日本の農産物は海外で売れる~稼げる農業の実現に必要なこと

まずですねパネリストの皆様に

お伺いしたいのは

日本の置かれている農業の現場

見てらっしゃるか

それからこれに対して

今の政府が

農協の改革なども含めたあのま

農業を活性化する改革をしようとしています

けどもこの改革をどう見ているか

ということをちょっとお伺いし

たいと思いますます河野さんからですね

あのまあFろん

今進めようとしている改革について

少しお話しいただいての評価も含めてですね

あのコメントしていただきたいと思います

はい神奈川県の人間が仙台に来て

農業な話をするといいんで

ちょっと気後れを正直しております

これまでずっと農水省はですね

カロリーベースの食料自給率みたいな

ほとんどインチキなことをずっとやってきて

こらもー農水省の予算を取りたいがためで

あまり農業のことは考えてません

というのが多分

本当のところだったんだと思うんです

それを少し方向転換を今しつつある

というのは評価できるのかなと思います

先日あの農協改革というのをやりました

これはの農業に何か意味があるかと言うと

ですね多分あんまりないんだと思うんですけど

も二つあって

一つは今まで農協というのは

そのノートの全中という

いわば身内が監査をやりますと

いうことでずっと起きましたが

もう一つは全つー件中単位農協と言うピラミッド

富士山型だったのを富士山を止めて

山脈に石をよじに農協があって

農協の上に負けんちゅうというサポート

組織があって

前宙は飛ばして

いいよっていうことに一応しました

この二つですで

どういう意味があるかと言うと

一つは今の金融機関

確かあの貯金が200億ある所は

全部外部監査公認

会計士を入れてやらなきゃいけない

ということになってると思うんですが

農協もその希望の農協はたくさんあります

そこは身内検査でいいです

ということになるとそこやっぱり

イコールフッティングではないよね

あとそうすると今農協の稼ぎ頭マット深部の納期

夫の頭は全部貯金授業ですから

その授業がその他の金融機関と同じ規模

なのに金融機関は外部監査

うちは身内監査というのでは

やっぱりよくないよね

ということで外部監査にしようということ

ですがもう一つ

その農家に稼いでもらわなければいけないと

稼ぐためにどうするかと言うと

一つは今までより汗をかくか

今までより知恵を出すか

今までよりリスクを取るかしか

多分ないんだと思うんですよ

でリスクを取るんだったらば

そのどれだけのリスクがあるのかって

いうことをやっぱり

外の目をちゃんと

入れてみてもらうっていうのが

大事なんだと思います

農協ってなあその農家の組合が本来やってる

という建前なんですけども

その貯金なんていうのはもうその組合でない

いろんなしたが

人が貯金をしていただいている

という時には最初

に戻りますけども

外の目がちゃんと入って

この金融機関は

健全性はこうなんですよっていうことが

ちゃんと外に伝わるっていうのが大事

というのが身内監査を止めて外部監査にしよう

ということで

これはその農協の健全性を維持する

ということをではありますけど農業に

関係あるかって言うと

あんまり関係はないだと思いますが

もう一つそのピラミッド型をやめよう

というのは

そのこれからいろんなアイデアをそれぞれ単位

農協が出さなきゃいけない時に

いやいやそれは駄目だとか

それは行ったことがないから

ちょっと待ってみたいなことで

抑えてしまって

は意味がないんで

もう農協が好き勝手やっていいですよって

リスクは自分で取ってくださいね

そのリスクがどれくらいあるか

その目でちゃんと見ましょう

というのがこの間の改革なんで

一応インフラは作りました

と後どうするかは

それぞれの状況次第では

私の地元はあの農協が二

つあってJAさがみとJA

湘南と二つあるんですけども

JA湘南が作ってる

キヌヒカリという

米の農家からの買い入れの概算価格が

いちまんにせんはっぴゃくえんこれ

一俵ろくじゅーKGあたり

いちまんにせんはっぴゃくえんです

これは魚沼産のコシヒカリには負けますけども

新潟県産の

コシヒカリよりちょっと高い

それぐらいの値段で神奈川県の米が枯れてます

私は何でかって言うと

JAが2万にまんよんせん体だったかな

買うんですけども

そのうち半分は全能にそのまま流します

で全農は神奈川県の米は

神奈川県の給食に使うね

残った半分はこのJA湘南が

事故リスクで全部買い上げて

それを直売で売るんです

で直売で売るのと

その地元産の米を使うことに

意義を感じてくれてる

地元企業に良い売ってる直売去年は

8月のお盆まで米が売り切れなくて

新米が出たらもう売れませんから

JAが全部村を被って

おせんべいの原料に

よるみたいなことになるわけですけども

神奈川県で自己責任で米を買ってるのは

おそらくJA湘南とJA

あつぎの二つしかないはずで

他のJAと比べると買入価格が高くなってます

千葉県産のふさおとめが多分

一俵あたりの概算金がななせん

さんびゃくえんぐらいですかね千葉県

産のふさおとめがななせんさんびゃくえんで

湘南の木の光がいちまんにせんはっぴゃくえん

この差はどこから来るかって言うと

ある面JAが自己責任でリスク取って買って

それを直売で買ってもらう

地元の企業に買っていただくというところで

この差が出てますそれだけのリスクを

JAが撮ってるわけですから

やっぱり外部監査がちゃんと入る

っていうのは大事です

神奈川県内でそれをやってる子

二つしかないと

やっぱり他のJAからやっかまれる

他のJAは農家から何でしょう

何の買入価額は高いのに

家はあっという風に言われちゃうんで

これピラミッド型に

なってるといやいやそんなことをやめろよ

と他はどうしてるかというと

農家から仕入れたものを全部全農に売り渡して

直売ぶんだけJAが買い戻すんですよ

それは直売で売る

だからその売れ残りのリスクを抱えない

安い値段で売ったの買戻して

直売で売ってますから農家に払えるお

金は全能に売り渡した

ぶんでしか払えないということで

そのJAがリスクを取って

どうするか所は神奈川県の家だけじゃなくて

と手羽高知の馬路村に行けば

農協がリスクを取ってゆずを嗅いでて

ゆずを使った商品

アラ化粧品にして売るもんだから

その間に高くお金を

払えるだからJAがどれだけリスクを取るか

あるいは個人の農家が

どれだけのリスクを取るかっていうことが

これからやっぱり大事になってきて

今までのように

農協は右から左に米を流して

手数料さんぱーせんといただきます

というビジネスでは

農家に高いお金を払うことはでき

なくなってくると

そういう意味で

それぞれの農協がどれだけ頑張るか

