事の

進め方にしてもやっぱりスタート

それからjtbで最も大きな組織になると

ただ色んな部分で違いがあったと思うんです

がそこにハードルって言うとか

実際にコンテンツはいいんだけど

やってく進め方とか

こういうもの肉を何かひっかかったてん

そしてそれをどう乗り越えたかって

いう間経験があったら

共有して欲しいんですが

何かご不明な点ございます

確かにめっちゃめっちゃ初めはありましたね

その理解ができなかったんですよ

どういう動画まああのなんでしょ

当然その意思決定のプロセスは当然

大手企業の方ではあるがられるわけで

で県東濃その担当

領域もいっぱいあるんですよね

まけいじのかだんだんて領域があると

我々って結構自分たちの中では

香ユーザー目線でマーケットを捉えているんで

プロダクト目線で負け

と捉えるわけではないんですねって

そうなってくると

gtp側からすると

プロダクトが分かれている意思決定に

なると戦に巻き込まれたといけないと

中でもいっての意思決定のプロセスとは

会社としては大きな決断になるたりすると

当然その理解も含めて利害関係者の調整もある

ということは

初めは逆に全くよくわかんなかったんですよ

だってベンチャーって本当に今

経営者がやれっ

て言ったらやるって言う感じじゃないですか

なのでそれ自体が理解が出来なかったので

何がそんなにスタックしてるんだろうっていう

とこがわかんなかったっていうところが課題とし

頭あったなとたらそれはですね

ある一方で代金は寒川に待って

なんでこいつこんなに焦ってん

だみたいななんか決めろ決めろで

何なんだみたいなところだが

あったんだろうと思っていて

そういうところは

お互いの相互

理解をしっかりリスペクトを前提とした

日でしていくことによって

ほら解決して言ったっていうのがまあ

課題認識と成功する年だったかな

という風に

思ってます根気力と

またあのその人の人格っていうの

好きだからかかってくるかもしれないんです

がそういう部分って行くと

外の最初から

お互いリスペクトでスタートできた

とかいうところが非常に良かったのかなと

思ってjtb加賀から見て

そのベンチャーと組む時の課題点

っていうか実際進める上での発見と

乗り越え方ってどうだったんですか

そういうあのーやはりあのjtb自体もですね

例えばまあ尻取りプサンのようなあの家とか

あるいはシェアリングもまあいいやびさんも

おばさんも全部草野

我々の既存のビジネスのあれば

ビジネストラベルの中でも

出張者がもうオーバー使う時代になってますから

かなりその我々がずっとひゃく

年やってきた

ビジネスがあのまこのiotっていうか

まぁ500億がもうね

インターネット繋がる時代なので

あのここをどう取り組んでいくかっていうのは

極めて重要な課題であって

その中ででもまあいわゆる

マイイノベーションのジレンマと言うか

ずっと自分たちの授業をしっかりやりた

お客様にもいいサービス提供したい

もっと価値を高めたいというところと

新しいイノベーションとのはその前迫ですね

よめ苦しんでいたところは

でも遊びをさんとの出会いによってですね

やはりそのまま

ベンチャーが何を考え

何もチャレンジしっていうところの

そのスピード感とか

まあの決定のその強い意志とか

その辺りっていうのはあり

かなりの意識を変えるチャンスになった

というふうには思いますし

今ミーティングもマテーレでやってますけれども

我々の法人事業それからまあ

もちろんweb販売旅行商品菅福利厚生事業

その他ファンジャパンという間

アジアへのデジタル

マーケティングの会社もあるんですけども

まそういったところと

もうじゅー人ぐらいですかね

あの体でミーティングやってますけども

やっぱりそれぞれが十三から得るもの

というのはあると思います

あのまぁ実際に

観光客の数は今どんどん増えていまし

海外からいらっしゃる方も非常に増えています

でいい込みの数が増えてくると

ま福岡市も今はろくてんよんぱーせんとを

年平均で観光

消費額が増えてきているわけですね

平成27年が

ちょっとまだ最新そこまでしかないこれ

がおよそ4000億円くらいなんですね

福岡してこれから2020年まで向けて

さんぜんまん人というですね

目標達成に向けてさ

どういうことをこれからしていくかっていう

テーマで次は考えてみたいんですけども

どういう例えば中国のお客さんとかですね

これからそういう課題

観光時代がやってくる中で

日本にどう取り組んでいけばいいのかとか

物が見えてます視界にはまずですね

あの皆さんと共有したいのは

えあの子のインバウンドですね

爆買いだけじゃなく

淫乱とは言いたい

日本の中でどこまで行けるなのか

でも皆さん看護師もできるだろう

と思うんですが

そこはぜひ共有したいんですが

簡単に申し上げますと

日本の人口数年間に入ってくる外国人が

日本の人口数超える時代が時間の問題だけです

まず走行を必ずですよひゃくぱーせんとですよ

