母島(小笠原諸島)特集!母島の観光スポット、アクセスはこちら。

母島(小笠原諸島)とは

母島は、父島のほかに小笠原諸島の唯一の居住島です。さらに40km南に位置するハハジマは、ちちじまよりもやや小さく、発達しておらず、遠く離れています。しかし、それは同じ気候を共有し、ビーチ、シュノーケリング、ジャングルトレッキング、クジラ、イルカウォッチングなど、多くの同じアウトドアアトラクションを提供しています。

父島と同様、ハハジマには独自の動植物種が生息しています。自然環境を保護するためには、種子や外来種を島に輸入したり、地元の植物や野生動物を集めたり、害することをしないように注意しなければなりません。このため、キャンプやオフトレイルハイキングは島全体で厳密に禁止されています。訪問者はまた、島の周りを回るためにできるだけ人間の力を使うことが奨励されています。

母島の長さは約15キロメートルで、幅はわずか2〜3キロです。島の北半分には旧北港があり、いくつかの放棄された戦時銃電池があります。ハイキングコースが島の最も高い山、Chibusa山につながっています。

島の唯一の大きな村は、秩父島からのフェリーの到着地である沖港を中心にしています。村には観光案内所があるフェリーターミナルビルと、国際クレジットカードとデビットカードを受け入れる郵便ATMを備えたJA銀行を含む住居、商店、旅行会社、年金などがあります。宿泊施設以外の食事オプションは非常に限られています。

島の南半分には、日光浴やシュノーケリングを楽​​しめる様々なビーチがあります。魅力的なウォーキングトレイルは、東京の最南端の首都道、ハハジマの主要道路の南端から、南端のジャングルから甲府寺の頂点まで約1時間半の距離にあります。山の頂上には、ハハ島とそれより小さな島々の素晴らしい景色が見えます。

コフジ山への道のりは、途中のいくつかの遠隔地のビーチにつながっています。最高峰の南崎湾は、山のすぐ西にあり、青い水と優れたシュノーケリングを提供しています。サンゴのビーチは、特に干潮時には素足で荒れる可能性があるので注意してください。流れが急速に強く危険なものになるので、小さな湾の口から出て行かないでください。

母島へのアクセス


母島に行く方法
ハハジマ島には、父島からの花島丸フェリーがあります。片道で約2時間、料金は約5000円です。

ほとんどの日、浜島丸フェリーは、秩父から浜島に向かい、午前に出発して午後に帰ります。しかし、東京から小笠原丸フェリーが到着した日には、浜島マールは浜島への外出のみを行い、翌日まで秩父へ戻ることはありません。また、小笠原丸が東京に出発してからは、浜島丸はいつも動かない。

母島をめぐる方法

ハハ島は、島の南西に位置する沖港を中心に、島の宿泊施設やツアー会社がすべて見つかります。島の長さに沿って南から北へと1本の主要道路が走っています。公共交通機関はありません。島の南半分を徒歩で探索することはできますが、レンタル自転車、スクーター、車で時間を節約でき、島の北端付近の観光スポットを訪れることをお勧めします。

小笠原諸島のその他情報はこちら

父島(小笠原諸島)特集!父島の観光スポット、アクセスはこちら。
今人気の小笠原諸島へ行こう!観光スポットやアクセス方法は?

小笠原諸島(父島・母島)へのアクセス方法は小笠原海運を利用

小笠原海運
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/