日本の「水産業」の未来と課題

濃尾はいよろしくお願いします

ではの最初にですね

あの漁業について

これまであまり縁がなかった方も

いらっしゃると思いますので

簡単なプレゼンテーションで

何が問題で何をどう変えればいいのか

ということを

ちょっと最初に話をさせていただきます

蔵の日本のギャグは世界一

ってこ戦前のかるたなんですけども

元々日本と漁業がすごく強かったですね

それが今漁業が衰退産業になってで

漁村が消滅しそうな勢いになってます

でじゃあ世界はどうかと言うと

世界の距離は成長してるんですね

このあの青い線がですね

世界の漁業生産ですオレンジの線

が日本の漁業生産

大体1980年代ぐらいまでは

同じようなペースで増えていたんです

けれども世界は

その後もじわじわ増えてるのに対して

日本はぐっと減ってしまってる

手こねがの天然魚の方ですね

夕食に関しても

日本はこのように増えていたものがですね

80年代から

減少したただ

世界はこのように

年間ろくぱーせんとのペースで

成長してんですね

そしてまた世界的に見るとお魚の価格

どんどん高くなって

日本は魚買えなくなってきたんです

これどういうことかというと

世界的には生産量も増えて

価格も上がってると

明らかに成長してるわけ

なんですねこっちだかですね

国連のfaoがに年に1回

あの世界の水産業に関する

レポートを出しているんですけれども

その中で最新の2018年版の中身なんです

けれども2016年からにせんさんじゅーまん

年までの間に

漁業生産が主な漁業国で

どう変わるかといった

ものを予測したものなんですね

世界全体で見ると

あのこのじゅーよん年の間にに

じゅっぱーせんとぐらい増えます

で先進国例えばノルウェーだとか

カナダとかオーストラリア

ニュージーランドなども増えるんですが

このひとつだけ赤が大きく飛び出てると

これは日本ですねということで世界

的に見て先進国も含めて

魚魚は成長している中で

日本だけどの衰退してるということですから

漁業が衰退してる日本の国内だけ見ていると

漁業って未来がないとに見えるんだけれども

むしろ世界的に見るとそれは例外なんですね

電話の日本の漁業が衰退してる話をする

と援用の漁場が失ったからだよ

日本は外に取りに行ってたけど

超200回失ったからだ

よって話は出てくるんですけど

それだけではこちらが沿岸漁業ですね

日本で沿岸漁業の生産量も

はちじゅーえんだから直線的に減って

今このまま線を引いていくと

まそう遠くない

将来ゼロに近づくはね

そういったペースで減っているということ

つまり日本国内の生産業

最も深刻な影響を持ってる子ですね

じゃあ何で世界の漁業は成長してて

日本の漁業は衰退してしまう

これはの漁業の政策の問題

というふうに理解することができます

日本の漁業が景気

が良かった1980年代までは

公海自由の原則というのがあって

よその国って

好きな理由とかなと出たんですね

ですからその当時

日本は魚を取ると

デスクのどんどん大きくして鎖国ね

特に途上国を中心に

漁業が盛んではない国に

自由に取れる子がいっぱいあったんですね

そういうところを積極的に開発しで

取れるだけ取るという

そういう漁業行ってきて

まあ魚を早く多く取ることに関して

日本は世界のチャンピオンだったわけです

そして世界一の漁業国になったんです

けれどもあのはちじゅー

年代から世界各国がですね

200回の排他的経済水域を

設定するように話した

これはの国連海洋法条約というもので

にひゃく階までは

そのその国が

沿岸国が排他的に使える

という権利が認められたからです

そうなるとどうなるかっていうと

よその国の漁場に家見に行けなく

その代わり自分の演歌の200回に関しては

きちんと漁獲

規制をして持続的に利益は出せる

そういう漁業が育ってきたんですね

そしてはちじゅー

年代から世界各国は

この新しいちゃんと残して価値を高めるような女

そういう漁業に切り替えて

切り替えるのに成功した

国から漁業が成長産業になって

残念ながら日本は未だに切り替えホッケです

昭和の時代ホッケと言うとま安くてね

大きい魚の代名詞でしたよね

お魚からはみ出すようなホッケ

僕も学生時代

お世話になったものなんですけど

皆さん猫のお皿からはみ出るようなホッケ

を最後に食べたか思い出せます

多分ね最近食べてないと思いますね

それもそのはずで

この青い線がホッケの漁獲量なんです

けれどもこういう風に直線的に減って

今ほとんど取れないところまで

減ってしまってんですね

こっけがどうして手が減ると

あの赤い線が値段なんですけど

お値段が上がるということで

今やホッケは大きな他に

北海道でもなかなか手に

入らない高級魚になってしまってんです

そうは言っても

コンビニでも売ってるよねと思うんですけど

この方法コンビニで売ってるホッケは

現在を見てもらうと分かるんですけど

しまほっけって書いてあってね

日本の保険ホッケーなんです

このしまほっけは電話して聞いてみたら

アラスカから来てるということで

実はその日本の毛がなくなって

アラスカやロシアのホッケが混むよ

誰でもそれって

我々消費者はなかなか気が付かは

こういた中で

その消費者には問題が気付きづらい中で

例えば声農水省が

漁業者にとったアンケートなんですけど

業者つー割が

資源が減少して増えてると答えた

漁業者れーてんろく

ぱーせんとっていうことですから

まあ漁業者の総意として

魚が減ってると家と思います

でじゃあそのノルウェーとかね言うとか

もうすでに漁業改革を行って

漁業成長産業にしてるような国

何をやってるか資源管理と

マーケティングこの二つなんですね

前回というのは

あの借りられた時刻のEZから

安定的に生産を引き出すには親ちゃんとね

卵を産ませて次第お伝えさせていただき

とりすぎないことが大事なんです

多く取ることよりも親をちゃんと残す

その為に独立が科学的な説明とをやっ

て漁獲量モニタリングしましょうと

帰省しましょうって

そうなると自ずとねとれる

魚のよって借りられてくるんで

じゃあ魚の価値をどこまで高められるんですか

っていうことね

この資源管理とマーケティング

これが本来あるべき漁業政策の姿なんです

今日はこれからねあの最後なん

ですけれども

あのこちらにいるリストの皆さんと一緒に

日本の漁業の現状どうなってるのか

そしてまたこういった種ことを日本で

どのように導入していけるのか

といったことを気にしていきたいと思います

では早速に移りたいと思いますが

