社会的投資の新潮流~社会を変える「温かいお金」の活かし方とは~

皆様今ご紹介に預かりました

日本ハンドルに協会の魚でございます

日本で社会のお金がですね

民間セクター特に

社会課題を解決しようとする

npoや企業や

公益法人奏者ところに流れる社会を作ろう

ということで

日本ファンドレイジング協会

というのを発足させました

昨年からはです

ねこれやろGTですねこれ

先進主要はちカ国の介護ございますね

首脳会合があそこがですね

今世界的にやはりこれ

社会課題が進む中で

どの国も財政的にも厳しい

ということもあって

こういう民間から民間への投資進んで

社会課題を解決する社会を作ろうということで

社会投資の

ですね+コースを作っていますね

昨年から私も

その日本委員会の副院長させていただき

まして日本で

社会的投資がどういう風にすれば

進んでいくんだろうかっていうことを

議論してきています今日ですね

そういうことも踏まえまして今日

社会にインパクトを生み出す投資っていう

ことの潮流という話を

最初ににじゅっぷんほどお時間をいただいて

お話をしたいと思います

一番最初にですね

ほらの左日本ファンドユニ協会

ジェイジャパンファンドレイジング

そしてそのろくなんですがこの右側上がってください

これインパクトインベストメントこれはですね

実はGえーとの

タスクフォースノーマ

グローバルなレポートが去年出てますけれども

それのですねサブタイトルです

世界各国で社会投資を進めようという

プレイヤーたちが集って

作った報告書のサブタイトルはこうなっています

theinvisibleheart

market経済学をご存知な方は

これを聞いてピン

とくる方いるかもしれません

神の見えざる手という

昔の携帯邦夫があります

携帯システムというのは夜皆考えてもですね

神様の見えざる手によって

うまくコントロールされて

最後はいいとこに落ち着くよねっていうのは

神の見えざる手です

この社会的インパクト投資を語る

時に世界のプロはこう考えたんです

これは市場における見えざる心だった

一人一人の投資家の

人々の社会を構成する人たちの見えざる

心が可視化されるのが

社会的投資たのではないかというのが

その雑誌の副題になっています

ではそれがどういう意味なんだろう

かっていうことは

日本の文脈の中で考えてみたいと思います

最初にすねこの占って頂きたいんですが

これあの頃になったことも

いらっしゃると思います

ある長さんによってですね

何かについて

あなたはどう思いますか

ということについて

聞いて思っているという数字が

どんどん伸びていて

思っていないという数字が

どんどん減ってると言うからです

これパーセントになってます

これは何をとっている数字だと思いますが

これが通ってるのはこれです

あなたは社会に役立ちたいと思いますか

という問いに対して

はいそう思っていますと答えてる人

が昭和よんじゅーきゅー年代さん

割強バブルの終わったぐらいでごじゅっぱーせんと

今はなな割近い方がはいと答えている

ということかと言いますと

会社を構成社会を構成するとでは

会社の従業員の方

消費者の方蟻は主婦の方

学生の方子供大人

おじいさん全部そうですね

えいろんな社会を構成する等の全体としてなな

割ぐらいの人に何かしたいと思っている

という状況が今の日本です

でですが実際にやれてるって

言う風な気がしてる人って

どのくらいいるのかっていう問題ですね

これはの寄付とか

ボランティアに関しては統計が出てますが

大体さん割とよん割ぐらいです

でもそういうとこ行って悪かった

でもなんかね緊縛にちゃんとやりましたけど

なんか社会のために役立った買ってわら

なんかピンとこないなみたいな

そんな感じがしてる人も

いらっしゃると思うんです

でもこれだけ考えても

このななじゅっぱーせんと

とさんじゅっぱーせんとですから

この間に存在する人は日本で言うとし

ごせんまん人いるわけですね

何か社会のためにしたいと思っていて

自分がなんか腑に落ちて

やってる感じがしない人っていうのが

今やそのぐらいいるというのが日本社会です

じゃあここを埋めるのは何

なんだろうかというのは次に取れないます

ちょうどですね

先週日曜日ちょうど一週間前です

非常に面白い人が実は大阪に来てました

皆さんはの世界中に大学があります

有名なダークたくさんありますが

その中でイノベーションランキングっていう

世界ランキングがあります最もイノベーティブ

な大学はどこかどこだと思いますか

ハーバード大学世界さん位です

mit世界にです

世界一位は

スタンフォード大学のアンデス

世界で最もイノベーションに出してのは

スタンフォード大学だと言われています

そのスタンフォード大学はですね

stanfordsocialinnovation

reviewと

いう世界の釈迦

