持続可能な「海洋・水産資源」の成長戦略を議論する

はい皆さんおはようございます

朝はちじからも満場のみなさん

早起きだなということですけども

あの子の漁業改革ですね

水産改革なんですけども

もうこれでパネルは混んはどうして2回目

そして海洋環境研究会としては

海洋環境フォーラムをやってということで

また私は3回

目かのGわんの中で

この水産改革結構

注目は上がってきたら

という漢字があるんですけども

じゃあ七水産改革

そもそも何を辞めなきゃいけないとか

何で改革しなきゃいけないのか

というところですね

まして行かなきゃいけないかなということで

その辺をあの一番お空門さん

はですねまよん

色の研究なんかをやられてはいいうことで

この研究者特に黄色分野からですね

あの話をいただく

そして勝川さんからはこの西坂戸

ずっと長くを訴えて来られては

世界中の事例もご存知なのでは

この水産改革の全体像

全体の研究者の買ってから

お話をいただく

と純粋様ですね

延縄漁業おばさんに

トークで行ってらっしゃいいうことなので

ま漁業者の観点から

この改革をどう捉えている

かいう話をいたださらには

マイル事業としてですね

今度はUさんはは世界から見て

日本の大改革をおこりとしてきた

それぞれの観点から拗ねお話を

いただきたいと思いますが

まずはこの漁業改革水産改革ですね

こないだ漁業法改正というのも

昨年ななじゅー年ぶりには実現をしました

これは非常に大きかったんですけども

まこの改革ですね

全体像をまずは勝川さんからお話を頂いて

その後洋食の話と行きたいと思います

はいあのななじゅー年ぶりの漁業法改正ね

じゃあ何で法律変える必要があった

かって言うと

あの今の情報だと

あの全く対応できない状況になってるんですね

今の漁業法は

戦後の食糧難時代にできたんですね

でみんなで協力して魚をたくさん摂りましょう

って法律なんですなの

で持続可能性といったようなものにが

一言も出てこない

そういう背景の法律をななじゅー

年間変えずに来たって

これが非常に大きな問題で

その間に魚がどんどん減ってきたって言うね

例えばのホッケあの昭和の終わりの心にはね

あのさぁかだからはみ出すような

ほっぺ非常に

安い値段で居酒屋の定番であったんだ

けれども今もほっけいなくなっちゃって

北海道の漁師も魚にないから

漁に出るのやめようっていう

ぐらいになってんですね

コンビニに売ってますけど

あれって私かとかから

輸入されたものなんですね

こういう形で我々の身近だった魚

がどんどんどんどんいなくなってる

そして魚を取っていた漁業も衰退してるって

こういう状態なので

はいその持続可能な漁業に向けて

法改正をする必要があったということです

はいと下で待っとりすぎて

たっていう風に書いて

その取り過ぎを止めるため

の法的な根拠が何も

なかったということなんです

横手までの方法では

結構日本の漁業の衰退

なんなんだって言うとして

一つの要因はは地元の業者がですね

際限なくあるし

自由に取れる状況だったので

まとりすぎてしまって

次の子供が産まれないなら

実は魚の少子化によってですねを衰退

したというのが

実は一番大きな要因であるということなんです

一方でもう一つ

衰退の要因が

養殖業心難しさだったと思うんですが

かずさんからそこ乱視用の養殖

漁業に関しては

世界の洋酒ケーキは実は1990年頃から

ものすごく伸びてるんですね

でもまあ中国が中心な

んですけれどもで

日本の現状を見ると

ちょうど全く逆で

きゅーじゅー年代ぐらいから

横ばいかこうなりつつあるんですね

あのお前その要因の

国内の需要が飽和してるとか

輸出を増やさないといけない

とかっていうところはあるんですけれども

実はそのきゅーじゅー年代からブリを

例にとると

養殖の生産量は

ほぼ横ばいで来てるんですけども

洋食の携帯がきゅーじゅー

年代の前半には

せんななひゃく数十件あったのが

今ろっぴゃくさんじゅー件まで減ってるんで

1/3ぐらいになってます

であのその現場は

小規模な経営者が

携帯があの廃業したリマ高齢になっ

て廃業したり

他のお父さんしたりとかっていうのを

まああの大きな企業がその区画

漁業権っていうのを取らないと

養殖できないね

その漁業権を買いながら

大きくなってるという現場があってで

その漁業権を取るところに関して

自由な競争が

なかなか成り立たないような制度になっ

てたんですね

今回のその法改正で

実はその洋食に関して一番大きいのは

その漁業法の顧客

要件を取るところのルール改正がされたので

まあいろんな企業体があの参入しやすくなって

自由な競争を促す

うっていうことなんですけども

まああの問題として起きてきたのは

漁業の漁獲規制と同じように

あの従来の養殖業者さんは

自分たちの園漁業権が

あの大手の企業に配られたよね

そういう意識をちょっと待っておられてね

そういうところを

ちょっと次のステップとして

説明して行かないといけないな

というふうに考えてますバロー待たないで

くださいね私のふりを

私のふりをまた言ったら取った

はい今回の情報に関して言うと

優先順位ってのがありまして

友人のいち番が漁協の組合なんですね

できるようはだいぶ下の方なんです

なのでもし洋食を企業が始めたとしても

余興の方から家の組合がそこ使いたい

から出ていって言ってた

出て行かなきゃいけないんですね

そういう中で

あと今日はあの漁業権更新料って言うね

お金をキロに要求するんですけど

それの規定が何もないので

レンタル料を見たいのですね

だからそういった中で

かなり不利な状況で投資をしなきゃいけB

つーを入らないかわからない状況で

ビジネスをやってくって

結構企業にとってはリスクが高いんですよね

ね今回の漁業法改正だと

既に入ってるものに関しては

優先順位としては

あの前ブドウ糖に皆しますよって

話になったので

今後その企業が空いてるよ常に参入して

そこで経済活動

やるって事が圧倒的にやりやすくなるし

でも結果として

それが地方の経済や

雇用に結びついていくっていうね

流れを期待する法改正になってません

あのー家はまぐろくんの家って

遠洋マグロ君やってるんですけどもあり

漁師さんも最高だねあの洋食の話も

ありましたけども

両親もどんどん減ってるんでしょ

りょうさんだけじゃなくて

それを支えるその産業の方々の

エンジンを整備したりとか

そのね業務屋さんとか

そういうとこもどんどん減ってきてるわ

それはなぜかって言うと

やっぱ儲からないからなんですよね

儲からないしこの商売に

対して魅力が感じないから後継者も育たない

それをどうやってやってるかって

今漁業法改正もなんで解説するかって言ったら

この日本の漁業をもう一度

この近いうちにしようっていうことで

多分寝ていまる子の漁業を

どうやって次の世代に伝えて

いこうかっていうことのために

今君を開設すると思うんですけど

ただこの漁業っていうのは

農林水産省管轄だけじゃないんですよね

