次世代のビジネスモデル「サブスクリプション」の最新潮流

はいではですねこっからいちじかんサブスクリプション

そしてざすということで自然美術モデル

潮流というテーマについても

機能していきたいなと思っています

今日はのそれぞれ湖東団の方々

その第1戦のところでですね

各事業変革されたり

進めていらっしゃる形で来て頂いてるね

その生々しいところも含めて

お話しできればなと思っています

でサブスクリションということで行きますと

この前のセッションが

まさにますの議論がありまして

元々あのサーフということで

そっちの家から始まったところから

いよいよモビリティの家ところであったり

あらゆる領域にこの

サブスクリプション型のビジネス広がってる

ということではないかなと思ってます

このセッションやるんやったってですね

日経新聞電子版これもあるし

さすが玉サブスクリプション型のサービスです

けれどもざっと検索してみると

ほぼ毎週ですね

寒くなんていうキーワードで

引っかかる期日が

上がってきてるんですね

それじゃそのベンチャーのみならず

大企業においてもさすが素敵なエビです

そしてサブスクリプション型ビジネスっていうのは

ある種も不可欠

という時代になってきてるんではないかな

というに思っています

今日はですね

そういった観点でできる具体的な

内容をお伺いしていきたいな

と思ってるんですが

ちょっと皆さんに聞いてみたいな

と思ってるのがひとつありまして

皆さんの会社で

サブスクリプション型のビジネスが

既に運用されている会社って

どれくらいあるか聞いてみたいな

と思ってやってるぞ

という会社さんよんじゅっ

ぱーせんとぐらいですねありがとうございます

で今手をあげた人に

もう一つ聞いてみたくてですね

うまくいってるぞで飯食ってるぞ

全然ダメだゆうこと三つで

聞いてみたいですね

だいたいここにいらっしゃるよん

じゅっぱーせんとぐらいの方がてあげた

そのてあげたかっただけです超

うまくいってるぞ

とおお素晴らしいママママだよねと言うね

全然ダメだよいうとこなるほど

うまくいってるって言う方には

お話のちょうど聞いていたいなんです

けれども最初にですね

それぞれの会社では

サブスクのビジネスって

どんなことを具体的に行っているのか

また既存の

ビジネスからそちらのサブスカ旅ですね

時に帰っていったのかっていう色を

全弾させていただきたいなと思ってます

ではで最初も寒くの言うということで

microsoft山崎さんからお願いできます

でしょうかよろしくお願いします山崎です

我々の会社ですね二つ大きくまサブ

スクションってゆうか

まさつパスと言われるようなも

テクノロジー取り組んでる分野がありますね

一つは言われ

クラウドサービスというものですねえ

こら飲まmicrosoftが始めたというよりは

技術的には従来のコンピューティングのあり方が

お客様が明日持っていただくよりも笑える

ベンダー側がお預かりをして

そのカリ規模の経済で

安くより良いものを提供するという形で暴れる

もともとサードという分野で

office365というものから始めて

この中にもちょっと私

ご一緒した皆さんもいらっしゃるんですけども

あのパートナー様に

お客様が買っていただいた

ハードウェアでソフト入れるものから

我々がお預かりをしますとこれはですね

もちろんのチャレンジ終わったんですけど

もう一つは飲ま

皆様と待ち合わせして感じたのが

コンピューター会社とか

IT企業によっても消えるの

あり方が変わってるんですね

我々とかgoogleさんても

もはやです世界最大のデータセンター

運用している岩出データセンター事業者です

とはさん年からご年に一遍

ソフト屋の新製品を投入して

それを販売して次の開発資金を稼いでるから

完全に我々がPLとしても

お客様のサーバ

運用費を持ってるような形になります

のでは

売上ももちろんサブスクによって

平坦になるんですけども

我々のでコスト構造もマジであれば

あの研究開発費がどーんとさん年間かさんで

次の新製品です

来週するってモデルだったものが

完全にフラットになりますとなので

データセンターへの投資というです

でも継続的に

コストがかかる構造へまあ

授業モデルも変わりますとます

それといや顔なしにですね

収入もできるだけフラットにしたいと思い

まばり会社側としても出てきますので

まテクノロジーが少し牽引してマッサージパース

癒すという授業を始めたというのがあります

かた家ですねあの

まさに今私が自分のところでは

少しチャレンジとしてもやっているのか

逆にまだ売り切り

型のソフト屋のモデルってのはられ

すごく残っているんですね

ママさんに皆様のパソコンで使って頂いてる

いわいるワードとかエクセルなんですけど

もごらの海外に比べても日本が

ですね以上に

買い切り型のビジネスが肥大化してるんですね

というのも皆さんもあの比較的私

今よんじゅーさんなんですけども

年齢的にも旅立ち

歌詞がいらっしゃっ多いと思うんですが

わらの店頭で昔パソコンが流行り出した頃に

年賀状ソフトとか家計簿ソフトとか

全部入り

で家電量販店で買ってくれば

パソコン使えますっていうところから

日本のビジネスで始まってるんですけども

あれはラルプリインストールのビジネスてるに

読んでるんですが

海外では実はオフィスって基本的にこのプリン

そのビジネスやってないんですなるぞ

日本で発明されたもう

ほぼビジネスモデルで

これも素晴らしく良いものとして

会社にあるんですけども

皆さんもじゃああの量販店行って

パソコンをこれから月

いちまんえんで買いませんか

って言われたらですね

ちょっと打ってね

まさにある企業としても同じで

btbでもBでもこれ

怒っていてパソコン

は寿命が尽きるまで使うもので

officeはそれについてくるものっていう

ところでやっぱりも

お客様に対しての意識がありますので

それはまさに我々が今

もうちょっと頑張らなきゃいけない

料理としても日本独自なんですけども

やっているようになりソフト速度収益源の

インパクトってどれがやったのかってことで

行くとパソコンの過去

最高益ってのが今

実現されていらっしゃると思って

サイズでもこのサブスク型の日ですね

切り替えって言ったことのインパクトってんだ

とどのように知らない

でも議論されてるしたんですか

今売上的なの

ちょうど今週は何群の発表があったんですけど

完全にも気にしてるのは

サブスクリプション型です

逆にいわゆる従来型のソフィテルの音が

完全に落ちてます

でも予算の組み方も

それでいいって言うになってるんですね

やっぱり一番大きいのは

あの単年度の売上を追わなくて良く

なるって言うのは

うんうんはい変わりますとよは

新製品を出したとシート温度上がって行って

新製品の最新インパクトでジリジリ

個売れてるんですが

だんだん下がって行ってと

また翌さん年後かに行こうと思ってあげて

こういう繰り返しから

できるだけこういうなだらかのカプセルを

仕掛けていくこのやっぱり大きく変わるところです

是非その本当に解約率が起きないのかとか

そうですねそっから

アクセルできるのが来られる方

ぜひふかぼりできるかなと思います

よろしくお願いします

ビビットの藤井と申しますね

私はの実写でも

それこそsaasのビジネスっていう

