国を豊かにする観光とは何か

ございます早速行きたいと思いますが

観光立国去年とほぼにせんまん人バンド

脇田めでたいないって話なんですが

今日は最初に家の私の方で

問題提起を三つさせて頂いて

それに絡む議論をできれば

要所要所にいらっしゃる方は当然

知事でいらっしゃいました

それから沖縄の実質的

な観光走ってるって言うと失礼ですけど

よろしい官公庁そこで

国土交通省で製作をやってらっしゃる

という立場な形ですね

問題意識をどう受け止めていただいて

今起こってる事とか

これから何をしていけばいいのか

これだけの話をできだけ

皆さんと一緒に考えていきたいのでいち

じかんしかないんですけども

基本的には今日わんでもやりたいんで

是非よろしくお願いします

私に申し上げたの三つのですね

問題意識課題提起ってのは今日いらっしゃってください

韓国はC方も結構いらっしゃる

一番最初はインバウンドの人数だけ

追ってていいのかという話ですね

日本の観光消費っていうのは

2006年にピークで30兆円あったのが昨年

おそらく24兆円ぐらいです

インバウンドがどんどんどんどん伸びていても

観光消費ははちだけにしかなってないと

あちこち京都行っても

大阪行っても

出張のホテルも取れないじゃないかって

言うんですけども全国

旅館まで含めて言えば

宿泊してるところ稼働率はご割台です

そんなに埋まってないです

地方にお客さんは入ってるわけでもないし

それから金額的には減り続けてると

24兆円の家

4兆円がインバウンドで増えたことから

ビザを色々なことやってて非常に良かったし

目はできた

んですがこの延長線上には

豊かな観光括弧書きの立国はないと

観光客増えても

国の経済とか今日豊かならなかった

あまり韓国なんないですよね

で二つ目はですね

その人数をどういう風に出来れば

金額に落とし込んでいって

過去のピークは待っていくような

真似するかという

ことは当然のことながら付加価値高めて

それから平均単価の高い方たくさん招き入れてて

それから梅の器

日本からその間木の葉を輸出すると

いろんな言い方があるんですが

それやってもですね

本当に賃金と声をが良くなるんですか

って言うよあります

観光産業具体的にはですね

日本の中で1番非正規雇用率が高いです

ななじゅーごぱーせんとが

非正規全産業の倍以上です

平均賃金介護の現場と

観光の現場が一番低いです

今ものすごい人手不足が地方で起こったですね

インバウンドの方だってくると

地方については人手不足なんですよ

そんな日本全体人手不足の

中でだったら

家にあげられそうなもんなんだけど

上がってない地域です

なぜかと言うと

中小の旅館さんを中心に

これ以上賃金払ったら

自分がやっていけないから

何かおかしいんですよね

なんか仕組みおかしいと

本当は日本では製造業が同じ道を辿って

大企業だけではなくて

中小企業まで深夜上げて

いろんな形で

生産性を上げて生産されなかったら

そのうち大株主会社と従業員とで分ける

っていうゲームが数人で行ったんだけど

このゲームが全然行わない仕組みになってた

二つ目はみんなでイージーに言うと

いい声をの観光作りましょうよという話

ですねで三つ目

最初のところのある程度高いお金を払ってください

お客様にリピーターになっていただく

というのに沿っ関係するんですけど

警官です黒すごいですね

万国津梁館から外を見ると

さすがサミットをやったところで

この景観は素晴らしいと思うんですね

ただ警官は沖縄

の場合いろんな観光産業に対して努力をして

保たれての道がかなりあるんですけども

みんなそんな家行きたいです

私の仲間のヨーロッパ人とかでして

できるだけ日本へ連れてきて

地方リっていうところで送り込んだんですが

どう山代温泉ってとこがあって

そこのベニヤの会予算

って素晴らしい旅館にヨーロッパ人何組も行こう

送り込んだら腰素晴らしいと

一泊じゅーまんえんで

もう1回行きたいって言うんですが

街に散歩に行った瞬間に誰と怒る

廃墟になったホテル

はちじゅーなな連のリゾート方の時に

お金がついて取り敢えず断ったけど

うまんなくなって

潰れたものがそのまま残ってるので

さらには一応営業してるんだけども

カツカツでゴールデンウィークと

年末年始とお盆しか儲からないので

全然メンテナンスが出来なくて

そのまま残ってる旅館が山ほどあるわね

こんなとこ二度と行かないって話なので

ものすごくきれいな山に行くと

でかい看板でゴミを捨てるな

景観を守ろうとして

景観を壊してるってのことが起こると思う

これは我々は

やっぱりそのランドスケープを

どうやって守っていくのかと

この議論をしないと

継続的な観光に来てないので

一時のブームはあっても続かないとなので

のっけから偉そう

なことを申し上げましたけども

こういう議論が意外と少なくて

数増えたさんぜんまんだ

次ははっせんまんだって

言ってる場合じゃないんじゃないの

ということを

今日は問題提起とさせていただいて

是非それに対して今現場で起こってることと

これは何をやっていくかという事

を皆さんからお話をいただきながら

会場の皆さんとも読んだりしたいな

というところですね

最初になろう湯崎知事は会いたいですけども

警官という意味で考えると

そのしまなみ海道からずっと

瀬戸内たら素晴らしい景観で

先日我々もそのGわん中

四国で宮島とか江田島行かしていただい

ても得がたい体験をしたんですが

その実際に今そのひろしはないしたと

家で観光についてどんな動きが起こっていて

できてることとできたよこんなことなんだよ

少しご紹介いただいてもよろしいですか

今取り組んでますのは

その視聴レベルからてんレベル

それから攻撃で瀬戸

内なな県でせとうち観光推進機構っての

この4月1日から

まゆldm落として立ち上げるんで

あの件ではですね

私が就任してろく年ですかね

よくよく年ですかから

大々的な観光キャンペーン

初めておしい広島県キャンペーン初めてですね

あのま観光の予算を

かなり倍増ぐらいにしてで

行ってきましたね

あのまずは認知を得るって言うと

絡ま始めたんですけど

意外とこれお客さんが来て頂いて

四年間連続で

過去最高の観光客数を更新してます

市観光消費額の単価も

過去最高連続更新をしてました

待ってますんで

ということは掛け算で観光荘消費額も四

年間連続で過去最高を更新して

広島はそういう意味じゃせいこれそうですね

これは家のインバウンドも

あの国内観光客も同じようにそういう形でソフレ

何があるかというと

単純に全く観光地として

認知されてなかったのが認知され始めると

効果が必ず上がるということな

のですねスタートポイント先に惜しいぐらいで

いいものあんなに汚かったって言うと

ここから始まったんですけど

では今その時から同時に始めたんですが

私の最初の選挙の公約が

瀬戸内海の道1兆円コースを増やすと言って

あの当時からその瀬戸内の最初はですね

よん件かご件

ぐらいいって思ったんですけど

今はなな件がやってるんですが

どこも何も肺が入ってるか

瀬戸内兵庫徳島まで入ってる後四国中国ね

はいはいそれをずっと議論して賀来賢人

いろんなこの共同の授業なんかも

