九州発クリエイティブを生み出す人たちの「デザイン」とは

ノービスおはようございます

花嫁やってるもんですから

まさしく花って

どんな花とどの花を組み合わせると

よりお客さんがの

意識を引っ張ることはできるのかとか

出たらちょっとロンドンに店出すんで

紙袋一個もと

国内でやってた時と対談したり

ちょっと入れようかなとかねじゃない

ねロンドンが入るんで

ロンドンまで入れたらいいかなと

たったそんだけの事もなって考えながら

じゃあこれ入れるんだったらってことで

ちょっとあの家にいるんで皿に頼んでるんで

また尊い小ロンドンって入れるために

また会える会の方まで連絡を取って紙袋

ちょこっと弄ってもらっ

たりとかも日々でそんなこと言ってますんで

非常にやっぱりデザインの重要性だとか

あとデザインがあるから

どんだけ売り上げ伸びるか

身にしみて感じてるもんですから

今日も本当に

私も非常に楽しみにしておるんですけれども

ただのデザインっても

その一個のパッケージもある

し会社もあるし

ブランディングにも繋がったりとか

あと地域のデザインだとかも

いろんな捉え方があると思いますんで

今日はまず皆さんに自己紹介があって

立っていますかね

デザインって何ですかって

とこからお一人お一人

こっからまずお話しいただければ

と思うんですけれど

もまずじゃん水野さんとか

デザインとはっていうところであの僕

グッドデザインカンパニー

旧社名はその言葉の並びとしては

ちょっと文法的におかしいんですけど

デザインとは良くする事っていう

自分の信念がありまして

つまりあの飾り立てることでも

目立たせることでもなくて良くするっ

ていうことが大前提という意味で

グッドデザインカンパニーとつけてんですね

でもちょっと詳しく言うと

あのデザインって

昨日デザインと装飾デザインで成り立ってるで

たいていの方は

装飾デザインのことをデザインで

たいって言ってるんですけど

そうじゃなくて機能を満たしてない

デザインというのは

そもそもデザインじゃないっていう

風に思っていて

まあその二つをのどっちを話してるかって

いうのを明確にしようっていうのは

言葉をそのミーティング

何かで行ったりするんですね

なのでデザインは良くすることであり

分解すると装飾デザインと機能デザイン

手汗からできてると

あのダイジェストでお話するとそんな感じです

それは誰のくまモンの時もあった

そういった感じで捉えられたんですか

あのこれですね

ありえないっていうかのくまモンって

生き物なんで僕が作ったけど

ナッツ僕が見つけただけなんだって

いうことになっ

てるわけですね

なので歩きやすいものにした

とかすることではない

じゃあ誰でしょうかはい

僕はですね

デザインをあのーどちらかというとですね

製造業とか

テクノロジー側からアプローチして

仕事をしています

でえあのまぁ

デザインっていうのが一般的に今

水野さんの話で

もどちらかと塗装色の話の方に

こうカテゴリーとしているって

船お話がありましたけれども

仕事としてはどちらかというと

あの例えば期限が基礎研究ですとかR&Dです

とか経てば

そのブランドが一番最初に米服瞬間とか

あのそういったところにこう

デザインがいることで

日本はこう長らく

あのビジネスとテクノロジーとこの二つをこう

あの結びつけて

商売をしてきたっていうのが

歴史的にはあって

クラの自動車の産業であっても

その電気の産業であっても通信であっても

基本的なビジネスとテクノロジーを完璧に理解

両方してる人たちがやってた

んだと思うんですね

でそこにあのクリエイティブの力がコンバット

個入ることで

あの例えばそのユーザーに対して

すごく伝わるとか経てば

そこからビジネスは一気に拡散する

とかっていうことで

あの非常にこの二つと

組み合わせが実は良いんですね

であの良いんだけれどもあの共通

言語がないんで

あのデザインって何だっけってとか

みんな来はてなマークが入るんですけれども

これあの一回やると

ある程度分かるところもあるしやるとですね

逆にこうデザインを入れずに

仕事するっていうことが間逆に言うと

あのかなり後半で

なんじゃないかって気に逆逆

にそういうふうに思うようになる

ということで

あのこの前実は

水野さんとあの飲み会行った時に

えーとデザインの二つあるよねっていう話も

参加されてて

あのやっぱ最初の原型って

過去プロトタイプって言うんですかね

あの形をゼロから生み出す

瞬間にいるデザインのところと

後はそのものがあれば

人に伝わっコミュニケートして

ブランドだったりとかっていうことで

ちゃんとこれメニューにつながっていく瞬間

ニコデザインがいることこのなので

商売で行くと

このぜろのところとひゃくのところに来か

知ってるのが

デザインでも系の方々がこういうことを

はっきり意識していらっしゃるところは

今すごく勢いあるのかなっていう

風に思ってます今日よろしくお願いします

じゃあ下がさん回えーとですね

私はあの実はにじゅー

年間日経デザインシノアの編集をしていました

デザインをもっと活用してほしいな

というような気持ちで返信をし

ていて間にじゅー年間もやってると

だいたいも飽きちゃうんですよね

いろいろ話をしてると

僕もそっち側に入ってもっともっとこう

デザインの価値を世の中に伝えていきたいな

デザインを活用してくれる人が

もっと増えるといいのにな

デザイナーが増える

ということも大事なんだろう

けれどもデザインを活用してくれる人たちが

もっともっと増えると

あのこの世の中は

もっとよくなるんじゃないかと思って

会社を辞めて

この糸症研究所という会社を作りました

きゅーじゅーごぱーせんといとたくみ

研究所と呼ばれてるので

みほネーミングとした失敗です

これはですね

衣装という言葉があります

デザインって

言葉を訳すとま設計とか衣装とか

あまり好きじゃないけど

装飾とか造形とか

いろんな言葉にはなくされますけど

私はこの衣装という薬が一番好きです

鳥のじゅーご年くらい前にイギリスに行こう

取材に行った時にあるデザインアワードの

審査の基準みたいなことを聞いた時に

審査基準は何ですかって聞いたら

あのアイデアとクラフトだっていう風に

おっしゃってあそうか

IDって何ですかと問題を解決するためのアイデア

それはもうビッグなほどいい

そしてそれを表現するためのデザイナーのスキル

これがクラフトだよ

あの光景という意味ではなくて

表現の力っていうことであれば

クラフトっていう言葉を使っていたんですけど

帰ってきて記事を書いてる時に相手の所

どっかで聞いたことあるなら

ともこ一緒じゃんと思ったんですね

これはあの家ことをいいところがこう

松永かなという風

に思っていても

いつか会社着くんだったら

こういう名前にしようかなと思って

活動しています

私自身はあのそういう

編集者という爆丸のがあって

