日本の「水産業」の現状と未来

もう日皆さんおはようございます

朝はちじですね

早朝からお集まりを頂いて

皆さん相当意識の高いからだろう

と思っておりまして感謝申し上げます

あれでバスでわけで今日ですね

この海洋立国日本っていうことで

サブタイトルやりますが

Gわん海洋環境

研究会の挑戦になってるますあの

昨年ですね二番に

海洋環境研究会が立ち上がってきました

この問題の背景からですね

皆さんに共有しながら書く立場で

何が出来るのかいうところまで

持ってきたいなと思っています

今日はですね

ご登場いただいたゆうやさんは今日

関山消費者の意識

啓蒙に取り組んでこられた

伊藤さんはま流通であります

マサイセブン&アイいうことで

多くの流通チャネルを持ってらっしゃい

夏目和美の野田さんは

まさにその水産物を仕入れて

加工して販売するっていうこと

やってらっしゃるいうことで

そして私はま政治の立場ということ

なんですが実は実家が漁網メーカーやり

まして約ひゃくはち年前ぐらいからすね

アミをずっと作り続けてきた実家があります

なので私はあのドコモ出身で

政策分野はネット系なんですが

あの時間も下もで

ネット系になっておりまして

一応あのねと景品という風に売ってます

そう今これ使ってますねちなみに兄も

世の中で使ってます

どこの会社が載ってた

ネット携帯にも応えていると

こういうことですので

兄弟揃ってこのネタを使いまして

こういうことを知りましてなので

なんであいつ総務政務官なのに

よくやってんだ

こういう風に言われるかもしれませんが

海行ってるのかも

しれませんこれはライフワークでありますので

急いでも皆さんと一緒にマジすかして

いきたい早速ですね

また昨夜さんからこの海洋環境研究会

なぜ立ち上がるに至ったのか

その背景を教えていただきたい

とはいえっとですね

あの皆さん海の中を見ながら

毎日生活してるわけでは

ないんですけれども

やはり海の中が非常に劣化している

というのがあの今の非常に重要な問題です

で未来の子供たちに地球をどういう形で

今日私で行くのかっていうところから

考えていかないといけないなっていうところで

特に水産資源の減少というのが

日本の大きな課題

でありまして

で海の中で見えないんですけれども

実は例えばクロマグロ

絶滅危惧種ニホンウナギ絶滅

危惧種っていうニュースでは

ちょこちょこ見かけるようにはなりましたけれども

その他の子がじゃあ大丈夫かって言ったら

全然そういうことはなくてですね

水産庁の統計で見ても今

比較的資源が豊富だと言われているものは

わずかにじゅーろくてんななぱーせんと現場です

車黒で見てみると

初期資源のきゅーじゅーはちぱーせんとほどが

もういない残りのに

ぱーせんとを乱獲しているという状態

ニホンウナギの中は

もっとですねえ

悲惨な状態になっていてね今年

の漁獲量は

昨年比のいちぱーせんとというのが現状です

こんな中でじゃあとらふぐはどうなんだ

やっぱりきゅーじゅーきゅー

ぱーせんと減っていますよ

ただそのニュースに載ってないところでも

たくさんえー問題を抱えている中

何をどういう風にしたらいいのか

ところですねまさにその

Gわんのように

色んなステークホルダーが集まっている中で

政治そして製造流通させて

消費者それぞれの意識

啓蒙と改革が必要な場面ではないか

という風に思っています

日頃どれだけPRして待ってるかってのは

分かるぐらいスラスラと

問題点を挙げていただきましたがでも

キャロラインケネディ大使

その話題になった

という風にはどうなんでしょうね

あのキャロラインさんは

あのアメリカの聖心女子学院卒業で

私もあの日本で同じ学校に行ってたもん

ですからすごく仲良くしていただいていてね

あのキャラに

ケネディさんも

海洋環境に非常に関心が深くてで

息子さんのジョンも佳代

環境に特化した政治活動今始められています

でその中でですね

あの海の中

すごく今汚れて劣化しているけれども

ゴミは中国を

そして魚は日本なのよね

っていう風に言われたのが

非常に印象的だったんですね

あのプラスチックゴミマイクロプラスチック

ゴミの問題皆さんご存知かと思いますけども

まぁそこは中国が主に責任を負うべきだと

漁業に関しては日本が責任を負うべきだ

何を何かって言うと本の政治の仕組み

そして日本の法律

行政が国際スタンダードに遠く及んでいない

そこをなんとかしてくれないか

という風に

働きかけられているっていうところがあります

ということもあってですね

まあ中国は米日本は魚とこう言われた

ということで

今回のあの海洋環境研究会っていうのは

あの気候変動そしてま郊外

そしてこの乱獲この三つをですね

メインテーマに今やっていこうということで

立ち上がっ

てきましては特に今回はですね

この乱獲増井山の問題にまとっか押しですね

皆さんと問題意識を共有して

やっていきたいと思ってます

実際ですねどれぐらいじゃ

漁獲量が減ってるのかとは

日本は漁業国だとこう言われていますが

実際にはですねだいたい1980年代に

はせんにひゃくトンからにせんにひゃくまんトンが

今年でいくと

大体よんひゃくまんトンぐらいまで

こういうことですよね

もうすごく綺麗な下降線をたどって

そのままずっと下がり続けている現状です

ちなみに世界全体1980年代からですね

百倍以上になっていて

日本を超えてるという

ことで世界右肩上がりなんですね

日本だけはものすごく右肩下がりになってるという

こういう現状があります

ここがまさにこの問題だと思っています

なのでこれだけは

魚が取れなくなってきてるって言うのは

大問題なんですが

それぞれの現場でですね

その問題式どういう風に

交換してらっしゃるか

ちょっとお伺いしてきたいと思いまして

まだの野田さんは漁業者からですね

お魚を仕入れてば加工してると

うちの業態とすると魚を仕入れてね

格好をしている

ということになっているんですけれども

書こうという英語の皆さん

イメージするのは例えば家

で売ってる煮魚だとか

缶詰だとかっていうの

イメージなさってると思うんですけれども

世界全体の方で書こうといった場合に

生の魚を取ってきて

それを凍らす栄養は

保存するというところが格好で

その先は言われるに近くを

みたいな形になっていきます

そこの部分の英知

が悪いんですけど

今度は売る方の立場となってみる

去年の11月にバローさんという

あの大きなスーパーの社長さんが

もうこれから水産部門への

竹水産のスタンプも捨てる

という発言を記者会見でなせました

あのなんでかって言うと

まず原料が安定しない

いつどこでどんなものが

取れるか分かんないって

今度はそれを一仕入れられるかわかんない

値段も変わる今度は

それを持ってきた場合に足が速いんで

何日か以内に高品質で売るためには

時間が短いそうやって行くと

普通だったら儲かるべき販売の方が

儲からないことが多い

それだったら効率的では

ない効率的ではないんであれば

その彼の兄弟の考えからすると

それはいらないということは出てきています

今度はあのせっかく取ってきたのか

売ろうと思っても

そういう売り先の問題っていうのが

これから大きくなってくる話が

