地域から始まる日本の変革(G1サミット2014)

それでは第さん部

全体会地域から始まる

日本の変革を買い換えたします

なおこちらのセッションは

ツイッターなどによる発信

陸とさせて頂いております

パネリストの皆様をご紹介いたします

パネリストは千葉市長

熊谷俊人様大津市長越直美様

福岡市長高島宗一郎様モデレーターは三重県

知事鈴木英敬様にお願いいたします

それではどうぞよろしくお願いいたします

いよいよオープンのセッションとしては

一番最初ということでありますし

ここ今私も含めて全員さんじゅー台であります

お空これまで今回ろく回目ですけれども

モデレーターも含めて

全員さんじゅー代っていう

のは無かったんじゃないかなっていうの

思うのと小松園行く人っていうことで

誠Gわんサミットがですね

回を重ねるごとには進化多様化して行ってる

まその一つの表れだということでですね

漢字であげるとありがたいなと思います

それでは今日はですねあのまあ全員組長

でまあのなんですけども

今日は前回の子は

サミットの時には誰が出した行動

原画はどういう風に進捗しているのかね

今後どういう風に進めていくのか

そしてGわんメンバーの皆さんに

こういう提案をしたいって

いうようなことですね

中心に議論をしていきたいと思い

ます今回からご参加いただいた方も

いらっしゃるようでありますので

少しそのGわん組長

ネットワークの説明を

簡単にさせていただきたいと思います

これは2012年9月からですね

スタートしました書いてありまして

現在にじゅーいちの自治体の組長が

参加をしていますまこう

いう日本地図になってるあげなんですが

これですねマチ次会とか

政令市長会とか市長会とかですね

このそれぞれごとにグループ店もあるんですね

しかもそれは国への要望

陳情団体だったりするわけだね

こういう形で知事政令

市長市長が同じグループの中にいて

そして要望陳情

団体ではなく

実践していく団体

同時多発的に自生している団体ってのは

はこれまで他にはありませんの

でもそれでは

日本で唯一のは

こういうグループ体であるとに

ネットワークである

ということを知っていただければ

という風に思います

間野そして今日私たちが話したした

ことはとっくのようなんですね

は規制をいきなり変えなくても

我々が自分たちの思いで

組長の権限とそのうち行きの思い出ですね

同時多発的に同じことをやれば

どんどん国が変わっていくんじゃない

そういうような思いで

やってる実践を

屋さんに知っていただきたいと思います

中身はですね

この五つ行動宣言

全開ださせていただきました

一つはま行政や政治に関わる

公共人材の育成よ

二つ目が雨

ビッグデータ活用で三つ目が教育大学卒業

爪合唱しかダイバーシティ

そして一爪がまあ

産業政策という風になってます

それではですね今日コントリビューター

の方も含めて

これまでのその2012年9月から

出来上がってからのこの行動宣言の取組状況です

ワーキングの事務局の方から

さんぷん未満でいないのに

すみまんで

あの説明をしていただきたいと思いますので

よろしくお願いしたいです

まずはこの公共人材の事務局であります

横須賀市長の吉田さん

早速コントリビューターからですけれども

よろしくお願いしたいと思います

今日は私もさんじゅー代です

あのだけどちょっと上には登ってませんが

今日はコントリビューターという形で

よろしくお願いします

私は公共人材力の徹底強化

というworkingを担当してい

ます地方を元気にするためには

まずは人材の育成からやらなきゃいけないだろ

まそういう思いでこのを公共

人材力の強化と

お得に三つ大きな柱を立てています

一つ目は自治体間で

人材育成ができないだろうかと

これは人事交流や共同の人事研修

こういった事を一つの

柱として出しています

二つ目が自治体と民間で

人材育成というのができないだろうかと

具体的には

後ほどもまた方向性のとこでお話ししますが

民間の方に実際にどう入っていただくか

そういったことを検討しています

そして三つめは

地方政治をどう変えていくかと

いうことで子わん等賞流星塾という

地方の新しいリーダーをですね

育てるために

新しいプロジェクトを立ち上げて進めています

この三つを大きな柱として

取り組みをお勧めて

発信も行なって行こうとも

そんなに考えていますよろしくお願いします

あの選挙演説のようになってこれも

ちょっと俺が痛いし

ちょっとびっくりしましたけども

まあや家私もドキドキしちゃったまま

選挙の鬼ですからね

彼は本当に強いですから

またそんなことで代理ワーキングの熊谷さん

お願いします

千葉市の熊谷ですどうぞ宜しくお願い致します

私の担当しているのはこのictの分野

でして皆様方もですね

多分民間企業経験運営されてたり

色々使って出せる中で陽性って

何どうしてこんないいですね

不効率なんだ

というような

お考えを持ってらっしゃる方も

たくさんいらっしゃると思うんですけれども

あのその分野の中の一つで

ictとしてそういうものを

変えられないか

逆に同性だから

ictを活用して民間ではできない

もっと面白いこともできるんじゃないか

ということですね

我々のグループは議論をしています

今年度は何をしてたかと言いますと

このビッグデータオープンデータについて

まず自治体同士でまず同時多発的に

できることをやろうというところでありました

でビッグデータオープンデータ

推進協議会というものを

このGわん組書

ネットワークを中心に組織をしまして

そして民間にアイデアコンテストやりました

にひゃくえん以上の間が寄せられて

そしてそこでコンテストを行い

そしてその中で書を渡す

中でです新年度

いよいよそのアイデアをアプリとして具体化を

これもまたもう1回

民間企業にそのアプリのアイデア自身

制作も含めてですね

相手を出してもらって決めていくというに

段階目のプロセスを作ろう

というふうに考えてます

何しても行政が持っているデータ宛名

たくさん行政でしか把握できない

データが数多くあり

いかに民間と一緒に連携をすることでです

市民国民に新たな価値を提供しているか

ということとして新年度はですね

マイナンバー作業だの

西村さんからもありましたけれども

このマイナンバーがいよいよ近づいてくる

ただ残念ながら

マイナンバーは