あのこの二人のように

あの狭い意味での狭い道入っちゃいけないな

クラフトがうまいわけではなくて

むしろをアイディア領域であの

デザインというものに携わって

デザイナーでありませんけれども

デザインを使って

あの子の名刺に書いてありますけれども

あのデザインを活用して

問題解決と価値創造のお手伝いっていうのが

私たちの経営理念

弊社の経営理念なので

デザインというのは

そういうアイデアとクラフトに

よって僕僕の中では成立していて

何のため買って突き詰めると問題を解決したり

新しい価値を創造すると

そのお手伝いをするのが

あの我々だと言うことで仕事をしております

今日は本当よろしくお願いいたしますよ

さっきちょっとお話ししましたら

瑞穂さんが昨日ちょっとあの

デザインすると売上上がるんですかと

ちょっと質問されたってことだったんです

けれどもそれを如実に入っていますかね

今までやられた中でデザインがあったから

こういう風にリアルには何かがかかったところ

ちょっとご枚いただければと思うんで

まあまず一つ波くまモンって

いうのは経済効果で言うとすごいで

まあじゃあれ

デザインかって言われるとパテ材んなんですね

人が何かを考えて何かを表現する時って

必ずデザインが伴うんですね

でそのデザインのそのやっている

量が違うだけで

また京都もちょっとお話ありましたけど

このプリントいち枚とっ

てもやっぱこれはデザインされて

ここに皆様のお手元に入ってるわけなので

あのデザインされてない物っての世の中には

あのない言っても過言ではないと思うんです

なのでくまももう立派なデザインなんですね

でそれじゃなくて

もうちょっとばかりですよないのっていうの

で言うとあの僕は興和

株式会社サンっていう会社と

お仕事してるんですけど

そこだとテネリータ

っていうショップがあるんですね

あのコットンオーガニック

コットン売ってるショップなんですけどで

まだまだあの小さい規模でやってるんですけど

そこであのブランディングの

仕事をしていて

あの店舗売上というとにひゃくよん

じゅっぱーせんととか

昨年対比そういう規模で

売り上げが上がったりしています

で基本的には

僕がこれよと自慢みたいになってしまうんです

けど事実としてお話すると

打率がきゅー割ぐらいは超えていて

悪態を伸ばし続けていくっていうこと

はあのどの仕事でもできているかな

それとできれば

その機能的なデザインの部分から入って

やられていくわけですけれども

あるものに対して

最後デザインを加えるって感じで

取り込まれやもう僕は

あの契約年間契約でお仕事してることが

もうきゅーじゅっぱーせんと以上なんであの

単発ではなくても

企業の先ほど下笠おっしゃったように

問題解決で問題解決って

夏場に問題がないとできないことですよね

なので問題の発見のところから

お手伝い差し上げてで

その問題解決をデザインによって行なっていく

というようなことをやっております

ちなみに大体期間

ってどのくらいで

効果が出てくるってくださる企業

何が何かちょっと買ってきたら

数字が上がってきたなっていうのは

だいたいどのくらい時間をかけるもかかるも

その企業の取り扱ってるものによって

違うんですね

例えば僕はあの神奈川県の真ん中

走っている相鉄っていう会社を今

ブランディングやってるんですけど

その鉄道だと全て変えたところで

じゃあ相鉄ニスモっていう

風にはばすぐが並んでたので

効果が5年10年かかるような状態だと思う

なのでその状態によって

効果のスピードってなー違うと思います

ただ何とは変わったねいいねっていう

のはもうすぐ出てくることが多いですね

って言うともうさん回言ってます

あのローンチしたてますけど

相鉄ってあの今車両を作ってて

20000系というのは

12月から走り始めるんですけど

それがあの山口県の工場で

日立の工場で作られたですけど

その山口県の日立の工場

に鉄分多めの人たちが

みんな集まって来てくれて

写真とってくれて今snsがすごいん

でもそこでも神奈川県に運んでくるところまで

みんなが写真撮ってくれて

ていうようなことが起こってるんで

まだからまだ走ってもいない時期から

あの話題になるようなことも話題性を

作るのも仕事の一部として

考えてらっしゃるんですか

その一部とでその仕事によって違いますが

例えばくまモンとの話題性が大事でしたよね

で相鉄もやっぱりや絶望を

女の人達に

まず気に入っていただかないと

話にならないと思っていて

あの梅鉄道ファンの人達って愛情

がすごい素晴らしいんでは

その人たちに

いかになんて素人である

僕が気に入って頂けるかってことを

すごく考えてやってます

たださんそこらへんいかがでしょうか

あのさっきね水野さんもおっしゃってましたけど

やっぱりデザインが入ると

エイトデザインを入れない場合と

比べた時にどう

なのかことが

一番わかりやすいと思うんですね

であの多分その相鉄のパターンも

あの水野さんにな

クリエイティブディレクターを招かずにやることも

まあ可能なわけでま多分大半の会社

そうしているでしょうとで

ただデザインが入るとあのまより良いもの

それは例えばあのじゃあて次は

どれぐらいの所に行くとついてるのかなー

みたいなマイワールド

エンジニアとかでも考えられるようなところから

例えば色の話とか

サイズとかボリュームの話とか使い勝手とか

でもあと最近やっぱりデザインがあの貢献できる

かなり大きなところで体験っていうのがあって

やっぱ乗った時

に心地いいがいいとか気持ちがいいとか

人に伝えたくなるって言うような場所で

エモーショナルな部分も

その人間がどういう風に

その反応していくのかって

メカニズムをやっぱデザインは

かなりよく理解をしているので

そういう人たちが

あの一番最後の所で

出てくるんではなく

てあの言われ

企画会議のも本当に

あので言わんかいるって言う事で

大分そのなんてのかな

例えばその商品とか製品のスペックであるとか

価格ってあるとか

そういったそのビジネスに

直結するところを決めていくところにもライブ

そのあの良い意味でのチューニング

楽を入ると思う

んですねで

それが本当に

あの授業が始まる

瞬間からこいいたパターンのその仕事を学ん

プロジェクトとデザイナーを入れずに行った

パターンのプロジェクトで

誰もそのパフォーマンスがだいぶ

その出口時点で違うで

この多分出口時点で違うっていうのは

たぶん昔からそうだったと思うんです

ね例えばソニーのデザインが凄く良くて

walkmanっていうのはまあ技術的も素晴らしい

島ideaさっきほど

下か損しちゃってましたけど

ビッグアイデアだった子だけど

やっぱりプロダクトデザインが良いっていうところ

でまあそこまで言ったってのがサマー

実は昔からあるんですけれど

もあのやっぱりデザインが

これだけフォーカスされ始めたのはやっぱりこう