私のところでは

大きな問題として捕まえて

実際にこの売り先の中ですね

変化は起きてるってもあります

後で腰入れてる中でですね

後変化を感じると思ってありますか

もう明らかにいろんな行動である通り

イカが取れなくなった様が取れなくなった

何が取れなくなった

という話がたくさんあって

今度は加工屋の方とし

てみるとそれぞれの専業メーカーが

多いんですね

もういっかだったらいか専門もう

ホタテあったらホタテ専門サンバだったら

サンマ専門という形になってるのが

ここまで取れなくなってくると

それでもう食べられなくなってくる

もっともっとこういったものを仕入れて

加工して売ると

いう話になると

実際年間ずっと見た時に

製造工場がきちっと回るのはにヶ月半からさん

ヶ月後のきゅーヶ月あんた

何してんのっていう話になると

その時に貯めた原料を使って

なんか格好をして食いつなぐという話です

けれどもじゃあそのさん

ヶ月坂が来た時に必要な物って

いうのやるためにいくらの投資をして

それを何年で回収しなきゃいけないかっていう

ビジネスをやってるのに原料がない

ましてやそれで買ってきたやつが高くて

それを売ろうと思った時に高くて売れない

これがあの花

小屋の方として

の試練についての問題と思ってい

ます紫陽花に

まさにそういうことを感じてらっしゃる

っていうのと

おまもう一つは

そうは言っても効果高野山なのでま減量

海外からも仕入れられるんじゃないのって

こういうところもあると思うんですが

実際には今回負けが怒ってる声がいつまでか

今は怒ってますあの海外に

展示商談会等等含めてよく行きますけども

会場センターすっごい盛り上がってんで

魚儲かる魚はいいぞところがですね

まず日本のパビリオンの方が

一番端っこの方に

フィリピンの外側の端っこの方に置かれてる

現状ってのは

どうしてかっていうと

世界の中では先ほど言ったその

コーラスところまでが格好であって

それをこういかに売り買いするのかっていう話

なので私の方になると

その原理を使って

何らかの加工をしてさんつ目にする

だとかに魚作るだとか

そういったことで売りに行くんですけども

海外に行った時にそれはまだいらないと

お前の持ってる人の原料よこせ

という話になるんですね

うちはねって

その原料を使って前に作るおばさん

あったに働いてもらって

それを売りたいんだっていう話をすると

そんなのは自分ところでやるから

安い人達たくなるから自分とかでやるから

お前のそのとっても鮮度の

良い原料くださいっていう話だよね

それをやったらうつら

おまんまの食い上げ

だしって言いたかったんだけども

弱る日本国民に食べさす文がなくなるよ

っていう話をしたのだ

お前とこら日本だろ日本はね

カップラーメンを発明した国じゃないかと

お前たちはすごくいい魚を海外

たかくってカップラーメン食えばいいさ

日本人は麦を食え

という話だなと思ってきましたけども

まあこの後いろんな話にはなりますけれども

これから試練の問題をよくして

起業しただとか

潰瘍の問題をやっていくと当然高くなります

高くなったものをいかに上手によるの

かっていう話になっていた時に

高くなったものを上手に売る

仕組みっていうものは

まあ伊藤さんを含めて

お願いしたいところでありますけれども

そういう高くなるって言う事は

皆さん食べなくなり食べられると言うか

流せるチャンネルが少なくなる

ということにもなってくるんで

そうするとまず

魚の身としての部分から考えると

それを持って日本が豊かになるのは一つです

けどもただ食文化だとか

日本人のそういう食べるべき魚

という部分からすると

大きく変わっていかざるを

得ないっていうのは

私の方が思っている問題

あれぞ出ますあるいく

つか問題を提起していただきましたが

実際野田さんの話かですね

これバローさんっていうスーパーさんが

もう先生辞めると

魚止めるこういうこと言ったら

結構衝撃的ですけども

マリオつやってる伊東さんから見てですね

どういう問題しかも近い

本当に真野さんの話に関係して逆に

ちょっとお風呂は皆さんよくしないけども

この一週間ぐらいをですね

あの思い浮かべて

ご家庭で食事した時に

お魚を食べられた方

食べてなかったかも半分ぐらいですよね

食べたか見せてみてない許さない

そういう体質に関わるところではすいません

あのですね今魚の漁獲量

が減ってるって話もあったんですけども

パロさんが言われるように消費量なんですね

今減ってるということはあります

10年前からのですね

これはあの消費支出の推移ですけれども

魚全体でじゅーごぱーせんとぐらい来てます

ぜろはち年からきゅー年までで

よその中でもです

ね加工品と言われてるものは

まああのファストフィッシュでした

なんかやったんで

1階の上がって

今そのぜろはち年前と比べて

本当なんですね

ところがませんよなんかは

はちじゅーに

パーぐらいまで

下がってきてるっていう風な状況なんだ

それともう一つはそのそんな彼でも

皆さんが食べられてるものですね

行われてるもので

どういう風な扉たとかったですね

調理法を食べたかって言うとが多いかなって

そうするとね

私も売ってる部分でまたお刺身とかですね

頑張り圧倒的に多くて

切り身でも塩じゃけみたいなものだったけど

会って飯ある

ものの魚って

ほとんど売れないような状況があるという

風なことには

空飛ぶ破産しますからですけども

調理の方法だね

わからないとか面倒だなとかですね

ゴミが大変だとかっていうのが

マリオになってですね

またしても今

お店の方では

お客様に丸棒の打ってても

ですねこちらで三枚におろしますよーとか

あの調理できるようにもしますよってことは

サービスしてるんですけれども

まっすぐな形で商品がですね

減ってるって言う風なことは

そこには調理方法をお知らないできない

アリはまに来たんかと比べると

まぁどちらかというと

割安感があって

魚のが高いっていう風だことが

明日な理由でですね

真面目に怒ってるっていう言葉ですね

現実としてあるということです

これ水産資源とは逆行したと思ったら

やっぱり健全な産業を育てると思ったら

やっぱり重要ですね

まちゃんと県税ないといけないことになっ

てますんで

あそこに言われ許すの方はですねま

問題意識を持っているという状況です

はいあの中のご指摘はやっぱりですね

最後消費でつながっていかないところ

経済もあって行かれるということでしたので

まあ我々がやってる子のテーマっていうのは

大事なのただその環境

保護すればいいってことではなくても

しっかり保護しながらそれが経済に回っていく

いいか家で取引をされる

ここはセットになって

初めての空になっていくっていうことだ

と思ってますSみたいです

あの海外の子でも詳しいと思いますんで

なぜこの日本はね今聴い的な

状況なんですが

世界ほとんど伸びてる道を上手にやれば

へ伸びていくのかって言うと

ちょっと事例踏まえて教えてた

なんか結構大きいあのいつもでしたけども

その道上手に回っていくかっていうのやはり

まず消費者の意識ありきだと思うんですね

その持続可能性に付加価値を

求めるかどうかっていうところが

大きな判断材料になってきます