その電波法だったり

それはとあの総務省だったり

後乗組員の法律も

これも昔から変わってないんですよね

そこをその国交省だったり

そういうとこが全て連携してどうやって

この日本の漁業を

どうやって世界と戦える漁業にして

いくかっていうことも非常に魚魚だけじゃない

それを支える人たちいろんな縛りがあるんで

そこをどうやって書いてるかな

と思うんですよね

この漁業ですって再生することって

実はとっても地方創生ど真ん中な話

ってのがま

今あったかってとしひとつですねね

もう一つはその地方創生だけじゃん

やっぱテクノロジーも妄想関わっていて

先ほどの漁業の衰退の要因のひとつは

やっぱり技術の進展に

ルルが追いつかなかったってことなんですよ

あのうちの実家

あの創業ひゃく年を超える

あみ屋さんなんですけど

あの船の能力も上がってるし

魚探の能力も上がってるし

こういうあみと

かの漁具の能力上がってるんですね

でこの治るが上がってるものを野放図に

ほっとくとどうなるかっていうと

ものすごくたくさん取れちゃう

それをちゃんと上限を決めて

年間何トンまでしか取れませんよって

言うと

限られた数のものを

いかに高く売るかっていう風に

頭が切り替わっていく

これが一応世界標準のま漁業のやり方

特に天然漁業のやり方ですね

ちょね漁業だと

そのよくうちらのマグロは取りすぎてる

絶滅危惧種だってよく言われてますけども

実は私たちが通ってる大西洋の

クロマグロとか未来マグロですね

アチャモ資源が今回復してきて

絶滅危惧種が外されてるんですよね

なぜ買ったかっていうと

取りすぎてるやつを取らないように

漁獲枠をみんな決めたんです

国ごとに決めて

そしてそれを日本の場合は

漁船ごとにすべて振り分けて

そしてそれを厳格

に守ってるで撮ったその日に

その通し番号いち番からですね

そのオスメス体長

重さというもの

全て毎日水産庁に報告する義務がある

そして強化の最後に検査もして

いちキロでもオーバーしたら

我々気功家まであるって言うそこまで厳しいもの

昔はでたらめだったんですね確かに

はそれうちの父もないですけどね

うちもひゃくさんじゅー年以上経つんですけど

やっぱりこの一歩の言語っていうのは

世界でもトップクラスだったじゃないですか

今日ようこそねサステナブルね

この技術も含めてね

それをどうやって次の世代に伝えるかってこと

みんなでね一緒になっ

てこの事に関しては

世界トップだったと思うんですけど

その残すことに関しては

やはりこれからね

意識っていうのを育てていかないと

いけない段階なんですよね

ただやっぱりそこでルールがない中で

みんな漁船の性能上がってると

つくなったなった魚

みんなではやってる中で

自分だけ取れません

よって行っても

配慮する以外の選択肢にならないんでね

やっぱり国がきちんと帰省しても

ちゃんと子供が親を残すような仕組みを作ると

とって良いよって

自ずと借りられてくるんだけど

それも早い者勝ちでやるんじゃなくて

みんなであることにシェアできるよう

な形にするっていう名前

そういう感じのあの個別漁獲枠方式って言うの

あの日本も国内に入れようということが

今回の漁獲枠漁業法改正の中身になってます

つまり行政が持続性に対して責任を持つ

ということと

自由競争辞めて親を残して

また個別に漁獲枠終わりハヤ取り競争

を抑制して行こうってま

そういった感じの中身にねなっております

この規制改革大好きなGわんでですね

珍しい話題なんですけど

今回の漁業法改正って

このてん年業に関しては規制今日からですよ

ちゃんとルール作りましょうね

って話なんですねた結構

珍しい話なんですけど

でもまあ日本の規制改革って

実は緩和だけじゃなくて

ルールを明確化するっていうことも

実はとっても重要な話なんです

そういう意味では

養殖業はどちらかと言うとま規制緩和

もしかルールを決めるって嵐経つけど

洋食でこれめちゃくちゃ

大変なことが起こってたんですよね

あの私

も全部調べたんですけど

まかずさん現場でよくご存知だと思うねば

講師料の話とか前さの話

ちょっと現実教えていただいたらそうですね

あの待っとくに餌に関してはですね

あの魚粉が高騰するっていうことが起こってます

でそうですね

いちKGろくじゅーえんとかそれぐらい

の単価で変えてたものが

にひゃくえんを超えたりとかですね

してますんで

養殖のにかかる

コストろく割以上がエサ台なんで

その他の原料が上がるってのは

ものすごい深刻な問題なんですけども

あのそれをどういう研究家としては

そのごふんを植物

タンパク質で置き換え用と

かって言わなあの元気よ進んでるんですけど

なかなか日本で養殖してる

魚って肉食性の魚なので

植物タンパク質あんまり受け入れてくれないとか

そういう問題があって解決してないです

なんでそこに行こう国からまあ

あの補助するような形で

魚粉上がったぶんのあのーまぁ補助金

が出てってて

そこに関するコー技術開発

あんまり進んでない

っていうのが現状なんですね

でもそういうところも

あの新たな原料

探しを含めたのやってるんですけど

今その魚の餌に使えるの原料って

人との取り合いになるんですね

やっぱりあのあの植物タンパク質で

タンパク質含量

が多くて栄養価が高い

安全性が高いって

いうものを追求していくと

温度人のあの食べるものとの取り合いになって

なかなか厳しい現状があります

まあでもそこをですね

あのなんとか

あの新しい技術を導入して

作っていきたいなっていう

風に思ってるんですけど今んとこ

ちょっと具体的なあの法則がないってのは

現場ですただこれが

誰かとも考え

なさなきゃいけないんじゃないかな

と思うのは

やはりその肉食性のものを買うって結構

その間曲が大きいんですよね

生態ピラミッドの上の方なんで

当然その下の方の草食

動物を飼ったほうが

よほどそのエネルギーんですよ

例えば家畜なんて狼買う人いないじゃないで

寝不足じゃないですか

やっぱりそれは草食動物を飼って

さらに狼を買おうと思うと

やっぱり自分の日とかになっちゃんですね

それと同じで

日本みたいに増殖性のものばっかり洋食するって

言うんではなくて

世界で伸びてるのってあの尺を稼いだとか

そういう淡水魚とかが

非常に伸びてるんですよね

そういったような形の体の調子

選定も考えない朝食がね

そのサステナブルっていうのは

ちょっと違うと思うんですね

その今成音色だけが規制緩和って言ってますけど

洋食で今食べてる

魚もね先ほど言われ先生言われたのに

加藤さん言われたように

その天然の魚を取ってるわけですよ

だから漁業も

取りすぎちゃだめだと思いますけども

洋食も今何してる

っていう問題も出てきてるんですよね

でその用事小茂根マグロの場合だと

二つあってたださんやられ

てる奴は完全養殖言って

タマゴから返してるやつでも

ほとんどが今日本でやってるやつは

竹様って言ってさん難波で

たくさん魚が集まってるところにですね