医療の分野を

現時点ではできない様々な形で

制約のある状態であります

これを我々は国に先駆けて

自治体がギリギリのところまで

現行法制度の中で

マイナンバーの活用することによって

国民に対してマイナンバーを活用すると

こんなに良くなるんだとであるなら

ば医療であったり

民家会の会報と積極的

考えてみようかというのですね

我々としては作っていきたい

それも次年度の大きなテーマとして

考えています

はいあのーそれ熊谷さん

あの先ほど竹中先生からね

はいこれこのわけないですけども

コンセッションの投げ鍵がありましたんで

コンセッションでかなり先進的な取り組みをしてる

千葉市として一言だけ西千葉ですね

もともと学校給食センターpfiという

民間に渡すような形でですね

やる最新の最先端の最初に

チリを作ったのは違うんですね

今何をやってるかって言うと

清掃工場という巨大な工場の長期

運営委託契約という形で

事実上民間に運営を任せる

というなことですね

アラレ千葉市をほぼ完璧に実習をしています

そ意味だあれは台ぐらいの規模になると

専門的な人材がいるので

いろんな形でそういうものができるんですが

実際の規模によっては

不可能なところもある

だからこそですね

そのこういうGわんサミットであったり

そういう中で

民間企業と連携をしていく

提案を受け付けて言うことで

小さな自治体であったとしても

そういうコンセッションであってる

pfiと言うな

ものを実施可能にしていくことがですね

あまりリアンよりも提案と

いう形でですね

前に進んでいくんじゃないかな

と私は思います

そうですね鮭の竹中さん話し聞いて

またば家でも

スポーツ施設とかやってるんですけど

もまの国との関係があるのでね

空港とか水道目立ちますけども

を地域でも

財政状況文とそういう形を取らざるを得

ない事情がたくさんあるのでは

そういうのもっともっと笑えるも

発信していかないといけないのかなって

そういう効果があるぞって言うのムーブメントね

先ほどは開けません入っててあげましたけど

ムーメントね数字でね

どんどん小さな事例も含めて

多大なるとすごい数になりますから

それをどんどん出していきたいと思いましたね

はいはいおっさん教育で続きはGわん

ユースの子供達もいますから

わかりやすく教育について調べてください

お願いします

ホントに全国いろんな子があって間があって

そういう中では

日本の教育は画一的なところが多い

子供達にし

てもどうしても画一的な教育な所

それぞれのしで

また県で面白いことやっていこうということで

あのこのいち年間行ってきました

そういった中でここにもありますけれども

多分を恐れず

首帳が教育改革に積極的に関与する

という風に

言うとこ起こる人がいるんですねこれ

今はですね

あの教育委員会という制度があるので

国では明日も来られる

下村大臣が来いろんなことを決めて

どんどん進めていらっしゃいますけれども

地方で視聴だったり

いちじだったりがやろうとすると

教育に口出すな

という風に言われるのが今まででした

でも私たちも

いろんな発言をしてきて

ちょうどあの法律が変わろうとしています

教育委員会制度の基本的なの教育委員

会っていうのは

残念ながら残ることになってしまったんです

けれどもそういった中でも総合教育会議

いろんな会議を通じてもっと首庁の意見

そしてまたそれを通じて選挙の

市民の意見をもっともっと繁栄をして

個性的な教育を全国で同時多発的に

あの野郎という取り組みをしているところです

はいありがとうございます

あの今政権ので考えていただいている

迷ったので考えていただいている

教育委員会制度改革案は

組長の関与を強めるということと教育

委員長と教育長てんの内緒にして

その権限を強化しよう

責任と権限を明確化しようってことですが

どうですかいじめ問題

大変苦労されましたけども

この評価できますか

あの一定程度はの評価をしています

あかんところですがなくならなかった

なるほど今のはオフレコでいいです

か音でいいですか

いつも言ってはいわかりました

ということでございました

はいじゃあ続きましていきたいと思いますけど

もはちじやってますんで

あのなんかそういうこうへん無しか嫌では

ありませんのですいません

よろしくお願いしますけども

それで私あのこと第よん話

キング少子化ダイバーシティて言うのですね

あのー少しいやらしい体位てますけれど

まあちょっと待ってね

そのはいそれの前のページなんですね

そうなんですそのページなんですね

後我々はですね

まあ合計特殊出生率をご年間でれーてん

いちぱーせんと上げましょう

その具体的取り組みを

しっかりやっていきましょうってことを

目標に進めています

まずそのために取ったことは

あの家二重県の知事ですね

子育て同盟と今日来て頂いてる古川知事

伊原木知事にも入っていただいて

子育て同盟というのまず

そのプラットフォームとして作りました

その上で具体的な実践は

どういうことやろうかっていう時に

合計特殊出生率と相関関係の高い

統計って言うの

主に佐賀県とか家のやつですね

あとはちじゅー個ぐらいの統計

平均気温とかも含めてですね

ちょっと調べてみましたね

その中で特に高かったと思われる

女性の未婚率が男性の労働時間はこう

いうものを中心に

これから製作をみんなで検討していこう

というフェイズに入ってます

合わせてまこの子育て同盟を中心に

地方が要望して欲しかったですね

その危機に対して

国が財源を準備するんだけれども

少々しかの状況は

例えばと海の上に三重県は待機児童の問題

そんな

に深刻でありません

それぞれ地域によって事情が違うから

財源は国が核をするんだけれども

使い方は中央でお願いしますねって

ゆうま今回30億円

の交付金を作っていただけましたので

それを活用して実践を進めていこう

というような状況にあります

というようなことで

後ほどまたこの後のを今やっている

今後のお取り組みで

皆さんへの提案というものを進めていきたい

というふうに思います

それではお待たせしました

高島さん呼んでお待たせしましたら

高島さんはい今からさんぷん未満でに

じゅーさん枚のスライドを説明しなく

ということ

でありますけれども

そういうことでさえできればですね

あの先ほど竹中先生からなりかけなかった今は

もうとっくの銭湯