のやっているんですけど

どうすれ自体はおそらく

先ほどいうとこのままうまくいってると

暗い中のでそちらよりもですね

あの私でしたら基本を書かせて頂いていて

今日は中国から来て今なんで

中国事例の中で

比較的その中国時代と思わ

日本での先進的な取り組みのまさみたい

なものをちょっときわどい

事例としてお話しできるのが

一番の付加価値が高いかなと

思っているんですが

その日本の企業様と

あの一緒にプロジェクトやらせていただく

コンサルティングというビジネスでやらせていただく

中で動くあの中国企業と

ベーシックなマインドセットで違うなと思っ

ているところで一番あるのは

やっぱりそのといかに本当にデジタルで包み込むか

みたいな考え方があのしっかりできていない

ケースっていうのを

やっぱり見受けられるケースがあるな

と思っていて

それを例えば私の言葉で言うと

いくつかあるんですけど

多分大きく言うと二つでいかに

高頻度接点を作っていくかみたいな

ところがおそらく特につーCで考えると

すごく重要で

でこれの背景になっているのはおそらく

結局行動データが

たくさん取れていくからっていう話だと思う

んですがその行動データがたくさん取れて

いくいる時に

そのデータを何に使うのかみたい

なところで中国企業ってですね

本当にあのベーシックで得られた行動データを

ユーザーエクスペリエンスに返して行く

みたいなことを

当たり前のように考えていらっしゃるな

と思っていてよは

あのサブスクリプションって言った時に

やっぱり一番初めに出てくる

他のゾーラの強さんっていう

方がサブスクションって

最近なのずっとこのじゅー

年ぐらい喧伝されていますが

それを考えた時の彼って

あの通常の課金型ではなくて

お客さんと定期的に接点が取れて

お客さんの状況が可視化できるから

一番サブスクって意味があるんです

リフにやっぱりおっしゃっていて

そういうところがですね

私がよく見ている中国事例だと

やっぱり当たり前のようにしても

テレビでも特に通信がやっぱり中国強いですが

やられているのはっていう風に感じています

あのなんでUXかける行動

データのループを回すみたいなものが

サブスクリプションを通じてあのやら

れているのかなって思っています

一個だけちょっと掘り下げたいなと思って

とって日本企業と中小企業のそのギャップが

なぜ生まれてるんでしょうかね

それより中国企業がその行動データをして

高頻度にデータを取り

それをエックスに反映させる

というサイクルをグリグリ回せるその

マインドセットに売ってあったり

ケイパビリティを持ってているのは空

なぜなんだということですね

これやっぱり環境の違いと言うか

それ言ったら元も子もないかもしれません

がやっぱりその14億いるわけですね

やっぱりその日本の企業さんだと

ある程度市場市場っていうか人数は

小さくてもそれがまあ

高付加価値で

少人数から高い

金を取っていくっていう

形になりがちですが

中国ってやっぱりそのネットワーク効果が

すごく効くので

とにかくユーザー集めようとすると

何送っとかって

簡単に集まる感じには決まったんですけども

集まるわけですよね奥とかって

いうことをずっと使い続けて

もらいはmau何

億ということを達成するためには

とにかくデジタルでやった方が

たくさんの人に広がるしない

その中でかつUXをとにかく良くすれば

他に着いたの

追随を許さずに

そのmauをキープできる

というのが結構なんですが

ビジネスの論理

として当たり前に

何かで付いてるんじゃないかな気がします

でも一個だけ言おうとした頃がありまして

その中でやっぱり

日系企業さんとお話ししている時に

その今言ったUX避ける行動

データの引用みたいなものって多分

そもそもケイパビリティを知っていたして

持ってる

企業自体が誰もあんまりいないっていうのが

あの現場なんじゃないかなと思っていて

デジタルだったらそれを作ればいいわけですけど

もともとものを売るっていう所に行くか

フォーカスしていると

なかなかそういうケイパビリティを持っていない

中でやっぱり結構それも背景が違う

ところありますが

中小企業は平気で

結構あの外からたくさん調達してくる

仕事をやられているな

と思っていてこないだも

あの実はその本に書いてあるところです

ネットpingANgooddoctor

ピアノ保険っていう

あの時価総額中国だと31起業で

サアリババテンセントの次の

保険っていう結構

従来型の保険企業が

デジタルトランスフォーメーションに大成功されて

あのそういうデジタル変革されているんですが

この企業が作ったアプリって

そのpingANgooddoctorっていうまあ

お医者さんの予約だとか

健康管理ができるアプリがあるんですけど

これを

作った時のにですね

アリババさんがやっぱりうまく

はいうまく提携をして進めたっていう話

落ちた小耳に挟んでいて

それどうやってやったんだろうと思って

話聞きに行ってみたんですね

そしたら実際は正式な提携関係は一切なく

そのプロジェクトを始めたトップの人がと

アリババでも

とECでソフトや関連を作っていたかたで

掃除を引き抜いてきて

この人があるからごっそり引き抜いて

何で正式な提携関係ないですが

ありそうなんだけど

でも1/3&プロパーで保険業やっていて

営業とかと繋がりが強いか

1/3はアリババ直径でそのトップのオリバ

さんですが連れてきた形でもう1/3はモバイル

インターネットのヘルスケアみたいなもの

人を集めてきたって言うんやっていて

やっぱりオリジンとデジタル上手く回せる

見たいことやられていないかな

と思っていませんてこの後

是非議論したいポイントも含めて頂いていて

その日です

が待ってる中にサブスク型

特にデータを活用できるような形で

ビジネスモデル設計していくのかって

言った時に

既存の社員だけど当然できないよね

誰と行った時に

外からどうやっていい人材集めるのか

ってことであったり

そこの紺碧とって必ずありません

既存のビジネスモデル

とし新しいビジネスモデル

この頭ぶち抜いていくのかな子なので

ちょっと深掘りしていきたいなと思ってますが

ちょっとここからの是非

ブリヂストンさんのでもお話いただくと

今の話も結構

繋がるところがあるんじゃないかなと思います

はいはいブリヂストンっていう会社は

昔から自動

車用のタイヤを製造

販売してビジネスやってる会社なんですが

なぜそんなコテコテの製造業がサブスクだとか

デジタル変革であっていうところから

ちょっと話したいんですけれども

皆さん自動車持ってる方多いと思うんです

けれどもガソリンスタンドとか点検に出して

お客さんの車

のタイヤもすり減ってるから

買えないと車検通りませんよって言われるぞ

多分ほとんどの方

きゅー割五分きゅー割きゅー部の方は

あしまったやだなと

できればもう1回

車検とんないかなとか

もうどうしても駄目なら安いのにしてよな

こういうプロダクトなのですね何時から

こういうプロダクトで

今後生き延びていくには

どうしたらいいんだっていうのに

文字とずっとやってるんですけれども

やっぱりですね

そういうあのもうタイヤ変えなきゃとか心配事

冬が来て雪が降るから

スノータイヤに替えなきゃみたいな

事っていうのは

皆様にご負担をかけさせて

はいけないとで