まあ我々社内の分析によるとね

はっきりの時間帯も言えるんですが

あとさん

じゅー年からよんじゅー年の間

外国人が日本にやってくる人々の数が

日本人の国民の人数を超えるんです

さんぜんまんよんせんだけじゃないんですよね

さすがはいはいいいですか必ずですね

はるとくん時代になるからだから

そこをまずですね

意識をしてでこれから日本をどうすれ

ばいいなのかって考えていくのは僕

非常にポイントではないかと思うんですね

まずですねえそこから想像してみたらねえ

外国人の人数が

年間人数が日本人の

国民の人数を超える時点で

全ての商売が変わっていくで

つまり今まで日本人のために作ったシステム

考え方販売の

仕方でその時点から変わるんですよ

変えざるを得ないんですで

全ての会社の販売相手が

日本人が一番じゃなくなるんです

だからこの国が

これがこれから変わっていくと信じてます

でもちろんこれからね

我々がやらざるを得ないことがたくさんある

と思うんですが私は日本で

18年19年目に入るんですが

唯一の仕事はインバウンドなんですよ

でずっと日本のためにがんばってます

まあそういう意味でね

日本の足りないところも

逆に今日の美しい日本を言う

時間帯じゃないと思うんですが

まだ人バンド付

さらにメインバンドのためにの課題

でもねあの

皆さんと共有したいんだよひとつだけよ

あの言いたいのは

私も昔もjtb約ろくフンカンぐらい働いて

そして国と一緒にね

ゲーム中央とか官公庁とか

一緒に中国で仕事も行ってたのですけれども

まずですね私が言いたいのは

日本人はですね

日本は観光資源から言うと非常

に豊富な国なんですよ

素材も非常に豊富ですね

紫陽花はしりとり星じゃないで

我々が世界ひゃくごじゅーカ国一番ふさわしい

韓国に行って何キングを作ったんですが

知らないでも

それが市場を判断するために作ったので

西日本はですね圧倒的にナンバーワンです

テニスはデータ

からどれだけ素晴らしくにいっていうのは

まあまずそれがもう

決まっていることだと思うんですね

ただあんまりにも宣伝が下手なんで

日本人はですね

あのーなんでも持っているんだけど

何でも持ってないように見せて

これがある国と真逆ですね

まあそれが非常にね僕は

心配してたんですけれど

またて昔じゃないよと

一緒に集合との旅行博覧会を参加した時に

1番たくさんのブースは日本ブスなんでしょう

隣りのベトナムとフィリピンにも負けてる

何故かっていう

あのそこまで派手に出せないなのかっていう

宣伝する時にせめてね転教室による必要

がないと思うんで

例えば九州&こ去年ですね

住所の間このイベント参加したんですが

皆さんの考え方はですね

あんまりにも平和すぎてね

平均すぎて鹿児島と福岡ねじゃあねんけど

やりましょうみたいな

毎回何気ないけど

なんか皆さん友達にとって一緒に撮ろうよ

みたいなそういう

じゃないんですよ

まず福岡福岡そこは有名になったら

九州全体が売り上げになるんですよ

今日のことを別にしてないんですよ

あのうまくやってたからね

一つの礼を申し上げたのは

自己主張する時に

どこにも国民の税金で予選を作ったんだから

効率よく使った方がいいと

思うんですよ

で宣伝はね甘くすると効率が良くなるんです

ジャージで実例を一つだけ言いますと

日本人はですね

宣伝する時によく使う言葉は

九州東北関西まずですね

そこからやめてください

外国人の立場だって考えてみましょうよ

で急所はなんなんなの感染は

何なんですか

でインターネットで調べたら

お花の花立つんですよ

待ちだと思ったら

車でか一時期が出てくるんですよ

でもいかなくなるんですよ

で皆さんでアメリカへ行くときに

あのニューヨーク行きます

ワシントン行きますって言うでしょ

なぜ日本になる時に関西になったんですか

だからそこ

はですね外国人が混乱しちゃうんですよ

で宣伝そこに顔せっかくお金使って

宣伝する時に急所に来てくださいね

監査に来てくださいよ

東北に来てくださいねっていうのは

佐久郡繋いだの言い方なんですよ

で東京東京福岡

福岡鹿児島鹿児島

でそこだけで宣伝すればいいんです

よで創生だけまず一からやりましょうか

はい分かりましたじゃあ一から頑張ります

でもね今立場お話があったこと

実は真逆のことを

実は自治体は考えていたわけですね

真逆の事は

最近tmoと言うな言葉もありますけれども

要するに確かにおっしゃる通りで

何て言うのから

DM送ってもほとんどがですね

例えば九州の九州観光推進機構とか

まろ各地方で色々と例えば

あのたくけんが参加をして

みんなとレース参加をして

でも経てば

これは四十路妻のビッグデータとかに基づいて

戦略的にもうエビデンスに基づいて分析をして

ということではなくって

単純にプロモーション活動してるって

一緒にしてるって言うだけで

妹言ってるような

内容的には全然まだ伴ってもないんですね

ただ一方で自分達も海外に行く時に

その例えばせっかくヨーロッパに行くんであれば