日本の漁業一体どうなってるのか

なということ

あのなんつねの

モンスターの羽田市場という会社で

日本全国の浜の業者と直接

取引をしてらっしゃいますので

日本の漁業に詳しい方なんですけれども

日本の漁業の現場衰退は

実感としてありますかそうですね

あのー沿岸とまた沖合の漁業とですね

よくその方との差

はあるかと思うんですけど

まぁ特にあの離島の方とかですね

マトリとのことたくさん来られてますけど

非常にもその島に市場がないということで

結局一日か経って

例えば津島だったら福岡の市場に運んでる真央

近隣の港より1日古くなっちゃうんですね

そうすれば値段も

つきづらかったりします

しま氷が溶けちゃってたりとか

物流上の問題も起きたり

非常にそういう所っていうのは価格形成上で

ちょっと立場が弱いするかですね

ゼブラと次の問題であるとか

後でプリ局学資県松島の両さんなんか聞くと

特に釣りの両さんなんかはじゅー年前の

1/3しか今イカ釣れない

今年も剣先イカとか全然取れないんですね

車アプリ資源管理の問題が

非常に大きいと思うので

アーモンド副業ってのは何の取るところから

もう郡までもうを複雑に行こう

絡み合ってもどこか駄目なのって

全体的に日本の夜這い問題があるので

絡み合った

ところほぐしてかないと

なかなか上手くいかんじゃないかな

と実感してますと子供魚が減ってるし

売るほうも高くならない

っていう仕組みがあって

まぁどっちも変えていかなきゃ

いけないですよね

じゃあのうすいさん

あのマグロの漁船の戦車なんですけれども

あの虫さんはあの大西洋

や南半球などね

結構漁獲規制が厳しくなった

マグロも取られてるんですけれども

その漁獲規制始まる前と

後とで漁業ってだいぶ変わりました

かはいあ始めました

あの薄いと申します本日宜しくですね

我々の遠洋マグロ漁船はですね

今のにじゅー年前と比べてにじゅー

年前に約

ろっぴゃく席よんにありました

今現在ひゃくはちじゅー数席しかありません

なぜそういう風になったか

やはり漁獲規制とかですね

そういうのがあったので

そのかなり席数が入りました

ただの今もですね

ぜひ続けてるのが現状ですが

規制っていうのは

その最初は我々まこ今日何

でもいいですよねしゃべってね喋ります

最初水産庁にこういうふうに

まず魚が減ってきたんでが

世界的にありましたね

減ってきた状態の時に

その体制をだとすいません

ちょっとあのあれですね規制かかって

そしてその頭数このままいくとそのですか

私は緊張して申し訳

ませんあのこのままいくと

そのなんでそうなるんじゃないかって言われて

それでは登ら工学会提案したんですね

僕はてきたので

それでこのままだとまずい

みんなで帰省をしっかりやりましょう

ということなりましたちょうどいいですね

まず水産庁が

まず我々がまず襟を正そうと

日本がまず襟を正して

それから海外の不正やってる人達にも

厳しくやっていこうということで

我々もそれを飲んでですね

やったんですけども

しかし今ですね

やってんの日本には厳しくしてるけど

海外から入ってくる者に対しては全然厳しく

やってない海外は厳しくないですか

そうですねあのまず

日本に関しては後からもいますけども

日本の我々は

どういうふうに決めたかっていうと

まずパックが国ごとのたくありますよね

そのタンクを決めたやつ

よんせんえんごとに全部振り分けました

一夕に何ていう大臣許可できますよ

それに取った魚に対して1

日毎日通し番号入りのタグをつけるんです

出口はの電子タグという中に

電子チップが入ってるやつまつけてます

そういうやつを通し

番号いち番から何月何日何キロの魚は

どこで釣れましたっていうやつも含めて

毎日水産庁に報告する義務があるんです

これを水産庁は義務化

しましたで

さらにそこに法整備ということで

一匹でも仮にいちキロ

でもオーバーしてしまったら

その我々金庫鍵がある

さらにその上の方の漁船のライセンス

会社ごとの全てのライセンスを取られるという

厳しい法律まで作られたですね

そのおかげで

我々もそのリスクを冒してまで

その違反なんか

お母さん犯さないようになりました

それは何年ぐらいですかそうですね

このじゅー年ほどぐらいまでですかね

その前はどんな感じ

お前は正直言ってやろでたらめてましたので

これを言うなって言うと

あの組合から来てるんですけど

家も出たもう1回高まりました

したらそれはあのうちの台の時

口が黙ってるわけで

私がまずいって言ったらこれ頭ですね

決まってはいましたけども

漁獲枠タックも全てみんな今通り

今の通り決まってました

でも皆そのまま持ってなかったんですね

守ってなかったし

水産庁の方々も薬髪の形も来られ

てんですはいはいはいすいません

やってましたけども

しっかりそこまで見て

なかったっていう現状がありました

だからですね

確かに取りすぎてたから入ってきたんです

取りすぎてから減ったんだけども

漁獲枠をみんな決めてヨーロッパにあったという

その国際機関があるんです

けども底もしっかり時刻

各国のそういう輸出も

漁獲も全て厳しくやってるんですね

そのおかげで

今大西洋のクロマグロは

資源回復してきたことなんだと思います

ちょっとあの説明しますと

クロマグロも大変

お湯太平洋クロマグロと大西洋

大西洋クロマグロがあるんですねで大西洋

クロマグロの方は漁獲枠は決まってたけど

どの国も守ってなくてますの

漁獲枠の何倍もの漁獲がということが

追加の調査で分かってきてます

そういった中で厳しい規制が入って

今は資源が回復してきてるんですね

鉄砲であの日本国内の多くの資源は

その規制が行わ

れる前の大西洋

クロマグロと同じような状況にあって

なかなかその魚もヘルシー

数少ない規制も機能してない

ということになってます

もうあの日本の魚で

背の魚を集めるという立場からも

どんどん難しくなってきてると思うんですけど

最近この魚を集めのが

難しくなってる女子と

かってありますかそうで

サクセスをおっしゃってたら

まあ特にホッケ参加ももう本当に航空米

いちKGは北海道の紋別に工場持ってるんです

けどママ舞浜の買参権を持っていて

毎日seriaってんですね

それが今ろく年前にせんとんとれたら

保険が紋別だけで今ごじゅーえん

しか取れないですよ

年間も全く取れない

戻れないか取りに行ってないってのも

あるんですけど

今角田買ってるんだけども

それぐらいで

いちいちキロでいくらになったかっていうと

もともといちキロななじゅーえんぐらいでさんが