っていうことが大事になってくるんじゃない

かなってそれをやらせるためのを

やっていいですよ

と言うための農協改革だという

風に思っていただいたら良いと思います

これだけで農業が強くなるかということ

はありません

ただそのそれぞれが

いろんなことをやるためのインフラは作りますよ

ということだと思います

はいありがとうございました

それではあの河野さんと並ぶ改革派で

民主党の近藤さんから

あの今回の政府の改革案や

それから現場の農業の課題

みたいなことについてちょっと

コメントいただきたいなと思うんですが

手裏剣の近藤洋介です

あの選挙区はの宮城県の隣の山形県で

ガッツリ農村地帯です

鳴らし順調で住んでるとか

米沢というところなんですが

米沢牛とかあとさくらんぼの出る東根市とかな

とりん号であるとか

まああのバナナ以外は何でも

取れるとこで暮らしてますって

そういう意味であのま野農業なんですけども

あの農業と向き合って

私自身は農業をなんとか買いたい

という思いと

ずっと生活を続けて参りましたが

現状だけ基本的なマクロの衰弱

おさらいしたいと思うんですけれども

このにじゅー年間でだいたい農業

の生産額っていうのは

半分になってるんですね

純生産額が3兆円です

大体半分ですにじゅー年間ねね

もう一つその支えるその就業者ですけれども

これがだいたい今にひゃくに

じゅーまん人まで減ってるわけですね

基幹的農業者という名の基幹的

農業従事者ってのは要するに二

次元を覗くということなんですけど

これがひゃくにじゅーまん人でこの構成ですけど

何と六十歳以上がななじゅっぱーせんとで

いうことですよね

50才未満は

要するにさんじゅーいちまん人しかいません

ごじゅー歳未満がこれで以上です

もう一つま

黒の数字でおさらいしたいん

ですけどこのにじゅー

年間で何を着たかっちゅうことなんですが

そのうちですけども

これが農地これが

今だいたいよんひゃくごじゅーにまん

ヘクタールはだいたい20年から

じゅーご年間で

よんじゅーまんヘクタール減りました

よんじゅーまん

ヘクタールっつのピンとこないんで

埼玉県意見

文ですよぜろにーよん

埼玉県意見文の農地が減った

ということですね

でこれ凄まじいことでありまして

よん枚よんせんよんひゃくきゅーじゅーまん

ヘクタールだったのが

よんひゃくごじゅーにまんヘクタールまで

わずかにじゅー年も満たないうちに

減ってしまってるってこういう数字ですね

どうするかということなんですね

電話の今の現状あのもうひとつだけで

今の米のことちょっと一点だけ言うと

じゃあ数が減って

まあ農家今どうなってるかと

これはもうふさのあそこ専門家ですけど

僕の妹お手元にあるこれ

ペットボトルごひゃくミリリットルですけども

うちの地元

のですねいい米つや姫ってコメ欄です

間違い今ちょっと別にしてコシヒカリ

そこそこの米です

玄米ベースで500MLで

生産者がいくらもらえるか分かります

500_ML生産者玄米ベースですけど

なんと今年は実際手取りで

今手に入ってんのは

はちじゅーえんですごひゃくミリですよさん

ごーでし楽ですよ

はちじゅーえん水より安いですね

玄米で玄米から精米すると

ちょっと変わるんですけど

要はほとんどお米の価格が今何時なんです

かって今今年ぎゃらくしてます

こういう中で

まあうちの地元の農家達は

ほとんど森の真剣に考えてる

というのが今の現状だと

今の日本の農業の現状だけ言えば

生産額は縁

そして後は縁で茶生産者はどうかと言うと

普通の米作りの農家等は

しかもまともな10HAぐらいやってるのか

ごヘクタールないしはじゅーごヘクタールをやってる

農家レストランというほどやめようというのが

今の空気だいいことだけ

是非ちょっと理解をいただきたいと思うんですが

これが普通の農家の感覚です

もちろん先駆的な複合型やってるのか

別の部分もあるかもしれませんが

まあそういう今日本の農業現状にあるということ

待ってますさて

これをどうするかということだと思います

あのマージワンはあの

批判より提案ということなので

今の政府のやろうとしてる

農政改革を全部駄目だと言うつもり

私ありません

ただ本質的なことで言うと

そのJA中央会からなんかこう

中央会なくすとか言うぐらいのレベルの話

じゃないということだけ

やっぱり僕ら認識しといたがいいという

ことだと思います

後外部監査云々ぐらいのレベルでは

今ナイトを言うことだろうと思います

もうちょっと海を

出さなきゃいけないんじゃないか

ということだろうと思いますので

我々じゃあと守りはいいのか

というつもりもありません

あの私自身も

あのに年前の総選挙で山形県の

国会議員の候補ながら

ただ一人農協のさんぜん人

集会でtpp反対のハチマキを締めないで

登場しまして

ヤジと怒号の中で帰れ

お前と言われてtppやるべきだという

主張した人間ですが

避けられないからでやるかやらないかじゃない

やるべきとかできもんじゃなか避けられな

いっていうことだから避けられないでしょう

ということ言っただけなんですが

明日からそのtppろく

曲はするつもりないんですけれども

そのこの現状にどう対応するかっても

やっぱ相当の期間を守ってやらなければ

いけないので

今の政府の農政改革レベルでは

なかなか追いつかないな

と思いますし

もう一つは

ちょっと自分たちが何考えてるかってば別に

その今しなければいけないのは

十町歩とかじゅーご粒ぐらいやってる

まともな米作り農家が

心のこのままでいくとに

年ぐらい外一気リリノーする

それをどう食い止めるか

もっと言うとのお家がどんどんなくなっ

てしまうとこれをどう食い止めるか

という緊急手当が必要なんじゃないかな

という問題意識を持ってます

プレイスはいありがとうございます

それではきゅーじかんにお伺いしたい

と思いますきゅーさんはもうあの皆様

ご説明するまでもないですが

もうの農業の発展でのも本当に

トップランナーでいらっしゃって

今千葉県では

誤嚥を展開されているんですが

出産の目から見て

今の日本全体の農業の課題があると

ふうに見ておられるのか

それからあのー今ですね

行われようとしている改革について

という風なあの感想を持ちか

というとこちょっと最初に

お教えいただきたいと思います

私はですね

まず最初にですね

農業って言ってんのは

工業って言ってるのと一緒だって

入り口から入って欲しいなって言ってですね

だからそのじゃあ

農業の中でももっと詳しくあればですね

中山間地の農業と回るのような平場の農業

この農業っての

また違うと宝ですね

二つに割ってまた二つに割ってですね

そしてあの納税であったりあるべき姿をですね

きっと丁寧に見直すべきだって思って拗ねて