そういう面倒くさい所は当社で

全部でも客様には

もう価値は何かって言うと

安全に確実に行きたいところに行けるという

移動を提供することをお手伝いする

っていうのがひとつの会かなとね

そうなってくるとですね

皆さん個人の乗用車ももちろんそうなん

ですけれども

トラックバスとか高山とかのうえ

会社の方達も

本業は荷物を運ぶ人を運ぶ鉱山鉱物を運んで

出荷するこういうことを

この効率を上げるために

我々が何できるのかっていうところに

入っていくとやっぱりですね

タイヤ一本いくらで

今日もよりもじゅっぱーせんと安いですよ

とかじゅっぱーせんと長持ちしますよ

ということではなくて

お客様のオペレーションが

より効率良くなるように生産性が上がる

オペレーションコストが下がるところに

我々はコントリビューションしたいで

どうコントリビューションするかって言うと

プロダクトタイヤはサービスとして提供しましょう

その

代わり車一台当たりとか月いくらみたいな

形っていうのが

お客様の予算的にも安定できるし

それから面倒くさいことやらなくて

よくなるんでいいんではないか

まこれお前言い換えるとこの頃

サブスクリプションって

言葉が流行ってきたもんですから

我々前からサブスクリプションやってる

よとか言ってるんですけれども

まあこういうことですね

でそうなった

最初どれぐらいから始めたんですけど

何年くらい俺はあとにせんじゅーご年ぐらいに

最初にトラックバスの運送会社様向けに

サービスとしてタイヤとそのメンテナンス

空気圧の点検とか

ローテーションとか雪降る前の

夏冬交換みたいなところから始めましてね

これをあの人件名

広げてるわけなんですけれども

えー先ほどものすごくサブスクがうまくいってる

まあまあうまくいってる

全然駄目っていう中に温めると

全然駄目な方に入るんじゃないかと

思っても交代したいぐらいなんですけれども

なぜだめ

かって言うとやりんでしょ

ある程度うまくいってるんですけれども

我々は本当に始めた当初

どんどんそっちに行って

お客さんと契約ベースでやってくって

ビジネスをもマジョリティにしていきたい

まあ今でもそうなんですけれども

他のその拡大ペースってな

思ったほどなかなか上がら

ずにね何故かって言うと

このプライシングモデル

お客さんもあこれならとくダネ

我々もビジネス個別に見つけ

ていくとこにものすごい手間がかかってしまって

いてココアテクノロジーで

金を解決していくべきとこと思うんです

けれどもそっちがのバック

オフィスが膨らんできてでその値付け

だと解約されないために

いろんなプライシングダイナミックに行っていくとか

そこがボトルネックであんまり広がらない

みたいなところになったりしておりましたね

この辺が今後の課題かなという風になる

とはいえその課題がありながらも

お客様への提供価値そのものはそのサブ

スカとのビジネスを取り組んだことによって

上がってきてるっていうそんな現場可能

先ほど藤井様の話と

全く同じなんですけれども

なぜそのサブスクをやってで

そこにデジタルを入れるかっていうと

お客さんのオペレーション

あるいはへ繋がりをより深く持ってね

お客さんがどこに困っ

ているのか

何をすればもっと提供価値があげられるのか

言うのをより細かく知るために

デジタルを入れているとねこれがですね

我々いえばタイヤの

オペレーションのプロフェッショナルとして

お客さんが気付く前に

その先をいったサービスを提供し続けないと

うまくいかないのかな

とそこにいれ

ジタルっていうのが

すごく役に立つなっていうことで

やっとりますね

あのね私は

前の草はソフトウェア中心で

ものづくりがないというところと

何も持たずにはベースに行って

そこにソフト屋絡めながら

サービス型ビジネスを組み立てていくと

立ち位置が違いがありそう

で喋り痛そうなことってありますか

無料microsoftものづくりじゃないと

入れた時の読み方やっぱり変わっていて

最初夜ソフト屋を吸って頃にはその後

どう疲れ使われてるかって

我々知りようがないんですね

お客様のデータセンターの中に

サーバーと製品があって家庭等製品

使っていただけるかどうかわからないです

というところからアプリクラウドになると

まさにもちろんプライバシー場

覗けないで達のたくさんありますが

どのお客さんが

我々の製品を買っていただいたに値するだけ

使って頂いてるデータを持って行きます

それがの先ほどしちゃって頼ま売っ

てんのマンスリー言っても

この業界だけはい

あの普通のケアで待ってますけども

それが上がってかないとぷり

次の曲に繋がらないってのあるので

まちゃんとそこを細くして

見れるようになりましたし

逆にそこを怠ると思われも長くやるので

解約まーちゃんが出始めてるって

現象も起きてるので

ただで誰があるだけではなくて

そこからどう次の購買行動につなげる

勝手なすごくかおならしてるとこだよ

今のはのデータで

見えるようにしていくっていうのはこれ

ブリヂストンさんもさんぴんのプロダクト

売っていた時代って

なかなか見えなかったことが徐々

に見えるようになってきてるって

現実はやっぱりあるわけで

ちょっとそんな点で

具体的な状況をお教え頂いてます

具体的に言いますと

確かに我々も物をあの売って

売り切りで終わっていた時には

お客様から後で色々言われるわけです

ブリヂストンタイヤ高いけどすぐすり減るとか

そのパンクするとか

いろいろご指摘を受けながら改善をするんです

けれどもそれはやはり断片的な情報なので

やはりお客さんがの困ってることなので

丈夫な材料に変えたりなんか材料厚くしたり

いろんな対応するんですけれども

お客様のオペレーションとか

直接サービスをするように

なってそこをデジタルで取れるようになったら

実はあの高速道路は早い

スピードで重たい荷物積んでる

トラックと近いところで止まったり

動いたりしながら走ってる

バスとでは

全然そのタイヤにかかる負荷が違ったので

製品特性そのものから変えていって

よりカスタマイズした製品とか

サービスにすることで

我々の方のコストも下がるし

お客様への提供コストも下がるし

になるって言うなことないですね

まあ今更わかったっていうようなことが

たくさんありました

プロダクトそのものにも

ちゃんとフィードバックを回して

プロダクト開発にも

影響を及ぼすことはできてるって

言うかそのバリュー

チェーンの川下のサービスのところだけやって

すごく桑折駅

新しいカツを乱してる

プレイヤーさんがたくさんいらっしゃいまして

タイヤでも安く

ネットでタイヤをどっかから買ってくると

あのつけ帰ってく切れてくれる

サービスだけを安く

通販でやってるようなプレイヤーさんと

かがいてそこよりも

我々が勝っていくために差別化するには

やっぱりサプライチェーン全部持っていて

R&Dも持ってるところまで行かして

差別化することで

いけるんじゃないかなっていうので

R&Dのとこまで戻してるね

それだとサブスクリプションのビジネスって

顧客との関係

性を継続的にモテるようになってきたよ

車所有から使用へ

という中で使用されている状況もあるし

ずっと継続的に追いかけられることだ

次の価値に転換されていくと

今度この次の風転換させてきた

メニューしていくためには

ビジネスモデルとしても顧客を満足させ