今にせんごひゃくえんとかなかったですね

本当に行休

行になってしまったらしい

ホッケの俺過ぎた時に

ホッケをみんなすり身の工場ですね

スケソウダラ取りすぎて

好きそうがいなくなって

今度法花鳥屋して保険いなくなって

すり身の神様ですね

かまぼこの原料なくなって今廃業

うちの近辺の工場もみんな廃業になりました

作用ても

潰れましたので非常に行こう

冷凍京都嘉間良日じゃなくその方

鮮魚として

お刺身で食べれるような

魚も小型化してですね

あの価格もまあ

減ったのわかってないんですよね

さっきもいいか1/3には減ってるんですけど

者さんになってるかっていうと

そうではなくては非常

にただ現場的には

集めづらいことにはなったので

もうちょっと前までは

動物園のアシカの餌とかになってますよね

また畑によって欲しくて

あのオットセイが好むんだそうで

そういうもったいない使い方をして

違う潰してしまった部分がありますよね

あとあの日本海のスケソウ

ダラがにじゅー年ぐらい前に潰れた時に

あの水産庁の方が

これか補強取るように指導したんですね

でこれで次はホッケかな

と思ったら案の定

保険がこういう風になってしまったんですけど

最初の規制が無い中であるものを

順々にとっていくと

順々に資源がなくなって

しまうっていう

そういう悪循環になってしまいますよね

一方でその海外は

国連海洋法条約っていうのができて

にひゃく階の権利が入ってから

あの結構国の漁業の仕組みを変えてきた

んですけども

その辺りに詳しい坂口さん

ちょっと二百海里ができた前と後とで

海外の包帯

ケイトの変化についてお伺いできます

かはいえーとね家帰りたいせい

あの正確には

1982年の国連

海洋法条約で決まったんですが

実はもうななじゅーなな年には

世界は二百海里に移行していましたぜ

日本と海外の違いはどこにあるかっていうと

海外代理を指定した際に

漁業資源管理フォアリア

漁業資源を保存法とかですね

そういう法律を作って

やっぱり指定して

その車で狭い了解から一気に広がったので

その大きな変化の資源を持続的に管理して

行こうってしかも舵を切った

もちろんそれ再生うまくいった訳じゃなくて

なんか口も来たんです

がそこは段階的に管理を強化して行って

今非常にお米と

資源が増えている状況にありますね

日本は二百海里を指定しただけで

進化のための法律を作らなかったんですね

二で広い公開で

多くの日本漁船が旅客をしていたのが

真にひゃく海里過去がしていたことで

追い出されていって

そういう風には

日本にをもう少しで

行くことになったんですよね

何が起きるのかなんてわかりきってることです

でも何も手を打たなかった

でも白い会議で

外務省から来てた人がもうにひゃく回で

朝食がたいんだから

これをも日本としても受け入れて

国内の漁業の再編成を進めるべきだと

水産庁に出たんですが

いやそんな事に量り売りいるなんて言ったら

もう端のする続いたようにですね

非難を浴びることになるんで

とてもできないとは

どうせにひゃく帰りになるのは分かってるけど

まあ分かってるんだったら

まあそれは受け入れ

ずにですね

シネマもろともで声でありませんかと

外務省にテーマ

最後まで受け入れずには200回になって

国内の漁業の再編成もやらなかった

ということなんです

そこがもうそもそもの原因の始まりで

咲き方が違うグラフで見ておりますから

ずっと直下直線的にこういう表紙

原画営業だけの映像の推定だけじゃなくて

いいの友情も含めて

衰退し続けるということが続いてきて

今に至ってるということですね

了解ですね今ですね

目標年限を決めて

MSはいって言うで線最大持続生産量とやる

長期的に漁獲量を最大化できる

持続的に最大化できる

水準にマシンを回復させると

喧嘩に行っていくっていうことをやって

ですねで各年度毎年のようです

今目標にどの程度達しているのか

という進捗状況もweb上に報告しています

連れて目に見えるような形に

国民の情報を公開して

資源管理を強化してってるってのが欧米

の状況ですね

時刻のね200回の水産資源

生産的な状態に維持するっていうのは

国益に適うことであって

当然精査してやるべきだと思うんですが

政治の世界では

なかなかそういう形にならなかった

今ようやく動き出したと思うんですけれども

政治が何でこんなに時間がかかっ

てしまったのか

ちょっと平先生

そのあたりを

衆議院議員の平ですよろしくお願いします

私もですね

あの内閣府副大臣の地方創生の時に

いいですねこのあの

漁業の問題ということに

取り組み始めたんですが

それまでは何て言うかね

やっぱり行こうステークホルダーっていうか

ちゃんと

その地域で応援をしてくれる人たちのことを

代弁をするのが

政治家の役割みたいなところがあって

全体的にマクロで管理をしてて

全体的成長をさせていくっていう

たぶん意識が低かったんだろう

というふうにあの思います

それと中で

私戦略特区とか地方創生さん年前

よん年前ですね

四年前からいち年間行った時もですね

小泉進次郎さん政務官手伝ってもらいましたが

例えばその牡蠣の養殖のですね

漁業権を割り当てるという

優先順位も細かく決まってるんですよね

それでそれがもう全部埋まってて

活況を呈してんならいいけどちょうど東日本大震災

があってですね

復興の道の中で

新しい試みをやろうって言っても

そういう細かいその基準が

全部決まっているので

なかなか新規参入が出来なかったり

参入しようってしてるしてる人達もですね

ご年毎の改定で

順位がより上の人が上の人って

誰かって言うと地元の漁業と

か地元の漁師さんなんですけども

その人たちはご年後には俺やるって言うと

ですねそこで免許が途絶えてしまうって事で

イッパイなんていうのかな

経済の理屈とか

当社の理屈が効かないこともありました

ですかこれも全体に言える話なんですけど

一次産業については

ですね成長戦略とかですね

経済政策的なやっぱり思考がすごいわかったなあ

ということとあと言える

ステークホルダがたくさんいたということは

できるだけ現状変えたくないっていう人たちが

政治的にパワーを持っていた

ということだと思います

ただあの構造的に考えるとやはり変え

なければいけない仕組みがありますよね

世界の漁業のルールが変わった以上

日本も変えなくてはいけない

そういうその国家レベルでグランドデザイン

お水さんに対して関して

議論されたような

事っていうのはありますか

あの私あの子のご案内いただいたですね