進めたりしてきてようやくですね

来年来年とかこの子が吹田市から瀬戸

市観光振興機構が

一般社団法人としてスタートします

んでこれ同時にですね

あの事業支援機構という風に言ってんですが

地銀ななコート政投銀が共同して

投資会社を作ってくれてですね

100億円ファンドを作って

このせとうち観光推進機構と並んで押しても

同じとこに作るんです

けど並んでですね

でかたや投資をする

というのもやることになったんですね

よしチャンスがあるから

皆さんもお金も出していいよ

でもそれをできたら共同で書類どこにあるか

そうですねやっぱりななつの剣のその前

地銀全然違うってかかって一つですけども

あの前県の

地銀が参画してるっていう事は

非常に重要だと思ってまし

それからの銀行だけじゃない

ファンド100億円のファンドには

まあいろんな事業会社も含めて

あの出身と言うか

あのLPになってもらいますのでは

色んな所巻き込んでですね方や

そのプロモーションと観光推進機構の方は

プロモーションとプロダクトのを作ってくって

いうかまぁ自分自身が作るわけないんですけど

もあのプロダクト開発をサポートして

グッという面と

それからそこでお金をつけて

それからあの子の

経営の支援をしていくっていうですね

その銀行の動きと

あのーまこれをセットで料理

に手を貸して行こう

ということをねやろうとしてとんがってるね

一つは色んな所で広域に回る

っていうことが早いので

すごく大事だという話になってるんですが

大抵ですね一緒にやると

各市町村とか

鍵が全部秒でお金はなな件あったら

1/7ずつだってあるじゃないです

かそうならないようにどうやってるんですけど

そうならないようにするためには

まずこの僕らは

この観光推進機構のヘッドは

JR西の大崎会長に行っていただくんですが

ずっとに言ったらな立場で

それからまただこれパートタイム

何で実質的に仕切ってもらうのは

村橋さんっていう

形なんですが

もしお村橋さんという人で

これはのじゃらんじゃらん

net立ち上げた人なんですね

じゃらんの初期にじゃらん事業部に入って

その後まあ者の責任者やってやらねぇ

と立ち上げた人なんですけど

これは民間の人によって

中立な人にやってもらうとそれからあの

これまでなな件で

共同で色々やってたんですが

この時やっぱり一軒一軒明日の授業ごとにですね

各県がこれ私やりますとかやりません

とかっていうような事やってたんですが

今度からはそのまず

包括的にお金を出すということと

まとめて出しなさいよですねそれからその

聞こうとしては

新しい財源をアリ

探していくっていうことですね

財源とはどういう例えばそのまいます

れた牛サポーターっていうことで

そのまま企業から出資をしてもらったりとか

あるいはまこれはこれでは

何したんですけども

将来的には

あの自分で事業をやるとかですね

まバルセロナのDMを何て言うのは

かなり持ってるんですけども

そういう形で

自主財源を持っていくということでですねえ

この独立性を作るそれから何よりも大事なのは

この機構自体がやっぱり効果があっても

一向に任せていれば結果が出ます

ということをやっぱりやらないと

いろいろこの口をやってたしたくなるんで

最終的にはですね

あのー今一対一で

この丘に対して

どれだけで痰がありますかみたいな感じ

それがこのお金は出すと

長期的に中郷西白根まこういう風なこれ

三角レッスンですが

あのそういう関係をやっぱり作って

これま起稿がの

仕事で地域全体のブランドと魅力度をあげる

っていう長期目標俺んとこの鍵が得する

これに金出すっていうのとは

彼女が一致しないのでしません

というそこをやろうということですね

もう一つは

gmoっていう言葉を清めるた覚え方

もしかこれdestinationmarketing

organization7日

destinationmanagementorganization

なのかっていう議論があって

真奈美本当あると思う

今の話だと

お金がも含めて

基本的には観光経営をしていき

そういう考えてるしその通りですね

あの韓国系をやっていく上で

マーケティング市場需要

で従来のは沖縄すごく住んでるんですけども

その従来の観光って

中に数字をベースにしたいですね

アギトの曲はどこ誰かどのそうか

今だったらどっからくるのかね

国ごとにどんな人が来るのか

なに興味があるのか

どういう風に情報を得てるのか

見たいのですねそう

いうことあまり会ってないんですよ

それを貼り新しい体制でやるって事

だからのプロダクトと言いましたけれども

この来ていただいた上で楽しんでいただく

モンドっていうの

もっともっといっぱいつくなければいけない

歯磨いていかなきゃ

それが生産性の向上だったりとか

そういうとこ

に繋がっていくわけですか

価値が上がるから

同じことを投入してもか生理じゃないかと

そうですねあのそれをやるため

それもやっぱりマーケティング必要で

例えば今設定をしだったら

アートとか宿だとかサイクリングだとか

あのいくつかテーマを設定をして

すみ音してるんです

けどもあのそのテーマごとに

民間事業者が

そういう子の新しいサービスを考えていかなきゃ

それを聞こうと

今のこの授業支援組織で

セットでまた助けていくっていうことを

やろうとしてるんですけど

なるほどその後彼の側も移ったの

一緒にあると非常に面白かったよ

次にです

ね逆に業者の立場でおらんだった

遥が痛いんですけれども今の話してください

大事なキーワードがあって

一つ目は今dmo

これもある意味鳴り物入りで

長野観光行政と違うものとして作ろう

ということがまあ

あの鑑定まで含めて

やろうじゃないかなってますが

非常に懸念さ

れてんのはてあげるんだけど

本当にその経営指導ができるとか

ちゃんとマーケティングができるのが

地域によってはですね

市町村の役所の方が若い人を出して

その人たちがやりまして言って

それで交付金くださいっていうところが

正直てないわけではないので

こういうのどう

やって良いものにしていくべきかとは

この辺も少し声が痛んだと

もう一つはいつもないんですけど

観光ちょっと開けてできんとか言っちゃう

間違ってですね

今の客さんからお話があった

観光かけるとか

観光書けるレベルの高い宿だとか

観光かけるサイクリングスポーツって

ですね官公庁等

文科省観光庁と文化庁とかいろんなしたいが

関わらないとあの規制緩和になったり

新しいサポートするしたくてできないじゃないです

かやりは軽自動車

中小企業庁がやるんだったら分かりますけど

本当に観光釣果掲示

どうして生産性上がるのが入ってます

すごく

取れたらあの子と思うんですね

したがってこのtmoというアイデアとして

面白いやつをどう生かしていくかて

それから過去帳にとらわれずに

もう少し広い満たしていて

どういう風にすれば本当にするのがこの後

現場とそれからこれから是非

何かご意見いただけないでしょうかはい

えっとまず官公庁なんですけど

これ2008年に出来ました

それまではそのまあ

国土交通省中で

細々とかんこっていうのは

担当してたんですけども

観光庁通訳昭和にせんはちに作った