歴史の流れで見ていくと

2015年ぐらいからが

やっぱり一回カートですね

あの大きくなってきて

あのデザインがいいね

あの重要な重要だと言われていた

その例えばそのきゅーじゅー

年代にじゅー年前の様子

と今の様子を比べると

あのはるかに規模感が違うと思うんですね

なので例えば皆さんが

日々をお使いのgoogleのサービスとか

appleのサービスとか

インスtagramであるとか

例えばエアビーアンドビーとか

こういうこう体験をあの使って

さっきsnsの話もあの水野さんの

方からもありましたけど

やっぱこれいいよ

っていう風に行くを伝える時の

かなりの部分が

そのデザインの力で

こう構築されるようになってしまってて

電波能力ってか幹線乗り換非常に高いので

あのビジネスにま遊びだと

マーケティングのレベルで

非常に高直結が効くとなのであの

企業の中に

デザイン学を導入されていくときに

実はそれをコウラださいするっていうか

あの裏表の関係で

先進的なマーケティングを入れる

デジタルマーケティング入れるってのと

前原ブランディングっていうレベルまで高められた

長期スパンのデザインっても入れるって言うの

同時に入れると

ものすごくパフォーマンスが上がるパターンが多くて

で最近はあのそういう意味では

リコーアメリカのスタートアップ

なんか見てても顕著なんですけども

新しく事業を作る

もしくは会社を作る時に

デザイナーをパウダーに迎えないことの方が珍しく

なり始めてるんですね

例えばアリババっていう

会社中国ですけれども

いちろくなな人えーと確かサンダーがいて

二人はデザイナーですね

そのうちので

エアビーアンドビーなんかをさん人創業者いますけど

二人はデザイナーだったりします

なのではそういう人たちがその生活

うまく降りて

オブライフとか

まゆゆざとかっていうところと

あのマーケティングとかって言うと

ここを有機的に考えることで

やっぱこうなんてますかね

ビジネスの子打ち上げ角度が

まあ明らかも変わるとなので

デザインというのは

ただその当時の額で見るとですね

蔵のサムソンの方に聞いた話なんですが

例えば半導体の控除一個作ろうと

すると結ん100億の投資がかかるんだけど

デザイナーせん人雇ったってそんなになりません

とだからサムソンは2000年の前半にデザイン

優先型ってことを

あのイオン日って

前の会長さんがあのやって

数百人にさんびゃく人だった

デザイナーをじゅー

年間でせんごひゃくにまで増やした

んですねただ

その反動での投資に比べれば

大したことないとだかものすごく実は

レバレッジの効きやすい型資源なんだよって

こともおっしゃってたしね

それがやっぱりインターネット以降のビジネスの

いわゆるひとつのコンポーネントとして

出てきてるのかなって思いますね

また的な

立場からするデザイン

ちょっとちょっと置いてもいいかな

と思う人が多いかなと思ったけど

ブランディングと何というそれ俺の仕事だろう

みたいなところで

デザインとブランディングと

非常に密接だと思うんですけど

そこらへのとらえ方が違うこと

言ってた後継者の意識はずいぶん違っ

てくれなかったんですけど

なんか今までやられて

そのブランディング着物とデザインの関係とか

立ち位置みたいなのことに関しては

瑞穂さんがどういう風に言っとかな

僕はのブランディングデザインという授業

慶応大学でやってまして

このブランディングデザインって言ったのは

ご年前

だったんですね

でご年前は検索するとですね

ブランディングデザインっていうのは

一人しか入ってなかったんですよ

この日本ではそれでまあ

授業名としてブランディングデザイン

いいなと思って使い始めて

僕以外に一人しかいなかったので

今ブランディングデザインで検索すると

ものすごくんですよつまりですね

このご年間で

ブランドとデザインっていうことが

どれだけ結びついたかっていうことの表れでも

あると思ってね

僕はブランドとは見え方のコントロールである

っていう風に言っていて

でそれはあのもちろん産業とか経済とか

いろんな経営とかという

ことと紐付いてるに決まってるんですね

でそれは言わなくてもわかってると思うんです

皆さんなので

あえて見え方のコントロールであると

つまりどれだけ良いもの

作っててもどれだけいいこと言ってても

見え方が悪ければ

それは全く伝わらないっていうこと

言ってるんで結局

そこにはやっぱり

デザインという力が

どうしても

必要になってくるんじゃないかな

という風に思ってます

下から佐賀の有田焼のよんひゃく

年の迷わ有田のブランディング

ってところやられたと思うんですけど

その有田に関して言うと

ブランディングとデザインって戻ると

雷だって

やられたそうです

今あのくらいですかね

私とあのそこにいる

あの舌のうらなり君というあのー

吉田クリエイターと本当に助けてもらって

四年間有田焼のよんひゃく年

授業の運転テクターっていう

メールしていただいたんですけど

あのますいくつかの校授業があるんですね

それも

ほとんどやっぱりこうあれ

定期が売れなくなったから

それ何とかV字回復させようよっていう

あのプロジェクトなどで有名なま

奥山さんとか見上げるとか

そういうその他のデザイナーを使って

商品開発をするっていう

あのプロジェクトはたくさんあったんですよ

それはそれであのつくと

進行して成果を挙げつつあるんですけれど

あげてあるんですけれども

あのそれだけが問題じゃない

なっていうようなことをあの一緒に行こう

勉強会有田持って行ったんですけど

あれ誰バリュークリエーションラボ

ありがとうつー歩っていうのは

毎月開催してあのいろんな問題意識みたいな

ものを共有して

そうするとまあ国内需要が落ち込んでいるとか

ツァの在庫がたくさんあるんだと

商品アイテム数めちゃくちゃ多いと

そういうところを

何書くを解決しなきゃいけないし

実はそれを価値創造の前

シードみたいなものにして

国内需要を喚起できるんじゃないか

なっていう

ような仮説を立てて

いくつか高価なまとまったんですね

そうするとどの窯元も共通して作ってるのが

だいたい直径きゅー

センチからじゅー

センチくらいの豆皿っていうもので

非常にかわいいし値段もこなれているし

しかもその窯元の得意な技術とか

表現力とか歴史みたいなものが

凝縮している

これをそういうのが在庫で沢山あるわけで

それがマーケットに届いていないと

でも我々がごを見ると上手く編集をして

あの一つのブランドにして

マーケットに顕在化させれば

これはあの動くんじゃないかなって

いうことでまあ

いろんなどういうアイデアがいいか

なと思ったんで

前採取できない一冊の本を作って

あのーそれを流通させることによって

その有田豆皿って言うもの

あるいはその街にしたい

有田豆皿プロジェクトみたいなことでやったので