続けなければいけないし

そっからのアップセルっていうの

どう実現してるのかってのも

サブスクビジネスの基本と言ったら

基本ですがは法律でもあるかなと思うんです

けれどもこの辺りの取り組みでの

成功のポイントだったり

実際こんなことやってますってところです

ちょっとお返し

てみたいなと思いですが

そしたら山崎さん

あのーあればりー外資系企業なので

言われはのものの

ほんのごサブスクリプションの方に書いてあるよう

なことっても大体やってはいるんですねえ

まさにカスタマーサクセスユニットっても笑える

持ってますCM本当にそのまんまの名前

ですあのここはいわゆる笑われましたないでは

ビルドレベニューって呼んでるんですけども

言われるお客さんのキャッシュ

フロー的な売り上げは

指標としてまったくもっていません

とよ的なアクティブ

遊星もしくはコンピューティング時間は

どれくらい使っていただいたかとなら

売上とは直

関係なくはないんですが

利用率はね

そこメトリックスに活動していくっていう

舞台がありますので

苔が活性化して利用しているかどうか

を追いかけ続けることは意外と整ってる

そうですねまあ

シンプルやっぱり使っていただかないと

ちゃんにつながるので

扱って頂いてるかどう

かっていうところも

専門に追いかけている物体になります

そこもあるけど

うまくいってますと

パラパラのアップするというのは簡単ではない

我々もいろんな製品を持っていて

もう日本でも最初に

サブスクリプションのその決算ロッコって

ビジネス始めてからも

ごーろく年経ってるんです

けども我々次の製品

やっぱり売らなきゃいけないんですね

予想した時に尿がいい子なので

あの時のセル操作もおっしゃってましたけど

やっぱり買収なり事業ポートフォリオ広げて

次の世界に出てかなきゃいけない

笑笑からメールサービスから始めたんですけども

実際今もう一番力を

入れてあってる

セキリティのサービスとかでさ電話なんですね

笑いの製品か

手間もかけられるようになってない

外線電話かけられますと

skypeskypeではなくていいですよね

本当に笑われのoffice365サービスで

回線電話かけられるサービスがありますと

そうすると営業

担当者もどんどん次のですね

ビジネスを学んでやらないといけないですし

あのカスタマーサクセス先のブリヂストンさんと

お話ししてもちょっと盛り上がったんですけど

あのカスタマーサービスアクセスですね

最初の卵を産まないと活用度を上げるって

どこまですごくうまく機能しますお客さん

に感謝しかされないんですね

こんなに使ったら嬉しくなりますよと

ただここからアップするにですね

どう移れるかっての

やっぱりカスタマーサクセスが

もう少しハードルがあって

今までお客さんに新しいものを使ってください

って言わなくて良かったんです

はいはい持ってるものを使って

下さいとお客さん払ってますからってところから

次のビジネスになるとですね

やっぱりうりこにマインドシフトしていかないと

いけないとなので

我々もある程度の駅のビジネスアップ

セルのモードに入っているので

そこは少しこれから

どうやってそういう

マインドセットを植え付けて

いくお客様ともちゃんと共有できるかって

すごく大事なと思いも白いですね

できますかとはサクセスの方々

そこのアクセルやだけど

とっても気持ち仕事でそうですね

満足感があってフィードバックもあるし

車内にいるんだ

まだお客様

感謝しかされないで

払って頂いてる費用の中で

もっとこの素晴らしいことができませんって

本当は目的は

そこでお客様のmicrosoftに対する

お祝いを持ってあげてもらって

マイクロソフトとだったら

もうこんなことできるんじゃないかって

次のステージに進んでいただくことが売られ

一番の本です

とやっぱりそこでもちろんあの課題

もできなくなっていうところでさ

同じに困ってるんやったら行こう

より顧客の解約

チャオコー減らして飛んだことされて

ちょっとサイクルさん

先に行ってもいいでしょうか

はい先ほどはあのマイクロとさん

藤井さんと話してても同じだったんです

けれども最初に契約してそれをいかに

使い倒す勝手な同じなんですけれども

ただ我々カスタマーサクセスっていう

あの舞台の名前はないんですけれども

それと同じ役割を持ってるような

営業ソリューション営業部たいっていうのは

降りまして彼らは

どんどんどんどんお客さん側の気持ちにな

お客さんがいかに好得をするか

というマインドでいろんなことを提案

お客さんにも提案するし

バックエンドの舞台にも提案するんです

けれどもただ同じサービスを続けていては

その我々の工場に今はならないですし

お客さんもだんだんも飽きてきちゃうで

これをどんどん提供価値を改善していくし

それに伴っ

てプライスモデルも買えペココーデですね

あんまりあのそのソリューション部隊が

営業部隊がお客様側の方にだけになっちゃう

と会社の利益のことが

ちょっとないがしろにされるような隙間がですね

お客さんと会社の間にあったのが

一個手前側に来たのは

いいことだと思うけど

カスタマーサクセス舞台と実行部隊の間に

少し溝ができるみたいな課題がありますね

このやっぱりソリューションを営業で

売っていくっていうのは

そういう今までタイヤ一本

いくらプロダクトセールスしか行ったこと

ないような人たちしかいませんので

どうやってお客さんに価値を伝えて

お金を払っていただけるのか

というようなことが

まず我々社内の営業マンがきちっと

コンセプトとかどういう価値ができるんだって

理解しないと

もちろんお客さんに勧められないので

そこの教育プログラムとか

そういうものすごいアナログので的な所に入り

そうそう結構咲いてるって

従来のネコ営業の方ってのは

そのタイヤをどれくらい売れるか

そういう営業やっていた方が

食べに棒グラフに貼ってあって

今月あと何十本とかない

何百取りに行ってそこからね

まさにソリューション営業ってことで

その求められるケイパビリティがかなり変わっていく

そんなその

microsoftさんもカスタマーサクセスやっている

そこで満足度を上げていくような取り組みと

今度顧客に深掘りしていく点をしていくつ

ここはやっぱり求める能力

セットは変わっていくってな

ところが大きなチャレンジえってことですね

そうですねあの

最初の使ってない状態からある

程度価値を考えてたまらんのサブスキル

その場合全く使わないのに

買うお客さんってのいらっしゃらないんですね

本当に営業がどんなに頑張っても

やっぱり月々払っていくので

それなりに石がないとできないので

そこはあんまりないですと

ただ最初のページが光って活用モード次に

我々の会社に対して

道路を焼いてを感じて頂けるか

っていうところは

やっぱり会話の幅をもっと広げて

我々があったら

こういうことができますって言った

お客さんとのところ

合わして離さないといけないとかあるんで

そこは少し後半の方がから

ハードル高くなりますがするの

方がちょっと話を聞きながら間にいる

富士山入ればいろんな話が

右から左に受け流すされたかもしれません

けれどもそんな格好

こんなことが重要なんじゃないか

あと中国においてたと

こんなところまで広がってます

よって話も是非いただけると嬉しいなと