そういう意味で言うとですね

今世の中で言われてるですね

農家の平均年齢がろくじゅー歳超えて

そして耕作放棄地が出てき

てそして米の値段が下がって

って言ってますけどもずっとですね

日本は日本のマーケットしか見てこなかったトランス

私なんか言うとですね

例えば日本の農業者は多すぎるですね

今実際にですねま

先生そこの先生からの話ありましたけど

まぁにひゃくまんと前後まあ年間ですね

じゅーごまんえん以上

農産物売ったらどうかって

カウントされるんですよ

それまでやるとですねにひゃくまんどるいます

しかし実際に感覚としてですね

まとりあえずこれでも全然ちっちゃいと思います

けども日本で農家で産業として

自立して形容してくって言うとですね

最低です

ね5千万円の売り上げがないと無理です

で5千万円の農家を売り上げてこれはですね

まあ刀剣が細くないもんですからですけども

畜産だったり米だったり

朝だって貼りますけども

5000万円つことなどせだいたいろくまんえん

ぐらいならこれでもいい

やっぱりこれから日本の農業を産業と

して可能かっていうのは

せいぜい私は多くて

にまんといちまんとでいいと思います

だらまだおいて

このいちまんとに対しての農業

後継者がいないかって言うと

十分すぎるほどいます

むしろ今いろんな若者たちが

例えばた産業の外資系の金融機関やですね

照射野ですねそういう

ところをまあご年そこら経験してですね

農業に戻ってくるって優秀な若者がいる

だから明るい未来があるって事しといて

あともう一つですね

あのー例えば中山間地の農業っていうに考えると

これのかJAとかですね

もうそのレベルで話するんじゃなくて

まあ先ほどのですね

あの増田さんの家は

その村が消えると歯が消えるじゃないですけど

もも地域レベルで考えなきゃいけないので

ここに私は

農水省が今推奨してるろくじ買ってですね

まあ私は昨日ものせ所で公園でですね

冗談で今度広めようと思って

ろくじかんやるために一番大事なのはろく

じに仕事辞めて

ろくじ買って飲みに行った方がいいと

それもできるだけいろんな人たちと

飲んだらいいと農業者いないの

そして今日はろくじかって言ってですね

あのいろんな産業のことを知ってですね

素材を作ってる強みを生かしてですね

まあまた後者のですね例えば我々の

ような農業っていうのは

実は最先端の技術まさしくですね

あの日本のトヨタの技術じゃないですけども

そういうものですね

徹底してコラボレーションしてですね

そして圧倒的に日本でも作りますけども

そもそも論で言うとですね

例えば農業で自然相手ですから

これで日本のあるんです

けども例えば雪が降る方は出て

半年できないわけですから半年ですね

できなくてじっとしてて

壊してくれって言うのも

これどうかなると思うんだったら作れるところ

海外に出て来てますね

こと当たり前にやってくっていうのが

必要じゃないかと思ってます

あともう一点ですね

日本の農業の価値っていうのはこれです水です

圧倒的にこれだけはですね

もう綺麗だに世界中の農家でですね

水を買って作物作っても一部ありますけど

ほとんどただの水使ってます

だから汚染されてます

しかし日本の水は

終わら農家が恵まれてるのですね

まあいろんな規制や

ですねまたは

国土のはち割の山間地っていうですね

そこが生み出す浄化するみずまこういうものです

で作物にもタダでですね

提供できるから笑えるの農産物は美味しいです

これが中国が絶対日本のですね

のさんとかってないで

中国の人たちもなんで

日本人は中国の農産物

カウントおかしいんじゃないかと

作物っていうのがはち割きゅー割は

水で黄ばんだとそれを無農薬でやった

減農薬でやったよりも

もっと大事な根本的な水がこれだけ豊かで

ただな国日本の農産物ってな

圧倒的にこれから船海外で売れるって

私は確信してますはいお願い

しますその通り

その売れて儲かる農家

それなりに今五千万1億うちの地元でも

例えばきゅうりトマトなんかだと

そういうのがあるんですね

それもそれで頑張ってもらうっての

家の米っていうのは湘南JA

湘南館内で

大体じゅーまん対さん

じゅーKMのいち体じゅーまん体ぐらい出

てくる作れるんですけども

農協へ出してくれるのは

にまんよんせん対1/4ぐらいしかないんです

それ以外はどうなってるかって言うと

自己消費と縁故米に近所に配る親戚に配る

で3/4は終わっちゃって

1/4だけ農協へ出してくれる

でその農協が朝露で売ります

前の俺だしますそれ

で彼の家の前の大きな

嘘の神奈川県の給食に出すんですけども

人でもJA湘南は種籾を温湯消毒と言って

ろくじゅっぷんの温度に

じゅーフンカンつけるんですね

そうするとその農薬で消毒をしなくても

そのいもち病いらないやらが防げるで

なるべくその農薬を使わないという

ところに価値を見出してくれて

その給食の米って言うと

湘南の米を出してくれって言う

引き合いがあって

そのぶん値段を高く買ってくれてるんです

ですからその中山間地じゃないんですけども

都市銀行はそういう消費者が

地元の米を食べようせから

安心な米を食べたいという価値

見出してもらって

かなり高い値段で買っていただいてます

給食費ですから

本当は安い米を

どっかから持ってくれば

いいのかもしれませんけども

それだと地元の農家が困るから地元の米で

しかも安心のやつを食べようと言って

その価値をどれだけつけられる

かっていうところでその

競争力のない農家をみんなで支えて

それで地域の水田を守り地域の環境を守り

地域の子どもの食を守る

ということをやってるんだから

日本の農業ってなガンガン稼ぐところと

みんなで守るところとやっぱり二つあって

あの国の政策で国の政策なきゃいけないところ

行ったらもちろん

あると思うんですけども

そうやって地域の皆さんの力で

支えてもらってる

農業っていうのも

そのあるって事を

バカにできないなっていうのと

朝の山中教授がに

じゅーきゅーカ国で

ips細胞の特許話をされてましたけども

平塚にメビオールっていう会社があって

その薄い水

を切り切り通す

膜を作ってるところがあるんです

これも多分ひゃく日後ぐらいの時持ってて

それを地面の上に敷いて

その上にトマトの種を撒くとですね

トマトがその幕の向こう側から

水を吸い上げなきゃいけないと

浸透圧で水あげるんで

トマトがどんどん自分の強度を高くし

て浸透圧で

反対側から水を取ってくるんですね

すごく甘くておいしいトマトができるって

それはあの昔の岩田式ってのがありました

けどもその幕を使うと

それをかなり機械的に

コントロールできるもんですから

そのプロじゃなくてもそれなりに出来るって