じーあんど水産の

ご案内いただいて

出血出す前に

何かもパネリストで入ってたですね

多分グロービスの人は

何か魚市場市場って

平さんだよねって思ったんだと思って

私八百屋なんで

魚やだとちょっと思ってんじゃないかな

と思うんですが

まあまあでも一応入ったので

一生懸命やりたいと

思いますがただの

この国会でも出してるんですよで

阿部さんもですね

総理も所信表明で水産業に触れました

で私は地方創生の観点からいくと

アベノミクスグローバル経済

家のとこはうまく回ってるけど

たたり効果での限定的なんで

地方経済協力しなければいけませんね

っていう

第二フェーズに入ったわけですよね

ジョジョの第にフェーズっていうのは

まあ高付加価値化とか

日本にいながらに会場とかなんですが

観光とか一次産業も受かるようにしましょう

それで一次産業ま農産物なんかですね

果物何か言う人

産業化とかいうやり方があるんです

が水産業の答えは

無資源管理しかないよねって

多分皆さんこれ共有している

という風に思います

ですからそういった意味でようやく

資源管理をしなければいけないし

ご年前から議論してるパックとかですね

IQとかですね

ようやくそういう言葉が

漁業法の改正という何十年

ぶりの漁業法の改正のど真ん中に入れると

アタックは基本ですね

耐久もそれを原則として考えます

ということで

大きな転換にこれからなってくんだと思います

ですから飯だ

資源管理っていうのは

ちょっと何て言うのかなか

塚田さんは非主流

派みたいな感じてきたけどあの

だんだん越流になってきてですね

大きな流れは資源管理タックIQとかですね

そういうよく訳のわかんない

優先順位はなくしましょうってなってきてで

これから大事なのは

本当に資源管理が公正中立にできてんのと

水産庁のプレッシャーに負けてないとか

あとこれは振り分ける

時に大問題になりますからIQはですね

その時にちゃんと国家の戦略として

公正な仕組みができてるかっていう

これからまさにこの改正が

この臨時国会で通ればですねえ

まさにその運用の部分に入っていく

ということなのでまずいですね

この法律とったらたぶんこことこことここ

とここが問題になるからよく見といてね

手間河野さんもいるし小林さんもいるし

自分時間もいるので

その辺をよくあの指摘をし

といていただけると良いかなと思いません

ちょっと補足しますと

というのが旅客の上限ですね

この魚は何とん

とっていいですよっていうそう

いう旅客の上限ガタックです

このタックを今

日本はなな行しか設定してないんですけど

早いもの勝ちなんですね

だから誰かが取っちゃうと

他の人が取れないっていう風になってしまう

んだけれども

それじゃ不公平だということで

決まったタックをあらかじめ個人に配分して

おくのが世界で走るやつですね

それがIQという仕組みですいますのIQを

日本も国として

きちんと導入しようということが議論されている

わけなんですけれども

じゃあその日本第七女子今

クロマグロ含めて話になったんですけれども

はち業種のタックが漁獲枠がですね

1997年から入ってるんですね

じゃあそのはち行詩

どうなったかっていうと全然良くないで

なぜかと言うと

その頑張っても

酉毛皮漁獲枠が設定されてるの

例えば今サンマが減った

減ったと海外の乱獲だということで

騒いでますで

日本はサンマの漁獲量じゅー

まんと切ってる

んですけど日本が国として

日本の漁業者に配分してるサンマの漁獲

枠ってにじゅーはちまんとなるんですね

ということで

全く規制の体をなしてないんですね

じゃあ何でこういう大きな枠になっちゃう

かって言うと

どうしても漁業者とした

取りたいだけですよそういう鳥飼

漁業者に実は

化学が配慮してしまってるって言う

問題があって資源評価の段階でね

そのタックを決める段階で

非常に強い政治的なプレッシャーが

かかってしまってね

これはあの資源評価そのたっくんね

旅客枠を決める団体が水産庁の管轄で

水産庁から委託事業でやってるのでま

どうしても

そういったな

プレッシャーかかってしまうかなと思います

これは日本だけの問題ではなくて

ヨロッパなんかでもそういうもんだ

過去にもあって

だから科学と

業界や政治と独立させなきゃいけないって

形になっていて

その資源評価をする期間っての風

独立の場所に

あってそこはもう資源のことだけ見て

漁獲枠を計算すればいいですよって

立て付けになってる背中

日本でもなんか

そういう形のことする必要があるかな

と思うんですけれども可能なんですかね

あの私の問題意識はその地方創生やってる時

さっき言ったように観光とか一次

産業を儲かるようにしなければ

地方創生はできないと空アベノミクスと調整が

両方丸様なって

日本は持続的な成長軌道に乗るとで

その時に何て言うのかな

やっぱり一番協力的でなかったら

水産庁ですよね

それで私もいろんな内閣なんて

いろんな役所と交渉しますけどまなん

だろうなあの嫌な感じやな感じなんですよ

何ていうのこう慇懃無礼というかね

あのこうでこうで

こうでできないんですってんだけど

もうお前やる気ないだけだろっていう話で

そこで今のね話で行くと

一番大事なのはですね

これちょっと事務次官よく聞いといてね

あの水研

センターってのがあるんですよ

水産庁の下にねシンクタンク

例えばクロマグロだと

太平洋のクロマグロだと

いろんなキロありますよね

店営業コントロールすれば

その業界紙原料が復活するっていう議論といえ

いやお家を見に来るやつをまき網でまるまる

とっちゃったら駄目に決まってる

じゃんと言う議論と寮はあるんですよ

正直私分かりません

専門家じゃないからだから

水剣戦隊に店営業コントロールしたら

今度閣僚が復活します

っていうシミュレーション持ってたから

それに加えて

親業をセーブしたら

どうなるかっていうシミュレーションを計算して

持って来いってた

んですね内閣府の副大臣として

地方創生担当だ

そしたら生研センターの係は

そんなのすぐできますって言って帰ったんでしょう

栃木の日水産庁が来て

いやいや元のデータが条約

高国際委員会の枠組みでもらってるデータだから

目的外使用はできませんって

言うんですよねで

もそれいやる気になったら

できるだろう店じゃないですか

全く違う目的会じゃないわけですから

力ここでですね

大事なのは

水圏センターを

水産庁の支配下から独立させること

なんですよそれ言ったんですね

昨日おとといか水産庁がレクに来て

どうなってんだ水研センター大丈夫