それと行政ですねと

どのような価値観をもって

規制を設定していくのかというところですね

今日本はま乱獲状態でFにありますけど

もから許しているのは他でもない

行政なんですね今の日本の漁業のあり

方というのが

オリンピック方式と言われておりまして

早い者勝ちも一斉にスタートして行っても

試せさんみたいに

速い人が魚のところに行き着くと

早く取れるとそういう状況になってます

でもやっぱりまた

目さんの一人勝ちなわけですよ

そうすると誰か来たので

参加したいと思っ

たより大きなエンジンを積んで

より大きいより多くの燃料を持ってですね

出かけるので非常に効率が悪いという部分に

それから卵殻を促進してしまう

というところなんですね

海外は日本以外の先進国

そして水産先進国は

みんなえーとIQという方式をとっています

indivision

クォーターでそれぞれの船が独自のきてきて

のりを持っていてて

その船はこれだけという割り当てがあります

だからため生産が先に入っちゃった

としても私でも追いかけて行って食べ

水酸基定量取り取り終わったら帰ってきますから

私も取れるというで

そこで非常にいい効率

がありそして上限が決まっているので

取りすぎることがないね

これをなぜ日本の政府が取り入れることが

今までできなかったのか

そしてそこから先

日本がやっていかなくてはいけないのは

ITの導入それと法律改正

そもそも日本の小林さんのところなんですけど

も日本の法律の中

で魚は誰のものなんだ

っていうところが決まってるのかって言ったら

そこなんですよねね

その効率改正から始めないといけないいかがでしょう

はいグサグサと政治

行政が悪いんだっていう話があってね

ということなんですけど

でも実際そうですね

なかなかオリンピックという言葉が

悪く疲れてないんですけど

オリンピック方式ってのは

水産の世界ではあまり良くない方式ですね

さっきゆうさんが言っていたようには

世界のですね

トレンドはどうなってるかって言うと

例えばサバは年間で

何万トンまでとっていいです

よっての上限をパチっと決めました

それは何

から決まるかって言うと

科学的にその海域を調べてですね

ここまでだったら

来年もまた同じように魚が増えてくるよね

っていう条件をまず算数で

それがabcと言われる科学的な根拠です

そっから政治行政で

タックと言われる上限値を決めると

これは漁業者が取っているですね

なら持続可能な料理も

さらにちょっと少なくなるっては普通ですよ

それを今度は上限だけ決まってる

という風になると

同じ一つのボールの長いですね

ごひゃくえん玉からじゅーえん玉があると

それをじゃあ早い者勝ちですと言うと

食べさせ方って

全部取れたなるわけなんですがそんな

からそれで食べてはいけない

でも食べて妻汁で申し訳ないんですが

早いことはいいことです

愛子体育のただそのボールからですね

一人じゅー枚しか取っちゃいけません

よって決めるとどうなるかっていうと

なるべく空ごひゃくえん玉取りますよね

経済的な勝ち方どういうことかって

言うと大きい魚

大人の魚竹を取る

っていうことが起こってくるよ

そうすると高く売れるわけですから

薬院ちっちゃい魚の子ってことによって

また大人になっていてよくない

それがごひゃくえん玉になって帰ってくる

こういう仕組みでは本来回るはずなんですが

これが回ってこ

なかったっていうことでありまして

日本は今上限が決まってるよしたですね

はち業種だけなんです

日本でも非常女子多いんですが

だいたいですね

まにじゅーご業種ぐらいを

ちゃんと上限を決めると

日本で漁獲している

お魚のきゅー割ぐらいが

まカバーできるいうことでちなみにこれ

を上限決めるための数字をですね

水研センターっていうところがまあ

研究してるんですが

すでにはちじゅー拍子ぶんぐらいのデータは

サボってるあなたはそのtacって言うね

政治行政で決めるものだけ決めれば

ちゃんとできるんですが

できてこなかったっていうのが大変

恥ずかしい状況で

浮かば辛い状況だったこういうことなんですね

ただですねこの条件じゃ

なんで来なかったのかっていう

ちょっとのちょっと解説をしていきますが

じゃあそれ以上元気ですねま

魚をきちっとま取るようにします

接続可能にするって言ったところで

値段がやっぱりお母さんをしてた枝に

上っていきます

斉藤さん押しちゃったわけじゃ

その値段あったものが

肉と比べて選ばれるのか重要なんですが

そこでゆうさん言っていただいたように

今消費者がそれを選んでいくってことは

すごく重要なんですけど

その消費者が選ぶ仕組みってのも

海外はまっすぐれたものを

やってらっしゃいますけど

そこもちょっとご紹介はいまず海外にはですね

漁業認証という概念があります

しっかりと持続可能性を担保した

ということが証明できている

営業所には

漁業者はそれを証明する制度があります

mscたいですロンドンに本部があります

マリン7は実感すると

いう漁業認証そしてが

天然魚に対して付加されるものです

それという職業に対しては

ascというラベルがあります

この二つがですね

国際認証としては

今メジャーなんですけれども

えっと2020年のオリンピックでも食料調達傷

ちょっと話が前後しましたね

mscascという

ラベルをいると持続可能性が証明されて

それが付加価値となって消費者が選ぶ

ひとつの道しるべという風になっている

というのがマーケットの仕組みですね

それに対してですね

日本はそのMCを取っているものが

わずかよん週間しかないんです

北海道のホタテとか京都の赤

カレイとかですね

で例えばオリンピックロンドンオリンピック

そしてリオオリンピックの中では

持続可能な食料

調達基準というものが設定されていました

ねこれは例えば

そのmsciACという印象を取ったものしか

オリンピック村では供給できない

という厳しい決まりでこれは国連faoの

スタンダードに準拠したものになっていますね

非常に残念ながら今2020年

オリンピック東京オリンピックに設定されている

食料調達基準額の国連の基準に

到達していないんですね

今発表したものに関しては

mscaし又はそれに準ずるものという

そのまたはそれに準ずる者の

カテゴリの中に

どうも絶滅危惧種である

太平洋クロマグロとかも入ってしまう

というのが現状でなんですね

今えーと日本政府がの

水産庁が発表しているし

比較的資源の豊富な物っていうのは

先ほど申し上げたに

じゅーろくてんななぱーせんとに

とどまっているにもかかわらずこの

東京オリンピックの食糧庁からすると

国産の水産物のきゅー割は

供給できるようになりますよ

という非常に明快な自己矛盾を抱えたまま

っていうのが今の現状になってます

この準ずるってますね

非常に曖昧になってまして

ロシアの前河野太郎さんが

行革本部長の時ですね本部

長補佐として

自宅の水産行政の行政改革って

やったんですね

そこでちゃんと見ていくと

この準ずるっていうのは

要は資源管理に取り組んでいるって言うこと

条件だってこれ

どういう風になってるかというと

漁業者がさすがにこれ

水産庁まずいっていうことで

進化にやらそうと