リーダーとして立っていたてます

とっくのことも含めて

さんぷん未満でお願いします

おはようございますよろしくお願いいたします

我々はですねあの子のご番目

力強い経済ということだったんですが

あの分野をどの分野で絞るんじゃなくて

どの分野でもいいんです

新しいサービス新しい価値が生まれないと

日本は絶対買ってかないで

それは国に頼ることなく

私たち実はみんな組長です

予算執行機を持つ唯一の人たちなんです

だからやろうと

思ったんでなんでもできるということで

あのスタートアップというとこに

今だして注目をいたしました

で安倍総理の所信表明でもおっしゃっています

起業家創業これで一番高いし

なんだ事業創業ベンチャー

それか短期間で利益を一気に出す

とこまで行くスタートアップすべてを含んだ

あの日の意味ではスタートアップルで

実際過去にかぶって一回実際です

ただ日本は開業率が多めに買って

非常に低い現状があるんですね

でも実は私たち川田組長

ネットワークの皆さんは

特にこの企業に関して

べんちゃんに関してもどぞよかったです

例えば広島県では官民の連携

投資ファンドやっていたいならでは

観光切り口にしてIターンUターン起業支援

千葉ではコワーキングスペースやってたりてあるよ

福岡下ですね

スタートアップしてんげんって言うの

そうさんとか

あのイギリスのセクシーの小笠原の鳩のお母さん

とことみんなったタップしてんけん

ちょっとやってたんですね

特に福岡クリエイティブでやってたんで

じゃあですね

こういうそれぞれの地域の政策を共有して

高めていこうやいうことで

去年の12月にですね

スタートアップ都市推進協議会とものを

実際に立ち上げましたで

具体的にはこれによってですね

小中学生つまり

企業曜日君をたくさん作っていこう

ということとか

それから実際に新しくできた企業と

人材とるの一番大変なんですよね

こういう人のマッチング

企業のマッチングをしていこう

こういったことをみんなでやっていこう

それからある消えたという

回答もしっかり連携をして堀さんも

全部の地域待っていただけるということで

勉強するということでございます

でこうした企業権登記実際に立ち上げるき

それから起業した後成長期におけるロールモデル

それから途中で失敗した時は

再チャレンジも含めた

エコシステムを作っていくために

みんなで工夫を共有しようと

いうことでございます

ただ自分たちでどうしてもできないとこだけ

とくでお願いをしたい

具体的にはですね

法人実効税率せめて看板ということで一点突破

最初のご年だけで

今日からご年だけでいいから

上がった利益を

次の投資に回せるようにしてほしい

とかももろもろあげた

んですがちょうど今回のトックのろく分野

3階のが頑張って頂いて

帰省の項目上げて頂いただけこようと言うと

かばっちりはまりました

解雇規制の緩和と書いてる

あのようするに後で問題起きないように

雇用ルールを明確化しておく

ということですね

こうしたものを福岡として

今提案をしていて

バーチャル特区という形で

要するに我々の協議会のメンバーで広げていこう

とはこうしたことが私たちがしている

取り組み4月29日には

実際にこうした取り組みを共有する

ということも

教育にまた行われるというのが現在の状況です

さんぷん以内で大丈夫

かさすが元アナウンサーですねしゃく通りだね

さすがですねやりますねありがとうございます

ありがとね多分ね

あの約にせん人ぐらい行く人いますけど

にじゅーさん枚のスライドさんぷんで

歯医者なんだだけですね

さすがですあのとっくについてるんだけど

竹中先生がの投げかけありました

が私はそのメニューの決定

権限が霞ヶ関にあるところ

決定的につらいですよ

我々が提案しても

思っきりはじかれまくってますから

例えば中央が提案者の原則認められ

あるいは第三者が見て霞ヶ関じゃなくて

第三者がその評価を下すとかですね

そういう仕組みに変えていただくと

ありがたいな提案をしたいと

ガスがまぁそれはさておきまして

ここまで行動宣言について

現状をご報告させてあげました

次からは今後の

各workingの方向性を説明したい

と思うんですが

パワーポイントのお願いしですか

であの今回のコンセプトは

特にそれぞれのワーキングの

行動宣言をより進化具現化していくために

自治体と民間のコラボを

もっともっと進めていこうよ

その時にこのGわんメンバーの皆さんに

是非とも力を借りたいと

そういうようなことでありまして

今日も夜は長いですから

そういうコラボが

あっちこっちで生まれることを是非期待し

たいと思っていますで

例えば声三重県の受領二つ申し上げます

一つはレゴブロック

有名なレゴブロックと三重県はグローバル教育で

全国で初めて実際

歳初めて包括提携を結びました

三重県がやるあの英語教育においては

特にこのストーリースターターっていうですね

このブロックを使っ

てあのま子供達に言ったのはじゅー

年後の三重っていうのをブロックで作らせて

グループでね

そのコミュニケーションを英語でやらして

その金生物作ったコンセプト

その後英語で

みんなでプレゼンさせるって言うな事を後

レゴの協力を得て我々はやります

これをこう言うとでです

ねえれ子にとってもメリットとしては

三重県をフィールドとしてですね

新しい教育ツールの開発ができるんですよねは

実験的に三重県で行ってみる

というメリットがあります

まこういうのやったりとかでも

一つはですね

このひとり親家庭の子どもたちの学力

経済格差が教育

格差になってはいけないということで

うちはですねま

こう言えば例えばご全国の国の調査ですけど

平均年収で子供がいる

全世帯の平均年収は

ろっぴゃくごじゅーはちまんえんですが

母子世帯だとにひゃくきゅーじゅーいち番で

大学進学希望の二人目の子供は

ろくじゅっぱーせんと大学

進学したいと思っているが

一人は家の子供はさんじゅー

いちぱーせんとということでは

貧困の連鎖になっているということで

私は家庭教師のトライさんに

個別指導の得意なんですね

家庭教師のトライさんにお願いをして

この木立の個別指導をやりました

その結果下のグラフ

にありますけれどもなな

割以上が成績も上がりまして

高校進学も実現した

というようなことでありまして

誠落とさようにですね

こういうはみんカラの皆さんと