ということでございます

で私観光地を作る時にまさに担当して

官公庁のソロポリシーのひと

つが他人の褌で相撲を取る

ということでございまして

結局自分達だけで日本の観光立国

何で実現できるはずならそこま違うな

というのもその官公庁の設立の理念にした

藤田観光地を作った時に

これいろんな方に

お世話になって作ったんですが

観光地教えて雨だと観光

勝利するべきだみたいな議論もございましたね

例えばその入国管理局

重法務省から切り出してきて

入国管理法も

全て観光という間で変えられるためには

ボソッとその間交渉に

そういう組織を持ってくるできない

どうもあったんですよ

これアプローチとしては

そうじゃないほうが

よかったかなはし苑霞ヶ関の津々浦々まで

それぞれのつかさ

司が観光立国という観念から

何ができるかということをやっていただく

というほうが

私はプロとしては正しいんじゃないかな

ということだと思ってます

て看護師主任が全て出来なんて

全く思っていませんで事実今

のとこに鑑定の方で

観光立国を議論するために

いろんなも乳首ができています

特にアロー第二次安倍政権になってから

この仕組みがすごくがの強化されています

で各省庁が一緒になって

艦これ工事するための政策をやっていた

いってこれはの具体的には

まさにそれ文化

政策であるとか

まちょと待って

ちょっと詳しいけどになるかもしれませんが

日本に来ていただくことの真の価値は

何かということを考えた時に

やはりその日本の文化的なその財産をですね

どうやって活用して来て

今までのその文化財行政だと

どうしてもその保存という

ところにその主眼が置かれていただけですけど

これいちゃんと手を入れてお金をかけて

これを活用して行って

生涯このお方に

日本にちゃんと言ってたために

そのおーちゃんとした

その目的をちゃんと作っていく

ということにして

同じ事は当然

その官公庁なってるちっちゃな役所

できるわけがないんですね

それ何割できてます

今はい掛け算それでまずおっしゃったとおり

非常に進んだと思うんですよ

でそもそもあの観光立国推進本部で形で

元工場だけではなくて

マカンボ具体的な鑑定に繋がっての形が入り

今度は日本の未来を支える

観光ビジョン戦略会議って

いうのは送料形は整ってきたんですけれど

もねそれこそ

あの大きい方向性が

まだインバウンドの数を増やすっていう話で

目標かそこになってると調整も

どうしてもそこになるじゃないですか

数を何とか行きましょう

今おっしゃっての付加価値た

カメラの日は入ってるんだ

けどKP家にもなりにくいし

お金が落ちてきにくいけどまあの進め方

着手吉田実行段階ひゃく点だとすると

今何割どうしようかな

空が評価は難しいと思うんですけど

今見たさんがおっしゃった点ですごく鋭くて

やはりその訪日外国人数

今昨年でいっせんきゅーひゃくななじゅーよん

まん人まで行ったら

既にせんひゃくに年前は

いつもにちょっとだったんだ

これすごい勢いで伸びてます

kpiとして

どうしてもそのインバウンドの絶対スってな

わかりやすい本ですから

これがどうしても使われがちなんですけど

でただ多くのその政策立案に関する

その関係者

たちがですね

訪日外国人数だけじゃダメだ

ということは気が付いています

で今度あの3月末にあるオールジャパンで

その政策をまとめる時にもなり

そこの喪失に重視した

あの政策という礼拝

盛り込まれたの見たささっきから

おっしゃってますけどこれぐらいあり

その観光立国の次

のステージに移っていくためには

その観光の持ってる

そのポテンシャルを

どうやってその付加価値を

日本の国内に落として行ってもらうか

その付加価値要素の観光という

その産業で成熟させて

日本の経済生に結びつけていくかという方には

まさに問われてるんだろうとそこからの

インバウンド絶対するだけでは絶対ダメで

そのまよく言われてることありますけど

その富裕層の方々にある日本に来てもらう

お金を使ってもらうですが

受け入れられる産業

ちゃんとその尿の中で育てていくつだも

絶対大事だということだと思いました

ヨーロッパの先進国先進国と

いってそれを真似しようとは思いませんけど

少なくともkpiが人数だけではなくて

金額ベースなのと

雇用のか平均賃金

ちゃんとこれを目標にしていかないと

みんな食べて良くならないですね

でもはどうですか

dmmもその最近になって

ようやく議論が進んできたんだと思っ

てこんなに関係していらっしゃったら

申し訳ないんですけど

その既存の園観光協会的なものはですね

でややもすると

その子次第の方からの

その腰掛け的な

その出向先みたいな形になってしまって

十分に機能してないとね

まさにその観光地をどのように

その戦略的にその

マーケティングしていくかって事は

問われる時代ができたので

そのための今仕組みを送りの方としても

作ってですね

蔵のDMをの一定の要件建具

専門家がいるとか

ちゃんとけいぴあ定めたですが

そういう風な

その一定の要件を満たしていたいた場合に

その理由としてその

登録をしていくという風な制度で

その国としても支援する

ということになっていました

そうすると今のは無しかかっても

方向性はどうも考える人考え始めてるんで

我々その香川からすると

正しい事やってる時に応援して

そうだといいおかしくなり

そうなったらお菓子って

言わなきゃいけないと思ってるんですね

酒の量に交付金が欲しいから

DMっていう地域もあると

その地域でそんなんじゃない

よってこと言わないとダメだし

数がさんぜんまんになった

すごいねって言ってないで

それで本当に我々豊かになったんでしたっけ

っていうことを悪い

出さないと追い風にならないっていうことです

かね気をつけて

皆さんにも

現場でやってらっしゃることが書いたんですけど

沖縄ツーリスト沖縄にいらっしゃる方は

あのよく存じて私はのjalにいたので

大阪の空港で最初切符力でやってるとですね

沖縄便の発見てのはほぼ

きゅー割沖縄ツーリストの団体券だという

えまりかせんだかせんだって言うと

ですねちょっとあの問題があるかもしれんけど

あれば沖縄の観光産業アニメ

支えてもらえるわけですけど

ただものの見方として

先ほどのように本当に付加価値を取って

お金を地元に持ってくる

やり方今でも

色変え方されて思うんですけど

現場はどの辺まで来てるかって

とこでもちょっとお話しいただいている

特にAインバウンド実は先進県じゃないですか

沖縄東京からのインバウンドというお言葉

俺に教えてもらったんすけど

今までそういう形で外から来たものを

お金に変えるかをやってこれたのが本当

海外から来ても含めてお金に変え方は今

どんなことをやってるかって

ちょっとまず教えていただきたい

はい今の質問で言うと

これはの沖縄の

歴史的なものもあるかもしれません

えっとまぁ我が社も

あの復帰前にできてる会社です

けれどもやはり我が社もいわゆるもともと

いわゆる海外国内からのウケをやってた

会社なんですね

日本の旅行会社の歴史というのはやり

1964年の日本人の海外旅行配筋を皮切りに

ですね日本人を外に出す

または国内旅行させる