わかりました結構つーBの

話が多い中で

ちょっとつーCの観点も含めて

ちょっとお話できるといいなと思ってるんです

けどそのもっともっとデジタルサービスとして

そもそもサブスクできる物と物があった上で

サブスク化するものって

やっぱり全然違うなと思っていて

その時にそのものがある時にやっぱり

その良い例と悪い

でも明確に違うなと思っていて

悪い令和物を売ってるので

そのものを中心に

どういうサービスをくっつけられる

かっていうタイプは

結構失敗する傾向にはあるよ何のもんでね

先ほどお話しいただいた

そのブリヂストンさんの事例も

パン屋はあるんですけど結局

やろうとしてなソリューションじゃないですかね

そうやってそのソリューションの中に

商品を埋め込んで

いくかっていう考え方であれば

おそらく結構成功して見れるんでもあるよな

と思うのソリューションがたくさん使われている

結果タイヤにもデータが買え

さっきの話だよなと思って

そこは本当に結構なんですかねえもの

作って行く一番初めの考え方として

なんかこうもうなんか

明暗を分ける考え方だよなっていう風には

この事業設計ビジネス

モデルのコンセプトを作る時に

はい今の今

売っているプロダクトありきではなくて

発想を転換できるかってところな

んですかね

結局サービスくるとか

ソリューション作るってなると

顧客の顧客の置かれている状況だったり

ぺいんだ形を理解することが

一番重要だと思うんですが

それも踏まえてあのなんていうかね

ものからスタートしてしまうと

どうしてもものを

どうやって活用できるかなって

海がないなってしまうので

まあそっちに落ちがちだよね話なんだろう

ナルトあともう一個言ってよければいいですか

言いたそうなんですね

あの拡大するって言った時に

つーCのケースでキュートなんですけど

そのつーCの時にマネタイズするために

通信でたくさんいるざいる

からそこのデータだったりをつーP側に居る

みたいなお話して結構よく最近お話君ですね

でこれを渡してありばばさんに持って行って

自分もそういうプラン立てたんで

どうもいますって行ったことがあって

全然駄目ですよね

これから何かっていうと

そもそもデータが売れると

かデータエコシステムかするとかっていうふうに

まず考えるな

電話してよはデータって

結局その皆で守ったり

そんなまでた売ろうとしても

結局と都合が全然できません

名前の間にスペースがあるかどうかだけでも

あのと都合ができなかったりするので

そんな中であればかさん

が明確にやろうとしているのは

とにかくまずソリューションベースで

通信向けにvalue定義を考えます

そうするとつーCで

ノースのさっき言ってカスタマーサクセスだったり

そのMA様はママを上げるとかってこと

考えていくと

持っているデータをどう使うかっていうことが

自社内で

出来るようになりますと

今度はそれをテンプレ化するとか

業務標準化して

TO_BEにソリューションとして提供する

みたいな順番で考えないとね

疲れてられてるデータって

ちゃんと村TO_BE側に売ること

多分普通はできないかな

ちゃんとソリューション化するけど

それ消化する時に自分

自身でまずちゃんと回してから強靭化した際

見た場合は

言われたのは

別のセルっていう話とは別のところで

お金を稼ぐって意味を考えると

そして後でデータのマネージメントっていう

ところでそのデータをどのように

それこそ使えるように置いておくか

活用できるかで分析

できるかってところのそのサイクル

いち人で待ってなければ

他に持ってきませんよね

そんなの知ったねそうです

足AP通信混ぜてサービスを作ろうとすると

結局提供価値が濁るからはやとを止めなさい

となるとなるほどそうですね

ちょっとあのそう言ったの形で

サブスク型の日ですね

道をビジネスモデルとして変えていくのかって

中で組織をどうやって帰って来るのかって

ことも大きなテーマかなと思ってます

で物損さんなんかできますとは

既存のビジネスが大田区回ってるところに

生産中止になって

サブスク型のサービスを作ってきたいんだ

という事を

投げかけて言ってて

本当にこうみんなが同じ夢を見れるようになる

までに結構時間もそうだし

いろんなコンフリクトあったんじゃないかなと

これこれをどう乗り越えたのかなって

ちょっと誤解してみたいな

まあまず当社の場合は

物売り企業をいつまでもやっていると

まずいとで

ソリューション提供者になるんだという宣言は

トップからしていただきましてたから

なんかソリューション事業者に

なんなきゃいけないっていうのは

皆さんこ頭では分かってるという状態までは

少なくともトップのあれ石石と言うか

あれでやっていただきまして

じゃあそうすると具体

的に何するのっていうのは

我々事業部と言うかですね

実行部隊に降りてくるわけなんですけれども

あのまず我々の場合

コーポレートにデジタルソリューションセンター

っていうの作ってもらいまして

まぁそこで色々新しい事業モデルとか考えてね

お客さんの所に価値があるのかどう

かみたいなのを調べてで

事業部の人たちと一緒に

トライアルをやって見るんですけれども

あのそれでなんとなく良さそうだね

っていうのがわかっても

じゃあ今の事業部の人たちがやってくれる

かって言うと日々のところで忙しいので

なかなか整理捜査酒なよねそうすると我々

の場合まずコーポレート

舞台が実際に手を出して少しテストやって

上手くいきそうな目処が立ったら

その事業部にやっぱりこう

あの専任部隊ってですかね離れて

その新しいソリューション売りを専門とする人

あるいは武将作りまして

でそこと我々コーポレート

カウンターパート的にスタートして

だんだんハンドオーバーしながら

ビジネスを助けるしていくっていうような

プロセスを取りました

二つあって

ショップの一環なのかビジョン七かかりません

けどそっかそういう発信に向かってくれたの

はなぜ明日なんか三枝匡混んでたとか

どういう背景があるそんなことはないんだ

お前の中の動きとして

こうなるとやっぱりそのモビリティって

顔と持っていく業界そのものがもうすぐだね

いつかね全体のマーケットも

頭打ちになってくるし

成熟調整事務作業ですので

その中で何か新しいことで

あのまあそのポップなソリューションを提供して

なるんだって言った

ことをどうインタープリテーションして

現場の事業部第にスタイル買ってよな

ここは我々のは

いろんなアプリケーションが入っていいんじゃない

かと思って

トップが入ってるのは

デジタルをもっと活用してね

お客さんの情報が

もうリアルタイムで取れるようにして

新しいサービスを作って

いくんだみたいなところに落とすところは

各専門部隊がなるはい

それではの各部門に

エージェントのようなメンバーをつく

そんな人間が

頑張るってのイメージできるんですよ

一方でその各事業部の事業部長ってとはいえ

今年の売上責任がで

やっぱり対応売らなきゃいけないって言う

なんて言われた一方で新しいものやんだっけ

このやっぱコンフリクトが乗り越えていくのか

ということが

きっとあの各社において

同様の難所ってのが生まれるんじゃなかったし

皆さんどう乗り越えていらっしゃるのか

私から行きます

まずおっしゃる通りなんですけれども

えーとですからもっと