人としだけではなくて

いろんな年をちょっとずつおいしいとこ取りを

していきたい

という考え方ではないかったから

東京オリンピックパラリンピック

ラグビーのワールドカップとか

いろんなこういったイベントに合わせて

いろんな都市を周遊してもらえるような

ルート開発をしよう

という風に思っていたので

だからあのいろんな都市と一緒に行った方が

いいん

じゃないかっていうのは

考え方だったんですが

そうではないというようなま

ご指摘もありました

その辺はじゃあ後故郷を考えたりしてます

地方創生はまあ

他のやり地域型のことだと思うんですね

出てその地域型を今からこのDMをであろう

dmmも高域と中域と

あるいはピンポイントとまはさん種類あります

けれどもやりインバウンドのお客様に対して

その長期だの

対流をしてもらうっていうことから

行くとは来週

夕方っていうことは非常に重要になってきて

その時にまいまの両さんの話は

非常に面白かったんですけれども

その周遊の

ルートをイメージしてもらうっていう意味

ではあの広域っていうのは

まあ私はありじゃないかなって

いうふうに思うんですよね

あのまあ今ご存知の通りひゃくよん

じゅーごのあの日は

ldmをの日本の日本人版dmoですね

こうほう法人があってて

間にひゃくぐらいに最後

2020年には絞られるわけですけれども

やりそのDMを自体がですね

ドアの形容詞低下

これあの日本版っていうぐらいですので

海外に成功事例があってご存じており

バルセロナとかナパバレーとかハワイとか

そういうところがまあ

DM落としてしっかりお金儲けをして

旅行業やっ

てるとこもあるし広告業やってるとこあるよ

bid何かでこう宿泊税

何個取ってしっかり財源も確保して

そして人材もキープして

そして何よりも評価制度ですね

roiをしっかりやって

そのdmoとして機能して

そのことによって

日本国は特に

町行きはどんどんこれから弱っていく

と人口が減っていく中で

割っていくという中ではですね

あのDMがしっかりお金儲けをする

それに対して

作業の社会課題っていう話になりますが

あの宣伝僕なりますけど

jtbがしっかり今

かなりのdmo法事にしともだしていますし

あの遊びをさんといっしょにつくった

エリアゲートっていう確実だ

いなりdmoのサイトにですね

あの宣伝もそれから

集客も予約も出来る機能ですけれど

そして先ほどの仕組み様ですね

いろいろはめ込んでいくと

まこういうことで

応援してきたように思ってます

あの広域連携の仕組みは必要なんですね

先ほどのあの長期滞在

大龍っていうか手で設定してよなんですけど

プロモーションっていう観点での広域

プロモーションいらないんだっていう話だ

と思うんですよ

誰でもの仕組み自体は悪くない

自分たちでちゃんと自立可能な

観光携帯を作ってこと言うのはいいんですけど

そのためにプロモーションとして

例えば日本でよからなので

先ほどの話あの赤信号皆で渡れば怖くない

的なこうのリアップあるんですよね

とかもみんな公平に仲良く横並びに行きましょう

とそれだと多分プロもしもし刺さらないのでん

奈良市福岡と佐賀福岡

佐賀と書いて言われても

福岡だけ言ってくれれば福岡いいかも

しれないとは効率的な考え方ですよ

これは食べるか探してほしいんですけど

あの福岡佐賀でも福岡をちゃんと知る点滴プロモーション

白坂にも流れるかもしれないっていう意見を

食べ広域でどこか集中

ピンポイントで当てられるようにすれば

効率がいいんじゃないかと話したと思い

ますねおそらく仕組みは必要で

プロモーションの仕方としては

一つに絞っていく

みたいことが重要なんじゃないか

ということだと思います

あと5日の放送

地域のプロモーションってのもあるんですけども

最近のそのままインターネットも含めて

外国人のかたもどんどん情報取ってます

のでは旅行自体が非日常と

こう言われてきたわけですけれども

最近はその地元住民の日常

知りたがるっていう傾向がいっぱいありますので

どちらかというと

そのまま地域のプロモーションをしっかりやると

ともに日本っていうのは

こういう文化があって

こういう景観にも意味があっ

てでこういう例えばまあ

ユニークベニューなんかもまあ

お金を生む文化財と言われてますけれども

まあそういうその日本独特のものですねや

リコ発信していくプロモーションっていうのも

まあこれから行こうじゃないかなって思います

あのエリアもまあやればいいんですけど

とてそれで

またコネクティッドインダストリーという

とこに戻るんですけども

そういう中で

まそういった資源がある中でですね

これを活用して

さらに新しい産業との連携とか

こういうチャレンジっていうことも

まこれからあると思うんですけれども

自分の山jtbとしては

とても新しいこの今持っ

てるリソースを活かした新しいチャレンジとか

これから見ている未来って

どういうものこれになってます