という歴史を踏んできたわけです

けれども沖縄

少し違うということで

それでまあ私もにじゅー

年間ずっとインバウンドに取り組んできてます

けれどもあのーまこれ

詳しい水系はできないですけれども

おそらくでにせんまん人の日本人観光客

外国人観光客が日本に訪れてますけど

純粋に日本の旅行会社が

いわゆるこの主導的にですね受け入れ

てるのは何パーセントあるかというと

おそらくにじゅっぱーせんとないと思います

今日は海外の業者さんが出してきてそうです

とこちらの受けも

海外の業者さんがバスと飯食うところと

dutyfreeに連れて行くのを

全部支配してるだそうですね

UTフリーだったらいいですけど

も質の悪いやはり免税店に連れて行って

まああの話脱線しますけれども

中国からのやはり質の悪い団体

こないだのガイドが検挙されましたけれども

やはり自分たちの中でですね

いわゆるものを何て言うんでしょう

健康食品oemして

市場のじゅー倍からにじゅー

倍の値段で売って

いるとガイドは旅行会社に対して

一人はっせんえんから

いちまんえんでお客さんを買うんですよね

お客さんを買った後に

そのお客さんからバスの中

またこのショッピングセンターで

いかに儲けるかっていうことをやっていくとで

まさにそういう人の悪いところも言われる

このにせん

まん人またはさんぜんまん人を目指す中では

コモディティ化していくとですね

どうしてもそうなってですから

あの先ほどの話に戻りますけれども沖縄ですね

おそらくこのひゃくごじゅーまん

人のインバウンドのお客さんいますけれども

半分以上ごじゅっぱーせんと以上は

確実に言わる

沖縄の業者日本の業者がですね

言われるあの主導的に受け入れてる

ということになります

ですからあのおかずではなくて

そういった意味では

あのま沖縄からま手前味噌ですけど

学ぶあとはですねえ

あのいろいろとですね

普及啓発することあるんじゃないかなと思い

私もあの全国

各地でいろいろ講演をさせて頂いてるんです

けれどもあの地域主導型観光ですね

そういったことを心がけていますので

地域主導型ってのはどういうことか

着地型と少し違うと思うんですけれども

着地で受けだけに従事してるとですね

どうしても下請け観光になります

めちゃくちゃ熱く

地点で再送デスティネーションの方ですね

れーしょんです

逆がオリジンでハッチになりますね

ですから日本の方に

視力はまさにそういう状況で成田羽田

そして関空からジャラジャラお客さんが来ると

それをどうこなすかっていうことを

今や取ろうとしてるんですけれども

本当に大切なのは

いわゆる出発地でいかに主導権を握るか

もっと言えば

蛇口の元栓を

いかにの使用権を持つか

ことが大事じゃないかな

という風に思ってます

そういうことを心がけて

我が社もずっとごじゅー

はち年間やってきてます私も行ってきてます

例えばそういう意味で

いうと一時的にも台湾中国語

それか韓国のお客さん

たくさん受け入れて彼らをそういう見ちゃう

さっきの言い方

悪いやらずぶったくりじゃなく

きちんと手配するというノウハウ見たら

固まってくるわけじゃないですか

そのノウハウをどうやってお金にする

あの具体的にあげた方がいい

と思うんですけど

私どもは今台北に広東語と北京語そしてソウル

そしてシンガポールにですね

子会社とコールセンター思ってるんですけど

そこから今いるホテルと

レンタカーの予約をですね

自分たちもちろん旅行会社さんも相手にしてます

けれども自分たちでいわゆる

この集めて連れてくる

主には今成功してるのは

レンタカーを使った

セルフドライブのfitと呼ばれる個人旅行です

けどそういったパターンを

海外から独自のルートで連れてきています

で約ろく割ぐらいのお客さんがですね

実はポータルサイトでもなくて

自社サイトから集客できてるんですね

ですから

そうするとその個人のデータも

全部取れますので

今は北海道新千歳と函館でも

そのプランで集客をしています

それから実は今月28日からは

瀬戸内海の道でですね

我々と業務提携をしたいという

地盤のレンタカー会社がありまして

岡山高松を中心に

ちょうど香港航空が岡山に

乗り入れるんですけど

それのいわれセルフドライブの旅をですね

我々の流通でさせていただく

ということになってますし

またあのニュージーランドの方にも

今日夜から行くんですけども

最終的ですけれども

レンタカーと旅行会社を作って言われ

それは台湾香港そしてシンガポールオーストラリア

のお客さんをですね

そこで受けるという慣行農法の痛み

歯痛ですよねそうですですから

私は第三国観光後で申し上げますけれども

これからの言われる日本には

第三国観光のを世界で引っ張るですね

やっぱり旅行記漁火観光企業っていうかですね

そういうのどう育てていくかのが

大事だと思います

インフライスと一緒でノウハウがあったら

外で外と外でお金儲ける

でちょっとだけ

そこのパターンは短めでお話しすればいいです

かはいはいさの皆さん

マトリックスを

ちょっと考えていただきたいんですけども

国内のお客様を国内にお連れするのが

国内旅行国内

の客さんを外国にお連れするのが海外旅行

そして外国のお客様を

国内にお連れするのが訪日旅行ですけど

もう一つ第よん象限がすっぽり

日本の観光地とか言われる戦略には

抜けてると思うんですけど

外国のお客様を外国に言わる

お連れするいわゆる第三国観光ですね今

いい言葉がないんですけれども

そういったそこがですね

莫大なマーケットなんですね

今でもじゅーに

人ぐらいが海外旅行をしていると

日本の大手自動車メーカー

でも北米とか外国で作っても

別に日本に輸出するわけでもないし

日本人に乗ってもらうため

でもないと思うん

ですね園生所得収入を直接

貿易収支ではなくて

サービス中止でもなくて

所得収支を持ち帰るようなですね

やはり未来形の観光産業っていうのは

やはり構築する人がやってるんで

それから真っ直ぐ行ってますし

あの実際やってるところあると思うんですよね

たくさん旅行会社の中でも

あるいは星野リゾートがバリに作って

欧米のお客さまを集めるそうですね

ところに日本のホテルが海外進出した時は

日本人を止めるために言われる

進出したんで

失敗してしまったんですけれども

言われる日本人ではなくて

外国人を止めるために海外に進出るっていう事は

これから

大いにありだと思いますありがとうございます

そういう意味で今の話すごく大事で

あのお金の稼ぎ方はインフラ

輸出って言葉あったんですけど

観光輸出ってことはないって

本当は次は

そういうのがあるんじゃないかな

と思ったのと

だからさらっとしちゃったんですけどね

ポータルではなくて

自社サイトですごく大きくてですね

小さい小規模の業者さん

旅館とかおいたんですか

今はバツバツペディアとかですね

ホテルズバツバツいくとですね

にじゅーごぱーせんとぐらい抜かれるわけですよ

一話でで要は

プラットフォーム屋さんが海外から来て

総取りして

いくっていう話になってると

それを本当はノウハウがある

人たちが自分のサイトを作って

そこに他に

アライアンスで乗っかってきてくれると

システム投資もできるし