まき網で魚を取ってきて

そして自分のいけすに入れて

餌をやって太らせて出荷してるというだ

それをあまりやりすぎると

その一本釣りとかですね

近海でやってる人達の取るを

先取りしちゃうわけですからそれも駄目ですし

そうすると結局地方のね

今日業者がどんどん衰退してしまう

ということにもつながってんですよね

日本の洋食は

むくむのはちっちゃいのを取ってきて

大きくしてますね男女の

とってきたあの店がやってますけど

それ程希望はまだ起きてない

地中海はほとんどそうですけどね

結局あの日本の食事情と世界の食事情と

大きく違うと思うんですけども

日本人が養殖って思うと

伊勢海老とかアワビとかね

高級魚なんですけど

世界で見ればそれっても

フェラーリをカロッツェリアで作ってるようなもん

で養殖世界で一番あの量を閉めてるのは恋

ティラピアパンガシウス朝の中国での

陸上養殖淡水魚なんですね

その辺も日本の事情と世界の事情は違う

っていうことを考えながら

日本の漁業伸ばしていかないといけないって

いう風に思い

ますどうぞ国内の消費考えるとなかなかあの洋食

例えば政府もそうなんですけども

大ガマコインもそうなんですけどあのー

中国のその実際に

どんな風に黄色してるかっていうと

あの素掘りの池でまああの肥料をまいて

あのまああのほっといて育って来るって言うの

そういう買い方をし

てるんですね

でもおそらく純粋にもあのいかに安く

タンパク源を生産するかっていうような

ところで伸びてきてると思うんで

ちょっとやっぱりあの日本と食文化

直接比べるとなかなか難しいなって

また後特に海の場合はそうなんですけど

草食の魚で

そんなに美味しい魚っていないん

ですよねだから

できるだけ高タンパク質少なくて済む

炭水化物を沢山利用できる

あの雑食性の魚養殖って来たらいいんですけど

なかなかそういう魚と巡り会えない

というのが現状です

それでは伸びしろに少し目を向けるとですね

今もう世界中で振り医科大に投げてですね

うちの

知り合いの業者さんが

シンガポールとか

アジアに無理言ってんですけども

お久ぶりたんだってしょうがない

人は頼むからそのくくってくれる人

紹介してくれって言われるぐらい

今そのアジアが富裕層が増えてきて

無理の味を覚えてって

こういう流れが来てる一方で

さっきの養殖の

話なんですけど笑調べたんですけどね

養殖業に企業が参入しようとすると

ちょうだいよこせって言われてたんですよ

電話はだいたいいっせんまんから

億単位で要求をされる

でご年に1回見直しなので

ご年に1回じゃあ

僕らがもうやるから

あんた血出てってって言われると

混ぜて行かざるを得ない

そうそうなかなかビジネスならないいうことでしあの

空いてる漁場があるのに

自殺かはしてもらえないことになったんで

まこらかなり伸びしろがあるって言うことだ

と思ってますね

それでは今回

あの勝川さんなんか地域の業者にですね

説明会なんかもされ

てますけど現地からどういう声が上がってる

かえーとなあの石巻で

若手の漁業者が集まってもらって

漁業法の改正の話をしてきたんですねね

皆さん興味はあるけど

何のことだから

どういう話だかわかってないし

旅行に行っても情報がない

ということなんですでも今

話したような法改正の背景だとか

ごふんになります

よって話をしてリ養殖やってる人たちも

あの最初は不安だったんで

今やってる人

どうかそうって言うんではなくて

空いてるところ皆で使えるようにしようとかね

あとはすでにやってる人たちを

どかせられないように

しようそういう法律なんですね

それを聞いて

あの若手の中からはこれ

非常にいいという声も出てきまして

実はあの自分たち体力あって

もっともっと生産量増やしたいんだけれども

それじゃあ行って

そのこれまでの平等に反するからって言うんで

空いてる駐車場使わせても慣れ

てないっていう現状があるらしいんですね

なのでまあこういうところ

自分達も手をあげたら

使えるようになるんじゃないかとかね

結構ねいろんな既得権益で

使えるものが使われてないっていうのが

結構色々あるなぁ

というような実感を持ちました

現場利用者にとっても

チャンスが出てくると

そうやっぱりやる気があって

これからも広がって

こうって人にとってはチャンスですよね

さてそれ中ですね

この漁業全体を

儲かるようにしなきゃいけないっていう

風になるやっぱり

魚の単価を上げてかなきゃいけないっていう

ことなんですけど最後はじゃあ

値段が上がってきた

魚を選んでくれるかどうか

そしてサステイナブル持続可能な魚を選んで

くれるかどうかってみれば最後

消費者や流通にかかってくるんですけどは

その辺りの兄もやってるゆうやさんから

じゃあこれから具体的どんなアクションとってけば

そしてみんながどういう協力

すればそれは実現できるのが楽しそうですね

やっぱりその頑張ってる曲を者

そしてより優秀な優良な魚を選んで

行かなくちゃいけない

その目安をどうするのかって

一般の消費者の人たちが分かりやすいように

しなくちゃいけないっていうのは

一つは法改正の詳細設計できちんと

立て付けを作っていくっていうところ

なんでしょうね

でも今水産庁さんもすごい頑張って

お腹降ったばっかりじゃないですか

ウルトラCのよん回転ジャンプさん連続したぐらい

みんなもハアハア言ってらっしゃるところなので

ちょっと落ち着いていただいたところで

また次のフェーズつーっていう

ところが待ってますね

その時にやはり今英語インプット

これからもうちょっと先に進めて行かなくちゃ

いけないところでさん点あって

一つは漁獲証明

っていうのをしっかりと入れていかないと

いつどこで誰が

どうやって撮ったかっていうことが

分からなくなってくるでそれができる

と次にトレーサビリティっていうのが

わかってきますよね

どこで撮った

どういう商品を誰がどういう風に入る

ちゅうさせているのか

ドコモへ法制化していく必要があるね

それと今回取りこぼしているところが

輸入業なんですね

で日本はほぼ半数をすぐ

もうすでに輸入に頼って

いる現状なんですけども

日本の管理漁業だけ管理してても

入ってくるものが

何かわからないっていう状況は

このこの次の段階でまた皆で考えて悲しい

それともう一つ

消費者にわかりやすいようにするために

あるのが認証制度なんですけれども

皆さんmscとかメールとか

ちょっと耳になさったことがある

と思うんですけども

実際じゃ見たことがある方って言ったら

国民のどのぐらい手をあげるから

待ってるところなんですが

この二つの認証制度っていうのは

持続可能な漁業で

生産されたものであるっていう事を認証する

マークですねそのマークを

寝るためには

非常に厳しい審査を通らないといけない

そうちゃんの所も

今行ってあげて申請中なんですけれどもね

そのmscの審査を通ったものが

認証漁業漁業認証

そう言ったものを

日本でもメルっていうのは作っていて

それのアップグレードに今