コラボすることでサービスの質が上がる

税金がより有効に使える

ということが多々ありますので

まこういうことについ

て皆さんにお知恵をお借りたいだ

これはその次ですね

まこれは続きますけどその結果ですね

まあやる民間とコラボしていくとすいません

三重県の宣伝で申し訳ないんですが

この2025年までの

日本経済研究センターの中期予測によれば

最も成長するのは三重県だというです

ねこういうデータが出ますすいません

ありがとうございます

すいません極めて自慢ですいません

申し訳なさということでこういうですね

本当にこういうですねいやいや大丈夫ですね

あのそれでは行動宣言の今後の方向性

今後の方向性

このGわんメンバーへの提案や

投げかけも含めてです

ね是非お願いしようと共な順番で

吉田さんから何度もすいません

じゃこんな声が裏返らないように

お願いしますよされす

あの本と仲良くやらせてもらってるんですけど

一番あの作り激しいのが見えの鈴木英敬知事で

その次が高島さんで

あの二人はそれが終わると大変ですけれど

も下にはですね

またふあの佐賀県知事

そして岡山県知事がですね

控えてますので手短に申し上げたいんですが

また振られた

彼らは結構緊張するんでしたが

あの皆さんにGわんのメンバーのお得に

企業に関係する皆さんにお願いをしたいな

とありはnpoえそういった

ところに帰属するような方に

お願いをしたいのは

市役所や県庁この組織のですね

フードに風穴をあける

お手伝いをしていただきたいな

ということなんですね

どうしてもお役所

文化っていうのが存在していて

いわゆるその染み付いたものというのをある一人一人

拭い去るのが

すごく難しい状況です

ですからあのインターンシップのような形でも

構いませんしては

企業の皆さんにとっては一つ

研修のような形でも

我々受け入れていきますし

あるいはまあ今三重県知事が言ったような

新しい共同の第一歩にするような

そういうような形でのお人材派遣をし

ていただいても構いません

横須賀市はちなみに

京浜急行さんが通ってるんですけども

JRさんももっとあの運んで来たい

という風におっしゃっていただいて

JR東日本さんがさんヶ月

横須賀市の観光課にしておきました

でも所属は東日本のままでずっとさんヶ月

横須賀市の多いやる

イベントのためにですね

力を貸してくれました

そういうような形でも結構ですので

是非皆さんからここにいる自治体のですね

市役所や県庁に

人を派遣して頂きたいので

それをまた発信もさせていただきたいな

という風に思ってますので

どうぞよろしくお願いいたします

ありがとうございました

じゃあついで熊谷

ショービッグデータでお願いします

あれえーとね

我々はictは

新年度はictはマイナンバーなんですね

ビッグデータオープンデータの件も進めてますが

これはですね

はっきりとそのそれぞれの役所での組織化を

今年度行いましたのでこれ

しっかりとした組織としてやっていきますね

ictgわん組長ネットワークとして

次に新年度ですね

切り込んでいくなり

マイナンバーだという風に思っています

この前ナンバーはですね

よく言われている通り

とにかくと一番重要な分野は

今回後回しにせざるを

得なかったわけであり

ますそれと中でですねりかに

そのマイナンバーの導入効果を高めていける

かってな声で済ん大事なポイントでして

よせ興産あのつい先日

マイナンバーで銀行の口座を作る時に

マイナンバーを必要とする方向で

っていうコードが出たじゃないですよ

私あれを見たときに非常に

素晴らしいという風に思えました

生活保護の不正受給一つとってもですね

なぜそういうのが起きるかって言うと

そのある方に対して

どこに口座を持ってるかわからないんですね

名前を変更されてしまったり

住所が変更していると

なかなかそれが追いかけられない

というところも

含めてこの生活後の不正受給

問題の難しさってのがあるわけです

帰りにマイナンバーが義務付けされれば

マイナンバー一本でやれば

全国の口座ポンと出てくる

これだけでで

線維化に不正受給見つけやすくなるか

国民の税金を守れる

買って来ような感覚があるわけでして

ですので

民間に医療の分野に

どれだけ拡大をしていくかということが

これからの重要な課題になってくる

という風に思いますが

その中で二つありまして一つはですね

医療に対する活用の可能性を

どういう風に

民間とコラボするかっていうところですよね

それが一つともう一つ

はですね言って

マイナンバーの活用の時に言われるのは

個人の個人のやる手続きがいかに勘弁になるか

パーソナルの話は多いんですけど

もう出た一方でですね

あまり新聞では語られませんが

法人のマイナンバーでも

同時に導入されるわけでありますよさん

ごー人もそうです

けれども企業としてもなんでね

あっちの自治体に出したのと同じものを

また別の自治体で仕事中

外に出さなきゃいけないんだ含めて

より事業者として行政との手続きに要する

この労力と無駄さ加減というの方針も

出た実感をしているはずなんですね

ですから私は

本当の意味で

マイナンバー導入価値を高められるのは

この法人のマイナンバーとしての活用による

言われる日本の様々な行政

諸手続きの予約開会前

これが重要なテーマになってくるとも

それまさに出て皆さん方だと思うんですね

皆さん方からnpoにしても

ビジネスをされ

てる方にしてもいい感じですね

言われ行政手続き状を

もっとこういうものができないのかと

重要なものこういう手続きは減らせないのが

こことここの実際で

なぜデータ連携ができないんだ

というようなことですね

積極的に私共二枠

ビジョンネットワークに行っていただきたいと

いうふうに思います

それを元に

私達の自治体を中心になって考えて

国に対しも働きかけをしていきたい

と思ってます

今くにマイナンバー導入に向けた

スケジュールの事例として出されてのは渋滞

千葉市のペーパーなんですね

千葉市がやっている

マイナンバー導入に向けた様々

なプログラムステップを今

全部の実際に参考として

配られているような状況でございまして

千葉市はですねす区役所

マイナンバーに関して

ぎりぎりまで踏み込んでですね

こんなこともやってしまうんだって

いうようなことをやりたい

と思っていますので是非この子は組長ネットワーク

の方で様々ご提言ご提案を頂いて