思ってすね

資源管理計画っての建てたら補助金を出します

こういう仕組みにしてインセンティブをつけて

資源管理計画でも作ってもらったよ

これが約せんよんひゃくあるんですけども

大体そのなな割ぐらいがいいですね

全然科学的根拠に基づいてないということ

だってでも去年より

も漁業漁業の船を出す日数を減らしました

網の目をちょっと変えました

みたいな話でオッケーになっちゃってるので

前々日はつー両で完了されてないっていう

問題があって

それ本当に認めていいんですかね

でまさにそれを認めてきたから

日本がですねは衰退してるんじゃ

ないですかっていうことがあるので

そこのオリンピックの基準ってのは大変

重要なま天気でありまして

ここがあの我々が製作しててんか

できれば大きな分かれ目になって

そういう意味ですね

あの海外への積極的な取り組みをは

流通含めて消費者も関係したが

やってるって事な

んですが日本はじゃあ

実際にはどうなってるのか

実際結構取り組まれてるっていうところもあるの

では伊藤さんから

ちょっと現場の取り組みの

今のmscascについてはですね

私どものグループはですね

明日買ってません

その代わりにあるアラスカのですね

シーフードこれもうあの

会場じゃないんだけども

まぁきっと持続可能な調達っていうことで

ということですねま

ラスクシーフードは積極的にですね

を販売しようということで

ただこれも量の問題もありますので

後コストの問題もありますので

コンビニで扱っておりませんけれども

ヨーカドーですとか

そごう西武とかですね

お客様にその価値を伝えながら

あるいは持続可能だっていうことを

最初にはですね販売をしてるってな状況です

一方で私もセブンプレミアムっていう

お魚も含め立つのいろんなおらんですけども

そこにおさかな惣菜がありまして

また指導もうちょっと遠慮し

とってないっていうことで今夜だ

この研究会のメンバー皆さん

ちょっと一度食べていただこうと思って

声に使ってのセットを配りしたら

右折でしたってねわかった先生がですね

いやこの送ってもらったやつの孫アイテム

ろくアイテムはスウェーデンで

とかの上田とか迷わ持続可能な

調達をしている

国から輸入してる原材料を使ってるんだから

まあとは加工者がソロ申請すれば

あの取れるはずだよという話がありました

私も本当に降ったもんですから

もう1回その担当の方を捕まえたです

でもlineだという話を聞きますと

もう一つはですねこれ

お客様がそこに

価値を未だに出さないっていう状況がある

ということと

わずかじゅっぱーせんとぐらいなんですけども

いっぱい原価が上がるんですね

このいちパーセントって

馬全体粕屋わずかじゃないか

と思われるかもしれませんけども

バイヤー達ってメーカーさんとですね

れいこも

ごぱーせんとの前か交渉しただけなんですね

あそこでポンといちぱーせんと稼働るって

言うことには以下にするわ

またこれがごえんとか跳ね上がりますんで

お客様価値を見出してくれるだろうか

どうかっていうことではしてませんでした

ということだったんでまただ今回のか

な私も勉強させてもらっては

こういう状況だからっていうことで

もう1回検討しなさいっていうことは

今やっておりますが

そういった事が一つと

あともう一つは

なかなか客様が

このmscトルっていう風なこと私もですね

という時に

これさっきの漁業者が一つは

取らなきゃいけないですね

そしてもう一つは

そのシールをマークをつけるためには

チェーンをやるサプライチェーンの中で

我々の方も

そこに準拠した形での加工

しなきゃいけないかなので

やるやつをしなきゃいけないっていうこと

ではそうしますと

私のもさっきも話しちゃって

おり多くの需要がですね生の魚

そしてあるいは刺身の盛り合わせ

とかになってきます

と言って言ってんのお店でですね

そのmscの認証を取らなきゃいけないと

これって非常にですね

簡単そうなんですけども

夜コンタミネーションある色んなマグロがあり

例えばサーモンがmscとって

たもんだとしてもですね

そこにまぐろとヒラメと混ぜ合わせた刺身作ってる

同じとこで作ったからですね

が認証されないんですね

まあそういうチェーンサプライチェーンの中の問題

でも私も今ところ

プロセスセンターでの加工してませんので

バスが難しいいっていうことがあり

ませんだろあれが売れるのはですね

冷凍のものであるとか

パックされた

輸入されたmscの物っていう風な形に

なってしまってのは現状だということです

やっぱり美味しくて新鮮な物っていう風に

スーパーの現場で流通で検討を重ねてきた

多分現場での調理っていう風に

行き着いていくということなのでは

今のイメージACの仕組みでは

難しいいっていうとこなので

オープニングのあの前

大会でも水野さんが

指摘をしていただきましたけども

あの日本で新しい独自のですね

まあ何かルールを作るのもいいんだけれども

やっぱり世界表示のところに

ちゃんと履いて行って

そこをこう日本側に

引き寄せてくるっていうこともあり

そうなんじゃないかと思いますが

伊藤さんとしたとこですかね

実際今の日本でもmelとかですね

言えるとかって仕組みがあって

今これがまだ国際マーチ

このこと言う言葉

ありかもしれませんけども

まあお手盛り的なですね

ま入賞なってるって言うことでは

国際基準とは

程遠いっていうのが現状なのかな

と思うんですね

ですからまぁ間違いなくですね

mscなりなんなりに働きかけてって

日本のやる食文化っていうところも

理解いただいた上ではこういった場合

どうしたら

いいのかっていうことですね

ま変えていくような働きやけど

行った人だったということです

うわさんはいかがですか

その現実この資源管理をやっていくって

指で何か取り組むされたか

もしくは実際にこの資源狩りが進んで行くと

こんだ小学校側としては

仕入れる物がま値段

が上がって雲しか減っていくってくるわけで

その辺の対応も含め

実際には仕事してるほうなんで

それをすると売れるんですかっていう話がまず

どうしても書こう

やっとすると最初に出てくるのと

あとはそのハセップ会云々も含めて

それをやる所っていうのがある一定

規模以上の所になっていて

どうしても刺身だとかあのさ

市から一番付加価値が高く売れるんですね

ところが刺身ってかっこいい

あまり必要じゃないんですよ

さっき言った

あの格好の部分の凍結のところ

まだを書こうとするんであれば

各親の出番は出てくるんですけれども

それで今度は格好

やっとして付加価値取れるんですかって言うと

電車の中でさんヶ月だけ動かして

あとはお前なんかで

食えよっていう話になってきてって言うと

生姜としてはなかなか難しいで

今度は高くなって高く

パンパン買ってくればいいんですけども

今度はその高くなっ

たやつが難しいという話になると

まぁあのどっちからじゃあ

誰が一番最初に始めて

どういったことから始めるのか

最初のきっかけみたいなもんがないと

誰かが初めてうまくいかないとか

こうやってやらないんですね

そこのきっかけは

なんかの形で作っていかないと

と思ってい

ますうるさいもう既にそれを見せながら