まあ気にしないみたいな言葉とか

そういったものを

こうまブランドのフックにしていて

マリオとさせたんですけど

本当に一枚せんえんぐらいのものから

あの今井も参加型もおっさんのあのに

まんえんさんまんえんっていうものまでに

じゅーろく窯元ですかね

それもしたい一冊の本を作ったところ

やっぱりそのものはこう動き始めて

有田焼っていうものがやっぱり認識

されてあのマーケットとしてこないの

中では色んなところで

本当にtsutayaさんと君のところで

ポップアップショップで売れて行って

今売上としても

それまで何の富も生まない

在庫を断ったものが

彼の売り上げは年間コースせんえんから

1億円ぐらいで売れるようにこうなっ

ていてもよんひゃく

年授業終わってますけれども

我々がやったことを

地元のは勝者の若いスタッフが引き継いで

あのそういうものをやってみたい

新しいことを考えてみたり

っていう風になって

あのデザインの力っていうか

まぁボクはやってることはそのいわゆるえーと

こういう商品が

売れなくなったから

商品のデザインを変えようっていうことではなく

てコミュニケーションのデザインを変える

そこに問題があったんだっていうところを

発見して解決して

あのお金を

マーケットとのコミュニケーションに強くしたっていう

ところなんですけれども

まあそういうやり方もあの

実はあのあるんだなーっていうのは

すごくそのプロジェクトで感じましたね

ボケの花やってて

なんか旅行も

やっぱ人ってこう右脳的な感覚的なものは

好きな人とそうじゃなくて

傘持って来ていますかね

頭を使いながらって

人がJA別れんじゃないかな

と思ったりしてる

んですけれども

で特に私したいさんだとかと組んだりって

言っときにはどちらがあってなくて

わん個左脳的な方と

一緒に盛り上げていかないと

なかなか沖縄出てこないんじゃないかなと

思うんですけど

それが非常にもどかしいと

難しい時間が

かかってるすんじゃないかなと

思うんですけど

そういった時に水野さん達

どういう今までの経験でうまくママ

今日ちょっと言葉変かもしれませんけれども

今ここチームとして

強度を出して行かれるんでしょうかね

まさにそこがすごい課題だと思っています

えっと僕がよくいろんなとこで言ってるのか

デザインを

必要としている人

それは今の話で言うと

左脳的な人かもしれません

でデザインをする人で

今の覇者と右脳的な人も

それを橋渡しする人っていうのが

まあ行ったり来たりできる人

この三者のうち

誰かがどうにかできると

うまく行くんですよねで

これをできるのが僕

はクリエイティブディレクター

という風に言ってるので

あの僕がすごい好きなクリエイティブディレクター

僕が思うクリエイティブディレクターの中に

スティーブジョブズっていう人がいて

まああの人はかなりデザイナー方面なんですけど

やっぱり橋がかかっていて

あちこちあちこちができるんですよね

なのでそういう人を企業はいかに育てるか

もしくは外部から招聘するか

あのを見極めて

いち早くそこに取り組んでいくことができると

いいんじゃないかな

というふうな話をしています

でじゃんその人たちを入れたことによって

どうなるかというと

それって通訳なんですねなの

で言葉がやっぱり通じないってことが

おおにしてあるんですね

なので言葉まず

言葉が言語が

しっかりと通じ合うことができるような

そういうあの人材を確保していく

ということがまず大きいんじゃないかな

という風に思います

ということは

そのトップが橋渡しができる人じゃ

なくて外部から引っ張ってきて

通訳的な立場で

橋渡しをしてくれてもいいとこですが

それがたまたまトップ画ができた人だった

と思うんですね

でも先ほどのサムスの話もそうですけど

やっぱりそれができないんであれば

経営の直下に

クリエイティブをドバッと増やすっていう方法

もあるんですね

今サムスンのレアが出ましたけれども

資生堂さん何ていうのはママサイスル

ずっと昔からやっているわけですよね

なのでそういう企業っていうのは

やっぱりブランド力ってのは

どうしても高くなっていくんじゃないよ

なんか今までやられて来いったことを

やるとうまくその橋渡し

チーム編成ができるってのは

どういうポイントありますでしょ

もう今水野さんがおっしゃった通りだな

と思ってまして

どこかの体の半分はエンジニアリング柄

技術テクノロジーの方なんで

あの僕自身がその捉えているも本当に今

水野さんがおっしゃったものの

ほとんど同じ解釈なると思うんですけど

あの日本企業は多くはですね

ビジネスとテクノロジーとクリエイティブ

このbtcトライアングルとか

btcモデルって言ってるんですが

BとCとCですね

で大半の企業ってなB型なんですね

だからビジネスとテクノロジーを

すごく理解してる会社との

いっぱいあるんですけど

Cがなくてですね

ねただなくてって言ってもいるんですね

このデザイナーってな

世の中にいっぱいいるんだけれども

あのビートTの間のリンクっていうのは

非常に強いんですね

多分あの自動車会社とか

電機メーカーのエグゼクティブの形

っていうのは

テクノロジーとビジネスのことをほとんどフラットに

かなり有機的に理解してるはずでじゃあですね

同じようなレベルでビジネスクリエイティブの間

おそごなく完璧に行ったり来たり

できる人はどれだけいるかっていうと

多分母数からすると

BT型のハイブリッドに比べると

BC型は極端に

少ないで多分水野さんは

その日本の中でも稀有なこのBCの間を飛ぶ

待機してらっしゃる人なのかなとなので

パフォーマンスがため

ものすごく高いんだと思うよね

でアセット日本全体のセットとした

実はC型っていうのに最低ですね

いろいろC型

いわゆるみなさんが思われるって

ザイナーってのいっぱいいるんですよ

なのでこの子さんとこの日とか

BT型の企業を広どうやって

ここに来パイプを通して行くかって事やると

結構こシナジーが出てくるよね

ってのが結構あるんですね

でももう別の方向三角形

何でこのbtcを完成させていくときに

あの言われPCの方で繋げていくやり方と

もう一つあるなPCですね

よりテクノロジーとクリエイティブの間をつないで

トンネル掘っていくっていうやり方があってで

こっちがあのデザインジニアリングって言われてる

なのやつで

企業とR&D一緒に会ったりとか

ま例えばその

インターネットサービス

もうすぐ新しいことをチャレンジして

みたいってところに

最初っからデザインを注入して

送っていうやり方ですね

このたぶんどっちかでbtc化した企業ってな

多分ものすごく強くなっていくっていう

漢字をちょっと理解をしていてなど

具体的にその他他のトップ

がB型だったのがトップの帰り

新型に変わってなく

企業が大きく変わったとかって

二で割るとかありますか

