父島(小笠原諸島)特集!父島の観光スポット、アクセスはこちら。

父島(小笠原諸島)とは

父島は、小笠原諸島最大の島です。山の島は亜熱帯の森林、白い砂浜、急な岩場の崖などで覆われています。島の緑豊かな森と深い青い海の遠く離れた自然と美しさとゆったりとした島の特徴は、近代的な生活のスピードから逃れる完璧な場所です。
東京からの長いフェリー乗り換え後、小笠原諸島のすべての観光客は父島北部の二見港に到着します。港は、ほとんどのホテル、ペンション、お店、レストランがある唯一の主要村に囲まれています。また、B-Ship観光案内所もあり、屋外アクティビティツアーの予約が可能です。

島周辺のツアーは主に日本語で行われますが、英語ガイドを提供できるツアーオペレーターはいくつかあります。小笠原村観光協会は、島のライセンスガイドとツアー会社をすべて一覧表示し、英語のレベルとクレジットカードを受け入れるかどうかを指定する役に立つ英語ガイドマップを提供しています。

秩父島は、クジラやイルカウォッチングで人気があります。ザトウクジラは2月から4月の間に頻繁に見られ、マッコウクジラは7月から9月に頻繁に見られます。Bottlenose DolphinsとSpinner Dolphinsは島々の周りに年中見つけられており、彼らと一緒に泳ぐことも、サイドボートに沿って泳ぐこともできます。半日(約6000円)、終日(約10,000円)のツアーは、B船の観光案内所で、またはツアーオペレーターから直接手配することができます。

秩父宮の岩場の海岸線には、日光浴、水泳、シュノーケリングにぴったりの青い水が特徴の美しいビーチが数多くあります。ビーチでのアクティビティやシュノーケリングに最適なシーズンは6月から10月まで気温が一貫して最高25度になる時期です。

秩父島の水域では、スキューバダイビング、​​シーカヤック、釣り、サーフィン、ボディボード、ウィンドサーフィンなどの様々な海洋アクティビティも楽しめます。ツアーの詳細については、B-Shipまたはツアー会社に直接お問い合わせください。

秩父島は、山間の内陸部を行き来するトレイルや観測点のネットワークを提供し、島、崖や周辺の小さな島々を劇的に眺めることができます。最高の観測点のいくつかは、夕日と冬にはザトウクジラを発見する可能性があることが知られている二見港に近い気象観測所、360度の視界を持つ中央中央観測所です。発見される野生生物の中には、固有種の鳥類と導入された野生のヤギがあります。

父島周辺の最も美しい魅力の1つは、七島の南西約1kmに位置する南島(南島、南島)です。この小さな無人島は、多くの先住民族の動植物が住み、緑のウミガメと様々な海鳥の繁殖地として人気があります。美しい白い砂浜と岩場の崖に囲まれた絵のような小さな湾があり、崖に刻まれたトンネルで海につながっています。

南島の脆弱な生態系を保護するために、許可を受けた地元のガイドが同行している100人までの訪問者のみが島を毎日訪れることができ、島は11月から2月まで完全に閉鎖されます。多くの企業が島のツアーを提供しています。典型的には、イルカのスイミングやシュノーケリングと約6000円(半日)または約10,000円(1日)を組み合わせています。予約はB船の観光案内所で行うか、ツアー会社から直接行うことができます。

二島は二見港周辺には小さくても面白いレストランやバーがあります。地元料理のいくつかはShimazushi、含ま楽しむためのにぎりの醤油マリネ佐原(ワフー)で作られたスタイルのお寿司甘くご飯の上に置かれ、辛子マスタードの代わりにわさびを添えています。冒険はまた、生の、揚げた、または煮込んだ海亀を試すことができます。島には熱帯果物や島のトマト、パッションフルーツのラムなどもあります。

秩父の独特な自然環境を守るためには、島に種子や外来種を輸入したり、地元の植物や野生生物を集めたり、害を与えたりしないように注意しなければなりません。このため、キャンプやオフトレイルハイキングは島全体で厳密に禁止されています。訪問者はまた、島の周りを回るためにできるだけ人間の力を使うことが奨励されています。

父島へのアクセス


小笠原諸島への唯一のアクセス方法は、東京からの小笠原丸フェリーで、24時間の旅になります。休暇を3日に1回に増やした高季節を除き、6日ごとに東京を出発します。フェリーは、毎年1月の検査のため、1月中旬に2週間運転されません。フェリーの出発は、例えば台風のために海が非常に荒い場合、1日以上遅れることがあります。