ですも独立性を高めました

でもそれを運用高めただけであって

ガバナンスも水産庁のOBが入ってるし

お金の流れも何も変わってないんですよ

だからここはね

あの小林史明さん

今日来てるけど

自民党の行革本部河野さんのいる時

一番パワーんだけどまちょっと外務大臣に

取られちゃってるので今塩崎さんなんですが

彼が事務局長なんですよ

だから9水研センターの独立性をちゃんとね

もう1回ちょっと評価担保するためにですね

これちょっと頭でしっかりやりたいと思います

事務次官もそれあのそういうことなんで

協力をしてくださいではの

ちゃんと帰省したら

どうなるかっていうことを

ちょっと考えていきたいなと思うんですけど

坂口さんこの山でアメリカにいらしてて

結構アメリカも漁獲規制やってますよね

向こうの資源とか

漁業とかってどんな感じなんですかね

今あのアメリカ西海岸東改田また

アラスカ沖とあるん

ですが非常に厳しく

天井は私はの魚釣りよくやるんで

太平洋に釣りに陸っぱりで行ってたんですけど

まあ去年は前橋が全く釣れなくな

そういう状況になると思う前は斤量ですね

これらの目標のmsy水準

っていうのを決めて

さらに限界管理基準値っての決めて

これ以上絶対

下げない由来も決めるんですね

でそこに近づいていって

あれはそこを割り込むとは

アメリカの声も一気に金糧にしてしまいます

でそういう魚を取り続けるよりかも

あそこは記入して

他のもっと資源を取ったほうがいい

ということですね

日本のバイクのグラフになったホッケ

あんなに減り続けて撮り続けて二個ですが

アメリカではこれは起きない

それでアラスカ買収

憲法で持続的な支援

管理が規定されてるんで

そもそもは乱獲

何て言うことは

州政府としてやろうともしないと

卵殻が短期的な利益になるんですけど

長期的には衰退がいないわけ

ですねもう分かりきって

部屋の話も邦楽バンドかつかさんと同じで

大胆というか非主流派なんですが

今日はngoの方々もいっぱい

いらっしゃると思いますが

資源管理うるさいんですが

乱獲するんだってうるさいんですね

もみの耳が痛くで

タコができるぐらいになってるかもしれ

ないですけどあの時持ってない実話の共通点

反省の情が入ってる

このうるさい資源管理業者にとっても

長期的に一番利益となるポイント

また業界にとっても

長期的には

一番利益となるポイントなんですね

もうこれについては

欧米では了解が得られているんで

くだらないバトル

は発生しないということですよね

これで企業も負けてる

さらに大手水産会社のですね

欄隠された魚とか

ありはブラックなような魚

何て扱わないよ

それ先のグラフで

あのボケがあんなに金減って

あんなに値段上がるという

面白いオクラがありましたけど

ああいう状況になると

いいですね資源枯渇してれば

通常採算が取れなくなってきて

みんな良い車両を自粛するようになるんですけど

何で値段が上がってるんで

あの量に出てもまだ採算取れるんで

ちっちゃいほっけしかいない状況で

必死になって

取ろうとしてしまうわけですよね

欧米の場合はマーケット

がそういう魚買わなくなっちゃうんで

無理して取ろうとしなくなる

操作資源管理も

やりやすくなるいう

風になっていくわけですよね

あのここまで雨に負けてない

これ出てこなかったんですが

実はの政府は

漁業者の資源管理とマーケットってな

連動していてマーケットが安い

魚屋つね乱獲された魚を喜んで

消費者も含めて調達したり

勝ってる状況では支援課には難しいし

真面目にやってる業者がひどい厳しいです

モードでやってる激やせが

バカを見るって言うな

ところも出てくるんですねそうですね

はいそういう形で

あのちゃんと未来につながる魚を

応援していくって

消費者も含めて

応援していく必要があるんですけれども

そこで問題になるのがこのに部で理論下げ

トレーサビリティが

日本では非常に不十分であるということね

ただその魚が

一体ちゃんとした漁業で捉えたのかどうか

花壇隠されてきたのかってなかなか

消費者だけではわからない

という問題があります

あともう一つは

あの漁業者が反対するんですけど

規制に対してね

つまり今でも生活厳しいのに

この規制までされた

やっていけないっては

当たり前な考えだと思いますその海外でもね

例えば喉がややニュージーランドが1980年代

いち早く厳しい自然界の導入したんですけど

その時にどっちの国も業者大反対したんです

でも国民よろんがちゃんと来て

お城って言って

資源管理を着て

お湯が出られちゃったんですね

そしたらご年もしないうちに

儲かるようになって

今いくときゅーじゅーごぱーせんと

以上の漁師が自然界の当たり前だよねって

日本は漁獲枠ないの

信じらんないって言うんだけど

やっぱり最初は皆反対なんです

ただバスの成功体験ですよね

きちんと規制されて

いつ行っても魚が取れる状態っていうのが

漁業にとってもプラスになるということは

こういったよう

なことをね

あの広めていけば

あの現場の賛成も安くなるのかなと思います

じゃあお願いします

クロマグロ体重喜ぶのは確かにですね

送信かによって

資源は増えてはきたんですけども

マグロの世界の場合だと

さっきのホッケとはちょっと違うんですよね

資源管理我々しっかり

やったやったんだけども

値段が未来マグロとかだと

逆に半額になってるんです

なぜかと言うと

資源の個体数はすぐ増えてきました

個体数は増えてきてるけど

脂の乗ってないそのがりってんですよね

我々の世界では

赤身の魚全く餌を食べてない

魚ばっかりやってん

ですか外で魚は天然魚は安い

逆に高くなってきてんのが

養殖蓄養業ですね

その竹葉の私は

洋食は悪いとは言わないんですけども

そのぐらいでモスが増えてきてるからです

けども我々の漁船給料が

なぜダメだったかって言うととりすぎたからです

取りすぎたから席つー減り

ましたねセキスイハイム

床が何が増えたかって言うと

海外の大手商社による海外のベニスとか

その優先がたくさん増えた

それと洋食がすごい増えてきた

海外での養殖が増えた

大西洋と地中海とですね

そあのメキシコの方では

すごい楽しく漁業

すごい増えたんですけどもドライ

キャットとかそういう期間がすごいうるさいんで

あっちの方ではしっかり川西ようになりました

地球をもそれが

今度はちらのしっかり厳しくなったおかげで

今度日本の方に腫瘍が写ってきた

今日本での地球をのいけず

なすごい非常に増えすぎてる

そのせいでその魚の流通ですね