イノベーションを一堂に集めた

雑誌をずっと出し続けていまして

世界で最もクオリティの高い

ソーシャルイノベーションしたと言われてます

そこの発行元の所長さんが

日本に初めて来日とされました

大阪大学の正体でした

一緒に私あの登壇しまして

パネルディスカッションと

か色々しましたね

彼女がいま世界のイノベーション

これからどんどん進んでいく上で

大事なキーワードをいくつか挙げました

その中で最も印象に残ったキーワードが

これですstrategicフィランソロフィーです

これ何かフィランソロフィーというのは

まさに社会のために役立つことですね

社会貢献のことです

ストラテジックがついてる

今までだったら可哀想な子供がいて

お金を出しましょうとか

何か社会に行くとしましょうとかは

宗教家の強い国では

例えば神様との契約で出すことが大事だ

とかあったと思います

でも例えば今

ビルゲイツは確かに数兆円寄付し

ていますが

自分で財団を作って

世界のポリオ撲滅するんだという

明確なゴールを定めて

戦略的に自分の資金を投下して

社会を変えようとしています

こうしたような

戦略的なフランスロビーstrategicフランスろく

いつも会うとかも

社会的インパクト生み出すための

フィランソロフィーという考え方が今

これからは世界で

とても大事になっていくんだ

という話を彼女はしていました

じゃあそう考えた時に一つ

ここで皆さんに問いかけがあります

クリエイティビティとイノベーションと

二つの単語並べてみました

創造性と革新性さてこの二つの違い

について皆さんどう思われますか

クリエイティブであるということと

イノベーティブなるってことの違い

これ社会投資を考える

とても重要なテーマだと思ってます

例えばですがこのおじさん夢な人ですよね

エジソンエジソンがいなかったらこの部屋真っ暗です

エジソンはクリエイティブだったのか

イノベイティブだったのか

どちらともいますか

クリエイティブだと思ってください

イノベーティブが守ってあげてください

ありがとうございますイノベーティブだったんです

男とかと言いますと

電気という仕組みを

地下室の実験室レベルで実現した人は

このせんはっぴゃくななじゅーはちえんの

およそじゅー

なな年前せんはっぴゃくはちのにですね

すでに実現しておいたんです

実験室の中ではだけど

これをあの電球という形にして量産できる

モデルまでして

世界中に広がる掃除を作ったのが

いるのですね

つまりこれ社会教科もそうなんです

一つの解決策をクリエイティブ

に発見することができる子達はいるんです

ですがそれが本当にビジネスモデルになって

どんどん広がったり真似されたりして

社会全体の課題を解決する

イノベーションに持っていくというのは

またちょっと違うスキルなのかもしれません

そういう意味では

社会というの何なのか

クリエイティブに

解決策を見つけているかもしれない

存在を発掘して

その子たちに

本当のイノベーションを生み出すための資金や

技術やアドバイスをしていく存在というのが

私社会的投資のプレイヤーの重要な役割なの

と思いますいつの話もですね

後日談がありますこれ

クリエイティビティは

そのスコットランド人なんですけどね

約ななじゅー年前に電気の仕組み見つけました

エジソンがそれをね

このたけフィラメント作って電球にしました

そこまででいいじゃないですか

普通に考えると日本的に考えるとそうです

じゃあ良い電気というもの

商品を作ったのです

がそれが売れていくわけだから

自然と経済原理に則って

これが商品が広がって

社会変わって言ったんですよね違うんです

もう一つあるんです

エジソンがこのビジネスモデルを作った後に

JPモルガンが出資してるんです

それによってこれ一気に広がったんです

もしそれがなけれ

ば誰も世界中が電気でなされるのには

何十年が遅れたでしょ

それによって人生変わってしまった人やし

あるいは重大なことになってしまった人

勉強の家が亡くなった人いらっしゃると思います

つまりinnovationTO投資家がいて

この流れを加速

化させたことによって電気

は生き広がったということです

声に私は何か

社会豊四季投資のヒントがあると思います

しゃかりきてほしいというのはクリエイティブの存在

何か解決策生み出した人たちに対して

そこをイノベーションのレベル

つまりビジネスモデル化して

ちゃんと広がっていく素地を作っていく

そこに対し

て資金が入ることによって

それがさらに家族化されて広がっていく

こうしたことやっていくというのが

ひとつの宿なんだろうと思います

ここで今私は

社会的投資ということは何回か使いました

今日はもうちょっと後に

車に打ち合わせをしたんですが

社会的投資って一体

何なのって言うことよく聞かれまして

お話がありました