それができた最大の理由は

ご割以上のそのインバウンド

観光を自分たちで行って

その人達にとっても意味のある

場所になってるから

やっぱりその強みを活かさないと

そういうプラットフォームってできないですね

これからあの子も色んな所で

旅館の方なんだったらしと

一番欲しいのは自分じゃできない

予約サイトと

それからyieldmanagement

いくらで売るかっていう仕組みを通しで

自分で作る

のとてもできないのでも

何とか何とかに乗っかっちゃうと

全部持ってくるしねづけも下手すると

自分の思ったりできないとだろうと

皆さんいらしたんでやろ

なんかきっといい方向へ向かうと思うけど

今の海外のトラベルサイトの話ですけど

そういうところのプラットフォームをどう

やって実際やってる人が中止になって

作って買ったら

日本の観光のためにはすごい大事

最初に家の人数だけじゃダメだよで

付加価値あげていくって話を

今してからもう一つだけ

生産性の話をすると

あのいくらの値段で売るかと同時に

パリ侵入マネーが入ってきて新しい

年をするっていうことと

新陳代謝が行われないと

やっぱり生産者がないですね

ただ艦これ難しいところは

中小の業者さんが一定以上残った方が

面白いんですよ

多様性がないと面白くないんで

全部たいちえんになっちゃうのは

本当にいいのか

生産性の高いいちえんの勝ち組と

それからユニークなところが

プラットフォームに助けられてって姿でないと

生産性上がらないのでこれ是非

特にあのこの中でわん取るプロな方

たくさんいらっしゃるので

そのプラットフォームを助けていただければなと

ちょっと話題を変えてですね

最初にあの偉そうなことを申し上げ

ちゃったん

ですけどもあり

景観ランドスケープって実は相当問題だと思って

先ほどのの廃墟の旅館もですね

これもこれオフレコじゃなくも

言っちゃってもいいと思うけど

もえ耐震基準ってあるじゃないですか

実は地方の旅館とかについては

ある程度今のところ

お目こぼしがされてくるって

運用がされてるぜ

なぜかと言うと

投資する余地がないから

しょうがないっていうことだよ

でこれをきちんとやるだけだよ

本当は退出する所あたりしなきゃいけないとで

あるいは地銀さんがバブルがはじけた後に

本当に潰れたところだいぶ処理したんですが

ギリギリでも消して

タンポンは返さないのわかってるんだけれども

利子だけちょこっと払ってもらえば

潰さずに残ってると

送信と自分の貸借対照表傷んじゃう

この辺は金融監督制作も含めてですね

どうやってリシャッフルして

まともな景観を残してっかいう意味で

ものすごく大事なんですがあんまり議論され

てきてないと言うので

そういう意味ではちょっと

この警官っていう事にちょっと絞っていただいて

是非おさん人の形から

今どんなことを感じになるかとか

どんなことができるはずいうことを

ちょっとお話しいただけないでしょう

あの警官という彼と

僕がすごくいっぱいいろんなことが

あるんですけど

では今の終わられこの話題になった能登モール

鞆の浦の問題とかですね

室蘭ですけどちょっと絞って言うと

今宮島口で取り組んでいるのがですね

あの宮島口にちょうどあの生理乗り場

改装しても新しく作り変えるので

そのターミナルをつくるんですね

でこのターミナル

だけ稽古を新しくしても

しょうがないっていうことで

この宮島口JRの駅からこのフェリー乗り場まで

こう祭りのようにこうなってるんですけども

これ全体を再開しようということで

まずその蔵の街のデザインをですね

これはの国際コンペをやって

デザインを提案してもらってで今

その地元の廿日市市が中心となって

それに基づくそのグランド

デザインやんっていうのは作ってます

であのターミナルだとか

広電の設備みたいな公共施設はですね

もう主体がはっきりしてますんで

あのそれに基づいてやるんですけども

その途中のこの商店街ですね

これらの個々の

事業者さんと言うか

ここの焦点が持ってるんで

これどうするかっていうのがあって

今こちらの商店街の代表の方に

そのグランドデザインの制作に入ってもらってる

んですがもちろん

それだけじゃ不十分で

実際に行動しなければいけない

20年30年の単位ですねで

これを今どう

いう風に具体的におかしくて

いくかっていうところで

異論を始めてるのはbidですね

businessinvestmentdistrict

これの仕組みこういう仕組みをですね

やっぱり作って行かなきゃいけないんじゃないか

というのを今議論します

それによってもう少し教えてですかあれ

ですね一つは

その景観に対する

その強制力を発揮して食ってるから

そのデザインルールに従って

それに基づく再開発をやっていきましょ

うっていうことと

それからそれを維持するために

その旨お金はやっぱり出してもあって

そこで財源を産んでいくっていうこと

それからその日

は地震がまあいろんな授業をやって行くと

おまそれによって活性化も図る

って言うですねえ

一番有名なのは

例えばのパサデナとかですねえ

あれはあのサクラメント

オールドサクラメントとかですね

それどこでやってるんですけども

あの日ありを活用することによって

街並みを統一感

のあるあの優れたものにしてで

お店なんかも入れて

駐車場を運営したりして自主財源も取り

そしての清掃をしてですね

綺麗にしてくって

ようなことを進んでますね

それ結果として

お客さんが激増していると言うならば

くさいですから

途中で詐欺ちょっと大変申し訳ない

ですやっぱり今の話で大事なのは

先ほどのその頃行くと一緒で

後お金も含めて

自分がリスクを取って

一緒に良くして得しましょう

っていうのを巻き込み中に必ず入れそうですね

町の皆さんにお金を出して

税金のような形で

米ドル前なんかだと

お金を出すわけですけど

もそこの地域だけですね

でそうすると当然

コミットメントが発生しますよね

あの出してるんだから

やっぱり濃いものにしなきゃいけないって

いうことでですね

あの子なんていうか

他人ごとじゃなくなるってですね

それからフリーライドができないで

観光の市場問題はフリーライドで特に

警官とかそうなんですけども

その自分がこのやつに警官て

この自分が貢献する部分っていうよりは

そのある景観からもらうものが多いんですよね

人があるアセットに対して

自分は土産物屋作って

ちょっともらえるとそういう感じの存在ですから

とても素晴らしい神社があって伊勢神宮

でもあの宮島厳島神社ですけど

それはそれだけお客さん来るんで

自分のめちゃくちゃ汚いお店を作ってもですね

もう買っちゃってね

その古いならやっぱ

許さないっていうことですね

やるって事ですね

そういう意味では新たな仕組みを作るときに

実際は一定程度規制強化だったり

それからコミットメントを求めるための仕掛けって

の良いからの差別も

この場で水戸とかですね

あの商店街の最初の話

これも堀さんが熱く語ってました

やっぱりその岡山で

終わりになった事例なんかを聞いても

結構地元の人が乗ってこないじゃないですか

それを乗ってくる

寄り添ってやっぱり結構大変ですか大変ですね

あのー既存の観光地で