あのピボットも始めてるって話を聞いて

結構驚いたんですけど

その水産物の加工だけじゃなくて

農産物の加工もやり始めてる

あのさっき言ったみたいに

加工屋さん達とも各選択と集中で

もう俺はイカの刺身で食って

きたんっていうところ

だとかあとは

あのこのしめ鯖で

食ってきたんだっていう所ばっかりなんです

ね所がそれでやっていくとか

意外に売れないし

日本国内には

今でひゃくはちじゅーえんだと思ってた

しめ鯖が今度よんひゃくさんじゅーえんになります

誰も買ってくれないんですよね

じゃあそう

いった件了解ながら

そういった商売もキープしながら

何かしようとした時に

仕事自信が足りないっていう話になると

お手上げと思うんですけど一歩引いて考え

それ以外のいろんな食べ物の加工

という仕事もあるかもしれない

そういうことで考えると

特に家内は青森県ですからそう

いった形で

農産物の加工っていうものも当然

視野の中に入ってきて

そういうの含めて

いろんな仕事を含めて

前に作るお婆様があったの

仕事を確保しながら

あのそういった大地さんの仕事をするという

あのマルチな組み立てっていうのが

あの必要になってうちはそういう話

をしてますし

後は今あの八戸市長と

青森県の知事の方を唆してるのは

こういうのに

補助金を出すっていうことではなくて

そういった仕事の畜産の仕事

どういったことがありますが

まああの千種も結構あそこら辺は

グレンターミナルがある関係で多いんです

けれども単に

そういう鳥の焼き鳥の串を作る

っていうところから

にんにくの音を切るっていう格好まで

いろんな加工があのたくさんあるんで

それを一度集めてで

そういった食品

加工の人たちに紹介するっという仕組みを

行政サービスとしたらどうかっていう話をした

そうすると少なくとも八戸近辺

の加工屋さんたちは

あの原料が高くなって少なくなって

そういうのが回っていかない

だからやめていくっていうことを

彼らはあの別の道できるかもしれない

と思ってやって授業だと思ってですね

私もあのご年前

初めて自民党の漁業の会議に入ってたですね

みんな何

言ってるかって言うと

あの魚が取れないってもわかんないから

燃料費を補てん時雨って

こういう話なんですね

全然それ根本解決にならないですよねって

話がもう大声で叫ばれてるっていうあ

これ早くネットで

中継した方がいいんじゃないかなと思って

スレチビっとの会議を

もうこんな恥ずかしい話はなくなるんじゃないか

と思ったぐらいけども

実際地元の漁業の人がいいですね

もうとにかく寝ることにしてくれた

もう一つ難しいのは

港の近くに加工屋さんのお仕事だってそう

そこで皆ととれる魚をいかに確保するか

っていうとこで生態系が一回

出来上がってるので

そこを動かしてくるは苦しいってのは

現実ありますなので

最近ですねブリーが今で

富山の氷見の寒ブリっての法則

有名なんですけども

すっごい上がるんですよね

がやりますってきたの方に行って

海が変わってきたっていうのもあります

けれども脂ののり

がすごくいいんですよ

ものすごいをそれはそれで

あのとって流通しようとした時に

今度は北海道に

水揚げした時に私らもそうですけど

泣かないが正しく評価できなかったりして

扱いやすくやるという問題もあったんだけど

最近はそれもだんだん無くなってきて

それを上手に怒り

仕事にするかっていう部分もありますけど

今度はあの今までやったことのない仕事も

みんないろいろチャレンジしてやっていかない

とってのは

最近の海の変わり様ってのは

ものすごく変わってるんで

それの対応ってのは大変必要なそれぐらい

実は市場もですねその方町の取れる魚

に対応しちゃってるので

違うものが上がってみて

全然適切な評価と対応ができないって

これもなかなか情報が繋がってないって

ことが起こってきてるわけです

暗い話ばっかりなんでそろそろ明るい話

行きたいんですが

一個だけその前に

ご回とかなきゃいけないと思ってるのは

やっぱりあの中国の関係ですね

あのーこれ中国がものすごく外ですね

さんまとかですね

たくさん取ってるから

日本で魚いなくなってるんじゃないかって

こういうメディアの報道なんかもある中で

実はどうなのかってちょっといただき

ハイえーとですね

やっぱりあのまあ自国の論理というものも

あるとは思うんですけれども

実際にその魚が減少しているという事実は

日本の乱獲という問題が最も言われています

であのー魚はあのEZのそのlineをね

あの認識してるわけではないから

うろうろと超えてはいくわけですけれども

中国や韓国が乱獲しているととっとっ

とったから減ってしまっているんだ

という説は科学的な根拠はありません

ではいはいあのえーとつのマクロにも

そうなんですけども

総論としてその今の日本の会のあり方

日本の捉え方というのはですね

非常に近視眼的というかですね

政府のあり方も例えばアメリカは

雑魚の水産資源の問題は

どこがやってるかって言ったらノアですね

海洋気象症なんですよねえーと

農林水産のようにその農作物があって

林業があって水産があるではなく

宇宙があって

海があっての水産資源の管理

という捉え方をしていますね

EUを見てみるとやはり海王

星なんですね

改行担当大臣が近いよ地下資源そして海の水

それから液晶待機

そして水産資源

というような捉え方をしています

なのでその物事の考え方自体のその視点

というものもせの日本人の私も

もう一度考え直して

行くべきしてんじゃないかなって

風に思いますハロー

世界各国のですね

徐々に関する法律にはだいたいですね

国民共有の財産であるという風に

水産資源はっていう風に書いてあるんですね

国際的にもですね

あの人類共有の星さんである

という風に押されてるんですが

再送日本の法律に

明文化は全く実はされてないんです

ねその資源をみんなで共有している

守るものだっていう

まず体気がないっていうとこありますので

これはの我々が法律ですね

漁業法っていう今回のところに

国民共有の財産であるということを巻き込む

ってことは非常に重要だと思ってました

もう一つですねやっぱ中国悪い

んだってこう言うんですが

これ実際に漁業交渉なんですよね

お互いにどれぐらい取れる

勝手に決めるんですけども

今海外からなんて言われてるかって言うと

お前らそもそもね

個ぐらい守れてないだろうと

その立場で俺たちそんなこと言うんじゃねえと

最後言われちゃって破談になっ

て返ってくるっていうのが

今の実は漁業の問題

あのおクジラさまの西さんいらっしゃいますが

クジラも実は同じような状況があるということ

なので後で是非

ご意見やご質問もいただきたいと思っています

というわけで待っ暗い話が多かったんですが

ただこれだけ実はやっ

てないからやると

ものすごく大転換が起こるよねっていうのが

日本の子の漁業の関係だと思ってまして

世界銀行の調査ですではちゃんとやるとですね

世界で一番伸びるという評価を頂いています

後はもうやるだけということなので

まあそれにあたってはですねちょっとモデル

で頑張っ喋っちゃいけないんですけど

今でもちょっと構造

変える必要があると思ってます

何故これだけやるべきことはわかっていて