そういう技術を使って

美味しいトマトをその産業化して出せる

そういうのもやってるって言う事で

あの都市近郊農業って何ナノ生き延びている

その技術をその日本に

展開をすることによって

日本の農業ってな強くできるんじゃないかな

という風に今思っております

ですからあの山からtppの話があり

ましたけども

やっぱり隣の中国をtppに行かに

引きずり込んでそこへ売るか

今日本の米は中国へ

公式に出すためには

燻蒸しないと

出していけないってことになってるんですけど

運動した米って美味しくないし

少なくても燻蒸施設が非常に限られてるんで

今なかなか中国に

米を出すのが出しにくいんですけども

tppに中国を引きずり込んで

そういうわけのわからん規制を突破出せば

日本のものが

かなり売れるようになってくるって

そうすると米だけじゃなくていろんなものが売れる

逆に日本からアメリカに

その果物や野菜を出そうとすると

実はアメリカ

ってかなり規制があって

日本から出せないものが結構あるんですね

それを一つ一つ

本当は農水省が潰してかなきゃいけないの

今まであんまり輸出を考えてなかったんで

海外に輸出規制については

あまり対応できてなかったぞ

それをやっぱりしっかりやってかなきゃいけないの

かなっ

ていう風に思ってますありがとうございます

あの決算はたのは公園で非常に高く的にです

日業界に居て

あの成功されているわけですけれども

さけども少しおっしゃっておられました

けれどもこの成功する農業が

日本の農業が強くなっていくための

成功のポイントみたいなものを

現場から見てですね

どういうとこにあるのか

まあさんよん点あげてですね

ちょっとあのご自身の経験を

ちょっとお話しいただければと思うんですが

あのですねもう私はもう本当にいたって

シンプルだとも農業っていうのはですね

やっぱりしない技術ですこの事実をですね

いかに確実

にするか真野先生には

ちょっと申し訳なかったですけども実はですね

あのメビオールっていうキッズあれはですね

メビオールの技術開発をしたのはリアルです

家です今もう用は日本中でですね

家がの技術がセットにならないと

売れない仕組みになってまして

ほとんどきゅーじゅーご

ぱーせんとの売上はメビオールのうちだと思います

ただあれはですね

笑でもいろんな技挑戦をしましたけど

結論から言うとですね作業にはなりません

やっぱりその食べ物ですから

やっぱその暮らしのコストってありますよね

この暮らしのコストが一番広いところ

やっぱりそのま平均的な

年収の方々が使えるお金

そのコストの中に入ってこないとですね

作業ならないすね

だからそういう意味で言うとですね

先ほど冒頭にいましたけども

農業っていうのは工業って言ってのが広い

広いですよ私はですね

お米もそうなんですけども

お米ってですねどういうこと

かって言っても

日本はもう昭和40年で余ってるよ

あのお米のでも乱れってですね

トップひゃく人の研究者

全員の選手をやっとってんですよ

でその農水省から給料出てますから

その人たちが絶対やっちゃいけない

技術ってのは増やしちゃいけないでしょ

だから何をやったかっ

て言うと沖縄から北海道までは

一番美味しいと言われ

新潟の米がのひつのものができるって言う

技術研究ですよ

だから今米ってなことで

装置産業で中国の人件費の安いと使ったから

安くなるとこ出ないです

日本人でも一緒で

ずっとオペレーターやってるだけなんだよ

だから

ですねどういうことがあって

単位面積当たりの収穫量を日本って

ごひゃくキロなんですけども

それ以上にすれば

今にひゃくえんのものが

ひゃくえんになるとかしたら

ただ日本のリスクはですね

いい水があってものすごいですね

クオリティ高いお米作れる

しかし大体年間一作しか作れ

ない気候風土で

ただ今にひゃくえんぐらいのものをひゃく

えんぐらいまで

コストイノベーションは簡単で行きます

もう始まってますね

そうしますと今までの農家ですね

例えばそのひゃくえんになるのも圧倒的

国際競争力ありますからまあいろんなですね

アジアの国々のまあミドルクラス以上の

ですね人たちへの米の等級ってないっぱい

もっと足りないぐらいあるのなら

水田フル活用ですね

日本の米を作るべきだ

という考え方も一つですね

例えばそのの日本の農家です

何が足りないかって言うとですね

圧倒的にその分断されて

技術に優れてる人とそれとこれがあんまり

ないんだけど経営

そしてそのマーケットから

意識したものづくりをするよ

マーケティングやブランディング

上手くなってきてないです

これを全部トータルで理解できる人間の育成

これ早期育成これはできるだけどうするか

でこれって言うんでしょ

マーケットがから来てもいいですけども

やっぱり本当

技術を持ってる人間をに

マーケットを教えたほうが私早いと思ってます

でもう一つ最後にあるんですけど

日本の農業ってどこの間ですね

徹底して鍛えられてます

実はあの日本は何が問題かって言うとですね

オーバーストアでですねマーケットがかなり安いです

あのこれ出ちゃうん

ですよねななぜろ伊藤さんとこじゃないで

反対側の勢力ですけどあの空ですね

あの出口思ってるわけですから

なんとかファームて作りましたさん年間で40億円

赤字です普通の農家レベルだぞ

とてもじゃなきゃいられないさん年間で40億円

赤字これが現状で

なんでこんなにしちゃった

んだっていやそれはあなたですって言うね

言うは易く出口が安いもんですから

結果的に成り立たないでもう一つ

確かにですね

体が家が安いってことで

それでも耐えられる日もありますし

頑張ってきてますけどももう一つはですね

生産コストを下げるためにやっぱり集積です

歩いての面積田んぼはですね

これから米で食べて後っていうのを

彼は例えば先生んとこの山形であれば

じゅーHAにじゅーHAは申し訳なくてですね

せめてそのにじゅー倍さんびゃくどるから

ごひゃくえんある規模の農場を作らないとやばい

少なくともいくら

クオリティの高い米を作った

としても最低にひゃく

ヘクタール以上の規模にしてあげないと

やっぱですね色んなことができない

これが私が感じる実感です

脳今経営者の視点から

あのいろいろなコメントを頂いたわけです

けれども特に以降を政策としてですね

それをあの是非

こういった形でやってもらうとここ

にブレイクスルーがあるというような

そういった感覚はお持ちですか

田舎で皆ですね

農地農家を持ってる後はですね

皆株券でしょなんですよ

景気が良くなってきて

近くにセブンイレブンさんが来ると

アナルって土地が宝ですね

株券と同じような期待値を持って

持ってない

です話さないこれを

リオは話さなくても活用できないわけですから