もっと既存の事業やってる舞台を南下するとか

そこに新しい仕事っていうのではなくて

新しくソリューションを売る舞台を舞台

あるいは人を作ってその人がうる

売上と言うなら

その新しいサービスとして

レバ人を拡大するんだと

というのがコンセプトで

ただし同じお客さんとこ行っ

たら取り合いになるでしょって言うな

そこはだから

お互い競争していうことしかない

と思うんですね

は健全な競争を促していくとかねね

そこはの競争して

既存舞台の方が大体こうなんですかね

古くからいて権力を持ってる方が多いので

そこはそうじゃなくて新しい

ソリューションを打ってくってな

善社のポリシーと

やってかなきゃいけないって

いうところを説得していくのは

トップのメッセージをインタープリテーションする

役目かなという風に思うでね

見せ所と富士山も多分

いろんな会社を

その変革のサポートもされていらっしゃると

中でどうやったら

その組織変革につなげられるのかって

いうところを是非行って投函したいなと

あのここは本当に中国企業の論理が通じない

ところで中国企業は結構トップダウンで

思いっきりパコンと買えちゃう

での右向け右それって感じなんですけど

日本はやっぱり綺麗になってんですかこう

ヒエラルキー構造になっていたりするので

南加瀬うまくそれをうまくやろうとしても

全然伝わらないっていう中で

大きく中にパターン見えてるなと思っていて

結構ビジョナリーで

あの社長も結構なんですかね

とメッセージを強くはっされる方の場合

そういうメッセージをとにかく下に

落とし込み続けるで

その理解するためので

私が行って抗議するんだこと

あったらいいことやってくととんとんなんか

社内全員が同じこと言い出すんたいこと

結構あったりするのものすごくレアケースで

通常の場合は

結構普通に生活をし

姿で当然売上持っている

っていう状況の中で

やっぱりその変革lineが一覧ちゃんとできる

妹がうまくいってるかなって

思っていてあるものそうなんです

無理みたいなところから

やっぱり体験提供って風に変えるって

ロジックと全く違ったり

今の話で全部あの流れを汲んでると思います

けどその時にそうは変わらないので

部長さん

とかがそういうことを思った時に立てば

私も知ってる時代ですけど

役員さんとかそういうこと私

中国であのいろいろ試作サービス

見たことになってるので

その状況を理解するとは

本当にも法から

体験になるんだねって事が伝わって

そうすると役員さんはですねやっぱ日は

前から俺こういったじゃん

見たことに社長に報告すれば

部長が一個使ってと言いたかったこと

言ってくれる社長さんは

結構その理論で

理解されてことはほとんどだったりするので

そこから一本このlineで変革して

行こうってなると

その部長さんが下を巻き込んでそういう

ことをやって生きる

成功事例がポツポツ出た時に

社長がピックアップして

こんな成功事例があるから

お前たちを真似しろみたいな

こういう変化くらい綺麗に一本で来ていて

成功時代が海始まると

ちょっと勝ち馬感が出てくるので

それで組織がだんだん

そっちに変わっていくっていう

のがそれをタップがやっぱり

今のところ成功してるなという風に思い

同じ質問ではい

あの我々やっぱり大事なところもあるので

何かやると決めたらですね

喜本店には

roledescriptionっていうものかいて

そのロールを作るんですねま

ロールの間をみるまた山遊館みたいない

と作業が出来たりしても

きりがないとあるんですけど

あの最初にやっぱりクラウド事業

立ち上げたときはまずですね

私も最初村二に入ったんですけど

売り上げはメトリクスにならないで

最初は新規にか得した顧客数ですね

もちろんのシート

何シートとかってセット持っていくん

ですけどもうなる

売り上げも好きにしなくていいですとで

何社お客様を取れた彼を虜にするですね

した後はですねシート数ですね

顧客数ではなくて

どれくらいお客様

側でのサービスを使っていただいたかで

最後にここ数年で

予約売り上げに授業を持っていくとなるの

でそのローランドデフレーションの中に

妹が評価制度としても

売り上げではないものを廃車書類

インキュベーションフェーズが

そこでしっかり育っていくのがあります

ただのおもしろ笑い飯ての日本人なので

jalオールに書いてあることですね

黙って明日からやるかっていう

アプリカルチャー

の思いもありますし

ま今までの成功

体験捨てなきゃいけないってもあります

そうなるとやっぱり色々なあの月時だったり

念寺の周りレビューと言われるいう場で

売り上げではない

その設定された項目が

ちゃんとトップからチームに対して質問

議論が投げかけられるかっていうところ

やっぱりきっちりやらないのですね

あかりあは言ってるけど

形やトップラインの売り上げが大事だよね

っていう空気をみんな感じる人です

やらないので

じゃなんでこの歳はひゃく

社取らなきゃいけないのに

はちじゅー社して行かなかったのかってことに

感謝必ず繰り返して組織の中に

議論されない限り

やっぱりこれ日本だけではない

と思いますけども定着しないんでもあります

なるほどはどうやっぱとkpiを練り込んで

家内が見られますね

やっぱりグローバルで運営してると

関空サブシディアリー事に好き勝手にガチャ売り上げ

目指しますとかで

やっぱり遠い月じゃなくない

グローバルでやります

他のオペレーションは

結局動かしてとしそうなので

まそこできちっと現場現場で

それに対して

集中的に課題と解決策を練らない限り

アプリで予約はしないってなるので

後は脳天たい時まで

さんぷんぐらいになってきているので

この先々のはこれまでやっ

てきてることだけなってなくて

先々に向けての

サブスク型のビジネスの可能性

この二社に向けてもいいですし

日本企業って視点でもいいですし

より大きな視点で語ってもらっても

全然構いませんので

ちょっと将来に向けて

こんなこと実現してきたいってのは

思いも是非お

伺いしてみたいなと思い

最後の宝ありですね

他のサブスクリプションの

あるいはソリューションを提供して行こうとすると

お客様の価値を

どれだけ高めていけるかっていう考え方になる

とあの例えば我々で行ったら

運送会社様が大きなお客様の代表格なんです

けれどもそこに対して

どういう価値提供できるかって言うと

今のブリジストンの持ってるケイパビリティでは

まほんの一部なわけですね

タイヤとか足回りとかで

それをできるだけ拡大していきたいので

文だけではなくて足回りですとか

エンジンオイルとか

車両のメンテナンスとかも

いっぺんにやっていけるよう

な広がりっていうのは

やっていきたいなと思ってましてで

ただまぁそれでも

まだまだお客さんのオペレーションのごく一部

ですからこの我々ブリヂストンが提供すると

こってはごく一部って名も仕方ないので

色んなパートナーリング

パートナーさんとかと一緒に

英語システムをどういう風に

うまく作ってで

あのグループとして

いかに高効率よく提供

価値を高めていけるかいうようなところが

方向性かなと思っております

今日の子テーマの戦略的サステイナビリティって

例えばも横に走ってますけれども

その自社のソリューションだけだよなくて

ソリューション全体お客様の

オベーション全体を支えていく