必死になって頑張っ

てらっしゃる状況ですね

それを国際スタンダードに届かないといけないで

その国際スタンダード審査を通るというのは

第三者機関の人生祭

これで死にそうしてくれるので

そこに合格しないことには

国際スタンダードには届かない

よっていうことなんですけども

もう一つはレーティング

プログラムっていうのがあって

これはその例えばそうちゃんの所みたいに

漁業者が申請して取得できる

漁業認証と違って

全般的に非常に公平な目でですね

客観的に資源量と成果

漁獲圧を審査するプログラムがあります

で世界にじゅー

年にプログラムぐらいあるんですけれども家

が日本開発していて

デブるシフトガイドというのはこうしていて

そこで世界の漁業認証も含めた

サステナブルな魚をリスト化しています

でこういったものを利用して

次にどうやって

消費者に訴えていくかっていうところになる

と思うんですけども

一番いいマイルストンとし

て今オリンピックがあります

2020年のオリンピックには

持続可能の食料

調達基準というものが義務

付けられているんですけれども

その中で今

水産資源に関してのスタンダードが

国際基準に届いていないって

いう現状があります

でこれを詳しくと

今一生懸命で働きかけをしてい

ましてでオリンピックでは

サステナブルな国産の食材を

ぜひ皆さんに入って使っていただこう

というところからですね寝じわてすごいですね

美奈子さんがちょっと息が切れ始めてるんで

一息入れて頂いてる間に経費をちょっとすると

そのオリンピックの調達基準ってのがあって

ですね今度

可能なものを使いましょう

ねっての決まってるとこら

森林木材もそうだしへの農産品もそうだし

水産品もそうなんですね

で水産品の所の基準って

本当にきちっとしたものを作らない

といけなかったんですけど

漁協の人達に丸秀気遣い

忖度をしてオリンピックの調達基準は

とってもゆるいものに誘っちゃったんですね

なんですけど

実際にその調達基準に合わせて納入するのは

勝者のこの食料会社なんですよ

嘘食料会社からすると

グローバルにビジネスやってるので

日本が定めた基準通りやっちゃうと

世界中から非難浴びるからま

そんなこと正直できないネット

なってるじゃあ何調達したら

日本いいんだっけって実話わかんないから

困っちゃったっていうことが今怒ってるね

その基準を今

もう1回見直しにしに行こうってことと

未だにおじゃ

日本の水産物だったら

いいのっていうことをやろうっていうことを

今あるよさんがやってくれ

てるこういう願いからですね

今日本だけじゃなくて

そのオリンピックに向けてのは

海外の生産者の人達とか

日本の商社とかの方に向けてね

それでうちも今

macの申請はして辞典審査通ったんですけど

だいたい取るのにいっせん

ごひゃくまんぐらいかかるわけですよ

でこれをが

今マーケットで

これを紹介してくれるって言うか

macの認証を取った魚と

あとは取ってないとかなと

どっちを選ぶかって言うと

消費者の人達も

安い方なっちゃうんですよね

ここだからどうやってその伝えていくか

7日以外だと

いくらそのいっせんごひゃくまん掛けてとっても

ソロ評価してくれて

負けても買ってくれるのだから

その屋敷に行っていうところとかですね

ちゃんと書いてくなら

うちも今その食いくってことで

そのま時間分かるかもしれませんけどね

その子供達に授業であったりとか

誰が先ほど美奈子さん言ったのに

どこで誰がどのよう

にして撮ったのかって

どういう苦労があるのか

りょうさんだけじゃなくて

どこのトラックの運転さん

いろんな人子が関わって

このテーブルに給食が来てるんだよっていう

そういうの今教える活動してては

来週も実は横浜で

再来週はその銀座でも運んでも

授業をやる予定な

んですけども

そういった地道な活動っていうのもね

是非必要なのかなって思うんですよね

明日のGわんの海洋環境研究会の成果

っていうのはすごいなって思うんですけれども

私たちのメンバーの中に伊藤さん

あのAせぶんイベントさんと

それからユーグレナの出雲さんとも

それぞれがすぐに

mscを取りに行って下さったんですよ

なのでセブンイレブンでは

coc認証取った

mscのマークの付いた明太子が買える

それからユーグレナは世界初で

海藻類でエース新車の養殖認証を取りました

からえーとmscの認証のついた

ジェットエンジンで飛行機が飛ぶ

日が来るこれが重要なんですよ

すごいっすよね

もうミドリムシがACに書とるって言うとね

天神なるバスも動くということなんですけど

この流通側ですね

にこ意識を高めて食ってみるわ

あの勝川さんは

シェフとの勉強会行ったのでるって言うか

これ性衝動を巻き込むかが

非常に大事だと思うんだけれども

乱獲の問題な他がいなくなった

問題にしても取った漁師が悪いけど

食べた消費者も悪いんですよね

だからいち属性無視して取ったら

んかくじゃないですか

でも我々地蔵無視して食べて

間食もしてるわけでね

乱獲という問題と暖色と

いう問題二つだって調子が悪い

政治が悪いって言っては済む

問題じゃなくては

食べ方も考えていかなきゃいけないし

我々の今の魚食が未来に繋がってない

現状をどうやって変えていくのって

いうことか本当に考えて

行動を変えていかないと

未来の食卓朝からどんどん減って

きちゃうんですけど

消費者の人たちがね

その情報が分からないんですね

これはそのさせてラベルの魚だ

これは日本に取られた魚だっていうの

全く分からない状態で映してるから

そこもちゃんと開示する必要があると

そこをあえて隠そうとしてる

その安いものを作ってる人たち

はですねあそこね

そうさせないような仕組みづくりとか

方作りってのも必要なんじゃないかなって

思うよねだから

そこで大事になってくるのが

レアのトレーサビリティねちんトレーサビリティ

どこで撮られたらどうだったか分かる

ということと

あとは持続可能性についてとした

表示が出てこられないレーティングプログラムは

ずっていうこと

あともう一つは

そこでちゃんとした未来に

つながるものを

選ばなきゃいけないっていう曲ですよね

その三つをね

ちょっと進めていく必要があると思う

それで今日行くって言うと

また硬くなるんですけど結構漁業の現場

っていくと面白いですよね

面白いですね

もう混んでそうやって言っちゃった

変な富良野体験型観光として行くには

星最高のコンテンツならと思う

そういう可能性たんじゃないですかそうすね

いや今もね

その先ほどオリンピック鳴らしましたけども

すごいチャンスだと思うんですね

震災があって私気仙沼なんですけども

たくさんの方々が今ね

気仙沼に来て漁業体験したりとか

食の体験してくれたりしてるんですけども

皆さん本当にその勉強なった

とか言ってくるわけですよだこれをね

全国でね全国の沿岸とか

農業だけ農業もそうですけどね漁業農業

で観光とね一体となって行ったら本当に面白い

オリンピック向けてね