それいい感じですね

集積するかの仕組みを

もっと本気で踏み込んでやった方が

例えばもうこれ以上の年間

売り上げのない農家に対しては

これだけの音のちなみの税金じゃなくて

宅地並みの税金を払ってもらうか家

は農家の基地って

やる人に言わ春日ぐらいの曲たんだですね

やらないと生産性を高めるための農業が

産業にはならないで持ってます

あの爺さんの主張は網で全く正しいと思います

結論から言うと

ただ全くその通りでにじゅー

町歩の農家Kにじゅーつを打つとも

ピンと来

ないかもしませんか結構でかいんですよ

だいたい普通の農家って

だいたい一町歩餅は日曜日に来たんで

持っても立派なのかだっていうのがさんじゅー

年前の常識でしたかなに

丈夫でも相当なのかなんですけど

もにひゃくヘクタールって言うとですね

大体僕の地元で言う

と米沢市人口はちまんななせん

きゅー万人ぐらいの街ですが

おそらく農家はじゅー軒もいないでしょうと

こういう数字だと思います

そういうレベルなんですね

兄弟農家とおそらくそれは正しいで

おそらく米はそうしないと

多分採算が合わないというのは事実でしょう

数字上の全くそ勉強

すると雇用を作って

今まで個人経営でやってる人が私になるわ

その法人にですね

家は出資参加するのか

社員として運用した方がいいですよ

それもそうで

ただ現実問題で行くと

おそらくそれは

その農地解放第に話の近い方みたいなもんで

もう1回あのも仙台に乗ろう地

開放的なことやないけないので

現実変えると不可能だろうと思うんですね

それは不可能だと思いますよは

そうなる前に今の状況で行くと

その米コメントことだけ言うとですね

修羅場の農家でも

多分200HAかひゃくFとあるなら

採算が合わないんですけども

会わないとなる

とどんどん辞めてく集積が進まないから

農地が荒れるそして

荒れた農地を回復させるためには

さらにコストがかかる

薄いままで土地改良ということ

国費を通じて行ってたものがますますかかると

だからどうなんだということが今

おそらく僕なんか

維持解決しなきゃいけないね海だと

思うんですで

そこでまぁちょっと僕らはむしろまあ

逆に言うとこれはごじかん回ったけども

米について言うと

コストあれを装填する

戸別所得補償制度というの

投入させてもらった

で結局何言いたいかって言うと

もう農家の方々自然に止めてきますんで

ちょっとこれも言葉が

適切かどうかは別にして

まあ安楽死とは言えませんが

緩やかにその構造改革させるしか

現実はないんじゃないかというのが

今の私の立ち位置です

にひゃく町歩とか

ひゃく町歩一気につかることは不可能だ

とするならば

農地を荒れさせないで

集積するバッファを作らないと

ただもの荒れるだけじゃないかな

という危機感がいまあるのは一つと

あともう一つだけですください

そのもっとねえやらなきゃいけないのは

嘘の農協にその輸出もそうなんですけど

そうなんばこう言う人

やれやれと言って

仲間に言ってきたんですけども

これと農協改革に

関わるんですけど

やっぱりあの監査機構とかどうかは別にして

もっと言うとどらすくにやらせるならば

農協自体が金融機能を又してるって

言う事の改革のがよっぽど大事ですね

お待たせないと

要するに面白きちんとビジネスでやらせる

と言うならそれはせずに

あの色々やり方です

よ例えば今のじゅーヘクタールは

ごひゃくアールの農家をこの規模まで集積して

農家合併をしたらいいようですね

例えばこういうものに対しては

国が支援するよとか

こういうことあの免除するよとかっていうに

そこのビジネスとして

成り立つところまでの戦略まで

こうなんですかね

その仕組みを誘導してくると

そうすればなくさせる必要もないと思ってね

私安楽死ってゆうか

その薬もやめて次の人にこう緩やかに来ず

そこまでやらせるとやりたい人はやらせると

そのはちじゅーになってもやらせる

というところなんだと思ってるんですよね

この先生

お願いします

今日打っていう単位が飛び交ってるんですが

うちは平均的な水田面積よん反なんですね

と言ったんじゅー秒撮れるせどりって

まあ野球で言ったら

ノーヒットノーランみたいな

うちの地元の人は入ってますけども

一旦平均すると

まあ発表とかはってんご表なんですけど

も一旦じゅー秒撮れたとして

いちまんにせんはっぴゃくえんですから

一旦じゅーにまんはっせんえん

それのよん倍が売上でいたんで

多分ごまんごせんえんぐらい残しとか

買ってますから

もう儲けたってにじゅーまんとか

なんとかっていうのが

平均的な家の水田農家なんです都市

近郊で一番問題になってるのは

冷静なんですね

要するに固定資産税はどうするせから相続税

どうするって

それをなんとか負けてくれ

っていう議論になってて

今言ってるのはあの話があったように

ここが開発できそうだって言うと

そこの水田面積が上がるし全然そういう話

がなければ水田の名の値段は

下がってくるってで

今そのもう農地としてやって行くのか

将来開発したいのか話し合いでせんえん引いて

もうその後でやってくんだっていうところは

その相続税も固定資産税も入りません

とその代わり所有じゃなくて

使用権にして自分がやら

なくなったらどんどん人に

それを受け渡していくようなことにしようと

極端にできたらしに全部寄贈しちゃって

光らし用件だけ借りてやればいいじゃないか

みたいなことで

その税のところは

あのなんとか免除できないかで

将来的には開発したいんだっていうところは

それも税金

払って開発されるまで農業続けてください

という風にして行かないと

やっぱり駄目だよねって言うんで

その後もその耕作

放棄になっちゃいけないって

いう機能もあるんですけど

本当に後が余ってるんなら

それもその効率悪いところはやめて

効率の良い所へやっぱり集めて行く

しか効率の悪い所行ってもらうために

補助金をどんどん出し続けます

というよりはもう少しその撤退してもらって

その本当に儲かるところで

儲けてもらうって

いうほうがいいんじゃないかな

という気がするんですしてから

さっきあのおっしゃってた米の開発は

実は神奈川県も

温暖化で作ってるキヌヒカリっていうのが

そのなくなってきたですね

このさんの所なんかは

おそらくいってんきゅー割以上ですよね

うちの地元はに棟前になな割以上なんです

と多分よそのところは

米の品質検査をやって言ったじゃないと

電話が来てどうしたんだっていう

話なんですけど

うちは全部その場で検査をして

あなたのところはいっと

あなたのところはに通っていう

その結果を1等以外で告げられるぐらい

その米の品質っていうのがぶれるは何かキューテンアプリ

温暖化しちゃってるのと