あのにユニクロさんとかも

BTだと思うんですね

サプライチェーンマネジメントといわれぬふめー

しょんテクノロジーがあってで

そこにだけどやっぱユニクロ様チーフ

クリエイティブオフィサーのような

あの人ってのがいいですねんで

あのそれで特にあのユニクロさんは多分

そのPCをつなぐことで

完成されたbtcができてませんで

多分それはあの矢内さん

ご自身はクリエイティブのことの価値は認めて

多くは認めているが

それをこうテクニカルに移行

運用すること出来ないの

それ誰かに

ご帰宅をするっていう形だと思うんですけど

てのがまそうですね

例えばじゃあPC側から行ったあの所は

どこかとか言うと

例えばのダイソンなんかはかなりそっちかな

という感じがあってですねえーと

jamesdyson自身が自分のことを

好デザインエンジニアと読んでいて

中ビジネスとテクノロジーに

PC側からクリエイティブが豪華チャット

くっつくことで

だからダイソンって

結局あなんか物が壊れた

電話しなきゃって言うと

なんかものすごいスピードで

コミュニケーションが終わって次の日に行こう

交換部品が届いたりとかって

のあるんですけど

そこはやっぱり来た

行けんかっても非常には大きく捉えてるし

デザインってものを枯渇すって言うことを

真の経営陣たちがやろうとしているので

あの普通の掃除機のメーカーより

もっとパフォーマンスが高いとかで

ことあると思うんですね

あのーで最近のフィン

テックベンチャーはかなりbtcだな

と思っていて

建具マネーフォワードさんとかも

あの辻さんが本の中で予約する

薬っていっぱい書いてあって

そのデザインとか体験というのがあるから

このフィンテックって

難しいものが

一般の方々も落ちて行くんだって言う

またもこういう理解の

仕方をしていくと

やっぱデザインっていうのはもかも

本当にシンプルに考えると

まぁ会場の皆さんがビジネスをやりになってる

時に減って

クッパのビジネスとテクノロジーを活用するけど

デザインは行ったことないよねって言うけど

デザインそこに入れるって事で

入れたパターンと

入れないパターンで

なんとなくご年後のビジネスを考えていくと

か圧倒的にデザインがあったほうが

たぶんパフォーマンスが出るだろうな

という風に思いますよね

で水野さんと多田さんは

誰も学校の方も損

デザイン家を出てたんですけど

下がさん実は私と同じ同級生であの

デザインを専門的に勉強してらっしゃらね

それにもかかわらず

日経デザイン編集長やってたって

そのデザインがちょっと遠いなーとかね

自分からちょっと離れた

正解かなって思ってるような方々

これから打った

意識を変えていかなきゃいけない

と思うんですけれども

そのデザインだったか

クリエイティブな部分を近くに

来引き寄せてくるために

届いたことにすれば

言ってるような感じでしょうかね

先ほどはどちらの皆さんもしちゃってる

その全てのものに

やっぱりこうデザインがある

ということに気づくまでに

あの私も何年か実はかかりました

スプーン一本なんとなく使っ

てるけどそこにデザインがあり

デザインがあって

初めてそれを製造できるということに

気づくまでにも来て

この数年かかったんですよね

まあだからあんまり

あの学びが上手い方

じゃないかもしれませんね

もうあのそういう風に考えると

身の回りにあるもの

全て削除しちゃったように

このチラシいち枚あるが

あのトイレのに貼ってある張り紙一枚なんてでしょ

カーペットのあの例えばその足の長さとか

そういったまま

全てデザインされているものなんだ

と思ってみると

デザインを見る力みたいなものはあのそこから

あの僕はあのあ

デザインってこういうもんなんだ

っていうところに隠しに向かって

あの少しずつドアの歩いて行けたかな

と思うのでこれママの日々どこでもできます

電車に乗ってもできるし

車運転しててもあの出来ますし

あの食事しててもできるなんか

ちょっとこの中でこうデザインで

なんか違和感あるものってないかなー

とかそこになんか問題あるかなとか

そういうことをなんか考えれば何もこう

絵を書いたり

あの設計をしてみたり

ということをしなくても

あのデザインっていうものの

核心に向かって歩き始めることは

僕はできるんじゃないかなと思って

今ちょっとひょっこり芽があったん

ですけどここに

あの主婦のまちむらさんがいらっしゃいますが

シェフ鍋料理って美味しいもの

作っていう部分と登場するね

どう森やってすんのかなとか

デザインでかかってくると思うし

破れたところも味覚だけじゃなくて

鍛えなきゃいけないと思いましたがあります

そのデザイン的な

味覚じゃなくて

デザイン的な部分を料理人として

どういったことで感覚を磨いてるかな

まあ僕が考えてる料理人は

あのまず生産者の通訳であるって事

なんですね

体多分生産者は自然の通訳だとで

僕はそれらの実家が農家なので

農家の現場見てたから多分こうやって

いるんですけど

まだから自分が料理作るとき

盛り付けるときは

やっぱその生産者の思いで行ったり

生産者の気持ちがお皿に乗るような意識は

持ちながらあの盛り付けはしてます

日にはできないと思うんですけど

どういうどういったことを誰も

逆に皆さん方が来る時のデザインの

デザインとそのひらめく場所ってなるとまぁ

こういう場所だと思いません

こういう場所ってない僕にとっては

やっぱりこの場であって

その場っていうのは

料理に世界とは市場だと思ってました

やっぱり一番に毎日通う人ですね

毎日違ったものが入ってくるので

俺が毎年じゃ同じ

時期に入るかしたら同じ時期に入らないので

今年は例えばあの秋が早く来たなっての

食材によってこうを伝えられる時に

それを素直に受け入れて自然体として

それを上手に生かしてやろうか

と思えるかどうかが多分あの大事なので

まずは一番に書くこととそれと同時に

僕は山と海には必ず行くので

そのトライアスロンも

実はのインスピレーションに行く間だ

と思いながら海で泳いでますけど

今の海で泳いだり

誰か山登りながら

あの季節の移り変わりを感じるような

自分自身が自然体でいたら

あの料理をお作りいたし

続けることは簡単なのでその訓練

とかそういうふうに

自分を自然と共に来を感じやすい環境に

実は置いてます

後は世界中こういう色なカンファレンス出たり

旅をしながら今流行ってる

物っていうのだけは

一応チェックはしてますけど

使うかどうかの判断に従ってます

今ママさんも福岡出身ですしなんとなく

九州っていうエリアっていうのは

クリエイティブだ

カンドって今しかねぇだろ

全国の偏差値はないですけど

ちょっとちょっと高いんじゃないかな

と思ったりしてたし

話もさっきしたんですけれども太くと旨味

どんな形お仕事されてて

九州ってことで

入って何か感じることあります

か九州はやっぱり僕