あの坂戸の遊びを

さんとの話もあるんですけども

気付かせて頂いた我々だけのビジネスモデルで

なかなかこのiot時代

生きていけないっていうことで

まちょうほうどう取るの

名無しの中であり

今corporateventure_capitalをたくさん

まこちゃんクロヴィスさんもそうですし

まあ大きいところです

とgoogleベンチャーズとか要するに

あのファーストロックで

しっかりお金を貼って行って

ベンチャースタートアップ段階でですね

えっていうところあると思うんで

我々は今ここではないですよ

グローバルブレインっていうところと

組んでいまして

グローバルブレインの米原コーポレート

ベンチャーキャピタルのようなところにですね

今お金をして週にに回ですね

とイスラエルとそれが韓国シリコンバレー

もちろん日本国内では情報とっています

でその

担当者置いています

そして月に1回ですね

えっとま役員私も含めてさん人ですね

まあ目利き力あるかどうか別として

コピペを張って言ってると

まこういう感じなんですけどもあり

その中でその観光ict

それからまあ地域包括ケア

何かもこれナノテクノロジー

非常に重要になっ

てきますけれどもそれからまあ農業ですね

特に農業なんかもまあ

あのテクノロジーこれから

どんどん重要になってきますけども

こういった分野でのまあ

新しい取り組みを観光という切り口ですね

あの社会課題解決措置解決していくと

まそういうところにも取り組んでおります

まさにこういう

そのベンチャーの新しい取り組みっていうのはね

あの多分山さんも

周辺でチャレンジャーいっぱいしてると

思うんですが

最近の今ヤマトさんのあの気色として

どういう別な画家

面白いチャレンジ浴をされてるかって

いうのことも教えて欲しいんですが

そうですねまああのさけどローマ字

いたらちょっと簡単にご紹介いただきましたが

あの熱意ある地方創生

ベンチャー連合ってのやってまして

これはまあ基本的には全日本って

労働生産性が低いと

一人当たりの生産性が非常に低いと

oecd加盟国さん

じゅーにカ国の中でじゅー

はち番目ぐらいなんですねアメリカを

ひゃくとするとろくじゅーよんぐらいしかなくて

ささんじゅーろくまでの遅れてるって

言うような状況なんですよ

ここに伸びしろがある

という風に思っていて

先の通信のほにゃららテック

みたいなところがですね

すごく重要になっていると

何でも既存のアセットを活用した上で

texをどう活用するかっていうところに

未だまだ日本の伸びしろがある

という風に思っていて

そこを実現するために

その熱意ある地方創生

ベンチャー連合って言うのよ

例えばまあシェアリングエコノミーの話しても

そうなんですけど

まぁあのスペースマーケット

みたいなところが入ってます

がやっぱり牧村の人口が減ってきて

まぁ地域の公民館

使われなくなっちゃったんだけど

格安でまぁこれを貸すことによって

少しでも自主財源を獲得しよう

みたいな取り組みが

これから自由になって行ったりですとか

あとはまぁ本当にもこれだけ個人のですね

あのまなんでしょ

で思考の自由がある時代ですから

まあ東京で働くとはかっこいいというよりも

まあどうライフスタイルを豊かに来てってことは

かっこよくなってきつつある

時代にあると思うんですけど

場所にとらわれない働き方でマイン

誰とはこれだけ発達してるんで

インターネット上でどれどう

いう仕事を得ようかと

今のところで回らんすという

会社がクラウドソーシングで

インターネット上で仕事の受発注を実現して

好きな島に住むおとか

好きな場所に住む女のことやっていて

それも結構の力で解決しようという

こういうところですね

まこれからどんどん加速していき

ますし注目すべきポイントなんじゃないかな

と言うのスペースマーケットさんもその夜

そのなんていうか

あの場所これまで

こんなところが

勝ちになると思っていなかった場所というところ

まあ勝ちにしていただいて

そしてこれがまた

ユニークベニュー等で活用されるって

言うなあの子で

も実際出来てきていますし

またあの福岡市も経てば

トークを使ってですね

あの商店街の中での

アイスの会場としての開催とかですね

まゆベルト道路を使ってるファッションショーたら

そういうような形で真新しい

その地域の魅力づくり

ってことにも取り組んでいます

では会場の

みなさんからですね

残りにじゅっぷんからですので

お話をお伺いと言うかも

質問をお伺いをしながら

そのやり取りの中では

今日のテーマ出る新たな時代の観光ビジネス

地域の魅力を発掘

発信いうとこでしていきたいんですけども

どうぞ会場の皆様からになります

はいいちにー

さんでお願いします

あの8度んあれだいました

あの株式会社うねりのうちやまと申します

あの家はですね

日本ジュニアのiotセンサーをばらまいてまして

あのコカコーラウエストさんですね

儲けまして今福岡と東京に一番強い家先生