そういうことも必要なんじゃないかな

と思うよね

国際会議に出ると

必ずトピックで出るな

ブルーエコノミーっていう概念なんですけども

結局海洋関係で成長産業が非常に期待できる

というところで世界が注目して

いて世界が注力してるところなので

このブルーエコノミーがね

1月はどうかなっていう

メモブルーコムみっていうのは

持続可能な改良の開発ですね

魚とか水産物にかかわらず

海底鉱物資源とか

雨ようなものを作るんですけど

今その海がフロンティアとしてね

非常に注目を浴び

てるだからこそ

持続可能な経済発展のためのルールを作って

おこうってことで

今EUが中心になってよ

どこのが中心になって

議論が始まったところなんですね

でここには

日本もちゃんと変わっていく必要があるかな

と思ってて今

特に中国海にし終わってきていてこの

ままほっとくと

日本の周りに全部

中国アホっちゃうんですよね

これを食い止めるにはどうするか

中国と二国間で協議しても

無理なんですから

国際的な枠組みで

持続可能性という錦の御旗を立てて

だから中国が出て

きちゃ駄目っていう風に

線を引かなきゃいけなくてその

ためのルールづくりブルーエコノミーよね

今ちょうどやってるんだから

ここに日本も飛び込んで議論をリードしてねー

将来的には

ヨーロッパや他のアジア諸国と連携して

中国遅れてもらうような仕組みをね

今作らないといけないと思って渡ろう

マグロだとセキュリティーは五つの国際

管理官地域課になって

そこには全てオフィシャルで

皆さん国が入ってんですか

台湾だっけは

オフィシャルで

入れない状況になってるんですけども

そういう状況になってて

みんなで交換し合ってるって言う事だって

それでもまだ抜け抜け道みたいの

たくさんあるんですよねだから

その今日本の近海でねすいません

すい割とよにそのさんまもそうだしね

今台湾の船とか

中国の船が何隠してるとかああいうのね

日本はいくら言ってもやって止める止められない

そういう時間って言うね

みんなでその国際機関みたいなところで

ちゃんとルールを作ってそれを

まず守るそれと守らせるためには

我々のモネ日本人も

漁業者だけじゃなくてかもそうだ

市民もそうだし

流通の人たちも

みんなそのちゃんと襟を正す

責任っていうのあると思うんですね

正しいからこそ

言えることってあると思うしたり

とかしてないから行ってないんじゃね

その他の交渉した時

自分のところが資源

きっちり管理できてないのに

サステイナブルなためにルール決めましょう

って言っても

誰もやっぱりあの

その話を聞いてくれないんで

まずは本当に

国内でしっかりとルール決めをして

それを守るあの襦袢

作りをしないといけないですよね

お姉ちゃんと会えないとだめだと思うかなんて

あの日本がね

中国とか韓国はどうなって言ってるんですけど

今年サンマ日本

ちょっと取れてじゅーにまん点取れたんだけど

漁獲枠がにじゅーななまんトンなんですね

つまり取りきれないの

漁獲枠を国内に設定してるとで

それ中国も

知ってるんで俺たちに取るなってるけど

お前んとこの漁獲枠

なんだんだって言われると

反論できないですよね

国内の問題をちゃんとやった上で

視聴していかないと相手にされない

あとその今さんまの話だと先日は確か

台湾の方にも

出張で行ってきたんですけども

もう新鮮単発区テニスねさんません

そしてその魚以前は日本に入ってたんだけど

今はその中央区とかロシアにも輸出して

こうなるとおそらくさんのも取り巻きか

今家で日本に

この流通しなくなるんじゃない

かなっていう現象にもなるんじゃないかな

と思うんですよね国際

間の取り決めて

非常に大事だと思うんですけれども

例えば今さっき小林君惜しかった

そのテクノロジーとの連携っていうところでも

googleオーシャン

お家っていうシステムがあってで

今年からえーと日本の水産研究センターも

それを取り入れようという研究を

やっと話を始められたお母さん

という字と四年ぐらい前に

あのポルトガルで出てた

worldoceansummitの会議でも

四年前に発表されている技術なんですよ

それを取り込み負けをしないように

していかないといけない

そういった事例ってのは

いくつも出てくるんで

何しろ日本が国際会議で声を

出して主張していて

大きな声でしっかりと議論をリードしていかない

といけないんじゃないかって

そこがまずくありますと叫ぶですね

今回のGわん全体の体ますね

世界をリードする日本いうことなので

間に合っと国内でですね

絵里が出せたんで

いよいよ世界に向けてはいろんな

ことは言って行けるって言う事なんですが

じゃあ具体的に

どんな葉を使って

言ってくるかどうかを設定していくのかな

それゆえさんから

国際会議たくさんあるんですけども

主なものとしては

三つと国連のやっているUNはアワオーシャン

それと世界各国の政府が持ち回りで

やっているアワオーシャン

それがそれと民間でこれが1番出た

古いんですけども

先ほど申し上げたworldoceansummit

これはイギリスのエコノミスト社が主催して

各国政府がサポートしてやっていくって

帰りなんですね今実は来年来年高いね

来年4月にworldocean

summit日本に持ってきたいという

打診を受けてます

これは同席したのかと

一緒に回ったんですけども

もう政府がやるって言ったらやりますと

言ってくれてるんですそうなんですよ

政府がタダやるって言ってくださったら

それでできるんで

そうなると今日本が国際会議に

出ていくって

デリゲーションが本当小さいんですよね

中国にも韓国にも負けてるで

お会いできて

死後人ぐらいな感じなんですけども

てん人規模の会議でそれなんですよ

でも日本で開催すれば

みんなでれるじゃないですか

それとみなす世界から核から来る方々に

日本を見て

いただくことができる

これも聞いていただことで

それも大事なので

このワールドをさんsummit2020年

それから阿波尾さんの方

これは政府主催だから

政府がやりたいって言わないとできないんです

けど次が今年がノルウェーオスロその次がパラ

その次にせんにじゅーいちあたり

で日本風邪引いてをあげません

かっていうことを言わんとして

働けていくことができれば

Gわんの素晴らしいね

成果になるじゃないかなと

海の事ってあの霞ヶ関だと

対応しずないんですね

あのそれえーとで守備範囲がね

農水省なんだか国交省なんだか

いろんなとこ家さんと

絡んでくるんで

ただ国家戦略を

全体的な名声力を持って動かなければいけない

んでそういうところこそ

Gわんのような場所からね

自由に議論した上で

日本のためにはこうするべきだっていう

提言をしていく必要があるんじゃないかな

と海は特に特に食に対してねやっぱ

日本ってすごいその価値が低いって言うかね

そのあんまり重要視してないですよね

せっかくご資源もない国でなんですけど

こうやってその飲食持った人たちも