宮崎県も熊本も

福岡もお仕事しているんですね

なのでで他の所では

あの東京以外はないんですよねないかな

ほぼないんですね

九州はやっぱりブランドっていうものに

すごく関心が高いんじゃないか

なっていうのは僕の考え方で

それはやっぱり高吸収

と言う地域の成り立ちに

やっぱ紐付いてんのかなと思っていて

ファンが強かったと思うんですね

廃藩置県の版画でその版の考え方があり

すごい強いから

それはイコールニアリー

イコールブランドの考え方に限りなく近いんで

ブランドが話をする時に

そんなに高抵抗がないと言うか

あーなるほどねっていう風に

予選チームを美しく見せていくって

ことだよねっていうことなんですよね

なのでそういうことから言えば

まあ理解が早いし深いということで

まあそういう感度が非常に高いのかな

という風に思う機会は多いですね

どちらかっていうとかの田舎育ち

の人間の方がデザイナー的な人材

見ていた時に

ちょっと重いんじゃないかなって

思ったりすんですけど

これ多分小さい頃からのjava環境の多様

性って言うな

ところが影響してんのかなと思うか

個人的に思ってるんですけれども

他のさんとかに来て際なのか

とか触れ

ててどういった形デザイン対して適正

もう怒ったがいるかとかっていうの

買ってたことありますかそうですね

あのー経営者には

ちょっと通じると思うんですけど

音楽好きな人多いですよね

あのなんか僕らも

クライアントでトップの方々と話をしていて

非常にそのブランドを

扱うのがお上手だなとかですね

いう人たちなんか

あの大学時代のサークルでギター弾いてました

とかあの家もほとんどセミプロでした

とか言う経営者の方結構送ってね

そういう方々は多分その暗黙的にっていうか

こう叫ぶのさの話もありましたけど

後は音楽であるとか文学

であるとか経てば映画とかということが

その人間のそのすごくあの感動とか

まその豊かさに繋がる

っていうことを学んか分かってらっしゃるんだ

と思うんですよね

でそこの感覚値が

やっぱビジネスのあのロジック思考と

ハイブリッドに組み合わせた時に

非常に強いものになるって言う

ことであのなんとなく

その地域的にっていうのもあるんです

けれどもやっぱそういうふうニコ

ちっちゃい頃から音楽が好きでした

とかお城お城っていうのが

僕らの育ちは熊本なんですけど

熊本城ってのがご機嫌やって

嘘なんか見てて石垣綺麗だな

なんかそういうことによっ

て日々触れている環境

ってのもあるのかもしれないですね

だからの金沢とかもすごく多いですよ

あのデザイナーの方とかはね

だからやっぱり公文かま

熊本なんかそうなんですけど

永青文庫って買って

箱アートとかヒストリーとかをすごく何ですか

いいものだっていう風にする

ところにプライド感じてる人たちもいるのでも

ある程度さっきね水野さんもしちゃいましたけど

そういうとこらへんと

うまく組み合わせていくことで

遊ぶことねっていうことで巻き込んでいって

あだったらやれるか持っていようなあ

この階段を踏んで行くと

やっぱりやりやすいのかなと

後伝統の長い企業あのね

黒木さんと亀あられてますけどば

長くやっぱ歴史を紡いでらっしゃる

企業さんとなったブランド

家紋とかもそうなんですけども

あの=ブランド家っていうところがあるので

あのそれもやっぱり地域に根ざしている

その言わるリーディングカンパニーで

結構歴史の長い

ところが多いので

そういう方やっぱ

創業者の方々とかはやっぱりこブランド

あのデザインってのは

すっとやっぱり声になってるとか

多いのかなと思いますね

今に来られるの編集とかやられて

デザインのこうなんか変だとか

トレンド流れってなるのかな

と思うんですけどこれ

から今どういった方向に向かってるんじゃない

かなとかこれから5年

10年先デザインってのは

どういった視点を入ってくるんじゃないかな

とかってありますかのトレンドっていうのは

なんか表面的なことだなと思うんですね

流行とかっていうのは

むしろそのデザインを

活用していくのかっていうところかな

僕は思っていますで

例えばその公務員の方々とか

会社員の方がいろんな人で

自分とデザインはあんまり関係ないな

と思ってる人がじゅー年前は結構いました

このじゅー年間で増えましたね

僕はこのじゅー年間でもっと増える

それがあの

大きなトレンドなんだろうな

という風に思っています

行田の吸収となんか来てない

みたいな話ブランド話しされましたけど僕

佐賀県出身じゃないですか

で佐賀県で佐賀藩なんですけど

ちっちゃいはなしあらゆることでこう

日本一になったり

ナンバーワンになったりっていうことは

難しいだからなんとなく

みんな人と違うことをやって

オンリーワンになって

時々あの全国を秋吉様みたいな

あの気持ちでどっかにあって

だからあのそういう時に

何を使えばいいのかなって言った時に

多くの魔片長の方々とかが

ちょっとしたデザインって

そういうとこにな

んじゃないのかなっていうことに気づいてる

気づき始めてる人が結構いて

そういうことが日本中でトレンドとして

あの怒っていくといいなと思ってるし

そうじゃあそろそろ

全体会に入るも前なんですけど

深い息を聞きたかったのはもう寒かったが

これから九州をどのように

切り取っても企業全体でも構わないんで

九州をのデザインっていう切り口で

何か好き勝手になって言って

折れたらどういったことを仕掛けて

何かこうブランドか家にいますかね

それ九州ので嫌かもしれませんけれども

どういう風に書いたらいいんじゃないかとか

アイデアと

あれば教えて頂ければと思うんですけれど

下川さんのから最後かと思ったって

難しいですね

あの少ないのかもしれないですけど

あの九州って僕の今のあのクライアントと

直接仕事をする人たちのはちじゅっぱーせんと

以上は工芸家の方なんですよ

高原への事業者がほとんどですで

九州にはそういう方々がたくさん

実は今ちょうど誰かさんのおっしゃっていた

ビジネスとテクノロジーとクリエイティブで言うと

工芸事業者ってのは

このビジネスと

テクノロジーが一体化したものであって

対立構造ではなく一体化してなんですよ

なのでそのBTBT複合体

クリエイティブの関係を強固にしていけば

よってそこの間に

あの僕が入ってお手伝いをしていると

正しい僕お手伝いをするって

どこがすごく大事でいつかいなくなりますよ

僕たちは本当に

あのいち年くらいでいなくなります

あとはこの二つのユニットが

言ってきに送信でき

ませんよっていうことで

仕事をしてるとかあります

どっかのエリアを切り取ってとか

どっかのエリアですか

あのですね僕死んだってこともあるんですけど

長崎佐賀福岡っていう子の北部

九州ベルトって言う

ここはまあかって長崎街道という道があって

長崎出島から小倉まで砂糖

を運んだっていう道があって

その中にその道沿いにあのー例えば