一番持っていまして

あのいろいろ話しいただいてん

ですがその中で

情報配信とま観光と育つやってます

で観光で特に今私が勅命してることは

この一番庫iotセンサー使って

ビッグデータを分析していると

一番いいのはここ

明日はこっち入ってるような家と

かていうのは非常によくわかるんですね

だから企業グループを超えて

状態を超えて

今こっちに昼食を

家に送ったら

いいじゃないかっていう点をするんですけど

大概ですねこれやるとすると

嫌だって言うんですね

大手企業グループ違うじゃんとか

この家のメリットなんだ後で

結果的にそのユーザー視点が失われて

しまうってことが急におんじゃ

ないかなって思っていますが

なんかその辺りをですね

うまく解決してるような

何かお話とかヒントとかありましたら

あのさようです

幼稚園しますリミックスの富永と申します

ちょっと先ほどの

お話と似てるところがあるんですけれども

私はまあまあのもともと音楽をやってまし

てあの音楽って言うと

コネクテッドインダストリーじゃないですけど

得意分野でそれぞれ

ジャンルも楽器も違いますので

それをグルーピングするの

当たり前の状況であったので

それをまあ起業して

今のおかしいとかが主なんですけど

企画してま言えばアパレルさんでたりとか

美術館に売っ

たりする製品の企画から商品化までして

それもコネクテッドインダストリーをも当たり前に

あの世に行ってるんですけど

まそん中で私

あの言いようのメンバーっていうあのでしても

海外から来るのメンバーをですね

年間は家族も含めたら数百人

一緒にご飯食べてるんですよ見てた

メンバーがこれって凄いから

なんかインバウンド

ビジネス協議会で話してくれって言われて

私別にインバウンドビジネス

やってるわけじゃないけど

そんな人おれへんでって言われたんですね

この度その福岡で

そのイーヨーのイベントをするっていうことで

福岡市役所とかにもあの協力

いただいてるんですけど

その時に思ったのはすぐ福岡市

すごいなと思ったのは

そういう風にすごいいろんなリソースとか

ここで使ったらっていうのを言ったら

こう的な手段があるところの素敵な

あのプライベートの施設をやると

宣伝と取られかねないようなことを

書かにやられ

てることってすばらしいなと思ったよねね

ただいま私もなんかそういう企画やなので

なんかホテル行って

ホテルの売店さんに個人的に入って

JRさんとか言ったら

なんかすごい日本でにのそのあれですね

国際国際海洋されてるんですけれども

それのなんかいろいろハイサイをし

てるけどその木と人について次にやる

なんて言うかな

アプローチをしてないとか

マジガールさんのお土産物屋さんも

そういう国際会議と組みたいとか

そういうの言われたんで

まそれやったらなんか一緒にやりませんか

みたいな話してたんですね

言ったらまあ音楽で入ったら

今お話聞きながらキャスティングっていうかま

そういうの演技とかでもだよ

キャストするっていう

その企業と企業先のほどの話なんですけど

客観的に見て

お客さんに向けていいようなことだから

友達の会社だから使うとかじゃなくて

客観的に見るようなポジションの場所

ができればすごく面白いんじゃないかなと

なんかがそうだと思うんですけれども

そういうのができたらどうかな

と思ったんですけどすいません

仕事ありがとうございます

じゃあへのストレスの万能でございます

ネイルサロンをなな店舗展開しております

りょうさんの日本の人口を超える

あの観光客が来るっての

ほっとめからうろこのイメージなんですね

私運動桃インバウンドすごく増えてるんですけど

なかなか現場では

もっとそのインバウトを増やして

こっていう試みをしないっていうか

ちょっと抵抗があるって言うか

それ日本人の受け入れ側の

メンタリティっていうか

その辺をどう変えていけばいいか

パリ日本出かけられたそのしげの中で

観光業ってのも明らかに

これからの時代を背負うと思うので

そこをアドバイスかご質問あります

非常に良い質問だと思いますね実際はですね

あの今こういうの課題が多分

あらゆるところが存在してあると

思うんですが

例の中国人のインバウンドはですね

もちろん中国人だけではなく

あのアジアインバウンド

欧米のインバンドまずですね

神戸のインバウンドとあったの

アジアのインバウンドが出ない

徹底的に違う存在もあると思うんですが

定番の旅行のスタイルが全然違うし

消費するの

ポイントも全然違うと思うんですが

でアジアの人に対してですね

あのどうしてもですね

日本人の現場にいる日本人達が

どうしてもまだ抵抗感があるんですよ

私もこの仕事じゅー

年以上がやってたんですがえ最初はですね

非常に抵抗されましたので

温泉を中国のお客

さん温泉連れて行っても

正直マナーが悪いとか

うるさいとか出て行けとか

そういう本当にもう毎日

あのような事なんですね

で銀座で歩いても声が大きいから