それを民間とのコラボという形でせん

いち番組長ネットワークを通して

推進していきたいと思っております

はいはいありがとう子の入札のこと

ちょっとレガシィのことも同人ですね

我々自治体行政のですね

システムは大変古いものが多くてですね

メールレガシーシステム

という風に言われているんですけれども

それじゃあ行政の古いシステムを

更新していくにあたってもですね

民間の方々のお祝いのict分野を

中心とした方々との連携ができますし

狭い行政の分野にとどまらずに

twitterだとかですねfacebookで

あったりまたいろんなictの技術

ニュースペーパーだとか

いろんなものをアプリを隠すようしてですね

もっともっと面白い

行政からの情報の発信の仕方をやってる

住民と行政との関わり方というのは

想像できると思うんですね

こえだちゃん組長

ネットワークのとこにお話をいただければ

我々のシステムからまずやってみて

それで前置いといて

通って行きたいと思ってますので

是非そのシステム名の部分も含めて

ご注目いただきたいなと思ってます

ちょっとちょっとちょっとだけしてるのか

そうして私たちに言ってくださいって

今の熊谷市長がおっしゃったかっていうと

要するにじゃあここにいる人

たちとそうでない人何が入って違うのか

他に打つ場所がたくさんいる格好ですが

あるようするんですね

あのリーダーシップを持ってく人がせずに

スピード感をもって

きちっと議議案を出せることとすること

そして新しいことをする場合には

必ず最後まで

トップのコミットメントが出ているんですよ

最後までコミットできる

やんりょくをも取り付けられるかっていう覚悟だ

と思うよね

そうした物っていうのが

あの行政が不得意な分野で

あのあんまり自分がコミットしないのに

投げても絶対それって前に進まないんです

教えて気にしたい

ことじゃなかったから

こっちが目を離した隙に泊まるんですよね

最後まで見続けられるかっていうこと

と言ってんが

なんかどっかの自治体で開くと

横並びは強制できるんですよ

それで靴作りとかそんなのもだから

私たちが最初の一歩を破ろう

っていうつもりである具体例を

コードで作っていこうとや

つまりがら登録

ゆうちょネットワークということですが

傘にじゅー秒はい29日

地方自治体は大統領制になってるので

いわゆるですよ

寝んといキメラ団人気嘘小屋の組長は

大体はち年12年という

継続してやることができるということで

私たちは日々思考

するという意味で

国会と少し違うところがあるんですね

ですから我々は

実際に議会とは

しっかりと議論をしなければいけないわけで

ありますが賛成ですねよる継続的に

日常の行政執行において

責任を持つ立場として

コミットメントができるという意味で

地方自治体の方がまず先

に実施ができるし

私たちはそれをやらなければいけない

責任が私はあるという風に思ってますので

是非そういう意味で地方自治体

首長を見ていただければありがたいと思いますが

立会演説会みたいだけど

まぁそれはさておきまして

ちゃこさんお願いします

教育の分野においても

やっぱり組長っていうのは

教育委員会を通じてですけど

こう実践をしていくっていうことができる

そのことによって

それぞれのしでやって変えて

行けるって言うことがあると思います

て具体例としても

色んな所で多発的にやっていこう

ということで具体例は先あの駅へいち

じからもうええ紹介いただいたものです

とかまた明日武雄市の樋渡生姜の反転授業

またらしく日本で

初めてやろうっていうようなのもあります

それともう一つは

このGわんサミットを通じて

出会いがありまして

自分スポーツの為末さんとも

私たちの海に来てもらってお話を一緒

にさせてもらいました

そういった中でオリンピックももありますし

教育っていうところももなかなか子だけ

鍵だけでたのでは面白いこともできないし

それだったら一緒に行っていて

プロの人にも

スポーツの面でもあの支援してもらおう

ということでこれからのGわんスポーツ

とも組んで

あの一緒にやって行くことになりました

私たちの組長はそれぞれ一人ですし

バラバラだけれども

そうやってこう言った場所で

出会った人と

面白いことが実際できる

いいことがあると思います

それであの少しずつ前に進めていって

地方から同時多発的に日本を変えていき

たいなと思ってますから

こうしたあの本当に議会をなぎ倒して

今回通して1億総検討しました

グローバル教育についての思いをどうぞ

英語教育をも是非やっていこうと

民間てやっていこうということで

あの世さんを通しましたので

ぜひ一緒に行っていただける方を

募集しており

ますが中身はどうなんですか

神はのインターネットとか

そういうictを使っての英語教育をやって

いこうというものです

小学校いち年生

最初はあのー小学校の高学年からですか

なるほどわかってなかったですよね

そうな顔して本当にはいということで

続きましてその第よん

巻の表紙買うとこなんですが

実はの企業子宝率というのはですね

あの子の福井県三島静岡県佐賀今やってます

三重県もこの4月からやります

あのこれはここに書いてあるんですけど

上に書いてあるんですけども

その企業のじゅーきゅー歳から

ごじゅーきゅー歳の従業員

が男女問わず

子供が何人いるかっていうのを今

合計特殊より高い女性のじゅー

ご歳からよんじゅーきゅー歳です

けれどもさんの話にもありましたように

その少子化の問題とかを行い

女性のっていう残ってなかった

薬ってを突破していくには

もちろん行政でやらなければならない

保育所整備の事とかもたくさんあるけれども

あり企業における働き方は

そういうものも変えて

言っていただかなきゃいけない

その企業の取り組みを見える

化する一つの取り組みとして

この企業子宝率調査っていうのを

この三重県でもやります

今福井県と静岡県でやってますここ

に書いてあるんですけど

ま企業側のメリットとしては

実際に福井県の調査に参加している

企業なんかは採用で有利になったとかですね

あるいはその従業員のモチベーションアップとか

生産性アップにつながったとかですね

ありますのワークライフバランスが

子育てしやすい職場環境

の制度だけじゃなくて

生徒とフードの両方の環境づくりに

非常にメリットがあったって言うなことで