それによって

そのお客様のビジネスも

サステイナブルに実現していこうとか

そんな目的看護

山崎歳っておじさんって可愛いよ

二つあるからと思ってまして

一つは先ほどのブロさんと同じで

割れば代理店の皆様

っての津々浦々でですね家電量販店様

から津々浦々でも

相手の技術をやって頂いてる

日本企業さんもいらっしゃるので

我々がいいから

サブスクにしたいと言ってるんですね

やっぱりじゃあ日本全国全国民サブスク

売上をしたいと思うんじゃないので

代理店様と一緒にと

サブスクのビジネスをやった時に

短期に今まで

PCを売れば

まさに今年なんてある

製品がちょっと代最後まで

すごく売り上がってるんですけど

もうちょこれが平坦になった時には

顧客のロイヤリティ度上げて行って

ビジネスに書いていける

勝手なもっともっと笑われなきゃいけない

とこだと思ってます

二つ目はちょっとほんと日本全体

を考えた時にサブスクになるとですね

とクラウドってビジネスになると

どこの国からでも買えるんですね

今日は必ずしも日本に住んでるから

日本から買わなくてもよくなります

今我々でそれじゃああるサービス

こらアメリカで買ったらどうなので

聞かれるんですね八その場に

営業もいなくてもいいですとた時には

本当にじゃあ日本企業として

国内のビジネスもそうですけども

競合が海外の企業に

やっぱりなってくるようので

我々がお手伝いをさせたくなんか

日本企業サンプルなので

差別化は進んだ時に

ちょっと日本で買っていただくか

日本のサービスの

価値をどう見ていただくかってところ

まあ本当にチャレンジかなと思ってましたが

富士山はいちょっと端的に自分の思ってること

言うとですね

今の私は二人したりとかって

言葉使ってたりするんですけど

膨大な行動データが出てきて

オフラインがなくなるみたいな時代のことを

指してまあ簡単には

誰でしたるって言ってるんですけど

そうすると私

純粋な顧客提供

価値勝負の時代になるんじゃないかって

思ってるんですね

何言ってるかって言うと

やっぱりその今

車をにしても所有だけじゃなくて

利用があって

そんな彼でも

シェアとかリースがあってしかも

ユーザーが好きなだけ情報を集めたり

なんかちょっと悪いことすると

すぐリークされた情報の透明性も上がってるって

中でユーザーさんとか

お客様が選択権と選択肢を持っているって

言うのがどんどん強まる

時代になってるって考えていて

早々とその人たちが選ぶのって

テクノロジーの浸透具合とか

何でしょうとサブスクだからじゃないじゃない

バリューが高いという

家庭教徒が高いから選んでくれるんですけど

その考えた時にサブスクって

すごいいいビジネスだよ

何の持っていて

先ほどもから出ているように

顧客提供価値がしっかりしていないと

いろんな部署が関わって

そのジャーニーを提供しているので

それ乗って許可違ったりするんですよね

今までもの売ってるってだけだったそうで

良かったかもしれないですけど

結構ちゃんと定義してみんなで一式揃えないと

それがうまく行かないってことも言えますし

てしかもそこから

さらに皆さんがよりよい提供価値に移動

変えていけるかっていうことをデータも使って

改善していくべきもの

売ってたら売って終了だったから

良かったんですけど

ちゃん見たら使い続けて使い続けてもらうこと

考えなきゃいけないので

提供価値高めるって言うのになりますし

その意味

ではすごくあの時代に合ったビジネスモデルって

風に捉えられるならないかと思います

お客様第一っていう言葉昔からあるけど

それがアップデートされてデータを活用しながら

オーケー島田市って出現できるよな

そんな世界観に

今向かってかなきゃいけないってそうですね

大人のお

金ではですね

転貸登記に行きたいなと思って

残りじゅーごふん弱となってますが

ぜひまずは超うまくいってると言った方から

ご意見も頂きながら

ちょっとご意見を何人か

ご質問頂ければなとです

フライヤーという

本の要約のサービスをやっておりまして

ですねあの個人向けに

は一冊じゅっぷんぐらいでビジネス書です

とかあの今日洋書が読めるで

法人向けには人材育成の一環として

またの本の要約を活かしていただくって

サービス運営してるんですけど

めちゃめちゃうまくいってるで

手をあげたんですけど

皆さんのお話聞いてたのですね

全然できてない

のでちょっとだけいいのかな

と思っていたんですけれども

確かに皆さんおっしゃっているやりカスタマーサクセス

非常に力入れていて

出会ったエンジニアとの距離も

ものすごく近づけてですね

あのもう日々の問い合わせは

業務に業務改善につなげる

ってことをやっているんですけれどもお

話であったように

やっぱりアップセルが難しい

なんていう風に思っているんですね

でそのアップセルを判断するときに

どのような指標とかなるの

どういうものを参考にして

アップセルの活動していけば

例えばそのアクセルをするのが

カスタマーサクセスの担当なのか

あるいは営業の

担当なのかっていうところも

分かれてくるのかなと思っておりますので

アドバイスいただければと思います

もう一人で美味しく頂いてて

行ければなと思っては

はいありがとうございました

jtbの上田と申します

あの端的に顧客のまた行けんかっちゅうを上げる

という観点で見た時に

とは言えくそ禿げるというのがあるんです

もう一つよくある話をして

かっこいい子ぶってる

昔の戦略があったと思うんですけど

乗り換え安くしてしまった方が良い

靴は上がるんだけど

でもちゃん出たがるよねいう話もあると

これからは戦略って乗り換え

安くするべきか

乗り換えに行くするべきか

その辺どう考えかで一時したいなと思います

ではこれはのご質問に答えたい方が

質問をピックアップしていただいて

ここでいただきたいなと思います

生駒アップセル各論のとこですね

定期ちょっと取り組みは実践されてるところで

じゃあこちらを答えさせたく

んですけどやっぱり考え方として

大きく変わってるようなと思ってて

かっこいいこみっという考え方自体は

引き続き持ったらいいと思うんですけど

やっぱりポジティブな意味

店の囲い込みになってくるので

付加価値を提供してどんどん好きになってもらう

みたいな構造を作っていく形

にやっぱりなると思ってますと

その意味でと乗り換えに書くするっていうのは

やっぱり結構時代に合わないなって

すごく思っていて結局嫌だ

持った人って

乗り換えたり止めたり

キャンセルしたりするじゃないですか

その時の体験が無茶苦茶悪いと

超音がユーザーになるので言われ

npsっていうところのトラクター

みたいな形が

いっぱいになってしまうんですよね

そっ閉じたくて何するかって言うと

悪い風評を広げ始めるので

結局どんどん悪いことになっていく

その人どうせ辞めるつもりで

しかもなんかいろんな電話とか

いろんなコミュニケーションしてなんだこっちの

プロセスヨガのプロセスまで

ちょっと時間かかってたりとかするので

何もいいことないんじゃないかっていうのが

すごくなんかあるよなと思っていてね

昔の時代だったら

そうやって何か困っていても

あまり可視化されなかったり

広まらなかったりしたから

いいと思うんですけど今

はもう可視化されて広まりやすい時代なので