ノルウェーアメリカでもですね

しっかり儲かってると乗れる業者の平気でしょ

八百万ですけど

者会日本の漁業者の平気でしょにひゃく

ごじゅーまんですなぜ

こんなに違うのかいう事

やるべき事はもうし玄関に棘殻割りやってる

やるって事じゃなんでこれ起こったこと

結局ですね昔

水産庁は漁業者を規制しようとしたんです

もうこれまずい世界見てもやろう

と思ったですね

今度業者が政治家に駆け込むですね

取れなくなったら困る

んだ俺たちの飯どうすんだと

国内政治家がえ水産庁に怒る

英語で水さんじゅーご書けなくなる頃

三すくみがいつは怒っていたですね

今回はそれを逆流させようと思って

ご年間頑張ってきて

総理が今回施政方針演説で

資源管理やるんだっていうことを

しっかり言っていただい

たわけですが

それでも多くの政治家

動かしていくためには

やっぱりこの三者の三すくみからですね

もう一つやっぱり消費者一般の方々がこの問題

興味を持って頂いて

やっぱこれやんないと国おかしいんだろう

生理おかしいだろっていう子の外暑そうですね

やっぱり必要なんじゃない

かと思っていますのでそこをですね

やっぱやっていくって言うと

非常に重要だと思っています

嘘で箱のよん社ですね

それぞれのプレイヤーが間違うわけですけどもは

そういったことをしっかりやっていけばですね

できるんじゃないかと思っています

というわけであとごふん

ほどありますので

それぞれちょっとこういう取り組み行ってきたいなあ

という話ですね

ちょっとそれぞれ頂いて

質問に移っていきたいと思いますので

皆さんからはして言って

許さに行きましょうか

はいか高野山って

何っていう話はあるんですか

本当に日本国内で養殖と天然魚の

問題はあります

分け方はありますけど

天然魚よりよくお金にする

ということになると上手にとってきて

それを一番高く売れるとこに売っていく

これが加工やだったり

そういったところの役割になります

でこれをいかに

上手に売っていくのかっていう話になると

国内のみならず

海外の方に打ったほうが言ってしまえば

安直に儲かる部分はあるんですけれども

それをいかにその情報を乗っけて

より高く買ってもらうか

そういったことを考えていかなきゃいけない

と思ってます

そうなると漁業者の方から

いつどこでどんなものがどういったサイズのヒストグラム

になったやつが

あのどういった形で

おなかの中に網を食ってるだとか

小魚角がない体質子がどうだっていう

情報も含めて今度は格好やがかってで

その加工やがその情報を生かした上で

今度はこういう適切なトリートメントをした

その商品をもっと高く買ってもらうところに

紹介するそういった情報をつなげる

まあ逆に言うと

トレースが取れるということにもなるんです

けれどもそれが

msgの考え方の一つもなりますし

金高く親父として高く売る

ということにもつながるんだと思っている

んでそういったことをやっていきたいな

と思ってます

あれと出ます伊東さんお願いします

あの一つはですね

あの先と申し上げた通り

お客様に対する啓蒙啓発っていうことは

すごく大事だと思ってますので

私と申しますかってのが

百貨店のデパ

地下スーパーコンビニってありますが

それぞれの業態の特性でですね

お客様と接して

移行できるのは

雨百貨店とかスーパーがどこなんですけども

忘れたところで一つは食べ方の提案

調理の方法っていうことでは

消費を喚起するわするとともに

今ずっと話しがあった

これこのままいくと

魚が食べたくなるんですよ

って言う事子供たちにさらなる

っていうことです

ね負けも気がしていくっていう活動は

していきたいと思ってます

後またmscありきではないんですけども

そういった認証を持続可能なもの

これもすでにどっかのショタ

送信って慣れたしてますし

まとめば絶滅危惧のクロマグロは

さんじゅーKG以下のものはとらない

と買わ

ないとかですね

あとは丑の日のあの日本の秋ですね

まこれもお疲れ様ですね

鍵ローって言うな

形はもう出してるんですけども

まあそれ以外のことも含めてですね

これからも積極的に行っていいか

聞きたいっていうふうに考えています

ありますAUさん私たちはですね

公共政策への提言と

それからえー市民啓蒙

との車軸の両輪として活動しているんです

けれども市民啓蒙の方ですね

あのーmacmacでは成し遂げられないところ

保管するプログラムがあります

レーティングプログラムという偽これは

世界各国にある世界中に

今じゅーにプログラムあるん

ですけども国際アライアンスを組んでいます

えーとを提示してるのは

ブルーシーフードガイドと言うんですけども

これは営業所認証とは別にですね

主原料からの見てきまして

今比較的資源として

豊富なものをご紹介することによって

優先的にそれを食べていくことによって

結果ちょっとお休みをしてもらいたい

業種を守っていこうで魚って割と頑張れるので

4年ご年ぐらいの本当に

あの地球の寿命から見ると

非常にわずかな時間で

回復してくれるんですね

なのでそれを待つために優先順位として今

資源量の豊富なもの食べて行こうという

キャンペーンを振る

シーフードガイドと一緒にやっています

例えばじいちゃんのところかさんとみたいに

ですね影響力の高い方と一緒に

今パスコさんとか

京都大学さんと一緒に対して火を吐く

ダブルシフト変えたというラベルを貼って

一般に流通をさせよう

という取り組みを始めてい

ますそれから杉江家さん三重県さんとですね

包括協定を結ばせて頂いています

でそのリージョナルで

モデルケースを作っていこうよ

ということで

それを一つ成功

事例を持って

各県に波及させていくことにより

日本全体が良くなる

という取り組みをしていきたい

と思ってますから

ユーグレナ今のところは

へ日本初のACを言うぐらいで

取れという整理をして頂いて

活動してますのでどんどんですね

そう認証ですとか

レーティングプログラムに参加してくださる団体企業

皆さんにどんどん自分のこととして

とらえて頂きたいっていうのが

目標になってますはい

ありがとうございます

さんからちょっとありましたが

休むとですね

回復するってのが一番

実は堅調に上がっているのは別さんも

ご存知の通り

東北の原発事故があって

時差福島沖のヒラメが圧倒的な量増えて

常車両ができないからも

倍増どころじゃないんですよさ

今まで版に

治療をして取ってたものが

だいたいいちじかんに時間令に行くと

まみがいっぱいになるも

それぐらいで回復をしてるんですね

だいやすねもう

戻ってくるってことはよく分かっていること

なのでやれば

私たちの好みはもっと伸びると

世界に誇る第ろく位のですね

EZの俳優持っ

てる日本が殺さからで

復活することできる

じゃないかってのもありますし

他にも実は海老津で

もっと使って

アクティビティもやっていけるはずなんですが

これ今漁業権に阻まれている

こういうところがあるので

自作規制を作るところも

人手シー規制を緩和して

もっと活躍を頂ける

ようにしてくってことは

実はまだまだ課題である

ということの伸びしろがある

英文家でやりますので

是非活発な意見交換をこっからして