小笠原丸フェリーは、ゆりかもめの竹芝駅の隣にある竹芝埠頭、または山手線の浜松町駅から徒歩10分です。ボートはそれ自体で冒険です。フェリーはまず、東京湾の長さを移動し、虹橋、大台、羽田空港、横浜の景色を伊豆諸島を通過する前に見学し、翌日には秩父港に到着します。

フェリーは5つのデッキにいくつかのキャビンクラスを用意しています。価格は1人あたり約24,000〜75,000円です。季節によっては運賃が異なる場合があります。一番安いエコノミークラスの料金には、ドミトリールームにベッドロールが含まれています。女性専用のドミトリールームもあります。高級キャビンは、セミプライベートバンクとプライベートルームで構成され、後者は室内トイレとシャワーを備えています。

小笠原丸には、レストラン、ラウンジ、シャワー、店舗、自動販売機、温水ディスペンサー、キッズルーム、喫煙室、公衆電話、小型貴重品ロッカーがありますが、大きなロッカーはありません。乗客はボートの屋外デッキに外で出向くこともできる。船の橋のツアーは毎朝行われます。

父島をめぐる方法

父島の二見北の港は、輸送のハブである小笠原諸島からフェリー、東京と母島にドッキングします。ホテル、レストラン、お店、旅行会社のほとんどがある秩父島にある唯一の大きな町に囲まれています。町自体は小さく、歩きやすい。

島の主要道路は双葉港と小湊浜を8km南につなぐ。1時間あたり200円のバスで運行しています。二次道路は島の山間の内部を通っており、公共交通機関は利用されていません。ホテルやツアー会社は顧客にピックアップサービスを提供しています。さらに、自転車、スクーター、車を島に借りることができます。

父島観光スポット① 宮の浜ビーチ

双葉。港から徒歩20〜30分、宮の浜入口バス停から徒歩10分
保護された湾の この砂浜は、シュノーケリングのための最高のビーチの一つと考えられています。強い電流のためにベイを出ないでください。訪問者はまた、芝生の公園エリアにあるビーチのピクニックテーブルで湾やピクニックの横にある岩場の崖を探索することができます。トイレ設備が備わります。近くのツリハマビーチもシュノーケリングスポットです。

父島観光スポット② 堺浦ビーチ

堺市海岸バス停から徒歩5分
SakaiuraビーチはHinko丸、雷撃とちょうどオフの浅い海域で沈没した日本の軍艦の部分的に水没し大破ますビーチの間に第二次世界大戦を。スノーケラーは、ゆっくりと錆や珊瑚礁によって再生されている難破船を簡単に探索することができます。白い砂浜は水泳にも適しており、日陰のピクニックテーブルやトイレも用意されています。

父島観光スポット③ 初音村ビーチ

Route 240から徒歩45分(バスアクセスなし)
父島ビーチは秩父島東海岸にあります。それは島のより隔離されたビーチの1つであり、それはボートまたは道路からのジャングルを通る急な45分のハイキングによってのみ到達することができます。ビーチには日光浴、水泳、シュノーケリングがありますが、施設はありません。

父島観光スポット④ 小湊ビーチ

小湊公園バス停から数歩
小名浜ビーチは島で最大のビーチで、車やバスで簡単に行くことができます。ビーチの比較的白い砂浜と浅い澄んだ水は、島の最高の水泳と日光浴のビーチのひとつです。ビーチには日陰のベンチやトイレもあります。

父島観光スポット⑤ Kopepe Beach

小湊海岸バス停から徒歩10分
近くのと同じベイに位置小湊ビーチ、Kopepeビーチは別の美しい白い砂でビーチシュノーケリングや水泳のための澄んだ青い水良いと。ビーチには、小笠原諸島特有のサンゴ種を指摘する水中マーカーがあり、日除けのベンチやトイレを訪れることができます。

父島観光スポット⑥ ジョンとジニービーチ

小浜港から徒歩2時間、ジンニービーチはボートでのみアクセス可能です。
この孤立した白い砂の小さな細片は、辺島を挟んで南島の父島の南西端にあります。強い流れに注意してください。ジョンビーチから2.5時間の徒歩で行くことができますが小湊ビーチアクセス証跡が2008年に通行不能になったため、ジニービーチにはボートでアクセスすることができます。

小笠原諸島のその他情報はこちら

母島(小笠原諸島)特集!母島の観光スポット、アクセスはこちら。
今人気の小笠原諸島へ行こう!観光スポットやアクセス方法は?

小笠原諸島(父島・母島)へのアクセス方法は小笠原海運を利用

小笠原海運
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/