その川の水位計で

品種を変えなきゃいけないもんです

からなかなかそれができないよねって言うんで

やっぱりその町歩単位で話をしてる農業と

そのよんたんで話をしてる農業と同じ農業

でもあのトヨタと部品メーカー

みたいな違いがあって

今までは全部農業って言うと

一括りで日本の農業

って言われてたんですけども

都市近郊農業

ってな農業から分けて

別に議論しなきゃダメだよねって言うんで

少し法律的にも都市近郊農業っていうの

今入れてもらおうと思って

議員立法で基本法案を出してるんですけども

豊田あるいはソニーの議論と

それこそあの大田区の町工場の議論と

やっぱりそこはあの農業も同じ

ように分けて行かないといけないかな

という風に思ってます

宮さんにちょっとお伺いしたいんですが

あの人材の育成が大事だという風に

おっしゃってましたけれども

あの具体的にはどういう風に

その農業人材育成したり

それからあのそのあの

あのより魅力的な形にしてこう

外のところからもですね

技術を持った人が

よりマネジメントができるようにしていく

ということと同時に

その農業従事者の人達が豆腐にあの育成

育成していくべきかっていう事が一つ

ちょっとお伺いしたいことと

あと先ほど農協の改革について

金融を外したらどうかっていう話

もありましたが

今回の農協改革を踏まえて

今まで農協って

かつては非常に

あの日本の農業にとっても

役に立った部分があるんですが

今後その農協に行く

どういう風に変わっていくべきと

思っておられるか

その点をちょっと教えていただきたいと思います

人材育成に関した私

決してこれ立派なこと言えなくてですね

とにかく今日は

そのいろんなた産業の良いとこ取りを

農業の中で活用できないかって言うですね

まそういう目線でままであれば

と行くんだったらうちの会社の場合はですね

かなりそこはあの何ですかね

居酒屋さんではち人の取締役がいる

んですよで

そのうち二人はですね

非常勤でも彼は子会社の社長やってますから

非常勤でろく人の私含め取締役がいて

それがですね

全て正社長専務

あと四人の常務がいるんですけども

これがですね

全て人事権と予算とオペレーションおこうに

前件漏らしてますでそのことに

よって自立した自分の事業分野に対しては

しっかり言わの最先端の組み立てをすると

情報収集をしてて

その毎月取締役会をやってですね

1日やるんですけど

そこにですね

あんまabc案件で事前にですね

協議したいことをして

で横ぐしを

さすこねりからしてんですけど

も来たの企業だとみんなやってますよね

そういうやり方をして

できるだけ農業って細かい技術がありますから

そういうとこですね

まぁ結局その権限とそして責任とまあ

そういうものをやるべきことをしてて

よく作る人種との農産物をつくる

っていうことが好きな人とやっぱそれ

はですねマネージメントするっていうことは

できる人なんですよねたら

これを一色単に教育するってよりは

一個一個のカテゴリーごとにですね

専門性を高めるっていうことしか

今方法がないだろうなっていうに思ってます

だとですね農協のことで言うとですね

あんまりですね我々

は実際現場やってるレベルとしてはですね

雨ほとんど全く関係ない意識してないですね

実はうちなんか過去なんかもやってますから

実はその前のさんであったですね

前途を使って調達しようと勝手ですね

全農さんと一緒に行って喀痰

今日のも日本中のJAえーとですね

回るM

取引をしてますんで

むしろですね局金融のことで言うと

全農さんの場合には手数料

市場がにパー落とすと

喜んで口座間に入ってくれるんで

これやばいなと思ったので

ぜろさんとすりーパーセントで入りません

かって言ってですねは入ってもらったら冗談半分

本当なんですけど

これぐらいですね

実は全能さんだったりじゅーさんだったり割れ

実際のですね

現場としては周りの規模が小さいから

まだまだその壁に

ぶち当たってないのかもしれないですけど

ほとんどないと思います

一個で付け加えたいですけどもあのですね

ただ日本の農業って凄いですよゆうは

技術力もそうなんですけども

本当にマネージメント案外なんですね

私は農業だけじゃなくて作ること

そしてまブランディングマーケティングありますけど

その日最後にせんリサイクルです

もったいないこのリサイクルまで組み合わせると

とってもですね

他に類のないビジネスモデル

いっぱい作れる誰で

も終わられたんですね

我のグループのメンバーのいちが

養豚であっても日本一だと思うんですけど

もも飛んでですね

にまん頭飼ってるんですよ

レポートにまんとって言うとですね

待って海よとかだなって

手元にひゃくえんぐらいですから

規模が違うごひゃく等とにまん等

って時計の仕組みが違うんでそのですね

ボタンにまん頭の

農家の栽培からの一貫したシステム

ここにですね

このエネルギーイノベーションず

例えば今セラミックであったり

まあそういうことですので

松屋はちじゅっぱーせんと電力を減らしてですね

そしてこう暖房したりとかあるわけでは

反射の技術ですけど

養豚場ってものすごい暖房使わですよ

だからこういうエネルギーイノベーション

それとよはよそして最後はですね

糞尿糞尿ですが

猫からバイオマスエネルギー取り出して

その後液体肥料に作り上げて

屠殺場屠殺場の家とかですね

そういうものですね

ちゃんと肥料成分として

配合してそれトウモロコシトウモロコシ作ったら

そのとうもろこしを豚に餌を食わせると

トウモロコシのその中で登ってくるのは神ぐらい

だが根昆布っていいですけどね

こういうものかな

この抽出の技術でいろんな柄扇子取り出して

家は他の産業に販売したりですね

やるってこんなこと

ですね全部一貫して

出来のに本ぐらいなんですよで

そういうことを知ってる

またその一個

一個の技術検証が

このレベルまでするためには

どう行ったらいいかっていう手段を知ってるで

こういうことを知ってるマネージャ見ないです

ドアラるみはある

某大手の商社からすねも来週来

ますけども中国最大の餌業者そうですね

これが中国最大のでも豚じゅーまん

頭のいいわ

養豚場を作りたいと

全部設計してくるでしてくれない

買ってきてもいいです

これでそれは笑えるに

マントの兄のカルなんかを母体に入れると

できるんですトラひゃくと家に先頭ぐらい

の養豚場でこれがマネジメントできないです

こういうこともできる人材が

農業家に足りなくて

そういう人材を育てる仕事をすれば

農業が絶対に世界からですね

うんでもら稼げると思っての私の考えです

ありがとうございます

近藤さんなの今までの議論でママ

今ね政府がやってる

ことはもう農協改革は一方に過ぎなくても