閉めて鍛えてます

でじゃあ会場にお寿司を慕いてます

ではいじゃあ今度行きましょうか

じゃあ左からさん人

まずはいじゃあおいで食べに行く

レーションはい海洋環境

研究会のメンバーの一人であります

あの人材の視点が大事だと思ってて

すごく悩んでるんですね

先あの声さんが言ってもうたように家も

お店は伊勢海老とかで資源管理やってます

網の上で隠しました

でも実際増えて収入も増えたりしてます

でも

そこに帰ってきません

という資源を評価したり

資源を管理する作業に

科学を入れていくための人材ってのが

特に地方においては圧倒的に不足しています

なのであれば

国としてあの

どういう風にしていこうと考えてるか

あれは海外でそういう人材育成

資源評価だ資源

管理の人材育成で

こういうのがいいの

あるよってなったら教えてください

はいあれ出しちゃお隣に住んでいるので

周りもぎょうさんの家族なんかすごく重いんです

けれどもあの今の話を伺ってて

本当にもうあと一歩だけっていうふうに

おっしゃってとっても

あのアクションは簡単な一

歩に聞こえるんですが

私なんかにすると

やはり生活がかか両さん達が納得させるて

すごく大変なことだと思っていて

それをどうぞ中長期的に

説得するっていうことをお考えなの

かっていうのは

ちょっと辛い店とかありがとうございました

あの漁業者と消費者の間をつなぐこの

流通というか昨日ですかね

その水着はですかね

あそこでなんかコントロールできないのかなって

いうなんかお魚って

漁港でこう頑張って怒られて候エコシステム加工

古く存在してるのかなと

そこら辺のこの水着は

コントロールで

できないのかなっていうのを感じ

なんですけども

ありましたさん点いただきましたで

まずは女優さんから世界の取り組み

鈴木さんの質問にお答えさせて頂きます

世界のあのにはいますエバリュエーターがいます

それではテストももうえーと

ブルーシーフードガイドの会リージョナル

三重県版を作るということになって

まずは科学者を育てる

ところから始めないといけない

というところになってに

年間頑張ったんですけれども

ここに関しては

国産の科学者はとりあえず

今のところ間に合わないので今年すいません

もうアメリカに頼ることにしました

でこちらから投資をして

アメリカので

バリエーションができるチームにお願い

をしますので

今年中にやれるようになりますけれども

そこはまだアメリカのチームに耐えられない

でもえーとを中心とする組織と一緒に

行くんで提供してやるようにします

悪くないとしてはですね

ませんとあっという間独法ですけども

ここは結構優秀な人材が揃っている

んですがここの使いようだったり

あと地域地域にある

水産試験場みたいのがあって

彼は意外とちゃんと調査をやっているので

あのはちじゅー業種の宅が設定できるだけ

飲まデータを持ってるというとこあるんで

あのそのあたり是非

実はあの沿岸漁業は県知事許可漁業

何でまさにA

今朝言っていただとに

県知事の実は

リーダー職で結構できるとこあるんである

一生懸命協力しますので是非言ってください

えーとじゃ二問目は私がお答えするとして

あの市場もしくは水際で

投稿できるかっていうのは斉藤さんから

私も二回試験はないんですけれど

もえーと

おろしの方はですね

なかなかそれのコントロール

ジョーカーのか

どうかっていうことなことだの金とかな

と思ってます

逆に私でも今結構ですとか

蟻は養殖業させて本当ですね

直接取引をしている顔の見える魚っていう間

漁業者さんのですね

あの顔が見えるあれ洋食屋さん

の顔が見えるものですね

知れるって事を増やしてます

ちょっと私も

市場のことは逆に戻すのが入ってほしい

港の方で宣言できないか

という話ですけども

大きくは二つあって

一つはあの大きな枠みたいなもんがあって

その枠のとってくださいっていうことを

いかに上手にする

のかってのは言ってあります

でに点目で

その時に取れた文は

たてば多すぎるかどうかっていう

まき網の演出と書くところで水揚げできる

数量ってのは大体1日何点取ってない皆さん

わかってんぞ

八戸だったらAごせんと調子だったら

きゅーせんと石巻だったら一セントそういう

のはまき網の人たちがわかってるで

大きいアイでいちまんせん取れましたって

言った瞬間に

それぞれの人たちがもう勝手に

じゃあ八戸にーろく先行くわとか

あの調子の方に

何席座っていう形でのコントロールはなって

手でS1日あったり

その沖合で何万トン以上とか何千トン

とれるともう

その漁師の人たちが

明日はやってやるんですよ

今あの世は高くしたいんで

それだけのものが取れるとか

荒野の方は2日文買う理由になりますから

そうすると2日

文次の日も来ないっていう話になると

高く買わざるを得ない

そういったコントロールは今の

時点では合ってるんですね

で市場の方は

入ってきたものは全部こう扱わなきゃいけない

ルールになってるんで

市場の方がストップっていう話は

基本的にありえないのと

今はその船の能力がすごく良くなって

釧路に行こうが初めに行こうが

調子に下がるはそんなに時間が

かからないんですね

だからそうなると

漁港間競争という話になって港とすると

あのそれを拒否するっていうことは

ほとんどありえない

そうなると休養した地震の方がコントロール

今はしているという形でなってる

これで送ったえなってまったはい

あの日本はですね魚に関する

トレーサビリティ法ってのないんですね

なので誰がいくらとった買って後で報告する

実は義務がないので本当見えてるんですけど

それがオープンになっていくとおっしゃるように

どこでどれぐらい取れて回ってるかってのは

それをどう止める

買ったら出てくるんだろうと思ってる

んでこれはの実はコメントを牛はあるわけ

なんでこっち来ればいいので

漁業者の現場どうセットして買った

これは本当に課題だと思っていて

実はご年前からなった瞬間

これ奨学金方式だったさん

年安前田ちゃんと生活費補助するから

休んだと思う買ったらそれ会社も

ありませんかとジョジョ

そうじゃないと

やっぱり生活かかってるので難しいですよね

って事なんですが

これは今日も全漁連っていう団体も

水産庁もそんなこと

ありえないって言い続けたんですが

なんと今年奨学金出してくれて

マグロ男件ですね

なのではこの方式をちゃんと

予算とって行っていくことが出来れば

現場の方々もご理解いただけるんじゃないかと

今芝居によってはそこにですね

少しesg投資的な考え方で

あの成長に資するとしていうことも

考えるんじゃないかって思ってますで

おっしゃる通りだと思います

はいすいません行きましょう

じゃあここさん

家庭教師はいはいありがとうございます

なんか行政と為末さんが全部悪いみたいな

それあの日頃ですね

海の上でほぼ週末生活しているとですね

陸上と随分あの調子が違うところは

いっぱいあります

二つ一つはですねあみーなんですけども

どこでも勝手に入ってん

ですねもちろん許可とってやってるんだ

と思うんですけど

港の入り口に

トラップのようにかかってるっては

普通によくあります

海外で見たことないです