うまくいってるところであればあるほど

その必要がないんですよ

なるほどつまりもう儲かってるから

これ以上やんなくていいよ

っていうのがどうしてもあってですね

そこでこのそれが

もう非常に大きな成長製薬になっ

ちゃってるんですよね

なるほどねそうみたいだね

その方的なとこも含めて

政策として先ほどのように付加価値を取る

それから産業政策として生産性を上げるのも

一つの警官っていう議論に対していた

どういうことが今までで

強制的な考えられる時間がないんで

さん点だけ

ちょっと仕事ならしたいとこですけど

警官って言うんですね

景観を大切する事ってのは

これ経済性とか

出しを無視するわけじゃないの

料理するっていう話

多分ベストプラクティスは最近の園

京都姿勢だと思います

あの最近京都に行かれた

敵がついてらっしゃるかもしれませんが

河原町通りとか

七条通とか非常に雑だった看板が

基本的にはなくなってますね

それでその京都の染めあり

価値がさらに上昇してるとで

京都のマンションだとか

いろんな警官の価値が

経済的にも評価されてるんじゃないか

なっていうことがあるんだろうと思います

でに番目

ですけどその景観を残したメリハリ見ちゃダメ

だってことじゃね

べさんの積極的なそのスタンスが

必要じゃないかっていうことだパリですよねで

パリの今のその景観とか

街並みっていつ作られた

昔からあるわけじゃないんですね

あれ大体じゅーきゅー世紀の後半ですで

さらに言う

と1980年代の投資でパリの街

さらに生まれ変わってあげるね

立てが居るせいだとか入った今

日本人の方々がごそっと訪れている

そのパリの観光名所って

実は結構1980年代になってから

整備された方が多いんですね

古い戻ったらホッとこりません

走ってのほっといたら残り

ませんやはり手を入れて

お金入れて

やって作っていくとしてがないと

過去から紹介されてる箇所が残って

行かないんじゃないかってことせんで

ビッチ女なんですけど

やりその居住者生活

これどうして勝ったら即大事だと思ったら

の観光立国政府が

本格的に手を入れた第

いちステージの始まり

2003年ご組スケートと聞いたんですけど

この時は我々が入ってたのはその住んでよし

訪れてよしのプリンスぶり

住んでる子達が魅力を感じる地域じゃないと

ライムの人が来て評価してくれるはずがない

で個々の意識だとかして

そのためには梅ワイン

バーのできるのが中止になってますけど

日本人その他に来てもらって

その経済性ってどのちゃん大事なんすけど

一本で日本人がいるのは

どこに出かけて行ってよその地域を訪れるって

それで自分たちと地域の比較を行うとか

そういった幅広いアプローチが

必要なんじゃないか

なっていう意味じゃあのー

最後の警官から

外れちゃうかもしれないんですけど

地元に住んでる人

それから地元の将来のリーダーが旅行もして

良い警官ってこうなんだとか

こういうところに

自分が行きたいっていう感覚を身につけて

いかない限りは

伸びないと思うんですよね

あのちょっと最後にやられた

話になっちゃうかもしれませんけど

その人と言うか

早くにあの現場で

リーダーになって行く人がいい

感覚持ってないと駄目じゃないですか

もともとその観光学部のデザインにも

いろいろご意見が終わったと思うんですけど

今日行くとそのいい観光地

づくりってのに

ちょっとだけでご意見をいただいてもいいです

かはいあの想定してた質問と

ちょっと違ったんだよ

よくやってで申し訳ないで

警官の準備をしてたんですけれども

ちょっと頭を入れ替えて考えたいと思うんです

が私あのいろんなあの大学観光系の大学で

講師もさせ

ていただいてるんですけれども

今おっしゃったようにやはりですね

あの私はこの観光について

大学教育で入ってきたの

非常に良いことだと思うんですけど

逆に言うとですね

18歳の時から地域のために

または地域資源磨き

っていうのを始めてるんですねこれはですね

いい面

と悪い面があってですね

やっぱりその学生には言うんですけど

今いるじゅーはちの時から地域に貢献しよう

なんて思うなと言ってるんですね

そういうのは

いわゆるそのいち年前ならずに

貢献されるような地域って言うか

そんなにやわのもんじゃないんで

世界で通用するまたは

世界を見て

そして戻ってきて言われる

プロになって

地域貢献をして頂きたいって言う

裏返しなんですけど

まさにやはり先ほども

ニュージーランドの話しましたけど

非常に綺麗ですよね

あの女となんかも

やはりこのおコンテナヤードが隠されていて

言われよう客船ターミナルからはゆある

決して貨物が見えないとかですね

そういう工夫をされている

そういった街づくりを

ずっと続けてやっていくっていうことは

ですね逆に建設会社も喜ぶと思うに

じゅー年計画ぐらいで景観を改善していきましょう

ということであればですね

いわゆる来年も再来年も公共工事があっ

て景観をなくしていくんだ

ということになればですね

建設会社も焦ってですね

一度にあのなんか

自然破壊をすることはなくなると思うんで

そうでそういうこともあると思います

以上あの日本はですねやろ防災

白書ってあんですよ

これごじゅー年ぐらい前から

あるんですけど

世界中でadl輸出しようとして

何かって言うと

ハリケーンカタリナが来て

防災にお金を使おうとしてくれすね

大体さんよん連すると政治家忘れちゃうで

お金が継続的に使われないんで

毎年防災にいくらお金を使って

次は何をやるかっていうのを

国会で議論する仕組みたら

日本は法律があるんだね

本当に計画書を作るべきだと思っていて

国土強靭化も大事かもしれないんです

けれどもやたらとその公共工事で

財政を炒めるんであれば

景観をよくして

そのぶんroiの高い投資を

毎年きちんとやって言って

建設業も伸びていくって方がよっぽど

いいのかなという風に思ったりしてます

あのしわしわのテレビのコメンテーター

やってる時にですね

大体打ち合わせをすると

小谷真生子さんがあの

そこで話したこと

以外しか効かないっていうことをよくわかってる

でなんでって

じゅーいち年やって止める時に聞いたらですね

そうで

ないとライブ感がないからということで

ちょっと東谷はだいぶ顔を出してしまって

申し訳なかったんですけれども

まあそれでいい

あの当然耐えられる知事たり

みちこさんである気がしたんだったので

私の勝手な進行にですね答えてね

誰だと時間になりましたので

是非フローラ

皆さんからこれこと

もっと大事だというの話を頂いて

じゃあさん名お下がりました

んでいちにーさんでマイクを回していただいて

まず最初に言って楽しいお話ありがとうございます

伺いたかったので

作業30兆円がにじゅーよん

超になったという間

マクロではそうだと思うんです

けど実際の内訳で見ると

何がそののを見てて

何が下がってるのかが大きく分けると

多分宿泊関連だとか

あとaccommodationだとか

もしくは市の物販なのかで先ほどなの

東社長の花が会長の話から伺うと

あの例えばレンタカーを利用したケースが

非常に伸びてるなんて

言うと多分accommodation

