産業、観光、サービス、農林水産業による地方創生を!~「なめんなよ♡いばらき県」の事例から学ぶ~

プロフィールをご覧のみなさまこんにちは

いつもご覧いただきありがとうございます

さて先日よりご案内しております

こちら日本を動かす

ひゃくのコードを読みいただけましたでしょうか

動画もあと残りわずかとなりました

どうぞ書籍と合わせて最後までご覧ください

それでは本日はひゃくのコード

はちじゅーご産業観光サービス

農林水産業による地方創生をなめんなよ

茨城県の事例から学ぶについて

お話いただきます

僕のふるさと茨城県は

都道府県ブランドでは最下位です

キャッチコピーなめんなよ

いばらき県にはやけくそ

この感覚さえ漂ってきます

一方で茨城県は住宅敷地

面積いち位工場立地件数面積いち位

農業出荷額に

県民所得よん位と実はいただの件なんです

今回はこのなめんなよいばらき

県をモデルケースとして

地域再生のヒントを提案したいと思います

一産業大学研究機関や

民間企業を中心とした

産業クラスターの形成強化を茨城県に

は研究機関を集約したつくば原子炉

施設を中心とした東海村電気

機械産業集積の日立工業

集積の鹿島といった

産業クラスターがいくつもあります

こうした民間国家の共同プロジェクトによる

産業クラスターの創出が

地方創生の一つの鍵となると考えます

に観光民間の知恵を活用

しアクセスを整え

各地域の観光資源を最大限活用せよ

2010年3月に開校した茨城空港は

停電な利用料とコンパクトな構造が受け

早々に経営が黒字化しました

大洗町はアニメ感染パンツァーとコラボして

多くの若者を引き寄せています

この取り組みは町の若手経営者有志に

よって買って年的に発生しました

このようにハードとソフト官と民の役割

分担とコラボレーションが重要と考えます

農業新規参入の自由化

規模化流通の自由化を実現する農協の楽市

楽座を呼ぶわけでは

後者が耕作放棄地などを一括して刈り上げぼかし

新たな担い手に貸し付けてい

ます農業の成長産業化のためには

新規参入の自由化

規模化と効率化

トゥースを14日が必要と考えます

4サービス産業コンパクトシティ化

デイサービス産業の生産性を上げよう

経営人材の育成強化を県庁所在地の水戸では

水戸どまんなか再生プロジェクトが始まりました

水戸中央市新

交通システムに経済さん商店街よん

文化芸術スポーツのエンタメごメディアろく

都市計画全体から再活性化させる

神コラボによる計画です

茨城とその核となる人が

日本の地方創生の先駆け

なるべく動き出しています