言っています

そこでですね

私どもは是非

このGわんメンバーの企業でもですね

実施していただいて

来年のGわん首脳会議ですね

表彰などですそ非常に

その高い子宝率の高いですね

企業を表彰していただいたら

山全体に参加した企業数がこんだけとか

最高は何ボートが咲いて

なんぼとか平均なんぼでこれ

福井県で公表してるんですけども

まこういう形で

まさにこのGわんでも

業種によってとかですね

なかなかその難しい

目もあるかもしれないんですけど

もぜひこのGわんの

メンバーの企業の皆さんのところで

こういうのもやって

どんどん企業の取り組みを見える

化していくことで

少子化にも危機を突破していくんだって

今そんな取り組みができればな

という風に思ってるところであります

はい続きまして高島さんさっきのまた事務

局の番号です

あの企業に関して

とにかくスタートアップ都市推進協議

会ってものができましたので

具体的に取り組みを進めていきます

まずは起業するというにあたって

子供たちの夢の中に

今起業という選択肢がない将来の夢

社長内閣府の調査にじゅーさんINさん

透明なんです

社長が社長と

基本的には謝っが謝罪するかとか

そんなばっかりですね

全然良いイメージがない謝るも知らない

すごい日焼け止め大大大大大大大うちも

謝罪が多くてですねそれいいんですけれども

でそれで子供達への教育を

どんどんしていこうと思いますって

あのぜひここに

呼びかけをしたいんですが

皆さんはきっとそれぞれの企業で

新しいサービスが色んなチャレンジをされて

皆さんだと思い

つるぎ町ネットワークのこのスタートアップ

都市推進協議会ですね

皆さんが会社を立ち上げた社長になった夢

そんなことで語っていただけませんが

協力をしてもいいと

いう形ではあげてください

ありがとうございます素晴らしいありがとうございます

あの支払いはほぼタダということで

是非も気持ちに協力をいただければと思ってた

ということで是非ご協力いただきたい

呼びかけをしながら

子どもたちが将来

自分で会社を立ち上げるんだっていう

選択肢を増やし

ていくということ

それから各都市での

いろいろな取り組みにおですね

今日いう顔してどんどん取り組み進めていきたい

これが一つのメインストリームです

それから来週たぶん来週ぐらいになると思います

いよいよトックの発表があります

まだどうかわかりません

ただもし福岡市がその

グローバルスターセレクト選ばれたらですねなり

具体的に民間の皆さんと

今は雇用分野だけですけれども

具体的には実効税率の緩和とか

あの含めてどんどんその規制かもね

内容を増やしていって

一点突破で是非民間の皆さんと一緒になって

このメニューを具体的に作っていきたい

そのチームをですね

ぜひ入っていただきたいという募集も

話していきたいというに思っとりますが

どうぞよろしくお願いいたします

はいありがとうございます

あのセカンドとコントリビューターの岡山県知事

このGわんで知事に出ますと言ってですね

あの宣言をし見事通った岡山県知事です

があの先ほどのあのどの分野でもいいので

一言思いをどうぞ

民間企業経営者としてに回さん

回よん回のGわんサミットださせて頂いて

その時はもうフラストレーションの塊だった

にしてもこのどうして日本

こんな状態なのに

何も変えられないかっていうこと

思ってたんです

けれども実際小会議になってから

あの偉くなって施工さんみたいな

影響力のある人になるまで時間かかるんです

けれども言い方で言えば

もっと早く動かすことができますんで

あの市議会議員

県会議員に働きかけるっていうこともできますし

私ぜひあの立候補する人を

もっと増やしたい

と思っています

で岡山県みたいな田舎の小さい点であっても

この今回の予算1兆円の予算組んでるです

ですから氷化していく仲間と一緒にこう

あの提携していろんなことができる

是非この地方政治も含めて

色々文句を言っていただきたい

参加して頂きたいと思っている我々色々

頑張っていますよろしくおねします

古川知事俺は絶対喋らないと言ってましたけど

いいですか一言だけ言ってあげ

人物が多いんでいいからっていうことで

なんなかったんですけども

一つオープンデータビッグデータのことで言えば

去年この場でデータ

サイエンティストっていうのの話が

出てそういった人たちを使っていかないと

そのビッグデータの活用できないよ

トークネタにしようと思っても

できないよってことがあったんで

佐賀県はデータサイエンティスト募集します

募集要項をこの年度末の3月末ぐらいから

4月にかけて出すんで

ぜひ自慢のメンバーで

データサイエンティスト落として

自分と彼の部下とか

そういった人たちを出してくれれば

ありがたいなと思っています

以上ですはいそうですね

あのここまでで

よんじゅっぷんしか経ってないのかと思うくらい

濃密なあれでしたけれども

QA行きたいと思います

あのぜひお手を挙げて

いただいてでは見等さん行ってみません

こうこういてこうはいはいどうぞ提案です

県立病院私立病院の計画がありませんが

具体的には

日本でその1兆円補助金が出てるわけで

診療報酬を便をしたら大騒ぎしたと思ったら

赤字が増えるんで

その部分全部そっちからただ垂れ流しに

なってるで実際には手法はあります

松阪市民病院なんかそうですけれども

dpcってもあるデータを使って

じゅーご名バーの阿蘇山と

このようにきちんと

実際に病院長さんとやり方を変えてもらえば

この神できるんですが

ないのは石田石ってお医者さんじゃない

intentionの方

であってやり方はわかってるんだけども

やっぱり選挙でマイナスんなるんじゃないか

これは逆に言うと

皆さんが初めて事例を作れば

日本で1兆円おきます

30兆円の社会保障

市いっちょう明らかに浮くわけですから

ぜひやっていただけないかと

はいあの今の何が込めてあるところじゃ

こしたとぞ今

彫像写しはあの市民病院のあり方

検討しているので是非宜しくお願いします

うちも県立病院もあの二つしかないんですが

一つは持っ中山間地のですね

非常に小さい総合診療医を中心としてる

病院とあとこころの医療センターで

精神科の非常に特殊な分野なん

ですけどもだからこそ

その皆さんの知恵を総動員して

行ってみたいとます

また後ほどで具体的にやらせてあげればとます

あと武雄市の樋渡市長は一番最初