たくさんいて

漁業者もたくさんいるはずなのにね

これがどんどんいなくなるって言うのは

本当にもったいないと思います

よねだ色に

色も今日もそうだと思いますけど

ちょっと人が少ないっていうのも

これも現実だし

せっかくあの朝から満場でって

少々ごまかしてたから後で編集して下さい

くそ死ねあの食っていう風に考えると

あの日本人って

やっぱり魚介類の摂取量が

世界で一番多かったみんな

の国民でそれで

あの現在の平均寿命の長さを

あのさせてきたと思うんですねんで

あの実は魚のタンパク質のアミノ酸必須

アミノ酸のバランスですごい送ってで

湖面に不足してに人っていうタンパク質

お魚を食べると細くできるんで

米と魚食べるっていう食事ってすごく

バランスがいいんですよ

でそれを長年やってきたのでね

しかも魚には

あのepaとかdhaとかっていう

成人病予防する成分がたくさん含まれてるんで

あのそういうあの魚食文化

今どんどん実は2000年になってからも

魚介類の摂取量が減ってるのが現状では

そこをもう

少しあのやっぱ食育で食べることで

健康にもなれるし

成人病の予防にもなるんです

よってようなことも含めて

やっぱ今しっかりとルール作りをして

本当にあのサステイナブルな食品としててん

年の漁獲ものもそうだし

洋食もずっと発展しながらの利用できるし

ないといけないです

ねもっとそのね

その日本人の人たちも

もっと自国の物とか

地獄の精算もしたものに対して

もっとリスペクトした方いいと思うし

もっとその使うようにした方

いいともんですねま

ヨーロッパの下敷きの自国の産業

農林水産業にセットしてるじゃないですか

ワインだってねそうだ

と思いますけど

フランス人はフランスワイン

世界一だって言っていたら

薬とイタリアだったスペインだって言ってるし

日本だとね

その肉はそのアメリカがいいとか

オーストラリア意外とかとこが入って

魚も今の上の方がいい

とかそうなっちゃってますけど

もう少しとこうね書いてく

日本の製品にもっと目を向けるって

言うことも必要なんじゃないかな

と思って寝てね

そこで大事なのが

生産の現場と消費の現場っていうの

完全に分断されてるんですよね

だから食べてる人が

その食材の背景資料がないんですよ

でも興味がないかって言うとそんなことは

なくてryuryuの頑張ってねすごい関心がある

でもどうやってアクセスて

いいか分かんないっていう部分があるんだから

そこの食べてる人がね

生産者と繋がれるよ

なんかそういうプラットフォームがあったら

食べるのも楽しくなるし

生産現場こんなヤバイ状態にあるんだ

何とかし

なきゃっていう気持ちにもなると思うしね

ただちょっとそこを

どういう風に繋げるのかなって思った時に

僕はねシェフが

ポイントになるんじゃないかなって思って

今そのシェフのグループを

と一緒に活動したりするんですけど

スーパーとかだと

どうしても通過しちゃうじゃ

ないですかそこで伝えられるものって

ほとんどないんですけど

あのレストランだと

いちじかんに時間ぐらい居るじゃないですか

そういう中で

色んな食材にまつわる話もできるんでね

ですかな情報発信から

シェフの人によるの件は知ってもらって

本当に頑張ってるいいものを使って

もらいそしてまた

そういった生産者の努力も含めて

食べそうに伝えてもらってよ

寝なあかそういうつなぎ方ができたら

面白いかなと

うちも今都内の有名店

どこでフランスフレンチとか

イタリアンでも使っている

家のマグロ使っていただいてんですけども

jalと話してるという人

値段は俺たち牛田決めていいよね

俺たちはそのたくてもいいから買うからって

それを伝えるのは俺たちの仕事なんだって

すごい嬉しかったんですよね

そういうのほんとスーパーとかでもね

量販店でもね

道の駅とかも今流行ってるじゃないすか

全国でねそういうように顔

が見えるようにしてく誰が作りましたね

そういうものをこう魚だけ出して野菜もね

手作業のヨーロッパの明日家ヨーロッパの野菜って

全部小サイズもバラバラで

その度のついたままででもして

日本に来ると同じ

規格同じサイズのちらっと何で並んでて

どっちが自然でどっちが

不自然かなんですね

よく自然なものをは

どうやってやるから作ってるわけであって

自然なものが一番いいんだよって

まー魚もね

あとさんふんまえで申し訳ないですけど

やっぱ一番は天然なんですよね

一番てんねその次は寝られそうなんだ

何を使ってこのよん色が天然に

勝るみたいな感じに日本はなってきてるけど

間違いじゃないですかね

天然のものと養殖のものの価値観の違う

そこはねもうちょっとそういう所も含めて

ちゃんとメディアとね一体となってみんなでね

その自分だけ良ければいい

やっていうんじゃなくて

みんなで一緒に組んでね何

かこう書いて来たいですね

やっぱりプロモーションって

島市民権も教育プロモーションって本当に大事で

広めないことには何も始まらないわけですから

で結局最後に選ぶのは消費者なわけで

消費者の選択が技術や商品

それから流通を変えていくことができる

非常に大事なんです

よね例えばたつみさんが

日本のワイン飲もうよって押しちゃってで

Gわん必ず日本のワインで皆

楽しんでるわけじゃない

ジーワンでも

サステナブルな魚を食べればいいんですよね

そうですねってわけで

今度はのGわんの海洋環境研究会

cocoメンバーなんですけども

あの今度スタディ

ツアー漏水さんとこに行くわけなんです

けれども本当は

実はバンボシュしようって言ったので

バコーンを一般募集もやりながらですね

そういえばもう作っていきたいと思ってます

んでてその時はご参加を

と言いつつもうそろそろあといっぷん

ちょっとあるけど絶対トイレ行ってもう

一回戻ってきて

やるって言うことでだけでは

会場のみなさんからご質問

ご意見とはいそうだといい話を聞いて

初めて私も色の落としたんですけども

実は私の会社は

食品のトレイとか容器を作ってて

訂正さんぷんをプラス鮮魚精肉青果

それからお惣菜を読む者のスーパー

の方々がお客様ねですね

まあサマー取れないとか

魚が取れないっていうか

が上がってるとことを求めて一話

スーパーさんで見ると

もうせん曲もんっていうのは負け組ですね

行きたくなっていくとかほとんどなくてで

一方で生肉はとって耳レムmapsね

これからまた下がる

ってことも全て譲り

消費者から見るとも魚は高い

肉は安い色もそうと刷り込まれていて

ですねでやるんじゃなかったからっていうの

はもう本当にいつもすまん中で

痛みは狭いように見えるんですね

今のような話っていうのを

その鮮魚の部門の方が本当に知ってるの

かっていうその前に経営者がですね

スーパーの知ってるのか

そんな感じないんじゃないかなっていう風に

もうなんか手で魚だけを見て

食育食育って言ってもですね

じゃあそれしか見ると相当する

金あるような気がしていて

その骨があるからね

お魚やだって骨を取った様

と姉が監視されてましたけど