カステラがあったら羊羹があったよ

おまんじゅうがあったりすると

相性の良いお茶が無産地があったり

それも楽しむ器の産地が沢山あったりして

非常に口を結びやすい

ひとつのベルトをなしていてもうなんか

ずっと前からこのプランっていうのは

いろんなとこで言ってるんだよ

なかなか鍵を越えてっての難しいんですけど

むしろさっき言ったよな

この事業者との強い結びつき同士が

そこでつながっていくような

何かプランを組めたらいいなってきましたが

いかがでしょうか僕はあのツーリズム

かなとは思うんですね

でこれパリアジアからやっぱたくさん

旅行者がやってくる時に

そのどういう体験も

やっぱり子九州でしてもらえるのかなと

まあ僕も休止の出身なんで

九州全体でいくと

あの九州っていうブランドは多分あんまりですね

なんかにいると感じられなくてご日

熊本ってな何となく感じられるんですけど

九州と思ったことがあんまりなくて

福岡の人も多分福岡と思ってるけど

九州と思う素手思えないところ

ちょっとあるのかなってあって

そこを何でじゃあひっくり返してオール

九州っていうふうにするのかというと

ツーリズモあると思うんです

ねでそれは例えばじゃあ

そのフェリーで熊本に入ってきます

ただ熊本の中だけを港周遊してたら

帰るってことではなくて

例えば熊本に入った後にいたとは大分に行こう

あそこへて行き

それで福岡で買い物していただいた後に

帰ってくみたいなことになる

とこまたいで行くの

でそのまたぐ中で例えばですけど

全ての情報が

スマホから以上に簡単にアクセスできません

とかで例えばそのあのなんか

キーワードを入れると

そのこういうのがありますよとか

レコメンドがありますとかそういうのもね

中国の人とかまあ

あのalipayとかそういうことに慣れて

いるのでそれ

その体験みたいなこととかまとは

デジタルから切り離されたばローカルローカルでの

やっぱ粉まみれの体験とかってことを

あのデザイナーとかを入れて編集していて

ごーいち段に段上野

そのレベルのビジネスに

そのツーリズムとして鍛え上げて言ってて

それをなんか手

コキしながら俺達何となくきゅー

週間持ってるようなところに行けないかなと

でこれやっぱりあのデザインを投入すると

みんなやっぱりこうハッピーになるっていうか

ビジネス的にもいいし

来て頂いた方にもいいし

あそこでデザインの貢献も芽生え

それでなんとなくあのオール九州って

ブランドがそのツーリズムの予告して

刺さって作られていくっていうのは

あの比較的濃い真逆に

とやんなきゃいけない

仕事なのかなってのもあって

なんかそういうこうモメンタムっていうか

ムーブメントがこれだけじゃないんですけどね

そういうのが出てますけど

もうそこに行こう

デザインとか大剣とかまゆある

その体験があることと

あともうかるって言うと

カナコソコン

泣く子パッケージされてるような

ことの入っていくってよな

先ほどの密かなんだ知らないけど

それじゃんだから

どう見えるかっていうことも含めてですね

なんかそんなことができるといい

のかなと思います

仲が悪いんですか

九州はあのねマークはないんですよね

だけど多分外の人から思うほど

九州入ったいって言う体感値はね

多分なくてちょっと言葉も

やっぱり違う場所に来てね

あるのかもしれんし

町村レベルのある何かありますよね

僕はそのおっしゃる

通りで九州っていうブランドができると

強いんじゃないかなと思うんですねって

やっぱり宝がすごいいっぱいあると思う

んであの海産物もあるしま農産物もあるし

お酒もあるって言うんで

あのそこにあぐらをかいてると言うと

言い方が悪いんですけども

宝がいっぱいあるんで

あのそんなに努力しなくても

それなりにやっぱりブランドがあるんですよね

でもだからといって感じていると

あの北海道物産展とかに

やられてしまうわけですね

なので今ここは一度皆さん

あの九州物産展が一番入場者数が多くなる

っていう仕組みを考えた方がいいかなと

まああのさっき松島さんがおっしゃってた

その市場っていうところで

高速イノベーションが起こっていくっていう

話は飛ぶが解釈してんですけど

それを素材をくっつけていくっていうことは

イノベーションだと思うんですね

でまさに九州っていうのは

その素材にすごく溢れてるじゃあそれ

をいかに接着していくかっていう風に考えると

やっぱりそこには

接着するための情熱と危機感がないといけない

とこですねなので

その情熱と危機感を持って

あの皆さんで接着されていくといいのかな

というふうに面白いですね

確かにあのね

北海道物産展とかありますけど

九州物産聞いたことないですもんね

はいじゃあ残り時間もあとじゅっぷん

ちょっとなりましたので

皆さんの方から何か質問があればと思います

けれどもじゃあどなたかありますでしょうか

誰にとかやって撮ったのこれ

誰かさんが水野さんだと思うけど

二つだけ二つあります一つ

がのうちのに番って前の会社

うちの会社の話で恐縮なんですけど

四年前ぐらいにに番目のデザイナーとして

入ってきた男がいてですね

今家を出てない

何の授業打ってにじゅー名

超えてきてるんですよねんで組織場ですね

その彼は全くミスをずっとしてないん

ですよまったくオペレーション情報

マネジメントもうまくやって行くんですよね

で俺はそれが不思議でならないので

1回話をしてみたんだ

その入った時全く兆候してなかったんですね

ただのデザイナーだと思った

ずっと話していくと

問題解決問題を発見する力が

すさまじいなぁと

思ったんすごいすごいとなんなら

俺よりも先に

何が問題かって気づいてるわけでしょ

で倉庫をしてると次はクリエイティブの不調

どじんちの風呂と時間がないハイブリッドで

今兼任させてるですね

5回奥深いので

こいつはどこまで行くのかなって

すぐ見てみたいんですけどこれ

はでも彼欲がないので

子会社の社長とか

お世話になるぐらいまで

役割を果たしちゃっていいのか

はたまたそうした時

どういうとこ気をつけたらいいのか

なーっての一つと二つ目が皆さん僕

洋服が大好きなみんな全員白なんですよね

これなんかあんのかなぜ狂四郎なの

かっていうのと僕もしようしろはっちゃんで

特にお2人にとって

何で白なのかって言うと

ご自身とってしろって

どういう定義なのかと聞いてみたいなと思い

はいはい才能の村上と申します

お話あれございました私はですね

人材育成のnpoと今

九州大学の方で新しい

カリキュラムの製作ってのに

携わらせてもらってるんですけども

その点で先ほど言われてた

その橋渡しコミュニケーション

翻訳ができる人材が必要だっていうところで

そういった人材って

どういうスキルが必要なのか絶対

そういったスキルが身に付くものなのか

どういうことを学べば

そういったスキルが身に付くのか

っていうのをちょっと