他にも本当に問題が山積してると思います

けども民主党としては

あの味噌としてはってか

近藤さんご本人としては

あのどういう風なですね

ご筋道で日本の農業を

あの制度の面からですね

改革していくっていうことを今あの

子の現場ですね

お考えになっておられるか

先ほど所得補償の話もありましたけれども

一歩の競争力をつけていくっていう観点で

ですねあの輸出を

どういう風に進めていくかどうかですね

あの土地の集約についてもマー君

細かくやらなければいけませんけれども

制作とし

てどんなことを

これからやっていくことが必要だ

という風に今思いでしょうか

あの農業って言うと

本当にあのこれから例えば

化学産業だったらですね

別にそのエチレンができなくたって

いいやってこう

思っちゃう部分もあるかもしれまいち

年ってどこだま例えばポリエチレンがありに

できなかった

ここまで真剣に

みんな議論する価値もあるの

かもしれないんですけど

農業となると

その馬本当に

あの地域政策も半分入っちゃうもんですからね

非常に物事が複雑にと言うか

スパッと割り切れなくなって来るそうです

実を言うとんでそのそれこそ

それこそのその地方消滅の

議論と農業政策との表裏

一体農業者農林業もそうなんですけど

あと国道保全するとかという話と

表裏一体なので

その単純にその産業政策だけでは生きれない

とかっての本当につーにぶち当たってて

ですねだから

いつも歯切れが悪くなってしまうんです

ただこれだけは言えて

その産業としてみてもですね

あの農業はしみじみ思うんですけど

あのうちの地元にも成功してるところは

みんなそうなんですけど

やっぱりいろんな計算が入ってほしかった

ろく次産業化じゃないですけども

農業単独じゃなくて

例えば観光と結びついてたりとか

そういうところが産業と

して成り立っていて

結局それが雇用を生んで

結果として

水田を保持しか順位を守ってると

こういうことだと思ってますから

あの辺りはの徹底的に

あのここはarrow

中小企業政策だと思ってですね

中小企業政策もほとんど成功してないんだよ

前田さんのと言えないわけ

ですけどを持って来て

声を測ることなんだろうなとは思います

ただあのその時にあの一つ

やっぱり農業の場合はの健康と言うか

食べ物ですからまあ変ならしい

私もジャンクフード大好きなんですけど

チップス食べて

ジムに行くって

バカなことやってるわけですよね

それはまぁ

マクロ的に見たって医療費だけ増えていって

こういうことでもあるし

あのパリこっくりとして

国の政策として健康でそして良いものを

そして流通させて

そしてそれもちょっと適正なというか

まあまあ雨価格に介入するのは良くない

と思うんですが

そういうもの徹底的に産業政策

で進行していくということをよそに

医療と農業の連携みたいなこと

最近政府も言い始めましたけども

こういうことっていうのはですね

是非やるべきだろうなと思うし

あのぜひやろうばか山形県の高畠町に来てください

あの五穀米ってですね

スポーツ選手が天アスリートの方も多く

Gわんに貸してますけども

選手がこれを食べてやると言う

本当に良い食料が

五穀米とか食べもたくさんありますからは

そういう分野でね

あの健康と農業と

いった分野観光もそうなんですけど

こういう分野で進めてきたいと

その時に使いたいの制度的に言うと

今の農協は

全くマッチしてません

残念ながら真面目な子達だけど

たん今日は

山形県で一番最大の不動産業者はJAです

山形県で最大のガソリン販売会社はJAです

なんでアパート経営をJがする人があるのか

何でガソリンスタンド販売する人があるのか

ということだろうと思うんですね

そこをですね

やっぱりJAがもっときちっと

その農業の多面的な可能性を

正面から受け止めて

変わってもらえるような体制に

穂がJAに期待したい

だから退路を断つ上でも

ちょっとこれ言うと僕

またますます表減らすかもしれないけど

あえて言うと

金融機能JAが持つ必要があるのか

とこれをやると利益というもんね

最近はねJA体質を変えるために

他の金融業で儲けるな

こんなものでちゃんとしたことで

農業と食と向き合って

息の可能性ということで

性能がどうとか

そこに振り込んでもらったのか

誰に言われました

オランダは日本の世界最大の農業国

ですけど近所の人だったよ

金曜やってみたこれは恋じゃないもの

食べると健康を意識して

消費者が購入できる仕組みが飛んできます

のでこれ以上に私大きいんじゃないかな

これが今までの食料自給率に弱いんです

だから守らなきゃいけません

みたいなのを延々とやってき

たですねなんとなくそんなもんかな

と思ってきたし

守らないと農業がなくなっちゃうと

いざという時大変だみたいな

市給食みたいなことになるんじゃないか

みたいな思いがあったのかもしれません

けども結局それがあり

農業をうまく活性化できない

できた理由なんだと思っ

たしねやっぱり稼げるところは大きくして

儲けてもらって

それには当然

輸出も入ってくるだろうと思いますが

ないところはそのそこで農業がある水田がある

そこで米から取れる

きゅうりが取れる

というところの価値を

消費者に認めてもらって

少々とアルミ一体となってそこの農業を

支えていくっていうくらいに行こうが

枯れていくんだろうと思って

それを上から下まで全部貸してもらう

関市池田させるところは別に

国がとやかく言わずに使用したら

そこに価値を認めて少し高いけど

お金を払って機種をやっていく

それがいるところはどうするかっていう議論

をやっぱりしていかないといけないんだろうなぁ

と思いました

のろく次産業化と言って

助成金を自分もらってやってたところは

残念ながら結構神奈川遺体をして

サプリメントでもあるしてもあるしながらも

作れるから日本も

やっぱりそれもやいけないだろうと認めろ

と科学的に検証

できるなら行ってもいい

って言うのを認めてもらっていくと

豆腐に大豆を使ってる

使ってないでもらってますが

そろそろそういうものをどうするのか

という間にこういう感じになってますが

どこまでそういう先端技術

というのを取り入れるのか

加工しとかないといけないんです

けどもこれから先のことを考えた時

どうするっていうのは

ちょっとフランクに向き合って用意し

とかないといけないのかなの方から

ご質問をできたらしたいと思います

それでは私がお話を聞いてます

愛があればそのかなさん年ごとに変わるけど

空のプロではあるけどあの

子様ですね

農業は農地の流動性を高めることと

担い手多様化するっていうことと

あとは国内から海外でも大体

何時ぐらいだと思う

ロシアの国家戦略特区その法人がですね