その脂乗ったトロの魚が

そっちばっかになってるんですが

戻りましたかな話も出てますね

大きくとっては取ればいいじゃないかと

いいんですその人たちは

まき網の人じゃないかって言うと

餌として使ってるからミンチにするから

いらないんですちっちゃくていいんです

それで

世界中で今その次黄色の下に諦め

とかのすごい増えてきてるんです

そのせいでそのなんですかね

天然魚がますます減るという

養殖のやり過ぎによって減りすぎてるって言う

そういうのもあるんです

だから全てのその遠洋漁業だけとか

近海漁業だけを規制するんじゃなくて

全てのバランスをちゃんと考えて

帰省しないと駄目だっていうことなんです

あともう一つ

ちょっと言わしてもらいたいんですけども

よくあのngoの人たちとかも

そういう感じでも言われるのが魚を魚

二世帯に世帯にいって言われるか

私はいつも言ってんのは誰か良い人が

大事だって言ってんで

我々は魚魚魚取れなくなれば

漁業者等の範囲をします

魚とともに我々生きてきました

うちの会社は私ご代目なんですけども

ずっと大罪東京行ってきました

そのためには

私はこれからは

魚を持続的に使っていかないと

次世代にこの会社も私の

産業物干してけないんじゃないかなと思って

今macですね

macの申請のうちは

いま自転した途端にしております

志望の基幹産業っていうのは

やはり皆さんもご存知の通りに世界各国ドコモ

第一産業なんです

日本の第一産業だんだん衰退してきてる

これは気仙沼もそう

ですけども私もそうですけど

よっていうものがだんだんだんだんが減る

午前が減るとそれに関係する野菜屋さん

仕込みはさんごー羽さん

そういうのはどんどんどんどん入ってくるんです

そういうのが減ると

結局業を支える産業がなくなるなら

そこもしっかり支えていくって

ことも私は

大切かなという風に思ってます

ただやはり根底となる資源という土台がないと

その上にきちんとした産業は

成り立たないわけですねんだから

魚も持続的だし

漁業という産業で

そこで生活しても

生活も持続的ななきゃいけないわ

多分これってその二つをね

持続的に鈴鹿ギガ

資源管理かなと思うんですけど

それをですねするためには

やはりその我々は牛乳ですよね

地獄の鍵だけやるんじゃなくて

輸入入って海外から入ってくるもの

綺麗なものとか

黒いものたくさん今日本に行くと

どこの誰が撮ったが

全て分かるように

世界的に主流になってるけど

日本では誰がどこで撮ったかわからない

そういうものが逆に終了になってきてる

回転寿司も含めてですね

そこをちゃんと流通

大手商社の日立も

今日来られるかと思いますけども

どこの誰やと

自分の子供に食べさせられる家族に食べて

堂々と食べさせれるようなものですねその

流通に乗せるという

そうゆうちゃんとモラルをもって

日本のマーケットもやってないと

この先日本の食ってもの自体が

駄目だってんでしまうんじゃないかな

海外だと特に欧米だと

マーケットがグレーなものを締め出すと

結果として

日本とかに流れてきてるって

言うところはあり

ますか坂口さんあのお米で家ですね

まあアメリカというは

合法性証明っていう制度を導入していて

輸入水産物については

それが合法的に撮られたものである

っていうこと政府は証明する書類がなければ

そもそも輸入できないですねこれ

逆に言うと世界の一大マーケットである

日本輸入国として第にいいですね

日本は水産物で

日本はまだこれやってないので

欧米で買ってくれないような怪しい水産物は

どこを目指すかって言うと

当然日本であるということですよね

今相生営業っていう違法漁業ですね

日本のにひゃく海里以内に入ってくる

いろんな国の

船の問題は注目を集めていて

水産庁もこれはなんとか取り締まる

音いうことで

海上保安庁とも協力してやろうとしてる

んですがまたふぉーで海外で違法に取られて

あるいは合法性が確認できない

水産物を排除するという取り組みについては

まだだいぶ遅れてる反応も遅いと

いう気がしております

で国内でせんえん管理を強化していくのに

これから汗が引かれやすいものが入ってくる

となんか国内旅行業者が

馬鹿を見るんじゃないかな

というほどちょっと僕が懸念するんですが

津市鍼流通も含めて

きちんと透明性を高めることと

規範を高めて

いくねこの二つをやっていかなければ

いけないんですけれども

でそこであの今回よね

国会で意味があるアウトプットが出てくるのか

どうなのか

そのあたり平先生から痛いと思って

先ほどいましたけど

漁業法の改正っていうのも

何十年ぶりということでで

これは漁業法等の

基本なんですよね

そこにさっき言った拓人階級とか

資源管理原則ですよ

ということでこれ第てん日だと思います

これ多分斎藤健さん

農水大臣もはじめ

農水省水産庁

かなり頑張って行った結果

だという風に思います

漁業権の付与の順位などもなくなりまし

今まではその魚を捕る

能力に着目をしてきて押してましたが

今度は資源管理資源量というところに

今帰るということなので

大きな展開になると思いますね

あと今のさっきの議論だよ

思ったのはそのまトレーサビリティ

たぶんこれからどんどん厳しくなるし

あの一方でですね

AとGわんではもう有名

なgpifの水野さんがesg投資っていうの

この日本に根付かせましたよね

結果火力には優秀つかなくなったわけですよ

dsgって投手のりくとだけど

企業の側はエスディージーズですよね

UNのだから

そのエスディージーズのサステナブルな水産資源

というものにコミットしないと金融

が回らないって多分なってくんですよ

だから国の規制とかグローバルの基準

どうやるかっていう問題と

大きな世界の潮流である

esgsdgsっていう流れから

消費者が峻別をするってことにもなるんだろう

というふうにあの思います

注意しては

その漁業法大改正でで問題はです

ねこれ奉仕話題転換ですね

本当は僕はよくやったなとこわずか

この数年でと思います

ただ上様ですよねうんよ

だから本当にフェアな資源評価

本当にフェアな割当てになる

勝手なこれから見なければいけないし

ステークホルダーたくさんいるんで

混浴ミナケア政治の役割はとはいう

ものの大転換の時には

財政措置をしてやるっての方が

大事だと思っていて

先ほど言った

海外の事例は

資源管理をしたら最初

やっぱり取る量が減りますからきついですよね

でもその後管理してやるんで

その量も単価も増えて

儲かるようになりましたって

事例があるんだっ