伸びてんのかなとかもうちょっと逆にと

今後はどういうところに力を入れていくと

よりその前さん

じゅー丁目が生まれる可能性が出てくるのかって

いうのを教えていただければと思います

ありがとうございます

この質問はのフリーライドと居住者の

意識っていうところなんですけども

あの子だ私はの浅草のど真ん中名言

ホールのすぐ脇に住んでまして

今浅草はものすごい勢いでインバウンドの人

来てるし日本の国内からも観光客が来てます

でその時に部活し

あのずっと住んで思うのが

浅草ってのは浅草たらしめているの

は2階に人が住んでいる

というところなんですね

あの一階が

そのものすごく有名な店舗であっても

例えば朝歩いてるとそこのはご主人がですね

ステテコで歩いてるわけですが

これが持って

あの浅草っていうのはたくさんなんだと

自分なりに解釈してんですが

これがですね

今どんどんどんどんその新しい資本が入ってきて

チェーン店かしてると

そうするとある数以上ですね

チェーン店がご増えると

あのおそらく浅草は作者頭になくなってしまって

その繁栄を享受したせいで

東京オリンピックの後に

浅草っていう観光資源がなくなるんじゃないか

ぐらいですね

感じるとこがありますね

それは言ってみれば

ある種濃厚居住者っていうもの

とっても住みよさっていうことと

あのセットってのは典型だと思うんですけど

も声の方がいいいかしていくっていうのは

政策的に同様に実現するといい

とお考えでしょうかはいありございました

リクルートの富塚でございます

その後きゅー年じゃらんの社長をやって入って

あのちなみにうちははちぱーせんとでございます

質問といけんとみたいな形になりますけれども

例えば私あの熱海の入り込みってのじゅーきゅー

年間持ってたのがにじゅー

年ぶりに復活したという事をお話し

ましたこれは何かって言うと

海水浴場がですね

人工ビーチナンデスで

地元の人はそれを隠したがってましたで

我々はギャップ調査しました

で地元の人がPRしたいことと

知らなかったことを知った観光客が

それを利用したいかっていうこういう調査です

そうしたところを人工

ビーチってのは

きゅーじゅーごぱーせんとの人が立ったら

行きたいっていうふうに決まりました

それを実際に

家族連れでいっぱい来るようになったっていうま

こういう事例なんですね

というように

皆さんおっしゃったように

マーケティングをしっかりするってことは

ものすごく重要を膨らます

っていうことだというふうに思ってます

で例えば広島であれば地番の着地

広島に着地してきてる方ってのが

どこから来られてるかって知事

ご存知だと思うけど広島時差広島なんですよ

広島の人が

広島に泊まるってのが一番多いんですね

というような形も実はのデータを

とればわかるってことで提案

なんであんなんですけども

夜来れとですね

スマホとですねタブレットがあるとですね

全て人の動きが分かって勝つ

誰がどれだけ

どこにお金を落としてくれたのかってのが

全部今わかりますよ

これあの国も一生懸命

その小中心にやっていこうと

いう動きもあるみたいなんですが

やっぱその地域の方々の協力がないと

これできないという風に思ってます

ですからそこにですね

是非また声をかけていただいてですね

それを中心として

プッシュ型の動かす観光っての是非

一幻していたいって思いました

ありがとうございます

観光データ体育これとこれ難しい質問ばっかりで

ちょっとじゃんから行政に関わるところ

最初に当時は

まずはの30兆円の話もいただきましたけど

あの30兆円よその観光にかかる消費額です

でこれシェアとしては

その圧倒的に大きいのは

日本人のやはり国内での商品とは

もともと大きかっ

たですねで

これが今すごく落ち込んでいますね

日本人統計の取り方にもよるんですけど

だいたいじゅー年前は一人一年さん

泊国内旅行してたのがじゅー

年経って今

1人平均に泊しかしなくなってますので

日本人のアウトバウンドを車はどこぐらいで

お金が落ちるのはごく

一部でありますが

あるとバンドも

ほんの数年の間ににひゃくに

さんじゅーまんに落ちてますね

基本的に日本人がその旅行とかに関して

お金を使わなくなってきてる

というのが

あの構造的には非常に大きくがでかい

星の形ださんの話もありましたけど

よんじゅーえんぐらい

でその商品をしていただいてで

法事外国人の消費が降ってないの

産業規模で見ると

自動車部品の輸出産業とほぼ一緒です

次はそろそろ鉄鋼の薬を抜くんじゃないか

という風に言われてます

今それぐらい作業になってるんですが

まああのマクロで見ると

やはりそこのところを

増やしていくのかなと

後はその今

東さんがおっしゃっていただいた

三国間同士のマーケットで

日本の観光産業としてどれだけ入っているか

というのが

そのマグロの政策として

やってくる話だと思います

って浅草の話が書かれてきましたけど

これはの汚れ原町田人に気が

いったらまさにそうなんですよね

あのヨーロッパの街並みってな

そのごーろく階建てぐらいの中層のアパート漫画

新聞に並んでて

きゅーじが異形成していてね

1回はお店が入っていて

上に人が住んで

人々が旅行する動機でよく言われるんですけど

彼女非日常を求めてる

わけじゃないね

旅をする時でいい日常異なる日常

もう一つの日常を

その旅をして街歩きをして

そこの園生活を勇気を感じてみたい

というニーズっては結構あるわけですよね

街の中にそのせいか

下の息吹をいかにもあるようにさせる

勝手なすごく大切な課題でま一方で

これ今都心への居住っていうのは

いろんな子し

隊参謀政策として進めてらっしゃいます

まあその辺と

その道をうまくミックスしていくのか

なっていう話だと思います

そのデータ大国の話で

是非お二人を介する通すか

あの広島観光データ喧嘩みたいだね

みんなであの本当は誰がどこ

に動いてて

どこにお家があるかっていう

データを取ってみようってどうなります

ではもうそれも必要なことだと思って

ましてそのてば来年度

またいつかこの4月から始まる

年度ではWI-FIのデータを活用してしまい

あの訪日客にそのアプリケーション入れてもらって

でそれを

かける形でですね

その様子にロケーション

どっからどこに

どこにどれくらい経ってるのをかける

これはの分析をしてやろうというのは

初めてですね

一番持ってるのは

携帯会社ではWI-FIだけじゃなくて

gpsをオンにしてもらえばですね

本当にもう何分何秒までわかっちゃうん

ですねご事情との関係あるんですけども

これを使ってでどこにチャンスがあるのかで

どこでそのあのものとか

サービス販売できるのかとか

どこに関しがのかっていうのですね

やっぱおかげで行かなきゃいけないとなる

それやり始めたところで

やっぱり最後個人情報も含めて本当に

どこまでやるかよね

逆にそのデータって言うと

その先ほどのインバウンド

台湾の方含めて実は膨大の情報

今よお持ちじゃないですか

それを活用していくって

ことなんか考えてらっしゃるんですか

膨大なビッグデータっていうのは

それからじゃないですかね

ただのへレンタカーでどこ

に立ち寄ってるかっていうのはですね