山田さんにそうなんです

普通の投資何が違うのって

株式に投資してるじゃないとで

社会的投資というのは

定期的にはこういうことを言われています

一つは経済的リターンこれ

普通の株式市場の投資と一緒ですね

経済的リターンもある程度求めていきます

となんですけれども

社会的に誰も求めます

と言うことで

多くの定義の中では

これeconomicリターン

ファーストsocialreturnファーストっていう

定義の言い方をしたりもしてまして

社会的リターンが一応

第一優先順位にあるで

経済的リターンも一応見ているんだけれども

純粋に携帯で切れたんだ

考えるんだったら普通のね

儲かりそうなベンチャーに

どうしてもいいかもしれません

だけど社会的リターンをもしっかり見てますよ

というタイプの子

ということが言えると思います

デコなど実際にあの事例で

今希望さんが第いちごー案検討したら

だから出てきます

そうした方々は

ビジネスとしても行っておりますけども

社会的な変化ということにも

こだわってやっておられます

でここでちょっと待ってください

わかりましたと

経済的に他はなんとなく分かるとで

これがねまあ

ちょっとはあるんじゃないですか

でも社会的リターンって

どうやって評価するんだろう

どうやって見るんだろうって

気になるじゃないですか

何を持って見るのこれはなかなかですね

いろんなバリエーションがあって

なかなか簡単には言えないんですが

実は皆様のお手元の中に

ちょうどですね

今から一週間10日ぐらい前に日本でですね

こういうね社会的インパクトが

何かっていう本が出ました

絵を出しながら解約させてたんですけど

これはの世界中の社会的インパクトが生まれる

ひゃくの団体の事例を分析をして

どうやって社会的評価って分析したら

いいのか社会的インパクト測るのか

どこ行ってサイクル

燃やすのがあって

言うことを紹介している本です

去年見て大変気に入って

日本語に翻訳してみたんですが

こういう中で言われている

社会的リターンの測り方という中で

非常に重要な

抑えるべきポイントがありますそれ

が社会的リターンを評価する例えば

なんですけれどもこうしたことだと思います

社会的リターンを測る上で

ロジックモデルという考え方があります

もうこんなかでさ

海峡とかでやられてる方は

お馴染みがあるかもしれませんようですね

社会的リターンって誰にも多かったが

儲からないかだけで見れないので

いろんな変化をいろんなレイヤーで見て

総合的に判断していく

ということが必要なときます

例えばこれ障害者の職業訓練

というモデルで考えていますが

障害者の職業訓練をするのに

普通だったら何をやります

障害者の職業訓練用の研修の

プログラムやります

でともするとですね

npoとかソーシャルビジネスで

これやってるんです

とだけ言ってる団体もあるんです

いっぱい一生懸命やってますみたいな

でもそれだけじゃないだろうと

評価軸としては

やはりひゃく人に

あったかにひゃく人に行ったか

星人にあったかって

いうのは当然インパクトに影響を与える

つまりプログラムに参加して

終了した人の数っていう

アウトプットの事情があるだろう

でもそれだけじゃないかもしれない

障害者の職業訓練だったら

どれだけ卒業したんだ

みたいなどれだけ就職したんだ

みたいなことがあるじゃないですか

就業訓練だから

そうしたアウトカム成果としての指標

っていうのがあるかもしれません

さらに半歩行くとすれば

実際にそれによって生活保護費で生活するて

戦ったが納税までするようになりましたって

言うと経済的なインパクトも

測れるかもしれません

これもしたかエレキ

ギターの一つです

様はこういうロジックモデルを作りながら

どういう構成要素が社会的リターンなのか

というのは

投資家の期待値とその団体のが無理だすか

家の間のまあ

ある意味でやり取り

という事が存在するということです

つまり絶対的な

社会的利他の評価軸があるので

はなくてどこに

それぞれのプレイヤーがこだわって考えるか

ということの調整と

今やり取りがあるとこだと思います

でもこれ例えば今

アウトカムで就職率っていうのがあります

でも就職率って言おうとしたら

経済状況が悪かったら

うまくいかないかもしれません

せっかくGOやってる

のに実際んですね

こういうロジックモデルを作る

何が起こるかというと

自分たちの活動の棚卸はあります

ソーシャルビジネスやってる

最高ロジコム出るつく中で

いやもっとこんな仕様があるんじゃないかな

と気がつくんです

これ例えばですが

こういうことやってるといやいやちょっと待て

よーと障害を持った子供たちに対して

職業訓練をやっていると俺でもやれるやん

みたいなことに気がついて

自己肯定感が上がってるぞ

みたいな新しい表もいつかもしれません