たらきついとこは

ある程度補助金なりなんなりでつないであげる

とでもその先に儲かったなら

一部お金返してくださいよっていう

複数年度をスコープしたま

新たな仕組みみたいなものをですね

入れてもいいかなと思ったから

その水産庁とは農水省なんか

やっぱりなかなかそういう

お金取る取れないですから

これを受けな文脈の中でも

壮大な社会実験になるわけなので

そこはちょっと政治家としても

政治の皮がですね

少しそういう知恵を出す人がかなと

思いますよ今日の現場にですね

これまで話されたような

政治の漁業政策を大転換みたいなもの

は降りてきてますか

全く降りてないと思いますよね

そもそも俺が取って

市場に今朝ごじゅーえんで売った魚が

何でスーパーでよんひゃくえんで売ってんだと

その流通の軽の巣が

やっぱり量産て山の形わからないので

それこそ政治の形というところが

その県の水産課の人

泊まったことないとか

県の水産課の人も

水酸化で漁師さんにも話しするんですけど

よそに行ったことない人とか

この二品皿にいるんですよ

そこのその帰りが凄すぎて

非常に高いくら補助金がついてもですね

のりおさんと

念願の方々の手に落ちることったら

ほぼないです

よ出てたからね

ということで

あのまあいろんな問題があって

国は方向転換頑張って仕事してただ一方で

それを現代に落とし込んで

運用していくまでにもなかなかハードルがある

でも進むしかない

といったような状況かなと思います

ではあの全体の登場に移りたい

と思いますご

意見ある方は挙手お願いします

今日はどうもありがとうございます

あの何かあの沿岸の方から来てんですけど

えーとコンドルはの改革で

まあ目玉っていうか私が増えるということで

またいら先生ちょっとお伺いしたいですけど

また痛いの女三の宮の話聞いて

ほとんども自分と同じ

だもそぐわないなと思っていたんですけど

あの実は97年にその他ひゃくはちですか

その時ですね

あの映画はとても賛成したんですよね

明るい未来があるとだけど

現実は先ほども話してましたけど

全く逆で沿岸だけが駄目だったと

ちょっとこの辺今度またこういう風になる

んだよこうやって

あの辺がの方は出さないし

次郎にすごい心配してどうでしょうか

あの子のタックっていうか

この休業法の改正ででしょ

沿岸漁業者の方が

まいろいろと懸念をされてるって言うの

あの焼酎をしています

でだからまゆは卓球で

それはIQでどう振り分けるか

というとこの運用を

これからどうフェアに行っていくかってな

まさにこれからなので

その問題しか言われ俺持ってますから

また色々なことしねはいはい駐車場はね

絶対認めません

私の経験から言ってんだから

そのそこに労力を使うよりは

先にちょっと一緒に行ってきたいと

思いますきゅーじゅーなな

年の仕組みが失敗だったのは

全体が書くわけでだけ作って

ちゃんとした配分をしなかったことと

全体がかか多すぎたんですね

だからじゅーまんトンしか取れないのにさん

じゅーまんとも理由があった

それは多く取れる人たちが全部取って

小規模な人

たちのトリムになくなっちゃうって思ってたから

適正な資源について

適正な漁獲枠統括沿岸が生存するのに

十分な公平な枠配分ですよね

この二つを

きちんと政治の世界で考えていただければ

改革になるかなと思います

それで補足させていただきたいと思いますが

あの沿岸と

敬愛との関係についてもですね

1995年の洋画的に歩く

漁業の他の行動規範での採択していて

そこで映画小規模

企業者の生活の権利の尊重

ってのが規定されているんですね

で今回がの方が非常に懸念されているは

太平洋クロマグロ制御の配分で

水産庁がほとんど

を乱獲地震9月の剣撃を作った

まき網に配分しちゃったので

それで怒ってるとこですね

だから規制改革で

新から強化するのはいいんだけど

同じことが再現されるんじゃないかと

懸念されてるね

この大水産庁がまだあいうえ

おの行動規範

理解できてないっていうところなん

ですけどさすがにそれはないだろう

ということで祭りに期待したいと思います

後ですのでできて切ってはですね

負けみっていうのはアジサバイワシとか

これらを乱獲で潰してしまったんで

カツオやマグロ持っとるようになって

沿岸との対立が

非常に捕まってしまったんです

ね逆に言えば歩行器様ですか

教えてしっかりして

持続的な水で戻すことができたら

メガとの対立も

だんだんはしていくような環境を作れるとは

つまりカツオとかマグロ

寝ようって気にせずに済むというかですね

そういうような沿岸と

気合の共存の枠組みってのも今後の

製作作りで工夫が期待されるんじゃない

では他の質問ありますか

dignoあの鳥羽から来ました

私とも青木愛は映画なくて

沿岸漁業ズってよんじゅー年

私も行ってきました

しかしながら皆さんが辛いと利権はですね

なぜ魚が減ったかっていうとこ

もう一つ忘れてると思う

んですが戦後日本はあの工業いっぱい

生産やしてから言って

その幸せが両親と思ってます

というのは工場排水があって

そしてまたそれを良くするようにして

工場排水管となりました

今度は海に栄養がない

隔日法なんかも言わなかったら絶対ダメ

そういうことがちょっと忘れてるん

じゃねえかなと思います

いくつかの質問

まとめて答えるよりということなんで

質問がある方

いつもコメントがあるから

最初に花を受けた上で

まとめて対応したいと思います

ありがとうございます

もう先ほど車来るのお話ありましたけど

別の配分はあの大事で

これからしっかりやる

という話でしたけど

既にクロマグロはもう問題が起こっている

ということは

ちゃんとこれから

どうやってそれを解決するのか

という具体的な手当が

同時になければいけないんですけども

それはこれからやると

今おっしゃってるだけのように聞こえるので

そこの是非みなと新聞のかわさ

きていますあの今度は大事にですね

大臣以下のきょうくまのこられたら

国会議員の方にお願いしたいんですが

あのー今回の新しい法案の目的の中にですね

あの水産資源は

国民の共有財産だと

国斉さんだっていうことですね

ちょっと明記してほしい

今も結局とったもの勝ち

なんですね

無視物今度の新しい法律でも私物なんです

すいさんぶですね

誰のものでもないもの勝ち

これもきちっとですね

続けて欲しいとそうすることによって

国がきちっと管理する

それができるんだろうと思います

もうちょっとですね

沿岸については

ほとんどはの改革は進まない