今まで色んな実証実験とかでやってますね

ですからあの海外からのお客様は

実はあの日本人があまり行かないような

漁港の近くに行って

そして何ですか新鮮な魚をですね

その漁港で食べるとですから

海外からお客さんが来てあの何て

言うんですか

魚一匹売ってたところがですね

今は切り身にして刺身にして

そのまま食べれるようなですね

そういったサービスも始まって

そこにまた日本人も

地元の人も

行き始めてるって言うこともありますし

それから面白いのは

あの公園に行ってるんですよ

普通のですね

まああのー沖縄に祝える

長いスライダーの滑り台がありますけど

そこにですね言われる台湾香港のですね

家族連れが入ってですね

しかもをひゃくえんショップで

いわゆるお尻炒めるんで

それも100円ショップで仕入れてですね

言われるなんてですか

あのそりみたいな対応ですねそして楽しん

でるっていうのがあるんですね

ですからそういったものも

もっともっと他にデータが取れると思うんです

けどもそういったですから

国籍どの国籍の人が

何を買う傾向があるかっていうことになると

別に今の全日空さんの貨物ハブもありますから

沖縄のさん品だけではなくて

全国からの海産物であるとか言われる

そういったものですね

沖縄で消費していただくっていうモデルもできる

廣畑さんの話でいうとね

あの減っての日本人なんですけど

ここ数年これじゃないの

データによるとに

じゅー代さんじゅー代男性が旅行しなくなる

というのは一番

大きかったんですが草食系ですところがですね

この四年ぐらい

シニアの旅行が激減してるんですよね

これはあのまだ仮説でしかないんですけど

二極化で旅行できない

シニアの草っていうのがすごく増えてる

モロゾフ旅行してる人もいるんですって

もう一つはアリアの足とか

いろんなとこに自信がなくなってきて

出るのが行った

これは実はすごいホワイトスペースで

その人たちが旅行しやすくする

サービスっていうのは

本当にはできてないですね

でこれが行くこと

あとビジネス的に言うとこれ

今度5年いち年よりご年になるんですけど

人手不足は止まら

ないので生産性が上がるようなオペレーション

今の長崎の変なホテルでは

ロボットがお迎えしてくれましたが

屋さんでは表は人間ですけど

裏全部ロボットにしようとしてますけども

どうやったら生産性が上がって

かつ先ほどの人のインターフェースの心地よ

さが残るかっていう

ところは多分日本からからしか

イノベーションが出ないので

ここでキルト世界で売れる仕組みができるだろう

とは言われてるっていう感じですね

あとお二人ぐらいじゃあ

それありがとうございました

質問とかではないんですけども

あの私あの子のGわんに参加して

思うんですけど文字盤

って元々ダボス会議の日本版ってことで始まって

またボスはスキーができるかなと

かっていうことで会議もやるし

スキーもやるしってことと

参加者の皆さんっていうのが

いろんな方と

仲良くなれることが重要だっていうこと

できてると今回自分の方

何人かお話しして消費が

少なくなってるって言うから

じゃあ皆に消費したいですかって聞くと

そんな聞けなかったんですけど

体験いい体験と

自分が高まりたいっていう話が多いのと

あと二人聞いたんですけど

後藤さんとあと木村さんに聞いたら

後藤さんは今のシンガポールにて

ポストに行くんだとかって

いうことと木村さんはなんかパリポスト

勉強に行くとかって言って

高めるための体験をみんながしたいって

風になってて

私白あんって最高のこれ

観光だと思ってるんですよね

結構皆さんに聞いてみると家族旅行春休み

これだけだと

金の事言っててていうことは

みんな高める

ために高めつつ

それと同じビジネスができるとで

集まりたいっていうのがすごく多くて

テッドトークの東京やってると

とってのが入って話したら

もうやりたいのは人が集まってきて

そこでみんなが繋がって

さらにそれぞれいろんなことや

体験を提供してきたいって

いうのがあって

日本が者提供してから何かって言ったら

高めていく勉強できていくった私

このGわんっていうのは

実は世界にとっての

すごいビジネスモデルなる観光なんじゃないかな

で観光って言葉が実はもう古くって観光って

多分19世紀末に出来てる言葉なんで

新しい言葉を作ってね

申し訳ないけど

話し聞いてる中で行くと観光産業って言うと

どうしても旅行代理

店とホテルの話になっちゃうんだけど

でも実際に

そのみんなが

高めるための体験を提供してるところに

どういう教師をして人が来るかで

我々やってる今作動何か素なんですけども

結構頼まれる

のって外国から来てる

ビジネスの勉強の人のための体験したてくれって

言うことになってきてるんで

商品でもこう人の名前は変わってるから

なんかそういうところに

何かできないかなっては

一つまで時間ない中でありがとうございます

あのご提案ということでちなみに入った

モスはものすごく儲かって

それからダボス会議の手配をやってる

入っちゃったの旅行業者

これも以上に儲かったGわんは

儲かってないんですね

ぜひみなさんのご支援を頂いて

どうやってやって行くかっていうことは

あのこれを締めの挨拶に

しちゃいけないんですけどもしたいな

と思ってあの今日参加となって

実はたかったですね

外から見て

メディアだけ見てると

インバウンドって言ってんですけども

現場では違うことねは出始めてるんですね

ちゃんと人数を増やそうとか広域でやろうとか

生産性行とか完結しようとかあるんですが

これあんまり知られ

てなくて日が当たらないのでで

アリスすごく取れてると

参議院選挙の前になるとにせんまんだったの

さんぜん万人前倒しにしたほうが

わかりやすいので

そういう議論になっちゃうんです

先ほどの明日の日本を考える観光ビジョンも

せっかくアトキンソンさんとか

金入ってやってるんです

けれども民間人集めた一回だけ

役所だけできゅー回やって

ろくで大変申し訳ないんですけどねえ

やっぱりねこれはおかしくて

やっぱり民間の人が興味持って

何が大事かとうでやったか変わって言って

ミニマム旅行しましょうよって

できればビジネスチャンスを取りに行って

面白いの

やるといいと

あの最後の代わり私が喋っちゃいかんですけど

真っ赤になってるとこいらしたことありますが

これは北海道の真狩もらってるとは

悲しいに決まってますけど

あの村が簡単に言うと

場所を提供して

すごい素敵なオーベルジュレストランを作って

札幌で一番のフレンチのシェフに

設備投資のリスクはこっちで撮ってやるから

後のオペレーションのミスか

そっちで撮って行ったですね

これも今は

ヨーロッパ人の中で最も予約が取りにくい

北海道の宿なんですね

これむらがやってるんですよ

本当は勘弁典型みたいなところ

知恵の出しようは

いくらでもあるんでこの

Gわんみたいなところ

面白いことがどんどんできればいいな

と思いまして

今回はあえて観光のセッションをさせて

いただきました

大変具体的に

おやりになってる方々の話だったので

とても勉強になりました

まずはパネリスト皆さんに

大きな拍手をいただける方

お時間ありがとうございまし