そこも含めてそのそこですごくキャップを

今私もその方々は

わかってらっしゃると思うんですけど

一番消費されているスーパーの建物そう

今話を聞いてギャップを感じるんですよ

それについては

と私いちじだ

私もあの今やってるじゃないすか何

度も言ってますけども

安けりゃいいや消費者の日立がですね

そこをその魚は安い

肉肉は安いから売れるとか

そうじゃないと思うんですよね

そこをやっぱり書いていく必要があると思うし

たい現実のあってですね

あのね実際問題を問題はあの魚を捕る人

売る人の間の

コミュニケーションがないんですね

だから魚鳥取人はスーパー側

喘息まで相手なら儲けという違いないと思ってる

でも実際はスーパーマーケットの鮮魚コーナー

はち割ぐらいが赤字なんですよね

なんか利益出てないんで

だからこれ構造が悪いんで

実は誰も誰かだね布団にで消えて

んだったらその人を叩いて

利益を配分すればいいって話になるけど

リサ誰も設けてないっていうのが

日本の水産業の現状で

それは魚が減っていく中で

その小さくなった魚を高く売りましょうって

言っても歯は無理なんですよね

だからきちんと管理をして持続的に良い

ものを生産する

でそしてその価値を伝えて

ちゃんと生産者も生活できるのは

寝たいかで売っていくっていう仕組みを

その流通も含めて

作って行かなきゃいけないんですよね

あそこはそのスーパーも巻き込みながら

この未来につながる魚の取り方

売り方食べ方をね皆で考えていか

なきゃいけないだと思います

はいいかがでしょうか

ZOZO建みさと私もいろんなところでこの彼女

年ぶりの大改革で

配達さとこれからのことをな話をするんです

けどもね以前

強力ななんか反対かって言うかね

仲間古いタイプのとこなの

そういう他の人がいてですね

結構あの話

はするんですけど

なかなか説得できないことはあるよね

あのー例えば憲法九条なんかの話のと同じで

止めるの結構いいんですけども

そこに対してですね

ママまずぞこのななじゅー

年ぶりの授業書いてみたする

反対の反対派の花リコー巻き返しが今来てる

その辺の現状と対策

ってどういうふうに行ったらいいとか

反対派の主な論点としては

要するに弱者切り捨てで

企業に外資系企業に売り渡すとかね

そういうこと言ってるんだけど

それ法律をきちんと読むと

そうはなってないんですね

だからそこのまつ論外な印象操作に関しては

きちんとそうじゃない

ですよっていう続けるしかないね

ということになると思います

あともう一つ

その変化に対する拒否拒絶感っていうのかな

それは絶対あるんですよね

やっぱりその知らないから

不安になるという部分もあると思うので

裏も地道に何のためにやるのか

現状だと未来がないです

よっていうことを伝えていくしかないのかな

と思ってましただはいおっしゃるようにね

なかなかそれができてない部分がありますよね

問題が共有できてないし

またその問題解決策として

何のために法改正をどう書いたのかっていう

とこは伝わってない部分は非常食の方で

もあの全く同じような問題が起きてます

その漁業権の各要件の取り方に対して

企業が参入しやすくしたっていうようなこと

でも単純に

漁協はもう自分たちの漁場が取られるってよ

なあの全く根拠のない漠然とした不安を

反対意見として述べてるんですけれども

だかこれ

あのもちろんあの説明もしないといけないんです

けど実際にこれらの企業が入ってで

成功事例を作ってで

その地域で紅葉も海で言う

あの事例がいくつか出てくると考え方

変えざるを得なくなってくると思うんで

そういう子を

成功事例を作っていくっていうことを

もう一

つ重要なあの法則じゃないかな

という風に思います

もう一つは

あの管理型漁業になった時の不安ですよね

一足先にクロマグロで管理漁業に切り替えた

それによって個別漁獲割当が浜ごとに決まれ

地域ごとに決まっていく

でそれを超えると怒られるさっきも払わされる

というところ

でそのじゃあ一番最初にすの漁獲割当を

どういうふうに決めたんだっていうところで

俺んとこ少ないとかそっちが多いっていう

そういう論議がありましたよね

そういう部分でまずは透明性を確保していく

でみんなが納得するように

きちんとしたその話し合いのプラットフォームを

作っていくっていうところが

次の詳細設計で

一番大事なんじゃないかなと思いますね

はいその背景色外さどうぞ

皿と千秋さんを二人来ました

すいません大変遅れてきて

質問だけして今日しかないけど

私はの世界貿易機関ところで

日本の貿易政策に関するレポート書いてるん

ですけど日本は世界に珍しい制度があって

魚関係の輸入割当があるんですね

で俺の現代的意味

っていうのを知りたいんですよ

なぜこれをまだ維持しなければいけないのか

もし教えて頂ければありがたいです

じゃあここから行きましょうか

塚さん歯えーとね家に行ってわかめとか

いろんな女神ありまして

それに関してはもうこれまでしか

ここまでしか湯にしちゃいけません

よっていう形になっていてねそれがですね

その輸入割当の枠を持ってる人たちの

既得権益になって

なんか急におかしなことになってるですよね

でもともとこれって言うのが国内の

産業守るために入っていう

そういうあの糸で

できてると思うんですけれども

ただ今の5月まではね

日本の増加が一番世界で誰か立ったんで

世界中の魚がにほんめがけてきたんですけど

今むしろ日本は買えないんですよね

日本のが安いんです

だから今その海外の魚が日本

マーケットにたくさん入ってきて

どうしようなんてそんな心配まったく入らないんです

むしろどうやって買って来ようかって

みんな頑張ってそれでも買えない状況なんで

だからその輸入枠っていうのは

ちょっともう不要な既得権かな

という風に思いますね

そちらの家の気仙沼の加工屋

さんの今井国内より

海外の方が高く売れるからっていうことで今

海外向けの商品どんどん作ってんですよね

まハラルも含めてたんですけども

このまま寝やすいという状況が続くと

おそらく日本人が取った魚は日本で食えない

今日もなってくと思うし

そのまずそのなんですね

そのEUとのepaで

じゅーご位になりましたねことあるこれでね

マグロもそうなんですけども

今韓国がマグロをたくさん送ってたんです

けども本当そこに日本のマグロも

ヨーロッパ向けに売る

日立ますかなり増えてくると思います

だからそのためには

まず日本でも少し食の

価値をもう少し上げていく

私はの震災でね

2011年と

昨日は気仙沼市出身なんですけども

うちの会社も全て流されても

あの当時大変だったんですけど

その時その感じたのは

委嘱状の中で昼もな

本当に一週間ぐらい一緒だったし

住むところ体育館でもテントでも良かっ

たんですけど

食べるものなければ生きていけないっていうの

本当に身をもって感じたんです

お金よりあん時は食べ物がの水だったんです

水を食べるもの

その食の価値っていうのが

今の日本人わかんなくなってきてるだ

