企業経営を通して社会問題の解決に取り組む(岐阜県中津川市)株式会社サラダコスモ|地域活性化100

地域活性化の先進的取組事例>地域産業の変革>地域産業を変える
企業経営を通して社会問題の解決に取り組む
株式会社サラダコスモ
岐阜県中津川市

岐阜県中津川市の地域の概要

中津川市は、岐阜県の東南端に位置し、中央アルプスの美しい雄大な自然を背景とする地方都市で、中央を木曽
川が流れており、豊かな清流に恵まれている。平成 17 年に 1 市 3 町 4 村が合併して、現在の市域になった。合併
時には 60 歳以上人口の割合が 30%を超え、過去には、60 歳以上の 2 人に 1 人が健康にも関わらず決まった仕事
をもっていないという統計結果も出ているなど、多くの地方都市と同じく、高齢者に係わる社会的課題が挙がって
いる。平成 39 年には、市内にリニア中央新幹線の駅が開業予定。交流が増大することにより、産業の活性化、交
流人口の増加などの経済波及効果が、大きく期待されている。株式会社サラダコスモの本社(岐阜県中津川市)が
あるのは、市の南側を東西に走る中央自動車道の中津川インターチェンジの出口からすぐ。自動車による交通の便
がよい場所に位置している。

取り組みの概要:企業経営を通して社会問題の解決に取り組む

株式会社サラダコスモは、岐阜県の中津川市に本社をおき、栃木
県、長野県、兵庫県に生産工場を構え、主にもやしやかいわれ大根
などのスプラウト野菜を生産している。平成 18 年より、チコリと
いうヨーロッパ原産の野菜を国産化して生産している。また同年に
は、ちこりの生産ファーム、ちこりの焼酎蔵、売店、レストランな
どをもつ教育型・観光生産施設「岐阜・中津川 ちこり村」(以下、
ちこり村)をオープンし、近年では年間約 28 万人が訪れている。
1.当時ほぼ 100%輸入野菜だったチコリを国産化することで、日
本の食料自給率を高める。
2.チコリの原料となるチコリ芋(種芋)を栽培することで、使わ
れていない農地を活用する。
3.高齢者を優先的に雇用し、生きがいをつくる。
4.ちこり村をつくることで、多くの人が訪れる元気な地域にする。
ちこりプロジェクトを開始した当初から上記の4つのテーマを掲げ
ており、現在、ちこり生産やちこり村の運営を通して、これらの社
会活動に取り組んでいる。
オープンしてから2~3年は来客数が伸び悩んでいたが、ちこり
村に多くの人々が訪れるようになった理由のひとつは、農家の家庭
料理レストラン「バーバーズダイニング(運営:株式会社菜っちゃ
ん)」だった。バーバーズダイニングでは、ちこりを初めとする自
社で生産した野菜や地域で採れた農産物を中心とした、健康や安心・
安全に配慮した手作りの郷土料理を、地元農家の「おかあさん」達
が提供している。バーバーズダイニングは、ちこりという馴染みの
薄い野菜を多くの人に食べてもらえる場となっているだけではなく、地域の伝統野菜や郷土料理を伝える場にもなっている。
ちこり村では、60 歳以上の高齢者を優先的に雇用しており、ちこり生産、売店での接客、生産ファームなどの見学案内、
バーバーズダイニングでの調理や接客など、様々な場所で高齢者が笑顔で働いている姿が見受けられる。また、ヨーロッパ
では有効活用されず廃棄されていたちこり芋を活用した、多くのちこり関連商品を開発している。あわせて、地元の特産品
とのコラボレーションや、地域と連携した商品開発にも取り組んでいる。施設内の会議室は、集会、研修、料理教室、コン
サート、発表会などの文化活動の場として地域住民に頻繁に活用されており、ちこり村は地域に開かれたコミュニティ活動
の場にもなっている。

インタビュー:中田 智洋 氏(株式会社サラダコスモ 代表取締役)「企業経営は「社会問題解決業」 」

企業経営は「社会問題解決業」
中田 智洋 氏
株式会社サラダコスモ 代表取締役
▼企業経営は社会問題解決業・・・日本の食料自給率の向上、使われていない農地の活用、高齢者の生きがいづくり、地方
都市の活性化という社会問題を解決しながら経営を成り立たせるという思いで事業を展開。企業経営は社会問題解決業だと
思って取り組めば、きっと良い事業になるという考え方が根底にある。
▼高齢者優先雇用・・・ちこり村では、思い切って高齢者優先雇用を実践。実際に、60 歳以上で健康な人なら、若い人に
負けないくらいの良い仕事ができると感じている。お客様からも、従業員の笑顔が良い、親切な対応が良いと評価が高い。
高齢者優先雇用は、高齢者の生きがいや健康に直結することを願って実施している。
▼ちこり村は「教育型・観光生産施設」・・・江戸末期の儒学者である佐藤一斎の『言志四録』などを用いた生涯教育(施
設内の至るところに佐藤一斎の言葉が掲げられている)、安全・安心な食事を提供することによる食育などの要素も、ちこ
り村の大きな柱。また、いずれは企業の利益を用いて、一流の講師を招いての講演会やコンサートなど、地域の発展のため
の機会を増やしていきたい。生涯教育、食育、健康、芸術などを取り込んだ、農業・観光・文化の活動が、良いかたちの事
業展開になると考えている。