そういう注意されるというケースも

もう僕にひゃく回以上があったのですよで

ただあのこの国が必ずですねあの

日本人名さんだけではなく

外国人水になるだろって言わ私

最初から信じたんですよでいくらでね

あのなれなくても

お金が使うことが日本でね

悪い悪い人にならないだろう

そういう考え方では

絶対あの時間を経て

理解してくれるだろうっていう

そういう考え方でただインフラ整備

ねこれがいろんな意味のインフラ整備

どういう人材を育てていく

っていうインフラ整備もあると思うんですが

外国に対する理解理解理解力が

非常に大事だと思うんですよ

でかい国も勉強するだけではなく

周りが外国人の留学生がやってくる

事ってだけではなくて日本はグローバル

化時代にするの

リーダーとして

7走っていくという意識が

非常に私が普通の社員でもね

あの持つべきだと思うんですよ

で正確に世界に

番目の経済力を持っていてでこんなにね

教育力の高い国なのに

なぜか外国人に対する目線がまだ変なところ

があるって言うところ

非常に残念だと思うので

ただ社員に対する教育はですね

あのご回する誤解されるって言うのは

私があのどうでもいいと思うんですよで

人間自体が誤解されるものだと思うのでね

ただ自分の努力が必要ですね

我々がもちろんあやのインフラ整備として

お客さんを送る立場

としてて逆に

日本側の受け取る側に対しても

我々が毎日を理解を深めていこうっていう

実際は知らない

でもそういっつも

そういう話題をしているので当然ですね

誤解されても怖くないんですよね

ただあの一緒に

良いビジネスモデルを作っていくことが

非常に大事だと思う

のでお客さんが考え歓迎される

っていうのは非常にポイントだと思うので

それが売上げと絶対つながっていくんですね

歓迎されてないか歓迎されてるなのか

財布からいくら出してのは決まっているんでしょ

だからそこがあのーまぁあの現場にいる人々

もちろん日本人社員中心

としてねで

そこがやっぱりやっぱり外国人文化

外国人のメスの建物を考えることが

非常に大事だと思うんですよ

もちろんそれが時間が必要です

あの時間が解決っててんで行くとですね

随分ただあの最近は海外の方増えてますが

同時にfitを中心にマナーとか

こういうものが旦那

フィットしてきたなっていうところがあって

あるクレーンも相当変わって

それはもう旅行

何する人が

ずいぶん増えてきてるって言う

とこもあるのかなっていうのと

もう一点経てば

実態としては

あのよつにクレームが多くなるのは

一箇所に集中していらっしゃると

やっぱりクレーム

になってくるんですね

ですから今それを分散化するって言うな

ことしてるんですね

例えばクルーズで行くと

あのよんせんきゅーひゃく人が一箇所に

ということですね

ありとあらゆるホテルであろうが

空の食事する場所で大渋滞

それからドラッグストアに入っても

日本のお客さんが買え

ないってことになってしまうので

今それをあの分散化して

色んな所に行くように

そしてそれをコントロールするために

今バスにですね

嘘つけないようにgpsのせてるんですよね

でgpsで全部その見ていてであの例えば

違法駐車とか

こういうようなことができないような

仕組みっていうこともして

できるだけその地域中華の人と

それからよそからやってくる

お客さんの摩擦が少なくなるように

工夫はしています

さて最初の質問でビッグデータの解析ですね

企業グループ間で

データの連携がなかなかできにくいんじゃないかって

話があったんですこれに

関してははいどうぞえーと

個僕も考えたんですけど

難しいなんですかのGわんの精子で

批判より提案っていう考え方があるんで

難しいいって嫌になっちゃうかなと思ったら

提案を考えました

と今リーサスとかあの負け

参照があの日くれた解析してとか

熊自治体に配って

ですね今出た活用して

データトリムでちゃんと話を曲げて考えましょう

ともやってますが

まあリーサス自体はですね

どうこうっていうのは

なかなか実写化に

地域がに使いこなせる

スキルがないっていうのが

ちょっと気になってたと思うんですが

一歩で古民家のデータ活用って

いうのって結構難しいなと思っていて

究極ゆうとの日

ヤフーさんとまあまあ優しいしてもいいですけど

googleさんがしっかりと出たかいてして

まくりにちゃんとお参りしましょうって

話になってくると思うんですけど

そこの前やっぱり

資本主義経済の中での民間の立ち位置

っていうのがま当然

その寺社に優位性を持ち

たいっていう思想から来ているって

言う時点で竹子難しいなと思うんですが

何で解決策としては

誰かがやっぱ坂本龍馬になるって言うのが大事

なんだろうなってもんです

それは多分工場がやった方がいい

と思うよねやっぱり

ここ厳正なる国が

ちゃんとその有益性をしっかりと言って

国と白のリーダーシップを持って

全体で受入れ及びデータ活用中の司会

やっていきましょうという方針を決める