こういうのもやっぱりあの女性の方ですね

やっぱり見ていくべきじゃないかと

もう一つは漁港です旅行って日本ににせん

きゅーひゃくあるんですね

国の税金で作っていて

ほとんどは漁船しか入れないです

これもおかしいじゃないかということで

是非考えてみてください

はいあれって宿題をいただきました

はいえーとじゃあ先に終わってした

お二人はあのすいませんが

乗り切ってお聞きしたいんですけど真

の日中漁業協定というものがあります

これ中国との協調性がありまして

横らのかなり大きなの

法令適用除外スイッチがあるんですね

でそうなりますと

どういう問題が起きるかと言いますと

沖縄の賃貸の方に置く

悪い方さんご精が出てきて

明らかに違法なさん個取ってるに

もかかわらず

ま取り締まりをすることができないって

もんがあるんです

こういう問題を通して解決していくのか

これはハイレベルの方に

いろんなことを保証してるんですけど

現場の方で

対応できるような

措置が必要だと思っております

私も一つは沖縄とってこの水産業って

いうのは安全保障の最前線

でもあるんですね

尖閣諸島は近くにありますから

やはりこの違法漁船という名目の中で

もしかしたらそれが武装優先かもしれない

そのグレーゾーンの部分というのが

あとできませんので

これ生産と安全保障の観点から

この文が皆白い人だと思い

ますけれども

もしご意見があればコメントを引かてください

はいじゃあ藤沢さん先で

その先はいありがとうございました

npoとして

東北の水産業の支援をキリンビールサントさん

じゅー事業者に対してやらせて頂いています

あの子と遠くの方も

あの資源管理多少頑張ってましてあの

誰ですがやってる印象

国内で初めて撮ったのは

あの南三陸の得なのか聞いでした

石巻の牡蠣の方もう今準備をしています

まるためて遠くのあの事業者水産業者あるよ

行政に対してですね

あの子の資源管理に関して

どういう役割を期待されてるかを伺えれば

と思います

さっきご紹介頂きました

おクジラさまっていう

保険関係のポケモン大のドキュメンタリー

とっても佐々木と申しません

しゃべり館にずっと住んでいて

あの子の特に保険問題で初めてこの問題

気がついたんですけども

やっぱり日本って

本当にその海外から全くこの回押し

玄関に反して全然し

ようがないとだから

くじら皮の増えてるんですよって言っても

あのイルカはもうとって

あの本当に数十分いるんですって言っても

やっても日本の政府がやってることだから

信用できないんですよ

というあの声を本当に効くんですね

だからこれはもう会国際社会から日本が

やっぱり相当信頼されてないということを

やっぱりその政府の方でも

非常にあの深刻に受け止めてですね

あの取り組んで

いただきたいなっていうのが一つとですね

あとその海外でやっぱりシーフード

その海産物ってものすごく値段が高いんですね

で日本に来てそのスーパーに行くと

あまりにも安いので

最初嬉しいなと思ったんですけど

あまりに安いので

こんな安くて

大丈夫かなっていう感覚になってきて

本当に返したの

シーフードっていうのはもう贅沢品で

普通の人が

そんな滅多に前に食べるようなものではない

という認識なんですけれどもあのくれ

やすくするやすく安ければいいという

そういうなんかこう認識っていうか

消費者の認識として

その安ければいいだけでは

ちょっとあの問題なんじゃないかなと思う

少しそのシーフードあのこれ

ほんと一緒に貴重な資源なので

貼りやすくして

そしてもう大量に廃棄されると

しかも食料廃棄

率が非常に高いですよね

なんかその辺のところもやっぱりもう少し

ちょっと消費者意識の改革

というのでは必要じゃないかな

という風に思えました

後その三つね最後なんですけど

その漁業やっぱり私も取材ろく

燃料三田市として本当に頑固ですよね

意味でも悪い意味でも

なんで彼らの街も生活も大変

あの守ってあげなきゃいけないと思うんです

けれどもその漁師さん達の意識改革

っていうのは

非常にその根本的な問題なんじゃないかな

という風に思います

特に日本は教師が多いですよね

よんひゃく種類ですが

全部海産資源取ってると言われて

いてやっぱり人により

お子さんが

本当に一緒にされた方だけじゃなくても

何十種類もとると言うな状況の中で

このすごく複雑だと思うので

その辺のなんか

漁師さんの意識改革みたいなものも

嘘の生活の保障と

一緒に必要なんじゃないかな

という風に思いましたはい

残りいっぷんちょっとしかないので

乾くの所へ行ったんであのどうしましょうか

営業交渉なったり

もしなんか家鍵があるかなければ

私の方でということで痛いところをチャット

あの家具の事はあの魚類に巻限らずですね

今日本のデフレっていうとこですねは

海外と比べると

本当に安くなってきてるとなってる

ということだ

これはあげたらですね

どうなるかっては間違いなくまぁ

需要減るの売り上げが下がるって異なりますので

はちゃんと付加価値をつけたものですね

まああの提供するっていうことと

今話し方通り

ありは酒房さんからもらったようには

三陸の海産物をしたい

ストーリーをちゃんと伝えて

こらどうしてだから

美味しいんですとかだから

この価格なんですっていうところでお伝えする

っていう努力をですね

われもしていきたいと思ってます

よかったらなんですねまるごとですねなので

さっきの話も含めて結局全部

繋がってるんですよね

値段資源管理をする値段を上げるっちゃ

ソフト売れるの勝手じゃ

その時食育が必要だってしょう

車検も必要だということで

海で魚が増えないのは

本当に取りすぎなだけだけっては

瀬戸内海だって

今度栄養塩が流れないって

こういう問題が起こってるんで森

どこをつながってるんですね

じゃあ値段を上げていくために

情報をつなげてかなきゃいけないっていうになる

と結局nttの

先輩の施工さんに忖度するわけじゃないですが

結局コレクテッドなんですよね

その情報が分断されていたり

関係性が分断されているところから

来ているの

でぜひ今日お集まりの

皆さんに繋がっていただいてですね

しかもそれは

最後に遠吠えの安全保障まで行った

漁業者やってると

横のつながりを感じて頂いて

皆さんカレーのネットワークをつなげていただけたら

いいんじゃないかな

という風に思っております

なおですね洋食の話が出来

なかったんですが

まあさんがまさにあの頑張って洋食からもう最後

流通までやってるんですけど

漁業権ってのは大変なことになっていて

農業は法人が参入できるように言って

改革やりましたが用件はまだです

ですから企業が入るとで

年間ななせんまん

ショバ代がとれるみたいなこと

が鳥取の海の日で行われていたよ

ここもしっかり改革をしていくと

世界の人口は

これからどんどん増えていきますから

日本の海は

間違いなく成長作業になる

ということだけは間違いない

と思っておりますので

真紀かも共有しながら明るい未来に向かって

各プレイヤーで是非ご

協力できればなあと思っておりますので

おけるこないとお願いをしまして

染めたいと思いますので

にじかんぴったりでございますんで

お疲れ様でした

皆さんに拍手をお願いします