だろうとあの制度はほとんど変わりません

今回のやつは

そういう風に思ってますどこにありますか

ではあのえと私あの子

長崎県の対馬でページもやってます

久保と言いますが

松島の韓国との境界線が近いということで

昔から旅情がいいところなんですね

それでは沖合漁業と

沿岸漁業の操業

海域図というような物があったり

そういうなんですかね

今国際的なものであったり

沖合と沿岸がバランスを取るような

境界線があったりとか

そういうことに関して真面目の方で

何か関係するようなあるのかっていうことを

ちょっとお聞きしたではまず最初

のあの栄養塩などの問題ですね

確かにそういう磯焼けとかね

環境の変化っていうのは色んな所であります

ただ一方でその漁獲が取り過ぎてる

という現実もあって

漁獲規制をすることによって

大幅に変わるものも少なくないと思います

例えば福島県では

原発事故がきっかけになって

旅客がなな年間停止されてるんですけど

そこで福島が修行場の魚が大幅に増えてます

例えば枚目はなな年

金曜してなな倍に増えました

今そういう形で

もちろん環境も変わっているんだろうけれども

大きくなるまで待つことによって

漁業生産を増やせるものも

たくさんあると思い

ますただ確かにご指摘のように海苔などね

そういった栄養塩が作用するもの

これはもうそもそも養殖何で漁獲規制とは

あまり関係ないような気もします

あと洋食に関しては

今回その十分カバーできなかったんですけれども

洋食も非常に重要な産業で

重要な問題ですので2回目

があれば養殖にフォーカスような形で

できたらいいかなと思います

だとえっとあと沿岸の手当てについて

何かコ会議の方でもコメント頂け

今の今の先生に

ちょっとちょっとで反対なんですけど

なら年末って言ったじゃないですかなな

年の待ったら

みんな廃業しちゃうんですよ言っ

たよ待ってられないし

そこまでの給料我々もらってない

だからそこをちゃんと政治的に導入していく

かってことも大切だと思ったら

魚と魚が優先でいっちゃうと

そうなるんですけども

今いるなら地方が先生も

地方創生やって来られました

って裕哉第二歳のなんとかしない

と食料産業なんとかじゃダメな

私はの震災で東日本大震災ですね

その下行けた時に

衣食住の中で着るものつー日間しとったし

強いところテントでもらったんだよ

食べるものなければ生きてこれをにー

いちいち日おにぎり一個の生活してきて

本当に大切なんだなと思った

んですその精算をしてる人は

どうやって守って作る人だけじゃなくて

その関連の人でも

次の世代に伝えていくかってことも

大切なんです

だから今来られたから

ヒラメもそうですけどもなら

年末とかじゃなくて

その間にどうするかとかですね

あとその間の輸入品もどう

するかとか

相対的に考えていかないと

私はダメなのかな

あとは別に

漁業なな年間やめるって言ってるんじゃなくて

取り替えたら増えますよって話をしてるんです

だからそこをどうすればいいかっていうことも

その手当について

まああのさっきも言ったように

その海を休める

ことによってですね

海の回復力あるってな

これ多分異論がないだと思うんですね

でその間のだからさっき言った

私の提案は

その感想は言ったって

食べないわけにいかないんだよねとで

その後また資源が回復して

さらに所得が増えることが

海外の事例で見込めるんであれば

その間をお金繋ぐってことですよ

公がでそのぶんでも

ただただだしっぱなしそのよりも多かったら

そっからまた戻してもらうっていう

スキームが必要なんじゃないですかと

ただこれまゆゆの簡単なんだけど

基本的に国家は丹念同性なのでで操作でき

金を作んなきゃいけない

ですねべき金というのは

また無駄遣いの温床になるので

今基金廃止の方向に行ってるんです

だから地方創生て

大きな文脈で一次産業儲かるようにしようって

水産業が大きな転換をしたから

政治の力で

そういう役割くるべきじゃないかという提案で

ちょっとあの国会議員はあっ

と言われますが

国会議員万能ではないので

これ多数のコンセンサスを得て初めてできる

ということですね

あとマグロについてもちょっと私は我々だから

ちゃんとやってるかどうかの評価で

この間マグロフレークいろんな色が出てるのは

聞いてますので

それもう1回どういう評価でやっ

てるのかというのはま確認をして

昨夜ことはしっかりたいと思いますし

更に言えば資源管理のところがですね

ちょっと水産庁のシナリオ

急ぎすぎてんじゃないかという問題

提起もしてるのでも

エビデンスベーストポリシーメイキングですよね

というのをしっかりとまあ我々議会の方

はそれをベースにチェックをして

政策提案をしていくという

実行してくとこういうことだと思います

あとあの魚は誰のものかという議論ね

実はこれって公的資金を

水産資源を回復させるために入れるという

前提として

結構大事なことだと思うんですね

無主物であったり

土曜者のものであるならば

何で税金入れるので

いうことにもなると思うんですね

やはり日本国民共有の財産であるということ

我々の食を維持する土台として

きちんと守っていかなければいけないっていう

そういう前提があって初めてじゃ

そのために税金を使いましょうっていう

ことにもなると思いますのでこれ是非ね

あの水産資源国民共有の財産として

きちんと維持管理

国がりくといったようなことも

あの盛り込んでいただけると

より良いものになるかなと思います

後々苦労さんなんだっけ忘れちゃっと

あの対馬は韓国と会見しているんですけど

も君と

またあの対馬周辺買い物が

沖合と沿岸のそのルールづくり

というようなものが海士町

漁業調整では

だんだんと変わっていくんだと思うんです

けれどもそういった事については

えっとですね

その中国及び韓国との間は

暫定水域というのがあって

どっちの漁船も入って自由に操業

できるって言う所が

結構広いエリアがあるんですよね

ですからそこで

日本だけ規制を厳しくしても

大丈夫じゃないかっていう人は成り立ちますし

あと鯖とか結構多くの重要資源が

日本と韓国もしか日本と中国の会議

またいで生息してたりするので

あの太平洋側や北海道などは

日本単独の国内で飲んであれ

届いてるんですけど

なかなか日本海側日本単独ではなくて中国

韓国も含めて

帰るのは首も作っていかなきゃいけない

ハードルとしては

さらに高くなってしまうのかな

という風に思います

時間になりましたので

大地はこれで終わりにしたいと思います

ありがとうございました