その株式会社ダメよ

みたいな話になって電話をしたんだけど

今売上用テント出席が残ってるんですそれ

株式会社にやらせると

そのなんか資材置き場になっちゃったり

参拝を受け倍になるんだけど

もう彼女になって農業従事者の中に来たら

またならないってことないんだけど

いるのにその担い手を制限すると話してると

製作の理屈じゃない

株式会社絶対だねどうかは常に正しい

株式会社つない間違えたみたいな話で

あの安倍総理の地元で

それを撮る人が

いなくなっちゃったんですよね

してもらっていけば

日本製の建物過当競争になると思えば買えない

売るとこ見つけて当たり前なんですね

それでもつければそこを言うこと

守ってしまってしまうと山田と

違ってますけど発表どうですか

農業法人で経営者に作る

とろっぴゃくえんがいちまんえんだったら

いちまんえんかける

はっぴゃくはちまんえんよりもよは本当に優しく

社長の言う通りでそういうマーケットを見極める

株式会社ダメだってどうするだけじゃなくて

もう一箇所も学校法人株式会社

にの補助金が出せない

それから頃書は

株式会社が保育所をやると危ないからダメだ

と言いながら自分は

株式会社が経営してる飛行機に乗ってるわけで

株式会社があるんだったら

安全性に問題があるんだけども

普通に株式会社飛行機に乗ってるわけで

これ霞ヶ関と自民党の中の

中に株式会社はそれをやろう

アベノミクスとして認めることにしないと

株式会社携帯が多かったんですが

集めてその技術でやるって言うのかなと

見たような気がしましたから

株式会社認めるも大事だと思いますね

それだけトマト売れてるから

もっと作りたいんだけどその茅ヶ崎だと

思う文字がなくて

できないみたいに

納税猶予を取ってるから止められないんで

もうずっとやらざるを得なくて

もう金払ってやってくれと出かけると

そのあれが来るからちょっとしたらどうですか

取って話の傾向があるんだけども

その歌手のいいよってことになってきてるって

もう

そろそろそれぐらいだろうと思ってたから

出席をしてあげるとですね

いいんだろうなと思うんですけど

やっぱりその影響がそこまでこんな色が変わって

出てって集積をするぞ

それはちょっと無理そうな気がして

乗ってはなかなか自分でやりたいのかな

とも思うんですが入って

ますのでそこでやっぱり変わるんじゃないかな

という気はしてます

もうあのこのサイトの悪いけど

そこはもう全部で賛成で

株式会社だからおかしいってことはない

ということもそろそろ終わりかなと思って

と言うならその景観と言うか

土地と言うか

買って行ってもいいかもしれ

ませんがそのうちと言うか

その理屈はその作ってます

この後この理屈が立つだけど

この後は農地として

きちんと税金をかけてる以上は

いい加減なものに変えてもらっては困る

ということで大事なことだ

株式会社だろうが農業法人だろうが

遅く見える度も何度もが農地を違う

ものにするということだ

それは良くないということなんだろうから

最後まで読んでいると

あの家のチェーンを消すか待ってます

頑張ってるからこれ買ってるJAおより

とにかく農業にone_for_allallforone

その企業の資金の方が良い

信用金庫信用組合同じようにJAという

協同組合組織対応ですね

うまく生かした本当に豊かな金儲けを考えずに

農業に向き合いそして組合債務

そしてそのためには余計なことするな

そういう体質改善に期待したいと思います

明日はいけないんですが

やっぱり産業カーなどで利用ができたので

うまく活用できたら同士の土地に

関しては現在アンタッチャブル仲間ですね

例えばメガソーラーを作りたいと思った時に

話の途中で英語が喋れば問題ないんです

けれども大耕作放棄地になってしまうと

もうほとんど昔はなくなってしまって

かなり困ってるんですね

でも捕まらなきゃいけないっていう

考えもあろうかと

思うんですが

その日は私は

好きじゃないかと思ってるんですが

ご人かがすごく気になるが

アメリカの農業にどんどん近づけてるって例えば

そこに言うんだ

今鳥の工場長にまずい

健康にカレーが入ってるかどうかが

かなり議論されるんですけども

少なく動物に対してますから

非常に意味的には許せないような

利益追求して入っていく中で海外に売る監督

その観点で議論されてるの

桑名の金融としたので

いいの監査だけじゃなくて

小型化した農業なんかでの農業の進め方

のやり方安全性などについては

どう考えるのかとちょっとおかたかして

いくと自然とできる子で

そういうアメリカ方してしまいな気がして

あのですねとかマネジメントが必要だ

ということで広島県で誰でも健在で

それで質問なんですが

あの話でしかないの

ちょっと前のとこもあるんですか

関係のかな時期だろうが

気分だろうが色々とかまた

手伝いとかいろんなのが

3月までに

課題を終わらせるのかわからないんですけども

ちょっとあのに

年後に年ぐらいのスパンでの中

補助みたいのに撮れるとやろうと思った時

もうちょっと大きいものとかできるじゃないかな

と思うんで

その辺があるのかどうなのかとか

それの

ことを考えを着させてありがとうございます

ではあのあとさんぷんちょっとありますが

どうしたら通りでここの能臣なんですね

もうなんですけどもうちょっと柄なんだろうな

これは脳震盪だけじゃなくて年

そして彼自体も

基本的には上条さんがお考えいただいて

そこで同

まちづくり形を作るんだっていうこと

なんだろうな

しょうたがこうんこなってますよね

そのレベルを示す通りで

これはもういっぷん過ぎだと思いませんね

金融の議論達と会えて

ちょっと挑戦的に寄ってきました

ただそれぐらいしないと

JAはあるから誘う道具屋筋ではないか

とは思ってますけど

ただ合理的な話は

非常に重たい話でありまして

だけで違うじゃないかと

おっしゃる通りlineを起動したい

と思いますが

できる公民館っていう気もするんですけども

あんまりつけるんだったらと子宮口がですね

あの子なので

こういう書いて帰るんだったら

それこそ一回

そこで最強の金ちゃんするしてもらってさん

回全県待ってください

飛んで開発するなら

将来的にいっていうのはありかな

という風にから

あの家着て

きちんと還元できるんだったら

金融でも受けてもいいし

あるいは農林中金の代理店としてて

そういうやり方も

ありだよね

自衛隊の土地は

そういうところをちゃんとやってますっていう

小規模ちょっと値段は高いけど

付加価値の高いところと

いろんな選択肢が消費者に希望を提供します

という選択肢もあっていいと思うんで

さすが日本の農業

この規模で大きくなってくるには

十分量が世界

に対してモデルになるかはございますが