そういう意味では

子猫インダストリーズという

代表団の雅子さんの概念から

各省庁に落ちていってそれはこういう

データの活用も含めた観光産業の活性で

とも繋がっていくという風に思いますので

はそういうこうやっぱり畑でがですね

公共性があるところが

やるって言うのが結構重要なんじゃないかな

と私は思いました

なんかさあ官公庁って

国交省に会っていいのかね

ダメだと思い

ますだいたいさりんか浣腸じゃん

許認可官庁だからさ

そのよってにっこり笑ってようこそ

っていうのがちょっと違うんですよね

役割といいですか

性に合った声が小さいと話がいますけど

あのそれがちなみに言うと

以前jtbグループとかとも一緒に

あのWI-FI家福岡シティWI-FIって

いうの置いてるんで

そこを通過した人の色々なデータとかで

そのどういうルート

どうせを通ってるんだって

飲みるって事やったんですけど

今年です今年からですね

ローラーはんって言うiotの電波をキャッチする

その仕組みを福岡市内全域

キャッチできるようなのを自治体として

やるんでそうすると多分実際がやる

中でも多分日本で一番広いレベル

福岡市全域をカバーできる

そういうそのらはネットワーク作るので

そうするとiotとを使ってですね

行きたいですねうん

そうするとこれはどの事業者もどうぞ

使っていいですよっていう形にするので

その導線

とは今おっしゃったような

データっていうのは

あのもひろか

広域にわたって全部網羅できるって言う形になる

んでそういう環境が

実際としてもやっていきたいと思うんで

是非片付けたせんななひゃく

いち歳のトップが

全て高島さんぐらいオープンフラットになるが

いいですよね

難しいですか

ママは忙しいんで

なかなかそうそういそいただただ

あの先進事例っていうか

うまくいったら

みんなコピペしてくれたらいいだけの話

なんでだから

こういうチャレンジはどんどんまあ

福岡とかでもやっていきながら良い事例は

誰としてか

どんどん真似すればいいのかなっ

てそれによって

例えばiotのチャレンジャーとか

こういうチャレンジング人材が福岡としては合格

アイコムっていうのが

うちにとって強み

なんでもうちは先進的なんであるし

良かったらまたチューして頂ければ

それからせっかく来てくれたかたに

いかにお金を使っていただくかって

いう部分はさっきのそのいかに

高感度とかですね

というところも非常に大きいいっていうことと

もう一つがせっかく来た人たちと

地元のビジネスが具体的な連携を通していく

買ってくだと思うね

ちなみに福岡は

野崎持ち上げていただいたんですが

そこで今東京都に次ぐに番目

なんですよ

maisto開催件数がでこの皆さん

せっかく来てるのに

地域の人は今日どんな人が実は来ていて

どういう何人ぐらいの人が

どういうそれから

指向性を持っていたいるのかって言ってた

わかんないですよね

それでミーティングプレイス

福岡っていうのを作ってそこで

マイスの誘致に関してですね

いう力の遅い

分析っていうところまでを

一括でする場所を作って

そこと地元の企業

民間大臣つなげていこう

というような取り組みをしようということ

その組織を作ったところなんで

具体的にそのせっかく来た人材をの

もちろん移動して食べて買って

買えいくってだけじゃなくて

プラスアルファのビジネスの喪失ってところまで

つなげて行きたいってチャレンジはですね

これは押して行こうかな

という風に思っています

他に何かその部分に関して

何かアフロさんとかも枚数ですね

あの枚数の紅葉っていうのは

例えばあのアイスでき

た人が次家族連れて来るって

二度来るとかですね

あるいはそのその地域では

洞爺湖サミットで洞爺湖

誰も知らなかった人が

世界中で有名になるとか

あるいはその地域自体がですねあり

インフラも整備されるし

ホスピタリティも上がるし

ユニークベニューもまあ有名になるし

ということ

であのさせても

環境自体のテーマってのも

最近の枚数で多いので

やり環境に対する地元意識も高まってる

以上には紅葉が高いって言われています

また今日も世界さん位

目指すっていう話になってますけど

よん位を目指されると思うんですけど

あのやり枚数のこうのとねあの

非常に重要だなと思ってます

残りごふんです

あといちまん日一文行って後一言ずつだよね

ホテルのプロデューサーのホテル

スパの運営をしております

ウェルネスアリーナの梶川と申します

あの今お話ネタ

洞爺湖サミットの舞台となった

ホテルの再生も関与致しました

あのそれなりに

九州とか他すること

急所とか北海道とか

いろんなホテルに携わって来てるんですけれども

先ほど7両さんのお話で

国民の数をおそらく

観光客が肥える時期が来るであろうとね

それは非常に心強いお話なんですけれども

一方でこれだけ数が増えていても

観光業に携わっている

人たちの生活レベルが上がっているか