ここをもっとね

食のなら先ほどヨーロッパとか食の

価値も高いし値段も高いですよね

どこ行ってもそのマックだって

そのせんごひゃくえんぐらいしたりとかします

したらもう少しねこのすぎるというところから

もう数じゅーえん

ちょっとだけでいいんですよね

そこをふかしてくれることで生産さ生き残れたり

もっとその後継者がねそう

やって我々の業界に来てくれたり

とかすると思うんですが

そういうことをみんなでぜひ

我はだけの力じゃできないんで

みんなで一緒に考えてもらいたいなあって

思うんですね

はい白木さんになっちゃうんですけど

臼井さんいらっしゃったような

食の価値に関して本当に行き

ながらずっと考えてて

近所のスーパーに行っても

私も今年に住んでるんですけど

例えば成城石井とか言っても

鮮魚コーナーがそのともなくて

肉がいっぱい売ってて

魚を買う場所がなくてていうこと考えるって

で手持ちの地元愛知県の本当に課題

長野スーパーに行くとも鮮魚

コーナー大きいんです

安い魚がすっごい売れ残ってて

なんかすごい切ない気分になってくるので

今日今日の現場を見ると

高齢化が進んでてとる

魚も少なくなってきてて

マーケット行くと

買う人がいないって事を色々考えていると

合間世代的にもミレニアル世代とか

ジェネレーションZ

とかあの辺亭パリトレーサビリティが確保

得るものとか

安全なものってすごく高くても買う世代で

だから量はそんなにいらないんだけれども

付加価値の高いと言うか

高くてもいい

安全な魚はさえこどこかとなんか

何らかの手段で手に入れば

それで満足なんじゃないかな

とすごく思っていて

そういう氷のあり方と言うか

負けとなり方も考える必要があるなときながら

考えてました

ゆうやさんその辺

取り組んでらっしゃると困るのでそうですね

パートナーシップのこととかでも含めて

先に対しておいしく楽しく

そしてその上で地球に優しく食べて行こう

よっていうキャンペーンをずっと続けているんです

けれどもあの何でしょうね

一人では変えられないことでも

パートナーを増やしていくことによって

帰って行くことができ

言うことであのー

例えばホテルとか

レストランとかとパートナーシップを組んでるんです

ねえそういうところでどんどん

キャンペーンを広げていく

キャンペーンを自主的にしていきたいところ

形に一緒に共同していただく

それからスーパーも飾ったスーパーコーヨーさん

もう取り組んでくださってます

それからですね

三重県のね

体計算のところとか包括協定たりとか

それからパナソニックさんが食堂でなんで小

企業の会ランチなんかでさせて

多分なシーフードを使ってくださったりとか

マクセルもそうですし

全然その魚と関係なさそうなところでも

できることが必ずあるというところで

その来年のとから初めて行くっていうところで

取り組んでみます

あとせっかくGわんのまで

ビジネスやってる方

もたくさんいらっしゃるんで

これビジネスで変えられるところ待ってですね

その消費者に選んでもらったら

一つ二つ目は流通を変えるって言うの

二つ目あって今

魚を取ったら

産地市場ってどこに魚上がってきましたよ

そらまた中央市場にあげていくんですね

そこの産地市場どう

しよう結ぶまず

情報の流通がないで物流もないんですね

今そこにベンチャーが入り初めてですけど

結局その買参権って言って

魚を買い付ける権利がもらえななかなか入れない

で入ったとすると

今度は実は産地市場

現地同士を結ぶ物流もがないので

運べないって言って常でここが

変わると実は

さっきの愛知の本気モードの売れ残ってる魚って

本当は別の場所に持ってるとか

家使ったんですけど

これは流れてないっていう問題はあるな

ここの構造があるって事は

むしろ伸びしろがあるって事なのですが

ビジネスチャンスがある

こういう風にも思えるんだと

是非何かそういうところに打つて

参入いただける方いると面白いんじゃないかな

というのちょっと視野したいと思います

じゃらすの一問かに問ぐらいですけど

どうぞ頑張っていますありがとうございました

お話を伺ってると

魚の値段が肉等に比べては昔

大変安かったっていうような

印象のままですね

安く据え置かれてるんじゃないかな

という感じがあるので

私ふるさと納税とかをしてると

例えば宮崎牛が農林水産大臣をもらったんで

あのたくさん出します

とかいうようなのがあるので

海がつながってるので

難しいのかもしれませんが

まぁ一部ブランドが住ん

でますけれど魚の種類ごとに

農林水産大臣賞を出したり

総理大臣賞を出したりして

一体どんな味なんだと興味をもって

多少高くても

そういうのを食べたいというインセンティブは

畑扶養にしたらどうかなという提案です

けれどあの地域でブランドしようと思うと

両親も色々でね

ちゃんとした処理する人もいれば

手抜きの人もいて

まとめてなんとかさんで出しちゃうから

なかなかねブランドとしてね

できないんですよねこれがですね

トレーサビリティが聞いてないっていうとこ

なんでこれ聞かせるととっても良くて

あの船の上でちゃんと神経抜いてってやる

とやっぱおいしいんですけど

そうじゃないのも混ざっちゃうっていう

問題あるのでも素敵なシールをですね

魚には全部うちのせん名の号数入りのシール

貼ってんですよ

愛だとその商品には

船頭さんの撮った船頭さんの顔とかも

買ってたようにして

そういうのもっとねその

全体で行ってもいいんじゃないかな

と思うんですね

そうですね落としたり

その名前を出したりすると

咳が出てくるんですね

警察まで出ればいいんですよね

地域だけだと駄目で

歯の神経抜きって言って

頭に穴開けて針金でやるのあるんだけど

神経抜きしましたって言った

玉に穴だけ開けてる人もいるんでね

なんとかまでまで出さなきゃならんですよ

はいどうぞと

あの全共連さんのプライドフィッシュみたいだね

あのプロモーションかけた

いっていう気持ちはたくさんあるので

それをいかにその他のビジネスの

ステークホルダーの人たちが

使っていくかっていう

ところのオリンピックもそうなんですけども

そういう場面場面で

効果的なプロモーションのやり方っていうのも

これからあると思います

是非そういったご意見もやりながら

やりたいと思ってまして

実はあのさこれ伝えていくって

とっても大事なんですけども

このGわんのあれ

yahooさんがぎょっぴーっていうすね

メディアを立ち上げてくださって

魚のこのを持続可能性ですね

訴えるような眼でをやってくれたり後

マルハニチロさんも真面目ていたり

様々いろんな取り組みが始まってますんで

ぜひ今日聞いていただいてですね

こういうこと俺でもできるんじゃ

ないか私をできるじゃないか

と思っていただけたら

また我らに声かけて頂いて

海洋研究会のメンバーにも

ぜひ入っていただけたらと思ってます

でよろしくだけで

ここから水産業は伸びしろだらけ

ということでよかったですかね

入ってわけで今日は熱出ました