選挙で揉めたのはまさに送信病院

彼はまさにこのメンバーの中で

実践をしている人間だと思います

私もさん年前から

病院経営改革やってますんで

あの提案があれば頂きたいと思います

お願いしますはい

はい嘘だと高島さんかなはい

レッドオークスの別所と申します

あの昨年の3月にですね

台東からですね

出向受け入れますという発表したんですが

その後ですね

なかったんで色々お問い合わせ

するとですね

なんか申請書を書いてくれとか

色々そういう話になって面倒くさくなっても

もうそれやめちゃったんですけど是非ですね

あの待ちしたい権限もあると思いますんで

民間への出航ですね

ノルマかしていただければですね

結構活性化するのかな

と思うんですがその

いかがでしょうか

どうですかではゆうたさん

民間の親の会社で働くには

すごくハードルがあるんですね

で行けるとしたら

多分市役所として研修ですよと

これはそう言って続けて行かなきゃいけない

みたいなハードルがあります

ただそのハードルを楽々超えるのが

このGわんメンバーだ

という風に思っています

んでぜひ民間

企業との人材交流という意味では

市役所や県庁への受け入れももちろんやります

けれどもけんと優香ですね

交換のような形でも

やっていくことができるんじゃないかな

という風に思ってますまで進んで

そういった企業のパーそういっ

た自治体のですね

パートナーとして

会ってみたいと思う企業さんがいたらば

今回のGわんではさんじゅー代後にいます

んでこうしただけ

とりあえず募集したいと思いますんで

是非よろしくお願いします確かにですね

あのうちも前の知事の時は

民間との人事交流で止まって

たんですが

私なって復活させたので

北川さんの時に少し行っていて

ちょうど今部局長級になってるのが

その北川さん時に民間出向したメンバーで

どう考えても

その民間出向した経験のある人間のほうが

視野も広いし

能力が高いっていうのが

おうちの子と言成の

実感として明らかに出ていますので

寅松の県民の皆さんとか

市民の皆さんに対する税金の使い方

財政運営として

当然のメリットがあることだと思いますので

積極的にまた

話ししてやらしていただければと思います

はい寝ちゃったかしまさん言ってたはい

はい野菜売ってる

もの高島ですけども

あの今私西村さん

ところで地方の未来

という員会をやってるんですが

そこでてくるのがやった暗いんですよね

地方の消滅とかてとか

宿題とかやったらくらい

キーボードいっぱい並んでいて

今日話を聞いてると

異常に明るくてですねも暑苦し

暗い明るくし

て何がこの違いなんだろうなと思うと

やっぱり組長のキャラクターはすごく違うのかな

という風に思って

さっきは滝さんがおっしゃったように

もっともっと多くのおまんこ

この場にいるうちに

さんじゅー人

ぐらいがクビになってた方が

いいんじゃないかなって

本当に思いますで

そういう僕らがリアル

僕らの声キャリアを考える上で

首町やって超楽しいとこと

不潔はいとことはどんなスキルが活きるかとか

そのリアリティを持って

ちょっと教えてもらいたいです

これはコラ私が勝手に指名します

あの子氏さんと茨城さんが来てください

はいあとちょっとあの夜

の生活にちょっとあの子を撃退するかもしれ

高島さんも最後かでください

じゃあこさんどうぞ

楽しいことは決められるって言う事ですね

やっぱりあの首チワワの銀さんは

銀座の仕事ありますけれども

決めて進められるっていうところが

すごく楽しいなと思ってます

で辛いことはあの議会

との関係だとか

あといろんな戦いがあることです

じゃあ田島先生お願いします

衆議院田嶋要でございます

先ほどコンセッションの話がありまして

そして酒呑みたちさんから

病院の改革の話がありました

私もあえてそれに加えてですね

是非あの刑務所

刑事施設の改革にも力を貸して

いただきたいというに思います

は全国にななじゅー数箇所ございまして

前回の前今

現時点でよん箇所がpfi導入してまして

例えばあの栃木の方では

セコムさんが入ってですね

税金節約がにぱーせんとからはちぱーせんと

そのぐらいの性格が

全国よんカ所のペーファイで出ております

それをあのぜひやっていただきたい

千葉市にも刑務所ありますし

三重県にも刑務所があります

枕なかなか難しい刑務所もありますけれども

ぜひやっていただきたい

それとあの教授家の皆さんいらっしゃるので

あの一つ情報共有なんですが

今一人の人が

さんびゃくえんの盗みを2回

目すると実刑判決でいち年刑務所に入ります

そうすると税金がさんびゃくまんえん

今かかっていると今こういう現実があります

生活保護はいろいろ問題ありますが

生活保護のに倍コストがかかってるのも事実

ありますからそういった観点から是非ですね

こういった掲示行政の問題も

ですね行政改革の一環として

取り組んでもらいたいなという風に思います

以上ですはいどうしましはい

あの刑務所は

我々業あのより

地方自治体の持ち物ではないんですけども

多分地方自治体の持ち物だったら

もうとっくにpfi全部やってると思いますが

地方自治体の大事な

ところが出て目が届くんですね国ですね

国の施設を国会議員になり

国の政務三役が全てを見るって事は

出来ないと思うんですね

しかし我々は

例えば千葉市

きゅーじゅーろくまんにあるといえども

千葉市にある公共施設はすべて

我々はチェックができるんですね

また住民も

チェックができる

アボカドの地方分権という形で

公共施設国の公共施設も

どんどんどんどん我々

に降ろして言っていただければ

身近に見える場所で民間とどんどんどんどん遅い

pfi脱退コンセッションであったり

いろんな形でですね

改革をしていける

という風に思ってますので地方分権を

していただきたいということで

横道に戻らせていただいて

はいじゃあのさん一言だけどさ

今日は中央電力の仲間でございます今日ですね

先ほどの話もあったようにですね

あの2016年から電力の自由化が始まります

私がですね

今地熱発電の開発をやってるんですけれども

あの一

つ思うのはですね

あのエネルギーっていうのは

本当に中国地方で作って都心のですね

大きな会社が全て香水あげる

という体質なんですけども

エネルギーというものはですね

あの本当に地方政府が作ってですね