先ほど市場市場って所を言われたんですけど

まそういったことでもいいので

何かヒントをいただけたらと思います

よろしくちゃうこれは橋渡しという言葉でで

水をさんにー杯

あの九州を通して

まあ海外の文化っていうのは

いろいろ入ってきてます

お酌をした中で吟味をされて

まあの本当お肉っての学校

日本の文化の流れているのは

いっぱいあったと思うんですけど

今回ここに九州のクリエイティビティてある中で

九州は特に福岡なんか

アジアの玄関口と言われてますけど

空の玄関口として僕ら

は受け入れるだけで外に出したこと

何があるかと

また外に出さなきゃいけないことが

実はいっぱいあるんですけど

そこに起きる中でのクリエイティビティ

っていうのを

どういうふうに考えられてるのかを

ちょっと聞きたいなと思います

誰あの皆さんに何か一つずつ

これが九州の

クリエイティビティが足りないと思い

一人何はいはい

はい後でその能力を見極めても

いいかっていうことを教えていただけたら

と思いますリクルーティングに置いておいて

はいあの奥本みずほと申します

私は武蔵野美術大学

在学中にwebデザインの会社を作って約に

じゅー年ぐらい前の話

なんですけども行ってきましたね

btcの話がすごくわかりやすくて

B型BC型の経営者がいると

btcがそのバランスできている

というかあの

経験者もいるかもしれないんですが

そういう例を教えていただきたいな

と思いましたよ

それはじゃあ結構みぞうさんしてるか

なと高田さん

さっきの止め方と

スネアの三つあったと思うんですけど

組織の中で

クリエイターをどこまでこう上げていくかで

後えーそうですね

おじさんから頂いたマーチ福毛

乳房どうやって見分けるのか

後btcの話なんですけど

ちょっと繋がるところがあるので

まとめてお答え

すると組織の中で

クリエイティブを作っていくとか

組織化して行く時には

日本企業で砕いた二パターンかなと思うして

一つはボードメンバーに

やっぱりクリエイティブっけをきちんと吸えるで

呼び方色々あります

チーフデザインオフィサーと言ってたところも

あるしチーフクリエイティブ

オフィサーまでで一番新しいのですね

chiefexperienceofficerって

ばれているデザインっていうのは

餌をやることが仕事なのではなくている

顧客体験全体に対して

その責任を持つ人である

っていう風に定義をするとブランドの話も

例えばスマホのアプリの使い方を

始め全部格納できるのでcxoですね

chiefexperienceofficercxo

経営者の脇にctoとか

あのCMをとかと

同じレベルで置いていくっていうのが

多分一番良いですね

でその人自身が社長になるかどうかってな

またその先の話なんで

そこちょっとあの属人的な

話になるかなと思います

でそういった意味でえーとですね

星さんから頂いた見極め方なんですけど

あのボートメンバーレベルにクリエイティブ

過去入れるかどうかっていう時はリトマス

試験紙はやっぱ必要でも

みぞうさんがおっしゃった通りの通訳

翻訳が必要ですと出長尺で見た時に

そのイクスペリエンスとか

デザイン品質を上げていくと

レベルにきちんとなります

ということが

棒のメンバーに対して理解可能なレベルで

コミケとできるかどうかっていう江戸川の話で

もう一つはですね

その話を現場のデザイナーたちに

きちんと伝えられるかどうかですね

なのであの

これ実は下川さんの話来てるんですけど

アイデアのレベルの話と

クラフトのレベルの話を両方

その人が内在的に理解をして

コントロールできる能力があるかってことを

面接に何で判断する人がいますね

簡単に言うとですね

デザイナーとの面接とアートボード

メンバーとの面接を別々に

やり全然違う品質で行った時に

両方ときちんとコミケとできる

その素質を備えてるかどうかってのが

非常に簡単ですね

ママじゃあこれ

絶対行った方がいいかなと思います

でbtc型の経営者が霊があります

かというとこで行くとも

今日のセッションで

かなり出てましたがよく

言われてるのはスティーブジョブスまた

jamesdysonあとはえと

エアビーアンドビーの経営者たちを

全員btcですね

だし多分まザッカーバーグにしても

あのgoogleの二人の

あの経営者等についても

かなりbtcかなと思います

なのでインターネット世代

以降のあらゆる企業の権威者

たちは基本はbtcであって

多分今日会場にいらっしゃる方

の何人かもも

自分はbtcかもなと思ってらっしゃる方

結構いらっしゃるんじゃないかなと思いますね

はいはいじゃあ後もにふんちょっとでいいのさ

あのダイジェストで僕はやってみて

ダメなら元に戻せばいいんじゃない

かなと思いました

城はぜろポイントだから来てます

デザイナーは本を読ませるって

言う事が一番いいと思います

松島さんの話は

僕はあの向こうに発信するんじゃなくて

こさせるっていうビジネスモデルをやばい日本じゃ

もっともっと勉強するべきなんじゃないかな

という風に思い

ました見極め方はぼか結果をとにかく見て

そのやらせて結果を見て

もしくはこれまでの実績を見て

雇っていくのがベストなんじゃないかな

という風に思います

あとbtcでうまくいったら

ボカンlineをものすごく見てます

特にTCいいですね

あの素晴らしい会社だと思います

橋渡しのスキルを磨く橋渡しのスキルは

ですからのまあ本を読んでるんですよね

やっぱ橋渡しができる人間ってで

特にクリエイターって本当に本読まないです

あまりにも話が通じないから

こんなことあるって言ったらありますよって言う

怒られてなんだ

小樽って言ったらご冊あります

かって言ったからだから

もしかしたら

そういうことで

解決できることもあるかもしれません

下が白に感謝はどうですか

いやでもないんですよ

出張に行く時には白がベース

それであのこの場で話しても

あのしろっていうの

きちんと機能する下手パーティーに行っても

機能する

しあれはこの後としたら

佐賀県知事は

来いって言うかもしれないじゃないですか

その時なんかすっごい柄のシャツ着てて

お前どうしちゃったのって言われないような

そのジャケットはどうしちゃったのあれはね

これはねまあその僕は一番尊敬してる

デザイナーは三宅一生さんな

んですよ日本のものづくりと

クリエイションをいち早くあの結びつけて

あの彼はファッションデザイナーと呼ばれること

一番嫌うんですね

プロダクト生活を作ってますと言ってるので

一番あの尊敬しているデザイナーので

その実は今朝へのオマージュということで

だいたい皆さん今日は何か収穫

ありましたでしょうか

本当に九州って何錠に愛着があります

クリエイティブで

もっともっと活性化してけばいいな

と思っております

んでこれからもこれを機に

皆さんと盛り上げていければと思いました

どうもありがとうございました