と言うとは必ずしもそうではない

現実もございますね

そういった中で

まず両来ていただく観光と

それから質を上げていくっていうことが多分

セットにならないと

おそらく国の産業として発言力がある

大きなビジネスなかなか確立しにくいのか

なとりょうさんは

いろんなあの韓国ご覧になっていて

その日本がこれからその観光立国となって

まさに地域の魅力を発掘していく中でですね

あの質を高める視点で

何かこのポイントをあの強化する

というのではないか

というふうに

お感じになられてるところが

ございましたら

是非お願い致します

観光のお客さん増えていても

実際に立てるそれがまず

具体的に賃金に繋がってないとかですね

というところがあるはいなるほど

これはあのこれはあの悪いの会社も非常にまあ

今の韓国上達サラダでした

テーマでして

なかなか旅行会社とか施設さんとかなかなか

落ちてないってのあります

であのご存知と思うんですけど

日本人のその平均年間のその消費額

ひゃくにじゅーごまんえん

これを外国人からの数で勝てたはち人で

日本人一人人口が減っても

今度はちに増やせばいいとで

これからにせんよんじゅーはち年までで

一億人来るって言わ

れた妻でにせんはっぴゃくまん人

これから日本の人口減るわけですけれども

にせんはっぴゃくまん人かけるはち人ということ

はにおく人以上の外国人を受けないといけない

で先ほどの両さんの案から行くと倍神光院

パンとこれも不可能ですので

おっしゃる通り質を上げるいうとこに

なると思って質を上げる中身はですね

まああのもちろん今

アジアの人がほとんどなんですけれどもあり

長期滞在という意味から言うと

やはり欧米人増やさないといけないっていうこと

とあとや異文化の発信て非常に重要で

例えばのひゃくまんえんの雛人形

買って帰るアメリカの日本

人古いこの人とかですね

まあ何枚もそれ江戸切子とかですね

ま南部鉄器灯油高いものを文化というのは

背景にして

しっかり理解をした上で

買っていただくっていうところも

質の向上っていうとこになるんじゃないかな

と思うんです

それとあとは夜のエンターテイメントですね

今の東京ロボット

レストランしか行くとこないって言われてます

けれどもあの手前味噌つけ

我々も今度9月から

品川であのドラムタオっていうのはの常設で

やるんですけれども

そういうあの日本の文化を

しっかりエンターテイメントにしてよる

各地域ですね

でぶっちょの非常にあの今ない

んですね夜楽しんで頂ける場所は

そういうところもありますします

先ほどおっしゃった枚数であり

そのハイエンドのリピーター

それがやりどんどんなの

質問を高めていくって

ことにつながるじゃないかなっていうに思います

ありがとうござい大きな拍手をと言ったのは

なぜかと言うとも

時間がほとんどなくなってきてるんで

最後の一言ずつにも

ほぼ近い話になったってことですね

ちなみに福岡はですね

屋台がなくなりそうだったの

屋台の基本条例を作ってんの

これで来れないとエンターテイメントじゃないかって

山野さんあの労働生産性を装い

観光業に関しても開けて

行かなくちゃいけないと

たくさん人は来てくれるけれども

何か見えてる世界が

僕らも雨らしいですけども

あの業務管理ツールですね

徹底的にいますのiotでも

あの子がに配ってあげましょう

ということやってんですが

全体的にやっぱりあのどうしてもですね

あの日本人って

こう頑張ることに人が覚えてるんですけど

家にいるアクセル音に未読覚えてもいいと思う

まこ相手が変えられるんだって思ってるんで

ま高校産業として取り組んでいくっていうの

はすごくインバウンドでも

親子来ない状況でも

重要なことだというふうに思ってます

バックの

ところは効率的に

そしてぬくもりのところに今優しそうしようね

はいはいまた大きな拍手を受けてください

ありがとうございます

遊び湯ですじゃ量産願いします

まずはよんじゅー秒でさっきも含めて

実際我々もね

多分全てのこの協会に入る人が質を高める

この国インバウンドのことは毎日

考えているんですよ

子様あとまだ

詳しい話ができると思うんですが

非常にまとめた話だと思うので

まぁこれからですね

もちろん先ポイント

すでに皆さんに共有したんですが

文化の発信宣伝することが

非常に非常に大事です

それまず一つであとはですね

皆さん参考として

フランスを研究してください

ルノーそれますという国が

なぜ国を売っているなのか

日本はフランス超えるべきなんですよ

実はただ全然全然ごじゅー

年ぐらいひゃくえんぐらいの差がある

と思うんですが

研究してくださいこれ以上です

あれ出ましたはいありがとうございました

あの時間

を考慮していただいて

あの短くまとめていただきました

けれどもこのポテンシャルと

開花させていくかっていうことで

まぁそれぞれの強みを活かしてですね

コネクテッドしながら

また皆さんの力合わせていきたいと思います

ありがとうございました