地産地消ですそこでしっかりとかやって行く

そこで様々なエネルギーの

会社を作っていくということで行けばですね

一石二鳥三鳥のですねま

効果が僕が地方にあると思ってます

その一つのやり方として

地方自治体がgpsを作っていくとか

初願いじゃなしにね

そこの中心の大学の仲介部門を作っていくと

かまそういうことをやっていけ

ばですねあの

たくさんのエネルギーのベンチャーが

私はできると思ってますので

またあのこれを詳しくはですね

あのこないだと

いつもずっと行ってきましてですね

あのドイツ企業が大やっている

政府がやってること

たくさん勉強してまいりましたので

もし後でゆっくり話したらできたら

なと思いますありがとうございます

あの中村さんとはね

あの電力会館のとき

昔から一緒にやらせてる間んですけども

あの確かにあたりは発送電分離とか

でも国だとね

日本だと島国で

ヨーロッパだと送電線が全部繋がってるので

あのヨーロッパの方が議論しやすい

というのと

同様に当たれば

地方自治体だったら

その発想でんが繋がってるから

そう中でやりやすいっていうのは

地方隊で考えたらやりやすいってのは

一つの視点だと思いますので

またそれは是非利用させてあげればと思います

すいませんということで

時間に来てしまいましたので

最後さんじゅー秒ずつ一言ずつ言ってもらって

最後がまた来ないからはい

もう言いたいことだいたいいっちゃったので

大丈夫なんですけれどもあの是非ですね

その大事なことは

その建物セッションひとつとっても

その竹中先生は

上水道とかの話をされました

そうするとですね規模

が大きすぎて

結局国内でもそれに参加できる会社って

ほとんどないんですね

それはそれで大事なことかもしれないけれど

私たち言わんでせっかくやるのであれば

そうではなくてですね

もっと小さなたいかもしれないけれども

民間企業だって

入ろうと思ったら入れるという部分での

コラボをしていくことが

大事だと思ってるんです

誰か千葉市で言えばですね

あの為末さんの関連してる会社と

今度4月の1日からですね

我々は千葉市の持ってる絵

昔の園宿泊施設というのを

そのため登山で一番の皆様方

行ってらっしゃるといかしく

ビジネスをやってるところ

に事実上身を任せるなこともやって行く

側消しても起きないわけですが

資本金台場数百万とか

リセマム雷の会社だったとしても

地方自治体の改革の意志のあるところと

組んでいけば

新たな公共施設の使い方

コンセッションの仕方ってのは

いくらでもあるんですねだから

是非ですねいろんな面白いものをやっていきたい

というふうなお考えがあれば

Gわん組長に直接言っていただければですね

できない理由にしても

もし会計する次の手段にしても

我々はお返しをすることができますので

ぜひ私たちと皆さんが高くんで

地方自治体から変わって

それセイコー三役会議の皆様方がですね

国の制度化をして

全国に発狂していくって

こういう流れをですね

ぜひ作っていきたいと思ってますんで

よろしくお願いいたします

はいありましたじゃあこさんお願いします

30秒に来て思うのは

あの普段こういうあの子したいばっかり

なんですけれども

お話をして

もっと交換便の栄をなくしていかないと

いけないなっていう風に改めて思いました

今日もあのコンセッションだとか

また病院だとかあのご提案をいただきました

あのエネルギーの銀の剣でも

実は大津市家のガス事業

っていうのやってましてそれ

もあの実は儲かってたりします

そういうあの面白いことをやっていく為に

これからもどんどんこう官民

近藤で頑張っていきたいと思います

はいありがとうございます

高島さん30秒

日本の景色を変えていきたいと言う中で

私たち伝えできること

その中の一つがやっぱりあの企業の支援

スタートアップの応援ということです

新しい価値がトントントントン

もっと日本人なクリエイティビティとか

そういったものを発揮できる現場を作りたい

国も制度をつくるんですが

どこでやるのかって現場がダメなんです

私たちはその現場にいて

そこの予算執行機は皆

それぞれ持っている別

でもやっぱり本気でやろうというメンバーが

今じゅー番組長

ネットワークの中のスタートアップ

都市推進協議会作ってます

是非それぞれの企業の中で

第二創業とか新しい事業へのチャレンジ

それからもう1回

企業自体でもいいですやろうと思う方はです

是非私たちなんか一緒にやりましょう

私たちも親権取り組み

明日宜しく願いますありがとうございました

では最後はあの私の方からまとめとしてです

日程申し上げたいと思いますを

一つはこのGわんサミットのコンセプトでは

批判より提案をリストから行動へということで

やはり提案コード

それは実現しなければならないって

いうのが私たち

特に組長の思い出しは

政治というのは

そういうもんだと私は思っています

でしかしながら私たちの力だけでは

足りない部分や

このネットワークだけでは

十分でない点があります

ですのでぜひ

このGわんサミットが提案行動であるからこそ

それを実現に結びつけるため

にこの子が冷めても皆さんと私達組長

ネットワークコラボして

やっていきたいと思いますので

ぜひ力を貸していただきたいというのが

いってんに点目

文献という言葉がありますけれども

本来本来民主主義は

住民自治というのは住民に権限があってで

そして住民ができないこと

を基礎自治体がやり

基礎自治体ができないことを攻撃したか

やって攻撃自体ができないことを国がやる

というのが本来の住民自治であり

民主主義であるはずなのに

従って国から分権されたのは本来はお菓子

住民や自治体に権限があって

国に権限をくれてやるって

言うぐらいの方が

本来の住民自治は民主主義であるけれども

あるけれども

今の国のせいだ

そうなっていないのでなので

私たちは制度という面でない

ところであっても

こういう作業道熊谷してもいませんように

私たちが実績を積み上げていって

それを国に見てもらって

それ国が水平展開していく国に行っていて

国が水平展開していくってそういうですね

本来の本来の住民自治は

民主主義かの文献というものを

その制度以外の所になるかもしれませんが

私たちの同時多発の子実現してみせて

痛いように思ってる場所で

皆さんのご協力を

よろしくお願いします

ほんじゃどうもありがとうございました