実はこの投資家と受け手側の日々のやり取り

様々でありとる中で

その団体や活動が生み出す本当の

価値にそのソーシャル

ビジネス等に気がついてもらう

やり取りみたいなことも実際に起こったりします

すみは単に彼の受けたと出した

ということではなくて

一緒に変化をもためのパートナーシップ

っていうのが

こういうところでは存在するんだ

というふうに思っています実際に

例えばですが

社会的投資というのは

単にお金を出すだけでも

様々な関わりを生み出します

でこれ例えば障害を持った方の職業訓練を

ですねいきなり企業の投資家がお手伝いすると

なかなか難しいかもしれません

経験もないし

だけど自己肯定感の改善だったら

例えば僕たちが生姜

も誰か誰が作った商品を買ってあげたり

とか卒業式に行ってあげたりすると

貢献できるかもしれません

つまりこうした

社会的リターンの評価軸を

はっきりさせることで

いろんなプレイヤーが一緒に課題解決ができる

というところが

もう一つのポイントなのだと思います

さて今

社会的投資とは何かという話をいたしました

令社会に役立ちたい人がなな割の時代です

そういう中で

クリエイティブな社会課題の解決策に対して

イノベーションの様子を見だし

継続的に社会を変えていく

しか気にするために

投資家の存在が必要だ

ということを言いましたそれ

はstrategicフィランソロフィーという

価値の体験そのものと思っています

最後にこの投資という投資家という言葉にすれ

ちょっと考えてみたいと思います

これはの歴史的には日本ではですね

投資家という言葉を使いますが

これご存知方もいらっしゃると思います

investmentINベストですね

インベストってこないだの

渋沢健さんっていうですね

肩が落ちたとかなるかなと思ったんだけど

これインベストって

ベストの中に入れるって言うね

服の中にね

自分の中に取り込むっていう

そういう意味合いがあるそうです

投資ってどね投げ

て投げるって言う言葉ですけどね

つまり一緒に

社会を支えていくためのプレイヤーになる

というのが

社会的投資をする

ということでもあると思っています

じゃあ投資家っていうのは

何をする人達なんだろうかということを

先ほどご紹介した

社会的インパクト何かというチラシ

にもそのサイクルが紹介されていますが

そこのサイクルに沿って

ご紹介したいと思います

どうしたっていうのは

まず何をどうするのかっていうのおきますこれ

第一ステップです

五つのステップがあります第一ですね

何を通してのが

どうしてもお金かもしれません時間か

もしれません

ネットワークを持ち県かもしれないし

経験かもしれません

何らかのリソースというのは

社会に投資するわけです

それはまず第いちセットでき前決めます

第にステップとして

どの問題に対処するのか

というステップがあります

社会の課題はたくさんあります全部かけ

することはできない

その中でどの問題に対処するのです

勝手な投資家の代理の役割です

第三の役割として

どのプロセスで解決するのかってことがあります

先ほどロジックモデル

どんなソリューションでどんな段階を経て

このイノベーション起こす落とす分かってるは

どの問題を解決するのか

と塾ですそして大王に行くが

どうやってせいか分かるかです

今までこのソーシャルセクターっていうのは

ま一生懸命やってるんだからいいじゃん

っていうとこありました

でもそろそろ成果を測っていこうという段階に

私は来てると思います

で成果を出してるとこにこの成果のて

気持ちの難しいです

人によって違うと思いますが

それでもやはり違いはあります

そこに対して資源が流れていくような

どういう葉させていくかっていうことが

課題だと思います

そして第ごのステップが

どうやって社会的インパクトを最大化させるか

ですどうやっていろんな人が

力を合わせて

本当に大きな社会的

インパクトを見出すことができるのか

というのが

これからの社会的投資の一つの大罪塾だ

と思いますこれは

これだけ課題がある

課題先進国と言われてる日本です

これで音声だけで全部かけするが無理です

普通の企業のビジネスモデルだけでこれ

全部消すのもなかなか難しいです

そういう中で

ソーシャルビジネスやnpoだけで

これが解決できるかってと

そんなこともありません

ここはまさにコレクティブインパクトです

時間や労力や知恵やネットワークや経験や資金

そうしたものを投資する人だし

とそれを受け取ってその子達との

やりとり実際に成長していく人たち

そうした人たちが鍵連携することで

新しい社会のベーション入らせてことが

これから求められているんだと思います

以上がまさにこれから求められる

またいざいんじぶる

invisibleheart

OFmarketのいないかなと思います

どうも

ありがとうございました