そこはもうとしてあげるのが

いいんじゃないかと思っています

ってとこだよねではもう一周ました

ご質問ご意見ある方

女子撮り一人ぐらいはちらっとは違って

はいあの宝珠山ています

元々あの広告の方なの日もファンだの

方とかかんかして

まだのサブスクリプション素晴らしいビジネスだ

と思ってます

もたもたのドコモの子会社にいたので

通信をサブスクリションですね

生活者の目線で行くと

今月額払ってんのまあの家のローンもあれば

ガス電気水道などありますので

それ通信もあってかしたのか処分

所得のうちサブスクリション増えれば増えるほど

感動価格の弾力性ことだって

可能性があるかな

なんて時にB向けのサービスのサス

真庭市向けのサービスあると思っても

見抜けの方は多いんじゃないかと思うんです

けれどもこの皆さんがやってる中で

この領域は絶対ならないんじゃ

ないかとか

ここは絶対に置き換わるんじゃないかな

と思うのがあれば

教えて頂ければなと思います

質問はいはいあの

株式会社リクシルトータルサービスの牧野ています

あのブリジストンたが同じようにですね

僕らもBTOBTOCの特に

あの私の所はのサービスを受け

持ってるんです

けどもあの日本の企業って

結構メーカー系は

あの筆筆市のビジネスで間に流通とか

代理店が多く存在してる

業界が多くあると思うんすけど

そん中でサブスクリプションをうまく

成功させるための間に入ったBの役割

もちろんあの子に対してはの最終的に

あの顧客体験価値を向上さ

せるようなことが求められた者ですけども

そういうところでその理由

角に求められる価値とか

もしかしたら

その流通のあり方が変わってくるじゃないか

みたいなこと考えてまして

その辺返して意見があれば

ご意見いただければと思います

ではまず富士山にどちらか取って

いただいてあ失礼さぐさんに

土地が取って頂いた

今のあの代理店

流通のところなんですけれども

あのー私どもみたいな子を製造販売からまあ

製造サービス会社になろうとした時に

途中の流通の部分っていうのは

私とも非競争領域ではないか

と考えておりまして今年の頭が

去年の終わりぐらいに始めたのが

アメリカでグッドイヤー

でも北米では

雲がちんこで

コンペティションしてるタイヤメーカーなんですけど

そこと共同で物流新会社を立ち上げまして

今元々物流お互い契約してたような

会社を買収して

新会社にしたんですけれども

あのタイヤの子向け

のあの物流倉庫とロジスティクスのところ

グッドイヤーっても

超ガチンココンペティターと

共同会社を作ったりして

そういう感じの流れなって

くるんじゃないかなって

何絶対サブスクにならない領域

これは絶対なるんではないか

という領域ことを

酸化と出来高ある方が絶対ならない方

からやっぱり趣味のところで

同社の製品で言えば

モータースポーツ向けのタイヤとか

製品とかぜそこっていうのは

今度来年の春出る新製品はすごいです

飽きたしたらに

秒ラップタイムが縮まるんじゃないかみたいな

そこはやっぱりですね

我々もサブスクみたいのは

したくないですし

といとんがった領域として残るんではないか

と思った他は

どんどん寒くにした方がいいかな

として思います

あと基本的には

あんまりサブスク菓子ないっていう

事ってないんじゃないかってことか

思っているので

洗えるものが

その可能性を見出せるんじゃないかって

思ってい

てどうすれば実はそのさっき言った

その昔んじゃ感がありますけど

サブスクションって書いてる

あの空のつぼさんも

そう結構言っていたりして

その見方を変えれば

何でもそういう風にできるんじゃないかって

所はあるなと思っています

ただ今乗ったの本当に頂いたとか

よさんから頂いてるところが

すごくちょっと私もが

確かになって思っていて

とにかくそのね

自分がなんなら意味が買い物とか

自分にとってすごく意味がある

ものっていうのはなんか

なんならもっともっと

っていう人たちがやっぱりいるので

1日にサブスクって見てないで提供する

必要はないのかなーとはやっぱり思いました

タイマーならないもの

ちょっとかなり個人的な嗜好なんですけど

私もまあ趣味とか

あと私個人的には

住宅はかなり自分にとって

所有欲があるものでは住宅のサブスクリション

習ってますけど

人の所有欲を満たす持つことです

満たないとね

まあそれはなりにくいのかなと思ってます

出方やのも相手の業界で行くとですね

まあ先クラウドで書いてあってもありますけど

基本的にはある一定期間の間に

何かアップグレードなり

新サービスが提供できるものは

ま基本的に全部サブスクにしても

まぁ問題ないのか飲んで

ますので逆に言えば

その契約期間中に

何も新機能のアップデートもないものは

義務的なお客様が

サブスクの価値を見出さないので

提供者側もアップデートしやすい

提供価値でかつ

一年ご枚までとさんヶ月おきくらいに

何か新しいものを提供したんだから

お客様の価値

上がっていかないんですけども

必ずアップグレードしやすい状態なり

新しい価値を提供できるものは

やろうと思えばできるのかな

というのもいいですか

ちょっと今のお話を受けて

中国の白いコウモリさん

じっぷんぐらいで話せるかと思うんですけど

例えば車を所有するみたいな中でも

さっきたつおさんが

何でサブスクリプションも実現できないことなどない

と言ってるかというと

クルマを所有するっていうこと

自体はおそらく変わらないし

そういうところも値段もね

皆さん払いたいだけ

払えばいいと思うんですけど

それに対して最近あの中国で出てきて

例えばによって

言うテスラキラーとかって言われてるんだか

医者さんとかって

やっぱりその買った後に

高級会員サービスみたいな形で

例えばデンタの充電ナノイーブイなので

充電するんですけど

これをさんぷんで

充電完了させたりするんですね

どうやってるかって言うと

トラックが来て車の中

に入れて電池を充電されてる

電子タバコって書いちゃうとかやるんですねこれ

何が面白いかって言うと

普通テスラとかと電池摩耗していくんですけど

電池そのものがシェアされているって

考え方になるんですね

そこの部分って

もうサブスク化されるんですよね

ねねんじゅー

ご枚ぐらいとこなんですけど安いんですけど

でそう考えるとやはりそのものが欲しいとか

所有すると書趣味みたいなところには

確かに価値を提供できるが

さらに意味で嫌だと思うんです

私はでも便利レイヤーのところでは

やっぱりそのサブスクかして

何かしら提供し続けるっていう

モデルは可能なんじゃないかなと思ってます

あれば参加のお話を伺いしながらたい

何かお客様との関係性の持ち方が

アップデートしていくということなんだろうな

ということを感じました

もう今朝また言ってことも

昔からとけですけれども

今のこの時代の中で考えるべき

お客様第一ってのが大きい

そんな腕のサブ

サブスク型のビジネスってのは

可能性があるんじゃないかということで

次回あのまたこのセッションが自分で立てば

皆さんにお伺いして

ほとんどのかたが

サブスクビジネスに取り組んでるように手を上げ

そして多くの会社では大成功

してるという未来を

皆さんと一緒に作っていければな

と思ってますということで

セッションは以上となります

どうもありがとうございました